2006年3月、中米を駆け抜けろ!!


2006.03.01.WED
[ Antiguaペンション田代三泊目 ]
義裕は仕事、あいかわらず食欲出ず。
身体中でガス爆発があり、そのガスが嵐のような轟音を立てながら全身を駆け巡るといった症状でございます。
なんざましょ、これ?
祐子、ネット。


2006.03.02.THU
[ Antiguaペンション田代四泊目 ]
義裕、仕事、あいかわらず食欲デズ。
全身ガス多数発生爆音移動。
祐子、ネットと一時帰国の手配。
4月10日に免許と保険更新、東京引き払いのため一瞬帰国決定。
岡やんに昼、夜と買い物に出てもらう。
感謝。

東京引き払うんですか‥‥。
折角、比較的ご近所だったのに残念です。
グリコ   2006.03.06.MON 01:51

グリコさん、来月は最後のご近所付き合いを!
ぜひ。
グリコさんのお料理で。
よしひろ   2006.03.06.MON 03:47

最初で最後なんですね。
残念〜。
では、そのときを楽しみにしています。
ハッキリ決まったらメールくださいね。
グリコ   2006.03.06.MON 09:13

みましたよ、ビデオ。タバコのポイ捨ては絶対いけません。 府中で免許更新ならそこら辺で食事でもしましょう。
多分そのころ多摩にいますよ。我が家の多摩のマンション、なんと耐震補強工事してるんですよ。時代に敏感な家庭です。
おののりこ   2006.03.06.MON 22:01

祝一時帰国。乞連絡。耳男(在埼玉県所沢市)
ミミンガー   2006.03.07.TUE 14:18

のりこさん、免許の更新は都庁だな。
歩いて15分だし。
でも食事はヨロシク!
エンヨさんも来るかな?
よしひろ   2006.03.09.THU 01:49

拝啓耳男。
帰国連絡貴殿宛。
約束。
足臭男   2006.03.09.THU 01:54

誘ってみるけど、最近売れっ子だからなぁ。。

年末あおやま君の店で小学校からの同級生までやってきて(エンヨとあおやま君はおおあさ軍団だった)大盛り上がりだったんだよ。
おののりこ   2006.03.09.THU 16:44


2006.03.03.FRI
[ Antiguaペンション田代五泊目 ]
漫画(主に『ゴルゴ13』)読んでだらだら。
義裕の体調復活。
パナマからコロンビアへ渡るフェリーの船長(の友達)から、予約確認メールが来ない。
祐子と岡やんが『愛のムービー』の編集作業に追われる。
がしかし岡やんは集中力がなく、すぐ漫画を読んで逃避。

この力作『愛のムービー』はホームページにて公開!
ぜひ、観てほしい会心作!!!!!!
三本立て。
五大陸を駆け抜ける男、特別出演、特別監修。


http://dtp.to/tabi/

岡やんが悲しいくらいぼろぼろになった靴底を三日かけて修理する姿は、集中力があれば美しい。
持続力があれば尚良し。
大山史朗著、開高健賞受賞作『山谷崖っぷち日記』が面白い。
無知と卑屈と傲慢がキーポイント。
晩飯時に飲んだオレンジジュースが腐っていた。
一日で腐るなよ。

 ヨシさん、祐子さん、秀樹さんこんにちわ!僕も気がつけばメキシコシティに三週間近く滞在してます。
 「愛のムービー」拝見しました。僕も映像の制作をやっていたので、思わず熱いものを感じてしまいました。面白そう、いつかADとして起用してください!
 さて、ヨシさんのタバコをくわえるシーンですが少し違和感を感じましたが、NGの連続だったんですね。納得しました。次回作も期待してます。では!
 P.S ハウルはアカデミー賞逃したみたいですね。
グウナイ   2006.03.06.MON 13:39

なにをぁー!
違和感があるだとぉー。
確かに。
ヨシ   2006.03.09.THU 01:55


2006.03.04.SAT
[ Antiguaペンション田代六泊目 ]
義裕の体調、完全復活。
祐子、ビデオの編集、ホームページの地図作り。
日中、メルカド、土産物屋散策。
DVD『北の国から 遺言 後編』
『スーパーテレビ特別版 イマイ』ほか日本のテレビ番組を観る。

「愛のムービー」拝見
一番最初に気が付いたのが岡さんの靴底のパカパカ!そしたら修理をしている写真が‥ふふふっ やっぱりねえ〜〜(爆笑)
義裕ちゃんのお腹がずっと心配していたけど食べ物とか水とかでしょうかねえ?一時帰国するとか‥その時にでも日本でちょっと見てもらうといいかもよ。なにせ、こちらは心配するだけで何もしてあげられないから‥祐子さんも元気で帰国してくださいね。
tamae   2006.03.06.MON 22:53

愛の爆走ムービー見ました。すげぇ〜〜〜。おぉぉ〜〜。パチパチパチ(拍手)。いいですね、このノリ。愛があふれてますね。こういうバカバカしさ大好きです(笑)。三発目のNG集でうまくバランスとった感じですねぇ。これがないとただのイタイ人ですもんね。。。「ゆうこさん編」もみたいものですが、撮影予定はあるのでしょうか??ハードボイルドなゆうこさんを期待しています。

ヒデキさんによろしくお伝え下さい。

おっ、前日↑にぐーないが書き込んでるし。彼らも元気そうでなによりです。

ではっ。
めもりぃ   2006.03.06.MON 23:18

「愛のムービー」見ちゃいました。
この頃は日本中が「禁煙!」って声高に叫んでいますけど、やっぱタバコは絵になる小道具ですよね〜。
(私は全く吸えませんけど・・・)

ところで、東京を引き払うんですねー。次の拠点は何処になるのでしょうか?
まずは無事に一時帰国して下さいね。
わんこ   2006.03.07.TUE 01:32

石澤君
せっかく被ったヘルメット
脱いでからスタートしないほうが。。
つながりがぁ。。。。
体調がよくなった模様、よかったね。
帰国するなら一回病院行くべし。
samako   2006.03.08.WED 12:04

tamaeさん、お腹は治りました。
すっかり快調快便です。
札幌に寄ったら、皆で会ってくださいな。
義裕ちゃん   2006.03.09.THU 01:58

めもりぃ。
いいでしょビデオ。
祐子編も乞うご期待!
よし   2006.03.09.THU 01:58

わんこさん。
東京を引き払うというより、住所不定になるってことかな。
荷物だけどっかの物置に押し込んで。
根無し草になります。
よし   2006.03.09.THU 02:00

そうですサマンサ。
つながりはないのです。
帰国したら、早速病院へ行きましょう。
でも、ふらてが先かな。
よし   2006.03.09.THU 02:01

根無し草になっても、困ったことがあったらいつでも戻ってくるんだよ〜。
グリコ   2006.03.09.THU 13:24

おぉっ、ユウコさん編もあるんですね。楽しみです。
めもりぃ   2006.03.09.THU 22:07

根無し草になるんだねー。
年賀状どこに出すと届くのかなぁ?ちょっと寂しい気もする。
まずは健康第一なので、元気を持続させてねー。
わんこ   2006.03.10.FRI 00:36

はじめまして!
はっしーから連絡がいったかと思いますが、現在エルサルに在住しているものです。
もうサンサルには入りましたか?
私もメキシコにいた頃、よく麻雀をしにアミーゴへ行っておりました。w
ということで、これもなにかのご縁!
まだエルサルにいらっしゃるようでしたら、ぜひ我が家へお立ち寄りくださいね。
エルサルより   2006.03.11.SAT 15:36

エルサルさん。
遅かったーっ!
もう既に通り過ぎておりました。
残念!
またいつの日か。
リーチを。
よし   2006.03.16.THU 08:13


2006.03.05.SUN
[ Antiguaペンション田代七泊目 ]
義裕、仕事。
モヒカン青年タクト君が来宿。
「このあいだシェラで別れてから、またストリップに行きましたわぁ」
「好きだねあんた…」

宿が満室だったので、好色モヒカン青年タクト君を僕らのベッドに寝かす。
四人で田代ライブラリーのDVD三昧。


2006.03.06.MON
[ Antigua→Cuilapa ]
首都グアテマラシティを道に迷ってぐるぐるし、韓国食材店経由でHONDAのディーラーへ。
HONDAではずいぶんと歓待されて、「こっち来い、こっち来い」とショールームのど真ん中まで招かれて、スタッフの方々と名刺交換に記念撮影。
お土産に一人一枚Tシャツを頂く。
ありがとうHONDA。

エンジンオイルを購入。
本日の走行距離98.8mile(158km)/総走行距離18328mile。
写真は、ストリップのモヒカン君。
部屋のトイレットペーパーが大きすぎたの図。


2006.03.07.TUE
[ Cuilapa→エルサルバドルEL ZONTE一泊目 ]
■国境、強風につきバイク横転、破損甚だし
お昼頃、国境越え。
旅に出て11ヶ月目にして、やっと五カ国目のエルサルバドル。
とにかく僕らは遅すぎるとやや反省。
参考作品として、同じ頃出発した野副夫婦は、すでに南米最南端のウシュアイアに到着。
国境越えの手続き中、駐車中のバイクが強風で横転。
単車左前側破損、残念無念、修理必要部品無、成術無。

■宿の名前がわからない
エルサルバドルはゲリラや内戦で有名なので、さっさと隣国ホンデュラスへ逃げよう。
そんなことを考えて地図を見ていると、
「よしさーん、ハイウェイを外れて海沿いを走りませんか?」
さすが五大陸をバイクで駆け抜ける岡野秀樹君である。
面倒な提案をするもんである。
再び富さんマップを覗くと、海沿いのZunzalという町に日本人宿との記入あり。
だども肝心な宿の名前が書いてない。
中途半端だぞ、富蔵!
町についてから暇そうな老人達に、
「日本人か日本人宿を知りませんか」って尋ねてみたけれど全然あきまへん。
そりゃそうだわ、住所も名前もわからないホテルが見つかるわけがないわね。
僕らのスペイン語は怪しいし。

■関西弁のエルサルバドル人現る
日本人宿探しを断念して他をあたっていたら、交差点で後ろの車の外人から、
「あのぉ僕、ホテルをやってるんですけどぉ…」
と日本語で声を掛けられる。
彼はここから20分ほど離れた集落で、ホテルを経営しているエルサルバドル人なのだが、その名は三郎。
日本人とのハーフで、21歳まで八尾市で暮らしていたバリバリの元関西人。
ちなみに長男は一郎、次男は二郎だそうである。
日本人でもこういう名前の付け方はなかなかしない。
即座に彼のホテルに宿泊決定。
ビーチ横、プール付き、三人で六ベッドという無意味に広い部屋、冷蔵庫付き、トイレ、シャワーに電灯なしだけれど全面鏡張り、犬、インコ多数。
夕食は、三郎さんの経営するビーチサイドレストランでシーフード三昧。
三郎さんと岡やんの関西弁を聞きながら食べたのであった。
本日の走行距離152mile(243km)。
エルサルバドルの道は、路肩がしっかりと広くてグッド!
さすがアメリカ資本が入ってると違うね。

【僕らにしては珍しい宿情報】
ホテルHORI ZONTE(オーナーはエルサルバドル人の奥沢三郎氏)
kar_olas@hotmail.com 503-2323-0099


2006.03.08.WED
[ EL ZONTE二泊目 ]
義裕は、午前中ネット、仕事、ネット、エンジンオイル交換、読書、トランプ。
祐子は、午前中ネット、午後読書、トランプ。
岡やん、午前中昼寝、バイク整備、海水浴、読書、トランプ。
ホテルのボタンインコがウルサイ。
本日の走行距離48mile(76.8km)。


2006.03.09.THU
[ EL ZONTE三泊目 ]
干潮時に海岸線を探索。
コウモリが飛ぶ鍾乳洞を探検。
波が高いが海水浴。
プール、気持ち良か。
読書『蒲田戦記 政官財暴との死闘2500日』。
ハンモックで昼寝。
晩飯を食いながらトランプ。
義裕は、三晩連続ロブスターを食う。
そういう奴である。
岡やん、大切なものを失くす(○○ちゃん、許してあげて)。
本日の走行距離24mile(38.4km)/総走行距離18552mile。


2006.03.10.FRI
[ EL ZONTE→Honduras Choluteca ]
国境越え。
手続きに一時間半もかかって、暑いし疲れた。
ボーダー青年がいないと手続きができず、悔しいけど2ドルチップを進呈。
ゲリラが出没しそうなエルサルバドル(もうとっくに内戦は終わってるけど)を脱出して、ホンデュラスに入国。
だどもホンデュラスもゲリラくらい出そうだな。
岡やん、今日も大切なものを失くす(タケちゃん、許すな!)。
今日は久しぶりに300キロオーバー、総走行距離30000キロ突破。
本日の走行距離213mile(340km)/総走行距離18765mile(30024km)。
写真は三郎さん、関西弁を話すエルサルバドル人。


2006.03.11.SAT
[ Honduras Choluteca→Nikaragua Masaya ]
連日の国境越え。
ゲリラが出そうなエルサルバドルから、ホンデュラスに脱出して、今日はニカラグアに入国。
ニカラグアだって、ゲリラぐらいいそうだな。
走っているとそんな雰囲気は全然なし。
中米はどこを走っても同じ印象で、ビールの看板が変わるくらい。
走りすぎて、暗くなってからホテルにチェックイン。
本日の走行距離191mile(305.6km)/総走行距離18956mile。
※後輪タイヤは20000マイル目、そろそろ限界に近づいてる


2006.03.12.SUN
[ Nikaragua Masaya→San Juan del Sur ]
ニカラグア湖で休憩してから、太平洋側の街へ。
舗装道路の穴が多い。
夕方、読書、夕陽。
食事は高いけれど、イマイチ。
夜、義裕は仕事少々。
本日の走行距離72mile(115.2km)/総走行距離19028mile。


2006.03.13.MON
[ San Juan del Sur→Costa Rica Arenal ]
秀樹君(大阪のお母さん、たまには本名で呼んでみますね、素敵なお名前だから、ちょっとね印象と違うんでないかとは思うんですがね、それはそれ)、わざわざダート道に挑戦して山の中へ消える。
僕らは、舗装道路をそのまま走る。
スクーターは、ダートは走れないのね。
国境手前のガソリンスタンドで待ち合わせしたけれど、秀樹君は一時間遅れで到着。
かなり厳しいダートだったらしいですわ、お母さん。
そして開口一番、
「ホテルに忘れ物をしたから戻るわ」
今度は、6時にコスタリカの小さな集落で待ち合わせするが、秀樹君は3時間遅れの9時に到着。
そして開口一番、
「財布を落としたわ」
「今日に限って、200ドルも入ってたんよ」
「カードが入ってたんよ」
「走ってるときに、おでこを虫に刺されたんよ」

お母さん、でも無事でなりよりでしたね。
本日の走行距離144mile(230km)/総走行距離19172mile。


2006.03.14.TUE
[ Costa Rica Arenal→Cartago ]
山中の穴だらけの道で、 穴を避けきれず転倒する。
その後大きく道を誤り、不覚にも首都サンホセを経由する。
サンホセで日本食食材店を発見し、コロンビアの日本人宿に持参する味噌、ほんだし等を購入。
夕食は、ホテルのキッチンを借りて、韓国のインスタントラーメンを食う。
辛い。
夜、義裕は仕事。
祐子は、お小遣い帳。
秀樹は、マクドナルドをひと月食い続ける人のテレビを観る。
本日の走行距離131mile(209.6km)/総走行距離19303mile。

写真、ぐったりした感じですね〜。
来月の一時帰国までご無事でー!
しろくま   2006.03.24.FRI 00:07

ウェストがすこしきゅっと締まってきました。
よし   2006.03.24.FRI 23:08


2006.03.15.WED
[ Cartago→Puerto Limon ]
午後、豪雨。
憧れのカリブ海、到着。
波、荒し。
満室のホテルが多く、宿探しに時間を食う。
『アラビアンナイトを楽しむために』読了。
『断層海流』読み始める。
本日の走行距離107mile(171km)/総走行距離19410mile。


2006.03.16.THU
[ Puerto Limon→Cahuita ]
カリブ海沿いの国立公園入り口。
午後、砂浜で読書。
曽野綾子『沖縄女性徒の記録 生贄の島』を読み始める。
本日の走行距離25mile(40km)/総走行距離19435mile。
ネットカフェで送受信がうまくいかず。
深夜、豪雨。


2006.03.17.FRI
[ Cahuita→Puerto Limon ]
どうしても仕事のメールが送信できず、僕らだけPuert Limonへ戻ることにする。
ここで岡やんとお別れする。
今まで至らぬ僕らを日に影に助けてくれてありがとう。
とろい僕らに付き合ってくれて感謝。
ホテル激安10ドル。
窓には鉄格子のみで、ガラスなし。
本日の走行距離33mile(52.8km)/総走行距離19468mile。


2006.03.18.SAT
[ Puerto Limon→Panama David ]
仕事でトラブル発生し、急遽ネット環境が良い大都市へ移動することにする。
国境越え。
中米最南端パナマにとうとう入国。
ここの国境の鉄橋は、正直びびりました。
線路の横に古い板が二列に並べてあるだけの橋、しかもおりから雨。
そんなところを走れってかい!
橋げたの隙間は幅広く、眼下は茶色い濁流轟々、落ちたら死にます。
びびりながらヨチヨチ歩きでバイクを歩かせるけど、ときどき雨でずるっと足が滑るし、橋げたの隙間(橋げたより隙間の方が広い)に足が落ちる。
あの足の下に床がない手ごたえ、
「あぁー!」マジで声が出ました。
この難関の橋を通過して安心していたら、また同じような橋が出てきて心底がっかり。
もう二度とここには来まいと誓う。
途中、板が抜けていたり、釘の頭が出てたり、板の段差が高かったり、木が腐ってたり…、マジで恐いって。
深夜までネットとホテルの往復。
寝る前にジャグジー。
テレビは野球の日韓戦。
本日の走行距離198mile(316.8km)/総走行距離19666mile。


2006.03.19.SUN
[ David※ホテル移動 ]
隣のブロックの安いホテルに移動。
義裕は仕事。
本日の走行距離100m/総走行距離19666mile。


2006.03.20.MON
[ David→Panama city ]
パナマシティ到着。
ホテルにキッチンがあったので、夜は祐子特製スパゲティ。
食後、テレビで日本対キューバの野球を観る。
優勝おめでとう。
久しぶりに400キロ以上走る。
本日の走行距離291mile(465.6km)/総走行距離19957mile。
シルバーウィング関係のホームページで、整備関係の相談をする。
さかなさんから丁寧なアドバイスをいただく。
感謝。


2006.03.21.TUE
[ Panama city→Portobelo ]
朝、バックパッカー宿ボイジャーへ秀樹君(以下ヒデ金)を向かいに行く。
三日ぶりの再会。
醤油を売ってるお店をネットで探し、コロンビアの日本人宿に持参するために醤油1ガロンを購入。
HONDAに立ち寄り。
Portobeloに着いて、コロンビアのカタルヘナ行きの船を捜す。
先行ライダーが乗った船は、今月旅行のため休業。
勝手に休むなよ!
船は出払ってるとの事なので、明日からこの小さな小さな船着場前で、船長がくるのを待つなりしか術なし。
ホテルの前の広場では、子供達が板切れをバットにして三角ベースボールに興じるている。
皆、裸足。
ふと見れば、ヒデ金のバイクに鉄片がぐっさりと食い込んでいるのを発見。
ゆっくりと丁寧に抜くが、プシューーーーーーーーーッ。
そしてパンク修理をしていると、物珍しそうに子供達が集まってくる。
夜、トランプ。
祐子、七並べ強し。
今日はどこに行っても誰にあっても、どいつもこいつも、
「野球、日本が優勝したね」
って言ってくる。
あんたたち、そんなに野球が好きなのかい。
本日の走行距離84mile(134.4km)/総走行距離20041mile。

【秀樹君が宿で仕入れた気になる情報】
その一、コロンビアとエクアドルの国境がゲリラに爆破されたっていうのは本当なのか?
そこは、思いっきり通るぞ。
その二、キトの有名宿スクレが売春で摘発されて、経営者が逃げた。
それは何ていうか…。まぁ、どうでもいいか。


2006.03.22.WED
[ Portobelo二泊目 ]
朝一、ネット。
ビックリしたなぁ、ワイヤレスじゃん。
ヒデ珍は、いつ来るかわからない船長を探して波止場でひとり張り込み。
僕らはバイクを載せてくれる貨物船を探しに、“地球の歩き方”に 中南米一治安が悪いと紹介されているコロンへ潜入。
貨物船の事務所探しで街中をうろうろして、「だいたいあのあたりだなぁ…」と見当をつけたところで本日は帰還。
ヒデ珍が張り込み初日で、早くも 船長をゲット!
やや料金は高いけれど、土曜日出発の船を予約する。
帆船、船名“LADY KISS”冷蔵庫なし、全長14メートル、たぶんベッドなんてないんだろうなぁ。
夜、どこのレストランも停電。
酔っ払ったおっさんが、ギターの弾き語り。
蝋燭の揺れる炎と、酔客の合唱。
写真は、僕らの新しい友達ノンタン君。
ちょと間抜け。
本日の走行距離★mile(★★km)/総走行距離★★mile。


2006.03.23.THU
[ Portobelo三泊目 ]
朝から雨。
読書。
義裕は、少々仕事。
夕食後、レストランでジェシーとトランプ。
船上の食料計画を立てる。
【ふと思い出した昔の事】
モヒカン君がグアテマラ国内をチキンバスで移動していたら検問に会い、パスポートのコピーでは通用せず、その場で下車させられ、結局賄賂を払って次のバスに乗った。
って言ってたなぁ。


2006.03.24.FRI
[ Portobelo四泊目 ]
来週一週間、船の上で電話、メール等一切できず。
準備。
バスに乗って、船の上の食事の買出し。
たいへん疲れる。
【心配事】
小さな桟橋から小船に乗り、沖の帆船“Lady Kiss”に乗船するわけだが、僕らのスクーターは重すぎるので、船に乗せることができるのか心配だ?


2006.03.25.SAT
[ 【船上】Portobelo→コロンビアのハズが… ]
4月3日まで、船上。
乗組員は、僕らを入れても5人だけ。
電話、ネット一切連絡とれずです。


もし10日以上連絡とれなかったら、

漂流、沈没、海賊、蒸発。

★  ★  ★  ★  ★
★  ★  ★  ★  ★
★  ★  ★  ★  ★

ところが、ぎっちょんちょん…
朝9時の集合が午後1時に変更され、3時ごろになってようやくのんびりと船が到着。
待ちくたびれたぞ船長。
小さな小さな地味な帆船(これがヨットというものか)、建造二十年の骨董品。
このヨットにバイクが二台も乗るのだろうか一抹の不安?
通訳をしてくれたイタリア人(こいつが曲者!)が、僕らのバイクが大きいことと荷物が多いことを理由に、いきなり桟橋の上で250ドルの値上げを要求してくる。
遅れておきながら、いきなり追加料金は払えってかい!理不尽なり!
納得がいかないのでキャンセルを伝え、前払い分を取り返そうとして馬鹿者イタリア人とトラブル発生。
ケツをまくったイタリア人が去り際に、
Fuck you!
ヒデ金の怒りが爆裂してイタリア人を排除。
夕方、レストランで船長と改めて相談する。
結局、値上げはなしということで、明日日曜日に荷物の積み込み、月曜日出港に相成り候。

そんなこんなで出発延期。
こうしてスケジュールは何気に遅れていく…。


今日も午前中は、豪雨。
思えば、毎日雨。
マイケル・クライトン『サンディエゴの12時間』読了。
宮部みゆき『RPG』読み始める。

か、帰ってきてくださいネ…
4/3には、いっぱいご迷惑をおかけした本が出ますから!!
無事、顛末記がつづられるのを楽しみにしてます!
Tomo   2006.03.29.WED 09:28

いしざわさん、船は大丈夫っすか?
もうすぐ日本ですね。
僕等もおっかけますよ〜。
多分5月末には帰ります。
野副@アルゼンチン   2006.03.31.FRI 09:19

ちょっと心配になってきたよ。
ついたらすぐ、報告してね。
おののりこ   2006.04.05.WED 09:24

生きてますか??
無事一瞬帰国は果たせるのでしょうか?
ぜひお会いしたいっす!!
みほりょうすけ   2006.04.05.WED 11:16

そろそろですね。
お会いできるのを楽しみにしてますわん♪

もし、沈没したら泳いで辿り着いてくださいねぇ〜。
海賊だったら、逆に乗っ取ってくださいね。
うわ〜っ、財宝いっぱいかなぁ。
蒸発は、しないでくださいね。
グリコ   2006.04.06.THU 00:22

無事ですか?
親父と一緒に心配しています。

私たちは今ラパスです。
JUNKO   2006.04.06.THU 11:49

この日の日記、追加しました。

なんだかんだと、どんどんスケジュールが遅れていきます。

いまは帰国便の飛行機の中です。
とうとう飛行機からネットができる時代になりましたわ。
よし   2006.04.10.MON 12:08


2006.03.26.SUN
[ 船上1泊目/1メートルも進まず ]
今日は、荷物の積み込みだけ。
なんだか無意味な一日。
スクーターの積み込みに苦労する。
このヨットに積むにはシルバーウィングは重すぎる、大きすぎるが原因で、手伝ってくれた皆さんに感謝。
船内の寝室が狭すぎて閉口する。
押入れの上の段だけをちょっと広くした奥行きの狭い台形に、三人で寝るのは辛いって船長!
聞いてる船長?


2006.03.27.MON
[ 無線故障のため出港延期/船上二泊目 ]
朝、無線が故障したと言って、船長の弟ジョルディが街まで部品を買いに出かける。
本日出港できず。
またしても出発延期。

結局、部品がなかったのか無線は一度も使わなかった。
無線が壊れたままでええんかいな船長。

船内は湿度90パーセント以上のジャングル状態、パンは黴にて即効で全滅。
野菜もどんどん腐っていく。


2006.03.28.TUE
[ やっと出港/船上三泊目 ]
本日、とうとう出港(最初の話では、先週の木曜日出港の予定だったのに…)。
外洋に出てそのあまりにも激しい揺れに、一発でダウン。
三人とも寝て過ごす。
義裕は三食抜きで、翌日の夕方まで起きず爆睡。
よく眠れたわけではなくて、起きる気になれなかっただけだけども…。
っていうか、激しい揺れのため上体を起こせず。
生きる気力まるでなし。
揺れが激しすぎて、便器に座っていられないのでトイレも我慢。
以降、トイレは極力行かなかった。
我慢我慢。


2006.03.29.WED
[ サンプラス諸島/船上四泊目 ]
午後早めに、サンプラス諸島の小島の傍で停泊する。
カリブ海に浮かぶサンプラス諸島、素敵だ!
本来は月曜日の予定だった出国手続きの気配なし。
ポルケ(なぜ?)船長?
予定がどんどん遅れていく…
船長と弟ジョルディが、思いのほかのんびりしているのが気にいらない。
本当に金曜日にコロンビアの港町カルタヘナに着くのか一抹の不安(このときはまだ遅れを取り戻せると船長は言ってた)。
義裕は寝室を脱出して、リビングのソファで寝る。
やや快適。


2006.03.30.THU
[ サンプラス諸島上陸/船上五泊目 ]
船長たちが出国の手続きのために、やや離れた島へボートで出かける。
その間、祐子とふたりで小島で探検(民家二軒、人口十人)、昼寝と読書。
が、待てども待てども待ち人帰らず。
ポルケ?
夕方になって、他のボートに曳航されて戻ってきた。
ボートのエンジンが壊れたってさ。
無線の次はエンジンだぜ。
二日にひとつ、なにかが壊れるこのヨット!
呪われているのか、古すぎるのか、このスペイン人が素人なのか、ヨットとはそんなものか、俺たちにツキがないのか。
しかも悲しいことに、新しい客のスイス人カップル連れてくる。
船長、狭いんだよこの船。客を増やすなよ!
このスイス人は、彼女だけでも183センチの巨人。
彼女に快適だったリビングのソファを奪われる。


2006.03.31.FRI
[ 遅々として進まず/船上六泊目 ]
外洋の天候が悪いと言って、ほとんど動かず。
悲しい…、遅れが気になる。

船長、いつ着くのさ?
「月曜日かな」
彼の言葉がそろそろ信用できず。
義裕の目がどんより暗くなる。


:: top ::    :: admin ::