|  Top  |  Menu  | 

« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月1日(金) [ホステルメデジン六十四泊目]

★祐子ひとりでコロンビア33泊、義裕入院13泊目★
テレビ観賞。
シャワーを浴びる。
嬉しい。
手拭に石鹸をしっかりこすって、そりゃぁもう丁寧に丁寧に身体を洗う。
ここ数年、こんなにしっかり身体を洗った記憶なし。
石鹸ってこんなに泡立つんだと感心する。

2006年9月2日(土) [ホステルメデジン六十五泊目]

★祐子ひとりでコロンビア34泊、義裕入院14泊目★
入院して早二週間。
テレビ観賞と昼寝。
退屈くつくつ。

2006年9月3日(日) [ホステルメデジン六十六泊目]

★祐子の単独コロンビア35泊、義裕入院15泊目★
父の差し入れ『月刊現代』を読み、テレビを観て過ごす。
『月刊現代』って面白くない。
たいへん暇。

2006年9月4日(月) [ホステルメデジン六十七泊目]

★祐子の単独コロンビア36泊、義裕入院16泊目★

b01.gif尿道ピンチ!
朝、若くてまつ毛のきれいな看護師が、
「今日、肝臓に挿した管を取りますからね」
はいはい何卒よろしくお願いします。
「で、お昼ごろ尿道に管を通しますから」
えっ?尿道に管?尿道に管ってことは、尿道に管?俗に言う尿道カテーテルって奴?
うわぁー。それって痛いですか?
「痛いっていうより、変な感じです」
うーむ、変な感じってどんな感じだろう。
……。

d03.gifで、午後。
「パンツを下げて、ベッドに寝てください」
ベッドの上でパンツを脱いで横たわり、さらけ出しておとなしく待つ。
気分的に情けない。
おもむろに器具の準備をするまつ毛のきれいな看護師。
あのー、できれば準備が終わってから、パンツを脱いだほうが…。
手持ち無沙汰なんですけど、世間話をする格好じゃないし。
「口でゆっくり呼吸してください」って言って、いきなり管を突っ込まれて、ぐいぐい…と、そしてぐいぐい…
ひぃぃぃぃぃぃぃぃ?。
「力を抜いてください」
そ、そんなところ、もともと、力なんか入りませんがな。
い、痛い。
「おかしいなぁ…、出ないなぁ…」
な、なんかいま管を戻してない?
もしかして突っ込みすぎたんちゃう?
「あっ、出た。出た。おしっこ」
おしっこがだらーっと管を流れ出したんだけど、すっげー気持ち悪い。
残尿感満開。

b02.gifマジすっげー気持ち悪い。ものすごく我慢したおしっこを一割だけ残して止めて、ベッドに横たわって少しづつ放尿している感じ。
それがずぅーっと続いて、すっげーやな体感。
で、そのままベッドごと放射線科(なぜ放射線なのだろう?)へ連れて行かれて、あっさりと肝臓の管を抜かれる。
その帰り道の二人っきりのエレベーターの中で、
どうして、尿道カテーテルをしなきゃならないんですかね?
って素朴な疑問をぶつけてみたら、
先生が間違えたみたいです。先生、疲れてたみたいで…。部屋に戻ったらすぐに取ります」
って、あのねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!
尿道カテーテルって、取り外しても一時間くらい残尿感が続いて、一分おきにトイレに行って、2滴くらい滴をこぼすだけでも、けっこうこれが痛い。辛い。
二日後、請求書の明細を訊ねたら、尿道カテーテルが請求されてた
どうしてくれよう。

2006年9月5日(火) [ホステルメデジン六十八泊目]

★祐子の単独コロンビア37泊、義裕入院17泊目★
テレビ。
一階のコンビニで花村萬月の『虹列車・雛列車』を買って読む。
体重が60キロまで落ちる。
スーパーウェルター級(66.68?69.85kg)から、ライト級(58.97?61.23kg)に三階級ダウン。

2006年9月6日(水) [ホステルメデジン六十九泊目]

★祐子の単独コロンビア38泊目★
本日、曇りなれど晴れて退院。
藤井さんご推薦の高砂台の扇松園で御蕎麦を食べて、東川へ帰る。
ドクターから、4週間後の10月6日に来院せよとの事。
困った。
あとひと月も日本にいなきゃならない…。
祐子になんて言おうとパソコンの前で腕を組んでいたら、ピロリ?ンと祐子からメールが来る。
きのう、腕にドラゴンのタトゥを入れたってさ。
祐子は一人でのびのびやってるなぁ…。
僕がいなくても生きていけるなぁ…。

b03.gif夜中にゲロゲロ!
家で家族団らんの夕食後、だんだん全身が赤く染まり、動機が激しくなり、心臓が痛み、やがてげぇーげぇー吐く。
肝臓が悪いのに、ビールを飲んだのがまずかっただろうか。
それともいきなり焼肉をバクバク食べたのが原因だろうか。
どちらにしても、遭難して飢餓状態の人には、まずスープからだよね。
今ならよくわかる、ヨクワカル。
退院歓喜急性爆食死”するところだった。

2006年9月7日(木) [ホステルメデジン七十泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任39泊目★
昨夜は、ゲロゲロで死ぬかと思った。
朝、目覚めて嬉しい。
HPの日記の更新。
暇なので、気になる歯でも治しておこうかと、藤井さんご推薦の山田歯科へ。
青年実業家こばりん推薦の本『ヤバい経済学』を買って読み始める。
まんまとジュリアーニ元市長の窓割れ理論に騙されてたと知る。
けっこうあっちこっちで、窓割れ理論を自慢げに話してたのに。

家の中が寒いので、暖房を入れる。
もうここは冬の気配。

2006年9月8日(金) [ホステルメデジン七十一泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任40泊目★朝飯食って昼寝。
お昼ごろ、歯医者へ。
気になる歯は様子を見ましょうとのことで、
全然気にしてなかった歯を治療して、おしまい。
美味しいものが食べたくて、旭川随一のメインストリート“買い物通り”を歩くが、あるのはラーメン屋とカレー屋だけ。
車で一条通りを走って探すも、やはりラーメン屋とカレー屋のみ。
諦めてラーメンを食い、悲しくなる。
美味くない。
暇だから英語の勉強でもしようと思って、『漫画 C級さらりーまんビジネス英会話』(漫画/山科けいすけ・文/浦出善文)を読む。
残念ながら、あまり勉強にはならなかった。
やっぱ、漫画じゃ駄目か。

2006年9月9日(土) [ホステルメデジン七十二泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任41泊目★
昨日に引き続き、英語の勉強でもしようかと思って『英語屋さん ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』(浦出善文)を読む。
全然、英語の勉強にならなかった。
そういう本ではなかった。
まぁ、薄々気づいていたけど…。
楽して勉強になる本は、なかなかない。
夜中、暗い居間でひとりDVD『羊たちの沈黙 特別編』を観る。
“特別編”って、やっぱり特別だ。
普通のより面白い。

2006年9月10日(日) [ホステルメデジン七十三泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任42泊目★
昼、手打ち蕎麦を食う。
夜、豆乳鍋。
大豆は肝臓にいいのだ。
夜中、暗い居間でひとりDVD『ウィンドトーカーズ 特別編』を観る。
やっぱり、前回観たのと違う気がする。
司馬遼太郎『歴史と視点』を読み始める。
日本の戦車は最悪だったらしい。

2006年9月11日(月) [ホステルメデジン七十四泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任43泊目★
『学校で教えてもらいたかった英語 何からやり直せばいいのか』を読む。
難しい…。
僕が読むには、10年早かった。
井上一馬『英語通 話すための英文法の極意』を読み始める。
が、すぐに飽きる。

2006年9月12日(火) [ホステルメデジン七十五泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任44泊目★
和美が新しい自転車を買ったので、それに乗って、一番近いコンビニまで走る。
なんと片道に45分もかかってしまった。
雑誌文藝春秋を一冊買って帰る。
これが、リハビリといえばリハビリ。
和美、自転車に乗って行くところなんか、どこにもないぞ。
一番近い自動販売機だって20分もかかるんだから…。

2006年9月13日(水) [ホステルメデジン七十六泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任45泊目★
旭川空港へ行って、土曜日の羽田行き飛行機の予約。
仕事復活。
久しぶりに働く。
午後に裏山を散歩するが、すぐに道が途切れて、たいして面白くもなし。
領収書の整理。
漫画“MASTER KEATON”を読み始める。

2006年9月14日(木) [ホステルメデジン七十七泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任46泊目★
本日の昼食は、茹でたとうもろこし二本。
田舎暮らしは質素である。
仕事。
なぜか今日は、WinとMacの接続ができない。
“NetBIOSエラーが発生ました エラー♯5”とメッセージが出るけど、意味不明。
納期が迫っているので、あわててメディアリーダーを買いに行く。
無駄な出費をしてしもーた!
重ねて通信も変な具合だ。
夜、祐子から電話が来るが、ネット接続がうまくいかずskypeで話せず。
すまんね祐子。
謎の主婦“たけぞう”からのメールに従い、肝臓にいい食事をとる。
牛と豚のレバー、豚の生姜焼き、ほうれん草。
ありがとう、たけぞう。
朝食は、必ず納豆を食べてます。
鰻も買いました。

2006年9月15日(金) [ホステルメデジン七十八泊目]

★祐子のコロンビア単身赴任47泊目★
入院している叔父のお見舞い。
カリスマ英会話講師ニック・ウィルソン『たった40パターンで英会話!』で英語の勉強。
18パターンまで読んで、体力が尽きる。
でもこの本は、僕のレベルにはいいかも。

明日から東京だ!
お酒に用心!

2006年9月16日(土) [ホステルメデジン七十九泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活48日目★
東川の父は、あちこちから不要になった物置を貰ってくる趣味がある。
この日も朝から、クレーン車で物置を頂戴する。
近頃、体調もよろしいので、13時の飛行機で東京へ飛ぶ。
ネットで予約した、新大久保の悲しくなるようなぼろぼろビジネスホテルに宿泊。
部屋の鍵が締まらなかったり、JR山手線の線路際でうるさかったりしたけれど、歌舞伎町に近いのは良し。
でもお酒が飲めないので、意味無し。
新大久保は、本格的韓国料理屋や焼肉店が多いけれど、食べられず、やはり意味無し。

2006年9月17日(日) [ホステルメデジン八〇泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活49日目★
新宿三丁目のビジネスホテルに移動する。
まぁここもボロいけど、昨夜より全然まし。
祐子の実家、青葉台へ。
お昼は、義母と肝臓にいいと言われる鰻を食う。
そして、夕食も歌舞伎町で蒲焼。
もう鰻は飽きました。
意外に鰻は根性無し。

★2006年9月18日(月) [ホステルメデジン八十一泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活50日目★
今日は、吉野家で一日限りの牛丼復活日。
朝一番でいそいそと出かけたが、牛丼復活までに一時間以上早かった。
我慢できず“豚の生姜焼き定食”を食べ、深く後悔する。
俺はね、牛丼が食いたかったのよ。
それにしても、牛丼復活祭の記念タオルはほしかった。
wowowで映画『イヤーオブザドラゴン』『ストーンコールド 陰に潜む』を観る。
晩飯は、新宿の超有名店“アカシア”で定番のロールキャベツ定食。
相席の青年がご飯にお醤油をガバガバかけてて、犬食いしてた。
見てて気分が悪かった。
ネットカフェで漫画『高校アフロ田中』を読む。
この漫画はいま最高に面白い。
笑いを堪えるのが辛かった。
寝る前に、コンビニのオニギリ二個、バームクーヘンとプリンを食う。

2006年9月19日(火) [ホステルメデジン八十二泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活51日目★
朝起きて、病み上がりの肝臓のために野菜ジュースを飲む。
御苑の事務所で仕事と打ち合わせ。
昼は、“ラボエム”で大屋氏にご馳走してもらう。
晩飯は、新宿のしょぼい定食屋で生姜焼き定食。
ネットカフェで漫画『中退アフロ田中』を読む。
やっぱり面白い。
寝る前にコンビニのオニギリ二個とバームクーヘンを食べる。
翌日、寝る前に食事をするのは体に悪いと指摘される。
そう言われればそうかも。

2006年9月20日(水) [ホステルメデジン八十三泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活52日目★
朝起きて、元気になってほしい肝臓のために野菜ジュースを飲む。
事務所で仕事。
昼は、一藝社の菊地社長にご馳走になる。
書店からの帰り道、ふらてのうっぷさんに会う。
話題作『ツレがうつになりまして。』を読む。
夜、大屋氏、浅井氏と飲む。
鯛のかぶと煮、牛筋の煮込み、カボチャの煮物がなかなか美味なり。
吐いて以来、ものすごく久しぶりの飲酒。
薄いウーロンハイ4杯とセブンスター一本を恐る恐るたしなむ。
特に問題なし、体調よし。
お酒、大丈夫かもしれませんな。
浅井さんから、肝臓にいい薬を一瓶頂戴する。
ありがたやありがたや。
またしても大屋氏にご馳走になる。
ありがたやありがたや。
お二人に深く深く感謝しながら、夜道を歩いてホテルへ。

2006年9月21日(木) [ホステルメデジン八十四泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活53日目★
仕事、ちょろちょろ。
書店で見かけた、次に帰国したら絶対読みたい本、ダイヤモンド社『ゲッツ板谷の新刊 えーとタイトル忘れる』。
昨夜、浅井さんからもらった肝臓にいい薬と野菜ジュースを飲んで、出社。
原宿のNHKに行き、地球ラジオの皆さんと社食でカレーを食い、ラジオをいただく。
皆さん総出のお出迎え、ありがとうございます。
ラジオは大切に使わせていただきます。
前からほしかったワイヤレスマウスを購入。
使い心地、最高。
ダイヤモンド社のH氏、メディアファクトリーのA氏、アスキーのA氏、ミリオン出版のA氏、実業之日本社のO氏と新宿西口でちょいと一杯。
この人たちお店に無理言って、メニューにないグループうどんを作らせる。
給仕の若い女性に絡み、手まで握る暴虐無人な中年男女。
恐るべし。
ウーロンハイ3杯、昆布焼酎の水割り1杯、蕎麦焼酎の水割り1杯、赤ワイン1杯を飲む。
体調は良好。

2006年9月22日(金) [ホステルメデジン八十五泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活54日目★
一藝社へのラフ出し。
今日は祐子の誕生日なので、心のこもったメールを贈る。
実は、誕生日当日に覚えていたのは、結婚後初めての快挙。
上野のバイク店で、部品受け取り。
お昼は、いくら、鮭、ウニ、ホタテの北海丼。
事務所の飲み会に出席。
二次会のカラオケにも参加して歌うなり。
皆、狂ったように踊ってた。
ウーロンハイを5杯。
“ふらて”に立ち寄って、薄めの焼酎の水割り3杯。
体調、悪くなし。

2006年9月23日(土) [ホステルメデジン八十六泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活55日目★
ホテルで昼寝、読書。
昼食は、新宿三丁目で納豆蕎麦。
納豆は肝臓にいいのでね。
夕方、ネットカフェ。
晩飯は、ラーメンだけは食うまいと決意してたのに、大勝軒でつけ麺。
でも、なんだか美味かった。

2006年9月24日(日) [ホステルメデジン八十七泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活56日目★
1時から、グリコさん家でお食事。
春餅(チュンピン)をいただく。
グリコさんは、相変わらず料理上手なんである。
最近は、味噌も醤油も自家製。
謎の多いグリコさんの人生を聞きながら、居心地良くて、すっかり長居してしまった。
晩飯は、光麺食堂で生姜焼き定食。
別にどうってことなし。
不味くはないけど。
これで大戸屋に勝てるのか?
深夜、wowowで映画“ソウ”と“ソウ2”を観る。
“ソウ3”が楽しみだ。

2006年9月25日(月) [ホステルメデジン八十八泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活57日目★
お昼は、御苑の名店“ミュン”の鳥カレー400円なり。
やっぱり御苑に来たら、一度は鳥カレーだよね。
夕方、青年実業家の新しい事務所を訪問。
新しい事務所は、生意気にもコンクリート打ちっぱなしのデザイナーズマンション。
アルバイトの学生が、ふたりともとてもよし。
飲みに行って、いつもの如くすっかりご馳走になる。
いつもいつもすみません。
それにしても煮込みが非常に美味かった。
ウーロンハイ4杯、缶ビール一杯。
帰り道に見つけた立ち食い蕎麦。
食べちゃいかんぞ、いかんぞ!
と思いながらも、食ってしまった。
反省…。

2006年9月26日(火) [ホステルメデジン八十九泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活58日目★
床屋で髪を切る。
昼は、昔よく行った来々軒でオムライス。
この店、オムライスは相変わらず下手糞だ…、と思い出す。
仕事ぼちぼち。

2006年9月27日(水) [ホステルメデジン九十泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活59日目★
美人編集長S氏と三丁目の大人のお店で、ふぐ刺しとかすっぽんの鍋とかあわびとか贅沢にポン!って感じ。
やっぱ40歳過ぎると、こういう落ち着いたお店がいいわい。
ご馳走になっていながら言うのもなんだけど。
懐かしい『DUG』で、ハーパーのソーダ割りにワイン数杯。
すっかりほろ酔い、たいそう気分よし。
体調、良いざます。
洗濯しないと、下着がない。
っていうか、とっくの昔にないんだけど…。

2006年9月28日(木) [ホステルメデジン九十一泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活60日目★
星野、収、菊地と歌舞伎町で飲む。
星野から、すっぱーい自家製梅干を貰う。
コロンビアに持っていけば、すっぱーい梅干好きの祐子が喜ぶに違いない。
歌舞伎町交番前の老舗『磯善』で魚を食いまくり、タクシーを飛ばして得意の『ふらて』、その後新宿二丁目の餃子街道(二軒しかないけど餃子激戦区なのである)で『餃子のお店(店名を忘れた)』で腹ごなしをして、意味もなくまた歌舞伎町へ流れる。
菊地が『スーパールーズ』を探すけれど、「だーかーらー」それは火事で燃えてしまってないって!
しかも『エンジェルキッス』は、こんな時間にやってないってばさ。
で、うろうろしながら菊地の会社のお店『光麺食堂』で働くスタッフを覘いたりしながら、そんなこんなのすっかり朝帰り。
それにしても、洗濯してないので二度着、三度着のTシャツが臭い気がする。

2006年9月29日(金) [ホステルメデジン九十二泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活61日目★
事務所でしこしこ仕事。
夜、事務所の連中と一杯。
…のつもりが、三杯。
洗濯しないと限界だ!
…とひしひし感じる。
っていうか、限界は超えているのかも…。

2006年9月30日(土) [ホステルメデジン九十三泊目]

★祐子だけコロンビア、別居生活62目★
ホテルのレセプションでコインランドリーを教えてもらうが、歩けども歩けども見つからず。
腹が減ったので諦める。
それにしても困ったなぁ。
心から洗濯したい。
菊地総料理長のお薦めの大久保のつけ麺屋“はやしや”で昼食。
ただ麺の量が多いだけの残念なお店。
食べ疲れた。
※あとで菊地に確認すると、別のお店だった。
ネットカフェで漫画を読む。