|  Top  |  Menu  | 

« 2006年 | メイン | 2008年 »

2007年01月01日(月)[汐見荘十二泊目]

あけおめ。
とりあえずの目標は、
?南米最南端の町ウスアイアへ
?南極へ
?イースター島へ

早朝6時半、NHKラジオに出演。
前回よりはまぁヨカッタんではないかと…。
しかし反省点多し。
課題を残す。
芸能界への道は遠い。
リベンジは1月28日だ!

朝飯はインスタントラーメン。
夕食はすいとん、煮卵と焼きオニギリと純和風。
夜中、トランプ『ナポレオン』で対決し、ミホちゃんのインチキをかわし、義裕は優勝を飾る。

祐子はブレスレット作りに精を出す。
今年は、道売りで生活費を稼ぐのだ。

相変わらずビール1リットルを飲むのだ。

汐見荘の情報はココ→

2007年01月02日(火)[汐見荘十三泊目]

朝飯、インスタントラーメン。
鼻ピのかょちゃん旅立つ。
2007-01-02p023.JPG

隣町のバルパライソへ散歩して、食料品の買出し。
巨大アイスクリームを買うが、食べきれずゴミ箱へ捨てる。
すまない気持ちでいっぱい。
日課のビール一リットル。

この人形が恐い。
2007-01-02p036.JPG

チリの落書きはレベルが高いぞ!
2007-01-02p083.JPG

汐見荘の情報はココ→

2007年01月03日(水)[汐見荘十三泊目]

アンドーシェフが旅立つというので、玄関先で見送ろうとするもエンジンがかからず断念。
しめしめである。

d01.gif新聞デビュー!!ジャジャジャジャーン!
地元新聞“ラ・エストレア”に僕らの写真と記事が載ったのだ。
『バイクで冒険旅行!』
『40,000キロを走ってチリへ!』
記事中にものすごい誤植を発見。
祐子が25歳になってた。

去年ビーチで出会ったチリ人女性ソニアと夫の清氏に会い(っていうか、迎えに来てもらい)、コンコン浜辺までドライブと洒落込む。
海の水が茶濁していたのは、ボリビアから流れてきた川の水が原因らしい。
さてはボリビアは雨季に突入か!?
2007-01-02u010.JPG

ビーチ沿いのレストランでビール。
最高の魚介類をご馳走してもらい感謝感激。
で、感激のメニューを下記に紹介すると、
?マチャ・ア・ラ・パルメサーナ
→牡蠣のような貝にチーズをのせてオーブンで焼いたもの
?エンパナータ・デ・ケソ(ピーノ、マリスコス)
→巨大餃子を揚げたもの(チーズ味、ひき肉味、魚介類味)
?オスティオネス・アル・パルメサーナ
→ホタテのチーズ焼き
?カルティージョ・デ・マリスコ
→魚介類の寄せスープ
?メンタ
→お酒
?アイスクリーム
→あっさりしたパイン味

ところでビーニャデルマールは新築マンションの建築ラッシュである。
ビーチ沿いは建築中のマンションだらけ。
冷やかしでモデルルームに寄る。
2007-01-03p015.JPG
140平米で1,000万円くらいらしい。
祐子の道売りが繁盛すれば、買いたいもんだ。
どのマンションも太平洋を見下ろせ眺望は最高。
しかし砂地に建っているので、余計なお世話だが地震が心配だ。

ビーニャデルマールを見下ろす会員制のゴルフ場(プールやテニスコートもある)で、再びビールで乾杯。
ダウンタウンとビーチを臨み飲むビールは、格別なり。
おふたりの自宅へ寄って、そしてビールで乾杯。
お土産にお蕎麦一キロ、麺つゆ、お漬物をいただく。
なにからなにまでご馳走になり、お土産までいただき、ひたすら恐縮するも幸せな一日だった。
このご恩をどうやって返せばいいのか?
それが問題だ。

宿に帰っても満腹で動けず、晩飯が食えない。
もう若くはないと悟る。
今年42歳になるのだ。

汐見荘の情報はココ→

2007年01月04日(木)[汐見荘十三泊目]

バスに揺られて二時間、首都サンティアゴへお出かけ。
清氏に紹介してもらった日本食レストラン“将軍”で昼食。
2007-01-04p019.JPG

※実はこの“将軍”は、ロサンゼルスの鈴木氏にも紹介してもらっているのだ。
祐子は指輪用の石を探し、濃青の空の色に輝くチリ産ラピスラズリ(Lapis lazuli。エジプト、シュメール、バビロニア等の古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきた)を仕入れる。
地下鉄の駅構内でワイヤレスインターネットができるとは、サンティアゴはすごい。
2007-01-04p014.JPG

道東の星タイト君出発。
2007-01-04p024.JPG

ダイスケ君とカズミちゃん到着。
晩飯、宿のもの10人で昨日ソニアと清氏にいただいたお蕎麦を食う。
やっぱり日本の蕎麦は美味い。
ソニアと清氏に心から感謝。
ほか、アンドー君の親子丼、アサリの酒蒸し。
明日、ここを旅立つのだ!

汐見荘の情報はココ→

2007年01月05日(金)[汐見荘十三泊目]

せっかくダイスケ君とカズミちゃんが来たのだからと仏心を出して出発を延期する。
晩飯は、祐子の豚の生姜焼き。
妻の味。

明日には旅立とう!
と決意するが、深夜3時過ぎまで飲む。
起きれるのかなぁ…。
2007-01-06p018.JPG
憩いのリビング。
右上からネットケーブルが伸びていて、無料なのが嬉しいざんす。

汐見荘の情報はココ→

2007年01月06日(土)[ビーニャデルマール→メンドーサ]

関根さんは今朝もギターの練習に余念がない。
素振り百回のギター練習。
2007-01-06p020.JPG

寝坊したコメさんを捨て置いて、しかも夕べのお酒が抜けてないが10時に出発する。

国境の長いトンネルは、チリ側は明るくアルゼンチン側は極端に暗い。
アルゼンチン、貧乏くさい!
電気くらい点けろ!
アルゼンチンに入り突然トンネル内が真っ暗になり、スクーターの電球切れに気づく。
あわててウィンカーの明かりを頼りに壁際を走る。
死ぬかと思った(ハイビームにすればいいだけなんだけど…)。

アルゼンチンで二時間遅れのコメさんに追いつかれる。
さすが元族、速いもんだ。
ビーニャデルマールから9時間走って21時着。
遠かった。
しかし外はまだ明るい。
道中楽しみにしていた南米一高い山、アコンカグアがどの山だかわからなかったのが残念だ。

アコンカグアを登ると意気込むミホちゃん、汐見荘の名シェフ、アンドー君と合流。
晩飯は、近所の定食屋で300円のステーキとビール1リットル。

私の鋭い観察によると、アルゼンチンの女性はチリ人女性に比べてデブ率が高いと見た。
お尻も横に大きくたいそう重そうだ。
一度、持ち上げてみたい。

2007-01-06p045.JPG

汐見荘の情報はココ→

2007年01月07日(日)[メンドーサ二泊目]

午前中、宿の中庭で卓球。
宿のネットは、パソコン持参なら無料なので実質使い放題でお得だ。

昼食は、アンドーシェフの手捏ねハンバーグをマヨネーズで食う。
南米でソースの入手は難しい。
南米のこれからの課題だ。

夜は、外で300円のステーキとビール。
アルゼンチンは二度の世界大戦に参加しないで、世界中に肉を売って稼ぎまくった大畜産王国なので、ステーキは美味くて安いのだ!
なのに今晩のステーキはイマイチ…。

なにげにチリとアルゼンチンを対決させると、
面積→アルゼンチンの勝ち(アルゼンチンは8位、チリは37位)
人口→アルゼンチンの勝ち(アルゼンチン3,900万人、チリは1,600万人)
GDP→アルゼンチンの勝ち(アルゼンチンは23位、チリは44位)
GDP(一人当たり)→アルゼンチンの勝ち(アルゼンチンは11,200ドル、チリは10,869ドル)
知らなかった。
圧倒的にアルゼンチンの方が強いじゃん。

2007年01月08(月)[メンドーサ三泊目]

なにを隠そうアルゼンチンは、世界第5位(『歩き方』では4位)のワイン王国なのである。
しかもここメンドーサだけで、その7割を生産しているというから驚く。
そしてそのほとんどを国内で飲んでしまうというのも驚く。
というわけでバスに揺られて40分、ワイナリーBodega la Ruralを見学(無料)。
超有名なCabernet Sauvignon畑を見て、Cabernet Sauvignonを試飲(無料だよ)。
2007-01-08p011.JPG

2007-01-08p013.JPG

1キロ以上歩いてチョコレート工場に立ち寄り、リキュールを試飲(これも無料)。
チョコレートを試食(そして無料)。

b02.gifお酒の飲めないアンドー君の一言。
俺、来ても意味ないじゃん。

d03.gif8時半から、アンドー君とセントロのバイキング(食べ放題)を攻める。
とにかく食い疲れる。
口休めのスイカが一番美味いかった。

宿で深夜2時過ぎまで卓球対決。
義裕が第一回メンドーサカップを制する。
今年は幸先ヨシ!
コメさんが全然勝てない。
ウッシッシ。

2007年01月09日(火)[メンドーサ→Los Andes]

ミホちゃん、コメさん、アンドー君に見送られて10時出発。
それにしてもミホちゃんとアコンカグアを登れないのが残念だ。

本日天気晴朗なれども風強し。
2007-01-09p039.JPG

ガソリンスタンドで給油中に、
僕らアラスカからバイクで来たんだよ!って言ったら、
陽気な声のでかいおっさんが、
ぜひチリのテレビに出演しろ!
ってのたまうから、テレビ局の人ですか?って質問したら、
いや俺は全然違うって答えるもんで、
それじゃぁ、誰かテレビ局の人を知ってるの?
いや誰も知らん。
ってな全く発展性のない話に花を咲かせていたら、ガソリンがだぼだぼ溢れてた。
床一面のガソリン。
危ないじゃん僕ら。
しかもそのこぼれた分も払うのかい!

トラック豪快横転、道路渋滞車両長蛇、我々二輪牛蒡抜き。
2007-01-09p049.JPG

アコンカグアの入り口のPuente del Incaで、今日もステーキ。
アルゼンチンからチリに抜ける3,209メートルの長いトンネルを、ちんたらと5分40秒かけて走る。
アルゼンチン側のトンネルは、照明がないので暗闇が恐い。
義裕は鳥目だろうか。

Los Andesの宿はどこも高くて、宿探しに難儀する(結局ツインで41ドル、朝食込み、ワイヤレスインターネット無料、キッチン有に泊まる)。

アコンカグア登頂男シムラ君から頂戴した、麻婆豆腐とビーフカレーを夕食にして節約。
しかしおいしゅうございました。

本日の走行距離181.3mile(290km)/総走行距離26,438mile(42,300km)

2007年01月10日(水)[Los Andes→Talca]

10時出発。
とにかく暑いぞ。
首都サンティアゴを突き抜けて、一路南へ走ろう。
陽が沈む前に。

5号線は車多からず少なからず、路面悪からず、景色良からず、何よりも面白みなく、甚だしく退屈至極。

昼食は、鶏とジャガイモのスープとサラダ。
素朴な味で200円なり。
定食屋の親父たちが陽気に話しかけてくる。
が、さっぱりわからんかった。
2007-01-10p012.JPG

投宿したら、うたた寝。
今晩の宿には、なんとビデがある。
南米もとうとうここまで都会になったかと感慨深いものあり。
夕食は、スーパーで買った骨付き豚肉をニンニクで焼く。

夕食後、Windowsの写真データをMac経由で外づけHD(Macフォーマット)に移動する。
2005年4月分だけで357項目889.6MBで一時間。
2005年10月分が492項目796MBで一時間半。
夜中まで、幸田文『木』を読みながら、NHKの執筆。

サントス君からもらった船戸与一『カナルヴァル戦記』を読み終える。
なかなか面白いじゃん。
一番面白いのは最後の解説で、『歴史の反転への希望』からの引用文が興味深い。
忘れないように、誰かにメールしておこう!

田中くんへ
船戸与一『歴史の反転への希望』から
その昔、北米大陸の先住民族を殺しその土地を奪っていったのは、農民たる植民者だったそうです。
アングロサクソン人は東海岸から西海岸到達まで二百年かかり、
南米は、イベリア半島から来たならず者が、あり余った精力を先住民族の殺戮と強姦に向けたそうです。
ひどいですね。
で、南米大陸の主要な拠点を征服するのにたったの二十年足らず。
性欲ってのはすごいもんだね。
強姦のし過ぎで、南米は混血だらけになったそうです。
ひどいもんだね。こりゃ。
で、南米大陸を三つに分類すると、
エクアドル、ペルー、ボリビアは、先住民族を抹殺しえなかった地域。
ラ・プラタ河流域のアルゼンチン、ウルグアイは、先住民族をほぼ完全に抹殺した地域。
強姦された女性が子供を産む暇もなかったので混血はなし。
特異なのは、黒人奴隷のいるブラジル。
エントラーダ、バンデイラという先住民族捕獲部隊を組織するも、すぐに逃亡するので諦め、
白人極貧層を契約奴隷にするもこれも逃げられる。
そんなこんなで、北米にならい黒人を奴隷にするようになって、エントラーダとバンデイラは殺戮部隊に変わっていったそうですわ。
で、結局殺戮。
なんにしろひどいもんですわ。

本日の走行距離225.1mile(360km)/総走行距離26,663mile(42,660.8km)

2007年01月11日(木)[Talca→Temuco]

10時過ぎに出発。
爆走して、一時間半ぐらいで100mile(160km)突破。
順調、快調。

高速道路のパーキングエリアでワイヤレスインターネットができて、感動する。
すごいもんだわチリ。

夕方、義裕は仕事。
食後、宿の犬とサッカーをしたら思いっきり疲れた。
祐子がひとりで“YOU TUVE”を見て、深夜におだってた。
義裕はさっさと寝る。
涼しい夜。
極地に向かっているので、日々寒くなるのだ。

本日の走行距離272.7mile(436km)/総走行距離26,936mile(43,097.6km)

2007年01月12日(金)[Temuco→Puerto Montt]

寝坊して、10時半出発。
やや寒い。

退屈なので、50mile(80km)毎に休憩をとってコーヒーを飲む。

昼食後、南緯40度を越えて、強風で有名なパタゴニアに突入する。
ご他聞に漏れず風強し。
というより、噂にたがわず風強し。
Silver wingが突風に煽られるので、ハンドルを握る手や肩に力が入る。
時々、転倒が恐くて追い抜きを断念し、後退する。

Puerto Monttの宿探しに時間がかかる(宿は多いが高い)。
最終的に“三階の部屋(荷物が多いので遠慮したい)”、“穴倉のような部屋”か“臭い”の三者択一。
悩みに悩んで穴倉に泊まる
キッチンのストーブに火が燈ってた。
もうここは、夏と言えども寒いのだ。

魚貝類で有名な町Angerumoまで散歩して、市場の食堂でウニ、アワビ、鮭、フジツボ等々の盛り合わせを食う。
醤油を持参したが、ワサビなしは片手落ち(使っちゃいけないかなこの言葉)。
メキシコのカンクンから来たカップルと同席したが、名前も聞かずに別れる。
食堂街で一番美人だと言い張るお姉さん。
2007-01-12p029.JPG
僕には、オカマに見える。

夜、宿に帰ったら、部屋のドアが開かない。
鍵が回らない。
宿のおばさんがドライバーで窓をこじ開けて(簡単に開いた。それはそれで問題あるぞな)、義裕が部屋に潜入するもやはりドアは開かず、というより、鍵が鍵穴にささったまま動かず。結局、ドアから鍵全体を外す。
明日は、ミホちゃんの待つ南米のスイス、バリローチェだ。

本日の走行距離228.6mile(365.7km)

2007年01月13日(土)[Puerto Montt→Bariloche]

9時前に出発。
2007-01-13p039.JPG

アルゼンチン側の国境で、ふと思う。
こりゃ、次のガソリンスタンドまでモタナイカモ…。
あと1リットルほど足りないかも…。
国境警備の若い警察官からホースを借りて、アルゼンチン人の車の給油口に差し込んで吸ってみる。
なんに使っていたホースか知らんけど…。
2007-01-13u013.JPG

一度ガソリンが流れ出すと、あとは連続してくれる筈なんだけど、そうはイカの金玉。
口の中にガソリンが溢れてゲボゲボ。
そーとー気持ち悪い。
不味い。
顔にガソリンがかかって焼けそうだ。
ガソリン臭を吸い込むと胸が焼けそうだ。
死ぬかもしれん。
いろんな車を試した結果、比較的新しい車だと盗難防止装置がついているらしく、ガソリンが上がって来ないことがわかった。
なるほどなぁ?。
古い車なら、一発でガソリンがジャボジャボ上がってくる。

アルゼンチンで一番の観光地、San carlos de Barilocheの湖畔のキャンプ場でミホちゃんを待つ。
湖畔の粋なレストランで、Bije de Choriso(サーロインステーキ)を食べるけど、味わいがない。

ミホちゃんと三人で、テントで川の字で寝る。
我が家に初めてのお客さん。

本日の走行距離227.5mile(364km)/総走行距離27,392mile(35,827km)

2007年01月14日(日)[San carlos de Bariloche二泊目]

朝飯食って、ミホちゃんと卓球。
アコンカグアを登ると言い張るミホちゃんが出発。
2007-01-14p090.JPG

日向ぼっこしながら読書。
昼寝。
夕食は、焚き火で400グラム120円のステーキを焼いて食う。
焚き火はやっぱりいいわぁ?。
食後、レセプションでコーヒーを飲みながら読書。

2007年01月15日(月)[San carlos de Bariloche三泊目]

トースト、ベーコン、玉子焼き、メロンを食って朝飯とするなりバリローチェ。
アルゼンチンの悪戯描きは、南米とは思えぬレベル。
2007-01-15p003.JPG


湖畔の道をテクテクと数キロ歩いてバスに乗り、さらにリフトを使ってカンパナリオの丘に登る。
いくつもの湖と雪を残した山々をぐるりと見渡し、雄大な自然を堪能し、アイスキャンデーを食う。

2007-01-15p103.JPG
昼飯でも食おうかと、湖畔の道をテクテク歩くこと3キロ。
全然来ないバスを延々待って、氷河に削られた尖った山々、その名もカテドラル山へ。
ゴンドラとリフトを乗り継いで、このものすごい日差しでも融けない強情な残雪を触って戻る。
2007-01-15p158.JPG

昨夜に続いて焚き火でステーキを焼く。
HPに日記をアップするけど、表示されず。
なぜだ?

とても面倒くさいけど、明日から南下だ!
なにはともあれ早起きせねば!

2007年01月16日(火)[San carlos de Bariloche→Esquel]

2007-01-16p027.JPG
スーパーで普通に売っている脳みそ。
鍋かなぁ。

鳥のけたたましい鳴き声に叩き起こされるが、すでに寝坊。
長袖シャツ、タイツ、セーターを着込んで完全真冬態勢で臨むが、今日は暖かい一日だったので、汗だくだく。
まだ恐怖のパタゴニアの暴風はない。

Epuvenの手前の見晴らしのいい山小屋で昼食。

鶏肉を買って、焼き、そして煮込む。
Esqeulの町はアメリカの郊外のようだ。
アルゼンチンは、もはや南米ではない。

キャンプ場でテーブルを借りようとしたら、
「2ペソ(70円)だよ」
強欲婆あ!じゃぁ椅子は?
「1ペソ(35円)」
誰が借りるか!
アルゼンチン、せこすぎ!

意地を張り、地べたに這いつくばって夕食を食った。

軽く読書をして、日記を書いて、NHKの執筆。
アルゼンチンのキャンプ場は、サイトの横にコンセントがあるので便利だ。

明日はパタゴニアの暴風を避けるため、早起きしよう!

本日の走行距離190.5mile(304.8km)/総走行距離27,589mile(44,142.4km)

2007年01月17日(水)[Esquel→Rio Mayo]

早朝に走れば、パタゴニアの暴風もまだましらしい。
でも8時半出発。
もう少し早く起きなければ…。

走ってみれば、ずぅぅぅぅーーーっと暴風域。
これが噂のパタゴニアの風かぁぁぁーーー!
っと、感動する気も失せるぐらいうざい風。
太平洋側から叩きつける暴力的な風に、首が曲がりそうになり、ウルトラ突風にSilver Wingごと飛ばされそうだ。
気が狂いそうだ。
こういうとき頭の中は『吹けよ風 呼べよ嵐』。

柔らかい砂利道は最悪!
祐子、降りて歩いておくれ!

明日から、しかもダートだよ。
大丈夫かな俺?
2007-01-17p012.JPG

誰もいない寂しいキャンプ場で、肉じゃが定食を作って食べる。
この町は、ゴーストタウンのようだ。
ただ風が吹いてた。

キャンプ場の青年のバイクコレクションを見せられる。
バイクは詳しくないので、残念ながらコメントできない。
ごめん。

本日の走行距離270.9mile(433.4km)

2007年01月18日(木)[Rio Mayo→Las Heras]

昨夜から朝まで、パタゴニアの風がぶるんぶるん狂ったように吹き荒れる。
テントが引きちぎれそうになるほど強風に煽られるけれど、面倒なのでペグは使わない。
どんなときでもペグは使わないので、日本へ送り返そう。
テントのファスナが不調。
ペンチで噛んでも締まらない。

朝7時40分出発。
走り出して間もなく盛り上がった轍を乗り越えられず、あえなく転倒。
2007-01-18p021.JPG

ダートはうざいけれど、幸いにも風はない。
とろとろとゆっくり走る。
それもまたヨシ。

次第にダートに慣れて気分良く駆けていたら、祐子がポツリ…
「道を間違えたみたい…」
「……」
2007-01-18p065.JPG

30キロ以上も多く走って、東へ大きく逸れた想定外の街Las Herasに到着してしまった。
とりあえずは飯でも食って善後策を検討しましょう。
ヨシムラの集合管をブイブイ言わせたバイクを呼び止め、
2007-01-18p072.JPG

「レストランはどこ?」
親切な青年でレストランまで案内してくれたけど、彼の前で突然エンジンがかからなくなるSilver Wing。
なぜ?
しかたがない。
この運の悪い青年マウロに重ねてお願いする。
「図々しいとは思うんだけど、祐子を後ろに乗せてバイク屋まで走ってくんない?」

一時間後、祐子が連れて来た男性ファビアンに状況を説明するため、まずはスタンドを上げて、ブレーキを強く握り、スイッチを押す。
と、ひとつひとつ話していたら、エンジンがかかってしまった。
間、悪し。
笑ってごまかす。
「ポルケ(何故)? ケパソ(どしたの)?」
なんにしろSilver Wingが動いて一安心。
だが、何かに問題がある。

別れ際ファビアンが家に泊まれと勧めてくれるので、では遠慮なくお部屋お借りいたします。
シャワー、トイレ付きの離れを宛がわれ、最高。
ファビアン(偶然にも日本人ライダーに有名なホルヘのアミーゴだった)のバイクコレクションを見学して、夕食とワインまでご馳走になり恐縮。
洗濯機を借りられて嬉しい。

食後、尾を伸ばして飛ぶ彗星を見る。
2007-01-18p076.JPG

不吉…。
いやいや吉兆に違いない。

本日の走行距離105.5mile(168.8km)

ファビアン邸の情報はココ→

2007年01月19日(金)[Las Heras二泊目]

朝食兼昼食は、トマトとひき肉を買ってきてスパゲティボロネーゼ。
お昼からネット屋と町内散策。
2007-01-19p024.JPG
下の男は、岩城滉一に似たアルゼンチン人。
2007-01-19p037.JPG

昨日のヨシムラの集合管男、マウロに会う。
毎日、昼間っから暇な若者だ。

近所のホテルのロビーで、祐子はマグダレーナ(写真)にプレゼントするブレスレット作り。
2007-01-19p010.JPG

義裕は、ネット。

夕食に鳥の唐揚を揚げて、ファビアンとシボンに振舞う。
深夜まで、4人でお喋り。

ウスアイアの後、ここに戻って来て家を借り、ファビアンのガレージでバイクを作り(中古車を切ったり貼ったりして)、ダートの40号線を攻めるというのもいいなぁ…と夢想する。

【ファビアン一家】
父ファビアン44歳
2007-01-20p031.JPG
三度目の結婚。
バイク好き。
GOLD WING、新車のハーレーダビッドソン他、数台を所有。
現在、ウスアイアからアラスカまで自作のバイクで走る計画中。
母シボン33歳。
2007-01-20p036.JPG
スコットランド系。
娘マグダレーナ11歳。
他母親の違う息子が三人、出入りする。
わけわからん。

ファビアン邸の情報はココ→

2007年01月20日(土)[Las Heras→Caleta Olivia]

10時半出発。
一頭だけ恐竜発見。
2007-01-20p041.JPG

ダートを避けて舗装道路を走り、次の町が遠いので、さっさとテントを張ってのんびり暮らす。
強い陽差しを受けて読書。
夜、ボリビアで買ったシーチキンでスパゲティ。
名前がわからんのだけど、この野菜がイケル。
2007-01-20p046.JPG

本日の走行距離96mile(153.6km)/総走行距離28,061mile(44,897.6km)

2007年01月21日(日)[Caleta Olivia→Puerto San Julian]

ちょと暑い。
やや風強し。
爆風に煽られて、二度ほど冷や汗。

Tres Cerrosのガソリンスタンドで、他国のライダーと冷えたピザとサンドイッチの昼食。
ドイツ人ライダーのミッシェル(またしてもホルヘの友達)、アルゼンチンライダーのフランシスコ、★★とPuerto San Julianまで一緒に走る。
2007-01-21p035.JPG

彼らと別れた後、マゼランの乗った船(レプリカ)とフォークランド紛争で飛んだ戦闘機ミラージュ5を見物する。
2007-01-21p059.JPG

さらに後、エンジンがブスブス音を立ててエンスト。
10分ほど、エンジンがかからず。
どうしたんだい?

ネット屋(修理中)、バイク修理店(留守)、スーパー(日曜日なので休み)、レストラン(8時半から)、ホテル(誰もいない)、ホテル(これまた誰もいない)、ホテル(満室)、スーパー(明朝飲む牛乳)、キャンプ場とまわりまわる。
2007-01-21p062.JPG

空気圧の調整とオイルのチェックをして、バイク修理店(留守)、ネット(修理中)、レストランで食事して、再びバイク修理店へ。

2007-01-21p081.JPG

スタンドのキルスイッチが壊れていたので応急処置をしてもらう。
ここの修理も無料だった。
南米はどこへ行っても無料にしてくれる。
本当にありがとう。

本日の走行距離233.2mile(373km)

2007年01月22日(月) [Puerto San Julian→Rio Gallegos]

朝、肌寒い。
空、全面雲。
風、やや強。

2007-01-22p001.JPG

Comandante Luis Piedrabuenaのガソリンスタンド兼食堂で、フランス人のフランキー、ブルーノ(マルセーユの警察官。1967年製のBMWでタンデム)、アメリカ人夫婦の(声が小さいとは珍しい外人だ)マーティン、べス(1986年製のHarley Davidson)と写真の撮りあい。

2007-01-22p015.JPG

古いバイクってたまらなく素敵だ。

2007-01-22p005.JPG

義裕は、床屋。
安宿を探し回るが、結局ネットフリーの高いホテルに投宿。
キッチンを借りて、チキンスープ。
祐子、腹痛。

b01.gifさぁ明日はやっとこさ、カラファテのFuji旅館だ。
この旅館で、今年の旅が変わることになろうとは…。このときは知らない。

本日の走行距離230.1mile(368km)

2007年01月23日(火) [Rio Gallegos→Esperanza]

朝、霧雨。
空、一面灰色。
霧、世界一色。
前方視界最悪。
肌寒。
防寒。
次第に雨。
段々、雨。
暴風。
というわけで、昼飯食って走行中止。
たった一軒のレストラン兼食堂に泊まる。
ネットなし。
廊下は雨水が浸水。

d03.gif突然Windowsの画面が色あせて暗くなりフリーズ。
再起動しても同じ。
壊れたのか?
胸が締め付けられるほど不安。

本日の走行距離89.5mile(143km)

2007年01月24日(水)[Esperanza→El Calafate]

雨上がる。
2007-01-24p012.JPG

雨上がりのパタゴニアの草原を快走。
ラクダ科だけど鹿に見えるグアナコ(アルパカ、リャマの仲間)も走る。

日本人、韓国人宿のFuji旅館到着。
日韓勢力均衡でほぼ満室。
日韓共同焼肉晩餐会開催。
生贄は子羊。
臭みがなくて、最高。
ジンギスカンのタレをつけるともっと美味しいのだろうか。
島藤ご主人のギターの夕べ「懐かしのメロディと韓国ソング」で暮れるカラファテの初夜。
ビール一リットルと韓国焼酎。
心が溶ける。

恐る恐るWindowsを起動してみる。
とりあえずなんともなし。
けど妙に静かなので、ファンが壊れているかもしれない。
と、素人なりに考えてみる。

d01.gif旅館のパソコンで、なぜか義裕のメールが見れない。
なぜだ?

本日の走行距離117mile(187km)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→
Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年01月25日(木)[Fuji(藤)旅館二泊目]

だらだらと過ごす一日。
食料品の買出し。

昨日に引き続き旅館でメールが確認できないので、Hotmailに全てを転送する作戦。
作戦成功。

晩飯は、パン粉がないけどハンバーグ。
悪くない。
ピナコリャラーダ一瓶を空ける。
甘くて評判悪し。

毎日、日本人泥棒パッカー●●君の話題が出る。
彼でないことを祈る。
でも状況証拠だらけらしい。
困ったもんだ。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→
Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年01月26日(金)[Fuji(藤)旅館三泊目]

朝飯食ったら、即効で玉ねぎ、トマト、ニンニクをみじん切りして、ボロネーゼの仕込み三日分。
だから昼飯は、スパゲティボロネーゼ。

午後から街中を散歩して、湖へ。
2007-01-26p025.JPG

アルゼンチンの道路標識は力が入ってない。
2007-01-26p006.JPG

ウユニの戦友、ノブさんとリナちゃんが到着。
2007-01-26p008.JPG

晩飯は、親子丼。
チャリダーのノブさん、ベッショ君のおふたりに焼肉のたれを作って提供。
たいそう評判よし。
今晩は奮発して、350円のバリローチェ産ワインを一瓶。
やっぱ紙パックワインを違って、爽やかでなかなかいいわ。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→
Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年01月27日(土)[Fuji(藤)旅館四泊目]

2007-01-27p004.JPG

室蘭で家業を継ぐノブさんが、ウスアイアに向かってペダルをこぎ始める。
朝日に霞むノブさんを目を細めて見送る旅人数名。
2007-01-27p011.JPG


義裕の朝食は、韓国“辛ラーメン”。
祐子はパンに桃。

翌日のペリト・モレノ氷河へのツアーの申し込み。
メンドーサのワインを一本飲む。
150円にしては上々。

晩飯は、鶏肉の唐揚。

韓国人の榮蘭(ヨーラン。一人旅だが人妻である。なぜか妖艶である。きっと僕だけがそう思うんだろうけど…)が祐子のアクセサリーに興味を持ち、一日弟子になる。

夜、宿のご主人島藤氏がなにげに、
「冬の間は、この宿を閉めてるんだよね。半年ほど…」と呟く。
それじゃぁ僕らがお留守番しましょうか? 暇だから。と返す。
「そうしてくれると助かるなぁ…」と返される。
ここは雪降る南の果て。
どうする祐子?

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→
Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年01月28日(日)[Fuji(藤)旅館五泊目]

早朝6時、NHK出演。
電話の声が途切れがちで聞こえず、不本意なり。
言い訳じゃなくてさ。

オニギリ持参でバスに乗り、ロス・グラシアレス国立公園(南極、グリーンランドに次ぐ三番目の氷河面積)のペリト・モレノ氷河へ。

2007-01-28p186.JPG

高さ60メートル以上の氷河が広がるパノラマの怒迫力で、ひと目観ただけでお腹一杯。
十分満足。
お代わり不要。
氷河の峻険な頂が天を刺し、亀裂音にピリリと緊張が走り、崩落の轟音に興奮する。
クラックで青色が妖しく輝く。
船に乗り、対岸へ渡り、氷河の上をトレッキングすること二時間。
お決まりの氷河の氷でウィスキーの水割り。
そりゃぁ美味いに決まってますわ!

2007-01-28p267.JPG

夕方、宿の隣の肉屋が、“abierto(開店)”を札を下げていながら、開いてるようで開いてない。
いつもの働き者の兄貴がいないらしい。
やがて裏からおばちゃんが出てきて、牛肉を400グラム注文してみれば、手つき良く肉を捌くけど、秤に計ると5割増しの650グラム。
全然多いじゃん。下手糞!
切っちゃったものは戻せないよ。
そんな心の声が聞こえてきそうな、尊大で微塵の反省もないおばちゃん。

そんなこんなで、一人350グラムもステーキを食ってすっかり満腹。
今夜の肉は珍しく脂が多く、焼き方も完璧で超美味。
星三つ。
ビール一リットル。

深夜3時、ウスアイアへ旅立つ4人を見送る。
明日は、僕らも旅立つのだ。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→
Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年01月29日(月) [El Calafate→Rio Gallegos]

朝っぱらからご飯にミートソースをぶっかけて、朝食。
“ミートソース丼”。
遺憾ながら、ミートソースはご飯のおかずにならない。

チャーリーズ・エンジェンルではキャメロン・ディアスが好きだというベッショ君(爆睡してたので、わざわざ起こした)に見送られながら、出発。
荷物のやたら多い自転車乗りベッショ君の愉快なブログは↓

http://blog.livedoor.jp/football2002/

全線舗装、時折爆風、概ね快晴。
峠でフィッツ・ロイを臨むが、低い雲がかかり見えない。
ホテル一軒、ガソリンスタンド一軒しかないEsperanzaで悲しくなるほど美味しくないミラネサハンバーガー(ミラノ風カツレツバーガーの事)を食いながら家族会議をする。


b01.gif【議題】5月からの半年間をカラファテのFuji旅館で過ごすのって、どうさ?
友達ができるか心配だ!
寂しくないか心配だ!
雪に閉じ込められた町で、映画『シャイニング』のジャック・ニコルソンみたいに気が狂わないか心配だ!
なんにしろ前向きに検討中。

今晩は、なんとも魅力のない町Rio Gallegos。二度目である。
安宿を探すが見つからず、しかたなく前回と同じホテルに泊まる。
買い物をして、ネットと日記、諸々の雑事をして過ごす。
晩飯はチキンスープ。

本日の走行距離194.8mile(311.68km)/総走行距離28,921mile(46,273.6km)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→
Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年01月30日(火) [Rio Gallegos→San Sebastian]

2007-01-30p035.JPG

寒い朝。
走り出すと雨。
チリとの国境で気温6度。
寒い。
フェリーに乗って、フエゴ島へ渡る。
風が強い。
最後のダートを120キロ走る。
疲れる。
下の標識は狐だろうか。
微妙にかわいい。
2007-01-30p002.JPG

San Sebastianのインフォメーションで、
ホテルはどこにあるの?
「すぐ前よ」
ガソリンステーションは?
「ホテルの隣」
インターネットは?
「ないわ」
ってわけで、ここにはホテルとガソリンスタンドしかなかった。
インフォメーションが必要なのだろうか?
たった一軒しかないホテルへ。
2007-01-30p027 (2).JPG

ホテル横のSan Sebastian湾の波は異常だ。
風に煽られて、流れの速い大河のようだ。
海水が黒く不気味だ。

徹夜で外付けHDへ写真のコピー。
2006年12月分、682ファイルのみ。

明日はいよいよアメリカ大陸縦断のゴール、ウシュアイアだ!
道中の無事を月に祈る。
2007-01-30p023 (2).JPG


本日の走行距離184.6mile(295km)

2007年01月31日(水)[San Sebastian→Ushuaia]

気合を入れて朝7時に起床。
手早く荷造りし準備万端。
いよいよ今日、世界最南端の町ウシュアイアに到着するのだ。
これでアラスカの最北端から走りに走って最南端のゴールだ!いやがうえにも気勢が上がる。
気運上昇。
が、ホテルのドアが施錠されていて外へ出れない。
泣けど叫べど戸を叩けど、誰もいないレセプション。
出発できない。
これが南米。

雨がないけど、空一面に陰気な灰色の雲が広がり、気温1度の激寒。
ひたすら南へ黙って走る。
沈黙の爆走。
寒いから、靴下の上にスーパーの袋を履く。
2007-01-31p001.JPG

フェリーに乗り込み、フエゴ島へ渡る。

ネットカフェで上野亭を探して投宿。
のぶさん、りなちゃん、アポロ、ヨウ君と再会。
チェックインだけして、ティエラ・デル・フエゴ国立公園へ。

3号線の終点まで走り抜け、記念撮影。
ここが世界の果てかぁー。
感慨無量。
…ってほどでもないが。
これにてアラスカの最北端から南米の最南端までの旅、完了。
一年10ヶ月。
40,000キロ。
やれやれである。
お疲れ様Silver Wing。
2007-01-31p011.JPG

知る人ぞ知る有名人のたまき氏。
突然、お店を訪問する。
2007-01-31u046.JPG

晩飯はステーキ。

ワインを一本飲む。
これから毎晩、ワインを一本飲むことになるのだ。

本日の走行距離★mile(★km)/総走行距離★mile(★km)

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月01日(木)[上野亭二泊目]

2007-02-01p005.JPG

格安南極ツアーを探すため、旅行代理店をめぐり、セントロをぐるぐる歩く。
が、目当ての3,000ドルの7日出発分は、満員のためキャンセル待ち。
一日遅かった!
11日出発分は3,660ドルと高すぎ。
3,000ドルのツアーがとれないじゃん!
ピンチ!

ネットカフェを根城にレンタカー会社をアタック。
明日は、車を借りてキャンプへ行こう!
晩飯はハンバーグ。
深夜までヨウ君のコレクションからDVD『サトラレ』を観る。

ワインを一本。
たぶん、ビールも一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月02日(金)[上野亭三泊目(国立公園でキャンプ)]

お弁当を作ってレンタカーを拾って、砂利道街道ルートJを南下。
少々寒いが、気持ちよし。

林の中を駆け抜け、超有名な、…でもないけど、強風に負けて斜めに生えた木に到着。
写真を撮りまくり、くぼ地で弁当を広げる。
三脚が風に煽られて倒れ、カメラが壊れる。
ビニールテープで応急処置。
2007-02-02p058.JPG

ティエラ・デル・フエゴ国立公園の静かな川の畔でキャンプ。
ロモ(背肉、骨付き)のアサード(焼肉)が一番美味い。
ニンニクタレが重要だ。
2007-02-02p076.JPG

ここはウサギの王国。

ワインを一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月03日(土)[上野亭四泊目]

昨夜から煮込んだ朝飯の鶏肉スープが美味い。
鶏の骨で鳥を餌付けして遊ぶ。
2007-02-03p034.JPG

午後、上野亭に戻り、レンタカーを返してセントロでネット。
高くて嫌だが3,600ドルの南極ツアーの申し込みをする。
やすやす夫婦ほかFuji旅館組みが到着到着。
上野亭は激混み。
晩飯はチキンカレー。
2007-02-07p003.JPG

ワインを一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月04日(日)[上野亭五泊目]

義裕は二週間分のNHKの執筆と日記。
酒を飲んだり飯を食ったりお喋りしたりと忙しない憩いの場で、原稿執筆は集中できなくてたいへんだ。
けど部屋では寂しい。

夜、リナちゃん監修、アポロ助手、義裕ややお手伝いでハヤシライス風ビーフシチュー。

久しぶりにデヴィルススティックの練習をする。

夜、韓国人のジェイソンとヨウ君の将棋対決。
ジェイソンは初心者とは思えないほど、師匠のヨウ君が負けそうだった。
引き続きジェイソンに麻雀を教える。
ジェイソンは感心するほど頭がいい。

祐子は、ヨウ君コレクションのDVDから『天体観測』をずぅーっと観る。

ワインを一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月05日(月)[上野亭六泊目]

アポロが朝から翌晩のシチューの仕込みを始める。
朝食は雑炊。
昼食はスパゲティ麺のうどん。

午後、肌寒い雨の中セントロへ迷いながら歩く。
洗濯ものを出し、旅行代理店へ。
なぜか南極ツアーのバウチャーを受け取れず。

ウシュアイアの住宅は、雪のためか三角屋根が地面まで届くデザインが多い。
小さい家は、巨大な犬小屋に見える。

豪華客船組みが戻ってくる。
宿は連日超満員。

夜、鶏の唐揚とリナちゃんの炒飯。
ダイスケ君がイスラエル人から教わったというトランプゲーム“ヤム”をヒデ君から教わる。
朝4時ごろまで“ヤム”大会。
単純で面白いじゃん。
祐子はアクセサリー作りに勤しむ。
Jabooアクセサリ作品集→

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月06日(火)[上野亭七泊目]

祐子、朝からアクセサリー作りに励む。
頑張れ祐子!
ミナちゃんの在庫はすごい量だぞ!

昨日から写真データをHDへコピー。
ものすごく手間がかかる。

韓国人のジェイソンがNHKを観ながら、「これ何ですか?」
落語だよ。
「落語と漫談はどう違うの?」
説明に手間がかかった。

晩飯は、アポロが二日がかりで煮込んだビーフシチューとステーキ。
深夜12時、義裕の誕生日。
蝋燭に火を灯しケーキをいただく。
42歳の夜。

ワインを一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月07日(水)[上野亭八泊目]

早朝、雨の中、りなちゃんとノブ君(おふたりから誕生プレゼントをいただきました。ありがとう)が旅立つ。
2007-02-08p022.JPG
2007-02-07p044.JPG

朝食兼昼食は、スパゲティナポリタン。
かよちゃんたち、南極組が帰ってくる。

ミナちゃんから、お手製のお手玉を貰う。
久しぶりに練習ができて嬉しい。
2007-02-08p014.JPG

自転車のノブ君が到着するが、上野亭が満室のため泊まれず。
ステーキをご馳走できず残念だ。

セントロまで散歩してネット、買い物、銀行、旅行代理店。
南極ツアーで支払った“三井住友カード”が使えないと言われた。
なぜだ?
ネットで問い合わす。

晩飯は昨夜のジェイソンを真似て、サムゲタン(鶏肉の丸々煮込み)。
米がよく炊けなかったのを反省。

深夜までトランプ“ナポレオン”。
義裕は意外に強い。

ワインを一本。
そしてアポロのワインも半分ほど。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月08日(木)[上野亭九泊目]

朝食兼昼食は、スパゲティカルボナーラ。

午後、セントロへお出かけ。
旅行代理店。
ネット。
祐子は記念スタンプを探して歩き回る。

今日、間違って買った高級ロモ肉(1kg・700円)が最高に美味い。
明日、限界まで食べたい。
昨夜の晩飯のサムゲタンがいつまでも残る。
ピーマンが失敗かな?

今晩も欠かさずワインを一本。
深夜までトランプ。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月09日(日)[上野亭十泊目]

ライダーの安藤君が上野亭に移動してくる。
自転車のノブ君が上野亭に移動してくる。

今朝は青空。
ドライブのチャンス!
レンタカーを借りて、本当の世界最南端へルータ(街道)Jを走る。
道の果てで、記念にデビルススティックとジャグリングをしてビデオ撮影。

肉を3キロ買って、食べ放題。
が、食い切れない。
欲望に身体がついてこない。
残念だ。
それでもワインを一本。
深夜までトランプ。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月10日(月)[上野亭十一泊目]

安藤君がブエノスアイレスへ走り去る。
レンタカーを返却して、ネットして散歩して宿へ。
今日はいい天気だ。
暑い。

昨夜の肉と親子丼。

今晩は、ワインを二本。
タビフーフのよし君、ヒデ君、ダイスケ君と麻雀少々。
やや勝ちで一安心。

タビフーフのエミちゃんの家は、僕らの家の近所だ。
大げさに言うと徒歩50メートル。
世界は狭いのだ。

アポロが旅立つ。
徹夜して早朝のお見送り。
2007-02-11p001.JPG

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月11日(日) [88万円南極ツアー一泊目]

【代金】さて今日から一人44万円(ふたりで88万円)の南極ツアーだ!
船酔いが怖い。

【準備】旅行代理店“ウシュアイア ツーリスモ”で、南極上陸用の長靴、厚手のジャンバーとズボンを借りる。
ズボンを借りてよかった。やがてペンギンのうんこに塗れてく。
メールをチェックして、ワインを二本買いこんで桟橋へ歩く。
荷物が重くて辛い。

【出航】“Usyuaia号”に乗り組み船内をうろつき、Koichi君の酔い止め薬を飲んで転寝してたら、いつの間にか出発してた。

2007-02-11p008.JPG

【不満】僕らの部屋は最下層で、Koichi君の部屋より狭くて居住性悪し。窓も無い。

晩飯はラビオリ。
少なすぎ。
【空腹】結局、最後まで食事は少なかった。

船の中でWi-Fiの電波を拾うが、接続できず。
南極の映画を観て、さっさと寝る。
とにかく眠い。
眠すぎる。

【疑問】ところで夜の9時半ごろにはもう暗いんだが、極地に向かっているのになぜだろう?逆に日没が伸びるんじゃないのか。

【心配】荒れることで有名な恐怖のドレーク海峡に突入するため、深夜1時半ごろから船は揺れるらしい。怖い。

2007年02月12日(月) [88万円南極ツアー二泊目]

【安堵】ドレーク海峡が穏やかで嬉しい。
【用心】義裕は午後から寝て過ごす。
船酔いの良薬は寝ることに尽きると思う。

d04.gifボストンから来た変な顔したイザベラがワインをくれる。

それにしてもドレーク海峡に沈む夕焼けが美しい。

2007-02-12p030.JPG

【雑学】因みにドレークとは、スペインの船を奪って世界周航(イギリス人初)をした人で、無敵艦隊が攻めて来たときのイギリス側の副提督だ。

2007年02月13日(火) [88万円南極ツアー三泊目]

魔のドレーク海峡通過中!
波、幸いにも穏やかなり。
航路順調夫婦円満。

義裕は、i-podを聴きながら昼寝。
祐子は、南極で投函する絵葉書を書く。

b01.gif【感動】流氷発見。
あー、これが流氷か!

2007-02-13p001.JPG

2007年02月14日(水) [88万円南極ツアー四泊目]

2007-02-14p094.JPG
d04.gif

早朝5時から、艦橋に立てこもり流氷を眺めて過ごす。
沈黙の流氷ってーのは、威圧感があるのよ!
こりゃ激突すれば、船が負けるに決まってんじゃん。

b01.gifPaulet Island(南緯63度35分・西経55度47分)に初上陸する。
【印象】名づけて“うんこ島”。
臭い。
骨だらけで不気味だ。
南極海の水に触れてみると、やはり冷たい。

2007-02-14u053.JPG

【偉業】これで僕らは、北極海と南極海の水にタッチしたのである!
あー、遠かった。

そして、いよいよ南極大陸本島に上陸。
Antarctic Peninsula(南極半島)のEsperanza Bay(エスペランサ湾)で、アルゼンチン基地を見学。
【距離】ここはブエノスアイレスから3,290キロ、ウシュアイアから1,329キロ離れているのだ。
島は一面、砂利だらけ。
【疑問】どうして砂利はできるのだ?
墓あり、ミュージアムあり、DirecTVのパラボラアンテナあり。
葉書を投函。

【処方】酔い止めの薬を飲まないで過ごす。

【注意】靴とズボンをよく洗わないと、乾いてから強烈に臭い。だけど祐子は鼻が鈍感なので平気だ。

2007年02月15日(木) [88万円南極ツアー五泊目]

7時、朝食。
天気上々。
青空に薄く白い雲。
手袋を脱いで、素手でも平気。
海水、茶濁。
透明度ゼロ。

b02.gifSouth Shetland Islands(南シェトランド諸島)のLivingston Island(リビング島)のHannah point(ハンナポイント、南緯62度39分・西経60度37分)に上陸。
ジェンツーペンギンのルッカリー(巣)多し。

2007-02-15p078.JPG

ペンギンはそれぞれ個性があり、興味深い。
アザラシのハーレムを見ても、誰が王様かわからず。

2007-02-15p125.JPG

d02.gif【発見】化石豊富。
糞、骨、砂、泥、羽。
ペンギンの写真が撮り放題で嬉しいが、換羽の時期なのであまり美しくない。
【震撼】時折、遠くで氷河が崩落する轟音が響き、ハッとさせられる。

午後、Deception IslandのWhalers Bay(南緯62度59分・西経60度34分、ネプチューンズ・ベロウの幅550メートルの入り口を通過するのが大変らしい)に上陸し、捨て去られた廃墟を散策する。

2007-02-15p125 (2).JPG

b04.gif【水泳】極寒の南極海を泳ぐ。

2007-02-15u024 (2).JPG

海の水は冷たいが、痺れはしないな。眠くもならない。
【入浴】浜辺をスコップで掘っただけの温泉。浅いが極楽。
砂の堤防が崩れると海水が入ってくるが、そんなに気にならない。

2007-02-15u020 (2).JPG

【自信】これでどこの海でも泳げるぞ!

b02.gif【捕食】シャチの潮吹き。
シャチの大群。
水面を飛ぶペンギン。
追うシャチ。
逃げるペンギン。
ゆっくりと背中を見せる鯨。
鯨の尾。
哀れ食べられたペンギン。
僕らの喚声。

2007-02-15p143 (2).JPG

持ち込んだ安ワインで、コーイチロー隊員と乾杯。

2007年02月16日(金) [88万円南極ツアー六泊目]

2007-02-16p004 (2).JPG

b01.gifNeko Harbor(南緯64度50分・西経62度33分)に上陸。
抜群に快晴。
雲、ほとんどなし。
暑い。

2007-02-16p066.JPG

鼻髭親父はTシャツ姿。

2007-02-16u042.JPG

d01.gif雪山を登る。
ペンギン、走り回って可愛い。
子供ペンギンが、餌をねだって親を追いかける。
必死に逃げる親。
親より大きい子供。
基本的に追いついても体当たりするだけ。

2007-02-16p081.JPG

b02.gif【撮影】デビルススティックと三つ球をしてビデオ撮影。

【充電】カメラの電池切れ(一日最低二回の充電が必要だ)。

午後、南極半島の自然港Paradise Bay(南緯64度49分・西経62度51分)。
再び南極本島上陸。

ゾディアック(エンジン付きゴムボート)で、海上散策。
雪崩。
迫力。

d02.gifKoichi君と蒼い苔と柔らかい土に覆われた岩山を登って叱られる。
【疑問】苔がやがて土になるのだろうか?

雲が低い。
流氷で寝そべるあざらし。

艦橋から、夕焼けに染まる氷河を眺める。
このクルーズの最南、南緯66度に到達。
恐ろしく静かだ。
穴の開いた奇岩。
厳しく寒い。
【真実】南緯66度33分から南極圏。

2007-02-16p378.JPG

ハードディスクの空きがないので、“2005年5月”をハードディスクDへ移動(後日、“6月”も移動する)。

2007年02月17日(土) [88万円南極ツアー七泊目]

午前中、Lemaire Channelを通過。
2007-02-17p214.JPG

Port Lockroy(南緯64度49分・西経63度30分)のイギリス基地と隣のJougla Pointに上陸。
ここも臭い。
【道理】誰も掃除をしないから当然なんだけど。
鯨の骨。
欲しい。
土、泥。
【疑問】糞がやがて土になるのだろうか?
出産の遅れた雛。
【残酷】移動できないのでまもなく死ぬらしい。
【賞賛】水中から氷河に飛び乗るペンギンの演技が素晴らしい。

昼飯は、アサード(アルゼンチンが得意のバーベキュー)だが少ないのが不満だ。

【勧誘】イギリス人のIAN(元高校教師)が
「ぜひイギリスに来て、我が家に泊まれ!」
家に誘ってくれた。

2007-02-17p343.JPG

陽に焼けた。
だんだん薄着になる。
手袋をしない。
どこもかしこもジェンツーペンギン。
【希望】他の動物がみたい。例えばキリンとか…。
2007-02-17p272.JPG

ゾディアック(エンジン付きゴムボート)で、巨大流氷のまわりを散策。
崩れる氷河。
巻き起こる波。
氷河で寝そべるあざらし。
水上を飛ぶペンギン。
2007-02-17p286.JPG

Cuvervill Island(南緯64度41分・西経62度38分)に上陸するまえから臭い。
ペンギンだらけ。
【競争】親を追う子供ペンギン。
必死で逃げる親ペンギン。

2007-02-17p294.JPG

水面を飛ぶペンギンを撮影したいが、バッテリー切れで撮影できず。
非常に悔いが残る。

【人々】無口なスイス人が、ブランデーを飲んで妙に陽気だぞ。
Koichi君とワインで乾杯。

2007年02月18日(日) [88万円南極ツアー八泊目]

朝食後、ザトウ鯨(Humpback Whale)が船に来襲。

Harf Moon Island(南緯62度36分・西経59度55分)上陸。
やや船酔い?
【供養】あちこちに散らばるペンギンの死体。
2007-02-18p039.JPG

このツアー最後の上陸、Aicho IslandsのBarrientos Island。
空一面の白い雲。
わずかに風。
ちょいと雪。
寒い。

2007-02-18p077.JPG

【捕食】両脇を傷ついたペンギンと、それを生きたまま食らおうとちょっかいを出す鳥(Southern Giant Petrel、ミズナギドリ)。

2007-02-18p097.JPG

波打ち際のペンギン。
親を追う子供ペンギン。
逃げる親。
転ぶ子。
寝そべるあざらし。

最後の南極は、静かで厳かである。
2007-02-18p027.JPG

コーイチロー隊員、イアンとワインで乾杯。

2007年02月19日(月) [88万円南極ツアー九泊目]

魔のドレーク海峡を通過中。
揺れてきました。
【希望】海が穏やかでありますように!

b01.gif義裕は朝食後、大事をとって昼寝。
昼食後、昼寝。
晩飯食って就寝。

【人々】だんだん食事をする人数が減ってきた。
船酔いしてるに違いない。

d01.gifニュージーランドから来たニュージー君が、ベッドに女の子を連れ込んでしまい、同室のKoichi君が部屋に戻れず。
【捜索】連れ込まれた娘は誰だ?
【犯人】強烈にお尻の大きい娘だった。あれかっ!

祐子は、DVD『シュレック2』を観て、ドイツ人夫婦からワインを頂戴して歓談。

【将来】シンガポールに行ったら、SONYの盛田氏に会ったことがあるという謎の人物Mr.KOHの家へ行こう。
イギリスでは、元高校教師のイアンの家を訪ねるのだ。

2007年02月20日(火) [88万円南極ツアー十泊目]

d03.gif船の揺れ甚だしく、朝食抜き。
義裕は、読書少々と昼寝たっぷり。

祐子は、折り紙の折り方(鯨とオットセイ)を船長へ伝授。

昼食時、まだ揺れ止まず。
午後、義裕は昼寝。

ビーグル水道に入ってから船の揺れが収まり、バーで寛ぐ午後のひと時。
ドルフィンたちが船の際で泳ぎ、最後の撮影。
【祝儀】チップは、食事に不満があったのでふたりで100ドル。

夜、皆がドレスアップするが僕らは変わらずTシャツ。
ドイツ人からワインをご馳走になる最後の夜。

【次回】いつの日か、タスマニアから南極のロス海を目指そう。そしてニュージーランドへ渡るのだ。

2007年02月21日(水)[上野亭十二泊目]

朝飯食って、下船。
メールチェックしたら、「好きだ」「会いたい」「待ってたのに…」と550件。
大量のジャンク。

仕事が二件(一件は、間に合わずキャンセル)。
宿へ帰り、またセントロへ出てネット。

自転車のベッショ君と再会。
春からDビッグ社で働くヒロ君に乾杯。
“プロジェクト宿宿”が始動しているらしい。
楽しみだ。
僕らの老後を託したい。

ワイン一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月22日(木)[上野亭十三泊目]

午後からネットカフェに籠もって、イースター島の飛行機の予約。
なかなか安く買えず、悩む悩む。
滅多に飛行機を利用しないので、慣れないのだ。
乗り継ぎを変更したら、740ドルから580ドルへ安くできた。
祐子Good Job!

明日、世界の最南端へ行こうってんで、ボートの手配。

とにかく疲れた一日だった。

昔、読んだことがあるが、石川恭三『心に残る患者の話』を読んで涙ぐむ。
中野不二男『「からくり」の話』を読み始める。
面白い。

規則正しくワインを一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月23日(金)[上野亭十四泊目]

9時。
代理店で指定されたボート会社に参上するも閉まってるじゃん。
待てど暮らせど、誰も来ない。
冷や汗たらたら。
実は事務所が引越してたとは、久しぶりにラテンを味会う。

小さなボートに乗って30分、チリに入国。
Isla Navarino(ナバリノ島)のPuerto Williams(マゼランがウィリアムスさんをここの所長にしたからついた名だ!これは左遷か?)から、世界の最南端を目指してタクシーを跳ばす。

穏やかなビーグル水道と対岸に広がるアルゼンチンの険しい山々。
放牧された牛、乾いた倒木、砂浜が続き、小島が浮かび、鳥が羽ばたく。
いいところだ。

正真正銘の世界の最南端Puerto Toro(15家族だけが住むらしい)への道路はなく、歩けと言われ泣く泣く諦める。
というわけで、世界の最南端は、ここPuerto Eugeniaに決定!

2007-02-23p031.JPG

晩飯を食ったレストラン“PATAGONIA”の壁に朝日新聞が貼ってあり驚く。

2007-02-23p079.JPG

キャンプサイトには誰もいない。
静かだ。
タクシーの運転手が、
「毎週金曜日は、夜から映画をやるよ」
って言ってたけど、こんなとこに人が来るんか?
白いビニール製の幕が、風に揺れていた。

デビルススティックとお手玉をビデオ撮影。

小川のせせらぎを子守唄にさっさと寝たら、深夜10時ごろから人が集まりだし映画が始まる。
ボリューム満開!
ウルサイじゃん!
映画館の真ん中でテントを張っている気分だ。
酔っ払った若い男女の嬌声が飛び交う。
これが村で唯一の娯楽なのかもしれない。

朝方、冷える。
テントに犬がおしっこ二発。

2007-02-23p071.JPG

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月24日(土)[上野亭十五泊目]

テントを撤収し、昨夜予約したタクシーを待つが来ない。
どうして?
しかたがない、歩いてセントロへ。
2007-02-24p004.JPG

港まで車で一時間、ボートに乗って20分、
再び、アルゼンチンに入国。
ネットカフェへ寄ってから宿へ帰り、義裕は猛烈に仕事。
祐子はネット三昧。
久しぶりの風呂が極楽である。
鶏の唐揚はいつ食べても旨い。

そして今日もワイン一本。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月25日(日)[上野亭十六泊目]

義裕、朝から真面目に仕事に邁進。

午後、洒落た(店内写しまくる観光客が多い)いつものネットカフェへ。
ラフ9点分をFTP送信すると、送信速度が遅くて遅くてやがて夜。

citibankに不明の入金54万円。
投信の利益だろうか?不明?電話しなきゃ。確認しなきゃ。

一ドル120円なので、citibankのドルを円預金して144万円なり。

晩飯は得意のニンニクだれのステーキ(好きなロモ、近頃評判のアンゴスト)。
祐子は洗濯。

“プロジェクト宿宿”の宿名を考える。
いい案は浮かばず。
“旅天”ってどうかな?

やはり今日もワイン一本。

明後日、ここを出発して、ブエノスアイレスを目指すのだ!
寒くて気分が萎える。

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月26日(月)[上野亭十七泊目]

雨。
ほぼ一日雨。
日記の整理。

一階のキッチンから強烈な臭いが走って昇ってきたけど、大丈夫か?
腐ってないか?それっ!
酸っぱいぞ!

ネットカフェでHPを更新。
やすやす夫婦が風邪をひいたまま、旅立つ。

韓国語で、チュギダ(本来は“殺す”という意味だが、かっこいいの意)

上野亭(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月27日(火)[Ushuaia→San Sebastian]

上野亭のイツコさんから、
「来年の冬、管理人を頼もうかしら…」
どうしようか祐子。
これまた前向きに考えたい。
なんにしろ来月、ブエノスアイレスのご自宅でのアサード(バーベキュー)に招かれ嬉しい。

10時、おにぎり持参でブエノスアイレスを目指して走り出す。
※この時点ではブエノスアイレスが目標だったのに…。
お天気上々。
が、気温は低く、風やや強し。

ガソリンスタンドでポケットに手を突っ込むと、上野亭のガレージの鍵があるじゃん。
たいへんな事をしてしまった。
もう戻れない。

Rio Grandeのガソリンスタンドで、無料のインターネットWi-Fi発見。
素晴らしいぞアルゼンチン!
喜び勇んでメールチェックをしてみれば、仕事が入ってた。
ありがたいもんだわお仕事。
働け義裕!
冷たい雨が降り出す。

イミグレの待合室のベンチでMacをひろげて猛烈に仕事。
ガス台を使っていいもんかよくわからないけど、勝手に使ってスパゲティうどんと餅を食う。
ベンチで寝て、宿代が浮き嬉しい。

2007-02-27u004.JPG

本日の走行距離184.9mile(295.8km)/総走行距離29,535mile(47,256km)

上野邸(上野大学/上野山荘)の情報はココ→

2007年02月28日(水) [San Sebastian→Esperanza]

まだ陽も明けぬ6時に起床。
月明かりの身支度。
イミグレで出国の手配を済ませ、薄暗い砂利道をそろりそろりと走り出す。
昇り始めた朝陽がバックミラーに反射して眩しい。
昨夜の雨が土を固めたのか思いのほか走りやすく、往路4時間半を2時間に短縮できた。
ときおり強い雨。
寒くて震える。

2007-02-28p006.JPG

道路整備の車両が土を曳き流していたが、その柔らかい土は甚だしく走りにくい。
迷惑だよ道路整備。

複雑な国境。チリへ抜けアルゼンチンに再入国。

Rio Gallegosで左へ曲がれば、コメさんの待つカラファテ。
5月からお世話になるFuji旅館。
まだ300キロもあるし、雨もチラホラ降っている。
ちょいと寄って行こうかと、思案に暮れる。
電話すると、満室なのでテント泊になると言われへこむ。

が、しかし敢えてカラファテを目指せば、パンパに伸びる一本道は強烈な西風が吹き荒れ狂い、即効で後悔。
止せばヨカッタ…。
突風で路肩に飛ばされること6回。
必死です。

Esperanzaで走行を断念してホテルに避難すると満室だと断られ、ガソリンスタンドで尋ねると、ホテルはその一軒しかないと言われ、茫然自失の僕ら。
この強風で野宿かよ…。

探し当てたホテルは、窓が割れた部屋か、お湯の出ないシャワーかの二者択一。

本日の走行距離277.5mile(444km)

2007年03月01日(木)[Esperansa→El Calafate]

ゆっくり準備して、のんびりと出発するも風強し。
ところにより霰。

2007-03-01p014.JPG

レストランで入店を断られる。
貸切だったのだろうか?
それとも一見さんだから…?
それにしても冷たいよ。

Fuji旅館は案の定満室なので、裏庭にテントを張る。
吹き荒れる風の中、初めてペグを打つ。
ファスナーが壊れていて、寒い。

ワイン一本。

これからスクーターでブエノスアイレスを目指すのは、面倒だ。
というので、家族会議の結果、とりあえずブエノスアイレス行きは飛行機かバスに変更。
イースター島から帰って、ゆっくりブエノスアイレスへ走ろう!

本日の走行距離★★mile(★★km)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月02日(金)[Fuji(藤)旅館二泊目]

ネットでLAN航空で予約するも、間違ってアルゼンチン人用の安い航空券を買ってしまった。怒られるだろうか?
外国人料金は、倍の200ドル。
今さら、そんな金額を払いたくない。

個室へ移動できて嬉しい。

体調が悪いサブロー君にテントを貸したけど、
ごめんね。ファスナーが壊れているのよ。
かえって気の毒なことをしたかもしれない。

手捏ねハンバーグの夜。

ワイン一本半。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月03日(土)[Fuji(藤)旅館三泊目]

Fuji旅館のパソコンのパスワードが判明し、僕らのパソコンでネットがようやく繋がる。
ここで越冬するために、次はHub、そしてワイヤレスを狙いたい。

魚釣り組からのお裾分け、刺身と寿司が美味い。
こういう川魚って、寄生虫はどうなんだろう?
藤田紘一郎先生によると、危なかったような気がするけれど…。

徹夜で麻雀。
タビフーフ役マン!

ワイン一本半。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月04日(日)[Fuji旅館四泊目]

大量出発組を見送って、宿は一瞬にして閑散とする。

奮発してキロ22ペソ(700円)のステーキ肉(ロモを調べると背肉、ひれ肉のこととある。ひれ肉を調べると、腰骨の左右にある細長い肉とある)を購入。
やっぱり高い肉は柔らかくて最高だ。
ワイン一本。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月05日(月)[Fuji(藤)旅館五泊目]

ビデオ「カラファテの日々」の撮影と編集。
完成したビデオはココ→
夕食はカレーライス。
ワインとビールで飲み過ぎた夜。
明朝は、釣りだ。
早起きしなくては。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月06日(火)[Fuji(藤)旅館六泊目]

2007-03-06u014.JPG

前夜の深酒で豪快に寝坊してしまい、6時に出発できず。
ロカ湖で釣り。
晴天無風の穏やかな空の下、時々昼寝。
竿を振る音とリールの巻取り音。
水面を跳ねる魚、行進する鴨と牛の糞。
世の中、平和である。
我が家は釣果ゼロ。

サブロー君の釣り上げたレイクトラウトとチョンミンとキレンさんの虹鱒で、豪勢な刺身と寿司がやはり美味い。
が、寄生虫がいないかと不安だ。

ビデオ「カラファテの日々」の編集。
ビデオ編集ソフト“Power Director Express”の編集機能ではもはや満足できない。

麻雀でささやかなプラス。
久しぶりの休肝日。
コーラとコーヒーを飲んで過ごす。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月07日(水)[El Calafate→Buenos Aires]

午前中いっぱいかけて荷造り。

アルゼンチン人用の格安航空券が使えるか心配だ。
僕らは思いっきりの東洋人顔だから、バレナイ筈がない気がするし。
「キミらはアルゼンチン人ではないじゃないか!」
と指摘されずにブエノスアイレスに無事到着。
やれやれ。

夜中、安宿のVictoria着。
この夜は、Wi-Fiを受信できず。

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月08日(木)[Buenos Aires二泊目]

朝から雨。
食事以外に外出できず。

雨なので、この宿でできることといえば、どこからか流れてくるWi-Fiを受信してネットすることだけ。
しかしそれはそれで幸せだ。
なんせ無料なのだから。

【大問題発生!】
ドメインの期限切れで、メールの送受信ができない。
HPの閲覧、更新ができない。
サーバーも使用できない。
hotmailで凌ぐ。

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月09日(金)[Buenos Aires三泊目]

レティーロ駅まで歩き、電車に乗って二駅目のチャイナタウンへ。
イースター島行きの食材(米3キロ、インスタントラーメン14袋、醤油、ワサビ、梅干、海苔ほか)を買いあさり、スブテ(地下鉄)で戻る。

義裕は床屋。
15分とかからないで、10ペソ。

夜、号泣するというTanguera(一番前の席で75ペソ、コーラ10ペソ)を観劇して感激。
タンゴはかっこいい。
CDを買う。
しかしこれよりかっこいいのは、ミュージカルの"Forever Tango"なのだ。

【本日のお食事】
朝無し
昼、バーガーキング
夜、ゆで卵入りインスタントラーメン

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月10日(土) [Buenos Aires四泊目]

ペルー通りを北へ進み、フロリダ通りをコロドバ通りを西に入り、祐子はパーマ。
がっちしアフロにしてほしかった。

路上で見かけたギターの弾き語りの親父、出鱈目で全然曲になってなかったが愛嬌あり。
アコーディオンの子供は、可愛い気がない。
歩道に座り込む物乞いの女性は、磨けば綺麗じゃないだろうか。
それにしても遠かった。
疲れた。

カナッペがひったくりに遭って、ひきづられ負傷する。
これで4回目の被害とはある意味すごいが、指の怪我が心配。
すぐにパスポートを再発行してくれるだろうか?

明日からイースター島だ!

【本日のお食事】
朝、義裕はゆで卵入りインスタントラーメン。祐子は饅頭。
昼、マクドナルド。
夜、ご飯とインスタント食品の牛丼と焼肉。

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月11日(日)[Buenos Aires→イースター島]

さていよいよ今月のメインイベント太平洋の孤島、イースター。
南米、金がかかる三大島(他は南極とガラパゴス)の最後、イースター島への旅立ち。

空港の搭乗口でぼんやりしてたら、何やら聞き取りにくいスペイン語の放送がありまして...。
と、突然どよめきと喚声が起こり、立ち上がる人々、カウンターに詰め寄る人々。
場内騒然。
隣のおばさんにどうしたんですか?って訊いたら、
飛行機が飛ばないのよって
マジっすか?

僕らは幸いにもキト便に振り分けされ、サンティアゴへ到着。

サンティアゴのバッゲージクレームでぼんやり荷物を待っていると...。
目の前で空港職員に詰め寄る人々、怒鳴るおばさん。
険悪な雰囲気。
どうやら預けた荷物が着かなかったらしい。
あー、なるほどねぇ、そりゃ怒るわ。
それにしても僕らの荷物はどこだろう。
...とうとう出てこなかった。
手荷物(パソコン二台とインスタントラーメン)だけで、イースター島入島。
幸先悪し。

キャンプ場"ミヒノア"のテントを借りて宿泊。
宿泊客は、ほとんど知った顔ばかりの日本人、この宿で最大勢力なり。
名物の癇癪持ちの奥さんマルタが里帰りしてたのが幸いだ。

晩飯はインスタントラーメン。

2007-03-10u064.JPG

波の音を聞きながら飲むビールが美味い。
さすがポリネシア!

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月12日(月)[イースター島二泊目]

まだ風邪気味のやすやす君たちの旅立ちを見送って、セントロから海岸までぐるりと散歩三時間。
目当ての博物館は休館日だった。
“歩き方”に書いてあるじゃん。
ガイドブックは読まないと意味がない。

モアイ像にご対面。
太平洋を背に立つモアイ。

2007-03-12p004.JPG

それにしても目の入ったモアイは間抜けだね。
非常に嘘臭い。
なにかの間違いじゃないかと疑う。

夕方、夕陽マニアのアサヨさんの後を追って、海岸沿いを歩く。
その僕らの後を追って来る宿の犬、トケラとウリ。
トケラが走る車の前に立ちはだかって、あっさりと轢かれてしまった。
キャンキャン泣きながら50メートル爆走しうずくまるトケラ。
たぶん足が折れたんじゃないかな。
犬は激痛をどう考えているのだろう。

そんなこんなで夕陽は沈んでしまった。

【本日のお食事】
朝食は、インスタントラーメン
昼食は、スパゲティカルボナーラ
夕食は、チキンカレー

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月13日(火)[イースター島三泊目]

イースター島の名物はマグロだ!
というわけで、沖から引き上げてくる小船を見て漁港まで走り、コーイチ君がマグロ2.5キロを8,000ペソで購入。
カマが捨てられていたのが残念だがしかたがない。
サンポさんとケンちゃんに捌いてもらい、夕食の刺身に。
次回は自分で三枚に下ろしたいものだ。

アサヨさんたちを見送り、荷物を引き取ってから、義裕は激しく仕事に燃える萌える。
レストランでピザを食べながら。
「サルサ・デ・ピカンテ(辛いもの)をください」
って言ったら、ワサビを出すかね。
意外にピザとワサビがあい、驚く。

空港で失くされた荷物を受け取る。
残念ながら僕らの保険はロストバッゲージには利かないので、どうやってLAN航空から金をふんだくろう。
スペイン語でそんな交渉ができるだろうか。
難しい課題を残す。

冷蔵庫の缶ビールがない!
誰だよ盗ったの。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はパン
昼食は、ピザ(外食)
夕食は、まぐろの刺身

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月14日(水)[イースター島四泊目]

旅立つアミーゴたちを見送った後、ネット屋とレストランに籠もって仕事仕事仕事。

「祐子祐子」と声を掛けてくれるレストランの女将の兄弟は男11人、女11人の総勢22人。
テレビに出れそうだ。
彼女がモアイチョコレート(日本向け)作りの内職をしてたので、ビデオ撮影。

ネット屋の隣のレストランの従業員は、民族衣装を着ていて素敵だなぁ、写真に撮りたいなぁと見ていたら、単なるオカマだった。
俄然撮影したくなったけど、かえって撮りにくくなってしまった。
髭の剃り跡が隠れてないけど、黄色い声で喋るしぐさがかわいいと言えばカワイイ。
オカマは新宿二丁目もここも変わりがない。
このイースター島にオカマ仲間がいるのだろうか。
心配になる。

評判のアイスクリーム屋は休み。
夕方から激しい雨。
肌寒い夜。

2007-03-14p003.JPG

仕事をさっさと終わらせて、観光がしたい。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はごはん
昼食(外食)→義裕はスパゲティ。祐子はサンドウィッチ
夕食は、鳥の煮込みスープ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月15日(木) [イースター島五泊目]

午前中、仕事。
午後からスクーターを借りて、やっとやっと観光開始。

トトラ葦にまだらに覆われた火口湖のあるオロンゴへ。
薄い岩を積み上げた外観が高級マンション風の儀式村跡。
敵部族を食べたという洞窟、アナ・カイ・タンガタ。
なぜか海を向いて立つ7体のモアイ像、アフ・アキビ。
モアイの頭に乗るプカオ(帽子、髷)の切り出し場、パナ・パウ。
洞窟、アナ・テ・パフ。

精力的に観光。

2007-03-15p057.JPG

●●ちゃん(名前を忘れた)が漁師から魚を貰って来た。
イースター島の漁師は優しい。
なんせ彼女、これから毎日魚をもらって帰ってくるのだから。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はごはん
昼食→海苔二段重ね弁当
夕食→ステーキ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月16日(金)[イースター島六泊目]

5時起きで、15体のモアイ像が立つアフ・トンガリキまでスクーターを飛ばし、日の出を拝む。
イースター島の夜明け前の暗闇は、肌寒かったり生ぬるかったり。

2007-03-16p021.JPG

午後、レストランで仕事をする義裕。

昨日漁師から魚を貰った●●ちゃんが今日も別の魚を貰って来た。
刺身にしていただく。
鯛に似て甘くて美味い。
しかしカマは生焼けだった。
犬の餌にする。

【本日のお食事】
朝食→おにぎりと玉子焼き
昼食→スパゲティ
夕食→スパゲティ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月17日(土)[イースター島七泊目]

午前中、弁当作りとネット。
午後からバギーを借りて、島内一周に出かける。
バギーはなかなか面白い。

2007-03-17p008.JPG

強烈なスコールが降る。
全身が濡れる。
晴れて強烈な日差し。
全身が乾く。
また強烈なスコール。
全身ずぶ濡れ。

2007-03-17p011.JPG

結局、雨に負けて引き返し、島の中央から北を攻める。
プカオ(帽子)を乗せた5体のモアイ“アフ・ナウナウ”、やはり雨に濡れてた。
明日は晴れますように!

ナオキ君が魚釣りに出かけて地元民からマグロを貰い、アヤちゃんとマグロカレーを食べてた。
それにしてもよく魚をくれる島民だ。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はパン
昼食→弁当
夕食→カレーライス

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月18日(日) [イースター島八泊目]

8時、バギーで出発。
モアイ像と馬の前で食う弁当の美味いこと。
食後、モアイの切り出し場へ登ると、祐子の小さな悲鳴。
デジカメのメモリーがいっぱい。
引き続いて、義裕のやや大きな悲鳴。
デジカメの充電が切れた。
悲しい…。
僕らは悲しい。
もはやカメラがないと観光した気になれない身体だ。
山をぐるりと回ってすごすごと宿へ帰る。
天気がいいのに残念だ。
祐子とリベンジを誓う。

2007-03-18p007.JPG

ネットが遅くて、データ送信に苦労する。

【食事】
朝飯はインスタントラーメン。
あとは忘れた。

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月19日(月)[イースター島九泊目]

2007-03-19p039.JPG

朝一番デジカメの充電をバッチリ決め、アヤちゃんのバギーを借りて、モアイの切り出し跡“ラノ・ララク”へ走る。
はっきり言って“ラノ・ララク”はイースター島一番の見所だ!
誰もいない遺跡前で弁当を食べて、モアイ像の中で写真を撮りまくっていたら気がついた。
デビルススティックとお手玉を忘れた!
なんとしてもモアイ像の前でデビルススティックを舞い、お手玉のビデオを撮りたい。
これは最近の我が家のルールだ。
絶対するのだ!

面倒だけど、泣く泣く宿まで引き返す。
再び“ラノ・ララク”へ戻って、お手玉とでビルススティックの撮影。

2007-03-19p013.JPG

午後、ネット。

【本日のお食事】
朝→弁当
昼→チャーハン
夜→スパゲティ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月20日(火)[イースター島十泊目]

イースター島博物館へ。
日本語訳のガイドが役立ったが、読むのに疲れた。

秋田夫婦到着。
夕陽を見に海岸へ散歩する。
モアイ像の前で、地元青少年が歌を歌い踊ってた。

2007-03-20p022.JPG

半裸の身体に絵を描いた先住民の踊りと結婚式もあり、見所満載の夕陽だった。

2007-03-20p030.JPG

リョウ君とビールを飲む夜。

【本日のお食事】
朝→義裕はインスタントラーメン。祐子は果物
昼→贅沢して“居酒屋甲太郎”で焼肉定食
夜→スパゲティ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月21日(水) [イースター島十一泊目]

洗濯。
今日はのんびり過ごしたい。

ハンモックに寝そべって、漁船を見れば漁港へ走り、マグロを探す。
残念ながら、本日の収穫は大物だけなので買えず。

イースター島のビデオの編集。

リョウ君とこれぞイースターっていう感じのCDを探すが、見つけられず。

カオルちゃんの描くモアイ像はちょと変。
パーマはしてないよ。
リョウ君、カオルちゃんとビールを飲んで過ごすイースター島最後の夜。

【本日のお食事】
朝→インスタントラーメン。
昼→インスタントラーメン。もう厭きた。
夜→ステーキ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月22日(木) [イースター島→ブエノスアイレス]

サヨナラ、オカマのモアイ
ロジェからモアイのペンダントを貰い、イースター島に別れを告げ、飛行機でブエノスアイレスへ。

2007-03-31p006.JPG

思い残すのは、オカマの写真を撮らなかった事。
とても悔しい。
撮りたかったイースター島のオカマ。

乗り継ぎのサンティアゴ空港で、搭乗ぎりぎりまでネット三昧。
接続放題で無料だからチリって国は偉い!

粉砕LAN航空!
さていよいよLAN航空との対決である。
ロストバッゲージの損害金をふんだくるのだ!
と鼻息荒くLAN航空の窓口の暇そうな親父に
「荷物を失くされた損害金を請求したいんだけど、窓口はどこ?」
って聞いてみた。鼻であしらわれたので重ねて、語調強めて、視線を鋭くして、サングラスをかけたりして斜に構え
「三日間、テントも張れず自炊もできず、写真も撮れなかった賠償金を払えぇぇぇ!窓口はどこなのさ?」
したらば彼に容赦なくスペイン語をまくし立てられたので、
「も、もっとゆっくり話してくれないか?」
って哀願してみたもののちーっとも加減してくれないし、横柄な態度に少々腹が立ち、ここからは日本語50パーセント、スペイン語40パーセント、英語10パーセントの三カ国

会話で混合で抗議をする。
もう言葉が通じなくてもいいのだ!
嫌がらせしてやる!
頼まれたってこの窓口から離れるもんかい!
ってオーラを全開放出。
激しくなる義裕の日本語攻撃と祐子のスペイン語。
しかししかし反省の色のないLAN航空。糞爺。
かえって蔑視と侮蔑の視線を投げかけてくるし、可愛くないったらありゃしない。
っていうか憎たらしい。
「★○■×△□▼☆×●★○■×△□▼☆×●…」
突然、後ろに並んだおっさんおばさんに割り込まれるが、
「NOOOOOOOOOOOOO!」
と邪険に返事して付き返し、カウンターを独占する僕ら。
どうやら彼らも荷物を失くされたみたいだけど、そんなの知るかいな。
僕らが先だす。
結局、僕らの日本語攻撃で得たものは、クレーム提出用の書類だけ。
それだけ。
そんなもんならさっさとくれよ。
義裕が日本語で辛辣な作文をして、祐子が頭を振絞りスペイン語へ翻訳する。
さてこのレポートがどのくらいLAN航空を動かすのか。
第一、返事がくるのか心配だ。

飛行機の免税カタログから、i-pod用の小さなスピーカーを買ってしまった。
贅沢しちゃいかん、贅沢は敵だと言いながら、16ドルの出費。
どーも最近、財布の紐が緩い。

2007-03-31p007.JPG

【本日のお食事】
朝→玉子焼きご飯
昼→機内食
夜→サンドイッチのようなものを空港内で

ヴィクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月23日(金) [ブエノスアイレス二泊目]

仕事して、マクドナルドでビッグマックを食べ、罫線のない白いノートを買う。
10円単位の買い物は慎重だ。
ケツの穴が小さい。

Fuji旅館をワイヤレスインターネットにするべく、パソコンショップを梯子してルーターを探す。
微妙にわからんWi-Fiの仕組みだが、なんとしてもFuji旅館をワイヤレスインターネットにしたい。するのだ!
とりあえず今日は市場調査だけ。

ホテルビクトリアでまたしても泥棒騒ぎ勃発。
泥棒が頻発しても居心地悪く無いんだわここ。
“数読”に没頭するショーゾー君と過ごす午後。

ショーゾー君をビデオ撮影して、プロジェクト“日本語教えます”が密かに起動。
後日ダイスケ君がこの企画を絶賛してくれた自信作。

【本日のお食事】
朝昼あわせて→マクドナルド
夜→ロモ肉を焼いてステーキ。トマトと梨。

ヴィクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月24日(土) [ブエノスアイレス→カラファテ]

カラファテ行きの荷造りを終えて一息つく義裕。
その横でネットチェックをしていた祐子が呟いた。
「予約してた飛行機が飛ばないみたい…」
マジっすか!ホームページを見ると“CANSEL”の赤文字が点滅している。
マジかいっ!。
アルゼンチン人用の航空券を使っているのがバレタかな。
それは関係ないか。
とりあえず電話をしようってんで、電話屋さんへ出かけるが開店時間なのに留守。
しかたがないから公衆電話を探して電話をかけてみるけれど、一向に繋がらない。
なぜ?
小銭じゃ駄目なのかとテレフォンカードを買って使うけど、やはり電話は繋がらない。
どうして?
搭乗時間が迫って来て気持ちが焦る焦る。
ほかの電話屋を見つけて電話して、待たされて切られてを繰り返し、やっとこさ繋がって事情が聞けたけど、やっぱり飛行機は飛ばないらしい。
2時間後の変更便は、ウシュアイア経由のカラファテ行きで、これは日本語に翻訳すると、東京から博多経由で大阪に飛ぶようなもんである。
まぁしかしインチキして半額の航空券を買っているので文句は言えない。
墓穴は掘れない。オケツは掘れない。オケツに惚れない。
文句は言わないけど、先日書いた夫婦共作の檄文レポートを添乗員にそっと渡す。
なんにしろアルゼンチン人用航空券が使えて安心した。
締めて400ドルの儲け!
後日、テラさんもインチキしてアルゼンチン人料金でブエノスアイレスへ飛ぶ。

夜中、ウシュアイアからカクラダイスケ君とテラさんが来宿。
一杯やって4時過ぎに就寝。
テラさんは東川近辺に住みたいらしい。
ダイスケ君も北海道がいいかもって言うし、老後の友達が出来て嬉しい。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月25日(日) [Fuji旅館二泊目]

お昼に起きてソファでぼんやりしてたら、グーナイ君とユキちゃんが到着した。
アラスカから自転車で!
コロンビアの港町カルタヘナ、亀井旅館以来の再会である。

思い起こせばって言っても覚えていないのだけど、最初にあったのはユースケさんの講演会だ。
だから新宿になる。
偶然、写真の片隅に僕らが写っていたのだ。
こういうのは奇縁…とは呼ばないか。
同じ事を考えていたんだから。
単なる同じ穴の狢か。
因みに“狢”は狸ではない。
鼬である。

壊れたパソコンをグァテマラで川に流し、パタゴニアでは調理用に炭まで運んでいた壮絶なふたり。

【本日のお食事】
朝→無し
昼→インスタントラーメン“辛”
夜→ハンバーグ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月26日(月) [Fuji旅館三泊目]

“Fuji旅館を(勝手に)ワイヤレスインターネットにしよう!”プロジェクト遂行のため、ダイスケ君と電話会社を訪問。
けど2時で閉店してた。
早すぎる、まったく話にならない電話会社だ。
しかたない作戦を変更してパソコンショップを探そうじゃないの。
ダイスケ君の英語とネットの知識、祐子のスペイン語を駆使して、喧々諤々の末とうとうルーターを買ってしまった。
9,400円也!
大出費!
だけどね一日一ドルネットに使って五ヶ月だと、150ドルかかるから、まぁいいかって言い訳だな。

2007-03-31p018.JPG

コンセントが足りないだのケーブルの規格があわないだのと少々問題があったにしろ、無事にワイヤレス接続!
さすがダイスケ君、いい仕事をするねえ。

祐子、猛烈に仕事開始。
義裕は少々仕事。

森村誠一『殺人の組曲』を読む。
やっぱりたいして面白くないね。

【本日のお食事】
朝→昨日の残りのハンバーグ
昼→スパゲティ
夜→鳥の唐揚

【本日のお酒】
ワイン一本とビール

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月27日(火) [Fuji旅館四泊目]

秘密の電波がカラファテを飛ぶ
あー、ワイヤレスは楽チンじゃわいって喜んでいたら、
「接続速度が遅くなった!」
と、島藤さんからクレームが入ったので、泣く泣くルーターを外すことにする。
たぶん韓国チームがネットを使い過ぎてるんじゃないのだろうか。
彼らに教えるんじゃなかった。
しかししかししかしダイスケ君の巧妙なテクニックで、他人にはわからないように電波を飛ばすことにした。
で、島藤さんには、
「ワイヤレスは外しました」
とご報告。
これでワイヤレスは僕らだけの秘密。ネットはもう混むまい。
一件落着。

祐子は朝からずーっと仕事。

ダイスケ君の力を借りて、HPのMovable Typeのバージョンアップ。
Fuji旅館のウィルスソフトを新しくしたら、24個も感染してた。
健康そうに見えて感染しているもんだなぁ。
それにしてもなんにしてもダイスケ君のコンピュータの知識はすごいもんだ。
さずがビルゲイツを見かけたほどの男だ。
ぜひ北海道に移住してほしい。

我愛機“FMV-BIBLO LOOX T70K”のファンが絶不調。
不気味な音がウルサイ。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月28日(水) [Fuji旅館五泊目]

祐子は今日も一日中仕事。

義裕は仕事後、データ転送に苦労する。
データが重過ぎて(13メガ程度なんだけど)、いろいろ手間がかかり悪戦苦闘4時間。
一旦、ダイスケ君のニューヨークのサーバーへhttp(このCGIを覚えねば!)で送り、そこから東京のサーバーで転送するんだけど、ニューヨークへの送信時間が2時間。
ニューヨークと東京間が数秒。
この送信速度の違いはなんなんだ!
これからは分割送信を心がけなくては。

麻雀半チャン二回。
キレンさんの猛攻に耐え切れない!

不覚にも漫画『ヒット・エンド・ラン』に涙ぐむ。

【本日のお食事】
朝→義裕は卵ごはん。祐子はパン。
昼→スパゲティ
夜→ステーキ(ビュフェ・デ・チョリソ525グラム)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月29日(木) [Fuji旅館六泊目]

東野圭吾『悪意』を読む。
そこそこ面白い。
先週サボってしまったNHKの執筆、日記。
祐子は朝から仕事。

夕食はテラさんの希望でFuji旅館名物の子羊のアサード。
二回目のアサード、子羊が全然臭くなくてやっぱり美味い。
なんだかんだで飲みすぎた夜。

将来、カクラプロジェクトに参加したいもんだ。
っていうかダイスケ君が一緒に越冬してくれると面白いんだけど。
大丈夫、僕ら夫婦は喧嘩しないから。

【本日のお食事】
朝→義裕は卵ごはん。祐子はパン
昼→ハム
夜→アサード
ビールにワイン。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月30日(金) [Fuji旅館七泊目]

昨夜は飲みすぎた。
夕方までアルコールが残ってた気がする。

ダイスケ君のアシストで、祐子はパソコンのメンテナンス。
一、ウィルスソフトを“AGV FREE EDITION”に変更。
二、無駄なソフトの削除
三、WINDOWSのデザインを省エネ型に変更
Fuji旅館のワイヤレスルーターを撤去。
義裕は読書。

【本日のお食事】
朝→卵ご飯
昼→インスタントラーメン
夜→チキンカレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月31日(土) [Fuji旅館八泊目]

“旅旅人々(仮)”の撮影開始。
詳細は後ほど発表。

ダイスケ君の“旅ノート第六巻”を受け取る。
詳しくは、

http://www.kakura.jp/

とても素敵な計画だ。

グーナイ君から頂戴したGOODな本。

2007-03-31p011.JPG

Silver Wingの洗車をちょろちょろ。
祐子はダイスケ君とテラさんに渡す足環作り。
日記と読書、吉田ルイ子『自分を探してタビに生きてます』、昔読んだけどすっかり忘れているので再読。
ダイスケ君が旅立つ。
がすぐにウェストバックを忘れて戻ってくる。
冷蔵庫の中に、“大”と書かれたフルーツと肉があるんだけど、これも忘れたんじゃないだろうか。
テラさんからコッヘル、セーター(元はやすくんのもの)、ガムテープといろいろ貰ってありがたい。

2007-03-31p008.JPG

そして彼は中川町へ。

2007-03-31p004.JPG

グーナイ君が釣れないくせに釣りに行って、夜、祐子とマクラメ(腕輪作り)。
グーナイ君は稲本君から教わったんだが、稲本君に伝授したのは祐子だ。
ところで稲本君はどこにいるのだろう。

明日からブエノスアイレスを目指して走り出そう!
面倒だけど…。
最近、風が強いけど…。

【本日のお食事】
朝→義裕は夕べのカレー。祐子は卵ご飯
昼→残りのカレー
夜→ステーキ(ロモ)と野菜スープ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年04月01日(日) [カラファテ→Rio Gallegos]

グーナイ君とユキコちゃんに手を振り、ブエノスアイレスを目指して走り出す。
もう旅の空では会えない。

天気良し。
風なし。
気分上々。
ご機嫌のパタゴニアを爆走する。

Rio Gallegosのいつもホテルにチェックインするもホテルマンは愛想なし。
ぐるりと市内を散策。
教育関係のデモだろうか、セントロは打楽器を打ち鳴らす男性たちと踊るセニョリータで妙に華やか。
プラカードの文句は、
Dignidad y Futuro(尊厳と未来)
Basta de Sueldos en Negro(意味不明・給料が安いと言ってるんではないかと推察)

一年中クリスマスの家。
2007-04-01p001.JPG

深夜までネット三昧。
“Google Notebook”に挑戦する。
日本のcitibankへ電話して、2月の54万円の入金について「一体何が(誰が)僕にお金を振り込んだのか?」問い合わせる。
投資信託(シュローダー・プレミア・シリーズ 分配金確保型ファンド (米ドル) ) の今年分の利益との事。
※ちなみに去年は10パーセントも利益はあったらしい。そんな入金気づかなかった。
三年間で200万円(20パーセントの税込み)くらい儲かるらしい…。
こんなすごい投資信託をしていたとは、自分で知らなんだ。
儲かった儲かった。
俺、騙されてるんだろうか?

晩飯に寄った中華風ビュッフェはオススメ。

本日の走行距離197.5mile(316km)

【本日のお食事】
朝→昨夜のスープ
昼→おにぎり
夜→中華風ビュッフェ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年04月02日(月) [Rio Gallegos二泊目]

2007-04-02p007.JPG

義裕は朝から一日中仕事。
祐子はhttp://dtp.to/roten/

pokinちゃんにスクーターを渡すについての考察
一、パラグアイの首都アスンシオンで渡す(パラグライはペルミソがないのでペルミソの偽造は不要)
  →今からパラグアイを目指すのはキツイ
二、ブエノスアイレスで渡す
  →ペルミソの期限ぎりぎり、もしくは間に合わない(pokinちゃんが遅すぎ)
  →ペルミソの偽造は難しそうだ
三、一度ウルグアイに入国して、ペルミソの期限を延ばす
  →面倒くさいけど、これかなぁ…
  →フェリーの費用がかかる(スクーターを積み込めるか?)

いろいろと考えたけれど、その後のpokinちゃんの“南米麻雀放浪旅”計画のメールによって御破産となる。
とにかくアルゼンチンを出国せねば!

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食と持ち込んだハム
昼→チキン定食
夜→ステーキ(ビュッフェ・デ・チョリソ)

2007年04月03日(火) [Rio Gallegos→Puerto San Julian]

ハム腐る。
泣く泣く捨てる。

パタゴニア天気晴朗なれど風強し。
風に煽られ二度路肩走行。
ニャンドゥが金網を擦り抜けようとして羽が引っかかり騒ぐ。
それを見てニヤリ。
集団のグアナコはすぐ逃げる臆病者。
舌打ち!

今日の安宿は、海沿いのこじんまりとした小奇麗で悪くなし。
テレビもあったし。

この日からステーキばっかり食って気が狂いそうになる。
アルゼンチンは牛肉しかない!

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→ピザ
夜→ステーキ(ビュッフェ・デ・チョリソ)

本日の走行距離233.6mile(373.7km)

2007年04月04日(水) [Puerto San Julian→Caleta Olivia]

天気良し。
北上しているためか日に日に暖かくなるのが嬉しい。
パンパ(アルゼンチン特有の草原)の景色に変化なく退屈甚だしい。
単調なとき、祐子は居眠りをするので危ない。

スペイン語の動詞の活用表をバイクのシールドに貼り付けて、勉強をしながら運転してみる。
注意力が散漫になり、僕のほうが危ない。

今日目に余ったのはグアナコの死体だ。
車に轢かれた死体がごろごろ転がってた。
死にかけて蹲ったグアナコを見つけ、写真を撮る。
近づいて顔をアップで撮る。
何度もシャッターを押す。
グアナコは黙って僕らを見ていた。
なんか悪いことしたかな。

2007-04-04p015.JPG

久しぶりの長距離運転で疲れる。
ガソリンスタンドでミルクを貰える幸せなグアナコ。

2007-04-04p026.JPG

安宿、見つからず。
そこそこのホテルに投宿。
部屋の中で喫茶店のワイヤレス電波を受信でき、たいへんラッキー。
得した!

晩飯を食べた定食屋、35年の歴史がある老舗である。
店主の笑顔良くステーキの焼き具合、網目が最高。
三ツ星じゃん。

ここ4?5日履いている靴下がどうも気になる。
かなり危ない気がする酸味を含んだ臭気。
新しく体験した匂い。
身体に悪そうだ。
洗面所で着け置きして石鹸を擦り擦りし、洗って干す。

【本日のお食事】
朝→昨日のホテルの朝食
昼→ステーキ(ビュッフェ・デ・チョリソ)
夜→ステーキ(ビュッフェ・デ・チョリソ)

本日の走行距離★★mile(km)

2007年04月05日(木) [Caleta Olivia→Gaiman]

快晴。
気温高し。
風やや強い。
セーター、ジャケットのインナーを脱ぐ春の陽気。
アルゼンチン人のライダーを多く見かける。

散在する日々を反省し、生活費を切り詰めようという事で、お昼は質素にサンドイッチにする。
2人で200円とは涙ぐましい。
しかしこの計画は一日で破綻。

アルマジロを発見!
グーナイ君の真似をして捕まえようとするけれど逃げられた。
やっぱスクーターだと一動作遅れる。

“歩き方”に載っていたお目当てのいぶし銀ホテルは満室。
ぐるぐると探し探してたどり着いたホテルが、なかなかよかと。
芝生良し。
キッチン充実。
オーナーのウェールズ人夫妻気立て良し。
※あとで知ったが、満室のホテルと同じオーナーだった。
裏庭の羊良し。
部屋が新しくて良し。
すべてにおいてなかなかよかよ。

昨日、手もみ洗いした靴下を履いていたわけだけど、今日一日履いただけで酸味を帯びた臭気が発酵。
靴下を牛乳に漬ければチーズが出来そうだ。
なんだかとてもデンジャラスな靴下。
靴のせいか?
もしかして足?
今日も丹精込めて靴下の手もみ洗いをする。

NHKの執筆。
毎回遅れてて反省する。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→サンドイッチ
夜→ステーキ

本日の走行距離231.2mile(369.9km)

2007年04月06日(金) [Gaiman→General Conesa]

このホテルは実に離れがたい。
最高に居心地がいいのに一泊だけとは、旅の仕方が悪いと反省しなくてはならない。
基本的に暇なのに、どうして時間に追われるのだろう。
不思議だ。

ふとタイヤを見れば、驚くほど掏り減ってきた。

pokinちゃん(スクーターを貸すアミーゴ)の“南米麻雀放浪旅”の我儘な日程を考慮すると、チェの家があるゴルドバへ寄れそうもない。
しかも一度アルゼンチンを出国しなくてはならない。
泣く泣く、東へ大きく旋回してアルゼンチンの超有名人、ホルヘの住むAzulへ進路変更する。
ロンだロン!

今晩の安宿は、天井ファンがあったりして小奇麗でベッドが大きい。

町唯一のレストランは休み。

このキャラクターっていうか、いたずら書き?をよく見かける。
結構お気に入り!

2007-04-06p037.JPG

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→ステーキ
夜→ピザ

本日の走行距離310.7mile(497km)

2007年04月07日(土) [General Conesa→Carhue]

ガソリンスタンド横のパリージャ(焼肉店)の看板を見て、ピピピーンと来る。
もしかしたらここは肉の産地かも知れない。
って考えたら節約生活を解禁して脂こってりの焼肉を頬張る。
脂の塊を噛めば噛むほど甘くて美味しいが、顎が疲れ果てる。

2007-04-07p049.JPG

※よくよく考えれば、アルゼンチンは国全体で牛肉の産地だ。

方々を廻った挙句、バスターミナル横の安宿にチェックインする。
驚くことにアサード(網と炭を使う焼肉)専用台付き(もちろんキッチンも)だが、トイレとシャワーは別。
夜中、あたりが暗すぎてシッコも引っ込む。
プール付きだけど、寒くて泳ぐ気にはならない。

2007-04-08p052.JPG

図らずも晩飯はタンゴ歌手の歌を聴きながら、高級レストランで昼に続いて脂こってりのパリージャ(焼肉)。
身体から脂が浮き出そうだ
連日の肉食で気が狂いそうだ。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→アサード(脂こってり焼肉)
夜→アサード(脂こってり焼肉)

本日の走行距離329.1mile(526.5km)

2007年04月08日(日) [Carhue→Azul]

青空が空全体に広がるが肌寒い。
タイヤの減りが心配になってきた。

Azul。
ここは超有名人ホルヘの住む町。
首都ブエノスアイレスから南300キロ。
その昔、ワッツーのキャンプで伴君が“ホルヘを日本に招こう!キャンペーン”で募金を集めていて、『いくらでも払ってやるわい』と豪語していながら一銭も出さず、気になっていたんだが、なんだかんだととうとう来てしまった。

ホルヘの家。
ホルヘの歓待を受けながら、部屋中というか建物中に書きなぐられた旅人の情熱迸るサインの数々に驚嘆。
日本のアミーゴの寄せ書きが溢れるTシャツ。
亡くなったNORO氏のヘルメット。
滝野沢優子『来て見てアメリカ』。
Las Herasのアミーゴ、ファビアンとは一週間のすれ違いだったらしい。
逢えず残念。

他のお客さんはドイツ人のハートモートだけ。

疲れたので晩飯も食わず、着替えもせず寝る。
Azul寒い。

2007-04-13p128.JPG

【本日のお食事】
朝→パン
昼→義裕は焼肉弁当。祐子はエンパナーダ
夜→疲れたので食わないで寝る

本日の走行距離243.3mile(389km)/総走行距離31,748mile(50,796km)

ホルヘ邸の情報はココ→

2007年04月09日(月) [Azulホルヘの家二泊目]

2007-04-13p140.JPG

昨日、晩飯を食わずに寝たんだが、朝、腹がへってないのは何故だ?
たぶん、連日のステーキが原因だ。

遅く起きてスーパーとパン屋へ行って、ネットして戻る。
祐子が気合を入れて仕事。
義裕はのんびりと日記。

ドイツ人のハートモートと三人で過ごす夜。

2007-04-13p182.JPG

ハートモートは英語もスペイン語も語尾に“っね!”って入るのが可愛いのだ。
「Poco Frioっね!」
「Mucho Aguaっね!」
「Peligrosoっね!」
今年60歳。元船員。
1997年White Horseからバーリング海峡までカヌーで下って、途中日本人と会ったそうだ。
二年後の1999年、マッケンジー川をイヌビックまで下って、偶然同じ日本人と再会したそうだ。
「トイレットペーパーをくれないか?」
って言われたって。
この日本人って野田氏?

★★★ホルヘからのメッセージ★★★

来年2008年3月4日、ホルヘの50歳の誕生日です。
牛を一頭アサードにするそうです。
日本からたくさんアミーゴが来て欲しいと言ってます。
これから南米を旅される人、来年の予定がない人、暇な人、お誕生会が好きな人、仕事がない人、人生に疲れた人等々、ぜひお越しくださいね。
との事です。

伴君!
連絡くれって!

【本日のお食事】
朝→なし
昼→パン
夜→スパゲティ

ホルヘ邸の情報はココ→

2007年04月10日(火) [Azulホルヘの家三泊目]

2007-04-13p160.JPG

祐子は仕事。

ここのシャワーをじっと見る。
二個の蛇口がある。
一個の蛇口を目で追えば、すぐ右横の小さな黒いストーブに繋がっている。
このストーブ。ちょっと問題がある。
宮崎駿のアニメに出てきそうにレトロ。
とても火がつくようには思えないが、上に大きなヤカンが乗っていて、ここで暖められたお湯がシャワーになるらしい。
とても無理。
水しか出ないとハートモートが笑ってた。

「うちでシャワーを浴びてけよ!」
と、ドイツ人チャリダー、ホイレに声を掛けられた。
嬉しい。でも家あるの?旅行中じゃないの?
って訊いたらアルゼンチン人の彼女の家だった。
彼女が留守だってんでついでに洗濯機を借りる。
ハートモートのパンツともども大量に洗濯機に突っ込んで、粉石鹸をドバドバ入れたけど、入れすぎじゃないっスかね。
念願のシャワーを借りて、さっぱりして生き返る。
チリ(唐辛子のような辛い野菜)を頂戴する。
非常識に多すぎ。もてあます。
CDも数枚ほど頂戴する。
親切なドイツ人だ。
後日、映画のDVDも貸してくれたけど、見る暇がなかった。
すんまへん。

大沢在昌『新宿鮫』を読む。
あー歌舞伎町で遊びたい。

コロンビアのカリで何があったんだろう?
爆弾テロ?

【本日のお食事】
朝→パン
昼→パン
夜→スパゲティ

ホルヘ邸の情報はココ→

2007年04月11日(水) [Azulホルヘの家四泊目]

寝袋の中で聞く、気が滅入る豪雨の音。
起きてもしょうがないので、寝袋の中で悶々として過ごす。
午後から義裕は仕事。

祐子はホルヘの載った雑誌『Mr.Bike』の日本語記事をスペイン語へ翻訳。

筒井康隆『国境線は遠かった』を読み始めてあっという間に読み終える。
中学生の頃に読んだんだが、まったく内容を覚えていないので十分に楽しめた。
頭が悪いと得だ。
っということは、もう一度“筒井康隆”を全部読めるじゃん。

牛肉はもう勘弁してくれって思いながらも、晩飯は待ちに待ったアサード(炭と網で焼く肉)である。
身体は拒否っているけれど、心は持ち焦がれているのである。
夕方ごろ、ホルヘがもそもそと釜に火を点し、待つこと延々4時間。

2007-04-11p123.JPG

もう待てないっと何度も思った頃、食べ始めるアルゼンチン流の気の長い本格的アサード。
しかし流石に美味い。
パリパリと音を立てる香ばしく焼けた外側。
煮込んだかのような柔らかい肉。
甘い脂肪の塊。
小さな炭火でゆーーーっくりと死ぬほど時間をかけて焼くだけなんだが、暇人じゃないとできない技。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→パン
夜→アサード

ホルヘ邸の情報はココ→

2007年04月12日(木) [Azulホルヘの家五泊目]

遅く起きて、だらだらして、散歩して、庭で本を読んでたら昼も朝も食べられず、腹減ったなぁと嘆いていたら、モニカがクッキーをくれた。
セニョールからだって言うんだけど、誰のことだろうセニョールって?
ホルヘは外出中だし。

夕方前からセントロへ散歩。
ウルグアイ行きのフェリーの打診。
スクーターの書類を持っていなかったので、チケットは買わない。

義裕がカラファテ越冬用に長袖の服を買う。

カラファテ行きの飛行機を探すが、安いラデ航空で27日のみ。
ほかLAN航空は全然無し。
びっくし。

あまりにも寒いので、ハートモートがストーブに火を点ける。
この廃油を使ったホルヘ特製ストーブは、油を出しすぎると、ストーブの裂け目から炎が出て危ない。
油を少量に調節すると、火が小さすぎて寒い。
難しい。

2007-04-13p150.JPG

【本日のお食事】
朝→なし
昼→フルーツと菓子
夜→チャーハン

ホルヘ邸の情報はココ→

2007年04月13日(金) [Azulホルヘの家六泊目]

2007-04-13p106.JPG

外の芝生へベンチを運んで、甘い紅茶と甘い菓子パンの朝食。
暖かな陽が射す。
鶏が集まって来る。

ペンキを借りて壁にメッセージを書く。
“長生きしよう”

2007-04-13p179.JPG

シャワーを浴びたい。
頭が痒くなってきた。

【本日のネット】
東川の露天風呂のHPをアップする。
ラデ航空とLAN航空のHPが正常に表示されないので、カラファテ行きの飛行機を予約できない。

正午、庭のゲーム台の上でにんじんを細かく切り、玉葱はさらに細かく、チレをおおざっぱに切る。
野菜の切り屑を鶏に。
中のキッチンで祐子はご飯を炊いている。
強烈な陽射しに負けそうになりながら、外のベンチでチャーハンと湯剥きしたトマトを食う。

村上春樹の『風の歌を聴け』を読み(全然内容を覚えてなかった)、NHKの原稿を書き書きしていたら、ハートモートがワインとオリーブオイルをご馳走してくれた。
ハートモートのワインのお勧めは、MALBECよりSyrah。

今夜はステーキだけど、誰が肉を買うのだろう?
っと思っていたら、ホルヘが買出しに出かけたのでお供する。

ホルヘ特製の巨大ステーキコンロを使って、ステーキ(ビュッヘェ・デ・チョリソ)大会。
火力が弱くてイマイチな焼き加減。

頭が痒くて眠れない夜。
ぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼり…。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→チャーハン
夜→ビュッヘェ・デ・チョリソ

ホルヘ邸の情報はココ→

2007年04月14日(土) [Azul→ウルグアイ・コロニア]

今日こそシャワーを浴びたい。
頭を洗いたい。
ぼりぼぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりぼりり…。
痒い。

朝、爽やかな快晴。
荷造りを終えていざ出発の間際には、降りだしそうな曇天。
走り出したら降り出した。
大粒で大量の雨。
白い飛沫で視界不良。
シールドが吐息で曇って視界最悪。
路肩に逃げる余裕もなく霞むトラックを辛うじて追いかける。

pokinちゃんの麻雀放浪旅のためにバイクの滞在日数を増やさざるを得ず、ブエノスアイレスから高速フェリーでウルグアイへ出国。
なぜかチケットは半額でラッキー。

★★★ウルグアイ入国!!!★★★
小雨のウルグアイ、世界遺産の古都コロニア。
そこはかとなく陰気。
暗く人気のない町を安宿を探して走り回る。
なかなか安い宿が見つからず「旦那の稼ぎが悪いから、苦労するよ」
と言われる。

宿で頭を洗う幸せ。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→ハンバーガー
夜→義裕は豚肉。祐子は鶏肉

本日の走行距離207mile(331.2km)

2007年04月15日(日)[コロニア二泊目]

2007-04-15u004.JPG

ここはウルグアイ東方共和国。通称ウルグアイ。
黒人だらけの印象があったけど、住民はほぼヨーロッパ系。
つまらん。

【うんち君】
1520年にフェルディナンド・マゼランがラプラタ川を遡上し、「山を見たり(モンテ・ヴィデオ)」と言ったので首都の名前が“モンテ・ヴィデオ”になる。
というのはどうでもいいけど。
17世紀にポルトガル人が「コロニア・デル・サクラメント」を、スペイン人が「モンテビデオ」を建設した。
で、両国が戦争をして、なぜか先住民チャルヤ・インディオが絶滅。
絶滅だよ絶滅。
やりすぎ!

街内散策。
石畳。
プラタナス並木。
サッカー。
行儀のよい犬。
うるさいハエ。
甘いアイスクリーム。
売り家多数。

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→義裕はハンバーガー。祐子はスープ
夜→ピザ

2007年04月16日(月)[コロニア三泊目]

街内散策。
義裕ネット。
祐子仕事。

ここは物価が高過ぎて、鮭が食えない!

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→義裕はスパゲティ。祐子はタルト
夜→義裕はステーキ。祐子はタラ

2007年04月17日(火)[コロニア四泊目]

今日も街内散策。
他にすることないし。
すべての博物館をまわり(と言っても休館日も多い)、灯台に登る。

ポールマッカートニーに似ている壁のいたずら書き。

2007-04-17p153.JPG

夜、豪雨。
雷。
轟音。
ズボンも何もかも濡れてしまい途方にくれる。

コロンビア、メデジンのクラウディアからスイス人ライダーのマルコが死んだという噂が入る。
慎重190センチのマルコ(祐子が丸巨と命名)、死んだのか?

【本日のお食事】
朝→宿のパン。
昼→義裕はスパゲティ。祐子はフルーツ
夜→義裕はステーキ。祐子はラビオリ

2007年04月18日(水)[コロニア五泊目]

朝起きて部屋の中を見渡せば、カタツムリがコピー用紙を食べてた。
祐子のサラダの中に虫がいた。
ラ・プラタ川は蚊が多い。
そんなウルグアイ。

2007-04-18p124.JPG

2007-04-18p140.JPG

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→義裕はステーキ(ビュッヘェ・デ・チョリソ)。祐子はチョリソ一本
夜→

2007年04月19日(木)[コロニア→ブエノスアイレス]

早朝のフェリーでブエノスアイレスへ。
フェリーは居心地好し。
ラデ航空へ寄ってカラファテ行きの便を探すがなし。
日本旅館到着。
麻雀。
漫画。
ビール。

日本旅館に宿泊中は一枚も写真を撮らない。
旅行者であることが恥ずかしくなるそんな旅館。
ツワモノ共の巣窟。
ノンポリではどーもね。

【本日のお食事】
朝→フェリーのパン
昼→辛ラーメン
夜→ステーキ

日本旅館の情報はココ→

2007年04月20日(金)[日本旅館二泊目]

朝豪雨。
近くで雷の爆音炸裂。

セントロへ出かけて、カラファテ行きのバスのチケットを手配。

バス会社が発券ミス。
変更は手数料を払え!と言うわ、
キャンセル料を払え!と言うわで無茶苦茶でございますがな。
祐子の猛烈な抗議で、全額払い戻しになるけど、気分最悪。
窓口にチップを投げつける也。

チャイナタウンへ足を延ばし、カラファテ越冬用食材を買い捲る。
インスタントラーメン80個。
※夫婦一週間で2回食べる計算。
醤油、味噌、ごま油、うどん、蕎麦…。
持ちきれないので、一部トラック便で送る。

義裕仕事。
麻雀。
漫画。
祐子漫画。

【本日のお食事】
朝→食べない
昼→ご飯と納豆、缶詰。
夜→ご飯と缶詰

日本旅館の情報はココ→

2007年04月21日(土)[日本旅館三泊目]

たぶん雨。

生活に変化なし。
茫漠として流れる日々。
一日中漫画を読んで目が死んでいく。

義裕仕事。
漫画。
祐子漫画。

【本日のお食事】
朝→
昼→
夜→スパゲティ

日本旅館の情報はココ→

2007年04月22日(日)[日本旅館四泊目]

義裕仕事。
麻雀少々。
漫画。
テレビ。
祐子漫画。
夜、伊都子さんファミリーとパリージャ(肉の炭焼き)。
雰囲気の良い人気のレストラン。
最近、贓物が好きだ。
パリージャを食うと、野菜がたまらなく欲しくなる。

ブエノスアイレスの夜は明るい。
犯罪を防止するため街灯が多いそうだ。

【本日のお食事】
朝→卵焼き
昼→食べない
夜→パリージャ

【うんち君】
ラムとマトンの違いは歯を見ればわかるらしい。

虚心坦懐が大切。

日本旅館の情報はココ→

2007年04月23日(月)[日本旅館五泊目]

韓国街へ買出しに出かける。
道を間違えると、ボリビア人街に入ってしまって最悪の事態になるので、細心の注意が必要である。
生きて帰って来られない恐ろしいボリビア人街。

値段を確かめずに買ったスパムの缶詰が激高!
24ペソ(850円)!
お粗末な買い物に目眩がした。

懲りずに漫画。

【本日のお食事】
朝→食べない
昼→スパゲティ
夜→スパム

日本旅館の情報はココ→

2007年04月24日(火)[日本旅館六泊目]

珍しく快晴。
それでもすることはいつもと同じ。
義裕仕事。
漫画爆読!
祐子バイクの書類作り。
麻雀。

【本日のお食事】
朝→スパム一切れ
昼→インスタントラーメン
夜→スパムと野菜炒め。祐子はボロネーゼご飯

日本旅館の情報はココ→

2007年04月25日(水)[日本旅館七泊目]

NHKの執筆。
午後、セントロへ。
アルゼンチンの女子大生ビッキーとセントロを散歩。
コーヒーを飲んでブエノスアイレス午後のひと時。
ビッキーはちょっと太ってるけど、日本びいきなのだ。

【本日のお食事】
朝→ヨーグルト
昼→インスタントラーメン
夜→マクドナルド

日本旅館の情報はココ→

2007年04月26日(木)[日本旅館八泊目]

漫画を読んでたんじゃないかな。
他にすることないし。
荷造り。

【本日のお食事】
朝→ヨーグルト
昼→
夜→

日本旅館の情報はココ→

2007年04月27日(金)[日本旅館八泊目]

漫画。
これだけ日々精進して読んだのは『美味しんぼ』の59巻まで。
あと20巻。
力及ばず!

レミースでバスターミナルへ。
タクシーの窓外に立つスーパーボディのオカマ多数。
21時のピングイーノバスでカラファテ目指して出発。
バス、寒い。
暖房ないんかい!暖房!

【本日のお食事】
朝→納豆ご飯
昼→パン
夜→インスタントラーメン

日本旅館の情報はココ→

2007年04月28日(土)[ブエノスアイレス→]

終日バスの中。
朝方、寒い。
暖房を入れてくれ?。
昼、暑い。
冷房を入れてくれ?。
夜、寒い。
暖房を入れてくれ?。

景色に変化なく退屈。
バスは狭くて窮屈。
することなくて鬱屈。
屈三部作。

【本日のお食事】
朝→おにぎり
昼→おにぎり
夜→おにぎり

2007年04月29日(日)[→カラファテ]

二時間遅れでリオ・ガジェゴス着。
乗り継ぎのバスが出発するもすぐに引き返し、別のバスに乗り換えされる。
一切の説明なし。
一時間遅れでカラファテ着。

新しい冷蔵庫あり。
部屋のストーブが点火しない。
寒い。
麻雀。
怒涛の追い上げも及ばず。

【本日のお食事】
朝→おにぎり
昼→なし
夜→ビュッフェ・デ・チョリソ

2007年04月30日(月)[Fuji旅館二泊目]

粉雪舞い散る朝。
暖房故障中。
寒い。
風邪をひいた。

旅館業務引継ぎ。

文具、食料品の買出し。
スーパーは袋を配らなくなってた。
どうした?地球に優しいじゃん。
南米らしくない。

【本日のお食事】
朝→納豆ご飯(日本旅館から持って来た貴重な食材)
昼→インスタントラーメン(とんこつ味で辛くなくて美味い)

2007-05-11p001.JPG

夜→ハンバーグ

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月01日(火)[Fuji旅館越冬三泊目]

冬眠開始。

風邪をひいてしまった。
咽喉が痛くてたまらん。
祐子も風邪で咳が爆裂すること夥しい。
風邪の管理人夫婦と呼ばれそうだ。
後日、この風邪が旅館内に蔓延して、たいへん申し訳ない。

2007-05-11p008.JPG

風邪の原因ははっきりしていて、ストーブの故障。
なんせ火がつかない。
このガスストーブに種火を付けるには人並みはずれた忍耐力が必要である。
長い針金の先に新聞紙を巻き火をつけ、目探りで暗いストーブの奥底まで火が消えぬよう慎重に突っ込み、点火スイッチを押して、引火したことを確認しても苦労はここから始まる。

点火スイッチを押したままで待つこと10分。
…では駄目だった。

再度挑戦して、待つこと15分…。
指が痺れ手が痙攣しても、点火スイッチを緩めると火が消える。

で再び挑戦して、指が痺れ手が痙攣し目が眩み腰が痛みだし諦めかけた30分後、やっと種火に点火し、やれやれ。
ね、たいへんでしょ。

新規の仕事が入り、義裕は仕事に勤しむ。
祐子は繕い物に精が出る。

スペイン語の勉強少々。

これから二晩で一本のワインを飲む也。
テーマは葡萄(当たり前か!)。
まずはSyrahを極める所存。

2007-05-11p006.JPG

ここを出る頃にはワインを飲んで、
おっ、これはCabernet Sauvignonだねって言えるようになるだろうか?
でSyrahの特徴を調べてみると、“産地や気候によって味が違う”そうだ。
それじゃぁ一生わからんじゃん。

【本日のご宿泊者】
5名(日本人3人、韓国人2人)

【本日のお食事】
朝→ハンバーグ
昼→うどん
夜→ビュッフェ・デ・チョリソ

2007年05月02日(水)[Fuji旅館越冬四泊目]

2007-05-11p012.JPG

義裕仕事。
外貨獲得が男の甲斐性。

祐子は掃除、洗濯といった管理人業務に励む。
麻雀少々。

安岡章太郎『なまけものの思想』は面白くも有りつまらなくもあり。
ただ遠藤周作の『海と毒薬』を読みたいと欲す。
二日後、寝癖のイイザカ君が持っていることが判明する。

【本日のご宿泊者】
4名(日本人2人、韓国人2人)

【本日のお食事】
朝→ハムエッグご飯
昼→チャーハン
夜→Fuji旅館開催のアサード。祐子談「もう脂が辛くなってきた」義裕談「右に同じ」

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月03日(木)[Fuji旅館越冬五泊目]

2007-05-11p016.JPG

知らない韓国人よりメールが届く。
この夏から僕らの真似をしてSilverWingで世界を走るそうだ。
彼の英文を翻訳すると、
「君らにできるなら、僕にも出来る!」
そりゃまぁそうだろうけど…。
なにはともあれ、“友達制露天風呂倶楽部東川”を案内する。
SilverWingのアドバイスはあまり出来なくて申し訳ない。
僕らは基本的に人のお役には立てない。

島藤さんご夫婦(宿のオーナーご夫妻)と他三名がチャルテンへ一泊旅行に出かける。

義裕は仕事に汗を流す。
ルーターをワイヤレスにしたけど、送信速度が遅すぎるよダイスケ君!
5MBを送ったら、7時間経ってもソフトが終了しないじゃん!
そんなアホなことありまっかいな。
で、困ったときのダイスケ君へ相談メールを出しますわ。
すぐに返事が戻って来て助かりましたわ。
コマンドが使える“NcFTP”に挑戦することにしまして。
といっても祐子が挑んだんだけど。
その横で、義裕はお手玉の練習に汗を流す。

2007-05-11p004.JPG

特別講座“あなたもイラストレーターになれる!”を札幌出身のタカ君へ伝授。
タカ君は帰国後イラストレーターを目指すっていうんでね。
それにしても、偉そうにすまんね。
けどね絶対に稼げるようになるから。
ホント、信じるものは救われることもあるから…。

4人中3人が風邪。
あとひとり…

【本日のご宿泊者】
4名(日本人2人)

【本日のお食事】
朝→納豆ご飯
昼→チャーハン
夜→昨日の残りのコルデロ入りカレーライス。脂でこってり。

2007年05月04日(金)[Fuji旅館越冬六泊目]

2007-05-04p008.JPG

タカ君が風邪をひいたので、とうとう全員お風邪を召す。

東海林さだお『タケノコの丸かじり』を読み、吉祥寺の「ビーフ天国」で酒池肉林を体験したいとぷるぷる震える。
いつの日か、アンチョビ、ニョクナム、ナンプラー、ショッツルでクサヤ作りに挑戦したいと目を輝かす。

仕事、勉強、どれもこれも中途半端也。

2007-05-04p002.JPG

午後から食料買出し。
イイザカ君ご推薦のアンチョビを買ったら、これがなかなか美味い。

2007-05-11p018.JPG

日本からの荷物が着かないので郵便局へ。
やはり届いてない。
遅いなどーも。
4日でアルゼンチンに到着しても、そこからが痺れるように遅い。
EMSにしても意味ないじゃん。

管理人になって第一号のお客様、釣り人ヒロ君がバイクにてご来店。

祐子は、キレンさんのご注文で黒く細いブレスレットを作る。
Jabooアクセサリ作品集→

イイザカ君の遠藤周作『海と毒薬』を頂戴する。


【本日のご宿泊者】
5名(日本人3名、韓国人2名)

【本日のお食事】
朝→カレーライス
昼→インスタントラーメン

2007-05-04p019.JPG

夜→カレーライス

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月05日(土)[Fuji旅館越冬七泊目]

2007-05-11p014.JPG

布団の中で、遠藤周作『海と毒薬』をイッキ読みしたためか、
義裕風邪悪化就寝夕方迄。
仕事も勉強もお休み。

村上龍も好きだねこういうの書くの『音楽の海岸』。

祐子ひとりよく働く。

ヒロ君の釣果、マス二匹。
刺身を頂く。

【本日のご宿泊者】
5名(日本人3名、韓国人1名)

【本日のお食事】
朝→ハムとご飯
昼→食べなかった
夜→得意の鳥の唐揚げ

2007年05月06日(日)[Fuji旅館越冬八泊目]

下の写真は朝焼け。
夕焼けではない。
毎朝、このような美しい朝焼けを見ているのである。
起きれたら…。
2007-05-06p015.JPG

病み上がりなので勉強しない。
義裕仕事。
ムービー『イースター島』、『ブエノスアイレス』作成。
評判いいですよ!→

セントロのホテルへギターの独奏会を聴きに出かける。
吉松隆やAstor Piazzollaの曲を楽しむ。

【本日のご宿泊者】
5名(日本人3名、韓国人1名)

【本日のお食事】
朝→唐揚げご飯
昼→キレンさんから頂いた韓国風ピザ
夜→スパゲティボロネーゼ

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月07日(月)[Fuji旅館越冬九泊目]

義裕風邪悪化。
咽喉最悪。
声無。
DVD『コント55号』『エリッククラプトン』『バカルディ』。
午後、島藤さんキレンさん(宿のオーナーご夫婦)達が南へ旅立つ。
折から降り注ぐ雨。
なにが悲しいのか?
そして突然の停電。
なにが不満なのさ?

一向に届かない荷物を探しに郵便局へ。

DVD『バカルディ』を観る。
しかし最悪の体調ですぐに寝る。

【本日のご宿泊者】
5名(日本人3名)

【本日のお食事】
朝→納豆ご飯
昼→うどん
夜→親子丼

2007年05月08日(火)[Fuji旅館越冬十泊目]

朝、イイザカ君の耳から血の膿が流れ出てたそうだ。
恐ろしい事件だ。
とりあえず処置無し。
ほっとく。
※翌朝も耳から出血してた。

2007-05-11p015.JPG

TBSテレビ番組『どうぶつ奇想天外』の取材中に死んだ星野道夫『イニュニック〔生命〕』を読むと、星野道夫のアラスカの家は1989年で2,400坪350万円だったそうだ。
安い!
激安!
今すぐ買いたい!

Life is happens to you while you while you are making other plans.
人生とは、何かを計画している時起きてしまう別の出来事のこと

義裕風邪で寝る。
祐子も風邪をひいているけども仕事。
丈夫な祐子、繊細な義裕。

ブエノスアイレスより米60キロ(米60キロ156ペソ(52ドル)送料139.45ペソ(46.5ドル)合計で99ドル)到着。

1867年、アラスカは1キロ平米5ドルでソビエトから計720万ドルで購入。
トランスアラスカパイプラインは1280キロ。

寿司の注文が二件入るが、もちろん断る。
どーせわかりゃしないだろうから、酢飯じゃなくて、炊きたてのご飯で握ろうか?

【本日のご宿泊者】
5名(日本人3名、韓国人1名)

【本日のお食事】
朝→納豆ご飯
昼→パン
夜→コロッケ

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月09日(水)[Fuji旅館越冬十一泊目]

2人の体調、やや上向き。
郵便局で日本からの荷物の税金(ひとつ5ペソ)を払う。
しかし荷物は受け取れず、領収書も貰えず。
騙されているのではないか?

木村伊兵衛曰く『いつでもカメラを手から離さずにいる事が大事だ』

トイレの蛇口が壊れる。
翌日、新しい蛇口を買ってきて直す。

2007-05-11p011.JPG

【本日のご宿泊者】
5名(日本人3名、韓国人2名)

【本日のお食事】
朝→コロッケご飯
昼→インスタントラーメン。ほんのりと辛い。変わった風味あり。

2007-05-09u097.JPG

夜→豚肉の生姜焼き

2007年05月10日(木)[Fuji旅館越冬十二泊目]

グーナイ君がウシュアイアでレンタカーで事故ったという噂が流れていたけれど、真犯人が出頭した。

2007-05-11p009.JPG

朝、洗濯機の排水ホースが外れていて洗濯室が大洪水。
午後買い物。

郵便局より明日パスポートのコピーを持って来いとのお達し。
荷物を受け取れるのだろうか?

続々来客。
ヒロ君の刺身。

咳抜けず。
仕事も勉強もしないで読書。
野口健『落ちこぼれてエベレスト』が意外に面白い。
乃南アサ『からだ』は、読むはしから忘れていく。

【本日のご宿泊者】
5名(日本人5名、韓国人1名)

【本日のお食事】
朝→納豆ご飯
昼→ナポリタン
夜→ステーキ(ビュッフェ・デ・アンゴスト)530グラムで10ペソ(400円くらい)

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月11日(金)[Fuji旅館越冬十三泊目]

郵便局からの電話で、パスポートのコピーを郵便局へ持って行く。
局員が受け取ってただそれだけ。
チャオ!
って、荷物はくれんのかい!
いつになったら受け取れんだろう。

今晩もヒロ君の釣った魚で刺身。
釣り人は偉いもんだ。

阿佐田哲也『牌の魔術師』
25年ぶりに麻雀放浪記を全部読みたい。
誰かカラファテに送ってくれんかなぁ…。

日記シコシコ。
いろんなところのブログの研究する。
僕のブログの注文は厳しい。

最近名言、格言、ことわざに心が騒ぐ。

義裕は床屋へ行く。
驚いたことに頭を洗ってくれた。
中南米では始めてだ。
でもあまりにも心がこもってないから、逆に痒いところが増えた感じがする。

祐子は美容室。

【本日のご宿泊者】
5名(日本人5名)

【本日のお食事】
朝→義裕ご飯。祐子はパン
昼→スパゲティボロネーゼ
夜→チキンスープ

2007年05月12日(土)[Fuji旅館越冬十四泊目]

義裕仕事。
ときどきHPの刷新。
昼寝。
祐子はHP作り。
ムービーの編集ソフト、パワーディレクター6をダウンロードしようとしたら、
50時間!
って表示され諦める。
なんとかならんのかね。
勝手に通信速度の速い契約に変えようかな。
ここカラファテにあればだけど…。

DVD『風の谷のナウシカ』の鑑賞会。
真夜中、バスターミナルから電話あり。
道に迷っている旅人に道順を説明できず、申し訳ない。
とうとう噂のキリルの怪人ノリさんが来た。
日本旅館でノリさんを見かけて、近寄らないようにしてたのに、ここでご対面とは!
のりさんの楽しい動画はココ→

【本日のご宿泊者】
8名(日本人8名)

【本日のお食事】
朝→サンドイッチ
昼→オムライス
夜→チキンスープ

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月13日(日)[Fuji旅館越冬十五泊目]

どーも勉強しても集中力がないなぁと思っていたら、どーやら眼鏡があわない。
手元のノートがよく読めないから、眼鏡を外してみると驚いたことにバッチシ読める。
でもパソコンやちょっと離れた本が読めなくなる。
遠近両用眼鏡が必要なんだろう。
そんな歳だ。
髪の毛も黒より白が多い。
それでもそんな苦難にも負けず、ずーっと熱心に勉強する。
きっと痛々しい後姿だ。

祐子、HPの刷新に勤しむ。

ヒロ君が82センチ、3.5キロのレイクトラウドを釣り上げる。

2007-05-13p002.JPG

ノリさんの包丁さばきがとてつもなく恐い。
全力で包丁を振り下ろす姿は、地に飢えた殺人鬼のようだ。
とても普通じゃない。

2007-05-13p007.JPG

しかし美味い刺身とスープ。
ノリさんの洋風スープが意外にいける。
飲みすぎ。
恥ずかしかことに記憶無し。

2007-05-13011.JPG

【本日のご宿泊者】
9名(日本人8名、韓国人1名)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→うどん
夜→レイクトラウドの刺身とスープ

2007年05月14日(月)[Fuji旅館越冬十六泊目]

祐子、HPの刷新作業。
義裕ぶらぶら。
えー歳こいて昼間っから何もしないで、女房を働かせてぶらぶら…。
エー身分になったもんだ。

2007-05-14p017.JPG

部屋が寒いと言って、韓国の女の子が宿を去る。
その暖房は温度調整ができないのよ。
許して欲しい。

郵便局へ出向く。
しかし荷物はまだ受け取れない。

イーザカ君とひも理論と相対性理論とデブの時間は速いのと、山口県の役人について。

【本日のご宿泊者】
6名(日本人6名)

【本日のお食事】
朝→パン
昼→スパゲティクリームソース
夜→豚の生姜焼きと白菜

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月15日(火)[Fuji旅館越冬十七泊目]

朝、しんしんと雪。

2007-05-15p003.JPG

いそいそと郵便局へ出向くが、今日も荷物を受け取れず。
悲しい…。

ヒロ君がコルデロ(子羊)のアサード(アルゼンチン名物、炭火で巨大焼肉)を食べたことがないって言うんで、無謀にもアサードに挑戦する。
全員素人。
役に立たない烏合の衆。

まず最初に皆が集まったところで、アサードのポイントを確認する。
塩だけふった子羊の肉を、炭火を弱くして、3時間くらいかけてゆっくり焼くのだ。

で、肉を買うだけで疲れた!
なんせ何キロ必要なのか自分たちでわからないうえに、スペイン語もわからない。
わからないことをわからない言語で伝えるもどかしさ。
肉屋の親父から、どのくらい欲しいって訊かれても、
それがわからない…。
とにかく子羊と言えども、肉はでかい。

で、で、次は炭に火を付けるのだって簡単じゃない。
新聞紙を丸めてライターで燃やして団扇で煽ったくらいじゃ、炭は燃えてくれない。
すったもんだの試行錯誤で炭が赤くなり、炭を満遍なく散らして、肉肉って探したら、ノリさんが肉全部をワインに漬けてた。
だーかーらー、塩だけだって言ったのにぃぃぃぃぃ。
キリルの怪人、先走る!

で、で、で、肉を網にのせてやれやれとくつろいでいたら、あっという間に炭がボーボー燃え始めた。
肉から垂れた脂に火がついて、網の下は火事。
もう肉が焦げてしまった。
余分な炭を掻き出したら、折からの風でダンボールに燃え広がり、あやうく宿がアサードするところだった。
危ない危ない。

しかししかししかし焼きあがった子羊のアサード。
文句なしにコルデロ(子羊)は美味かった。
今までに食べた子羊に比べて格段にやわらかかった。
たぶんノリさんのワイン漬けが良かったんだろう。
さすがキリルの怪人。
不気味な外見は伊達じゃない。

DVD『千と千尋の神隠し』鑑賞会。

【本日のご宿泊者】
5名(日本人5名)

【本日のお食事】
朝→最後の納豆でご飯
昼→なし
夜→アサード

2007年05月16日(水)[Fuji旅館越冬十八泊目]

祐子は終日HP作り。

とうとう釣り人のヒロ君が出発してしまった。
もう魚が食えないを思うと寂しい。

見た目が変人にしか見えないノリさんが、スーパーで万引きしたと間違われ、大暴れする。
その後、そのお店の玉葱が一番安いからと、また行くあたりがすごい人だ。
下の写真が黄昏るノリさん。

2007-05-17p101.JPG

【本日のご宿泊者】
5名(日本人5名)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→インスタントラーメン
夜→野菜を大目にしたハンバーグ

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月17日(木)[Fuji旅館越冬十九泊目]

朝方、シン君が旅立つ。
だんだん人が少なくなってきた。

義裕は仕事。
郵便局へ出かけるが、荷物は受け取れない。

トシ君のゆで卵が爆発する。
「こっちの卵ってよく爆発しますよね」
って言ってたけど、初めて聞いたぞ。

トシ君が炊飯器に触ったら、突然コードがピカッと発光する。
コンセントが壊れたらしい。
トシ君が非常に上手に直す。

イラストレーターを目指すタカ君が、飛行機を乗り過ごした。
どうやら今日の便だったらしい。

NHKの執筆。

パトリシア・コーンウェル『警告』
暇つぶしになるけど面白くない。

【本日のご宿泊者】
4名(日本人4名)

【本日のお食事】
朝→ハンバーグご飯
昼→うどん
夜→コロッケ(げぇっ、トンカツソースが後半分しかないじゃん!)とカボチャのスープ

2007年05月18日(金)[Fuji旅館越冬二十泊目]

早朝、トシ君が旅立つ。
トシ君は何度聞いても専門がわからなくなるほど、いろいろやってるのである。
例えば習字や体操で中国に何度も呼ばれたとか、湖沼を調べてるとか、バイクをリストアするとか…。

2007-05-18p011.JPG

沢木耕太郎『人の砂漠』を読み始める。
今日も諦めず郵便局へ。
しかし荷物はもらえない。

ふと見れば、いつの間にかリビングのストーブが消えてた。
たいへんじゃん。
ここのストーブは火がつかないんで有名なんだから。
外の風が強すぎて、種火がすぐに消えてしまう。
苦労すること一時間、やっとガラス窓を閉じるのがコツだとわかり解決。
凍え死ぬかと思った。

お椀にヒビが入っていてプリンがこぼれる。
そう、今日のデザートはのりさん特製のプリン。

2007-05-18p021.JPG

美味しかった。

【本日のお食事】
朝→コロッケご飯
昼→アンチョビスパゲティ
夜→親子丼とカボチャのスープとノリさん特製プリン

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月19日(土)[Fuji旅館越冬二十一泊目]

朝8時、暗闇のなか、タカ君が出てく。
あと2人になってしまった…。
と思ったら、一人来た。

イーザカ君がウシュアイアに旅立たないようにさりげなく諭す。
ここにいればいいさ…。

義裕はブログの研究をする。
そしてイラストを描いてみたりして。

【帰国したら行きたいお店】「ちりとり鍋 大島」(渋谷区恵比寿2、TEL 03-6804-5899)

【登山家の本を読みたい。以下はニュースをただコピーしただけ。たいしたもんだなぁと思って】読売新聞社に入った連絡によると、日本人初となる標高8000メートル峰14座の完全制覇を目指す登山家の竹内洋岳(36)は19日、ネパールヒマラヤのマナスル(8163メートル)に登頂した。日本人最多タイとなる9座目で、山田昇(1989年マッキンリーで死亡)と名塚秀二(2004年アンナプルナ(1)で死亡)と並んだ。
3月25日に出発した竹内は、高地順応を繰り返した後、4月21日にマナスルのベースキャンプ(BC)に入った。日本山岳会隊が初登頂した北東ルートから、頂上へのアタックに成功。6月にはガッシャーブルム(2)(8035メートル)とブロードピーク(8051メートル)に挑戦する。

【本日のご宿泊者】
3名(日本人3名)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→オムライス
夜→ステーキ(ビュッフェ・デ・チョリソ)

2007年05月20日(日)[Fuji旅館越冬二十二泊目]

2007-05-20p014.JPG

昼、読書とネット。
夜、Wikipediaで県別有名人探しゲームをして遊ぶ。
イーザカ君が旅立たないように!
と祈る。
というか、騙す。
というか、はぐらかす。

2007-05-20p015.JPG

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→うどん
夜→ステーキ(ビュッフェ・デ・チョリソ)

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月21日(月)[Fuji旅館越冬二十三泊目]

祐子は歯医者へ出かける。
歯之無事也心配御無用との事。
保険は使えず。
レントゲン撮って薬をもらって、2500円。

郵便局では相変わらず荷物を受け取れない。
悲しい。

義裕がギターを爪弾いて遊ぶ。
楽譜がないと何も弾けない。
つまらない。
今度、ネットで探してみよう。

杉浦さやか『ベトナムで見つけた』を読む。
南米のあとはアジアかなぁ…。

seesaaで新しいブログに挑戦するけどなかなかどーして難しい。
っていうか、遅い。

【本日のご宿泊者】
4名(日本人3名、韓国人1人)

【本日のお食事】
朝→ご飯、祐子特製バナナジュース
昼→インスタントラーメン

2007-05-21p003.JPG

夜→カレーライス

2007年05月22日(火)[Fuji旅館越冬二十四泊目]

早朝、とうとうイーザカ君がウシュアイアへ旅立つ。
しかたがないので見送る。
イーザカ君は日本から80冊の本を持って来た兵。

USBの変換プラグを忘れて行け!
の祈りが届かず、イーザカ君が無情にも持ち去る。
この日よりスピーカーが使えなくなり音楽なし。
ラジオは同じ曲ばかり流すのでつまらん。

管理人業務<其の一 シーツを干す>
2007-05-22p006.JPG

昨日に引き続いてブログ作りというか研究。

イーザカ君が去り、寂しいのかノリさんが風邪をひく。

池谷裕二『記憶力を強くする』をだらだらと読み始める。
古典的条件反射とオペラント条件反射
記憶が厳密なものであったなら、変化を続ける環境のなかでは、活用することのできない無用の知識になってしまいます。
失敗や間違いは臨機応変にものごとに対応するための「汎化(はんか)」という大切なはたらきと表裏一体であって、ある程度はやむを得ない

カラファテの地図作りを始める。

【本日のご宿泊者】
4名(日本人はのりさんだけ、韓国人3人)

【本日のお食事】
朝→義裕カレー。祐子はパン
昼→スパゲティ
夜→ステーキ(ビュッフェ・デ・チョリソ)

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月23日(水)[Fuji旅館越冬二十五泊目]

韓国人からチャプチェをご馳走になる。
「マシソヨ! カムサハムニダ!」

ヴィトゲンシュタイン『理論哲学論考』より
「(哲学は)語りえぬものについては沈黙しなくてはならない」
知ったかぶりをしてはいけない。

郵便局へ行くが、今日も荷物は受け取れない。

USBの変換プラグがほしい。
i-podが聴けない。

2007-05-30p077.JPG

【本日のご宿泊者】
6名(日本人はのりさんだけ、韓国人5人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→カレーライス
夜→ハンバーグ

2007年05月24日(木)[Fuji旅館越冬二十六泊目]

郵便局へ電話したら、土曜日に来いと言われた。
本当に土曜日にくれるんだろうね、あんた。

外は強風。
砂埃舞い散るカラファテ。

義裕は仕事。
最近、全然勉強をしていないと反省するが、それでもしない。
で一句。

勉強は できないときに したいもの

のりさんと歴史について談義する。
やっぱ『三国志』を読みたい。
ところで竜馬は梅毒だったらしい。
しかも竜馬は薩摩のスパイだったらしい。

「TN君の伝記」(なだいなだ著・福音館書店)が面白いらしい。
レイクトラウトの最大の全長は1.5m、30kg以上。50年の生存記録あり。

鯖の缶詰を買ってみた↓。
2007-05-24p025.JPG

【本日のご宿泊者】
5名(日本人はのりさんだけ、韓国人4人)

【本日のお食事】
朝→ハンバーグご飯
昼→蕎麦
夜→鳥の唐揚げ

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月25日(金)[Fuji旅館越冬二十七泊目]

NHKの執筆。
っていうか二日遅れ。
どーして暇なのに、締め切りに遅れてしまうのか?
暇だと逆に時間がなくなるのは何故じゃ。

暇人のお料理教室<其の一>
アイスクリームを作ろう。
まず卵白をかき混ぜ、次に生クリーム、そして卵黄に砂糖を混ぜてかき回す。
この順番だと泡だて器を洗わなくてすむのだ。
バニラエッセンスがないので、コーヒーリキュール味にする。
美味い!

2007-05-28u050.JPG

のりさんに麻雀をご教授する。

祐子の変態ぶり。
ご飯にレモン汁をかけて食う↓

2007-05-25p026.JPG

【Fuji(藤)旅館の住所】
AV. JUAN D PERON (Calle 29) 2082
EL CALAFATE TEL/FAXアルゼンチン54(0)2902-4903-025

【アルゼンチン名物のアサードについてのご説明】
アサドは、塩で肉を、炭火で、パリージャ(金網)の上で焼く料理です。
アサドの牛肉は、アサド(アバラ肉)、バシオ(お腹の肉)、他、マタンブレ、エントラーニャ、鶏肉や、豚肉。
ソーセージは、チョリソー(豚肉の太いソーセージ)、モルシージョ(血入りのソーセージ)。
内臓は、モジェハ、リニョン(腎臓)チンチュリン(小腸)。
ここパタゴニア地方では、アサド・デ・コルデロ(子羊)が最高。

【本日のご宿泊者】
7名(日本人は2人、韓国人5人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→ざるうどん
夜→コロッケ

2007年05月26日(土)[Fuji旅館越冬二十八泊目]

義裕は仕事。

祐子はHPのフラッシュムービーの勉強と研究。

郵便局へ電話したら、月曜日に来いと言われる。
おーまーえーっ!

スーパーの肉屋で肉を切ってもらってたら、店員が思いっきりくしゃみをして、唾っていうんですか、痰っていうんですかね、白い塊を豪快に飛ばしてた。
見て見ぬふりは辛い。
そんな痰壷作業場に入って、牛肉の部位表の写真を撮る↓

2007-05-26p030.JPG

牛肉の部位表をまとめました!→

5名(日本人は3人、韓国人3人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→そぼろご飯
夜→ポトフ

管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月27日(日)[Fuji旅館越冬二十九泊目]

2007-05-27u033.JPG

義裕は仕事。
のりさんはパソコンで麻雀ゲーム。
一回も上がれなかったらしい。
それはそれである面スゴイ。

ベーコンは高いだけで、味はイマイチ。
焼くと酸い香りが漂う↓

2007-05-27u038.JPG

2007-05-27u044.JPG

祐子はHPのフラッシュムービーの研究と作成。

5名(日本人は3人、韓国人2人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→オムライス
夜→ステーキ(ビュフェ・アンゴスト)

2007年05月28日(月)[Fuji旅館越冬三十泊目]

強烈に寒い。
ノリさんを撮影してムービー作り。
冷蔵庫の前でポーズをとるのりさん↓

2007-05-28p034.JPG

イメージはウルトラセブン。
誰に頼まれたわけでもないけど公開を急ぎたい。
完成しました!→

スピーカー用にUSBの変換機を買おうとしたら2500円もするので、電池の充電器と電池を買う。

2007-05-30p071.JPG

が、間違って単三を四本も買ってしまった。
スピーカーに必要なのは、単四じゃん。
ショックで腰が抜けそうだった。
一瞬にして無駄になった電池↓

2007-05-30p074.JPG

韓国人宿の女将さんスサナに、日本からの荷物の件で税関へ電話をしてもらうようお願いする。
彼女が、夜、シャンパンを持ってきてくれてお喋り。
いいちこ風に撮影↓

2007-05-30p046.JPG

5名(日本人は3人、韓国人2人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→アンチョビパスタ
夜→三食丼(そぼろ、卵焼き、グリーンピース

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月29日(火)[Fuji旅館越冬三十一泊目]

昼間、散歩しながら温度を測ると5度。
寒い。
消えない道路の霜。

義裕は仕事。

『のりさんベスト』を作ろうとして、大騒動。
っていうかたいへんだった。
まずコピーソフトをネットで探すと、Mac用の日本語版は期限切ればかり。
で諦めて英語版"Podworks"をダウンロードする。

http://www.scifihifi.com/podworks/

で英語を解読してCDにコピーするけど、のりさんのCDプレーヤーで聴けない。
のりさんのCDプレーヤーはMP3が聴けない旧式、戦前型だった。
で、1ギガ以上のmp3をaiffへ変換。
変換するとデータ量が十倍に増えて、MACのHDがいっぱいになってしまった。
で、HDの空きを増やそうと、古いデータを捨てまくる。
で、で、なんとかCDにコピーして、念のためWindowsへ移すと、これまたWindowsのHDがいっぱい。
気ーがー狂いそう。
写真データをCDに焼いたりして、HDの空きづくり。
といったわけで、半日以上かかる。
全ての作業は祐子がした。
僕はうろうろするだけ。
こんな夫婦関係。

四並べをして遊ぶ。

2007-05-30p044.JPG

韓国人宿の女将さんスサナにリオガジェゴスの税関へ電話してもらう。
が休み。
寒い。
夜の温度は1.5度。
韓国のおばさんが遊びに来た。

6名(日本人は4人、韓国人2人)

【本日のお食事】
朝→そぼろご飯
昼→スパゲティボロネーゼ
夜→パキスタン風カレー

2007年05月30日(水)[Fuji旅館越冬三十二泊目]

のりさんがCDのお礼にワインとレモンリキュールをくれた。
いいちこ風に撮影↓

2007-05-30p052.JPG

韓国人宿の女将さんスサナにリオガジェゴスの税関へ電話をしてもらう。
税関が忙しくて、荷物が停まっている模様。
もうどーしていいのかわからない。

朝一番でNHKの電話取材。

義裕は仕事。

またアイスクリームつくる。
泡立ては疲れる↓

2007-05-30p060.JPG

あやちゃんと四並べをして連続して秒殺されるのりさん。
韓国人の青年強し。
義裕以外は全滅。
僕は対戦しなかった。

念願のギターの楽譜をネットで入手できた。
探してみるもんだ。
スピッツの曲のコードが知らないのばかりで苦労するも、
義裕がギターでのりさん絶唱。
音程があわない。

http://music.j-total.net/index.html

イーグルスの詩を探してたら、
ここは英語の曲の詩がわかる(残念ながらコードはない。コード付きがどこかにないかな)↓
http://music.yahoo.co.jp/lyrics/

NHKの執筆。

韓国人カップルが泊まってた個室の鍵が壊れる↓

2007-05-31p087.JPG

やがてドアも壊れる↓

2007-06-01p184.JPG

崩壊していく宿。

汚れが目立たないように黒い靴下を刷くが、こうなると貧乏くさい↓

2007-05-30p080.JPG

6名(日本人は4人、韓国人2人)

【本日のお食事】
朝→そぼろご飯
昼→スパゲティボロネーゼ
夜→パキスタン風カレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年05月31日(木)[Fuji旅館越冬三十三泊目]

義裕仕事。

子羊のバーベキュー、つまりアサード・デ・コルデロに挑戦。
今回のコルデロ(子羊)は、足4.5キロ。
ちなみに前回はあばら。
炭はあらかじめガス台であぶる作戦が功を奏して、完璧な出来だった。
美味かったぁ?。

2007-05-31p093.JPG
2007-05-31p171.JPG

とうとうというかやっとというかやれやれというか、日本からの荷物が届く。
というか、取りに行くんだけど↓

2007-05-31p096.JPG

感無量也。
蛇が入ってた↓

2007-05-31p111.JPG

DVDが一枚割れてた!
悲しい↓

2007-05-31p150.JPG

早速新しいトランプで大富豪大会。

6名(日本人は3人、韓国人2人)

【本日のお食事】
朝→カレー
昼→食ってない
夜→コルデロのアサード(子羊のバーベキュー)

2007年06月01日(金)[Fuji旅館越冬三十四泊目]

あやちゃんとケータ君(同業者、東京のデザイナー)が旅立つ。

2007-06-01p180.JPG

暇なので、義裕がウスターソース作りに挑戦する。
玉葱、にんじん、生姜、ニンニクをみじん切りにして、ホールトマトと水を入れてじっくりと煮る。
シナモンやらなにやら、あるものないものを突っ込み再び煮る。
醤油はもったいないし魚醤は売ってないしで、アンチョビを突っ込んでみる。
ちっともレシピどおりにいかないけれど、冷やしてジューサーにかけて、こして冷蔵庫へ。
あとは我慢して熟成を待つのみ。
早くトンカツが食いたい。

折からの強風でストーブの火が消える。
室内のストーブなのに、外の風で火が消えるとは納得がいかない。
火を覗くガラス窓が熱で変形して割れてしまってた。
耐熱性じゃないのか君?
缶ビールのアルミを貼って風を凌ぐ。

韓国人が鍵を持って行ってしまった事に気づく。
返してくれよ、それ一個しかないから…。

楽しみにしてた『lonely plenet Japan』を読み始める。

2007-05-31p114.JPG

もちろん英語だ!

深夜、頭が痒くて我慢できずシャワーを浴びる。
やわくなったもんだ。

日本から送ってもらったビューワーを兼ねたHDへ写真データをコピーする。

2007-05-31p143.JPG

大量にあって一晩では無理だった。

本日のご宿泊者4名(日本人が4人)

【本日のお食事】
朝→そぼろご飯
昼→スパゲティクリームソース
夜→豚肉のみそ焼き

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月02日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬35泊目]

この二年間、撮りまくった写真とビデオが約70ギガ。

とりあえず一箇所に集めねばわけわからん。(Windowsに二箇所、Macの外付けHD、CD-ROMに分散保存してある)
しかし70ギガのコピーって無茶苦茶時間がかかって、祐子はこの作業にしばらく忙殺される。

義裕は『lonely plenet Japan』をじっくりと時間をかけて解読。
暇ならではの読書。

のりさんと“四つ並べ”をして、とうとう引き分けてしまった。
弱かったのりさんが、一手ごとにぐんぐん強くなって、アルジャーノンと対戦しているようだった。

2007-06-02p025.JPG

早朝、NHKラジオに生出演。
僕はちっとも上手に話せない。
アナウンサーにはなれそうもない。

本日のご宿泊者4名(日本人が4人)

【本日のお食事】
朝→何食ったんだっけ?
昼→忘れた
夜→何だっけ?

2007年06月03日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬36泊目]

2007-05-29u064.JPG

義裕日記の整理。
義裕ビデオの編集。
義裕ギターのコード譜のダウンロード。
ザ・ブルーハーツ『1000のバイオリン』『TRAINTRAIN』『ラブレター』『青空』
斉藤和義『空の星が綺麗』『大丈夫』『歩いて帰ろう』
スピッツ『スパイダー』『ロビンソン』『運命の人』『海を見に行こう』『空も飛べるはず』『君が思い出になる前に』『涙がキラリ☆』

えーと、祐子は何をしてたんだっけ?

4/19 107マイル 

本日のご宿泊者4名(日本人が4人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→冷凍鱈を焼いてご飯
夜→親子丼

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月04日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬37泊目]

2007-06-04p003.JPG

朝、若者三人が旅立ち、とうとう宿泊客は“のりさん”だけになってしまった。
キリルの怪人“のりさん”と三人だけの奇妙な生活が始まる。
それはなんと言うか、思いがけない運命のいたずらなのか、神様の計らいか、誰かの恨みか、新しい世界への入り口か…。
なんせのりさんの外見は、なかなか強烈奇天烈爆裂破裂。
セメダインで固めたヘアースタイルとビンラディン張りの髭。
普通じゃない!
その迫力と醸しだす雰囲気に圧倒されて、日本旅館で見かけたとき、
「どうぞ、Fuji(藤)旅館に来ませんように」
と祈ったもんです。
それなのに今、蜜月。
実際は非常に常識的でいい人なんだけどね。
その昔、国境警備員に納豆を投げつけたらしいけど…。
毎食後、デザートにホットケーキを焼くコマメな人でもある。
そういえばキムチを漬けて、韓国人に美味しいと褒められてた。

郵便局で日本への手紙を投函。

そして食料の買出し。

2007-06-04p043.JPG

さらに警察へ。
盗難届けを出して保険会社用の書類を書いてもらう。
妙にイケ面の警察官は仕事は早いが、誤植だらけ。
ナイスガイだが仕事はできない。
胸板は厚いが、校正が出来ない。

夜『コント55号』のDVDを観てたら、寝てしまった。

宿は“のりさん”の貸切。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→初めての外食、ピザ
夜→ステーキ(ビフェ・デ・アンゴスト)

2007年06月05日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬38泊目]

カラファテ観光の必修は、ペーリートモレノ氷河なのである。
これは義務。
ここへ行かなければ、広島へ行って原爆ドームを見ないようなもんです。
来た意味なし。
で、のりさん。
ここに来て三週間経つがまだ行ってない。
しかもあと5日で今シーズンの氷河トレッキングと船のツアーが終了する。
頑張れのりさん!

朝、と言っても9時半ごろ、のりさんが陰気に曇った空を見上げ、
「今日は天気が悪いので、氷河は中止にします」
残り五日…。

井上陽水の『夢の中へ』は、逮捕時(家宅捜索?)の歌とは知らなんだ。
そう聴くと含蓄いっぱいの歌詞。
陽水っていい仕事するね。

ネットでギターのタブ譜を発見する。
驚いた、探してみるもんだ。

http://www.ultimate-guitar.com/tabs/

本日も“のりさん”の貸切宿。
まるで『タッチ』のような共同生活。
ちょと違うか。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→インスタントラーメン(飽きた…)

2007-06-05p020.JPG

夜→ポトフ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月06日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬39泊目]

朝、のりさんが暗い空を見上げ、
「今日も天気が悪い」
とつぶやき氷河を諦める。
あと四日…。

『lonely plenet Japan』を読むと、やたらと行きたくなるのが、1600年から変わらない侍の町、角館。
どんな町だ?

読書。
昼寝。

のりさんが『Love Me Tender』の歌詞をメモる。
無理矢理ギターのコードもメモさせたけど、興味がないらしい。
ちっ。

夜中、ブレイクダンスのイサオ君と頭がいいけど声がでかいリョー君、ご来宿。
2人とも、女の子にもてるだろうな。
そんな感じ。

本日のご宿泊者3名(日本人3人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→チャーハン
夜→義裕ステーキ(ビュフェ・アンゴスト)祐子ビーフシチュー

2007年06月07日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬40泊目]

朝一、のりさんが一面の曇空を仰いで、
「今日の天気もイマイチですね」
あと三日…。
行く気あるのか?

生肉を切り刻むのりさん。
何してんの?

2007-06-07p087.JPG

ユッケを作ってた。
生で食うつもりだよこの人。

2007-06-07p035.JPG

学生時代はカビも食べたって人は違うね。

深夜三時、韓国人のリーおじさん御来宿。
このリーさんには振り回された。
疲れるおっさんだった。

<リーさんの疲れる話 其の一>
朝早く氷河観光に行くからチャックインしたくないって、そりゃ無理でしょおっさん。
何しに来たの?
ここは荷物置き場じゃないってーの。
でも夜中に追い出すのは可哀そうだから、
「ベッドを使わないなら、今晩だけ特別に半額でいいよ。リビングだけね」
って約束したのに、勝手にベッドで寝てるし。

<リーさんの疲れる話 其の二>
朝7時半に、ペリートモレノへ出かけるって言ってたくせに、9時まで寝てるし。
11時にバスがあるよって教えたら、10分前までのんびり一服してるし。
そしてタクシーを呼んどくれって、もう遅いよ。
てくてく歩いて行ったけど、間に合わないんじゃないだろうか。
※リョー君の目撃談によると、リーさんはバスに遅れ、走行中のバスを電話で呼び戻したらしい。
すごいよおっさん。

<リーさんの疲れる話 其の三>
火事になるからストーブの上にモノを置かないでって言ったら、両手を広げて大げさにOK! OK!
でもふと見れば、豪快にズボンを置いてるし。
だーかーらー、置いちゃぁ駄目なんだって!
OK! OK!と返事はするけどズボンはそのまま。
なんだろこのおっさん。
懇願しても置くし、目を離したらまた置くし…。
頼むよおっさん。

<リーさんの疲れる話 其の四>
僕らの石鹸を勝手に使いやがって!
シャンプーも使っただろ!
正直に言え!

<リーさんの疲れる話 其の五>
ビールは売り切れたって言ってるのに、十五分おきに、
「ビールを下さい」
だーかーら、もうないってば!
何度も三度も四度も五度も、
「ビールを下さい」
だーかーらっ、もうビールはないの!

本日のご宿泊者3名(のりさん3人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→うどん
夜→コロッケと義裕の特製ソース

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月08日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬41泊目]

のりさん、灰色の空を仰ぎ見て、氷河を諦める朝。
あと二日…。

2007-06-08u023.JPG

DVD『風の谷のナウシカ』鑑賞会。
リーの字、酔っ払ってウルサイ。
何を言っているのかさっぱりわからん。

本日のご宿泊者4名(日本人3人+韓国人)

【本日のお食事】
朝→ハンバーグご飯
昼→缶詰とご飯
夜→鳥の唐揚げ

2007年06月09日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬42泊目]

のりさん、重い曇空を一瞥し氷河を諦める。
あと一日…。
明後日出発なので背水の陣かもしれない。

2007-06-09p088.JPG

本を読みながら、メモをとるのりさん。字が小さすぎる。

三人でアイスクリームを作る。
すっかり手なれたもんだ。
まずは生卵から。

2007-06-09p100.JPG

リーさんが韓国人宿へ引っ越す。
やれやれ。
コチジャンやら野菜やら、いろいろ忘れていったけど。

三人組の韓国人が来るが、リーさんを追って韓国人宿へ。

人間の実相を「もっと長いスタンスで、もっと遠くを見る」ように凝視する。
…って、何からメモしたのか思い出せない。
が、遠くを見ることが大切だと思う。
僕はどこを見ているのか。
足元のぬかるみか。

リョー君が持ち歩いてるNHKのテキスト『ラジオ スペイン語講座』で勉強。
他人の本は良く見えるのだ。

祐子は新しいHP作り。
フラッシュのプログラムに苦労している。
頑張ってくれ。
僕は助けてあげられない。

夜中、頭が痒くて眠れず。
シャワーを浴びる。
慣れない勉強をして脳味噌が活性化しているのが、痒みの原因でしょうか?
どうなんでしょう?

本日のご宿泊者3名(日本人2人+韓国人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→
夜→カレーライス

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月10日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬43泊目]

朝、久しぶりの快晴。
晴れ渡る青空。
輝く太陽。
のりさん、カラファテに来て30日目にしてようやくペリートモレノ氷河へ出かける。
満を持した甲斐有り。
待てば氷河の日和あり。
明日、出発なので壁際の観光。

もうあまり食いたくないインスタントラーメン。

2007-06-10p080.JPG

韓国人の青年が一度チェックインするけど、インスタントラーメンを三個も買って、韓国人宿へ引っ越す。
そりゃ、あんた反則だよ。
ここではインスタントラーメンはものすごく貴重なんだよ。

りーさん忘れ物を取りに来る。
コチジャンを持って行きやがった。
ちっ。

昨日に引き続き、NHKのテキストで勉強。
やっぱNHKだな。
進行に無理がない。

祐子はブレスレット作り( Jabooアクセサリ作品集→)とCD『のりベスト』作りに忙しい。

のりさんが手持ちのお金が乏しくなったのでブエノスアイレスへ戻ると言う。
それじゃぁのりさん、とお金を渡して、
「ブエノスアイレスへ行ったら中華街で生姜とか味噌とかトンカツソースとか、いろいろ買って送ってくんない」
当座のお金が手に入って、明日の旅立ちはあっさりと延期。
「不束者ですが引き続きヨロシク」
とご丁寧な挨拶をくれるのりさん。
「こちらこそヨロシク!」
と頭を下げる僕ら。

i-podで懐メロを聴いて夜。

夜、韓国人からこれから行きますと電話があったが、結局来なかった。

イサオ君のブレイクダンスを撮影する。
サスガ、ウマイ、カッコイイ。
そう言えばイサオ君は絵もウマイ。
少なくとも義裕の百倍以上。

本日のご宿泊者3名(日本人3人)

【本日のお食事】
朝→カレーライス
昼→うどん
夜→ステーキ(ビフェ・デ・アンゴスト)

2007年06月11日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬44泊目]

2007-06-11p090.JPG

雪。

窓の外へ出てみれば真っ白にぞ
カラファテの高嶺に雪は降りける

買い物。
下はスーパーへの道。

2007-06-11p013.JPG

スーパーの出入り口に張り込む犬。

2007-06-11p036.JPG

【モバイラーの悩みと対策と湧き上がる苦労】
Macフォーマットされているi-podをWindowsにしたい!
※i-podがWindowsに繋げないと知ったときはショックだった。
で、一度全てのデータ(46.31ギガ、7172曲もある)を外付けHDへ移さなくてはならない。
けど、その外付けHDもMac用なので、Windowsフォーマットしなくてはならない。
※外付けHDがWindowsに繋げないと知ったときはショックだった。
だから、その外付けHDもどこかに一度コピーしなくてはならない。
そんなのばっかし。
といった具合で、物事は一向に進行しない。
祐子はMacの外付けHDのデータを新しいHDへコピーし始める。
謎なのは、コピーするとファイル量が変わる事。
なぜ?
使えないファイル名(文字)を多用してて、コピーも遅々として捗らず。
どないなっとるねん。
気が狂いそう。

義裕はほぼ一日、日記。

2007-06-11p024.JPG

今晩のポトフは肉1キロ。

『もののけ姫』鑑賞会。

【Macフォーマットのi-podをWindowsフォーマットにする方法】
まずMacで、コピーソフトPodworksを使いi-podの曲を外付けHDへコピー(ドラッグアンドドロップ)。
i-podをWindowsに繋げて、Windowsフォーマットする。恐え?。
次にWindowsで、複製された曲データをitunesのソース欄へドラッグアンドドロップ。
最後にこれをi-podのアイコンへドラッグアンドドロップ。
46.31ギガ、7172曲。

本日のご宿泊者3名(日本人3人)

【本日のお食事】
朝→義裕はカレー。祐子は鯖缶
昼→ホットケーキ
夜→ポトフ(ドイツ料理でいうところのアイントプフ)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月12日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬45泊目]

リョー君が寝坊してパイネ行きのバスに乗れず。
チケットの払い戻しは無理だった。

祐子がひとりで電話とテレビの支払いに出かける。

のりさんから、ワインとカシスリキュールを頂く。
このカシスリキュールをヨーグルトにかけると美味い。
早速、いいちこ風に撮影。

2007-06-12p003%20%282%29.JPG

下の詩を読んで、南へ向かってはいけない!
Don't be afraid to try again.
Everyone gose south.
Every now and then.
You've done it, why can't someone else?
You should know by now.
You've been there yourself.

DVD『スターウォーズ エピソード・』鑑賞会。
あいにく英語版。
ちっ。

ワインに顔があってもいーじゃないけ。

2007-06-12p018.JPG

本日のご宿泊者3名(日本人3人)

【本日のお食事】
朝→ポトフご飯
昼→チーズフォンデュ
夜→親子丼

2007年06月13日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬46泊目]

外付けHDのデータを新しいHD“pict star”へコピーし続けて三日間。
疲れる。

リョー君が持ってきた旅の本。
ダイヤモンド社『絶対内定』!

2007-06-14p014.JPG

一瞬どんびき。
そして大受け!
普通これを持ってくるけ!?
しかも4年前に書いた、バインダーまで一緒に。
これだけは持って行かなければ、旅の意味がなくなると言ってるよ!
僕はこの本を大切にしてるんです!とも。
酢薔薇しい。
司馬遼太郎とサン・テグジュペリを捨て、持ってきた『絶対内定』。
何気に奥付の僕の名前を見せて、驚かす。
かなり喜んでくれた。
僕も満足。

地球のポイント オブ ノーリターン、不退転は2012年。
もう戻れない。
増え続ける二酸化炭素。

負の遺産
アウシュビッツ
ゴレ島(セネガル)
原爆ドーム

働けば自由になる「work shall set you free」や「work brings freedom」

アフガンのシャーリゴルゴラ
廃墟

『大魚は網を破る』
ってすばらしい言葉だと思ってメモったんだが、何がいいのかさっぱりわからん。
酔ってたか。

年上好きのリョー君の彼女に誰がいいか、と芸能人で例えていたら、山口ミエの顔が妙に見たくなって、しかし間違って山口リエでググる。
しばらく気づかないで眺めてた。
で、かつて友達に欲しかった“ガングロ”をググる。
たいへんなものが出てきてしまった。

Mac上での事。
一、i-podから外付けHDへのコピーが、一曲ずつしかできない。じゃぁ7,000曲のコピーは不可能じゃん。
二、名前で“?”があるとコピーできない。
以上二点を鑑みて、i?podのWindows化計画を断念する。
なんとかならんのだろうか?

本日のご宿泊者3名(日本人3人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→オムライス
夜→肉団子と義裕特製ソース

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月14日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬47泊目]

第三回アサード・デ・コルデロ開催。
ふと見れば、のりさんが肉全部をワインに漬けてしまってた。
だーかーら、パトゴニア風でいきましょうや。
って言ってももう遅い。
こらこらリョー君、塩かけすぎ。
炭火が弱かったか?
今回はイマイチだったかも。
包丁を握る若者。

2007-06-14p006.JPG


リョー君は明日香出版社の『おいしい失業アニュアル』の読者でもあった。
僕がデザインした告ると、またまた喜んでくれた。

ノゾエ氏のブログより
成長に必要なもの。
それは、素直な心。
他人からの指摘に反発することなく、素直に受け入れる。受容の心。

のりさんベスト6。
スネークマンショーがウケた。

チャールズ・ブコウスキー『ありきたりの狂気の物語』を読み終える。
酒を呑みたくなくなる。
林望『リンボウ先生 イギリスへ帰る』を読み始める。
なるほど玄関は関所ですか。

本日のご宿泊者3名(日本人3人)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→なし
夜→第三回アサード・デ・コルデロ(子羊の炭焼き)

2007年06月15日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬48泊目]

とうとう宿泊客全員が旅立つ。

そして誰もいなくなった。

冷蔵庫を覗けば、放置プレイの食材がぼろぼろ…。
生肉
冷凍ハンバーグ
ソーセージ
みかん
牛乳
部屋には、タオル、トレーナー。

誰もいない宿。

NHKの執筆。
宿から出ないので、ネタがなく苦労する。
締め切りは水曜日なのに…。

帳簿があわないじゃん。
損失補填39.95ペソ。
情けない。

2007-06-15p009.JPG

DVD『電車男 第一話/第二話』を観るぽ。
もこみちってどいつだろう?
正直、エルメスたんは好みではない。

宿泊客ゼロ(一日目)

【本日のお食事】
朝→ポトフご飯
昼→ホットケーキ
夜→アンチョビスパゲティ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月16日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬49泊目]

誰もいなくなって、気が緩み寝坊。

祐子と勉強会。
こんなものを作って勉強してみた。

2007-06-16p021.JPG

DVD『電車男 第三話/第四話』を観るぽ。
これは代官山のお店。
面白いかなぁ、ぽれ。

ドアに張り紙をしてスーパーへ。

2007-06-16p024.JPG

宿泊客ゼロ(二日目)

【本日のお食事】
昼→インスタントラーメンのうどん
おやつ→ホットケーキ
夜→ビュフェ・デ・チョリソ

2007年06月17日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬50泊目]

祐子と勉強。

2007-06-17p007.JPG

夜いきなし、韓国人宿“リンダビスタ”一家揃ってやってくる。
この人たちはいつも突然来る。
父の日だと言って、靴下をくれた。

2007-06-18p012.JPG

ちょうど履いていた穴のあいた靴下を見せて喜ばす。
アニータがDVDを持ち帰る。

DVD『電車男 第五話/第六話』を観るぽ。
エルメスたんの家、でかすぎるけ!

宿泊客ゼロ(三日目)

【本日のお食事】
朝→タルタルソースで鱈。ご飯とパン
昼→お蕎麦
夜→タルタルソースを作って鳥の唐揚げを食う

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月18日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬51泊目]

祐子洗濯。
義裕仕事。

英語、スペイン語の勉強に疲れたら、『SNOOPY』を読むj。
が、これも英語だ。

DVD『電車男 第七話/第八話』を観るぽ。
だんだん涙ぐんできた。
もちつけ!

宿泊客ゼロ(四日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→オムライス
夜→カボチャとひき肉の煮物

2007年06月19日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬52泊目]

真っ暗闇なのに、朝起きる感心な僕ら。
旅館業もたいへんだ。
客もいないのに…。
じゃ起きることないか!
9時過ぎて少し明るくなってきたところ。

2007-06-19p041.JPG

義裕、夕方までイラストしこしこ。
ペンがすぐに薄くなって描きにくい。

祐子、HPのフラッシュムービー作り。
Macromedia Flash8と終日格闘。
そーとー難しいらしい。

スペイン語の動詞カードを作ってやっと50枚。
50日で50枚ってーことは、一日一枚。
小学生以下の進み具合。
で、まだしかも現在形。
いつになったら過去を語れるのだろう。
もちろんいまだに未来も語れず。

DVD『電車男 第九話/第十話』を観るぽ。
だんだんエルメスたんが好きになってきますた。
ぼぼぼぼぼ…。
続けて観たいが、そこは我慢。
楽しみの節約。
ええええええ、エルメスたん。

宿泊客ゼロ(五日目)

【本日のお食事】
朝→アユム君が捨てていったハンバーガーでご飯
昼→ホットケーキ
夜→昨夜の残り、カボチャとひき肉の煮物

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月20日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬53泊目]

イラストレーターのヒロさんから、夕刊フジの件の打診あり。

「珍道旅」をボクが連載している新聞コラム(夕刊フジ)に紹介したく思います。

mae.gif

と掲示板にメッセージ。
密かに喜ぶ。
夕刊デビュー。

DVD『電車男 第十一話/第十二話』を観るぽ。
最終回ともうひとつの最終回だった。
毎晩楽しみにしていたのに。

2007070717.jpg


深夜、謎の銃声?
花火には聞こえない。

宿泊客ゼロ(六日目)

【本日のお食事】
朝→カボチャとひき肉ご飯
昼→焼きうどん
夜→カレー

2007年06月21日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬54泊目]

夕刊フジの件だけど、
どーもヒロさんが勘違いしているような…。
僕は団塊の世代じゃないし、それに近い年齢でもない。
そんな老人ではない。
もっとずーっと若い。

DVD『電車男 デラックス最後の聖戦』を観るぽ。
見慣れるとかわいい。

2007070721.jpg

義裕は勉強と仕事と昼寝。

祐子は相変わらずフラッシュムービーの独習。

宿泊客ゼロ(七日目)

【本日のお食事】
朝→カレー
昼→二日続けて焼きうどん
夜→和風ビーフシチュー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月22日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬55泊目]

祐子のフラッシュムービーの勉強。
写真を動かしたい。

う、動いたじゃん。

DVD『キング・コング』を観る。
ピーター・ジャクソン監督ってどうよ。

upj01.gif

セントロへ買出し。

宿泊客ゼロ(八日目)

【本日のお食事】
朝→和風ビーフシチュー
昼→ホットケーキ
夜→ビュフェ・アンゴスト

2007年06月23日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬56泊目]

祐子のフラッシュムービーの研究成果。
たくさんの写真が動く。
次は写真を刺激して大きくしたい。
祐子にできるかな。

ヒロさんの夕刊フジは駄目だった。
僕らが若すぎた。
トホホ…。

勉強すると頭が痒くなる。

勉強、仕事。
祐子はフラッシュムービー。

DVD『ダブルマックス』
主演監督ウォンカムラオは、ピーター・ジャクソンより全然いい。

2007-06-23p200.jpg

林望『リンボウ先生 イギリスへ帰る』を読み終える。
イギリスで骨董品に囲まれる生活っていうのも悪くない。
金さえあれば。

宿泊客ゼロ(九日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→蕎麦とお餅
夜→ビュフェ・アンゴスト

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月24日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬57泊目]

祐子のフラッシュムービーの研究成果。
カーソルで写真を刺激すると、大きくなった。
すごい。

風強し。
DVDでドラマ『TRICK』を観る。
第二話、後半のDVDがないじゃん。

%E4%BD%9C%E5%93%812.jpg

義裕仕事。
のりさんがブエノスアイレスの中華街で買いこんでくれた荷物を受け取りにバスターミナルへ。
しかし未着。
残念。

夜中、祐子とギターでカラオケ。
狂ったようにひいても全然近所迷惑にならない。
拓郎とかかぐや姫とか…。
林檎は無理みたい。

のりさん、次会うときは歌おう!

宿泊客ゼロ(十日目)

【本日のお食事】
朝→卵焼きご飯
昼→ホットケーキ
夜→自作チャーシューでご飯

2007年06月25日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬58泊目]

祐子のフラッシュムービーの研究成果。
カーソルで刺激すると、動く写真が大きくなる。
すごい!

ぜひカーソルで写真を触ってね。

仕事。
DVDでドラマ『TRICK』を観る。
なかなか面白い。

photo02.jpg

ブエノスアイレスからの荷物を受け取る。
のりさん、ありがとう。
ゴマ油が震えるほど嬉しい。
のりさんセレクトの味噌が痺れるほど喜ばしい。
感謝感謝。

2007-06-25p006.JPG

昔、デザインした本も入ってた。
懐かしい。

024386250000.jpg

宿泊客ゼロ(11日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→焼きうどん
夜→二晩続けてビュフェ・アンゴスト(ステーキ)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月26日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬59泊目]

DVDでドラマ『TRICK』を観る。
明日は最終回だ。
どんどんDVDがなくなる。
寂しい。

photo01.jpg

祐子にFC2ブログを研究してもらう。
これで情報系のHPに変身する魂胆なのだ。
やすくんに馬鹿にされないように!
これが情報だ!→

祐子はときどき指輪作り。
Jabooアクセサリ作品集→

坂木君が日本から送ってくれた北尾トロ『危ないお仕事!』を読み終える。

2007-06-28p001.JPG

続けて坂木君が送ってくれた北尾トロ『裁判長! ここは懲役4年でどうすか』

2007-06-28p007.JPG

これは読んだことがあると思うんだけど…。
だけど読み始めても記憶が蘇らない。
頭が悪すぎるのか。
ボケかな。

宿泊客ゼロ(12日目)

【本日のお食事】
朝→パン
昼→チーズフォンデュ

2007-06-26p004.JPG

夜→豚の生姜焼き

2007年06月27日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬60泊目]

もう冬眠して60日だよ。
早い早すぎる。

パンは2本で30円くらい。

2007-06-27p006.JPG

祐子、フラッシュムービーの謎を解くことができるか!?
小さい画像が大きい画像の下で見えないんですけど…。

DVD『TRICK』を観る。

photo03.jpg

宿泊客ゼロ(13日目)

【本日のお食事】
朝→チャーシューご飯
昼→チーズフォンデュ
夜→二晩続けて豚の生姜焼き

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月28日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬61泊目]

朝、起きるのが辛い。
うかうかすると9時半。
起きるのが辛いというより、眠い。
起きるためのモチベーションが不足している。

祐子、フラッシュムービーの謎を解く。

DVD『TRICK』を観る。
涙の最終回。
そしてたぶん3-4年前の『堂本兄弟』。

宿泊客ゼロ(14日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→チャーシューの煮汁スパゲティにピクルスをちょい混ぜ
夜→親子丼

2007年06月29日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬62泊目]

ネットでニュースを動画で見ようとしたら、

日本国内のユーザーではありませんので視聴できません。

ときた。

で次に、GyaOの無料映画をダウンロードしようとしたら、

再び、日本国内のユーザーではありませんので視聴できません。

%E4%BD%9C%E5%93%811.jpg

ときた。
悔しい。
期待させやがって!

義裕のスペイン語の単語カード229枚に増える。

教えてgoo!に質問。

PDFデータが縮小されて印刷されるのは、何故?
かなり小さい。

トイレの電球が切れた。

トイレの水が溢れた。

DVD『カンゾー先生』を観る。

images%5B1%5D.jpg

宿泊客ゼロ(15日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→チャーシューの煮汁スパゲティにピクルスをちょい混ぜ
夜→ビュフェ・アンゴスト

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年06月30日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬63泊目]

朝起きたら停電だった。

スーパーに並ぶ野菜。
辞書で調べるとタピオカらしいが、どーやって食えばいいのか?

2007-06-30p005.JPG

DVD『いま、会いにゆきます』を観る。
祐子泣くな!

ima.jpg

今週、とうとうNHKの原稿を書かなかった。
ネタがない…。

2007-06-30p007.JPG

宿泊客ゼロ行進(16日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→お蕎麦
夜→コロッケと特製ソースにウスターソース混ぜ

2007年07月01日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬64泊目]

夜、御呼ばれして韓国人宿リンダビスタでご馳走になる。
祐子がプリンを作って持参する。

義裕、FC2のブログに入稿作業。
目指せ情報系HP!
これが情報だ!→

窓の向こうに鳩。

2007-07-01p009.JPG

宿泊客ゼロが続く…(17日目)

【本日のお食事】
朝→コロッケご飯
昼→ホットケーキ
夜→韓国人宿リンダビスタで食事。ジャージャー麺ほか

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月02日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬67泊目]

9時過ぎに起きて、10時までに朝食を済ます。
10時から一時間、祐子先生のスペイン教室。
11時から一時間、義裕先生の英語教室。
以後、自由時間。

祐子は刷新HPのフラッシュムービーに悪戦苦闘。

韓国人の旅人より問合せの電話あり。
けど、結局来なかった。

初めて小麦粉からカレーを作る。
4時間もかかって非常に疲れた。
疲れたわりに普通のカレー味。
苦労が報われたのか報われなかったのか?

晩飯後、FC2のブログ入稿。

宿泊客ゼロよ続け!(18日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→チャーハン
夜→カレー

2007年07月03日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬68泊目]

10時半からスペイン語。
11時半から英語。
昼食後、自由時間。

3時半、郵便局へ。
食料品の買出し。

2007-07-03p003.JPG

DVD韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い 1,2,3話』を観る。

001.jpg

窓の外は雪。

寝る前にメールをチェックしようとしたら、あれれっ、ネットが通じない!
電話を取るとスペイン語の自動音声。
どうやら電話を止められたようです。
何故?
お金は払っているのに。

宿泊客ゼロ(19日目)

【本日のお食事】
朝→昨日の残りのチャーハン
昼→醤油スパゲティ
夜→昨夜のカレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月04日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬69泊目]

八時半起床。
電話は昨夜のままで通じないが、ネットは何故か復旧。
謎が深まる。

雪道をとぼとぼと電話会社へ歩く。

2007-07-04p008.JPG

外は吹雪。
寒い。

電話会社のミスで電話を止められたわけだが、宿に戻っても電話は止まったままだった。
どーなってんだろう?

義裕は仕事、NHKの執筆。

DVD韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い 4,5話』を観る。
何故か6話が再生されない!

06a.jpg

宿泊客ゼロ(20日目)

【本日のお食事】
朝→カレー
昼→ホットケーキ
夜→ビュフェ・チョリソ

2007年07月05日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬70泊目]

祐子、電話会社へ。
電話が復活。
祐子、フラッシュ作り。
健ちゃんに質問メールを送る。
義裕は仕事。
DVD韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い 7,8話』を観る。
DVDの調子が悪く(?)、あれこれ試すが第6話が観れない。
これから毎日、DVDで再生で悪戦苦闘する。

09a.jpg

たいへん寒い一日。

宿泊客ゼロ(21日目)

【本日のお食事】
朝→カレー
昼→醤油味のスパゲティ
夜→豚の生姜焼き

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月06日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬71泊目]

朝一番、トイレの水洗が壊れる。
つまり水を流すレバーの留め金が行方不明。
爪楊枝でしのぐ。

DVD韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い 10,11話』を観る。
第9話が見られず。

12b.jpg

一日二千枚の写真を撮る変態、田中君からメールがきた。
この宿に向かっているらしい。
とりあえず来週末から旅行に出るので、「来るな!」と返信する。
メキシコ以来、一年半ぶりの田中君の成長が楽しみだ。

MT-keystrokesプラグインの導入して、HPへのジャンクメールを撃退。
みごとに壊滅させる。
素晴らしい成果に乾杯。

宿泊客ゼロ(22日目)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→オムライス
夜→親子丼

2007年07月07日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬72泊目]

義裕は仕事。
祐子はHPのフラッシュ作り。

あー、とうとうお客さんが来てしまった。

DVD韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い 13,14話』を観る。
第12話が見られず。
三話に一話が見られないDVD。
気が狂いそう。

15a.jpg

宿泊客2名(夫婦一組)

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→トマトスパゲティ
夜→そぼろ三色どんぶり

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月08日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬73泊目]

DVD韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い 14,16話』を観る。
第15話が見られず。
 
ぼちぼちと勉強。

食料品の買出し。
チーズが旨い。

2007-07-08p005.JPG

宿泊客2名(夫婦一組)

【本日のお食事】
朝→そぼろご飯
昼→アンチョビスパゲティ
夜→ビュフェ・チョリソ

2007年07月09日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬74泊目]

DVD韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い 17,19話』を観る。
第17(途中まで)18話が見られず。

スペイン語、“線過去”に突入。

ブエノスアイレスが89年ぶりに雪が降ったらしい。
ここはけっこう暖かい。

宿泊客2名(夫婦一組)

【本日のお食事】
朝→そぼろご飯
昼→うどん
夜→小麦粉からカレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月10日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬75泊目]

午前中、しこしこと勉強。
HPの更新。

毎晩楽しみにしているDVD『宮廷女官チャングムの誓い』。
しかーし大きな問題がある!
三話に一話の割合で再生できない
つまり三分の一が観られない。
事件が起きるが、解決されるところが見られない。
ストレスで胃が痛む。
これをなんとか解決するのだ!

宿泊客2名(夫婦一組)

【本日のお食事】
朝→カレー
昼→アンチョビスパゲティ
夜→冷凍しておいたコロッケ

2007年07月11日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬76泊目]

義裕、朝、吐き気。
昨夜、ワインの飲みすぎか。
チーズの食いすぎか。
それとも菓子?
午前中、寝て過ごす。
勉強しなかった。

祐子は指輪作り。
Jabooアクセサリ作品集→

お客さんがいなくなったので、上半身裸になり、黒いビニール袋をまとい、リビングの真ん中で床屋さん。

2007-07-11p001.JPG

散髪が上手になった祐子。
手に職。

昨日に引き続き、観られないDVD『宮廷女官チャングムの誓い』を復活させるべく汗と涙の奮闘記。

『宮廷女官チャングムの誓い』を諦めて、映画『フラガール』を観る。

%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg

舞台は昭和40年。
ボクが生まれた年だ。

再び宿泊者ゼロ。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→カレー
夜→昨夜の残りのコロッケ

2007年07月12日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬77泊目]

義裕、仕事。
祐子、髪染め。

明日の旅行の準備。
蟹を求めて南へ下るのだ!

%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA.jpg

宿泊者ゼロ2日目。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→うどん
夜→鶏肉の唐揚げ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月13日(金)[カラファテ→プエルト・ナタレス]

蟹を求めて、旅行中だけど、旅行に出かける!

ドアに休館のお知らせを貼って(Fuji旅館のHPではひと月前から予告済み)、
ストーブは全て種火にして(どーせ帰ったら消えてるだろうけど)、
洗面所の水をすこーしだけ出しっぱなしにして(凍結防止。
けどそんなことをしなくてもトイレの水がずーっと流れっぱなしだけどね)、
施錠して(地下の扉に鍵がかかんないじゃん)、
蟹鍋を作るために味噌を抱えてバスターミナルへの暗い道を急ぎ、
8時半のバスに乗り南へ揺られて5時間。

国境を越えてチリへ入り、寒?いプエルト・ナタレスへ。

路面は冷たく濡れて泥ろろん。
空一面は重ーい白。
トタンを継ぎ接いだ壁。
傾いて腐りかけた塀。
上目遣いの犬。

2007-07-13p010%20300x400.JPG

明日のパイネ国立公園の予約。
流氷の中をカヤックしたかったが、季節ガラ断られる。

外は寒いが部屋も寒い。

【本日のお食事】
朝→おにぎり
昼→海の幸スープ
夜→義裕は連続して海の幸スープ。祐子はサーモンのバターソース

2007年07月14日(土)[プエルト・ナタレス二泊目]

2007-07-14p070%20400x299.JPG

パイネ国立公園へ。
天気ぼちぼち。
寒さ厳しく厚着でしのぐ。
タイツにスウェットにズボン。
雲ぼちぼちで峻険な山々美しく。
流氷妖しく青い。
マーベラスな世界。
笑うな狐!

2007-07-14p049%20400x299.JPG

部屋が寒い。
寒すぎる。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→お菓子
夜→義裕は三連続の海の幸スープ。祐子も海の幸スープ。

2007年07月15日(日)[プエルト・ナタレス→プント・アレーナス]

祐子、朝から咽喉痛し。
義裕、頭がやや痛し。
風邪か。
この部屋は寒いもんな。

蟹を求めて、さらに南へプント・アレーナス。

日曜日なのでインフォメーションが休み。
理解できないなぁ、日曜日こそのインフォメーションじゃないの蟹?
地図がなくて宿探しもままならず。
そーこーしているうちに日が暮れる。

蟹を求めてスーパーへ行くが、蟹どころか魚介類が全然ないじゃん。
がびぃーん。

蟹はどこ?

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食(なぜかスクランブルエッグがなかった)
昼→お菓子
夜→インスタントラーメン

2007年07月16日(月)[プントアレーナス二泊目]

インフォメーションは今日も休み。
どーやら今日は祭日らしい。
祭日こそのインフォメーションじゃないの

宿のおっさんに
蟹はどこに売ってるの?って訊いたら、
あっさりと売ってないってさ
おいおいおいおい。
だって先週田中君が5キロも買って食って飽きたって言ってんだよ。
売ってないわけないべさ。

いったい蟹はどこに売っているんだろう?

宿のおっさんが出入り業者に電話して、明日蟹を持って来させるって豪語したけど、翌日結局誰も来なかった。
そんなもんだよラテン人。

しかたがない。
グーナイ君がデジカメをわざわざ買い求めたっていう免税店街へでもいきましょ。
欲しいものがないので免税でなくてもいいんだけど。

この中中国製のゴーカード20万円。
ほしい...。

2007-07-16p005%20300x400.JPG

カラファテで買えない食材、タコ、イカ、ホタテもどきの缶詰をばこばこ買い込む。
ついでにベーコン、チーズもGET!
問題は、これらの食べ物をアルゼンチンに持ち込めるのか?
税関が厳しかったら没収だろうか?

【本日のお食事】
朝→ホテルのパン
昼→義裕はピザ。祐子はにんじんばっかりの海の幸スープ
夜→冷凍貝類を突っ込んで味噌仕立てにした塩ラーメン

2007年07月17日(火)[プンタ・アレーナス三泊目]

pokinちゃんのアドバイスに従って、蟹を求めて海岸へ。
何気にレンガ色の建物を見たら、トラックから降ろされる大量の蟹。
蟹、かに、カニ。
どーやらここは蟹の缶詰工場らしい。
事務所に掛け合うが、売ってもらえず。
まぁそーだよな。
譲ってくれそうな雰囲気じゃないもんな。
ヨーロッパに輸出するそーだ。

路上の魚屋で、ダメ元で蟹はないのって訊いたら、意外や意外、車の中から蟹の肉の詰め合わせがドーン。
一キロ8,000ペソ(16ドル)。
肉だけの値段だから悪くないよね。
でもやっぱ蟹の甲羅とかもほしいから、買わずに去る。
そしてやっと見つけた魚屋で、同じものが10,000ペソ(20ドル)。
先の無店舗販売の方が安い。
これは道理。
それとも鮮度が悪いのかな?

2007-07-17p008.JPG

しかーしここの魚屋の親父が目の前で裁いているウニも食べたい。
ウニの詰め合わせ1キロ3,000ペソ(6ドル)。
蟹は明日っていうことにして、ウニを買ってしまった。
2人では食べ切れそうもないから、ウニをぶら下げて田中君の宿を表敬訪問。
ちょうど食事時で、逆にスパゲティとスープをご馳走になる。
休む間もなく、うに丼も作ってもらったりして…。

2007-07-17p007.JPG

【メキシコのプエブラ以来、二年ぶりに会う田中君のお話】
その一、エクアドルのキトで彼女ができた
その二、キューバで睡眠薬強盗に遭って、道路に捨てられてた
その三、タクシーに置き忘れたカメラを運転手の家まで押しかけ奪い取った
その四、グァテマラで撮影してはいけない民族を撮ってカメラを没収され、二週間通い詰めカメラを返してもらった
その五、メキシコのペンションアミーゴに荷物を置いたまま
その六、親父さんが、盗難が不安でクレジットカードをアルゼンチンに郵送してくれない
その七、コロンビアで祐子も会った日本の青年が薬で死んだらしいこと。

【本日のお食事】
朝→ホテルのパン
昼→スパゲティ、うに丼
夜→うに丼

2007年07月18日(水)[プンタ・アレーナス四泊目]

しとしとと冷たい雨。
とぼとぼと蟹を買いに出かける。
1キロで7,000ペソ(14ドル)だった。
昨日より安い。
傘が壊れたので捨てる。

食っても食っても蟹。
味噌味の蟹鍋。
確かに飽きる。

2007-07-18u015.JPG

仕事少々。

ギャビン・ライアル『深夜プラス1』を読み終えて思うに、この手の“すぐれたエンターテインメント”はどーも。

【本日のお食事】
朝→ホテルのパン
昼→蟹三昧の味噌鍋
夜→同上

2007年07月19日(木)[プンタ・アレーナス→プエルト・ナタレス]

チオ・ガジェゴス経由で帰ると宿代がかからなくて結果的に安い!
と判断したわけだが、チケットが買えなかった。
で、不本意にもプエルト・ナタレス経由。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→焼きおにぎり
夜→海の幸スープ

2007年07月20日(金)[プエルト・ナタレス→カラファテ]

DVD『ゲド戦記』を観る。
まぁ、ぼちぼち。

NHKの執筆。
夜、上野亭より電話。
ウシュアイアより自転車青年が来るかも。

スイス人の行方不明者。

clem.jpg

【本日のお食事】
朝→ホテルのパン
昼→なし
夜→ステーキ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月21日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬79泊目]

HPの刷新作業。
HPで使える世界地図のサイト探し。
皆、どこで見つけるのだろう?
全然、いいのが見つからない。

DVD『涙そうそう』を観る。
二時間ドラマ程度の出来。

深夜二時に、韓国人宿のリンダビスタからの電話で起こされる。
明日、韓国人のお客さんが来るのか?
そー言ってる気がするが、
よーわからん。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→ほたるいかの缶詰
夜→ホタテに似た缶詰

2007年07月22日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬80泊目]

朝、激しいノックで叩き起こされる。
ドアの外に人が寝てた。
自転車青年のリョーゾー君、夕べは野宿してたそうだ。
えーと、僕らのせいかな。
すまない。

懐かしい韓国人青年、チェイソンが遊びに来る。
祐子とチェイソンが買い物へ。

祐子は、HPのリニューアル。
義裕は、gifアニメ作りに夢中。
旅々、漫々。→

本日の宿泊者一名

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→義裕の新作スパゲティ
夜→親子丼

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月23日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬81泊目]

HPの刷新作業。

“Gif Buider”をMACにインストールする。
これでますますアニメ作りに夢中。

本日の宿泊者一名

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→昨日と同じ新作スパゲティ
夜→カレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月24日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬82泊目]

祐子、風邪で寝る。
fc2ブログの原稿入稿。

ケータイ小説『新宿物語』
を読み始める。
たまらない...。
ちょと震えがくる。

日本旅館のpokinちゃんからプレゼントが届く。
感謝。
ほとんど全部『★★★』というのはどうでしょう。
試しに見てみると面白い。
嬉しい。

フィリップ・K・ディック『マイノリティ・リポート』
「世界をわが手に」の世界球って。

本日の宿泊者一名

【本日のお食事】
朝→缶詰とごはん
昼→昨夜のカレー
夜→昨夜のカレー

2007年07月25日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬83泊目]

祐子は頭痛。
午前中、寝てる。

義裕、アニメ作りに精が出る。

DVD『マイボス マイヒーロー』5話連続視聴。
疲れるが面白い。

11360157850258.jpg

ネットの調子が悪い。
原因不明。

ふたたび宿泊客ゼロ

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→インスタントラーメン

2007-07-25p011.JPG

夜→カボチャそぼろご飯

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月26日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬84泊目]

DVD『マイボス マイヒーロー』4話連続視聴。
あの、最終話がないんですけど…。

kashii_yuu47.jpg

宿泊客ゼロ2日目

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→オムライス
夜→コロッケ

2007年07月27日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬85泊目]

買い物。
腐れ玉葱ばかり。
大根発見。
郵便局へ。

2007-07-27p002.JPG

FC2ブログ“旅々、漫々。”作り。
旅々、漫々。→

DVD『シモーヌ』。

宿泊客ゼロ3日目

【本日のお食事】
朝→コロッケとご飯
昼→ホットケーキ
夜→コロッケとカボチャスープ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集中!
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月28日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬86泊目]

朝、停電。
暗くてナスコトなし。

久しぶりに勉強。
祐子はHP作り。

晩飯の大根が嬉しい。

映画『タイヨウのうた』を観る。

uta.jpg

宿泊客ゼロ4日目

【本日のお食事】
朝→コロッケご飯
昼→スパゲティ義裕スペシャル
夜→大根、鶏肉、卵でおでん

2007年07月29日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬87泊目]

勉強二日目。
祐子はHP、指輪作り。

DVD『水曜どうでしょう』をずーっと観る。

宿泊客ゼロ5日目

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→ソーメン

2007-07-29p003.JPG

夜→ビーフシチュー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集中!
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年07月30日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬88泊目]

北海道からの郵便物が届かないので郵便局へ。
税関からの通知が、机の上に放置されてた。
これで税金を払わないと、荷物がカラファテに届かない。
よって荷物は10日後の受け取りの模様。
配達してくだいな、それくらい。
郵便事情悪し。

仕事。

citybankへ電話。
投信の確認をするが、やっぱよくわからん。

祐子、義裕のズボンを繕う。

DVD『水曜どうでしょう』をずーっと観る。
笑う。

毎晩ブルーチーズを食ってるからか、
ワインを飲むからか、
チョコばっかり食うからか、
ステーキ三昧だからか、
トイレより遠くへ歩かないからか、
肥満。

2007-07-30p010.JPG

春に向かっている気がする。

宿泊客ゼロ

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→ソーメンとお餅
夜→ビーフシチュー

2007年07月31日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬89泊目]

9時には明るい。
春近し。

義裕、自主的にダイエット開始。
かなりやばい。

小松正之『クジラは食べていい!』を読み終える。
憎っくきIWC。

テレビを観る暇なし。
どーしてか忙しいカラファテの日々。

宿泊客ゼロ

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→ハンバーグ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月01日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬90泊目]

代わり映えのしない毎日。

買い物に出かける。

DVD『水曜どうでしょう』で笑う。

義裕は食事制限中。

宿泊客お一人様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→ステーキ

2007年08月02日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬91泊目]

2007-08-02p013%20300x400.JPG

、トイレの配管が詰まる。
祐子が直す。

、トイレの配管が詰まる。
祐子が直す。

働き者の祐子。

祐子が新作写真ブログ“ おちてぶ”と“ Jabooアクセサリ作品集”作成にかかる。
写真を角丸にするソフト、“角丸君”をダウンロード。

義裕ダイエット中。
NHKの執筆。

宿泊客お一人様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→親子丼

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月03日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬92泊目]

南極で投函した葉書が、北海道東川に着いたと連絡あり。
半年もかかった。
南極と北海道は遠い。

祐子、洗濯、掃除、ブログ作り。

北杜夫『奇病連盟』を読み終える。
山本文緒『プラナリア』を読み始める。
これはこれで面白い。

義裕は肥満なので食事制限中。

宿泊客お一人様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→オムライス
夜→三色丼

2007年08月04日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬93泊目]

祐子、終日ブログ作り。

義裕、買い物。

柳美里『グリーンベンチ』を読み終える。

宿泊客お一人様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→鳥スープ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月05日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬94泊目]

義裕、仕事。
オランダ人パウルの目の下の脂肪除去手術のビデオ編集。
これはグロイです。
そーとー、いけます。
タビタビ、動画→

義裕は減量中。
つらい。
食べても食べても太らない強靭な身体がほしい。

夜、風強し。

宿泊客お一人様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→昨日の鳥スープ

2007年08月06日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬95泊目]

パイネの藻屑になったと思われたヒロ君とアスカちゃんが御来宿。
珍しくというか、韓国人以外の初めての外国人、アルゼンチン人のセバスチャンも御来宿。

久びりに賑やかな夜を過ごす。
セバスチャンがアスカちゃん特製のユッケを食らう。

指輪の撮影は難しい。
Jabooアクセサリ作品集→

2007-08-06p003%20400x299.JPG

宿泊客お5名様(うちアルゼンチン人ひとり)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→牛肉を二時間じっくり煮込んだビーフシチュー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月07日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬96泊目]

義裕、体調悪く夕方まで寝てる。

お客さんが来て寝込むとは、親戚が大勢来てはしゃぐ子どものようで情けない。

宿泊客5名様(うちアルゼンチン人ひとり)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→夕べのシチュー

2007年08月08日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬97泊目]

石油王マナブ君の撮影。
これはHPの新企画“勝手広告”用。
10月には帰国してオイルマネーに挑むマナブ君にお願い。
→会社案内、HPのご用命は僕らまで

地元アルゼンチン人セバスチャンによるアルゼンチン流アサードの夜。
アサード用サルサ、特製チミチュリが非常にイケタ。

お陰様でチョリパンがぐっと美味くなった。
しかも嫌いだったモルシージャも悪くなかった。
これは皮は食べないらしいぞ。

セバスチャンひとり、すっかり酔っ払う。

宿泊客5名様(うちアルゼンチン人ひとり)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→アサード

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月09日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬98泊目]

買出し。
郵便局。

徳永真一郎『賤ヶ岳 七本槍』読了。

宿泊客3名様(うちアルゼンチン人ひとり)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→ステーキ

2007年08月10日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬99泊目]

漫画しこしこ。
NHK執筆。

ヒロ君とアスカちゃんの話を聞いていたら、
一、10月以降はブラジルか!
二、パラグアイの究極の宿、ペンション園田か!
三、しかし近視矯正手術を受けたい!
四、ジュンコさんの今の旦那は誰だ?
五、ショーゾー君のモノマネは簡単だ
六、南米にガクさんが2人いる

宿泊客2名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→オムライス
夜→鳥の唐揚げ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月11日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬100泊目]

揺揺と雪。

昼寝は人生の根幹である。
昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういうわけだ。
というわけで、義裕は昼寝。

祐子はHP作り。

午後、停電。
夕暮れは薄ぼんやり。
小皿に油をたらし、小糸に火を燈し、明かりとする。
いとおかし。

いよいよ暗くなり、窓の外を眺めれば、なぜか向かいの家は明るい。

2007-08-11p043.JPG

隣の家も明るいし。
外のブレーカーが落ちてた。
どーして?

池波正太郎『西郷隆盛』を読み終え、西郷ファンになり候。
西郷隆盛、享年51歳。
郷ひろみ51歳。

宿泊客2名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→得意の小麦粉炒めカレーライス

2007年08月12日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬101泊目]

夜、藤原竜也と石坂浩二が犯人だった『古畑任三郎』を観る。

宿泊客2名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→昨夜のカレーライス

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月13日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬102泊目]

朝靄を眺め朝食。
やがて、雪とける。

アスカちゃん推薦の『ダ・ヴィンチ・コード』(上・中・下)を読み終え、
引き続きアスカちゃん推薦の綾辻行人『十角館の殺人』にかかる。
綾辻のほうが巻を措く能はず。

宿泊客2名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→オムライス
夜→鶏の唐揚げ

2007年08月14日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬103泊目]

そろそろ北海道から、母の愛が届いているかと期待して郵便局へ。
しかしやはりいつものように荷物を受け取れず。

2007-08-14p040.JPG

晩飯は、ヒロ君とアスカちゃんを真似た、鳥の丸ごと蒸し。
意外といけますわ。
新メニューとして追加。

ポン酢をつくれるようになりました
安物のビネガーに醤油を足すだけで、さっぱりポン酢の出来上がり。
白菜が手に入ったら、鍋にしよう。

宿泊客三名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ(ヨシスペシャル)
夜→鶏の一羽丸蒸しに挑戦

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月15日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬104泊目]

アスカちゃん、ヒロ君同伴でウプサラ氷河ツアーへ出かける。

2007-08-15p112.JPG

スパガッツィーニ氷河は、流氷漂い、南極の如く。

2007-08-15p253.JPG

ウプサラ氷河は、あまり近寄れないのが残念。
オネリ湖は凍り、残された流氷の群れ群れを前に、持参のおにぎりを食らう。

2007-08-15asuka031.JPG

夜、宿一番の人気のコルデロのアサード開催。

【噂話】グァテマラの中村さんはやばいんちゃう?

夜、宿のパソコンが死ぬ。
立ち上がらなくなってしまった。
電気が通じていない様子。
電源ユニットの故障ではないだろうか?
決してひつこいヒロ君のせいではないと思う…。

宿泊客三名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→おにぎり
夜→コルデロのアサード、チョリソ、モルシージョ、牛肉、サラダ

2007年08月16日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬105泊目]

漫画ブログ“旅々、漫々。”の入稿に忙しい。

これが“旅々、漫々。”だ!→

ヒロ君から指輪とネックレスを受注。
彼が持参した指輪の石は、カメムシ風。
ネックレス用は、なかなかでかいし。
えーものができるんちゃうけ。
祐子、あー忙しい忙しいである。
Jabooアクセサリ作品集→

アスカチャンと義裕は共通点が多い。
にんじんはできるだけ小さく切る。
同じ食事を続けられる。
鳥の皮が嫌い。
あとなんだっけ?

宿泊客二名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→うどん
夜→二日前の鳥の蒸し焼き

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月17日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬106泊目]

祐子はHPの新企画“勝手広告”、ヒロ君のネックレスと指輪作り。
Jabooアクセサリ作品集→
ほか、掃除洗濯と忙しい。

義裕は、浅田次郎『鉄道員ぽっぽや』を読む。
群ようこ『膝小僧の神様』を読み始める。

遊んでばかりではない。
NHKの原稿も書く。

いつまでたっても日本からの荷物が届かないので、リオ・ガジェゴスの郵便局へ電話する。
あっちへかけろ、こっちへかけろとたらい回しにされ、あげく折り返し電話をすると言われ、その後電話なし。
怒るな。
人間辛抱が大事。

宿泊者ゼロ

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→冷たいうどん
夜→カボチャとひき肉の煮込み

2007年08月18日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬107泊目]

午前中、カラファテの郵便局より電話あり。
やっと母の愛を受け取る。
はるばる51日の遠路よーこそである。

2007-08-18p001.JPG

HPの新企画“勝手広告”用の曲作り。
つまり作曲をしてみたりする。
譜面を書けなくても作曲できるフリーソフト“Cherry 1.5.2”を使っても、
そもそも自分に音感がないので難しい。
祐子にそこそこ出来上がった曲を聴かせたら、
起承転結がないと言われた。
あるかいっ、そんなもん!

で、祐子に手伝ってもらい、深夜に完成。
そして歓声。

こうして毎日、一銭にもならないくだらない事に時間を費やしています。
充実の日々。

ヒロ君とアスカちゃんがチャルテンへ出かけたので、
再び宿泊客ゼロ

洗濯する祐子。
眺める義裕。
2007-08-18p031.JPG


【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→幌加内産の冷たいお蕎麦。くーっ。
夜→ステーキ(ビュフェ・アンゴスト)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月19日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬108泊目]

世の中はちょっとづつマニュアルと違う。
大きく違うときは、たいてい自分が間違っている。

動画制作ソフト"Power Director6 Vista"をインストールする。
和美へファイル名の拡張子は消さないように!

ビデオのデータを整理する。

DVD『NHKスペイン語会話 lession1,2』を観る。

祐子は連日、ヒロ君のネックレスと指輪作りに勤しむ。

ヒロ君とアスカちゃんが、チャルテンより戻る。
SDカードを盗まれ、犯人(かどうか、わからないにもかかわらずだよ)の自宅と職場に押しかけて、取り返したそうだ。
すごいよ、あんたたち。

宿泊客二名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→
夜→牛肉の煮込みスープ

2007年08月20日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬109泊目]

全寮制の仏教高校を卒業したヒロ君に、湖畔で“般若心経”を独唱してもらい、ビデオ撮影する。
ばりプロ!
心に染みるぞ。

2007-08-20p038.JPG

アスカちゃんにはセクシーポーズで、“勝手広告”用の撮影をする。
彼女のサングラスがいいんだ。

2007-08-20p059.JPG


祐子の指輪工房が新規受注する。
アスカちゃんのネックレス。

2007-08-20p017.JPG

村上龍『悲しき熱帯』を読み終える。

DVD『NHKスペイン語会話 lession3,4』を観る。

宿泊客二名様

【本日のお食事】
朝→カボチャとひき肉の煮込み風スープとごはん
昼→なし
夜→牛肉の煮込みスープ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月21日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬110泊目]

2007-08-21p029.JPG

ふと窓の外を見やれば、湖に白く輝くものあり。
一番奥の建物よりずっと後方にありながら、はるかに巨大なナゾの物体。
なんと氷山である。
時折ひっくり返るのか、その姿を変えて、ゆっくりと東へ流れる氷山。
驚きである。
感動である。

ヒロ君とアスカちゃんが旅立つ。
お見送りしようと思ってたんだが、生憎の激しい雨。
2人が出発したら、すぐ晴れた。

義裕、イラスト。

祐子、義裕の新ブログ“旅々、沈々。”作り。
これが新作“旅々、沈々。”→
そしてアスカちゃんのネックレス作り。
休まる暇はない。

DVD『NHKスペイン語会話 lession5』、
DVD『ロック』を観る。

再び宿泊客ゼロ

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→うどん
夜→ハンバーグ

2007年08月22日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬111泊目]

2007-08-22p038.JPG

島藤さんの駐車違反の罰金を支払いに近くの銀行へ赴く。
冷たくも2ブロック先の銀行へ行けと言われ、そこでは郵便局で払えへとたらい回しされる。

カラファテのお得な郵便局情報。
ここの窓口のお姉さんは超巨乳である。
カウンターごしに臨む乳は、海のごとく大きく広く雄大である。
一見の価値あり。
太鼓判。
祐子が触りたいだの、顔を埋めたいだのと騒ぐ。
乳がでかいぐらいでウロタエルナ!
と一喝しとく。
郵便だすならカラファテ!

巨乳見学のあとは、食料の買出し。

そして電話局でパソコンの修理を依頼するが断られ、別の会社を案内される。
が、その修理会社へはパソコン本体を持ちこまなければならない。
面倒だ。

高橋克彦『写楽殺人事件』を読み終える。
集中して読めなかったせいか、途中で人間関係がよくわからんくなった。

ルイス・サッカー『穴』を読み始める。
こいつはいい。

DVD『NHKスペイン語会話 lession6』

『水曜どうでしょう 原付東日本縦断』

NHKの執筆。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→冷たいお蕎麦
夜→ステーキ

旅々、漫々。→

2007年08月23日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬112泊目]

DVD『NHKスペイン語会話 lession7』
DVD『ニューオーリンズ・トライアル』

お客様ゼロが続くので、シャワーのあと全裸でOK!
爽快。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→冷たい蕎麦
夜→鳥の唐揚げ

2007年08月24日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬113泊目]

ネットが通じない。
電話も通じない。
また切られたようだ。

祐子がひとり電話局へ出向く。
外は強風。
電話は通じるようにあるが、ネットは相変わらず通じない。

チャーリー・シーン、クリス・カッター『ランナウェイ』を観る。

宿泊客ゼロ(4日目)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→冷たいお蕎麦
夜→ステーキ(ビュフェ・アンゴスト)

旅々、漫々。→

2007年08月25日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬114泊目]

氷山がふたつ出現。

DVD『NHK今日から英会話 4月』

HPの新企画"勝手広告"完成。
Topページの左側をクリック→

宿泊客ゼロ(5日目)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→三色ご飯

2007年08月26日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬115泊目]

朝から、停電。

アスカちゃんと交換した麻生哲朗『ビーネスブレンド』を読み終える。
つまらなそうだなと思ってたけど、悪くなかった。
舞台の町は、プエルト・ナタレスっぽい雰囲気だな。

水曜どうでしょう 「アメリカ横断3750マイル」

ギターの夕べ。

イツコさんより電話。
上野亭ブエノス別館のHPについての打ち合わせ。

上野山荘ブエノス別館のHPはココ→

宿泊客ゼロ(6日目)

【本日のお食事】
朝→昨夜の残りの三色ご飯
昼→お蕎麦
夜→ビーフシチュー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月27日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬116泊目]

宿のパソコンを修理店へ運ぶ。
食料の買出し。

水曜どうでしょう 「ジャングル・リベンジ」

宿泊客ゼロ(7日目)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→ステーキ

2007年08月28日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬117泊目]

リンダビスタのおばさんが、領収書を取りに来ると言ってたが、結局来ない。
僕らがお金を払っていないと疑っているようだ。

上野山荘のブエノス別館のHPつくり。

上野山荘ブエノス別館のHPはココ→

今晩は、待望のとんかつ。
豚肉の骨を庭にまいたら、スズメが食べた。
意外。

西村寿行先生が亡くなられたというので、追悼読書をしてみました。
長編ハード・バイオレンス小説『魔物』
つまんなかったー。
追悼なんかしなきゃよかった。

宿泊客ゼロ(8日目)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→待望のとんかつ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月29日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬118泊目]

上野亭のブエノス別館のHP作り。

上野山荘ブエノス別館のHPはココ→

宿泊客ゼロ(9日目)

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→三色丼

2007年08月30日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬119泊目]

祐子、深夜までHPの更新作業。

ボクは早々に寝る。

宿泊客お一人様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→うどん
夜→ハンバーグ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年08月31日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬120泊目]

動画『ぽきんちゃんの炎の舞』を再編集。

旅行中の入出金の整理。

祐子は、ネットカフェで新しいHPのアップロード。
買い物。
パソコン修理店。
宿のパソコンは、マザーボードの交換が必要だとのこと。
祐子、夜10時帰宅。

牛肉の筋の部分を庭に投げる。
スズメに食われた。

宿泊客お一人様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→カレー

2007年09月01日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬121泊目]

祐子は、HPの刷新作業に追われる。
三人も宿泊客がいて、久しぶりに賑やかな夜。
すーっかり飲んでしまった。

宿泊客三名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→カレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月02日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬122泊目]

義裕、具合が悪くて、夕方まで寝てる。
夕べの酒か?
ワインが身体にあわないのだろうか?

祐子は、今日もHPの刷新作業に追われる。
お疲れ様。

司馬遼太郎『街道をゆく 洛北諸道ほか』を読み終える。
22歳の自分へ手紙を書き送るようにして小説を書いたらしい。

宿泊客三名様

【本日のお食事】
朝→食べなかった
昼→カレー
夜→ハンバーグ

2007年09月03日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬123泊目]

義裕、仕事。
ニチエイラインという会社は、道路に白線を引きます。

買い物。
郵便局で声を掛けられて、ロサンゼルスの宮本さんからの荷物を受け取る。
お茶が嬉しい。

夜中、停電。

司馬遼太郎『手掘り日本史』を読み終える。

宿泊客三名様

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→お蕎麦
夜→ステーキ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月04日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬124泊目]

宮本常一『忘れられた日本人』を読み始める。
祐子は、上野亭ブエノス別館のHPつくり。

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/7335/uenobsas/

HPのリニューアル完成。
お披露目。

リニューアルしたHPの見どころを簡単の御説明いたしますと…

其の一、嫌がる旅人を無理矢理撮影した、“タビタビ動画”の新作が4本。
タビタビ動画→
→流血(マジ卒倒します!)、タンゴ、特撮、ストリートミュージシャン等、薄く広い品揃え!

其のニ、企業からの依頼がないのに勝手に作った“勝手広告”
Topページの左側をクリック→
→人間暇になると、有り難迷惑なお節介をするというお手本です

其の三、道ばたに落ちている手袋の写真集“おちてぶ”
おちてぶ→
→祐子が二年半撮りためた、一本筋の通った一筋縄では行かない世界。

其の四、祐子の手作りアクセサリーの作品集
Jabooアクセサリ作品集→
→石の在庫も増えました。御予約受付中!

其の五、下手糞な旅の漫画“旅々、漫々。”
旅々、漫々。→
→反省点が多々。

HPへGO!→


お客様は一名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→トンカツ

2007年09月05日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬125泊目]

昨夜はトンカツを揚げたので、

豚の骨を庭に捨てました。

以前、同じことをしたら、あっという間に骨を持っていかれたので、

今回は、糸でくくり付けました。

窓の隙間から覗いてると、スズメが食べます。

そんなフィールドワークをしながら、HPリニューアルのお知らせメールをしたためています。

あなたに。

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月06日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬126泊目]

窓の外に横たわる巨大なアルゼンチン湖。
そして湖に浮かぶ、これまた巨大な氷山。
氷山を眺めて食べる朝飯。

義裕、しかし昼寝。
寝たいときに寝れる幸せ。

お客様は一名様

【本日のお食事】
朝→カボチャとひき肉の煮物ごはん
昼→スパゲティ
夜→コロッケ

2007年09月07日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬127泊目]

今朝も窓の外に氷山。
もういい加減珍しくない。

義裕は午前中、やはり昼寝。
祐子はメール。

午後、セントロへ買い物。
鳥の胸肉がどこにも売ってない。

お客様は一人

【本日のお食事】
朝→コロッケごはん
昼→インスタントラーメン
夜→ステーキ

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月08日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬128泊目]

朝から停電。
復活するも、また停電。

漫画、川原泉『中国の壺』を読む。

事務所の松さんから頂戴したアレを観て泣いたね。
泣かせるなぁ、これ。
中国からの留学生ってエライよ。
15年も帰国しないんだよ。
ぜひ他のシリーズも観たい。
それにしても松さんの選ぶのって、いい。
趣味がぴったり合う。

ちなみに松さんを面接したのはボクで、初め断ろうと思ったけど、
ラーメン好きで、ラーメンカードを作っているというのが気に入り、
次の面接に呼んでしまった。
そして今に至る。
そんな娘さん。
今は一児の母。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→ホットケーキ
夜→ステーキ(ロモ)

2007年09月09日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬129泊目]

DVD『NHKの英語』で勉強。

こば君のお友達が作ったという、暗記支援ソフト“暗記エクセレント@”をダウンロードする。
なるべく勉強はラクしたい。
が、似たようなソフト“壱問壱答”のほうが良さそうだったんで、
こちらもダウンロードする。
ががが、苦労した挙句スペイン語の入力が出来なかった。
で、浮気してごめんよ“暗記エクセレント@”。
操作が簡単で、悪くない。
でもインストールに苦労した。
といったカンジで、一日中勉強してた気がするけど、
ひとつの単語も覚えられなかった。
これもまた勉強といえるのだろうか。

今晩はトンカツなので、またまた骨を庭に捨てる。
即効で猫に盗られた。
脂も喜んで食べてくれた。
これで猫に豚の寄生虫がウツルのだろうか。
大丈夫か、あの豚猫。

トンカツをあげるのが難しい。
揚げが足りなくて、切ったあと、不安で二度揚げしてしまった。

思わず、西村京太郎『十津川警部 愛と憎しみの高山本線』を読んでしまう。
犯人の遺書に、列車名が書いてあるのが微笑ましい。
おいおいおい、どこの馬鹿が遺書に○○本線って書くんだい。
本文中、意味なく時刻表が載っているのも、笑える。
鉄っちゃんには、たまらない一冊なのだろうが、ボクにはどうでもいい本だ。
もう一生読まない。
しかしヨーロッパに行って列車に乗ったら、日記で真似しようっと。

【本日のお食事】
朝→朝からステーキ
昼→インスタントラーメン
夜→とんかつ

2007年09月10日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬130泊目]

電話料金の支払いと買い物へ出かける。
前回に引き続き、鶏の胸肉がない。
得意な唐揚げが作れないのが、寂しい。
生姜が余ってるし。
野菜もろくなものが売ってない。

そして今晩もトンカツ。
リベンジ!

【本日のお食事】
朝→とんかつごはん
昼→最後のうどん
夜→再びとんかつに挑戦!

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月11日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬131泊目]

そろそろ10月も近い。
ここのだらだら生活も終わりである。

で、LADE航空でバリローチェ行きの飛行機を調べる。
高い。
即効却下。

野菜を探して買い物をするが、どこにもない。
そんな腐ったもん食えるかい!

修理店からパソコンを引き取り、梱包してブエノスアイレスへ。

さて、フォークランド行きの検討をする。

DVD『水曜どうでしょう 「30時間テレビの裏側 全部見せます」』
『水曜どうでしょう 「クイズ ! 試験に出るどうでしょう」』
『水曜どうでしょう 「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」』
観まくる。

【10月以降…】
10月2日、チャルテンへ
10月6日、カラファテ戻り
10月13日、リオ・ガジェゴス。そして飛行機でフォークランドへ
10月20日、リオ・ガジェゴスへ戻る
10月21日、バルデス半島
10月24日、Azul
10月30日、日本旅館
11月08日、ブエノス別館(小早川氏と合流)

お客様二名

【本日のお食事】
朝→とんかつごはん
昼→インスタントラーメン
夜→ステーキ

2007年09月12日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬132泊目]

仕事。

NHKの原稿を書かなきゃいけないけれど、書くことが全然ない。
旅をしていないから、ネタがない。
この4ヶ月、ごまかしごまかし書いてきたけど、いよいよホントに何もない。
ちなみに先週は、犬のことを書いて送ったけど、
犬だよ犬。
旅番組にならないじゃん。

DVD『水曜どうでしょう 「釣りバカ対決」』
『水曜どうでしょう 「東北2泊3日 生き地獄体験ツアー」』

お客様二名

【本日のお食事】
朝→ステーキごはん
昼→ホットケーキ
夜→コロッケ

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月13日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬133泊目]

仕事。

カラファテの地図つくり。
カラファテって町は小さいけれど、
Fuji(藤)旅館がセントロから離れていて、
しかも大きいスーパーがさらに離れているので、
地図は意味なくでかくなる。
巨大なわりに情報が少ない。

イラストを書きまくって、イラストコミュニケーションサイトpixivへ投稿しまくり。

DVD『水曜どうでしょう 「罰ゲーム四国八十八箇所完全巡礼」』『水曜どうでしょう 「原付ベトナム縦断1800キロ」 』

お客様二名

【本日のお食事】
朝→コロッケごはん
昼→スパゲティ
夜→カレーライス

2007年09月14日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬134泊目]

朝からイラストを投稿。
マイピクの申し込みが来た。

祐子は、カラファテの地図つくり。

ネタがなくてNHKの原稿が書けなかった。
落とす。

お客様二名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→オムライス
夜→カレーライス

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月15日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬135泊目]

maki.gif
越谷のナオちゃん、マキちゃんと夜遅くまでおしゃべりする。
こういうことは久しぶりだ。
若い女の子と過ごすのは、楽しいもんだ。
三十を過ぎていたとはいえ、ボクには充分すぎるほど若い。

nao.gif

お客様三名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→三色丼

2007年09月16日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬136泊目]

daichi.gif

落合信彦『崩壊? ゴルバチョフ暗殺・欲望篇』を読み終える。
古い本だけど、まぁ面白いね。

越谷のナオちゃんとマキちゃんに、エル・チャルテンのトレッキングとキャンプを勧める。
ガソリンストーブの使い方を講習し、マットも貸す。
ポーターにダイチ君を推薦し、インスタントラーメンを売る。

持て余してたインスタントラーメンが10個も片付いて、一安心。

食料の買出し。

お客様六名(ひとり韓国人)

【本日のお食事】
朝→三色丼
昼→ホットケーキ
夜→ステーキ(アンゴスト)

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月17日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬137泊目]

宿泊客6人が揃って、エル・チャルテンへキャンプへ。

義裕昼寝。
キム君へ長いメール。

祐子は、DVD『ハウルの動く城』を観てた。

そして宿泊者ゼロ

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→オムライス
夜→親子丼

2007年09月18日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬138泊目]

何を食べていたのか、何をしていたのか…

夜、虫が窓にぶつかり、庭にタンポポの黄色い花。
キッチンに蠅。
春。

お客様ゼロ

【本日のお食事】
朝→
昼→
夜→

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月19日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬139泊目]

mika.gif

ダイスケ君、ミカちゃん、ダイチ君の三人は、張り切ってバスターミナルへ。
しかしペリート・モレノ行きのバスに乗れず。
欠便?

daisuke.gif

トイレが詰まる。
押しても引いても駄目。
メイントイレ、使用禁止!

勝手広告第二弾、制作開始!

お客様6名(一人韓国人)

【本日のお食事】
朝→
昼→
夜→たぶんハンバーグ

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月20日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬140泊目]

お昼ごろ、韓国人のサンウー旅立つ。

ダイスケ君、ミカちゃん、ダイチ君の三人は、今日もペリート・モレノ行きのバスに乗れず。
無断でダイヤを変更するアルゼンチン人に翻弄される彼ら。

越谷のナオちゃんとマキちゃんが、パタゴニアをヒッチハイクすると言って、旅立つ。
宿もすっかり寂しくなった。

お客様3名

【本日のお食事】
朝→
昼→
夜→鳥の唐揚げ

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月21日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬141泊目]

名古屋のダイスケ君、ミカちゃんカップルと九州男児ダイチ君が、朝方旅立つ。
再び宿は静かになる。

祐子がシーツを洗濯してたら、洗濯機の排水ホースから、
水に混じって小さなバネとプラスティックの欠片が流れ出てきた。
これは何だろう?
シーツからバネとプラスティックの欠片が出るとは、考えにくい。
すすぎ中なのに給水されていないことに気づき、見ていれば排水もしていない。
つまり故障であって、洗濯機は痛い。
とりあえず、今日はシーツは手ですすぐ。
疲れる。

冬の間、家が傷めないように留守番しているのに、
ストーブの覗き窓が割れ、客室のドアが使用不可になり、蛇口が割れ、トイレが詰まり、
洗濯機が壊れる。
その影で、炊飯器のコンセントが断線し、新しい冷蔵庫が軋み、トイレの水洗装置が働くなった。
面目なく、恐縮し、逃げたいくらいだ。
もう何も壊れませんように。

お客様3名

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→ホットケーキ
夜→牛肉のワイン煮

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月22日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬142泊目]

今日は祐子の誕生日。
夕方、リュックを背負って買出しに出かける。
7時過ぎだというのにセントロは人に溢れ、メインストリートは歩行者天国になり、ロックバンドが絶叫し、ピエロ軍団が踊りながら行進してた。
カラファテに春来る。…である。

そしてカラファテ随一のレストラン“La Tablita”へ。
しかし予約がいっぱい。
22時に予約して、出直す。

宿に戻って、DVD『水曜どうでしょう』を観て時間をつぶし、
さて今日は誕生日なので贅沢にタクシーでも呼びましょかと受話器をとると、
またまた電話が止まってた。
月曜日、電話局に抗議に行かなくては!
とりあえず、レストランへ急げ!

激混みの長人気レストランだけあって、素晴らしく美味しい。
プレゼントを用意できなかったので、手描きの“プレゼント引換券”を渡す。
これは一年間のみ有効なので、引き換え忘れのないように!

深夜の3時過ぎにか細いノック音。
韓国人のお客様一人。
この旅人は、翌日、韓国人宿『リンダ・ビスタ』に奪われる。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→レストランで外食

おススメ! Fuji(藤)旅館での楽園越冬生活(管理人募集中!)
管理人生活の詳細についてはココ→
受験勉強に最適!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月23日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬145泊目]

韓国人のウンミが、お土産だと言って美味しいパンを買って来てくれた。
そして、韓国人宿の『リンダ・ビスタ』への移籍表明をし、出て行く。
『リンダ・ビスタ』の仁義無き引き抜きが激しい。
この冬、ずいぶんお客さんを盗られた気がする。
オーナー、申し訳ない。

電話を止められているのに、電話が鳴る。
掛けられないが、受けることはできる中途半端な刑らしい。

どこかの空港から問合せの電話が入るが、通話中に切れ、その後連絡なし。
この受刑中の電話のせいだろうか。
気になる...。

松さんからのアレを楽しむ。

事件の専門サイト『無限回廊』の『神戸須磨児童連続殺人事件』を読んで、背筋が寒くなる。
恐がり祐子は、一人で寝室へ行けなくなる。
ボクは朝方まで、このサイトを読み続けた。

お客様ゼロ

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→チャーハン
夜→ステーキ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月24日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬146泊目]

壊れた洗濯機で洗濯する祐子。
洗濯機の回転音を聞き分け、排水時を見計らって(っていうか慮って)ホースを手で上げ下げして、洗濯を促す。
祐子、既に名人技である。
不憫でもある。

驚くほど身につかないスペイン語の入門書『驚くほど身につくスペイン語』のCDをMACに突っ込むが、あっさりと排出される。
念のためOS-Xでも試すが、やはり視聴できない。
宿のカセットデッキは、故障中。
このようにして、なかなか勉強が捗らない。

トイレの糞詰まりが、いつの間にか治った。
配水管の中で長時間水に晒された犯人(うんち)が、軟化して流れたと見る。

祐子単身で外出。
電話局で止められた電話の復旧交渉。
韓国人宿『リンダ・ビスタ』の女性従業員の旦那に、壊れた洗濯機の修理依頼。
そして食料買出し。

お客様4名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→親子丼

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月25日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬147泊目]

義裕、昼寝、読書。
祐子、英語の日記ブログ。

2007-09-30p021.gif
ヒトシ君とサオリちゃんと遅くまで話す。
彼等の将来設計に非常に興味があるのだ。
僕等の老後を託したい。
2007-09-30p019.gif

お客様4名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→アンチョビスパゲティ
夜→チャーシューと親子丼

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月26日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬148泊目]

春一番が吹き荒れる。

DVD『マイボスマイヒーロー』の最終話を観て、涙ぐむ。

洗濯機がなぜか治った。
自然治癒力の勝利。
しかし不思議だ。

祐子、指輪作り。

お客様4名

【本日のお食事】
朝→親子丼
昼→オムライス
夜→カレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月27日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬149泊目]

ヒトシ君と漫画を描いて過ごす。
一日中ずーっと。

それにしてもヒトシ君はなかなか根性というか気合を入れてアニメーション作りに励む。
微笑ましいし頼もしい。

同好がいると燃える。

お客様4名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→カレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月28日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬150泊目]

調べてみると、エクアドルの最高刑は16年。
71人殺した殺人鬼は、たった懲役16年。
エクアドル、ある意味恐ろしい。

義裕、食料の買出し。

お客様3名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→焼き豚スパゲティ
夜→豚の生姜焼き

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月29日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬151泊目]

井上靖『風と雲と砦』を読む。

今日もアニメーション作りに励むヒトシ君。

コルデロ、最後の挑戦。
2007-09-29p007.JPG
2007-09-29p011.JPG
2007-09-29p012.JPG

お客様5名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→失敗ボロネーゼ
夜→コルデロとステーキ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年09月30日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬152泊目]

さーっぱり何をしていたんだかわからない。
ネットして、本を読んで、おしゃべりしてたんだと思う。
それしかすることないし。

お客様7名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→三色丼

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月01日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬153泊目]

2007-10-01p024.JPG

さおりちゃん、ヒトシ君旅立つ。
が、夜、飛行機が飛ばず戻ってくる。
深夜遅くまでおしゃべり。

さおりちゃんは特技が“おしゃべり”というだけあって、なかなかのツワモノである。
時々ヒトシ君へ同意を求め、ヒトシ君も半分は反対を唱えながらも、
二人決して敵対せず、和議に至り、次の話題へと誘うあたり、
もはや名人芸と言って差し支えなかろう。
場内は二人に席巻されている。

一方のカップルは、彼が193センチの長身、彼女のエリちゃんが150センチ。
チッチとサリーをここに見た。

そして単身のタケ君。
彼はほとんど宿から一歩も出ない。
ここに住み着くのだろうか?

窓拭き、床掃除等念入りに掃除。
帳簿の整理。
明日、オーナー夫婦が戻ってくる予定である。

お客様3名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→鳥の唐揚げ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月02日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬154泊目]

山本周五郎『つゆのひぬま』が面白かった。

いそいそと外の掃除。
せっせと中の掃除。

台所のお玉が壊れた。

オーナーの島藤さんご夫婦、帰館。

ノートパソコンが残業に耐え切れず、二度仮死状態になった。
ファンの故障で、熱が溜まるらしい。
金玉が縮まるほど、焦った。

お客様3名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→チャーハン
夜→カレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月03日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬155泊目]

義裕、仕事に励む。

昔、一度読んでいるんだけど、すーっかり忘れているので、鈴木光司『リング』を読む。

DVD『うどん』を観たら、うどんが食いたくなった。
当然である。
で、世界一暇そうなタケ君をけしかけて、翌日うどんを作ってもらおう。

あだち充の漫画『ラフ』を読む。

義裕、買い物。
近所で2.5ペソで買えるDVDを、わざわざセントロで6ペソで買ってしまった。
これは悔しい。

お客様3名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ホットケーキ
夜→カレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月04日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬156泊目]

仕事。

Windows機が一瞬壊れる。

義裕、買い物。

タケ君がうどんを作る。
小麦粉に塩水を入れ、練って、踏んで踏んで踏みまくる。
2007-10-04p056.JPG

タケ君が生足で踏まないように見張る。
2007-10-04p060.JPG

丸めて寝かせて、頃合見計らって薄く延ばして切るなり。
茹では義裕が担当。
麺つゆは祐子の仕事。
茹で上がった麺は、言われれば確かに短いけれど、指摘されれば確かに太さがまちまちだけど、
これは立派なうどんである。
美味い。

こうしてカラファテうどん祭りの夜は、更けたのである。

蝶番が切れていたドアの修理。
ドアが外れないので壁をぶち壊すあたり、南米流。
修理代金は70ペソ。

お客様2名

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→インスタントラーメン
夜→牛肉スープ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月05日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬157泊目]

韓国人の青年が風邪(?)で死にそうである。
たびたび病院へ行くが一向によくならない。
部屋が寒いと言うので、暖房の強い部屋へ移動させてあげたけど、
暑すぎるらしく、元の部屋で涼んでた。
わがままな病人だ。
足が冷たいと言って、椅子の上で片足立ちし、ストーブに足をかざしてた。
器用な病人だ。
力ない笑顔が痛々しい。

宿から一歩も出ないタケ君と、もはや死人のような韓国人と観るDVD『ごめん、愛して』。
意外に面白いヨー(韓国風丁寧語)。
韓国語を物真似して爆笑鑑賞会だったヨー(韓国風丁寧語)。
このドラマのヒロインの女の子が、御苑の事務所の松さんに似てると思うんだけど、どうでしょう。

さぁ明日から、エル・チャルテンをトレッキングだ!
旅人になるのだ。

お客様2名様

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→牛肉スープ
夜→鳥の唐揚げ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月06日(土)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬158泊目]

★渾身の“エル・チャルテン、トレッキング情報”はココだ→

8時のバスに乗り、エル・チャルテンへ。
雲ひとつない大空。
車窓から観る雄大なフィッツ・ロイ。
これだけで満腹。
2007-10-06p065.JPG

エル・チャルテンの町でガスストーブの借りようとして彷徨う。
僕等はどこに来ても、道に迷い、うろうろするのだ。

13時30分、歩き始める。
テントを担いだトレッキングは初めてである。
聳え立つフィッツ・ロイ、小川のせせらぎ、鳥のついばみ、風の音。
陽射しが強く汗ばむ。
2007-10-06p091.JPG

16時、Lag. Capri着。
誰もいない枯れ木の林。
湖畔の高台に先っちょの一等地にテントを設営。
湖の先に静かなるフィッツ・ロイ。
フィッツ・ロイに沈む夕陽。
2007-10-06p108.JPG

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→おにぎり
夜→インスタントラーメン

2007年10月07日(日)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬159泊目]

★捨て身の“エル・チャルテン、トレッキング情報”はココだ→

寒かった夜、そして寒い朝。
夜中、風強し。
義裕は、膝が痛くなり寝返り多し。
祐子は、快眠。
寝袋の差が出た。

テントを開いて、寝ながら朝陽に染まるフィッツ・ロイを望む。
オレンジ色に輝くフィッツ・ロイ。
2007-10-07p116.JPG

風に吹き飛ばされぬようテントを林の中へ移動し、10時40分歩き始める。
11時50分、Poincenot。
12時10分、Rio Branco。
ここから急な上り坂、そして雪道。
キツイ。
疲れる。
後悔する。
13時30分、Log. de los Tres到着。
湖は凍り雪に覆われ真っ白。
絶景フィッツ・ロイ。
雲ひとつない青空。
2007-10-07p146.JPG

義裕のカメラは、ここで充電切れになる。
もうこのカメラの電池は役に立たない。

雪の下り坂で何度も転ぶ。

【本日のお食事】
朝→永谷園のお茶漬け(とんこつ味。キレンさんから頂戴した。美味かった)
昼→海苔とおかかのお弁当
夜→粉末たらこスパゲティ

2007年10月08日(月)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬160泊目]

★全力の“エル・チャルテン、トレッキング情報”はココだ→

深夜から早朝にかけて風強し。
暗くなったテントの中で、
この場所にテントを張ったのは拙かったかなぁ…。
と後悔しながら寝る。
テントを吹き飛ばされたら、死ぬかも。
なんせ気温一度。
しかも面倒くさくてペグを打ってない。

朝、晴れ渡る空。
偉大なるフィッツ・ロイ。
寒いが生きていることに感謝。

テントを撤収して、12時10分下山開始。
日差し強く汗ばむ。
下り坂で膝に負担がかかり歩きにくい。

14時、エル・チャルテン着。
チャルテントラベルで食事とコーヒーで時間をつぶし、16時バスに乗る。

21時半、カラファテ着。
ステーキ肉を買ってから宿へ戻る。

宿泊客は、タケ君のみ。

留守中、新館の水圧を高めるためポンプを増設したら、旧館の水道管が破裂。
水圧に耐え切れずボイラーから水が溢れ、新品と取り替えた。
とかく宿経営は、水周りが難しい。
というわけで、休館のトイレは使用不可。

エル・チャルテン、フィッツ・ロイのトレッキング情報はここにまとめました→

【本日のお食事】
朝→インスタントラーメン
昼→スパゲティ
夜→ステーキとチゲ鍋

2007年10月09日(火)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬161泊目]

カラファテは快晴也。
すこぶる気持ちヨシ。
窓外に美しき氷山。
美しき哉。
祐子は洗濯、セーターのシミ取り、荷造り、宿のプリンタの設定。
義裕は日記、NHK、エル・チャルテン紀行、カラファテの日々。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→チャーハン
夜→親子丼

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月10日(水)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬162泊目]

義裕は仕事。
祐子は義裕の尻が破れ始めたズボンの繕い物。
一着のズボンを一年穿き続けると、尻に穴があく。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→とんかつ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月11日(木)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬163泊目]

義裕は仕事。

この越冬のために買ったWi-FIルーターを島藤さんに半値で引き取ってもらい願ったり叶ったり。
何にしろ荷物が減って嬉しい。
祐子はそのルータ?の説明、宿のパソコン用にAFGのダウンロード。

リオ・ガジェゴス行きのバスチケットを買いに、バスターミナルへ。
窓口の変わった顔した、けれども魅力的なお姉さんが、地元民の値段である25ペソに値引きしてくれた。
何故サービスしてくれたのか?
ボク等の変わった顔が好みなのだろうか。

夕方、タケ君の手打ちうどん第二弾。
麺のコシ、艶、共に良く、太さも一定し、できれば旅を終えても復学せず、うどん職人になってほしいもんである。
ちなみにタケ君は、今話題の亀田の三男(通称亀三)とメキシコの日本人宿サンフェルナンドで一緒だったらしい。

2007-10-12p021.JPG

夜、どーしてもE7, A7, D7が覚えられない、頭がマイナーセブンのタケ君のギターで歌う。
アヤコちゃんは唄が上手い。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ふくらし粉のないホットケーキ。胃には優しくない
夜→ステーキ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月12日(金)[カラファテFuji(藤)旅館・越冬164泊目]

義裕は今日も仕事。
沢木冬吾『償いの椅子』読み終える。
面白かったようなそうでもなかったような…。
でも退屈はしなかったので合格点。

この五ヶ月間に増殖した荷物とキャンピング用具をダンボールに詰め、ブエノス・アイレスへ送る。

Fuji旅館用のインターネットケーブルを5ペソで買う。
ちなみに近所のお店では15ペソだったから、安くて助かった。

フォークランド滞在用にUSドルが必要だが、銀行でUSドルが下ろせず、手持ちはたったの570ドル。
フォークランドは物価が高いので、ピンチかもしれない。
っていうか、ピンチだ。

来春某薬品企業に就職のアヤコちゃんが、顔にパックしてうろつく。

2007-10-12p033.JPG

白いパックから覗くぽってりした唇がまずまず。
若い女の子を、若いというだけで可愛らしく感じられる年頃になってしまった。

2007-10-12p031.JPG

夕食と明日の弁当用の鳥の唐揚げの件ですが、鶏肉が多すぎて全部揚げるのに二時間かかったよ祐子。
弁当屋でバイトしている気分で、すごく疲れた。

宿泊客総出で、と言ってもふたりだけだけど、深夜までだらだらとおしゃべりして、ボク等の旅立ちを見送っていただく。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→ふくらし粉の入っていないホットケーキ
夜→鳥の唐揚げとキレンさん特製の韓国風鱒鍋

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
人生を見つめ直すいいチャンス!

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年10月13日(土)[カラファテ→リオ・ガジェゴス→フォークランド諸島]

早朝2時、アヤコちゃんとタケ君に見送られて、エル・カラファテFuji旅館を発つ。
そして164泊に及ぶ冬眠に終止符を打つ。
さよならエル・カラファテ!
再び戻るその日まで!

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→
旅行は好きだけど、移動が嫌いな貴方へ

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

バスターミナルへの夜道、祐子は重い荷物を支えきれず、まっすぐ歩けない。
頑張れ祐子!

バスの中、爆睡。
朝7時、リオ・ガジェゴスに着き、バスターミナルの待合室で、島藤さんとキレンさんが握った鱒寿司を食らう。
混雑したバスターミナル内で、箸を巧みに使い一心不乱に寿司を食らう謎の東洋人ボク等。
さぞかし異様な光景だったでしょうよ。
しかし旨かった鱒寿司。
エル・カラファテの名物は鱒寿司にあり。

【フォークランド物語】
久しぶりの旅行なもんで、張り切り過ぎて、ちょと長い日記です。

フォークランドの詳しい情報はココにまとめました→

リオ・ガジェゴスのバスターミナル内のインフォメーションは営業時間を過ぎても一向に開かず、
諦めてセントロに行けばインフォメーションは休み、
銀行ではUSドルを下ろせず、
両替屋では、土曜日だという理由でUSドルへの両替を断られる。
なすすべ無し。
ドルを増やせない。
たった570ドルしか持たずに、1時40分の飛行機でフォークランド諸島へ飛ぶ。
飛行機の中、貧乏だという不安を抱え爆睡。

飛行機はイギリス空軍基地に着陸し、空港の外へ出れば、ぼやぼやしてたせいかバスもタクシーも最早いない。
はやっ!
小銃を構えたイギリス軍兵士と、フォークランド紛争で活躍した戦闘機ハリアー、ぐるぐるに巻かれた有刺鉄線、乾いた砂埃。
町まで48キロ。
歩けない。

その辺の人に事情を話したら空港職員を呼ばれ、入国申告書に予約していないホテル名を書いた事がばれ、
アルゼンチンへ帰すと軽く叱られ、彼女の携帯でB&Bを手配してもらい、
さらに彼女の計らいで荷物運搬車に乗りこめ、フォークランド唯一の町スタンリーへ。

見渡せば荒涼とした草原。
パタゴニア以上の強風。
蒼白い灰色の岩が大量に転がってて殺伐とした風景が続く。
ほとんど砂利道、ときどき舗装。

この車の支払いが50ドルもして、残金早くも520ドル。
チェックインしたB&Bは一泊100ドル。
しかもポンドしか受け付けない頑固な宿。
ポンドは一銭も持っていないのに…。
そして銀行にはキャッシュ・ディスペンサーがないから、お金が下ろせない!
貧乏って悩みが尽きない。

夕方、カードの使えるホテルを探して町を彷徨う。
同業者発見↓

2007-10-13p002.JPG

レストランで飯を食ってドル払いをして、お釣りをポンドで貰い、明日のB&Bの支払い分のポンドを作るがわずかに足りず、ビールを追加。
こうして貧乏人は無駄金を使う。

2007-10-13p014.JPG

空港で知り合ったアルゼンチン人に明日、山登りに誘われるが、残念ながら断る。
金がないのだ。

宿で靴下を脱ぐと、繊維が溶けたのか、謎の黒い物体で足の裏が真っ黒。

【本日のお食事】
朝→島藤さんキレンの握った鱒寿司
昼→おにぎりと大量の唐揚げ。唐揚げは食いきれず
夜→カレーライスとワインにコーラ

2007年10月14日(日)[フォークランド諸島二泊目]

★フォークランド諸島の詳しい情報はココにまとめました→

フォークランド上陸二日目である。
クレジットカードの使える高級ホテルへ移動する。
こうして貧乏人は無駄金を使い、無意味に疲れる。
しかしここは1日5ポンド(1,350円)でWi-Fiフリーなのが嬉しい。
ネット屋へ行けば、一時間8ポンドもかかるので、お得なのである。

インフォメーションセンターで情報収集するが、クレジットカードの使える島内ツアーはないようだ。
明日、銀行でポンドを入手できないと事態は最悪になる。
全ては明日だ!

貧乏なので、スーパーでカップ麺とパンを買って、ホテルへ戻り昼飯とする。
カップ麺はお湯がぬるくて不味かった。
悲しい。

2007-10-14p010.JPG

Fuji旅館で揚げた鳥の唐揚げも食べるが、そろそろ腐るかもしれない。
食べきれず捨てる。

マゼランペンギンを見るため、二時間かけてGypcy Pointへ歩く。
パタゴニア以上の強風で、かなり歩きにくい。

2007-10-14p106.JPG

苦労したわりには、収穫は遠くにペンギン6羽のみ。
まだペンギンのシーズンには早い模様で、
フォークランドへ来たのは失敗か…と頭を過る。
フォークランドには、座礁した船がそのまま朽ちている↓

2007-10-14p129.JPG

昨夜と同じレストラン“Shorty's Diner”で焼き蕎麦らしき麺と、ベイクドポテトとコールスローサラダ、ビール小瓶にコーラで30ドル(3,450円)也。
やはり腐ってもイギリス。
死ぬほど物価が高い。
残金490ドル。

2007-10-14p136.JPG

義裕、夜から仕事。
ったく、フォークランドに来てまで仕事かよっ!

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→義裕はカップラーメン、カレー味。祐子はパン。
夜→義裕は焼きそばらしき麺。祐子はベイクドポテトとコールスローサラダ

2007年10月15日(月)[フォークランド諸島三泊目]

★フォークランド諸島の詳しい情報はココにまとめて苦労しましたわ→

義裕は、朝方までほぼ徹夜に近い仕事。
朝飯食って寝る。
祐子が銀行の窓口で預金の引き出しを交渉するも断られ、お金は下ろせず。
しかしクレジットカードでキャッシングに成功。

さっそく明日のペンギンツアーの予約をする。
サーバー不良でネットが出来ず、15時ごろ散歩へ。
ミュージアム等見学。

2007-10-15p052.JPG

今日はどんより曇った寒い1日。

海岸沿いを歩いていたら、推定95歳くらいの老婆に家に入れと誘われる。
老婆の話はあまりよくわからなかったけれど、窓から海が望め気持ちのいい家だった。

いつものDinerが休み。
他のレストランも休み。
しかたなくホテルで食ったら、30ポンド(約8,340円)。
激高。

義裕、朝方まで仕事。
なぜかフォークランドで忙しい。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→パン
夜→義裕はステーキ。祐子はカレー

2007年10月16日(火)[フォークランド諸島四泊目]

★死ぬほど疲れたフォークランド諸島の詳しい情報はココ→

フォークランド諸島には地雷がいっぱい↓

2007-10-16p187.JPG

エイドリアンの一万エーカーの牧場を前人未到の大陸を探検するが如く道なき道を走り、汚れなきキドニー湾へ至る。
キングペンギン、ロックホッパーペンギン(イワトビペンギン)、マカロニペンギン、マゼランペンギン、ジェンツーペンギンを発見する。
残念ながら、美しき入り江付近は軍の柵に覆われ、地雷地帯である。
ペンギンはその地雷地帯を歩いて海へ。
ときどき牛が柵を破って地雷を踏み爆死するそうだ。
ここの地雷は、100ポンド(45キロ)の体重で爆発する。
祐子は爆発する。

ホテルに戻り午睡。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→サンドイッチ
夜→義裕はチーズバーガーとビール。祐子はベイクドポテト

2007年10月17日(水)[フォークランド諸島五泊目]

★写真がいっぱいのフォークランド諸島の詳しい情報はココ→

1849年建造の家、Cartmell Cottageへ行くも予約していたのに留守。
誰もいない。
寒空の下、しばらく待つ。
結局電話で呼び出して、見学。
ったくよー。

2007-10-17p003.JPG

一番印象に残っているのが簡易木造トイレで、角が丸く艶やかで小物入れのように素敵でお洒落だった↓

2007-10-17p022.JPG

このトイレは水の代わりに土を使い、うんちょすを浄化する。
浄化はしないね、絡めるだけか。
しかしこのトイレを寝室に置くより、普通に隣の部屋のトイレを使った方がいいんじゃないかと思うんだが、イギリス人っていう奴はそんなに不精なのか?
そんなに我慢できない人種なのか?
尻の穴が緩いのか?

今のホテルは高すぎるので、重い荷物を抱えて、町外れから町外れまで歩き、安いモーテルへ引越しする。
フォークランドのツアーは、どれもこれも気が遠くなるほど高額だけれど、死んだ気になって、明日の戦場跡地ツアー、明後日のボランティア海岸ツアーの申し込む。
辛気くさいスタンリーの町を、郵便局、スーパー、土産物屋、スタンプ屋とセントロを縦横無尽に歩き回る。

寒く重い曇り空。

モーテルでネットがなかなか繋がらず。

アルゼンチン人のジャーナリストに「なぜフォークランドへ来たのか?」というテーマでインタビューされるが、すぐに撮影を止めてた。
たぶんボク等のスペイン語が耐えられなかったんだろう。
悪かったよ。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→ベークドポテト
夜→義裕はポークステーキとビール。祐子はベークドポテト

2007年10月18日(木)[フォークランド諸島六泊目]

★フォークランド諸島のうきうき情報はココだ!→

今日は一万エーカーの牧場を持つ男、エイドリアンの「フォークランド紛争激戦地」ツアーである。
一万エーカーの牧場を経営していても、こんなアルバイトもするあたりが金持ちなんだか貧乏なんだかさっぱりわからない。
で、彼の奥さんは“牛”って呼んでもいいくらいの巨漢でしかも顔が恐い。
どうしてそんな奥さんの話をするかって言うと、迎えに来た彼の車に、何故かむっちりしたスナックのホステス風の女性が乗っていて、友だちだって彼が言い張るからである。
途中、車が故障して一旦町に戻ることになり、代車を持って来る牛、いや奥さんにこのむっちり彼女を会わせるんだろうかと訝しんでいたら、町の外れでむっちりを降ろし、そして奥さんに会い、車を取り替え、またむっちりを拾うあたりが、エイドリアン、怪しすぎます。
気持ちはわかるよエイドリアン、気持ちは…。
でもねエイドリアン、この小さな町、どう考えても夕方には奥さんにばれてると思うな。

そんな怪しい二人と一緒に、フォークランド紛争の激戦地巡り。
朝は吹雪でもやがて晴れ、しかしほとんど重い曇り空と強い風。

2007-10-18p069.JPG

世界で最も南にある錆び付いた吊り橋。
兵士の墓。

2007-10-18p112.JPG

道なき道。
羊が逃げないためのゲート。
怪しい二人。
靴の墓場↓

2007-10-18p129.JPG

夜、ネットが繋がらなくて苦労する。

DVD『手紙』で泣く。
ボクが服役したら、果たして祐子は手紙を書くのだろうか?

【本日のお食事】
朝→モーテルの朝食
昼→サンドイッチ
夜→義裕はカレー&チップスとビール。祐子はマッシュポテト&ポテト&ソーセージ

2007年10月19日(金)[フォークランド諸島七泊目]

★フォークランド諸島のるんるん情報はココっす→

8時、“中部名古屋TOYOTAビスタ”のステッカーが貼ってあるTOYOTA Land Cruiserでフォークランド諸島のメインイベント、ボランティアビーチへ。
ツアーコンダクター兼運転手のアントニーは、アルゼンチン人の奥さんを持ち、アルゼンチンの学校へ通う娘さんとの三人家族であるが、フォークランドに住んでいるのは彼だけである。
どんな事情があるか知らないけれど、なんだか淋しいなぁ…。
スタンリーの町は雨が降り、郊外は曇りのち晴れ。
イギリス軍に撃墜されたアルゼンチンのヘリコプターの残がい。
やがて道から外れ、草原を走る。
さすが「紛争あるところにランクルあり」と呼ばれるだけのことはあり、起伏の激しい大地を自在に走る。
探検している気分だ。
キングペンギンのコロニーには、茶色い毛に覆われた巨大な子供ペンギンだらけ。

2007-10-19p043.JPG

ボク等は、好奇心旺盛な子供ペンギンたちに囲まれる。

2007-10-19p153.JPG

親は気品がある↓

2007-10-19p189.JPG

【本日のお食事】
朝→モーテルの朝食
昼→サンドイッチ
夜→義裕はガーリックチキンとビール。祐子はベークドポテト

2007年10月20日(土)[フォークランド諸島→リオ・ガジェゴス→]

★フォークランド諸島の最新情報はココかも→

約束の時間を三十分以上遅れたシャトルバスで空港へ。
重箱の隅を穿るような荷物検査を受けて、敢え無く醤油を没収される。
空港職員のおばちゃんに、日本人は中国語を話せないのかと訊かれ、もちろん日本人は中国語を話せないと断言したら、
その横に虚脱した顔の中国人青年がいて、ここから愛と感動の日中合作物語『中国人の青年は、上海に戻れるのか?』が始まる。

全然たいした話ではないので、かいつまんで説明すると、中国人の漁船員ゴーフィは、何故かフォークランドで漁船を降り、単身上海へ戻ろうとするのだけれど、
中国人はチリのビザが必要だからこの飛行機に乗れないのである。
という事を空港職員から説明されても、英語もスペイン語も話せないから、理解できなくてただひたすらじっとしているのである。
飛行機に乗りたいけれど、乗せてもらえない。
どうして?
と彼はひとり考えているのだろうけれど、貝のように口を閉ざしては、この局面を打開できないっすよ。
努力せい努力を!
そこで祐子がメモ用紙に漢字を書いて会話を試み、彼を窮地から救わんとするわけで、だけど問題はビザだけでなく、出国税45ドルを持っていないというところにもあり、状況は極めて難しい。
しかも、漢字は思ったより通じない。
結局、空港職員の関係各方面への電話攻撃でチリの警察に引き渡すことになり、飛行機に乗れたんだけどね。

アルゼンチンのリオ・ガジェゴスへ戻り、フォークランドはアルゼンチン領だからという国際的には通用しないような理由で入国スタンプを押してもらえず、ボク等はアルゼンチンの滞在期限三ヶ月が過ぎてしまった。
あーあ罰金だ。

深夜バスで、マゼランペンギンの待つトレレウへ向かう。

【本日のお食事】
朝→B&Bの朝食
昼→昼飯抜き
夜→リオ・ガジェゴスのバスターミナルの食堂で、義裕はハンバーガー。祐子はピザ

2007年10月21日(日)[リオ・ガジェゴス→トレレウ]

さわちゃん、とみさん、いただいた靴下は下の如くなり候。
もうあきまへんので、ここでお別れします
お疲れ様でした

2007-10-21u077.JPG

お昼前にトレレウ着。
昼間っから、中華のバイキング。
一人20ペソ也。
だって他にレストランが開いてないんだもんさ。

義裕は仕事。
祐子は洗濯、マゼランペンギンの待つプンタ・トンボツアー探し。
しかし日曜日なので、ほとんどが休み。
それはやす君の情報どおりだった。

夜、義裕は仕事。
高い金を払っているのに、部屋でネットが通じない。

【本日のお食事】
朝→朝食抜き
昼→中華のバイキング。一人20ペソ
夜→パンとバナナ

2007年10月22日(月)[トレレウ→プエルト・マドリン]

昨夜、部屋でネットができなかったとレセプションに訴えるも、ケンモホロロ…。
アルゼンチンはこういう事が多い。
時々不愉快になる国だ。

プンタ・トンボへマゼランペンギンを見に行く。
シーズンには早過ぎて、ペンギンが少ない。
と言う事を、ベルギー人と話しあう。
ベルギーに寄ったら、家に来いと言ってくれたので、
一応ボクも、日本に寄ったら家に来いと言ったけど、日本に来ることはないらしい。
まぁ北海道の超田舎、東川だと、かえって迷惑だろう。

ちなみに初めてベルギー人に会ったとき、ベルジューと言われてさっぱりわからず、フランスの北と言われても理解できず、ヨーロッパにはまだまだ未開の国があるんだなぁと思ったもんである。

ちなみにドイツも“アレマン”って言われて、東欧のなんとか三国のひとつだと勘違いしてた。

午後、トレレウへ戻り、そのままバスを乗り継いでプエルト・マドリンへ移動。

プエルト・マドリンの海岸線を散歩して、タトゥーでも入れようかと冷やかして、なんだかんだと暇なので片耳にピアスの穴を開ける。
右耳だけだと、ゲイって意味だったなぁって思い出したときは既に遅かった。
右耳だった。
ゲイじゃありません。
左耳だと“勇気と誇りの象徴”だったそうで、エライ間違いをしてしまった。

2007-10-22u120.JPG

【本日のお食事】
朝→ホテルのバイキング
昼→なし
夜→久しぶりの自炊。ステーキと味噌汁


★快適宿“hi! Patagonia Hostel”の情報は→

2007年10月23日(火)[プエルト・マドリン二泊目]

バルデス半島ツアーへ。
鯨に感動。
でも写真に撮ってもつまらない↓

2007-10-23p088.JPG

オルカに会えず。
ペンギンに飽きた。
アザラシは見てもあまり面白いもんじゃない。
帰途、バスが故障し、二時間も公園で放置される。

コンサルをやってるという怪しげなケンちゃんは、この五ヶ月間の道中、カジノで二百万円をすったというからたいしたお人だ。
メグミちゃんのお父さんは、娘がハワイにいると信じているけど、実はね南米にいますよ。
しかも無断で横浜の家を引き払って、彼と鹿児島に引っ越しちゃいましてね、
でね引っ越した後、彼と別れちゃたんで、荷物だけ鹿児島。
で、今は新しい彼アキラ君と旅行してますわ。
複雑ですねぇ?。

【本日のお食事】
朝→ホステルの朝食
昼→おにぎり
夜→ピザとタコス


★快適宿“hi! Patagonia Hostel”の情報は→

2007年10月24日(水)[プエルト・マドリン三泊目]

ここの宿“hi! Patagonia Hostel”の居心地がいいもんで、延泊。
宿“hi! Patagonia Hostel”のご紹介はココ→

日記、NHKの執筆。

バスのチケットを買いに、散歩。
暑い。

夜、大アサード(焼肉)大会!!!!!!
宿のご主人ガストンの炭焼きの技術は南米一かもしれない。
最高の焼き具合で、美味しいこと美味しいこと!
また従業員ロドリゴの作った緑色のチミチュリの美味いこと美味いこと。
またまたアイルランド人の味付けした鶏肉の美味いこと美味いこと。
ちょっと酸味だあって、初めての味です。

宿“hi! Patagonia Hostel”のご紹介はココ→

【本日のお食事】
朝→ホテル朝食
昼→インスタントラーメン
夜→アサード大会!!!!!

2007年10月25日(木)[プエルト・マドリン四泊目]

のんびりと日記をしこしこ書き、その他ネット三昧。

祐子に顔の産毛やら髭やらを沿ってもらい、すっきりする。
心なしか顔の輪郭がはっきり、くっきりした。

祐子、昼寝。

ベルギー人のディーテルとピーターにビールをご馳走なり、談笑する夜。
ベルギーへ行けば、彼等を頼るのだ。

【本日のお食事】
朝→ホステルの朝食
昼→お菓子
夜→ステーキ


★快適宿“hi! Patagonia Hostel”の情報は→

2007年10月26日(金)[プエルト・マドリン→]

朝食後、ガスターと経済について語り合い、荷造りし、時間をつぶして、ブエノス・アイレス行きのバスに乗る。
ひたすらバスの中。
寝るのみ。

今週末はアルゼンチンの大統領選で、現職大統領の奥さんでほぼ決まりらしい。
昨今のアルゼンチンは物価が高騰していて、得意の崩壊も間近だそうだ。
そんな雰囲気のバブル臭い建築ラッシュのプエルト・マドリンを去る。

【本日のお食事】
朝→ホステルの朝食
昼→ホットドック
夜→菓子パン


★快適宿“hi! Patagonia Hostel”の情報は→

2007年10月27日(土)[→ブエノス・アイレス]

お昼、半年振りに日本旅館着。
半年以上の長期組みが、6人くらいに減っていて、全体的に静かだ。

DVD『わたしたちの教科書』2話から最終話まで一挙に鑑賞。
漫画『寄生獣』全巻をイッキ読み。
祐子は、あだち充の『KATSU!』を読み始める。
こうして日本旅館では休む暇がない。

あいにく日本旅館のパソコンは、故障しててネットできず。
ケーブルを繋げて、通信設定ソフト“speedy”のインストールを試みるが、
OSがあわず繋がらん。
ネット屋を探し、最新バージョンをダウンロードしてインストール。
通信成功!
祐子ブエン・トラバッホ!
のち祐子は、ソフトは必要ないことを証明する

【本日のお食事】
朝→なし
昼→みそらーめん
夜→かんづめとご飯


★日本旅館の情報は→

2007年10月28日(日)[日本旅館二泊目]

大統領選挙の日曜日。
アルゼンチンの得意技、現大統領の奥さんが当選す。
こんなんでマチスモ(男性優位主義)の伝統を守れるのか?
どうでもいいけど…。

宿の上空にほとんど音のみのしょぼい花火があがる。
宿の前をキリスト教の力ない行進あり。

午後、セントロのバスターミナルへカラファテから送った荷物を取りに行くが、
あいにくバス会社は定休日。
無駄骨だった。

“上野山荘ブエノス別館”へ花束を抱えて、表敬訪問する。
交通至便、手動エレベーターの弱弱しい灯、NHK、
天井の高い伝統的建築、陽のあたる外廊下、
ベランダの燻し黒の大きな壺、福福しいあすかちゃん。

“上野山荘ブエノス別館”の2-300メートル手前で、背中一面に酸っぱい液体をかけられる。
唾かけ強盗。
片手にティッシュを握ったおっさんの呼びかけを無視して現場を離れ、被害に遭わず。

漫画『勇牛』を読む。

祐子が“speedy”がなくてもネットに繋がることを発見
祐子のネット関係の成長が著しい

義裕、仕事少々。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→マクドナルド
夜→パスタ


★日本旅館の情報は→

2007年10月29日(月)[日本旅館三泊目]

午後、セントロへ。
カラファテから発送したダンボール二個を受け取り、“上野山荘ブエノス別館”へ持ち込む。

昼食のマクドナルドが楽しみだ。

義裕、少々仕事。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→マクドナルド(Big Tasty)
夜→カレー


★日本旅館の情報は→

2007年10月30日(火)[日本旅館四泊目]

祐子、セントロの美容院へ。
髪の毛が痛むと言って、パーマはかけてもらえず、髪染めのみ。
アルゼンチンの美容院は相変わらず頭がカタイ。

喫茶店で本を読んでいたら、買い物袋をぶら下げたタケ君が通り過ぎる。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→三日連続マクドナルド
夜→カレー


★日本旅館の情報は→

2007年10月31日(水)[日本旅館五泊目]

朝、雨。
漫画を読んで、DVD『ローレライ』を観て、雨だというのに洗濯した。
干せないじゃん。

【本日のお食事】
朝→そうめん
昼→なし
夜→ステーキ


★日本旅館の情報は→

2007年11月01日(木)[日本旅館六泊目]

DVD『TRICK』を観まくる。

義裕麻雀。
なかなか勝てませんなぁ…。
どうしてだろ?

NHKの原稿を送信する。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→納豆とソーメン
夜→ステーキ


★日本旅館の情報は→

2007年11月02日(金)[日本旅館七泊目]

DVD『恋に落ちたら』を観始める。
えんえんと観る。
日本にいたらジャニーズ系のドラマなんて、馬鹿にして絶対観ないけれど、
どーしてこれがなかなか面白い。
夢中だ。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→納豆ごはん
夜→パスタ


★日本旅館の情報は→


2007年11月03日(土)[日本旅館八泊目]

DVD『恋におちたら』。

イツコさん邸にて、ルイスの焼くアサード(バーベキュー)をご馳走になる。
アンティパスト(前菜)のチンチュリン(牛の小腸)が、烏賊腸の如く大人の味で美味。
精力がつくらしいが、精力は薄いほうが面倒がない。

【本日のお食事】
朝→パスタ
昼→ぽきんちゃんの置き土産のソーメン
夜→イツコさん邸アサード。ワインを飲んで、肉食って、贅沢な夜だ


★日本旅館の情報は→

2007年11月04日(日)[上野山荘ブエノス別館へ引越し]

たぶん“唾かけ強盗”に遭った。
金銭類の被害はないけど、背中と頭に酸っぱい液体をかけられてしまった。
ブエノス・アイレス油断するまじ。

話題の新しい日本人宿“上野山荘ブエノス別館”へ引っ越す。
築80年のフランス風のこの建物は、手動式のエレベーターが古式ゆかしく、
天井が高く豊かな気持ちになれる。
ベランダから見下ろすスイパチャ通りは、アルゼンチン人の活況が望め、悪くないもんだ。
しかも斜め向かいのピアノ・バーは、噂によるとストリップ劇場らしい。
確かめねばなるまい。

2007-11-11p064.JPG

28リットルの小さなバックパックにWindowsとMac、電脳類、バイク用のサイドバック二個に衣類等、ズタ袋にデビルス・スティックやらなんやらを詰め込み、鞄だらけで持ちにくくかなり疲れる。
休み休みでないと歩けない。
60リットル以上のバックパックがひとつないと辛いが、心配御無用。
明日、コバ氏が日本から持って来てくれるのだ。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→マクドナルド
夜→親子丼


★上野山荘別館の情報は→

2007年11月05日(月)[上野山荘ブエノス別館二泊目]

東京から青年実業家、コバ氏が来る。
季節はずれの夏休みで、4泊5日のブエノス・アイレス旅行であり、
わざわざ愛に(会いに)来てくれたのである。
祐子と二人、一族郎党、一致団結して、誠心誠意、接待に心がけ、
この機会に一宿一飯の恩を売りたい

で、コバ氏が持って来てくれた物の数々…

一、ボク等のでかいバックパックひとつ→これでブラジルに行けます!
二、鰹節、乾燥ワカメ、海苔→旅の必需品です
三、漫画『るろうに剣心』三冊→アルゼンチンの女子大生ビッキーへのプレゼント用
四、焼きあご→皆と分けて食べた。美味しかった
五、短いキャップなしのボールペン、付箋、キーホルダー
六、永谷園のふりかけ→朝飯、昼食に大活躍!
七、単行本、沢木耕太郎『凍』、松さんセレクションのDVD
八、その他、とろろ昆布とか

青年実業家コバさんを“ぱしり”扱いして申し訳ない。

コバさんを迎えた晩飯は、アルゼンチンならではのステーキ、豪華にひとりオーバー500グラム。
お味噌汁にご飯、そしてサラダ、和洋折衷でございます。
お味は如何でしょう?
お気に召してくれると嬉しいのですが…。
それにしても500グラムのステーキは多すぎたかもしれませんね。


★上野山荘別館の情報は→

2007年11月06日(火)[上野山荘ブエノス別館三泊目]

【コバさん滞在二日目】

えーとコバさん、アルゼンチンはタンゴ発祥の地でございますので、
ぜひタンゴショーを観にいきましょう。
近頃評判の良いタンゴ・ショー“SEXTETO MAYOR”の格安チケットは、残念ながらSOLD OUTでした。
お生憎様様でした。すみません。
で、念のため劇場へ直接電話してみましたが、空席は260ペソ(格安チケットは50ペソ。5倍以上!)もするので、諦めました。
代打のタンゴ・ショーは“El Viejo Almaen”です。
これだって、なかなか悪くないそうです。
我慢してください。
※コバさんは事情があって、翌日もこのショーを観る羽目になる。

2007-11-06p021.JPG

で、コバさんコバさん、ブエノス・アイレスにはコバさんの大好きなスーパースター、マラドーナがいます。
ぜひ会いに行きましょう!
152番のバスに乗って、危険だ危険だと言われるBoca地区へ向かい、終点で降ります。
この汚い海が、ブエノス・アイレス最初の港でございます。
その昔はずいぶんと栄えたそうでございます。
写真を撮りましょう。

路上のタンゴの見事な太もも。パンツも見えます↓

2007-11-06p032.JPG

海を左手に見ながら、ちょちょちょいと歩くと見えるこの安っぽいペンキ塗りした地区が、カミニートと申しまして、マラドーナに会えます。
ほらっ、いた。
あそこです。
あの偽者のユニホームを着た太ったおじさんが、マラドーナです。
10ペソ払って写真を撮り握手をしましょう。

カミニートを少し歩いてみましょう。
えっ、なんですか?
この馬の油絵がほしい?
変わった人だねあんた。
というわけで、コバさんが油絵を購入。

2007-11-06p064.JPG

で次は、かの有名なボカのスタジアムへご案内いたします。

帰路、危ない危ないと言われるボカ地区ではございますが、
死んだ気になって歩いてみましょう。
Irala通りをひたすら北へ向かいます。
ぼやぼやしてるとオヤジ狩りに遭うので、足早に行きましょう。

ただ黙々と歩いても疲れるだけなので、Plaza Dorregoという小さな公園で一服。
ふとあたりを見渡せば、あそこでアクセサリーを売っている怪しい外国人、どうやら祐子のお友達ですね。
オラっ! ケッタル?
偶然じゃん、コロンビア以来じゃないですか?
ご紹介いたします。
コチラは、コロンビア人のビクトールです。
コチラは、日本人のアミーゴ、コバさんです。

夜10時、タンゴ・ショー“El Viejo Almaen”観劇するため、夜のブエノス・アイレスを歩きに歩く。
途中、おっくんやタケ君の路上パフォーマンスを目撃して、これが非常にくだらないのだけれども、
爽やかに情熱が迸りなかなか興味深いのである。
商店街のアーケードに座り込み、エアーギターを弾いて歌っているんだけど、
ボクもあと20歳若ければ参加したかった。
そしてさらに歩き続ける。

★タンゴは熟女系!
今宵のタンゴは、太ももフェチ、熟女系には堪らない一品だったんじゃないでしょうか。
悩ましいのか逞しいのか、この太もも。

2007-11-06p103.JPG

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→ピザ
夜→深夜のレストラン


★上野山荘別館の情報は→

2007年11月07日(水)[上野山荘ブエノス別館四泊目]

【コバさん、三泊目】

コバ氏、単身イグアスの滝へ日帰りで旅立つ。

宮部みゆき『火車』を再読。
蛇は足が欲しくて脱皮を繰り返し、足が生えたように見える鏡を買うものだ。

日本旅館在中のクミコちゃんが来宿。
世間話。

コバ氏が帰国する際、邪魔臭くなった荷物(バイク用品とかキャンプ道具とか)を持って帰ってもらおうと図々しいことを企み、
荷造りに精を出す祐子。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→チャーハン
夜→鳥の唐揚げ


★上野山荘別館の情報は→

2007年11月08日(木)[上野山荘ブエノス別館五泊目]

【コバさん、アルゼンチン紀行四泊目】

今日は、ブエノス・アイレス観光へ参りましょう。
まずは、エビータの眠るレコレータ墓地へ。
ここのお墓は、ひとつひとつがそのまま立ち飲みバーになるんじゃないかと思うくらい、
立派なんでございます。

2007-11-08p027.JPG

現代美術館、国立美術館とはしごして、コバさんはモダンな皮の鞄を購入してました。

男を磨くため、煩悩を昇華し消化するため、アルヘンティーナをより深く理解するため、
充実したナイトライフのために、
深夜、旅人が寝静まってから、おっくんと三人でストリップへ潜入。
おっくんは子供好きだが、大人も好きなようで守備が深い。
マグナム・コバ氏の勇猛果敢なドリブル、そして炸裂するシュート。
差しさわりがありすぎて詳しくは語れないが、
まぁそんなこんなの民族を越えた有意義な交流会だった。

【本日のお食事】
朝→唐揚げ
昼→美術館内のレストラン
夜→蕎麦


★上野山荘別館の情報は→

2007年11月09日(金)[上野山荘ブエノス別館六泊目]

【コバ氏、愛と青春の旅立ち】

コバ氏にボク等の重い荷物を託して(邪魔になったキャンプ道具類を日本へ持って行ってもらう)、
お見送りをする。
来年は、祐子のお母さんをヨーロッパ(スペインが濃厚)へ同伴してくださいな。
と厚かましくて図々しい予約をしておく。

【反省】
女子大生ビッキーを紹介できなかったこと
サッカーの試合を観戦できなかったこと
やたらと歩かせたこと
同じタンゴ・ショーを二度観ることになったこと
初日の晩、女子ドミに泊まらせたこと
コバさんのパソコンが、ワイヤレスのネットに繋がらなかったこと
とにもかくにも重い荷物を持ってきてくれて、持って帰ってもらったこと

【コバ氏の忘れ物】
コンセントとカメラの充電器

【本日のお食事】
朝→ホットケーキ
昼→レストラン
夜→お蕎麦


★上野山荘別館の情報は→

2007年11月10日(土)[上野山荘ブエノス別館七泊目]

義裕、仕事をしよう。

【本日のお食事】
朝→
昼→
夜→三色丼


★上野山荘別館の情報は→

2007年11月11日(日)[上野山荘ブエノス別館八泊目]

義裕は仕事。

ケンイチ君、まゆみちゃんと四人でサッカー観戦へ出かける。
ボカ・ジュニアーズv.s.ベレス・サルスフィールド。
ダフ屋から一人27.5ペソでチケットを購入す。
チョリパンが美味いなぁ。
警官にペットボトルとライター没収されてしもうた。
垂れ幕が邪魔でゴールが対面のゴールが見えないじゃん
誰かの大麻が臭いよ。
ボカの圧勝でめでたしめでたし。
試合中、でたらめに応援歌を歌い、フーリガンの目を欺く。
全力で応援してないと、殴られそうな勢いだった。

試合後、バスがなかなか来ないので、物騒な夜のブエノス・アイレスを親父狩りに遭わぬよう足早に歩く。
地下鉄の駅は遠い。

部屋で、DVD『イニシャルD』を観る。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→チョリパン
夜→中華パリージャ食べ放題


★上野山荘別館の情報は→