|  Top  |  Menu  | 

« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年03月01日(木)[Esperansa→El Calafate]

ゆっくり準備して、のんびりと出発するも風強し。
ところにより霰。

2007-03-01p014.JPG

レストランで入店を断られる。
貸切だったのだろうか?
それとも一見さんだから…?
それにしても冷たいよ。

Fuji旅館は案の定満室なので、裏庭にテントを張る。
吹き荒れる風の中、初めてペグを打つ。
ファスナーが壊れていて、寒い。

ワイン一本。

これからスクーターでブエノスアイレスを目指すのは、面倒だ。
というので、家族会議の結果、とりあえずブエノスアイレス行きは飛行機かバスに変更。
イースター島から帰って、ゆっくりブエノスアイレスへ走ろう!

本日の走行距離★★mile(★★km)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月02日(金)[Fuji(藤)旅館二泊目]

ネットでLAN航空で予約するも、間違ってアルゼンチン人用の安い航空券を買ってしまった。怒られるだろうか?
外国人料金は、倍の200ドル。
今さら、そんな金額を払いたくない。

個室へ移動できて嬉しい。

体調が悪いサブロー君にテントを貸したけど、
ごめんね。ファスナーが壊れているのよ。
かえって気の毒なことをしたかもしれない。

手捏ねハンバーグの夜。

ワイン一本半。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月03日(土)[Fuji(藤)旅館三泊目]

Fuji旅館のパソコンのパスワードが判明し、僕らのパソコンでネットがようやく繋がる。
ここで越冬するために、次はHub、そしてワイヤレスを狙いたい。

魚釣り組からのお裾分け、刺身と寿司が美味い。
こういう川魚って、寄生虫はどうなんだろう?
藤田紘一郎先生によると、危なかったような気がするけれど…。

徹夜で麻雀。
タビフーフ役マン!

ワイン一本半。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月04日(日)[Fuji旅館四泊目]

大量出発組を見送って、宿は一瞬にして閑散とする。

奮発してキロ22ペソ(700円)のステーキ肉(ロモを調べると背肉、ひれ肉のこととある。ひれ肉を調べると、腰骨の左右にある細長い肉とある)を購入。
やっぱり高い肉は柔らかくて最高だ。
ワイン一本。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月05日(月)[Fuji(藤)旅館五泊目]

ビデオ「カラファテの日々」の撮影と編集。
完成したビデオはココ→
夕食はカレーライス。
ワインとビールで飲み過ぎた夜。
明朝は、釣りだ。
早起きしなくては。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月06日(火)[Fuji(藤)旅館六泊目]

2007-03-06u014.JPG

前夜の深酒で豪快に寝坊してしまい、6時に出発できず。
ロカ湖で釣り。
晴天無風の穏やかな空の下、時々昼寝。
竿を振る音とリールの巻取り音。
水面を跳ねる魚、行進する鴨と牛の糞。
世の中、平和である。
我が家は釣果ゼロ。

サブロー君の釣り上げたレイクトラウトとチョンミンとキレンさんの虹鱒で、豪勢な刺身と寿司がやはり美味い。
が、寄生虫がいないかと不安だ。

ビデオ「カラファテの日々」の編集。
ビデオ編集ソフト“Power Director Express”の編集機能ではもはや満足できない。

麻雀でささやかなプラス。
久しぶりの休肝日。
コーラとコーヒーを飲んで過ごす。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月07日(水)[El Calafate→Buenos Aires]

午前中いっぱいかけて荷造り。

アルゼンチン人用の格安航空券が使えるか心配だ。
僕らは思いっきりの東洋人顔だから、バレナイ筈がない気がするし。
「キミらはアルゼンチン人ではないじゃないか!」
と指摘されずにブエノスアイレスに無事到着。
やれやれ。

夜中、安宿のVictoria着。
この夜は、Wi-Fiを受信できず。

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月08日(木)[Buenos Aires二泊目]

朝から雨。
食事以外に外出できず。

雨なので、この宿でできることといえば、どこからか流れてくるWi-Fiを受信してネットすることだけ。
しかしそれはそれで幸せだ。
なんせ無料なのだから。

【大問題発生!】
ドメインの期限切れで、メールの送受信ができない。
HPの閲覧、更新ができない。
サーバーも使用できない。
hotmailで凌ぐ。

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月09日(金)[Buenos Aires三泊目]

レティーロ駅まで歩き、電車に乗って二駅目のチャイナタウンへ。
イースター島行きの食材(米3キロ、インスタントラーメン14袋、醤油、ワサビ、梅干、海苔ほか)を買いあさり、スブテ(地下鉄)で戻る。

義裕は床屋。
15分とかからないで、10ペソ。

夜、号泣するというTanguera(一番前の席で75ペソ、コーラ10ペソ)を観劇して感激。
タンゴはかっこいい。
CDを買う。
しかしこれよりかっこいいのは、ミュージカルの"Forever Tango"なのだ。

【本日のお食事】
朝無し
昼、バーガーキング
夜、ゆで卵入りインスタントラーメン

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月10日(土) [Buenos Aires四泊目]

ペルー通りを北へ進み、フロリダ通りをコロドバ通りを西に入り、祐子はパーマ。
がっちしアフロにしてほしかった。

路上で見かけたギターの弾き語りの親父、出鱈目で全然曲になってなかったが愛嬌あり。
アコーディオンの子供は、可愛い気がない。
歩道に座り込む物乞いの女性は、磨けば綺麗じゃないだろうか。
それにしても遠かった。
疲れた。

カナッペがひったくりに遭って、ひきづられ負傷する。
これで4回目の被害とはある意味すごいが、指の怪我が心配。
すぐにパスポートを再発行してくれるだろうか?

明日からイースター島だ!

【本日のお食事】
朝、義裕はゆで卵入りインスタントラーメン。祐子は饅頭。
昼、マクドナルド。
夜、ご飯とインスタント食品の牛丼と焼肉。

ビクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月11日(日)[Buenos Aires→イースター島]

さていよいよ今月のメインイベント太平洋の孤島、イースター。
南米、金がかかる三大島(他は南極とガラパゴス)の最後、イースター島への旅立ち。

空港の搭乗口でぼんやりしてたら、何やら聞き取りにくいスペイン語の放送がありまして...。
と、突然どよめきと喚声が起こり、立ち上がる人々、カウンターに詰め寄る人々。
場内騒然。
隣のおばさんにどうしたんですか?って訊いたら、
飛行機が飛ばないのよって
マジっすか?

僕らは幸いにもキト便に振り分けされ、サンティアゴへ到着。

サンティアゴのバッゲージクレームでぼんやり荷物を待っていると...。
目の前で空港職員に詰め寄る人々、怒鳴るおばさん。
険悪な雰囲気。
どうやら預けた荷物が着かなかったらしい。
あー、なるほどねぇ、そりゃ怒るわ。
それにしても僕らの荷物はどこだろう。
...とうとう出てこなかった。
手荷物(パソコン二台とインスタントラーメン)だけで、イースター島入島。
幸先悪し。

キャンプ場"ミヒノア"のテントを借りて宿泊。
宿泊客は、ほとんど知った顔ばかりの日本人、この宿で最大勢力なり。
名物の癇癪持ちの奥さんマルタが里帰りしてたのが幸いだ。

晩飯はインスタントラーメン。

2007-03-10u064.JPG

波の音を聞きながら飲むビールが美味い。
さすがポリネシア!

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月12日(月)[イースター島二泊目]

まだ風邪気味のやすやす君たちの旅立ちを見送って、セントロから海岸までぐるりと散歩三時間。
目当ての博物館は休館日だった。
“歩き方”に書いてあるじゃん。
ガイドブックは読まないと意味がない。

モアイ像にご対面。
太平洋を背に立つモアイ。

2007-03-12p004.JPG

それにしても目の入ったモアイは間抜けだね。
非常に嘘臭い。
なにかの間違いじゃないかと疑う。

夕方、夕陽マニアのアサヨさんの後を追って、海岸沿いを歩く。
その僕らの後を追って来る宿の犬、トケラとウリ。
トケラが走る車の前に立ちはだかって、あっさりと轢かれてしまった。
キャンキャン泣きながら50メートル爆走しうずくまるトケラ。
たぶん足が折れたんじゃないかな。
犬は激痛をどう考えているのだろう。

そんなこんなで夕陽は沈んでしまった。

【本日のお食事】
朝食は、インスタントラーメン
昼食は、スパゲティカルボナーラ
夕食は、チキンカレー

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月13日(火)[イースター島三泊目]

イースター島の名物はマグロだ!
というわけで、沖から引き上げてくる小船を見て漁港まで走り、コーイチ君がマグロ2.5キロを8,000ペソで購入。
カマが捨てられていたのが残念だがしかたがない。
サンポさんとケンちゃんに捌いてもらい、夕食の刺身に。
次回は自分で三枚に下ろしたいものだ。

アサヨさんたちを見送り、荷物を引き取ってから、義裕は激しく仕事に燃える萌える。
レストランでピザを食べながら。
「サルサ・デ・ピカンテ(辛いもの)をください」
って言ったら、ワサビを出すかね。
意外にピザとワサビがあい、驚く。

空港で失くされた荷物を受け取る。
残念ながら僕らの保険はロストバッゲージには利かないので、どうやってLAN航空から金をふんだくろう。
スペイン語でそんな交渉ができるだろうか。
難しい課題を残す。

冷蔵庫の缶ビールがない!
誰だよ盗ったの。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はパン
昼食は、ピザ(外食)
夕食は、まぐろの刺身

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月14日(水)[イースター島四泊目]

旅立つアミーゴたちを見送った後、ネット屋とレストランに籠もって仕事仕事仕事。

「祐子祐子」と声を掛けてくれるレストランの女将の兄弟は男11人、女11人の総勢22人。
テレビに出れそうだ。
彼女がモアイチョコレート(日本向け)作りの内職をしてたので、ビデオ撮影。

ネット屋の隣のレストランの従業員は、民族衣装を着ていて素敵だなぁ、写真に撮りたいなぁと見ていたら、単なるオカマだった。
俄然撮影したくなったけど、かえって撮りにくくなってしまった。
髭の剃り跡が隠れてないけど、黄色い声で喋るしぐさがかわいいと言えばカワイイ。
オカマは新宿二丁目もここも変わりがない。
このイースター島にオカマ仲間がいるのだろうか。
心配になる。

評判のアイスクリーム屋は休み。
夕方から激しい雨。
肌寒い夜。

2007-03-14p003.JPG

仕事をさっさと終わらせて、観光がしたい。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はごはん
昼食(外食)→義裕はスパゲティ。祐子はサンドウィッチ
夕食は、鳥の煮込みスープ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月15日(木) [イースター島五泊目]

午前中、仕事。
午後からスクーターを借りて、やっとやっと観光開始。

トトラ葦にまだらに覆われた火口湖のあるオロンゴへ。
薄い岩を積み上げた外観が高級マンション風の儀式村跡。
敵部族を食べたという洞窟、アナ・カイ・タンガタ。
なぜか海を向いて立つ7体のモアイ像、アフ・アキビ。
モアイの頭に乗るプカオ(帽子、髷)の切り出し場、パナ・パウ。
洞窟、アナ・テ・パフ。

精力的に観光。

2007-03-15p057.JPG

●●ちゃん(名前を忘れた)が漁師から魚を貰って来た。
イースター島の漁師は優しい。
なんせ彼女、これから毎日魚をもらって帰ってくるのだから。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はごはん
昼食→海苔二段重ね弁当
夕食→ステーキ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月16日(金)[イースター島六泊目]

5時起きで、15体のモアイ像が立つアフ・トンガリキまでスクーターを飛ばし、日の出を拝む。
イースター島の夜明け前の暗闇は、肌寒かったり生ぬるかったり。

2007-03-16p021.JPG

午後、レストランで仕事をする義裕。

昨日漁師から魚を貰った●●ちゃんが今日も別の魚を貰って来た。
刺身にしていただく。
鯛に似て甘くて美味い。
しかしカマは生焼けだった。
犬の餌にする。

【本日のお食事】
朝食→おにぎりと玉子焼き
昼食→スパゲティ
夕食→スパゲティ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月17日(土)[イースター島七泊目]

午前中、弁当作りとネット。
午後からバギーを借りて、島内一周に出かける。
バギーはなかなか面白い。

2007-03-17p008.JPG

強烈なスコールが降る。
全身が濡れる。
晴れて強烈な日差し。
全身が乾く。
また強烈なスコール。
全身ずぶ濡れ。

2007-03-17p011.JPG

結局、雨に負けて引き返し、島の中央から北を攻める。
プカオ(帽子)を乗せた5体のモアイ“アフ・ナウナウ”、やはり雨に濡れてた。
明日は晴れますように!

ナオキ君が魚釣りに出かけて地元民からマグロを貰い、アヤちゃんとマグロカレーを食べてた。
それにしてもよく魚をくれる島民だ。

【本日のお食事】
朝食→義裕はインスタントラーメン。祐子はパン
昼食→弁当
夕食→カレーライス

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月18日(日) [イースター島八泊目]

8時、バギーで出発。
モアイ像と馬の前で食う弁当の美味いこと。
食後、モアイの切り出し場へ登ると、祐子の小さな悲鳴。
デジカメのメモリーがいっぱい。
引き続いて、義裕のやや大きな悲鳴。
デジカメの充電が切れた。
悲しい…。
僕らは悲しい。
もはやカメラがないと観光した気になれない身体だ。
山をぐるりと回ってすごすごと宿へ帰る。
天気がいいのに残念だ。
祐子とリベンジを誓う。

2007-03-18p007.JPG

ネットが遅くて、データ送信に苦労する。

【食事】
朝飯はインスタントラーメン。
あとは忘れた。

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月19日(月)[イースター島九泊目]

2007-03-19p039.JPG

朝一番デジカメの充電をバッチリ決め、アヤちゃんのバギーを借りて、モアイの切り出し跡“ラノ・ララク”へ走る。
はっきり言って“ラノ・ララク”はイースター島一番の見所だ!
誰もいない遺跡前で弁当を食べて、モアイ像の中で写真を撮りまくっていたら気がついた。
デビルススティックとお手玉を忘れた!
なんとしてもモアイ像の前でデビルススティックを舞い、お手玉のビデオを撮りたい。
これは最近の我が家のルールだ。
絶対するのだ!

面倒だけど、泣く泣く宿まで引き返す。
再び“ラノ・ララク”へ戻って、お手玉とでビルススティックの撮影。

2007-03-19p013.JPG

午後、ネット。

【本日のお食事】
朝→弁当
昼→チャーハン
夜→スパゲティ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月20日(火)[イースター島十泊目]

イースター島博物館へ。
日本語訳のガイドが役立ったが、読むのに疲れた。

秋田夫婦到着。
夕陽を見に海岸へ散歩する。
モアイ像の前で、地元青少年が歌を歌い踊ってた。

2007-03-20p022.JPG

半裸の身体に絵を描いた先住民の踊りと結婚式もあり、見所満載の夕陽だった。

2007-03-20p030.JPG

リョウ君とビールを飲む夜。

【本日のお食事】
朝→義裕はインスタントラーメン。祐子は果物
昼→贅沢して“居酒屋甲太郎”で焼肉定食
夜→スパゲティ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月21日(水) [イースター島十一泊目]

洗濯。
今日はのんびり過ごしたい。

ハンモックに寝そべって、漁船を見れば漁港へ走り、マグロを探す。
残念ながら、本日の収穫は大物だけなので買えず。

イースター島のビデオの編集。

リョウ君とこれぞイースターっていう感じのCDを探すが、見つけられず。

カオルちゃんの描くモアイ像はちょと変。
パーマはしてないよ。
リョウ君、カオルちゃんとビールを飲んで過ごすイースター島最後の夜。

【本日のお食事】
朝→インスタントラーメン。
昼→インスタントラーメン。もう厭きた。
夜→ステーキ

海に面した宿、ミヒノアの情報はココ→

2007年03月22日(木) [イースター島→ブエノスアイレス]

サヨナラ、オカマのモアイ
ロジェからモアイのペンダントを貰い、イースター島に別れを告げ、飛行機でブエノスアイレスへ。

2007-03-31p006.JPG

思い残すのは、オカマの写真を撮らなかった事。
とても悔しい。
撮りたかったイースター島のオカマ。

乗り継ぎのサンティアゴ空港で、搭乗ぎりぎりまでネット三昧。
接続放題で無料だからチリって国は偉い!

粉砕LAN航空!
さていよいよLAN航空との対決である。
ロストバッゲージの損害金をふんだくるのだ!
と鼻息荒くLAN航空の窓口の暇そうな親父に
「荷物を失くされた損害金を請求したいんだけど、窓口はどこ?」
って聞いてみた。鼻であしらわれたので重ねて、語調強めて、視線を鋭くして、サングラスをかけたりして斜に構え
「三日間、テントも張れず自炊もできず、写真も撮れなかった賠償金を払えぇぇぇ!窓口はどこなのさ?」
したらば彼に容赦なくスペイン語をまくし立てられたので、
「も、もっとゆっくり話してくれないか?」
って哀願してみたもののちーっとも加減してくれないし、横柄な態度に少々腹が立ち、ここからは日本語50パーセント、スペイン語40パーセント、英語10パーセントの三カ国

会話で混合で抗議をする。
もう言葉が通じなくてもいいのだ!
嫌がらせしてやる!
頼まれたってこの窓口から離れるもんかい!
ってオーラを全開放出。
激しくなる義裕の日本語攻撃と祐子のスペイン語。
しかししかし反省の色のないLAN航空。糞爺。
かえって蔑視と侮蔑の視線を投げかけてくるし、可愛くないったらありゃしない。
っていうか憎たらしい。
「★○■×△□▼☆×●★○■×△□▼☆×●…」
突然、後ろに並んだおっさんおばさんに割り込まれるが、
「NOOOOOOOOOOOOO!」
と邪険に返事して付き返し、カウンターを独占する僕ら。
どうやら彼らも荷物を失くされたみたいだけど、そんなの知るかいな。
僕らが先だす。
結局、僕らの日本語攻撃で得たものは、クレーム提出用の書類だけ。
それだけ。
そんなもんならさっさとくれよ。
義裕が日本語で辛辣な作文をして、祐子が頭を振絞りスペイン語へ翻訳する。
さてこのレポートがどのくらいLAN航空を動かすのか。
第一、返事がくるのか心配だ。

飛行機の免税カタログから、i-pod用の小さなスピーカーを買ってしまった。
贅沢しちゃいかん、贅沢は敵だと言いながら、16ドルの出費。
どーも最近、財布の紐が緩い。

2007-03-31p007.JPG

【本日のお食事】
朝→玉子焼きご飯
昼→機内食
夜→サンドイッチのようなものを空港内で

ヴィクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月23日(金) [ブエノスアイレス二泊目]

仕事して、マクドナルドでビッグマックを食べ、罫線のない白いノートを買う。
10円単位の買い物は慎重だ。
ケツの穴が小さい。

Fuji旅館をワイヤレスインターネットにするべく、パソコンショップを梯子してルーターを探す。
微妙にわからんWi-Fiの仕組みだが、なんとしてもFuji旅館をワイヤレスインターネットにしたい。するのだ!
とりあえず今日は市場調査だけ。

ホテルビクトリアでまたしても泥棒騒ぎ勃発。
泥棒が頻発しても居心地悪く無いんだわここ。
“数読”に没頭するショーゾー君と過ごす午後。

ショーゾー君をビデオ撮影して、プロジェクト“日本語教えます”が密かに起動。
後日ダイスケ君がこの企画を絶賛してくれた自信作。

【本日のお食事】
朝昼あわせて→マクドナルド
夜→ロモ肉を焼いてステーキ。トマトと梨。

ヴィクトリア・ホテルの情報はココ→

2007年03月24日(土) [ブエノスアイレス→カラファテ]

カラファテ行きの荷造りを終えて一息つく義裕。
その横でネットチェックをしていた祐子が呟いた。
「予約してた飛行機が飛ばないみたい…」
マジっすか!ホームページを見ると“CANSEL”の赤文字が点滅している。
マジかいっ!。
アルゼンチン人用の航空券を使っているのがバレタかな。
それは関係ないか。
とりあえず電話をしようってんで、電話屋さんへ出かけるが開店時間なのに留守。
しかたがないから公衆電話を探して電話をかけてみるけれど、一向に繋がらない。
なぜ?
小銭じゃ駄目なのかとテレフォンカードを買って使うけど、やはり電話は繋がらない。
どうして?
搭乗時間が迫って来て気持ちが焦る焦る。
ほかの電話屋を見つけて電話して、待たされて切られてを繰り返し、やっとこさ繋がって事情が聞けたけど、やっぱり飛行機は飛ばないらしい。
2時間後の変更便は、ウシュアイア経由のカラファテ行きで、これは日本語に翻訳すると、東京から博多経由で大阪に飛ぶようなもんである。
まぁしかしインチキして半額の航空券を買っているので文句は言えない。
墓穴は掘れない。オケツは掘れない。オケツに惚れない。
文句は言わないけど、先日書いた夫婦共作の檄文レポートを添乗員にそっと渡す。
なんにしろアルゼンチン人用航空券が使えて安心した。
締めて400ドルの儲け!
後日、テラさんもインチキしてアルゼンチン人料金でブエノスアイレスへ飛ぶ。

夜中、ウシュアイアからカクラダイスケ君とテラさんが来宿。
一杯やって4時過ぎに就寝。
テラさんは東川近辺に住みたいらしい。
ダイスケ君も北海道がいいかもって言うし、老後の友達が出来て嬉しい。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月25日(日) [Fuji旅館二泊目]

お昼に起きてソファでぼんやりしてたら、グーナイ君とユキちゃんが到着した。
アラスカから自転車で!
コロンビアの港町カルタヘナ、亀井旅館以来の再会である。

思い起こせばって言っても覚えていないのだけど、最初にあったのはユースケさんの講演会だ。
だから新宿になる。
偶然、写真の片隅に僕らが写っていたのだ。
こういうのは奇縁…とは呼ばないか。
同じ事を考えていたんだから。
単なる同じ穴の狢か。
因みに“狢”は狸ではない。
鼬である。

壊れたパソコンをグァテマラで川に流し、パタゴニアでは調理用に炭まで運んでいた壮絶なふたり。

【本日のお食事】
朝→無し
昼→インスタントラーメン“辛”
夜→ハンバーグ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月26日(月) [Fuji旅館三泊目]

“Fuji旅館を(勝手に)ワイヤレスインターネットにしよう!”プロジェクト遂行のため、ダイスケ君と電話会社を訪問。
けど2時で閉店してた。
早すぎる、まったく話にならない電話会社だ。
しかたない作戦を変更してパソコンショップを探そうじゃないの。
ダイスケ君の英語とネットの知識、祐子のスペイン語を駆使して、喧々諤々の末とうとうルーターを買ってしまった。
9,400円也!
大出費!
だけどね一日一ドルネットに使って五ヶ月だと、150ドルかかるから、まぁいいかって言い訳だな。

2007-03-31p018.JPG

コンセントが足りないだのケーブルの規格があわないだのと少々問題があったにしろ、無事にワイヤレス接続!
さすがダイスケ君、いい仕事をするねえ。

祐子、猛烈に仕事開始。
義裕は少々仕事。

森村誠一『殺人の組曲』を読む。
やっぱりたいして面白くないね。

【本日のお食事】
朝→昨日の残りのハンバーグ
昼→スパゲティ
夜→鳥の唐揚

【本日のお酒】
ワイン一本とビール

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月27日(火) [Fuji旅館四泊目]

秘密の電波がカラファテを飛ぶ
あー、ワイヤレスは楽チンじゃわいって喜んでいたら、
「接続速度が遅くなった!」
と、島藤さんからクレームが入ったので、泣く泣くルーターを外すことにする。
たぶん韓国チームがネットを使い過ぎてるんじゃないのだろうか。
彼らに教えるんじゃなかった。
しかししかししかしダイスケ君の巧妙なテクニックで、他人にはわからないように電波を飛ばすことにした。
で、島藤さんには、
「ワイヤレスは外しました」
とご報告。
これでワイヤレスは僕らだけの秘密。ネットはもう混むまい。
一件落着。

祐子は朝からずーっと仕事。

ダイスケ君の力を借りて、HPのMovable Typeのバージョンアップ。
Fuji旅館のウィルスソフトを新しくしたら、24個も感染してた。
健康そうに見えて感染しているもんだなぁ。
それにしてもなんにしてもダイスケ君のコンピュータの知識はすごいもんだ。
さずがビルゲイツを見かけたほどの男だ。
ぜひ北海道に移住してほしい。

我愛機“FMV-BIBLO LOOX T70K”のファンが絶不調。
不気味な音がウルサイ。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月28日(水) [Fuji旅館五泊目]

祐子は今日も一日中仕事。

義裕は仕事後、データ転送に苦労する。
データが重過ぎて(13メガ程度なんだけど)、いろいろ手間がかかり悪戦苦闘4時間。
一旦、ダイスケ君のニューヨークのサーバーへhttp(このCGIを覚えねば!)で送り、そこから東京のサーバーで転送するんだけど、ニューヨークへの送信時間が2時間。
ニューヨークと東京間が数秒。
この送信速度の違いはなんなんだ!
これからは分割送信を心がけなくては。

麻雀半チャン二回。
キレンさんの猛攻に耐え切れない!

不覚にも漫画『ヒット・エンド・ラン』に涙ぐむ。

【本日のお食事】
朝→義裕は卵ごはん。祐子はパン。
昼→スパゲティ
夜→ステーキ(ビュフェ・デ・チョリソ525グラム)

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月29日(木) [Fuji旅館六泊目]

東野圭吾『悪意』を読む。
そこそこ面白い。
先週サボってしまったNHKの執筆、日記。
祐子は朝から仕事。

夕食はテラさんの希望でFuji旅館名物の子羊のアサード。
二回目のアサード、子羊が全然臭くなくてやっぱり美味い。
なんだかんだで飲みすぎた夜。

将来、カクラプロジェクトに参加したいもんだ。
っていうかダイスケ君が一緒に越冬してくれると面白いんだけど。
大丈夫、僕ら夫婦は喧嘩しないから。

【本日のお食事】
朝→義裕は卵ごはん。祐子はパン
昼→ハム
夜→アサード
ビールにワイン。

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月30日(金) [Fuji旅館七泊目]

昨夜は飲みすぎた。
夕方までアルコールが残ってた気がする。

ダイスケ君のアシストで、祐子はパソコンのメンテナンス。
一、ウィルスソフトを“AGV FREE EDITION”に変更。
二、無駄なソフトの削除
三、WINDOWSのデザインを省エネ型に変更
Fuji旅館のワイヤレスルーターを撤去。
義裕は読書。

【本日のお食事】
朝→卵ご飯
昼→インスタントラーメン
夜→チキンカレー

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→

2007年03月31日(土) [Fuji旅館八泊目]

“旅旅人々(仮)”の撮影開始。
詳細は後ほど発表。

ダイスケ君の“旅ノート第六巻”を受け取る。
詳しくは、

http://www.kakura.jp/

とても素敵な計画だ。

グーナイ君から頂戴したGOODな本。

2007-03-31p011.JPG

Silver Wingの洗車をちょろちょろ。
祐子はダイスケ君とテラさんに渡す足環作り。
日記と読書、吉田ルイ子『自分を探してタビに生きてます』、昔読んだけどすっかり忘れているので再読。
ダイスケ君が旅立つ。
がすぐにウェストバックを忘れて戻ってくる。
冷蔵庫の中に、“大”と書かれたフルーツと肉があるんだけど、これも忘れたんじゃないだろうか。
テラさんからコッヘル、セーター(元はやすくんのもの)、ガムテープといろいろ貰ってありがたい。

2007-03-31p008.JPG

そして彼は中川町へ。

2007-03-31p004.JPG

グーナイ君が釣れないくせに釣りに行って、夜、祐子とマクラメ(腕輪作り)。
グーナイ君は稲本君から教わったんだが、稲本君に伝授したのは祐子だ。
ところで稲本君はどこにいるのだろう。

明日からブエノスアイレスを目指して走り出そう!
面倒だけど…。
最近、風が強いけど…。

【本日のお食事】
朝→義裕は夕べのカレー。祐子は卵ご飯
昼→残りのカレー
夜→ステーキ(ロモ)と野菜スープ

Fuji(藤)旅館では、来期の越冬管理人を募集しています。
管理人生活の詳細についてはココ→

Fuji(藤)旅館の各種ツアー料金等はココ→

Fuji(藤)旅館の情報はココ→