|  Top  |  Menu  | 

« 2007年 | メイン | 2009年 »

2008年01月01日(火)[ペンション園田十五泊目]

正月早々、Windows機が重体。

RIMG0217.JPG

ファンの故障で、この暑さに耐えきれなかった。
HDを守るため、帰国するまでWindows機は封印。
LANケーブルをMacへ接続しても、ネット上で日本語入力できない事が多々あり、早期解決を望むよ祐子。

昨日のお餅でお雑煮。

勝ち抜き卓球大会。
ロンゲのナオト君が優勝したので、翌日ご褒美のカレーを作ることになってしまった。
ちなみにボクは準優勝。

【本日のお食事】
朝→お雑煮
昼→カレーライス
夜→お餅

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月02日(水)[ペンション園田十六泊目]

卓球。

宿の若旦那↓

PICT0006.JPG

【本日のお食事】
朝→
昼→お餅
夜→シェアカレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月03日(木)[ペンション園田十七泊目]

卓球。
檀一雄『火宅の人』を読み終え、彼の凄まじき旅に真似したくもあり、したくなくもあり。
愛人とは面倒なものと見つけたり。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→オムライス
夜→レストランSHIROSAWAで食べ放題→次回はラーメンに挑戦したい!

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月04日(金)[ペンション園田十八泊目]

パラグアイの自動車運転免許を取得するため(パラグアイの免許証はブラジルでも有効だと、はじめ君の力説にのせられた)、病院へ出かけるが、来院時間が遅いと言われ、しかしそれはロンゲのナオト君が受付は11時までだと言うから、それでも10時ちょい過ぎに着いたのにもう駄目なのかいって思いながらも口にせず、追い返される。

農協のスーパーが年始の仕事始めなので、食料買い出し。

卓球。

新野剛志『八月のマルクス』を読み終え、ハードボイルドな日本人って、ただひたすら不気味だ。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→レストランSHIRASAWAのラーメン→このラーメンはどうかと思う。
夜→カレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月05日(土)[ペンション園田十九泊目]

卓球。

今宵はお好み焼き大会なので、みずえちゃんがマヨネーズ作りに勤しむ。
ボクとタイスケ君で豚肉を薄く切り、誰の発案かお好み焼きに餅を入れる。
はじめ君推薦の納豆味がなかなか美味しい。

【本日のお食事】
朝→インスタントラーメン
昼→スパゲティ・ナポリタン
夜→ホットプレートを借りて、お好み焼き

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月06日(日)[ペンション園田二〇泊目]

松本清張『影の車』

夜は、再び焼き鳥に挑戦し、賑やかにアサード。

RIMG0246.JPG

近所のパラグアイ人の女の子、18歳と15歳をゲストに迎え、狂気のサンバを踊るのりさん。

RIMG0253.JPG

今月オープンする壱番さんのカラオケスナックについて、店内レイアウトを考える。

祐子、ペンション園田のコテージ案作り。

駐車場奥の敷地を上から見て、左が二棟案(キッチン共同)。右が一棟案↓

RIMG0235.JPG

二棟案。
玄関なし。ベランダが入り口↓

RIMG0239.JPG

二棟案の一階フロア。中央が共同キッチン。
蛍光ペン部に二階があり、他は吹き抜け。
図面下側のストライプ線は、ウッドデッキ↓

RIMG0236.JPG

二階フロア↓

RIMG0238.JPG

一棟案。
ベランダが入り口↓

RIMG0242.JPG

一棟案の一階フロア。
手前に茅葺き屋根の東屋あり↓

RIMG0240.JPG

一棟案の二階フロア↓

RIMG0241.JPG

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→餅
夜→アサードと焼き鳥

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月07日(月)[ペンション園田二十一泊目]

パラグアイの自動車運転免許証取得のため、タイスケ君と再び病院へ行き採血される。
検査結果に“positive”とあり、いつの間にエイズに!っと、滝のような冷や汗を流し、不安で倒れかけながらよく読めば、血液型がrhプラスって事だった。
縮んだ…。
結局、血液検査は血液型を調べただけで、何の意味があるのか、パラグアイよ。
事故ったときに血液型がわかればそりゃ便利だけど、なんだか浅くないかい。
それより運転の練習の方が大切じゃないのか?

壱番さんの太鼓工房見学。

PICT0005.JPG

木を刳り貫く↓

PICT0026.JPG

かき氷を食う↓

RIMG0282.JPG

昨夜の残りの肉を一口大に切り分けて焼き、ニンニクを摺って焼き肉のタレを作り、錦糸卵を焼き、ひき肉を甘辛く炒め、ゆきちゃんは野菜を炒め、のりさんが炊飯器を抱え、居酒屋へ参上したのは夜。
12歳で移民した中島氏へあすかちゃんから預かった手紙を渡し、猟銃と一発二ドルの短銃とビールの夜は更けた。

【本日のお食事】
朝→
昼→スパゲティ
夜→居酒屋に持ち込んだつまみ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月08日(火)[イグアス移住区→エンカルナシオン]

朝一、自転車を飛ばして役所へ。
運転免許証を交付される。
バイクと車の免許証はそれぞれ別カードになり、倍の料金を払い、損した。

みっちゃんとキスした大胆なタイスケ君を見送る。

PICT0008.JPG

はじめ君が車で、キロメトロ30へ送ってくれ助かった。
バスに乗り換え、エンカルナシオンへ移動。

エンカルナシオンの準日本人宿“ヘルマノ”。
奥さんが熊本系の日系二世なのだ。

この街は暑過ぎる。
エアコンなしの安部屋では、朝までほとんど眠れず。

【本日のお食事】
朝→お餅(カビが生えてたのは捨てた)
昼→なし
夜→日本食レストラン“ヒロシマ”で、ラーメン(麺はインスタント。スープは胡椒多すぎ)。祐子は、寿司より高い“ヒロシマ定食”

2008年01月09日(水)[エンカルナシオン二泊目]

YAMAHAに似てる↓

PICT0003.JPG

日本で働け↓

PICT0030.JPG

ブラジルのビザを取りに、ブラジル領事館へ。
11時、ビザを取得。

夕陽が沈む。対岸はアルゼンチン↓

PICT0023.JPG

川でバイクを洗うカップルたち。
リリとマルタにマテ茶をご馳走になった↓

PICT0013.JPG

外で夕涼みしながら読書。

とにかく暑い。
朝方までほとんど眠れず。

★★★パラグアイのラーメン情報★★★

●イグアス移住区“シロサワ”【総合三位】
→麺、太くてブツブツ。駄目だめ。
スープは何系だかわからない。意味不明。

●エンカルナシオン“ヒロシマ”【総合二位】
→麺は潔くインスタント。でもこれが一番ましだった。
スープは胡椒が強過ぎ。

●エンカルナシオン“アジサイ”【総合一位】
→麺に力なし。“シロサワ”より細いだけマシ。その程度。
スープは一番ラーメンっぽい。コーンが多くてとても嬉しい。モヤシも爽やかに活躍。

★今となれば、アスンシオンのレストラン“スキヤキ”で、ラーメンを食べなかったのが悔やまれる。

【本日のお食事】
朝→パン、ドーナツ
昼→日本食レストラン“アジサイ”で、ラーメン(コーンが多くて嬉しい。麺は駄目だめ)。祐子はソーメン、お稲荷さん(薄味だけど悪くなし)
夜→日本食レストラン“ヒロシマ”で、すりゴマトンカツ(合格点!)

2008年01月10日(木)[エンカルナシオン三泊目]

パラグアイ唯一の遺跡、トリニダー遺跡へ観光する。

バスを待つ同胞↓

PICT0002.JPG

ラ・パスの市長ご一行と遭遇ししばし談笑するが、それだけ。
二年半旅行していると言ったら、驚いてた。
三つ編みが似合うと噂のナオト君が蜂に刺されるが、大事なし。

夜、ブラジルへ行く予定のみずえちゃんと、パタゴニア希望のかなやんのコンビが来宿。
さてこれから二人はどこへ向かうのか?
ここで別れるのか?
旅友が、旅カップルへと昇華するのか?
なんにしろ羨ましい…

熱帯夜。
部屋の温度は33度だ。
眠れるわけがない。

深夜、外で夕涼み。
藤沢周平『日暮れ竹河岸』

【本日のお食事】
朝→リンゴ
昼→ピザ
夜→日本食レストラン“ヒロシマ”で、カツカレー(家庭料理レベル)、祐子は天ぷらうどん(合格点)

2008年01月11日(金)[エンカルナシオン→プエルト・イグアス]

新婚家庭でパンを焼きたいみっちゃん、ご飯をよく噛むゆきちゃん、ロンゲのゲーマーナオト君、悩めるみずえちゃん29歳、SEかなやん22歳とお別れ。

雨が降り、涼しくなり嬉しい。
とろいローカルバスに6時間半揺られ、シウダ・デル・エステへ。

雨の渋滞↓

PICT0005-.JPG

バスを乗り継ぎ東京以上の渋滞に巻き込まれ、3時間かけてプエルト・イグアスへ。
パラグアイの国境で、渋滞で動かないバスに荷物を残し、祐子と二人雨の中を走り、出国スタンプをもらい、走り出したバスに飛び乗る。
間一髪のぎりぎりセーフ。

宿はどこも満員。

城山三郎『粗にして野だが卑ではない』を読み始める。
で、一句。

糞して野だが紙がない

【本日のお食事】
朝→一個のリンゴを二人で分ける
昼→なし
夜→パリージャ・レストランでステーキ、エンサラダ・デ・フルータ

2008年01月12日(土)[プエルト・イグアス二泊目]

朝十時、予約客優先のためホステルを追われ、真向かいの宿へ引っ越す。
宿にプールはなく、キッチンもなく、インターネットもできず、部屋にはコンセントすらないが、それでもホステルと同じ値段で納得いかないけど、しょーがない。

【イグアスの滝は、冷たく暗く息苦しい】
イグアスの滝は最初にブラジル側を観て、次にアルゼンチン側を攻めると効率のいい感動を味わえて落胆することがないらしい。
しかし日差しを考慮すれば、ブラジル側のシャッターチャンスは午前中になり、しかししかしここはひとつあえてアルゼンチンを先に攻略することにした。
もう午後なのである。
バスターミナルでツアー料金の100ペソを払い、国立公園入り口までバスに乗り、公園の入場料をUSドルで支払おうとして“アルゼンチン・ペソ以外は受け付けない”と拒否られ、隣の土産店で水を買ってUSドルを使いお釣りをアルゼンチン・ペソでゲットするが、窓口で足りないと一笑され、再びUSドルでジュースを買ってようやく入場が叶うが、既に疲れた。
観よ! あれがイグアスの滝だ!

PICT0015.JPG

四駆でジャングルをとろとろと走り抜け、救命具を着てボートに乗り、貴重品類は防水袋に詰め、満を持して滝へ突っ込む。
滝下の飛沫の水圧で目は開けられず、呼吸もままならず、つまり暗闇で呼吸困難に陥り、かつまた急激に体温を奪われ、早く助けてくれと全身に水を浴びながら、絶叫し考える。
何はともあれ、それでも滝下突撃ボートツアーに満足哉。

PICT0043.JPG

イグアスの滝の最大のポイント、悪魔ののど笛は、水量が多すぎて近づけなかったのが残念だ。

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→サンドイッチ、エンサラダ・デ・フルータ
夜→連夜の贅沢、パリージャ

2008年01月13日(日)[プエルト・イグアス三泊目]

朝8時、ブラジルの都市フォス・ド・イグアスへ向かうバスに乗り、アルゼンチン側の国境でパスポートに出国スタンプを頂戴し、辺鄙なところで下車し、反対車線へ移り、ホントにこれでイグアスの滝に行けるのかねって疑いながらも、バスを乗り換える。
車内で体格のいいブラジル青年、ジュニア(父親と同じ名前なので)に怪しい日本語を交えて声を掛けられ、彼の手引きで列に並ばぬして公園の入場券を購入できたのはラッキーで、しかも簡単なレクチャーをしてくれ、さらにMacuco Safariのボートツアーの入り口まで付き合ってくれて、彼へチップの支払いを覚悟したが、ジュニアは握手してあっさりと風にように立ち去り、驚くほどいい奴だった。
その彼に祐子が自己紹介したら、
「オゥ、オノヨーコと一緒ですね」
いやヨーコじゃなくて、ユーコ。
「では、柔道ね」
それは、有効…

さて午前中は、日差しの具合でいい写真が撮れるぞとカメラを構えたら、電池が入ってなかった。
虚脱…。

昨日アルゼンチンでボートツアーに参加しておきながら、今日はさらに80ドルも払って剛毅なブラジル側のボートツアーである。
無駄使いしている気がして胸が痛む。

あの滝に突っ込むのだ↓

RIMG0458.JPG

昨日同様、滝壺に突っ込んで、飛沫で目が開けられなくなり、呼吸も難しく、降り掛かる水に体温を奪われ、昨日に引き続き絶叫。
アルゼンチンと比べれば、滝の迫力度はブラジルの勝利。
川を遡るボートの一見乱暴な運転も、アトラクションとしてはアルゼンチンより楽しく、けど少々船酔いした。
いい歳して乗り物酔いは勘弁してくれ。

2時過ぎ、軽ーく食事をしようとして入ったレストランはビュッフェスタイルで、贅沢至極の昼食になってしまい、こんな美食を続けていれば破産も近いと恐れながら、ボクは新しいTシャツを買ってご機嫌である。

一皿目↓

RIMG0583.JPG

二皿目↓

RIMG0584.JPG

三皿目↓

RIMG0585.JPG

勘のいい人はわかる。
ボクはコーンが好きだ。

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→イグアスの滝のレストランで図らずも豪勢なバイキング
夜→ピザ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月14日(月)[プエルト・イグアス→ペンション園田]

のりさん39歳の誕生プレゼントを買い、10時半のバスに乗り、アルゼンチン国境で出国スタンプを押し、ブラジルは通過して、パラグアイの国境で下車。
入国スタンプをもらい、買い物街へ歩き、1ギガのMP3を20ドルで買い、中華レストラン“東方飯店”で昼食を食べ、バスに乗りバスターミナルへ。
乗り換えて、一週間ぶりのペンション園田へ到着。
思いかけずタカさん、キーボー、渋谷のラッパー、タクシ君に再会。

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→シウダ・デル・エステで焼きそばと野菜炒め
夜→蕎麦

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月15日(火)[ペンション園田二十三泊目]

★今日の不幸★
今日火曜日は、週に一度のお餅の発売日です。
早起きして、朝7時45分、自転車を駆ってスーパー農協へ。
しかし待てど暮らせど、餅屋はやって来ないのでありました。
両肩を落とし、なで肩は宿へ帰りました。

★今日の幸せ★
東京のアヤコちゃんから待望の小包が届き、のりさんと荷を開けば、北海道産の小豆やら、ふんわり大豆の焼きいりこやら、日本茶やらカラファテの写真やら…
ありがたき幸せ。

RIMG0593.JPG

のりさんと手を取り合って感動したものです。
さっそく、白玉ぜんざい作りを計画しました。
微笑ましき哉。

この小包を待って出発を見送ってたわけで、後日いろいろあってどんどん旅立ちは遅れるのでありました。
世の中は計算通りにはいかないものなのです。

【本日のお食事】
朝→焦がしネギ入りインスタントラーメン
昼→
夜→鳥の唐揚げ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月16日(水)[ペンション園田二十四泊目]

卓球。

★イグアス移住区で働く!?★
移住して一年の太鼓工房の壱番氏は、スナック“集い”の開店準備のため、毎晩園田家本館にやってくる。
で、その彼に庭の隅へ呼ばれ、
「いつまでここにいるの?」
人目をはばかるように訊かれる。
もう二、三日で出るけど…
「日本人会でビデオを作らなきゃならないんだけど、手伝ってくれない?」
すぐ終わるんなら…
「撮影は三日間だけ。編集は好きなだけ。納品は三月だから…」
三月はまじ無理。
「お金は払えないけど、飯付き」
どうしようか、祐子。

ブラジルが遠のく…

【本日のお食事】
朝→鳥の唐揚げ、ご飯、みそ汁
昼→白玉ぜんざい
夜→白玉ぜんざい

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月17日(木)[ペンション園田二十五泊目]

夜、みそ肉野菜炒めの晩飯を食っていたら、園田パパ、ママに呼ばれて、お寿司をご馳走になる。
晩飯、間髪入れずの二連発食いです。
寿司は別腹でした。
それにしても園田ママの肉団子が美味い。
食い疲れで、倒れるように寝る。

さて前夜の壱番氏のお仕事、ビデオ作りの件、どないしよう?
さっさと撮影して、2?3日で編集してしまえば、なんとかなるかもしれん。
と半分腹をくくったところ、元フジサンケイの記者、複雑な結婚生活を送るコージ君が助っ人参加することになった。
これが非常に助かった。
でも彼は後日、後悔したに違いない。
仕事がどんどん増えて、たいへんだったから…。
世の中に簡単な仕事はないものなのです。

それにしても壱番氏、午前中は日本人会館で働き、午後は太鼓工房で汗を流し、夜はカラオケスナック“集い”の開店準備に追われているけど、さらにビデオ作りなんかできるのかね。
壱番氏は、パラグアイでもっとも忙しい男かもしれない。

【本日のお食事】
朝→白玉ぜんざい
昼→
夜→みそ肉野菜炒め+園田家豪華夕食のダブル晩飯

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月18日(金)[ペンション園田二十六泊目]

ビデオ作りの件で、壱番氏と日本人会館へのこのこ赴く。
お仕事名は、“Y.P.V.P(イグアス・プロモーション・ビデオ・プロジェクト)”。
訳して“イグアス移住地ご紹介ビデオ”。
お偉い人やそうでもない人たちと挨拶して、墓場、公園、採石場、植林公園等をドライブする。
お墓は和洋折衷でした。

壱番氏のカラオケスナック“集い”の開店準備。
ビールを飲みながら、だらだらとカラオケを歌っていたら、耳聡いのりさんが歌声を聞きつけて、乗り込んできた。
両手を振り上げ、モニターへ行進しながら歌うのりさんは、鬼気迫るものがありましたな。
日本では単身カラオケボックスへ押し掛け、4時間熱唱しても歌い足りない、そんなのりさんだから。

【本日のお食事】
朝→白玉ぜんざい
昼→園田ママ特製弁当
夜→ぜんざい

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月19日(土)[ペンション園田二十七泊目]

壱番氏の例の仕事、“イグアス移住地ご紹介ビデオ”を口実に、ボクらの部屋までLANケーブルを引いてもらう事にした。
役得だす。
そのLANケーブルと撮影用のSDカードを買いに、はじめ君の車でシウダー・デル・エステへ。

酷暑の夕方、奥の個室までLANケーブルを引くため、脚立に上がり、天井に向かい金槌を振るう。
大工仕事は疲れる。
しかし実は、将来大工になりたいのだ。

【本日のお食事】
朝→ラーメン
昼→シウダー・デル・エステでパン屋で焼きそば
夜→ぜんざい、冷や奴、メロン

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月20日(日)[ペンション園田二十八泊目]

高田馬場のシャーマン・ラッパー、タクシ君の旅立ちに伴い、はじめくんが留守なので、代打で撮影会。
宿から犬、逃げる。
追うコージ君。
追われる犬。

明日から“イグアス移住地ご紹介ビデオ”プロジェクトが動き始める。
果たしてそんなご大層なビデオを作れるのか、ボクら。
お金はもらえないけど、毎日、食事付きが嬉しい。
でもねレストランが一軒しかないのが、悩みの種だ。

真保裕一『震源』読み終える。

【本日のお食事】
朝→納豆、オクラ、オクラのみそ汁、冷や奴、梅干し、ご飯
昼→
夜→

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月21日(月)[ペンション園田二十九泊目]

“イグアス移住区ご紹介ビデオ”プロジェクトが始動。

大宮のサラリーマンのごとく、朝六時起床。
朝7時15分、壱番さんのお出迎えで、日本人会館へ。
早朝の重役出勤である。

赤土と緑と青空↓

121004.JPG

まずは日本人会事務局を撮影し、と言ってもコージ君がビデオをまわし、と言っても小さなデジカメのビデオだけど、ボクは写真で、祐子はアシスタント。

121003.JPG

次に夏休みで誰もいない、精霊幼稚園。

026%20%2812%29.JPG

勉強熱心なパラグアイ人も通うが夏休みで誰もいない、日本語学校。

027%20%282%29.JPG

街全体の水をまかなう、水道タンク。

RIMG0009.JPG

タンクは面白いものではない。
和洋折衷の共同墓地・慰霊碑。
墓だって、たいした面白いもんでもない。
免許証を発行してくれた、そうとう暇そうな市役所。
地元パラグアイ人が作った、ちょとだけ変な大鳥居↓

121005.JPG

レンタルバイクもある、ホテル宮沢(ホテル・イグアス)。

014-1%20%281%29.JPG

部屋が広くて朝食付きの、福岡旅館。

014-2%20%281%29.JPG

ボクらが泊まっている安宿、ペンション園田。

014-3%20%282%29.JPG

シロサワ財閥の兄が経営する、スーパー・シロサワ(スーパー41)。

011%20%283%29.JPG

唯一のレストランで、シロサワ財閥の弟が経営する、レストラン・シロサワ。
宿のアルバイト、和子ちゃんのお姉ちゃんが働く雑貨店、リボン。

013%20%283%29.JPG

壱番氏の働く、太鼓工房。
この太鼓工房こそが、イグアス移住地のメイン観光地である。

015%20%289%29.JPG

和子ちゃんの年下の彼がバットを振るう、野球場↓

121008.JPG

再び太鼓工房へ戻り、オレンジ色に輝く夕焼け。
そして太鼓の練習風景。
獅子舞↓

121006.JPG

謎の湖。けっこう釣れます↓

121001.JPG

途中、日本人会館の会長の突発的発案で、会長宅の原生林探訪↓

121007.JPG

クモの巣の覆われた原生林を奥へ奥へ進めば、驚愕の小さな滝に出るのである。
こんな土地を持ってるなんて、心から羨ましいぞ!会長。

夜、湘南の兄貴と呼んでも差し支えない風体のマスターがいるピザ屋、“タクアラ”で打ち上げ。
和子ちゃんのお母さんが酔っぱらって話しかけて来たけれど、翌日、すれ違っても無視された。
彼女が冷たいわけではない。
たぶん覚えてない。
それぐらい酔っ払っていても、タクシーがないので、酔っぱらい運転で帰宅が普通。

【本日のお食事】
朝→餅
昼→レストランシロサワ
夜→ピザ屋“タクアラ”で、壱番氏、コージ君と打ち上げ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月22日(火)[ペンション園田三十泊目]

“イグアス移住地ご紹介ビデオ”プロジェクト、二日目。
今日も撮影です。

今朝も朝7時15分、壱番さんのお出迎えで、撮影行脚。
みゆきちゃんのおじいちゃんのワニが出没する農場へ、ドライブ。
ここにワニがいたそうです↓

122002.JPG

朝食をご馳走になり、こんな海のない国で烏賊の塩辛をいただき、

122001.JPG

ビールを飲み、いい気分で撮影開始。
そして次は、ここらで一番広い伊藤牧場を探検、撮影し、奥に奥に車を走らせたら、不安になってきてすごすごと来た道を戻る。
それくらい広くてわけわからん。

牛の背中、肩よりの瘤が、クッピンといって人気の部位です↓
ちなみにこの牛を1頭売って、40,000円だそうです。
安くねっ

122003.JPG

昨日に引き続き、太鼓工房。

122005.JPG

園田パパの勤めるセタパルへ行き、資料館でパパの講義を聴きながら、撮影。
生活感のない家財道具はとてもシュールだ↓

122006.JPG

池のようなプールがある、ピクポ公園。

日本人を見たら、急に働き始めるパラグアイ人↓

122004.JPG

撮影終了。
疲れたぁ…。

壱番氏より緊急発議。
重大案件発生。

壱番氏曰く、
「あの?、農協が(ビデオを作っている)噂を聞きつけ、農協バージョンを作ってほしいって言ってるんですけどぉ?」
まじ無理だから、やんわりと角が立たないように断りましょう。

【本日のお食事】
朝→みゆきちゃん、かずこちゃんのおじいちゃん家で塩辛
昼→レストランシロサワ二日連続
夜→ペン園主催のバーベキュー大会。花ちゃんの焼き鳥付き。のりさんとボクらの宿泊ひと月突破記念祭

なぜ僕らはここにひと月もいるんだ?

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月23日(水)[ペンション園田三十一泊目]

“イグアス移住地ご紹介ビデオ”プロジェクト、三日目。
そして撮影の最終日…の予定。

朝7時半、壱番さんの車がお出迎え。
まずは懸念の新規の仕事の件で、農協の組合長に農協バージョンビデオをやんわりと断るつもりが、逆にやんわりと押し切られる。
ボクらは交渉ごとに弱い。
仕事が倍になってしまった。
旅行中とは思えない、忙しさ。
そんな僕らより辛そうな彼↓

123001.JPG

移住地の入り口にたてられた看板、

033%20%281%29.JPG

農協事務所、ここの二階で僕らは働いているのだ。
自慢じゃないけど、自動ドアです。

017%20%282%29.JPG

不耕起栽培の記念碑、農協スーパー、サイロ・製粉工場、

020%20%286%29.JPG

サナトリオ、イグアス診療所、鶴寿の森、太鼓橋、採石場、育苗センター、植林場、

031%20%285%29.JPG

メロン畑等をぐるぐると撮影。

日本人会の会長の突発的な発案で、幻の白い砂浜を持つ湖へ車を走らせる事になってしまった。
未舗装の赤い土をかっ飛ばしながら、運転手のパラグアイ人が言うには、
「ここは虎が出るから、危険だ」
ホントかいな、おっさん。
※昔は生息してたらしいです。
大豆畑を文字通り大豆をなぎ倒して突っ走り(ホントにこんなことしていいんかいな?)、原生林に突き当たり、車が進入できないので、乗り捨て、ひたすら草をかき分けて突進する(虎はどうした?)。
しかし湖には、白い砂は一粒もない。
幻なり。
すべては幻なり。
虚脱した記念写真。

RIMG0230.JPG

無言の帰途。

122007.JPG

メロン畑で働くパラグアイ人↓
帰りにメロンを4個も頂戴しました。
恐縮です。
毎朝、一個ずつ美味しく食べてます。

123003.JPG

夜、宿で写真データを整理する。
僕が一足お先にビデオ編集に突入するが、翌日、コージ君がシナリオを書いてくれたので、あっさりとやり直しする潔さ。
そして翌日の追加撮影決定。

なぜ仕事は増えるのか?

【本日のお食事】
朝→お餅
昼→レストランシロサワ三日連続
夜→レストランシロサワのハンバーガー、焼き飯をテイクアウト。本日二回目

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月24日(木)[ペンション園田三十二泊目]

7時30分、壱番氏のお出迎え。
農協へ。
祐子とコージ君は、二階のパソコン教室で、ビデオ編集に勤しむ。

義裕だけ農協の車で、パラグアイ人の村サント・ドミンゴの農家を訪ね、予定外の追加撮影。
養蜂講習会の撮影だったけど…。
しかし一時間半ほど待ってわかったのは、防御服が足りないので、蜂の巣に近寄れず、つまり決死の覚悟で撮影しなきゃならなくて、もちろんそんな度胸はないので、撮影中止。
速攻でイグアス移住地へ戻る。

そんなこんなで、仕事は一向に進まず。

午後、編集作業。

祐子によるナレーションの録音。
ペンション園田内で、静かな場所を探しうろうろする。
この宿の前は、意外に車の通行が多く、国道を走るトラックの音も響く。

なんにしろ、コージ君が原稿を書いてくれて非常に助かった。
頭をからっぽにして、編集作業に没頭できる。

レジの風景↓

123002.JPG

人気の豆腐↓

123003.JPG

仕事で深夜三時に寝た。

【本日のお食事】
朝→メロン
昼→レストランシロサワ
夜→蕎麦

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月25日(金)[ペンション園田三十三泊目]

7時15分、壱番さんのお出迎え。
日本人会館前で、新しい制服を着た職員の集合写真を撮る。

農協のパソコンルームに立てこもり、ビデオ編集。
仕事は、いよいよ佳境である。

パラグアイはシェスタがあって、その時間、農協内にいる事ができない。
これが辛い。
いま嫌いな言葉:シェスタ
逆に好きな言葉:不耕起栽培

午後から、宿でも仕事。
働き過ぎで眠い。

夕方、コージ君と憂さ晴らしの卓球。

毎週楽しみにしている、豆腐の移動販売は、悲しいことに売り切れだった。
油揚げとうどんを買って、きつねうどんを食べるが、うどんは美味くなし。
仕事は遅々として進まず。

壱番さんのカラオケスナック“集い”、本日オープン。
12時頃、冷やかしに飲みに行き、Jamelの“★★(忘れた)”を飲む。
店内では、のりのりのノリ・ジョンイルと関西弁の喜び組三人衆が歌ってた。

明日は、なんと新しいラーメン屋のオープンだ!
その名も“竹下”。
非常に楽しみだ。

またしても緊急謀議
壱番氏曰く、
「ビデオなんですが、ちょこっとだけ変えて、会長用にもう一本作ってくれませんかね」
で、一句。

急ぐほど増えていく仕事かな

旅で過労死できたら本望だ。
嘘だけど…

【本日のお食事】
朝→メロン
昼→レストランシロサワで、義裕は親子丼とは思えぬ親子丼。祐子は焼き飯
夜→きつねうどん

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月26日(土)[ペンション園田三十四泊目]

朝7時15分、壱番さんのお出迎え。
平成の移住組の石田さんと農協で会い、二階のパソコンルームを占拠してビデオの編集。
仕事もそろそろ終盤戦。
ひたすら眠いぞ。
旅行中に過労死は洒落になりません。

さてお昼は、本日オープンのラーメン屋、“竹下”。
群馬県榛名町の駅前ラーメンといっても差し支えない、日本の伝統的な味です。

127005.JPG

地味ですが、非常に満足。
パラグアイラーメン選手権、ダントツでチャンピオンでないでしょうか。
個人的にはもう少し味を濃くしてくれるといいんですが。
餃子もヨシ!
明日も行こう!

127002.JPG

農協から、パラグアイ人の月収より高いお金をいただいてしまった。
恐縮です。
山分けして、スナックで使います。

夜、コージ君はカラオケ。
ボクらお年寄りは、睡眠。

【本日のお食事】
朝→撮影に伺ったタツミさんからいただいたメロン。激うま
昼→ラーメン屋“竹下”オープン、第一号入店。大盛りラーメン(20,000グアラニー/約4ドル)と餃子
夜→カレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月27日(日)[ペンション園田三十五泊目]

午前中、惰眠を貪る。
お昼、壱番氏のお出迎え。
速攻で、ラーメン屋“竹下”へ。
で、一句。

昨日より今日が美味しチャーシューメン

一日にしてビール代が値下げされたメニュー(昨日の写真を参照)↓
ここ移住区のビール代は、謎の協定があるらしい。
ペンション園田は守っていないけど…。

127004.JPG

農協で仕事。
義裕担当の“農協編”、とりあえず終了。
あとはコージ君の日本人会館用二本だ。
しかし音声が消えたり、フリーズしたりと悩みは尽きない。

寝る前にスナック“集い”で一杯。
お客さんは、ペン園のパッカーのみ。
大丈夫なのか、“集い”。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→ラーメンと餃子、ライス
夜→親子丼

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月28日(月)[ペンション園田三十六泊目]

絵になるのりさん↓

PICT0020.JPG

今日も農協へ早朝出勤。
コージ君の日本人会館用ビデオの追い込み。
ボクは、午前中、日記アップ。

日中、卓球。

夕方から、農協用ビデオの修正。

農協、日本人会館のビデオを納品する。
20時、お仕事が無事に終了。

日本人会館の会長より、予約制割烹“香坂”でご馳走になる。

P1280040%5B1%5D.jpg

サンマ、オクラ納豆、烏賊の刺身、牛肉のたたき、鳥かつとう、シュークリーム…
コージ君、壱番さんお疲れ様でした。

宿では、アサード。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→レストランシロサワ
夜→割烹“香坂”の豪華絢爛な夕食

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月29日(火)[ペンション園田三十七泊目]

仕事が終わって、のんびり過ごす。
が、青年実業家コバさんの新会社のロゴをデザインしなくてはならない。
漫画、中原裕『タフ 1?3巻』
ブログ『旅々、沈々』
卓球。

園田家本館の見学。
二階の掘り炬燵がいい感じだ。
とにかく広い。

【本日のお食事】
朝→親子丼ぶり
昼→祐子のお手製ツユだくお稲荷さん
夜→鳥の唐揚げ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月30日(水)[ペンション園田三十八泊目]

PICT00020.JPG

盟友コージ君が、旅立つ。
次は、ブルキナファソで会いたいもんだ。

三脚がない。ないないない...

園田ママから特製お弁当を頂いて、22時30分のバスに乗る。
たいへんお世話になりました。ペン園。

【本日のお食事】
朝→お餅
昼→インスタントラーメン
夜→カレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月31日(木)[→ペドロ・ファン・カバジェロ→ポンタ・プーラ]

6時半、ペドロ・ファン・カバジェロ着。
バス停内で、園田ママの絶品弁当と祐子おにぎりを食べる。
黒いボールを頬張る不気味な東洋人を演出。
タクシーに乗ってパラグアイのイミグレで出国スタンプ、そして離れた場所のブラジルのイミグレへ行くも、9時開店だってんで、がっかりさ。
窓口前で寝て待つ。
ローカルバスに乗り、バスターミナルへ行くも、南パンタナールのボニート行きのバスは明朝6時だったので、

PICT00030.JPG

またローカルバスに乗り、セントロへ戻り、ホテルにチェックイン。
ネットカフェへ行き、夕食兼昼食を食べ、明日に備えて早く寝たい。

この町は左側がブラジル、右側がパラグアイ↓

PICT00060.JPG

【本日のお食事】
朝→おにぎりと、園田ママの豪華特製お弁当
昼→ピザ
夜→なし

2008年02月01日(金)[ポンタ・ポーラ→ボニート]

寝坊したので慌ててタクシーを跳ばしてバスターミナルへ急ぎ、「ふーやれやれ」とバスに乗れば、泊まってたホテルの前にも停車して、「タクシーに乗ることなかったじゃん」とガックシし、同じバスのブラジル人のセザンに急がされて乗り換えチケットを買って、ボニートへ。

みゆきちゃんお薦めのホテルは値段が高くて諦め、歩き回って一泊90レアル(それでも45ドル。高い)に泊まる。

夜、街はカルナバル。
うるさい。

ポルトガル語が意味不明。

ブラジル人の女性は、デブ率高しと見た。
バスの中で、ペチャパイのデブを発見し驚く。
ありえない…。

宿の黒人娘のお腹は、小錦そっくりだ。
Tシャツが臍まで下がらない。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→ハンバーガー
夜→Piraputangaの刺身は身が柔らかかった。焼きそばは塩辛く、蕎麦はイマイチ

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月02日(土)[ボニート二泊目]

義裕、仕事。

日本語を入力できるネット屋を探すのが面倒なので、日本語が入力できるサイト“Sumibi”に挑戦。
簡単で楽チンだけど、変換までの待ち時間が退屈。
AJAX-IMEのブックマーク使用は、mixiで使えず。

明日、青の洞窟のツアーを申し込むが、夕方になって小錦の腹を持つレセプションの黒人娘にキャンセルされる。
無愛想で可愛げがなく不愉快なり。
この娘さんを、最後まで好きになれなかった。

夜、町はカルナバル。
ナンパされたい娘さんとナンパしたい青年と、ビールを売りたいおばちゃんと惚けたおじちゃんと、大音響のスピーカーと腰振る半裸の青年と踊るデブと揺れるお乳と、アイスクリームと深夜営業の旅行代理店…。

レストランでポルトガル語が読めず唸っていたら、陽気な巨漢が訳してくれ、お陰さまで川魚を食えた。
メニューは、英語もスペイン語もない。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→ピザ
夜→焼き魚ピンタード

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月03日(日)[ボニート三泊目]

義裕、仕事。

カルナバルだからか、宿でツアーの予約ができなくて閉口する。

MacがLAN接続できず閉口する。

今晩もカルナバルで閉口する。

旅行代理店では、カルナバル期間だからか各秘境への足がない。
タクシーに乗れば60ペソかかり、
バイクタクシーだと48ペソである。
ツアーなら34ペソで済むけど、予約できない。
やっと碧の洞窟を申し込む。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食
昼→なし
夜→ステーキ

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月04日(月)[ボニート四泊目]

義裕は仕事。

部屋のトイレは使用禁止。
レバーを引けば水が流れるが、奴がそのまま残る。
どんなだ。

松さんのアレを観る。
こういう貧乏な村へ行けば、土地や家を安く買えるんではないだろうか。
図々しい事言えば、梁が横たわる古民家希望である。
居間からの眺望が重要である。

【本日のお食事】
朝→宿の愛の朝食
昼→祐子だけパン
夜→祐子は蕎麦(沖縄蕎麦系)。義裕は焼飯

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月05日(火)[ボニート五泊目]

車に乗って、それはそれは美しいと評判のRio Sucuriへ。

RIMG0084.JPG

ライフジャケットを着て、無気味なくらい透明な川にそろりと入ると、
ガイドが「水に入っても岸に掴まっていてください」
振り向けば、既に祐子が流されてた。
早っ!
へらへら笑って、だんだん小さくなっていく祐子。
どうして祐子は溺れる時、いつも笑っているのか。
救援に向かう。
それにしてもこの川は、なかなかファンタスティックではありませんか。
川の水は空のようだ。
流れが見えないほど透明な水と川魚ピラプタンガの群れ。
ダイビングするひとにはめずらしくないのかもしれないけれど ...

Bonito%20-%20MS%20%281%29.jpg

川底の碧と水草の緑。
見上げると左右はジャングル。
空を飛んでいるかのような川下りだった。
四万十川もこんなに素晴らしいのだろうか。

町は、まだ喧しいカルナバル。

松さんのアレを観て、やや感動。
それぞれ事情があるのだ。

【本日のお食事】
朝→宿の味気ない朝食
昼→Rio Sucuriのバイキング
夜→ステーキ

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月06日(水)[ボニート六泊目]

青の洞窟、もしくは青の地底湖“Gruta do Lago Azul”へ、日本人女性さゆりさんを娶ったブラジル人の運転する車で。
確かに地底湖は蒼かった。

PICT00080.JPG

青の洞窟は、時間のない旅人は行かなくてもいいかも知れない。
洞窟見学後、キャンデーを食べて涼んでいたら、20歳の女子大生ジェニファーと元プロサッカー選手のラウルヤスマサのブラジル人カップルに声をかけられた。
が、ポルトガル語は解読不能。
彼が言うには、
車に乗れよっ(たぶん)
☆☆へ行こうぜ(どこだ?)
ところでどうして僕らを誘うんだろう?(そんな事は尋けない。失礼だし、ポルトガル語で言えたら苦労しない)
知らない人に付いて行くのは遠慮したいが、無下に断るのも悲しいもんだ。
だもんでおとなしく、彼らの小さなFIATに乗ってみる。
爆走する車の中で、誘拐されてんじゃないだろうか…と不安になる。
後で莫大な車代を請求されるかもしれないし…。

が、心配はよそに、深くて楽しい地底湖“Abismo”へ連れて行ってくれた。
いい奴かもしれない。
まだ油断はできないけれど…
その後、一緒に昼食を食おうってんで、ラウルヤスマサ君が調子こいて車を跳ばし、文字どおり飛ぶようなスピードで走っていたら、途中カーブを曲がりきれず車は横滑りし、ハンドルが効かなくなり、牧場の塀に激突する寸前に持ち直した。
ラウルヤスマサ君、なかなか運転が上手いじゃん。
でももう少しで大事故だったんじゃないか。
ところでここのレストラン、ボクらは昨日来たんだよ。
とは言えなかった。

食後、4人で仲良く乗馬する。

RIMG0183.JPG

ジャングルの奥の滝壷で滝に打たれてみたり、

RIMG0175.JPG

半分溺れてみたりして遊ぶ。
ジェニファーの水着姿を見て、20歳の肉体の表面張力って素敵だ。
と祐子と感想を話し合う。

晩飯にワニを食い、明日も一緒に遊ぼうと約束し、別れる。
まだなんか請求されるんじゃないかと心配ではあるが、毒を食わば皿まで。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→昨日と同じRio Sucuriのバイキング
夜→ブラジル人たちと、ワニを食う。美味

【ワニの豆知識】
ワニは、面倒だから二種類に分けると、
一つは、クロコダイル。
性格は荒くて、人を襲う。
もう一つは、アリゲーター。
おとなしい奴で動作が鈍く、安全。
両者の見分け方は、歯が見える方が危険なクロコダイル。
ワニの歯が見えたら、逃げるべし。
僕らがレストランで食べたのが、アリゲーター科のカイマン。

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月07日(木)[ボニート七泊目]

8時半、昨日お世話になったブラ人ル人カップル、ジェニファーとラウルヤスマサのFIATのお出迎えを受ける。
Rio Formosoへドライブ。
ジャングルを延々と歩き、深い川を泳いで下ること、流れること2-3キロ?
泳げない祐子はガイドと手を繋いで流れ、魚の群れと蟹と蚊と早瀬。
魚は少ないけれど、遊泳、気持ちヨシ。

昼食、シェスタの後、Balneario do Solへドライブ。
ラフティング。
ボートで滝を越え、興奮爆発。

IMG_1380.JPG

姦しいブラジル人のおばちゃん達。

夕方からジェニファーとラウルヤスマサのホテル“Bonsai”で、卓球とビリヤードで対決。
夜のプールは生暖かくて気持ちいい。

こうして一日中、ジェニファーとラウルヤスマサに遊んでもらった。

PICT0056.JPG

部屋のトイレが再び流れなくなったので、使用禁止。
奴が漂ってると、宿に文句も言えやしない。

拙者43歳。
ラウルヤスマサが、レストランで襟付きの赤いポロシャツを脱いで、プレゼントしてくれた。
ほんのり貴方の香りがします。

【本日のお食事】
朝→宿の面白くも何ともない朝食
昼→川魚ピンタード
夜→レストラン“Sale y Pepe”で、ジェニファ?達と会食。焼飯と牛肉とブロッコリー炒め

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月08日(金)[ボニート八泊目]

ボストンに住む46歳のおばちゃんが言うには、松坂より岡島の年俸を高くするべきだそうだ。
俺に言ってもダメだよ。

二日間も遊んでくれたジェニファーとラウルヤスマサが別れの挨拶によってくれた。
彼らは、これからマナウスへ向かうのだ。
百円均一で買った“彼女以外乗車禁止”“彼女以外入室禁止”のステッカーと浮世絵のハンカチ、祐子作の指輪をプレゼントしてみる。
誘拐しないでくれて、ありがとう。
最後まで一銭も請求しないでくれてありがとう。
疑って申し訳ない。

宿で仕事。

【本日のお食事】
朝→宿の代わり映えのしない朝食
昼→ハンバーガー
夜→ステーキ

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月09日(土)[ボニート九泊目]

朝7時に旅行代理店へ行き、最高に美しいと名高い川アクアリオ・ナチュラルを申し込み、奮発して水中デジカメを借りて(60レアル。約30ドル)タクシーに乗る。
確かにこの川はぷるぷると美しく、無表情な川魚と泳げて、水草も輝く緑で、感慨も一入である。

BONITO%20MS%20029.jpg

栃木県のカメラ工場で働くブラジル人夫婦と出会い、少々ポルトガル語を助けていただいた。

どうしてこんな写真をとりたがるのか理解できない↓

RIMG0084_.JPG

唐突だけどアリクイは、アリ以外も食べる。

【本日のお食事】
朝→宿の代わり映えのしない朝食
昼→義裕は牛肉。祐子は川魚とチキン
夜→ペーコン・ピザ。塩辛くて半分ほど残し反省

ボニートへの行きかた→
ボニートの情報は→

2008年02月10日(日)[ボニート→カンポ・グランジ]

10時のバスにて5時間、カンポ・グランジへ移動。
LANケーブルの使える宿を探すが、今時そんな宿はない。
世の中はWiFiだ。
WiFiをキャッチしようとして、壊れていたWindows機を久しぶりに動かしたら、ますます状態が悪くなる。

沖縄そば(ここは沖縄からの移住者が多い)を探して小雨降る町中を歩き回り、日曜日だからか一軒も見つけられず、諦めてマクドナルドへ。

仕事をしなくてはっ!
と言いつつ寝てしまった。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→うれしいうれしいマクドナルド
夜→なし

2008年02月11日(月)[カンポ・グランジ二泊目]

朝から仕事。
時々、豪雨。
昼、沖縄そばを求めて歩く。
祐子は、"ポリンキー"のアップ。

のりさんと交換した本、武者小路実篤『幸福者・土地』を読む。
土地を探すのは楽しく難しい。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食。ハム、まぁまぁ
昼→日系人のレストランでバイキング(二人で21レアル。約10ドル)
夜→沖縄そばと塩辛い焼き飯

2008年02月12日(火)[カンポ・グランジ三泊目]

義裕、仕事ばりばり。
ネット、銀行、郵便局(ポルトガル語が読めなくて、書留で送ってしまった気がする...)、バスターミナル。

ネット屋のお姉ちゃんたち↓

RIMG0128.JPG

一度、出会い系サイトやってみたい。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食。昨日美味しいと思ったハムはもう飽きた
昼→昨日と同じレストランでバイキング(二人で24レアル。約12ドル)
夜→シュハスコ(一人10レアル。約5ドル)

2008年02月13日(水)[カンポ・グランジ→ ]

義裕、仕事。
ネット屋へ寄り、鉄道駅跡を通り過ぎて市場へ向かい、沖縄そばを食うのだ。

PICT0001.JPG

二軒ハシゴして食べ比べるが、ほとんど同じと見た。

RIMG0118.JPG

RIMG0138.JPG

結論。沖縄そばは好きじゃない。
15時のバスに乗り、サン・パウロへ14時間の旅。

【本日のお食事】
朝→ホテルの朝食は、飽きた
昼→沖縄そば
夜→なし

2008年02月14日(木)[→サン・パウロ]

PICT0001%EF%BC%BF.JPG

プール付きの鹿児島県人会館に泊まりたいが、混んでいるらしいので、とりあえずペンション荒木に投宿(一人30レアル。約15ドル)。

“Porao Net”でネットして、“ラーメンあすか”で醤油ラーメン(11レアル。約5.5ドル)と冷やし中華(13レアル。約6.5ドル)を食い、餃子を我慢する。

地下鉄に乗って、HAYASHIクリニックで近視矯正手術の検査に一時間(200レアル。約100ドル)。
高ぇ〜。検査だけだぜぇ〜。
月曜日の夕方に手術決定(2,400レアル。1,200ドル。値上がりしたらしい)。
高ぇ〜。

義裕は仕事。

祐子は歯医者(詰め物をしただけで300レアル。150ドル)。
高ぇ〜。

ここ荒木での新刊、村上春樹『ノルウェイの森(上)』を読み始める。

暑いからか、蚊がいるからか、なかなか眠れず。
ベッドの上で右に左にと寝返りをしていた早朝、部屋の隅で物音がしてぼやけた目を向けると、タンスの中からおじいさんが出て来た。
夢じゃないぞ。
本当だぞ。
小柄なじいさんが、ドアを開けて部屋を出て行った。
寝ぼけも吹っ飛びびんば。
どうしてタンスから人が出てくるだい?
おいおいおいおいおい…。
おいおいおいおいおい…。

ブラジルに入ってお金を使い過ぎると反省するボクら。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→“ラーメンあすか”で醤油ラーメン(11レアル。約5.5ドル)と冷やし中華(13レアル。約6.5ドル)
夜→“かつ膳”のカツ丼(18レアル。9ドル)。
サービスの焼きたらこと鮭の煮物は美味い。カツ丼は不味い。得意分野で勝負してほしい

RIMG0186.JPG


ペンション荒木の情報→

2008年02月15日(金)[ペンション荒木二泊目]

続けて、村上春樹『ノルウェイの森(下)』

ここ荒木は、洗濯機が使えず、本館のキッチンが使えず。
不便なり。
噂の鹿児島県人会館に移りたい。

彼女思いのたかさん、キーボーと四人で、ちゃんこ屋“ぶえの”で一杯。

宿で、カルタヘナの亀井旅館で一緒だった青年にばったり。
一年半ぶりだね。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→インスタントラーメン
夜→“ぶえの”でちゃんこ


ペンション荒木の情報→

2008年02月16日(土)[ペンション荒木三泊目]

ぶっ殺すぞ! 金返せ! と、本館でもめ事発生。
金を貸した方が最初に殴っちゃいけないぞっと助言が入ったり、仲裁が入ったり茶々が入ったり。
元凶は、いろんな旅人から金を借りて返さない罪な日系人だ。
何十万レアルも貸してしまい、泣いてる旅人もいるって噂だ。
とにかくたいへんだ。

そんな喧噪を尻目にボクらは大人しく読書。
ネットしに出かけて、週一度の市場を覗いて、リベルタージ駅まで散歩して、昼食に焼きそばを作って満足して、仕事をする。
リベルタージ駅周辺は、たいへんな賑わいだ。
ほとんど日本だ。

車のエンジンが搭載されたバイク↓

RIMG0010.JPG

『海外推理傑作選3 松本清張編 黒い殺人者』を少々。

素樹 文生『上海の西、デリーの東』昔々に読んだけど、他に読みたい本が全然ないので再読。
ペンション荒木の巻数が揃わない蔵書に不満あり。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→焼きそば
夜→豚の生姜焼き


ペンション荒木の情報→

2008年02月17日(日)[ペンション荒木四泊目]

ブラジルは、夏時間になりました。
馬鹿だから、時計を逆にまわしました。
余計、世間と合わなくなってしまった。

午前中、地下鉄“Trianon-MASP”駅のサンパウロ美術館前のアンティーク市へ。
お目当ての古い南京錠は少ししかなくて、しかも高い。
50ドルも払えない。

宮城県人会館を覗いて、うどんと炊き込みご飯と赤飯を買い、昼食とする。

午後、地下鉄“Paraiso”駅で降り、“13 de Maio”通りを歩き続けて、地図にないDom Orione広場を探して、アンティークものが多いというノミの市へ。
やはり南京錠は、高い。
帰路、祐子の勘を頼りに、彷徨い歩いてリベルタージ地区へ。
かなり遠回りしたが、無事に生還。
リベルタージ駅周辺のみやげ物市は、大混雑してた。

夜、豪雨。

【本日のお食事】
朝→洋梨
昼→うどんと炊き込みご飯のお弁当
夜→お赤飯と白いご飯と焼いた鯛


ペンション荒木の情報→

2008年02月18日(月)[→鹿児島県人会館へ引っ越し]

とうとう手術当日である。

急な用事が発生したかのように装い、いそいそと宿をチェックアウトし、鹿児島県人会館へ移動する。
宿を移るのは後ろめたい。

新しいプール付きの宿、鹿児島県人会館で、
「スーパーはどこにありますか?」って尋ねたら、
それがねぇ、とても難しいのよ
って言って、捨て去られた。
そんな感じの宿だ。
森下君からスーパーへの道順を教えてもらい、確かに難しく、帰り道は迷い、カレーライスを作りかけてそのままにし、夕方、手術を受けにメディカルセンターへ急ぐ。

近視矯正手術を受ける最後の眼鏡ポンチの図↓
しかし実はこれが最後ではなかったのだっ!

RIMG0194.JPG


近視矯正手術の詳細は→

ぺろりと剥がされる自分の角膜が見えるし、
赤と緑の漂う光を見つめてると、
すぐに何も見えなくなるし、
角膜を焼く激しい音がして、
角膜が焼ける匂い(イカ臭い)が漂って、
剥がした角膜を元に戻す感触がしたら、
おしまい。
片目3分。
先生のへたくそな記念写真↓

RIMG0198.JPG

術後、変な眼鏡を掛けさせられて、薬局に寄って、外に出る頃、ほとんど目が開けられなくなり、祐子の手を頼りにタクシーで宿へ戻る。
目が開けられない。
涙ぽろぽろ。
変な眼鏡を掛けたまま、速攻で寝る。

RIMG0200.JPG

明日、世界が変わるのか!

【本日のお食事】
朝→荒木さんから頂いたケーキ
昼→うどん
夜→カレーライス


鹿児島県人会館の詳細は→

近視矯正手術の詳細は→

2008年02月19日(火)[鹿児島県人会館二泊目]

近視矯正手術から一夜明けて。

朝、変な眼鏡を外し、静かに目を開く、
ゆっくりと瞬きしてみる。
痛みはないぞっと。
壁を眺め、手を眺め、祐子の顔を見る。
異常なし。
特に世界が変わった気がしない。
祐子の変な顔は、そのままだし。

12時、祐子は歯医者。
13時、義裕はHAYASHIクリニックへ。
とりあえず視力1.0まで回復。
良好との事。
今後どこまで視力が上がるのか楽しみだ。

義裕は、仕事。

色白インストラクター、善君と三人だけの静かな夜が更ける。
皆、どこ行ったんだ?

伊藤栄樹『検事総長の回想』を読み始める。

【本日のお食事】
朝→納豆、オクラ、卵焼き、梅干し、わかめのお味噌汁、ご飯となっております
昼→インスタント・焼きそば、オクラ
夜→スキヤキ


鹿児島県人会館の詳細は→

近視矯正手術の詳細は→

2008年02月20日(水)[鹿児島県人会館三泊目]

瞳の調子ヨシ。
だけど文庫本の小さな字が読みにくくなってしまった。
日本で老眼鏡を買わなければならないのか…。
結局、一生眼鏡ポンチ。

義裕、仕事、読書、昼寝。
祐子、洗濯、読書、ネット。

夜、豪雨。

どうやらこの宿には、卓球場があるらしい。
明日、勝負しよか。

【本日のお食事】
朝→なすびの煮物、オクラ、梅干し、納豆、お味噌汁、ご飯
昼→焼きそば
夜→カレーライス


鹿児島県人会館の詳細は→

近視矯正手術の詳細は→

2008年02月21日(木)[鹿児島県人会館四泊目]

義裕、仕事。
宿の張り紙に、
『旅人割引。地酒3〜4杯と大盛りラーメンで10レアル。居酒屋“つがる”』
とあった。
これは安いってんで、まりこさんから居酒屋“つがる”の割引券をいただき、夜リベルタージへ呑みに繰り出す。
リベルタージの駅は、豪雨だった。
メンバーを紹介すると、寝ゲロも辞さない善さんを筆頭に、
アコンカグア踏破のアフロ・マサ君(どうしてこんな表情できるんかね、この人)↓

RIMG0223-.JPG

錦糸町で花を売るヒデ君。
お父さんの眉毛が耳までかかるもう一人のマサ君。
可愛らしい留学生のりちゃん。
店を占拠しての大騒ぎのカラオケ大会ノンストップ三時間半。
このお店には懐メロしかないので、選曲は諦め、勝手に流されるレーザーディスクのイントロを聴いて、マイクを奪うウルトライントロ形式になりました。
ほとんど、善さんがマイクを握るわけで、その善さんも歌いに歌ってついには寝てしい完全燃焼。
アリスの“チャンピオン”を熱唱。
園田会長にご馳走になってしまい恐縮。

トーマス野口『検死解剖』
人名、事件の経過が全然頭に入らず(なぜ?)、被害者と犯人の名前が区別つかず。
せっかくの検視も理解できず、面白さも半分なり。
申し訳ない。

【本日のお食事】
朝→オクラが好きだ。納豆、卵焼き、お味噌汁、ご飯
昼→お汁粉(祐子はお餅が好きだ)
昼と夜の間にインスタント焼きそば
夜→居酒屋“つがる”で焼きそば(汁だく)やらラーメンやらで、ひとり10レアルの激安

RIMG0240%EF%BC%BF%EF%BC%BF.JPG


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月22日(金)[鹿児島県人会館五泊目]

仕事。
昨夜の居酒屋の熱唱を覚えていない記憶喪失の善さんが、ボニートへ旅立つ。
マサ君と三人だけの静かな夜。
一人につき、リビング一つ使える贅沢な夜。
宿の都合により、個室からドミへ引っ越し。

前科20犯、獄中生活35年の田岡源紹が著した『大泥棒ざんげ録』を頭休めに読む。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→スパゲティ“よしスペシャル”。ブラジルのベーコンは上品な味だ
夜→三食丼。どうすれば錦糸卵を上手に作れるのか


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月23日(土)[鹿児島県人会館六泊目]

仕事。
旭川在の松本昭夫『精神病棟の二十年』
どんな人かと言うと、商店街で見かけただけの女性(もちろん知らない人)を、喫茶店に逢いに来ると思い込み(すごい錯覚でしょ)、何時間も待つとか、その女性の家を妄想しその家を探して見つけるとか(これも錯覚)、中華料理店に入ってその彼女の家へ焼きそば(ボクも焼きそばが好きです)の出前を頼むとか(すごい迷惑)、幻聴、幻覚、現実が符号してしまうたいへんな錯誤の世界の人です。

気前のいいボンバーヘッドのマサ君と再び、居酒屋“つがる”へ呑みに行く。
愉快な日系人たちと語り歌って過ごすサン・パウロの夜。
隣のおじさんが酔っぱらって、途中からポルトガル語を捲し立てて、わけわからんですよ。
在サン・パウロ42年のキョウコママに
「若い人に自分の価値観を押し付けちゃ駄目!」と叱られてた。
あれだけ酔っぱらっても車を運転して帰るのだから、ブラジルは恐ろしい。
あのおじさん、50キロ離れた家へ無事にたどり着いたのだろうか。

【本日のお食事】
朝→オクラ、なすの煮浸し、昨日の残り、お味噌汁とご飯
昼→スパゲティ“よしスペシャル”
夜→居酒屋“つがる”でラーメン。今晩はひとり13レアル


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月24日(日)[鹿児島県人会館七泊目]

浅田次郎『壬生義士伝(上)』で、涙そうそう。
よくわからん9人が集まり、卓球大会。
米国人のメイソンが優勝し、ヨシが準優勝。
どうしてこんないい顔できるかね、この人↓

DSC00011.JPG

【本日のお食事】
朝→お味噌汁、ご飯
昼→二日連続で、スパゲティ“よしスペシャル”。普通に美味い
夜→マサ君と三人でスキヤキ。スーパーマルカイのスキヤキ用牛肉、500gで14レアル也


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月25日(月)[鹿児島県人会館八泊目]

義裕、最後の眼の検査。
視力が1.2に回復し満足。

浅田次郎『壬生義士伝(下)』
涙もろくて困ります私。
天井を睨み、歯を食いしばる事幾度か。

メイソンに卓球を挑み、砕け散る。

ボンバーヘッドのマサ君が旅立つが、夜中、バスに乗れなかったと戻って来た。

【本日のお食事】
朝→スキヤキの残り
昼→焼きそば。青のりが胸を打つ
夜→祐子の新作、豚肉とだいこんのあっさり煮物


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月26日(火)[鹿児島県人会館九泊目]

仕事。
読書。
渡辺淳一『失楽園(上)』、欲情できず挫折する。
二階からダイブ↓

PICT0028.JPG

飛び込み台からダイブ↓

PICT0060.JPG

マサ君と別れの卓球。

【本日のお食事】
朝→昨日の残りとごはん
昼→昨夜の煮物をお雑煮にする
夜→豚肉の生姜焼きとふろふき大根


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月27日(水)[鹿児島県人会館十泊目]

仕事。
午後、ヘプブリカ公園裏のロック街へ赴き、義裕が足首にTATOOを入れる。
この馬鹿が先生↓

PICT0005__.JPG

臭い生足を鼻先に向けるのが申し訳なくて…↓

RIMG0295.JPG

リゲルタージで食料の買い出しをして、帰宿して、また仕事。

【本日のお食事】
朝→ご飯とお味噌汁ほか
昼→うどん
夜→豚肉のカレーライス


サン・パウロでTATOOの詳細は→


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月28日(木)[鹿児島県人会館十一泊目]

NHKを書かなきゃ。
仕事。

トシ君とユリちゃん(↓の美男美女だ)のブログ『世界ほっこり紀行』のTOPを飾る写真を、数秒ごとに入れ替わるようにするにはどうすればいいか。
PICT0042.gif
この課題(ライブドアのブログは使った事がない)に祐子が挑む。

沢野ひとし『てっぺんで月を見る』
沢野ひとしが滑落したとき、最後に奥さんの顔が浮かんだそうだ。
ボクは、誰の顔を思い出すのか。

【本日のお食事】
朝→ご飯。祐子はパン
昼→焼きそば。なんだかサン・パウロは、“焼きそば”だなぁ…と思うのである
夜→昨夜のカレー。なんだか昨日より薄味だなぁと呟けば、水を足したからと祐子が呟いた


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年02月29日(金)[鹿児島県人会館十二泊目]

仕事。
祐子は、ブログ『世界ほっこり紀行』の改訂作業。
懲りずにまたまた居酒屋“つがる”へ。
ボクら旅人チームは、トシ君が“島唄”を歌うのみにとどまるが、他の日系人は隙間なく熱唱。
今夜、お店は超満員。
園田会長にブランデーをご馳走になり、革張りシートのToyota Land cruiserで宿まで送っていただく。
今晩は酔ってしまった。
微妙に具合悪くなりながら、寝る。
園田会長が言うには、間もなく鹿児島県人会館では、ネットが十倍速になり、日本のテレビ番組が観られるようになるらしい。
そりゃ、ずるい。

【本日のお食事】
朝→カレー
昼→スパゲティ“よしスペシャル”をハイミーで
夜→居酒屋“つがる”で大盛りラーメンと小ご飯


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年03月01日(土)[鹿児島県人会館十三泊目]

二日酔いで、旦那は朝寝坊。

新婚旅行組みと卓球対決↓

PICT0014.JPG

オグ・マンディーノ『十二番目の天使』で、泣かされてしまった。
鹿児島県人会館の蔵書は悪くない。
一冊だけボクの装丁した本もあったし。
北朝鮮ものが多い。

オカさんの母校が舞台のDVD『パッチギ!』鑑賞。
井筒監督ものを初めて観た。

【本日のお食事】
朝→祐子ひとり何かを食った。義裕は寝てた
昼→サン・パウロは何故か“焼きそば”が美味い
夜→豚肉の味噌炒め


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年03月02日(日)[鹿児島県人会館十四泊目]

早朝5時半起床、NHK地球ラジオ『旅でござんす』の生出演6回目。
だんだん慣れてきました、生。
原稿がない方が、話しやすい気がするんだけど、どうでしょう。

しばし朝寝。
ペンション園田というか、農協のコンピュータルームに置き忘れた三脚を、美人パッカー、カンさんに届けてもらい、リベルタージの愛媛県人会館にて受け取る。
はじめ君、カンさん、ありがとう。
感謝してます。
お礼に食事をご馳走したかったけど、美人って誘いにくいんだこれが。

リベルタージの名物を思しきメロンキャンデー(R$3.5。高っ!)を食べて、バスのチケットを買いにバスターミナルTieteへ。

ブラジルで楽天を発見(よく見ると、右下の英語のスペルが違う)↓

03_02.JPG

過去の日記に“旅々、沈々。”のURL入れ。
投げ出したくなるほど、面倒だ。

DVD『バベル』
全裸の娘のメモには、何が書いてあったんだろう。
メキシコ人のベビーシッターがアメリカへ戻るときの国境の町テカテ、ここでボクらも越境したのだ。
こんなんでも役所広司は、ブラッド・ピットと共演したと自慢してるんだろうか。
ところで日本ロケって必要だったのだろうか。

矢吹晋『毛沢東と周恩来』
毛沢東の定めた農民軍の規律“女性の前で身体を洗わない”。
まったく中国人ときたら…
見られるってそんなに嬉しいのか。
この本、最後まで読めず残念だ。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→ご飯と納豆。茄子+鹿児島県人会館からの頂き物のおにぎり、しそ
夜→夏の新作。豚の生姜焼きスパゲティ。好評とは言えない


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年03月03日(月)[サン・パウロ→]

過去の日記に“旅々、沈々。”のURL入れ。
あー、面倒臭い。

荷造りし、弁当を作り、世界蹴球紀行のオカさんを一人残して、22時のバスでブラジリアへ向かう。
長期滞在の女の子にお別れの挨拶が出来ず、それが心残りだ。
カミーラのTATOOは、イマイチ(GLAYが好きらしい)↓

%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%A9.JPG

園田会長、We shall return.

【本日のお食事】
朝→トースト
昼→祐子はお汁粉。義裕は納豆ご飯
夜→親子丼


鹿児島県人会館の詳細は→

2008年03月04日(火)[→ブラジリア]

12時半、憧れの(生涯に一度、街を創ってみたいという野望があるため、憧れてるんである。シムシティが好きだし)ブラジリア着。

長距離バスターミナルから、ローカルバスに乗り換え、この住所で降ろしてくれとメモを見せていたんだけど、あっという間に終点に着いてしまい、まぁそんなこともあるだろうと気を取り直して、インフォメーションで宿について尋ねるが要領を得ず、しかしめげず、いろんな人に助けられながら再びバスに乗る。
判然としないまま宿を尋ね歩く。
四軒目の宿に決め、荷物を置き、テレビ塔近辺を散策。
宿のネットが繋がらず不満。

飛行機じゃないと、街の全貌がわからんじゃん...。

【本日のお食事】
朝→お弁当のおにぎり、唐揚げ、卵焼き
昼→マクドナルド
夜→スパゲティ

ブラジリアの宿の詳細は→

2008年03月05日(水)[ブラジリア二泊目]

テレビ塔で街の地図をもらい、バスターミナルを抜け、遥か彼方の三権広場へ向かって歩く。
歩道は連続せずたびたび車道で分断され、歩きにくいし、その度車道を走り抜け非常に危険だ。
歩道を考慮しない都市計画は、嫌いだ。
白い半円形が飛び出したデザインの美術館の、外側に大きく張り出した車道について、
構造計算は大丈夫なのだろうかと気にしたりする。

PICT0029.JPG

オスカー・ニエマイエルによるカテドラル・メトロポリターナの中を見学し、出口でポルトガル語の立て札を一生懸命読めば、短パンは入場禁止とあった。
既に遅し。
官公庁街でフルーツサラダ(2R$)を食い、歩き続ける。
三権広場で一番目立つ国会議事堂に、設計したオスカー・ニエマイエルに質問。
なぜ左右のお椀(下院と上院の建物)の大きさが不揃いなんですかね。
簡単なデッサンだけ描いて、あとは弟子に任せたんじゃないのだろうかね。
机上のアイディアじゃないの。
大統領府では、各地のミス・ブラジルを一同に集めテレビ撮影中。

ona.JPG

恐る恐る近づき(その少し前、守衛に笛を吹かれたので)、その美人度を精査にチェック。
どいつもこいつもほっそりとして、鼻筋よく、お目目ぱっちりで面白くない顔だ。
最高裁判所では、何か重要な裁判でもあるのか、テレビ局が集まっていた。
ガラス張りの外務省の木陰で一休みして、バスに乗り帰る。

巨大ショッピング・モールPatio Brasilで、義裕用の短パンを買う(R$69)。
年々ウエストサイズが大きなっているのが悩みだ。
引退する短パンの内側↓

pantu.JPG

今日も宿のネットが繋がらない。

【本日のお食事】
朝→宿の塩辛いパン
昼→ブラジルの人気チェーン店"ジラフ"の定食
夜→義裕はお茶漬け。祐子はふりかけ。そしてお味噌汁と梅干し。白いご飯に謎の粉を掛け、お湯を注いで食べる不気味な食事スタイルを他の宿泊者に見られたくないと思った

ブラジリアの宿の詳細は→

2008年03月06日(木)[ブラジリア三泊目]

公園で昼寝して、大統領記念館へ歩く。

PICT0034.JPG

夜、カテドラルの夜景を撮影。

【本日のお食事】
朝→宿の美味しくないフルーツジュース
昼→ふりかけとごま塩と梅干しの弁当
夜→缶詰と焼きそばとご飯とスープ

ブラジリアの宿の詳細は→

2008年03月07日(金)[ブラジリア→]

おむすびを握って宿を後にし、バスターミナルからバスターミナルへハシゴして、昼飯を食い、サルバドール行きのバスに乗る。

mesi.JPG

22時間だ。たったの22時間の辛抱だ。
ちょっと眠って、祐子とおしゃべりすれば、ほらそこは、サルバドールだ。
し、しかし路面が悪くてゆ、揺れて、ね、眠れない。
し、しかも、ゆ、祐子と、わ、話題が、な、ない。
た、たいく、つだ。
さ、さむい…

【本日のお食事】
朝→平べったいバナナ
昼→バスターミナルの定食。安くて(4.5レアル)美味い
夜→おにぎり

ブラジリアの宿の詳細は→

2008年03月08日(土)[→サルバドール]

11時、サルバドール着。
見渡せば黒人が多くて嬉しい。
奴隷の子孫ですね。
触ってみたい。

バスターミナルのインフォメーションで“青い家”の住所をメモを渡して行き方を尋ねるが、住所(ストリート名)じゃわからないって。
どうゆう事やね、住所じゃわからないって?
モグリ宿なので、宿名をパソコンで検索しても見つからず。
“なおやど”も同様。

“NHK地球ラジオ『旅でござんす』”の送稿。
日記。

祐子の体調が悪く(バス疲れだろう)、飯も食わずに寝てしまった。
ボクは一人で安食堂を求めて夜のサルバドールを彷徨い、地元の酔っぱらいに囲まれて1ヘアルのスープとパンを食う。
ここまで安くなくてもヨカッタんだけど…。
あまりにも寂しく貧しいサルバドール最初の夜。

青山圭秀『理性のゆらぎ』
サイ・ババは、ボクの事も知ってるのだろうか?

【本日のお食事】
朝→おにぎり
昼→セントロ近くの定食(ふたりで11レアル)
夜→祐子は食べずに寝る。義裕はスープとパン

青い家の詳細は→
なおやの家(なおやど)の詳細は→

2008年03月09日(日)[青い家二泊目]

祐子の体調は回復せず、終日寝てる。

本所次郎『カード詐欺団』

【本日のお食事】
朝→リンゴ
昼→スーパーの前のレストランで、ポルキロ弁当を持ち帰り、祐子へ与える
夜→義裕は屋台の牛串(2へアイス)。祐子へはエンパンナーダ(2ヘアイス)を買って帰る

青い家の詳細は→

2008年03月10日(月)[青い家三泊目]

祐子、今日も寝て過ごす。
ボクは、セー広場まで散歩。

テリー・ケイ『白い犬とワルツを』

【本日のお食事】
朝→リンゴ
昼→セー広場を通り過ぎた少し中華風のポルキロ弁当を持ち帰り
夜→親子丼を作るが、イマイチだった

青い家の詳細は→

2008年03月11日(火)[青い家四泊目]

祐子はベッドの中。
下川裕治『アジアの友人』

夜、祐子とペロウリーニョ広場の手前を左へ入って、屋台の串を食う。

【本日のお食事】
朝→リンゴ
昼→祐子は先日のエンパンナーダの残り。ボクはレストランでポルキロ
夜→屋台の牛串(4レアル)

青い家の詳細は→

2008年03月12日(水)[青い家五泊目]

12PICT0036%201.JPG

祐子復活。
ジェズス広場からセー広場へ散歩。
夕方から再び散歩。
三脚を持ち歩いて夜景を撮るんだけど、用心用心。

12PICT0019.JPG

屋台のアカラジェを食うが、たいして美味いもんでもなかった。

12PICT0051%201.JPG

西村晃『「ヒットビジネス」の発想術』

他人を批難するのは簡単で、己を知ることこそが難しい

【本日のお食事】
朝→リンゴ
昼→やや中華風のポルキロのレストラン
夜→ジェズス広場近くのポルキロのレストラン

青い家の詳細は→

2008年03月13日(木)[青い家六泊目]

祐子の石を探して、誘われるままにかなり高級な宝石屋へ入ってしまった。
13PICT0013%201.JPG
Jabooアクセサリ作品集→

ジェズス広場で動きの速いカポエイラを見学。
なかなか面白いではないですか。

越谷レディース推薦のアイスクリームを食べていたら、デビルスティックの少年に逢い、その短いスティックを見て、

13PICT0035%201.JPG

ボクのポキン式スティックも短くしないと世界に通用しないと悟り、
宿へ戻り、スティックをのこぎりで切る。
スティックがずっしりと重くなり、ほとんどの技ができなくなってしまった。
それにしても少年のスティックはひどくボロボロだった。
明日、ボクの予備の棒をプレゼントしよう。

13PICT0041.JPG

【本日のお食事】
朝→卵焼きとリンゴ
昼→珍しくコーンがあるポルキロのレストラン(ペロウニーニョ広場手前を左に入って、すぐ右折した先)
夜→カレーライス

13PICT0051.JPG

青い家の詳細は→

2008年03月14日(金)[青い家七泊目]

今後の進路について悩んでます。
このあと大きなイベントが三つありまして、
ひとつはレンソイス・マラニャンセス国立公園、この世の物とは思えぬ白い砂漠と湖が点在しているそうで、ブラジル観光の目玉です。
二つ目は、落差世界一のエンジェル・フォール。
最後にギアナ高地のロライマ山です。
ついでにギアナ三国も制覇。
マナウスに寄って、アミーゴラウルにも逢いたいし。

ケーブルカーで下界へ降り、citibankへ。
どこかでドルを下ろせないのか。

デビルスティック少年に会えず。

夜、カポエイラを観にジェズス広場へ。
動きの遅いタイプのカポエイラは、素人のボクにはよくわかりませんでした。
Junpei君と宿前のBarでビールを飲んで、NISSANと毛沢東とチベットとインドと物流について語る。
宿の屋上で涼みながら、今後の石澤家の旅の方針と財政の心配と頓挫してる企画“ぐるぐるハウス”について。

14PICT0005%201.JPG

【本日のお食事】
朝→卵焼きとリンゴ
昼→餅
夜→カレーライス
夜食→スパゲティ梅しそ

14PICT0012%201.JPG
青い家の詳細は→

2008年03月15日(土)[青い家八泊目]

15PICT0021%201.JPG

養老孟司『逆さメガネ』
共感できない箇所、多々。

午前中祐子は、ドミ部屋のベッドに腰掛け家計簿を入力し、ボクはベッドに寝転んで本を読みながら祐子の尻に敷かれながら寝る。

午後、デビルスティックの少年を探すが会えず(木の棒をプレゼントしたいのだ)。
トメ・ジ・ソウザ広場からラセルダ・エレベーターに乗って、大土産物市場であるメルカード・モデロへ足を延ばす。
二階のレストランでヨットが浮かぶトドス・オス・サントス湾を臨みながら涼み、バイーアの民族衣装を着た女性店員を撮影して2ヘアイス払い、

15PICT0009.JPG

テラス下のしょぼい円形ステージのカポエイラを一瞬だけ眺める。
カポエイラの前で足を止めると、すぐにチップを請求されるのでウザイ。
ボクは出店のおじいさん(写真↓)からバイーアの伝統的デザインの帽子(7ヘアイス)を買うが、よくよく街を歩き観察すれば、誰もこんな帽子なんか冠っていない。

15PICT0013.JPG

黒人の少女に何度も笑われた。
何かが間違っている。

15PICT0039.JPG

22時頃、ジュズス広場とセー広場をうろつき火曜日の祭りを待つ。

しかし祭りはなかった…。

15PICT0044.JPG

ベンチに座り娼婦だと思われる巨漢女性のお尻を眺めていたら、突然目の前で割り箸のような短い棒を振り上げて黒人同士の喧嘩が始まった。
警察官が拳銃を抜く。
割り箸にも拳銃ですか。
緊張が走る夜。
路上のBarでギターの弾き語りを聴き、ビールを飲む。

15PICT0057.JPG

宿の屋上で涼みながら、今後の旅について祐子と相談する。
今年の8月以降は、カリブ海を攻めるのはどうだ。

“NHK地球ラジオ『旅でござんす』”の送稿。

【本日のお食事】
朝→卵焼きとリンゴ
昼→まだ残ってるおとといのカレー
夜→グリーンピースとトウモロコシと不味いウィンナーのスープスパゲティ

青い家の詳細は→

2008年03月16日(日)[青い家九泊目]

祐子は、指輪作りに精を出す。

ボクは、日記のアップに精根尽きる。

午前中、ものすごい豪雨が来た。
屋上に上がれば、すぐ前の海が見えず。
夜も豪雨あり。
雨は、宿のシャワーより強い水圧。
この日より毎日、スコールあり。

Yahooオークションで、Martinのバックパッカーを狙う。
とりあえず狙うだけ。
旅にギターが欲しい。

Windowsデザイナーに転向するために!
【疑問その一】コンパクト・プロで圧縮したデータは、Windowsで解凍できるのか?

バイーア地方の郷土料理を食べようと旧市街へ繰り出すが、日曜日だからかお休みで、勢い止まらず普通のレストランへ入ってしまい、無意味な出費をしてしまった。
無駄遣いは敵だっ!
それがなかなかわからないボクら。

【本日のお食事】
朝→ゆで卵と茄子の煮物とリンゴ
昼→祐子は餅。ボクはお茶漬け“スープ茶漬け 塩豚”
夜→普通のレストランで肉(56ヘアイス)

青い家の詳細は→

2008年03月17日(月)[青い家十泊目]

一輪車を抱えたミキオ君の路上ジャグリングを撮影しに、バスターミナル近辺までついて行く。
今日ボクらは、押し掛けカメラマンである。
ミキオ君は交差点ごとに信号の秒数を測り(車が止まっている時間が問題なのだ。まずはマーケティングから入るのとは、プロだ!)、最適な交差点を探して歩き回る。
60秒くらいが、彼の演舞にはいいそうだ。

17PICT0015.JPG

一輪車は飾りだ。
彼は舞台を決めると、信号が変わる度に車道に踊り出、車の前で軽く挨拶をして(これがどうしてどうして爽やかだ)、ボールを廻し始める。

17PICT0127.JPG

玉いぢりのテクニシャンだ。
ボクはそのミキオ君の周りをくるくるまわって撮影するのだ。
物珍しがって群がる路上商売の少年少女も友情出演で撮影し、

17PICT0061.JPG

祐子は交差点脇の芝生で黒人の子供とずーっと語らってた。

17PICT0095.JPG

それにしてもミキオ君のジャグリングはたいしたもんだ。

17PICT0052.JPG

また演技後、帽子を差し出してお祝儀をねだる笑顔もいい。

17PICT0069.JPG

この日は、7ヘアイスほど稼いでいた(過去最高の売り上げ。といっても今日でまだデビュー三日目)。
ちなみにバスの往復は、4.2ヘアイスかかる。
夏には“タビタビ、動画”の作品として編集したい。
今はWindowsが壊れているから出来ないのだ。

“NHK地球ラジオ『旅でござんす』”の送稿。

どうにもこうにも自炊が面倒で、ついつい外食に走ってしまう夜。
原因は、暑さなのか台所を這う蟻なのか。
スーパーの品揃えかもしれない。
ボクのハートに訴える物がない。

【本日のお食事】
朝→りんごと卵焼き
昼→スパゲティ
夜→ポルキロ

青い家の詳細は→

2008年03月18日(火)[青い家十一泊目]

突然、ブラウザのsafariが立ち上がらなくなった。
ネットで原因と解決策を探すが、徒労に終わる。
Internet Explorerは、Webメールの送信に問題が多くて使いたくないのだ。
というか、あまり使えない。
ボクはそれでも仕事をしなくちゃならない。
祐子は洗濯。

昨夜のリベンジ。
バイーア地方の郷土料理バイキングに出かける。
正直な感想を申せば、のりさんが絶賛するほどの味ではなかった。
ボクにはムケカはイマイチだ。

ついに太鼓隊の踊りに出会う。
ついついCDを買ってしまった。

18PICT0002.JPG

【本日のお食事】
朝→卵焼きとりんご
昼→スパゲティ
夜→バイーア地方の郷土料理のバイキング

青い家の詳細は→

2008年03月19日(水)[青い家十二泊目]

ボクは暑いのに仕事。
感心だ。
祐子は、ネットで帰国用の格安航空券探し。
課題は、マナウスから成田だ。

ブラウザのsafariを諦め、FireFoxに乗り換える。
これがなかなか快適です。
怪我の功名なり。

【本日のお食事】
朝→寝坊したのでなし
昼→スパゲティと茄子の煮物とりんご
夜→ハンバーグ

青い家の詳細は→

2008年03月20日(木)[青い家十三泊目]

夕方、旧市街を散歩。

以下の文章、イ短調↓
デビルスティック少年に会いたくて、ジェズス広場横の路地でアイスクリームを食べて待つ。
彼にボクのいらなくなったスティック用の木の棒をプレゼントするのだ。
早く彼の喜ぶ顔が見たいものだ。
やがて少年は姿を現したけど、教会の横手へ入ってしまった。
ボクはカメラを祐子に託し、小走りで少年を追いかけた。
教会の角を曲がった先で、少年は黒人の子供と言い争いをしていた。
その黒人の子供は、物もらいで、汚れた服を着た痩せこけた愛想のない目をした10歳くらいの子供だ。
何度も金をくれと言われたから、顔見知りだ。
二人の争いはだんだん激しくなり、というか黒人の子供がひつこくて、取っ組み合いが始まってしまった。
体格差で不利な黒人の子供は、スティック少年の商売道具を踏みつけて折り、スティックの破片を拾い彼に突き刺し始めた。
もともと貧弱なスティックだったので(だからボクは棒をプレゼントしたかったのだ)、身体に刺さるほど威力はないようだが、必要に脇腹の辺りに突き刺す。
何度も何度も。
きっとTシャツの中は、出血してるのだろうな。
対して少年は、黒人の背中に拳を振り下ろす。
こちらも何度も何度も。
ボクは呆然と立ち尽くし(周りの地元民も傍観してた)、やがて警官が間に立って事を収めるまで、見ているだけだった。
助けなくてごめんね。
少年は警官に何か言い放って、興奮を背中に背負ったまま歩き出した。
ボクは追いかけ少年の肩をたたき、木の棒を差し出した。
これを半分に切って、君のスティックにしろよ。
ありがとうと言ってくれたけど、握手をしてくれたけど、頭の中は先ほどの喧嘩の事でいっぱいいっぱいだったようだ。
立ち去る彼に向かって、
アミーゴ!
と声をかけて、彼の背中を景気よく叩き、
元気出せよっ!
ここは日本語。

20PICT0004%201.JPG

大藪晴彦『名のない男』
桂枝雀『桂枝雀のらくご案内』
やがて自殺したんだと思えば、読むのも辛い。

【本日のお食事】
朝→りんごと茄子の煮物とパン
昼→食べない
夜→オムライス

青い家の詳細は→

2008年03月21日(金)[青い家十四泊目]

21PICT0012%201.JPG

遠くバーハ要塞まで、“9月7日通り”を延々と散歩。
革製品屋台村を左手に見て、商店街を抜け(今日は祭日だから一軒も開いてない! なんてこったぁっ!)、大西洋に面した高級マンション街を抜け、ヨットハーバーを抜け、海岸線は狭いけどそれでも奇麗なビーチに出る。

21PICT0001%203.JPG

バーハ要塞近辺のビーチは、前日、宿の女の子が強盗に襲われて怪我した現場です。
こんなに暑い日にビーチを眺めても、ウォーって叫んで海に飛び込みたいと思わないのだから、ボクはビーチ好きじゃないんじゃないか。
帰りは白タク?(普通より少し安くて2ヘアイス)に乗って、セー広場へ帰る。
白タクを降りると、機関銃を構えた警官と銃を握った警官が、黒人の若者を職務質問してた。
ブラジルの警官は本気だ。
そんなささくれ立った街角でした。

祐子は、カリブ海周遊飛行機を探すが、見つからない。
本当にそんなのあるのかいな。

Hatenaに登録する。

【本日のお食事】
朝→パンと卵焼きとリンゴ
昼→マクドナルド(27ヘアイスもしてしまったっ! 反省っ!)
夜→昨夜の残りご飯とハンバーグ

青い家の詳細は→

2008年03月22日(土)[サルバドール→]

荷物を抱えて宿をあとにすれば、豪雨。
軒下で見知らぬブラジル人と雨宿りするもヨシ。
17時のバスに乗り、ナタルへ向かう20時間。
退屈だ。
この日から辛い苦行に似た移動が始まる。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→単価の高いポルキロ・レストラン(高いわりには美味しくなくて後悔する)
夜→バスの中なので、食べない

【バス】サルバドール→ナタルの詳細は→

2008年03月23日(日)[→ナタル→フォルタレーザ→]

12時半、ナタル着。
くたくた…。

最終便のバスチケットを購入して、荷物をバスターミナルへ預け、ナタルご自慢のビーチへ観光。
ポル・キロが食べたくて楽しみにしてたレストラン“Minas(“歩き方”に掲載)”は閉店していて、微妙に違う名前のレストランに変わってた(残念なことにポル・キロはない)。
4ヘアイス(激高っ!!!)の缶コーラに虚脱し、ビーチで放心し、ネット屋は日本語が読めず。

バスターミナル(ここのゲーセンのネットは日本語が読める)へ戻り、5時間以上の暇、暇、暇。
祐子は読書『ローマ人の物語 ハンニバル戦記』。
ボクはポルトガル語の勉強。
退屈だ。

深夜23時59分のバスに乗り、フォルタレーザへ向かう。
爆睡。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→海岸の妙に高いレストラン。缶コーラが4ヘアイス!!!!!
夜→なし

【バス】ナタル→フォオルタレーザの詳細は→

2008年03月24日(月)[→ジェリコアコアラ]

8時、フォルタレーザ着。
へとへと…。

飯からステーキ(牛肉定食)を食って、すぐに10時半のバスに乗り込み、次の町ジェリコアコアラへ向かう。
6時間30分の車中、退屈だ。
毎日狭いバスの中で、身体がしんどい。

14時頃、Jijocaでバスを4WDに乗り換えて舗装路を離れ、やがて海岸線の砂浜を走り(気持ちがいいんだこれがっ!)、冠水した道なき道を突っ走り(確かにバスじゃ走れないっ!)、これがドラマを盛り上げ、17時にジェリコアコアラ着。
あーやれやれ。

ネットのできる宿を探しているうちに、陽が暮れてしまった。
ベッドの上にごま油をコボしてしまい、胡麻臭い部屋にて候。
夜中、カエルが部屋の中をぐるぐる廻ってた。

25%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB.JPG

宿のネットが繋がらず。
ネット接続が泊まる条件なのに!

【本日のお食事】
朝→バスターミナルのレストランにてステーキ定食
昼→なし
夜→ピザ

ジェリコアコアラの宿の詳細は→
【バス】フォルタレーザ→ジェリコアコアラの詳細は→

2008年03月25日(火)[ジェリコアコアラ二泊目]

朝っぱらから、豪雨。
晴れてから海岸線を散歩するが、日陰が全然なくて日干しになりそうだ。
宿のハンモックで昼寝。
隣の部屋のコロンビア、メデジン生まれの新婚さんアメリカ人と談笑。

夜、ボクは体調悪し。
下痢。
ピザすら満足に食えず。

仕事。
宿のLAN接続に悪戦苦闘。
原因は、接続許可は一台だけの設定(宿のパソコンを切れば接続できた)らしい。
こういうネット関係は、祐子担当である。

【本日のお食事】
朝→宿の食事
昼→サンドイッチとハンバーガー
夜→ピザ(23.65ヘアイス)

ジェリコアコアラの宿の詳細は→

2008年03月26日(水)[ジェリコアコアラ三泊目]

今日も朝っぱらから、豪雨だ。
寝てる顔にぽたぽたと水滴が落ちて来て驚いた。
雨漏りだ。
それでも朝から仕事。

新婚カップル、ジェフリー(広告代理店Y&R。富士通の最新式ラップトップを持ってた!)とパウラを見送り、散歩。

ジェフリーが推薦してくれたビーチ沿いのレストランは、安くて美味くて、眺めも最高だ。

Sculptured Stone(アーチ状の大きな岩。しょぼい)まで片道一時間、海岸線を登ったり下ったりして歩く。
ロバと糞とトカゲと蟻の巣と砂と貝殻の堆積とサボテン。
誰もいない海岸線は心もとない。

26%E5%A4%9C%E6%99%AF.JPG

ボクは、夕方から原因不明の腹痛。
食欲なし。

深夜、仕事。

【本日のお食事】
朝→宿の食事
昼→祐子はペンネ。ボクはステーキ定食
夜→祐子はエビ焼き。ボクはスパゲティ

ジェリコアコアラの宿の詳細は→

2008年03月27日(木)[ジェリコアコアラ四泊目]

汚れた服を洗濯に出すが(ブラジルの洗濯屋は高いっ! Tシャツ一枚60円。しょうがないパンツは自分で洗うか)、折からの雨で乾かず。
昨日のレストランのビーチチェアでくつろぎ、読書。
ボクは遠浅を泳ぐ。
祐子は泳げないので、歩くだけ。

夕焼けを眺めにDuneを登ろうと思ってたが、曇り空で断念。

ひつこいエドワード(観光客の霞を集めて食ってるような奴)のMangue Seco バギー&ボートツアー(【料金】バギー70ヘアイス/ボート25ヘアイス)を40ヘアイスにまけてくれたので、申し込む。
さぁ、明日の11時出発だ。

【本日のお食事】
朝→朝
昼→昨日のレストランで祐子はエビスパゲティ。ボクはステーキ定食
夜→ギターレストランで、エビスパゲティとサラダ(ふたりで一人前)。ミュージシャンへのチップが勝手に請求書に書かれてた。ちょっとだけ払う。ギターでは腹が満たされんぞっ!

ジェリコアコアラの宿の詳細は→

2008年03月28日(金)[ジェリコアコアラ五泊目]

ほぼ一日中、雨。
今日のツアーは雨のため中止。
そういえばツアーを斡旋したエドワードの彼女は、とろけるような美人だ。
フランス人だそうだ。
道売りの牡蛎を食ってみた。

28%E7%89%A1%E8%9B%8E.JPG

身が小さいけど、安くて美味い。
Duneへ登る。
今日は波打ち際でサッカー、カポエラが盛んだった。

28%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%94%BA.JPG

雨漏りがするので、部屋を替えてもらう。
新しい部屋は天井の瓦がむき出しで蚊がたくさんいるし、トイレにはドアがないしで悲しくなる。
後悔。

夕焼けは、曇り空で見れず。

今日も洗濯物が乾かない。
しかし明日から怒濤の移動開始だ!
あすかちゃんが絶賛するブラジルの穴場、アティンスへ行くのだ。
人生を変える秘境とは?
買い物に行くだけでも胸まで水に浸からなくてはならない、辺鄙な村とは?

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→得意のレストランでエビスパゲティ(ふたりで一人前)
夜→エビカレー(ふたりで一人前)

ジェリコアコアラの宿の詳細は→

2008年03月29日(土)[ジェリコアコアラ→Paulino Neves]

朝7時から4WDに乗り、大西洋岸をひたすら北上。
4WDは大地を駆け、水を跳ね、車ごと渡し船に乗り川を渡ること三回。
一回目の船↓

29%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E3%82%8A001.JPG

二回目の船↓
船は人が押していたりする。

29%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E3%82%8A%E6%8A%BC%E3%81%99%E4%BA%BA002.JPG

最後の船は少しだけ立派だった↓

29%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E3%82%8A003.JPG

のどかな絶景。
カモシンという町でワンボックスカーに乗り換え、凡景を走り、バラナイーバという町でボンボロバスに乗り換え、変わらぬ凡景を眺め、Tutoiaという町で更にボンボロな4WDに乗り換え(本日四台目)、セカンドにギアが入らないこの車は、凸凹の砂の道を、深い水溜まりを息も絶え絶えに走り、ボクらを不安にしてくれた。

29%E3%83%9C%E3%83%AD%E8%BB%8A.JPG

この日からしばらく、ブラジル人のシナイデ女史と行動を共にすることになる。
シナイデさん、28歳独身。
お手伝いさんがいるから、自分で洗濯をしないそうだ。

夕方遅くついたPaulino Nevesの町は、宿の前の広場に町中の若者が集まっていたんじゃないか。
土曜日だから皆、彼女を求め、彼を求め、とにかくうろうろするのだ。
そんな若者が、実にうっとうしい。
やがてわらわらと人々が一カ所に集まり、広場で大ビンゴ大会が始まってしまった。
真剣な顔が、実に微笑ましい。

29%E5%A4%9C.JPG

ボクら三人はレストランの親父と、レストランの生け簀に毛虫を入れて、魚が食べるところを眺める。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→バスターミナルで祐子はチーズパン。ボクはステーキ
夜→宿の前のレストランで、祐子はチキン。ボクはステーキ

【バス等】ジェリコアコアラ→アティンスの詳細は→
Paulino Nevesの宿の詳細は→

2008年03月30日(日)[Paulino Neves→アティンス]

9時、昨日よりマシな4WDで冠水した荒野を爆走。

30%E9%81%93%E3%81%AA%E3%81%8D%E9%81%93.JPG

時折、歩いて水溜まりの深さを測り、
「こりゃー深すぎて、車が沈んじゃいますわ。左に大きく迂回でもしますけね」
みたいな会話がポルトガル語であっただろうし、
蛇を見つけては殴り殺し、
「ヘビはね、家畜に悪さするからすかたないのよ」
みたいな言い訳をして、
立ち止まっては方向を変え、やがて波打ち際を爆走。
砂浜に黒い枯れ木が多いのは、その昔ここは森だったのだろうか。
と想像してみたりする。
このドライビング・コースは絶景。
終生忘れないであろう。
と、思いたい。

10時、船着き場の集落Cabure着。
“神”という名前のガラナジュース(MSGじゃあるまいし)。

30Jesus.JPG

雨のため、定期便の船が休み。
ボクらは雨のあがるのを気長に待ち、Atins(アティンス)へ小型ボートをチャーターして渡る。
Atins(アティンス)、あすかちゃんが絶賛する素晴らしき田舎、寒村。
ブラジルの新しき隠れた観光地。
上陸したボクら↓

30%E4%B8%8B%E8%88%B9.JPG

さて30分ほどの短い船旅を終えてAtins(アティンス)へ上陸すれば、道、ほとんど冠水。
例えばこんな道↓

30%E9%81%93002.JPG

そしてこんな道。歩きたくない↓

30%E9%81%93.JPG
高級宿Rancho do Buna(ここに泊まりたかった!)で町の概要を教えてもらい、ざぶざぶと川だか道だかわからない道を、安宿Pousada Dos Lencois Atins 別名Pedro Bruno目指して歩く。
えらいところへ来てしまった。
覚悟してたけど、この村にはネットがない。
ちなみにこの日、電話も不通。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→宿の焼き魚定食。魚を焼くペドロ親父。彼はでべそか?↓

30%E9%AD%9A%E3%81%A8%E8%A6%AA%E7%88%B6.JPG

夜→食べないで寝た

【バス等】ジェリコアコアラ→アティンスの詳細は→
Cabureの宿、船の詳細は→
ボクらが泊まったアティンスの安宿の詳細は→
金があれば泊まりたかったアティンスの高級宿の詳細は→

2008年03月31日(月)[アティンス二泊目]

去年NHKで放映されて一躍有名になった、雨期になると出現する湖群(水とともに魚が出現するのが、ここのウリだ。乾期の間は砂の中で眠ってるそうだ)とシーツのように白い砂漠、レンソイス・マラニャンセス国立公園へ向かって歩く。
ボクらの他に観光客がいないのだ↓

31%E7%A0%82%E6%BC%A0%201.JPG

干涸びたヘビを発見。彼は死んでも鎌首をもたげているのだ↓

31%E3%83%98%E3%83%93.JPG

特徴のないLagoa Mauro(マウロ湖)で休憩。
泳ぐ。
野ぶたにバナナの皮を投げるシナイデ女史。

31%E8%B1%9A.JPG

そういえば彼女は、バスの窓からでも食べカスを捨てる。
Canto do Atinsのたった一軒のレストランで、焼きエビの昼食。
ハンモックで昼寝(ブラジル人は昼寝が好きだ)。
帰路、冷たい豪雨に見舞われる。
黙々と行群。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食(卵焼きをタピオカの白いもので包む)

%E3%82%BF%E3%83%94%E3%82%AA%E3%82%AB.JPG

昼→荒野の一軒家で、エビ定食
夜→宿の焼き魚定食。これが毎日食ってる魚の正体だ↓

31%E9%AD%9A.JPG


レンソイス国立公園の宿、レストランの詳細は→
ボクらが泊まったアティンスの安宿の詳細は→
金があれば泊まりたかったアティンスの高級宿の詳細は→

2008年04月01日(火)[アティンス三泊目]

それにしてもこれが道ですかっ!

01%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E3%82%8A.JPG

雨期、砂漠に忽然と現れる巨大な水たまり、トロピカーナ湖(Lagoa Tropical)へ、四カ国語が話せる才女シナイデと出かける。
砂地の道をざくざくと、水たまりはざぶざぶと歩く。
水たまりの水は、いれ過ぎた紅茶の色で、馬糞が沈んでいるのも珍しくないのがたまらなく嫌だ。
腰より深いときは両手を上げて慎重にざぶざぶ、浅いときは泥の跳ね上げに注意!
草原と泥溜まりを黙々と歩くと先に白い砂丘。
口数が少なくなるボクらだ。
しかし登りきったDuneの奥に広がる巨大な湖には、無口なボクらも声がない。
こんな雄大で素敵な景色を、ボクら三人の貸し切りである。
誰もいない観光地は初めてだ。
Duneを滑り降り(処女地を犯す快感っていうんですか?)、泳ぎ(澄み切った青い水に飛び込むっていうのは、無垢なものを汚す喜び?)、魚を探し(乾期は砂の中で眠っている不思議な魚がいるはずのだ)、カエル(こいつだって乾期は砂の中で眠っているに違いない)と遊び、

01%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB.JPG

昼寝(ブラジル人は遊んでいてもシエスタを欠かさない)をする。

01PICT0051.JPG

それにしても誰もやって来ない。

01PICT0118.JPG

かえって怖い。

01PICT0138.JPG

なんとも不思議で不気味な風景だ。
広すぎて遊びきれない(犯しきれないっ!)。

草原で見つけた小鳥↓

01%E5%B0%8F%E9%B3%A5.JPG

【本日のお食事】
朝→宿の朝食(タピオカを焼き、卵焼きを包む)
昼→なし
早めの夜→宿のいつもの焼き魚定食。ボクらは飽きない。焼きトウモロコシが美味かった

ボクらが泊まったアティンスの安宿の詳細は→
金があれば泊まりたかったアティンスの高級宿の詳細は→

2008年04月02日(水)[アティンス→バフェイリーニャス]

朝飯食って、冠水地帯を避けて砂の道をぶらぶらと散歩する。
ご近所探訪である。
学校を覗き、子供に愛想笑いをし(どーも子供たちの表情はカタイ↓)、

02%E5%AD%90%E4%BE%9BPICT0008.JPG

人様の仕事を眺め、虫除けを買い、犬にカメラを向けて嫌がられ、すれ違う住民に挨拶をし、手を振る。
砂地の道にロバの糞。
ゴミも少々。
知らないおばさんに呼び止められ、唐突に
「土地を買わないか?」
と言われた。
土地の道売りだ。
で、いくらなの? おばさん。
広さはどのくらいあるの?
「42メートル×50メートルで(約635坪)で、15,000R$(約90万円)!
坪単価1,400円!!!」
安いっ!!!
考えちゃうなぁ…。
土地を買って、誰か日本人に託して家を建ててもらい、ときどき遊びにいくとか…

午後、船に乗り、Barreirinhasへ移動。
さよならアティンス。
さよなら白い砂漠の民よ。

船を待つ親子。船着き場なんかないのだ↓

02%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%92%E5%BE%85%E3%81%A4%E4%BA%BA.JPG

時々、家があったりする↓

02%E6%9D%91PICT0032%201.JPG

【本日のお食事】
朝→宿の食事(タピオカを焼いて卵焼きを包む)
昼→なし
夜→二人でステーキ定食

バヘェイリーニャスの宿の詳細は→
【船】アティンス→バヘェイリーニャスの詳細は→

2008年04月03日(木)[バフェイリーニャス→サン・ルイス]

朝飯食って、バスターミナルへ歩き、サン・ルイス行きのバスチケットを買い、宿へ戻ってゲロを吐く犬と攻撃的な鳥と戯れ、砂漠観光に出かけるシナイデを見送る。
シナイデの来年の旅行は、日本だ。
ぜひ案内したいもんだ。

祐子は髪染め、ボクは日記。

サン・ルイスへ移動。
途中、焼きとうきびを食うが、少々固くても素朴に美味かった。

03RIMG0939.JPG

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→昨夜のレストランでポル・キロ
夜→祐子の希望でピザ

サン・ルイスの宿の詳細は→
【バス】バフェイリーニャス→サン・ルイスの詳細は→

2008年04月04日(金)[サン・ルイス二泊目]

ここはタイルが有名で、だからか信号もタイル張りじゃんと驚いて写真をパチリ↓

04PICT0003.JPG

しかしよくよく見れば、タイル模様のシールが貼ってあるだけだった。

祐子、ネットで帰国便探し。
これがその後、ずいぶんと苦労することになる。
ギアナ高地、アマゾン川下りとマナウス行きを諦め、ひたすらギアナ三国へ突撃することに変更。
ボクは日記とか、“NHK地球ラジオ『旅でござんす』”

塩野七生「ローマ人の物語 ハンニバル戦記」を読み終えてしまった。
それにしてもハンニバル。
我が家にハンニバルブーム到来。

昼食後、郵便局へ。
そして中央市場で干しエビとパクチー、オクラを買う。
サン・ルイスは、干し海老ばかり。

【本日のお食事】
朝→この宿の食事は、悪くない
昼→ポル・キロ

04PICT0001%201.JPG

夜→干しエビとニンニクのスパゲティ。評価は難しい

サン・ルイスの宿の詳細は→

2008年04月05日(土)[サン・ルイス三泊目]

05PICT0003%201.JPG

午前中、雨。
思い起こせば、ブラジルは雨ばかり。

航空券の販売サイト、ebookersでジョージ・タウン→マイアミの飛行機が予約できない。
Security Cordが違うというメッセージが出て拒否られる。
Visa,Masterとも。
祐子のもボクのも。
全てのカードが駄目。
なぜ?

午後、旧市街を散歩。
コロニアル調の建物は、ぼろぼろに朽ちて空家が多い。
安く借りられそうだ。
改装に手間がかかるだろうけど、それが面白そうだ。
長距離バスターミナルへ出かけ、月曜日のバスのチケットを購入。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→梅干しスパゲティ
夜→ステーキ二種類

サン・ルイスの宿の詳細は→

2008年04月06日(日)[サン・ルイス四泊目]

午前中、雨。
いつまでたってもネット販売のサイト、ebookersで飛行機の予約ができない。
ebookersへ直接メールして問い合わせる。
ボクは日記。

夜、旧市街を散歩。
猫が多い町だ。
わりに身なりがいい、物もらいの親子に塩っぱいピザを贈呈。
ネコにオリーブを投げたけど、食べてくれない。
ネコはオリーブが嫌いなのか?

最後の蔵書、ジェフリーアーチャー『ロシア皇帝の密約』を読み終える。
満足。
アラスカはいい買物だ。

夜の旧市街↓

06PICT0003%208.JPG

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→梅干しスパゲティ
夜→塩辛いピザ

サン・ルイスの宿の詳細は→

2008年04月07日(月)[サン・ルイス→]

ebookersからのつれない返事へ再び懇願のメール。
メールで航空券を売ってくれませんかね?

本がないので、『ローマ人の物語 ハンニバル戦記』を読み返す。
失敗を責めてはいけない。
象ってそんなに恐いのか?

夜20時から、夜行バスにて北上。
車中、寒過ぎ。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→ポル・キロ
夜→祐子はポテト。ボクはハンバーガー

【バス】サン・ルイス→ベレン

2008年04月08日(火)[→ベレン]

運悪くベレンの安宿はどこも満室。
何軒目かのホテルのレセプションに日本語の話せるホドリゴ青年がいて、ネット代を無料に、宿代も安くしてくれたので(それでも高いんだけど)、お世話になることにした。
ホドリゴは、ボクより上手に長渕剛が歌えて生意気だ。
名古屋で宗教活動をしてたそうで、今年、日本人の彼女と結婚するそうだ。
時々、ずごく乱暴な日本語で、それはホテルのレセプションとしてはどうかと気になったけど、ほっといた。
親切は面倒だから。
でも楽しいいい奴だ。

ホドリゴの紹介してくれた洗濯屋は激高!
Tシャツ一枚300円!!!!!
やっぱブラジルは物価が高いなぁ。
夕方、豪雨。
カフェで雨宿り。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→祐子はチキン。ボクは牛
夜→祐子は宿のサービスのスープ。ボクはラーメン(インスタントラーメンに卵と少しだけ野菜)

【【宿】Ioamiaba Hotelの詳細は→
ボクらは満室で泊まれなかったけど、【安宿】Amazoniaの詳細は→
ベレンの両替は_

2008年04月09日(水)[ベレン二泊目]

いつまでたってもネット予約ができない(クレジット番号を受け付けてくれない)ので、メールも受け付けてくれないし、直接イギリスのebookersへ電話すると、ユーロ決算だと思ってた金額がポンドだった事が判明。
計算しなおすと、ここはちっとも安くない。
結局ジョージ・タウンからマイアミまでの飛行機は、Travelocityでネット予約。
こっちの方がお得。

プレジデンテ・バルガス大通りをグラジャラ湾へ向かい、船着き場に沿って人通りの少ない北東へ歩くと、
反対側から歩いて来た親父が
「マナウスへ行くのか?」
って訊くから、
「いや、マカパだよ」
「じゃぁ、付いて来な」
どうしてお前に付いてかなきゃならないんだよ。
こういうのに騙されたりするんだよなと思いながらも、ついつい後を追ってしまうからボクらは甘ちゃんだ。
「300ヘアイスのキャビンを、特別260にしてあげよう」
へー。
いきなり値下げかい。
ますます怪しい。
そうは言っても、まんまと親父の口車に乗って、マカパ行きの船の予約をしちゃうから困ったもんだ。
キャビン(恐ろしく狭いそうだ)は予定外の出費なのだ。
計画では、安いハンモックを買って、船上で揺れてるつもりだったのに。
それがアマゾン河の醍醐味だったのに。

その後、古い倉庫を改造した“エスタサン・ダス・ドッカス(単なる巨大なカフェ街だ。こういうのは、もはや悪趣味だ)”でアイスクリームを食い、ヴェロペーゾ市場を覗き(朝早いと変な魚がいっぱいいて楽しいんだけど、朝早く起きれないのだ)、地元民の群がる路地(この雑踏は悪くない。梨や何の実だかわからないカスターニョ(?)っていうものを買ったり)を迷わない程度(迷ってしまったんだが)に右に左に曲がって宿へ帰る。
知らない町の路地を迷うのは、楽しい。

祐子はネット。
ボクはもう読む本がないので、ネット予約した航空券の説明書の和訳をする。
荷物を紛失した際の航空会社の責任の限度とか、ワルシャワ条約の及ぶ範囲とか、キャンセルもしくは予約の変更をした際の手数料とか、そういうの。
全然面白くない。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食
昼→中華風ポル・キロ
夜→宿のサービススープとパン

【宿】Ioamiaba Hotelの詳細は→
ボクらは満室で泊まれなかったけど、【安宿】Amazoniaの詳細は→
ベレンの両替は_

2008年04月10日(木)[ベレン三泊目]

“NHK地球ラジオ『旅でござんす』”
祐子は、ズボンの繕い。

フランス領ギアナが目前なので、フランス語の勉強を少々。

両替屋(US$よりユーロの方が得だ)と銀行まわり。

大谷夫妻のお店を訪ね、サルガード(カニ味、チキン味、ビーフ味)を食べる。
素朴だが、美味。
大谷夫妻の新しい宿計画のお話を聴きたいが、旦那さんが留守だし、お店があまりにも忙しそうで、明日改めて。
読み終わった文庫本を二冊贈呈。

夜、ホテルで停電。
ロウソクの灯りで、食事、トランプ。

【本日のお食事】
朝→宿の朝食。バナナがなかった
昼→大谷氏のお店でサルガード。マクドナルド
夜→宿のスープとポン・ジ・ケージョ

【宿】Ioamiaba Hotelの詳細は→
ボクらは満室で泊まれなかったけど、【安宿】Amazoniaの詳細は→
ベレンの両替は_

2008年04月11日(金)[ベレン→]

朝早く起きれず、変な魚が見られるという市場を今日も見学できなかった。
魚を見るだけだとモチベーションが低すぎて、早起きはできない。
荷造り。
これから乗る船の中用の食料の買い出し。
道ばたには、何気なく蟹が…。

11PICT0008%203.JPG

大谷氏夫婦のお店を再訪。
お店では、一日で一個0.8ヘアイス(蟹味は1ヘアル)のサルガードが一千個売れるそうだ(一日の売り上げ40,000円以上! そりゃ金持ちになるわ)。
ものすごく忙しくて、ゆっくりお話ができず。
週末だったら家に泊めてくれると言ってくれたのに…、豪邸らしい、今日船に乗らなくてはならない我が身が恨めしい。
マラジョー島に計画中の宿は、平屋の古い家を二階建てに改装中で、いい職人がいなくて、今年いっぱいかかるかもしれないそうだ。
あらゆる果物を植えて、すべての果物は無料にするとか、エビが取り放題で、これまた無料だとか…。
楽しい計画が盛り沢山。
もっと新しい宿の計画を聞きたかった。

ブラジルのヘアルをユーロへ両替。
いったい何軒の両替え屋をまわったことか!

船着き場で昨日のチケット売りの親父に会って、なぜかタクシーに乗せられて(ここから出航するんじゃないんかいっ!)、他の船着き場へ連れて行かれた。
一時間10分遅れて、船出。
港の横の家々、立ち退きを迫られてる↓

11PICT0032%201.JPG

意外に涼しいアマゾン河。
夕陽に沈むアマゾン河。
ハンモックだらけの船内。

11PICT0070.JPG

ボク等のキャビンは噂より広いし(4人分のベッドを二人で使えた)、コンセントもあって悪くない。

11PICT0040.JPG

エアコンは寒いので、ガムテープで塞いどく。
ゴキブリと蟻は見ないふり。
ブラジル人夫婦と仲良くなる。
奥さんエジーナは、ボクと同業のデザイナーで、
Webで作品を見たいと言われたけど、面倒だから、
「ない!」
と応えといた。

【本日のお食事】
朝→宿の食事
昼→大谷氏のお店のサルガード
夜→ポルキロレストラン

【船】ベレン→マカパ(サンタナ港)の詳細は→
【宿】Ioamiaba Hotelの詳細は→

2008年04月12日(土)[→マカパ]

12PICT0044.JPG

あー、憧れの(嘘だったりする)アマゾン河下り(実際は下ってない。河口を北東へ横切っているだけで24時間以上もかかるのだ)。
午前中、快晴だけど景色は凡庸。
ジャングルの緑と茶色い河がみえるだけで、変化に乏しい。

12PICT0053.JPG

アマゾン河のこれからの課題だ。
午後から、雨頻繁。

ボク等の乗った比較的大きい船が通ると、子供達が小舟で突進してくるのがたったひとつの動きだ。
ビニール袋に何かを入れて、河に投げる人もいるので、それを狙った物乞いなんだけど。

12PICT0061.JPG

勝手に小舟を連結して(手漕ぎで追い付くんだからすごいもんだ。この船が遅いのか?)、乗り込んで来る青年には驚かされた。
大胆な無賃乗車だ。

12PICT0064.JPG

イルカの背中が見えた。
コロンビア人の青年。
カメラマンのブラジル人。
退屈なので祐子とトランプ。
予想外に涼しい。
夜、進行方向の闇にぼんやりと灯りが見え、
町の灯りがとてもきれいね横浜
と歌ってたりすると、
14歳のブラジル人美少女に話しかけられた。
あきらかにボク等東洋人に興味がある様子である。
実は乗船したときから、視線が絡んでたのさ。
彼女の目には、ボクが白馬の王子にうつったりするのだろうか?
五時間半遅れで到着し(29時間半!)、終バスは去ったあとだった。
豪雨の中、泣く泣くタクシー(大出費だよ!)でマカパのセントロへ。
途中、赤道記念碑を通るが雨のため、よく見えず。
久しぶりの北半球だ。

【本日のお食事】
朝→バナナ、リンゴ、なし
昼→バナナ、リンゴ、なし
夜→深夜の屋台でサルガード

【船】ベレン→マカパの詳細は→
【安宿】Hotel America Novo Mundoの詳細は→

2008年04月13日(日)[マカパ→]

今日のネット屋探しは、久々に苦労する。
LAN接続を断られたのを皮切りに(意外と融通がきかないのがブラジル人だ)、
宿泊していないからと断られ(この町はHotelがネット屋を併設している。それにしても融通がきかない奴だ)、
休みだと断られ(Hotelは開いてるんだよ。なのに…。ボク等は嫌われてるんじゃないだろうか)、
LANがつながらなかったり(IPアドレスを教えてもらえなかった)、
日本語が読めなかったり(これは普通っていえば普通だな)、
で一言。

マカパのネット屋は、ホテルに併設と見つけたり

午前中、ホテルのレセプションでテレビを観ていた連中が、
「オイアポケへ行くなら、今すぐバスのチケットを買いに行くべきだ」
と言うので、急遽、バスターミナルへ出かけ、チケットを購入。
本当に急ぐ必要があったのか、不明だ。

バスターミナルのレストランは、店員がいるのに休み。
ブラジル、そういうの多くないか?
腹減った。
バスターミナルの周りをうろつくが、日曜日に開いてるレストランはない。

【本日のお食事】
朝→宿の食事
昼→なし
夜→サルガード

【バス】マカパ→オイアポケ

2008年04月14日(月)[→オイアポケ→サンジョルジュ→カイエンヌ]

7時、オイアポケ着。
タクシードライバーを名乗る小柄な色黒親父につきまとわれ、うざい。
おっさん、あっちに行けよ。
何したって金は払わないよ。
と再三申してるんですが、追っ払うことができない。
それどころか、警察署を案内されてしまい、
おっさん、勝手に案内するなよ。ぶー
立場の弱くなるボク等。
警察署でブラジルの出国スタンプをもらい、両替所を求めて市場へ歩く。
やっぱ、おっさんが付きまとうし、話し掛けてくるし…。
何したって金は払わないよ。ホントだよ
マカパよりいい金額でユーロへ両替えできた(Iヘイアス→2.55ユーロ)と喜んでたら、客引きたちに囲まれてしまい、
「カイエンヌへ行くなら、ボクの車に乗せてやるよ」
怪しい親父に声をかけられた。
こういう奴の車に乗っては碌な事がない。
人気のないところで強盗に変身するか、仲間のところへ連れてかれて、荷物を奪われるが相場だ。
なのに、どうしてか断りきれずに一緒にボートに乗ってしまい、仲良くフランス領ギアナに入国してしまい、フランス語まで教えてもらって、世話になりっぱなしである。
情けないボク等…。
何にしろ、ギアナ三国に突入。

彼(名はエリキ。実は学校の先生。たぶんこうやって白タクで小遣い稼ぎをしている)の車に乗って(これがTOYOTAの4WDで、なかなかいい車だった。快適)、警察署に連れて行ってもらい、入国スタンプを頂戴し、結局、彼の車で、県庁所在地のカイエンヌへ向かう。
スピードの出し過ぎと登り坂の追い越しに注意しないと、あんた早死にするよ。
と、別れ際に言いたかった。

宿に荷物を下ろして、とりあえず昼飯。
そしてネット。
ボクは、仕事をしなくちゃならないのだ。
ベトナム料理屋を探すが見つけられない。

この町は、中国人が多い。
確かにどこもかしこも東洋人だらけだ。
英語が通じない。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→中華レストランで焼きそば
夜→ホントはベトナム料理が食べたいけど、見つからないので、中華。祐子は海老スープ。ボクは牛肉炒め定食

フランス領ギアナ、県庁所在地カイエンヌのリポートは→
【バス】マカパ→オイアポケ
【船/乗り合いバス】オイアポケ(ブラジル)→サンジョルジュ(フランス領ギアナ)→カイエンヌ(フランス領ギアナ)
【安宿】La Bodegaの詳細は→

2008年04月15日(火)[カイネンヌ二泊目]

15PICT0008%205.JPG

公衆電話は木造だ↑

朝一で荷造りし、スリナム行きの乗り合いバスを探し(言葉を知らないで探し物をするのは実にたいへんだ。バス乗場が情報と違っていたので、今日の移動は諦めた)、パンを食べて(腐ってもフランス。美味。好機を生かせないガリヤ人を見直す)、インターネットし(日本語が読めると感動する)、仕事して、洗濯して(雨降ったぁ)、サンドイッチを食べて(SUBWAYのようなトッピング方式。フランス語が話せないと、サンドイッチですら苦労する。少しは英語を使えっ)、昼寝して(部屋のエアコンが効かなくて激暑)、ネットして(今度はLAN接続できて幸せだ)、夕食(隣の席の親父はラーメンらしきものを食ってた。気になる)。

フランス領ギアナは、本国フランスより物価が高いと言われるだけあって、確かに高い。
朝、菓子パン食ってジュース飲んだら、1,152円!
夜、缶コーラを買ったら、320円!!!
さっさとフランス領ギアナから脱出せねば!

宿のトイレの件でひとこと言わせて下さい。
男性用の水洗装置がずいぶんと変わった形をしていて、水を流すレバーがわかりにくくてしかも堅いのが原因だと思うのでうが、誰も水を流しません。
いつもボクが流しています。
知らない人の残したブツの始末は辛いもんです。
毎日がこうして悲しい。

【本日のお食事】
朝→さすがフランス、パンが美味
昼→腐ってもフランス、サンドイッチが美味
夜→トッピング方式の中華。ほとんど焼そば

フランス領ギアナ、県庁所在地カイエンヌのリポートは→
【安宿】La Bodegaの詳細は→

2008年04月16日(水)[カイエンヌ→パラマリボ]

物価が高すぎるので、このフランス領ギアナから、スリナムへ脱出します。
今日の問題は国境の客引きと、渡し船です。
客引きは相当恐いらしいです。
渡し船は、荷物を先に載せてそのまま逃げる奴がいるそうです。
緊張の一日が、始まりました。

朝8時少々前、荷物を担いで乗り合いバスの待つ路地へ。
定員にならないと走らないので、狭い車に乗り込んだあと、ひたすらぼんやりと過ごす。
定員は8名、あと2名。来るのかね、人。
暇。腹減った。
9時半ごろナマ白い肌の中国系の女性が最後に乗り込み、走り出す。
運ちゃんの家に寄り、奥さんにサンドイッチを渡したりし、ラジオはうるさく、景色はつまらなく、ときどき雨に降られ、あらゆる車を追いこし、スリナムとの国境の川の町、恐ろしい客引きがいるというサン・ローラン・ドゥ・マロニ着。

外は折しも激しい雨。
噂通り、ボク等の車はあっという間にものすごい人数の客引きに襲われた。
全員黒人。
これだけでじゅうぶんびびります。
黒い手がたくさん窓から入ってきて(ゾンビだよ。こいつら)、ボク等の身体を叩き(叩くなよっ!)、目が血走った黒い顔まで突っ込んで、口々に喚いてて確かに恐い。
彼らの顔を絶対見ないで、すべての肩たたきと投げかけられる言葉を無視して脱出。
イミグレでスタンプを貰い、次は泥棒渡し船との闘いだ!
と肛門をきゅっとひきしめてたら、運ちゃんの友だちだという船になんとなくというかいつの間にか乗せられてしまい、へらへらしてたら隣国のスリナムへ入国してしまった。
とりあえずセーフ。
ここの黒い客引きも無視して、船頭さんの友だちだというタクシーで、豪雨の中、あらゆる車を追いこし、首都パラマリボへ。
結局、友だちの友だちに悪いや奴はいないって事か。

これでさっぱりわからないフランス語とお別れし、今日から全然話せないオランダ語だ。

夜、中華レストランを探すが、見つけられず。

ネット屋を探していて、間違って入ったお店は、大人のおもちゃ屋だった。
ギアナ三国のおもちゃって、どんなだ?

【本日のお食事】
朝→なし
昼→なし
夜→マクドナルド。珍しくチキンナゲットも食べたりして

【乗り合いバス/渡し船/乗り合いタクシー】カイエンヌ(フランス領ギアナ)→サン・ローラン・ドゥ・マロニー(フランス領ギアナ)→アルビーナ(スリナム)→パラマリボ(スリナム)
スリナム、首都パラマリボのリポートは→
パラマリボの宿の詳細は→

2008年04月17日(木)[Twenty4二泊目]

インフォメーションへ寄り地図をもらい(なんせギアナ三国は、“歩き方”に地図がない)、ネット屋でメールチェック(ラフの返事を受け取り)、カフェで仕事をして、中華レストランで昼食。
オランダ語が読めず、麺類を選ぶだけで苦労する。
レストランの気のいい夫婦は、英語が駄目のようだし。
だども久しぶりのラーメン(らしきもの)に満足。

再びネットして(校正出し)、散歩。
歩道が狭く、水たまりも多くて歩きにくいんだこの街。

夜、川沿いを散歩して、インドネシア料理店を探すけど、面倒になって、噂のチキン料理店Rotieへ。
変な味のスープは、ほとんど飲めず。

17meshi.JPG

気持ちの良いバルコニーで日記。

【本日のお食事】
朝→祐子はパンにピーナッツバター。ボクはカップヌードル(67円。かなり安い)
昼→海鮮麺をふたりで一人前
夜→噂のRotieでチキンとライスと変な汁

スリナム、首都パラマリボのリポートは→
パラマリボの宿の詳細は→

2008年04月18日(金)[Twenty4三泊目]

オランダに住むアナ、スペインに住むアドリアンとメールアドレスを交換する。
アドリアンの業務用カメラ(なんでそんなものを持ち歩いてんだろう)を使った、真面目なインタビューを受ける。
「スリナムはどんな印象ですか?」
えーと、静かでいいところですね。
彼の商売は芸術一般で、等身大の彫塑のほか、アニメーションまで作ってた。
イラストレーターでもある。
ボクの仕事は見せない。

ネットして、仕事して、昼飯食って、ネコが寝転ぶバルコニーで日記等。
祐子はカバン類の繕い。
あらゆるものが破れてるのだ。

祐子がインド料理を食べたいっていうけど、メニューを覗けば40スリナム・ドル(1,600円)もするので諦めてもらい、しょぼい仕舞屋風の"火鍋"と書かれた中華食堂に入る。
しかしというか看板のままっていうか、鍋しかなくて、豚肉と野菜、手打ち麺を頼んだだけで、50スリナム・ドルを超えてしまった。
ボク等馬鹿かも...。
それにしても美味い鍋で、中国人はだてに歴史が長いわけじゃないと感心するやら、見直すやら。
北京オリンピックを応援したくなった(ダライ・ラマの自伝を読んでるからね。応援はしない)。
南米一の鍋、スリナムに見つけたり!

【本日のお食事】
朝→パンとピーナッツバター。リンゴ
昼→焼そば
夜→火鍋(50スリナム・ドルもしてしまった)

スリナム、首都パラマリボのリポートは→
パラマリボの宿の詳細は→

2008年04月19日(土)[Twenty4四泊目]

朝食後、バルコニーでくつろぎ、アナとアドリアンを見送る。
ネットして、散歩して、昼寝して、なんだかんだと夜。
ここのバルコニーは、過ごしやすい。
2人とも、少し風邪。

【本日のお食事】
朝→祐子はパンとピーナッツバター。ボクはカップ麺
昼→チキンチャーハン
夜→昼の残りのチキンチャーハンにお味噌汁

スリナム、首都パラマリボのリポートは→
パラマリボの宿の詳細は→

2008年04月20日(日)[Twenty4五泊目]

ボクは風邪。
午前中、寝て過ごし寝汗をかく。
午後、ネット。
そして午睡で寝汗。

夜、風邪を理由(言い訳できれば散財する癖)に"火鍋"で贅沢してしまった。
インスタント麺を注文すれば、本当にインスタント麺で、予想通りなのに驚く。

RIMG0879.JPG

それにしても豚しゃぶは美味い。

【本日のお食事】
朝→パン、りんご
昼→マクドナルド
夜→再び最高に美味い中華鍋"火鍋"

スリナム、首都パラマリボのリポートは→
パラマリボの宿の詳細は→

2008年04月21日(月)[Twenty4六泊目]

ネットでデータを東京へ送信し(お仕事終了)、宿へ戻り、再び街へ繰り出しニュー・ニッケリー行きのミニバス探し。
ミニバス乗り場は宿から少々離れていて、地元民の雑踏と、黒人の目が、たむろしている黒人と、信号待ちの太った婦人が、市場の匂いと、茶色い水たまりが、タクシーの呼び込みだって、なかなか刺激的だ。

ガイアナへ向かうミニバスの選択が難しく、悩む。
一、 安くすませば、ミニバス乗場まで歩くのは嫌だ。また途中ニュー・ニッケリーで一泊するのも面倒だ。
二、一括で依頼するとドアtoドアで楽だけど、高くつくし…。

両替。
祐子は美容院へ行き、インド人と中国人の反目に巻き込まれ、「チャイニーズ!!」と罵倒される。
ボクは何も知らず昼寝。

【本日のお食事】
朝→パン、ピクルス
昼→インド料理(質素に一人前をふたりで)
夜→中華レストランで麺(清貧の晩餐。一人前をふたりで)

スリナム、首都パラマリボのリポートは→
パラマリボの宿の詳細は→

2008年04月22日(火)[パラマリボ→ジョージ・タウン]

早朝4時半(真っ暗闇)にミニバスが迎えに来るが、宿のドアが開かずちょいとパニック。
ガンッガンッガンッ!
ドアが開きませんっ!

ミニバスは他の乗客を拾うため一時間以上も町中を走りまわり、
あのー、そろそろ出発しませんか?
11時の船には間に合わないんではないかと心配で心配で…。

郊外を走り出せば、やがてジャングルを縦断する泥道へ進入し、深い泥にタイヤをとられ、右に左に蛇行するので、慎重にゆっくりと走行。
間違いなく11時の船には間に合わないんじゃないかと、胸がきゅーっと縮む。

10時半ごろ川岸のイミグレに到着するも、なかなか出国スタンプを押してもらえず。
船が出てしまうぅぅぅぅっとやきもきする。

噂の面倒な荷物検査はされず、豪雨の中、乗船。
手錠で繋がれた黒人青年ふたりに話し掛ける豪快な太ったおばさん。
後ろに立つ、小柄な警官は頼りなさそうだ。

ギアナ三国の最後の国、ガイアナへ入国し、運転手が交代。
首都ジョージ・タウンへ向かってバスはひた走る。
バービス川で、長い船待ちあり。
つばを吐く黒人、ゴミを捨てるおばさん、氷を削る親父。
路上のエラそうな牛、小走りの豚、悟った顔のヤギ。
高床式の家、倒れた木造家屋、黒い廃墟。
至る所、汚い水の溢れた側溝。
堤防のある海岸線。
札束を握る黒人。
蚊。

泊まる予定だった宿Florentes Hotelは、閉店してて少々放心。
斜め向かいの宿で、
「五泊するから、割引してくだい」
と言っておきながら、一泊で脱出してしまった。

便器の横に設置された洗面用の蛇口に我慢できず(下写真参照)。

RIMG0918.JPG

便器のすぐ横で顔を洗ったり、便器の横で歯を漱いだりするのは気持ち悪い。
口を漱いだ水を便器の後方の排水溝に吐き出すのも、あずましくない。
ガラスの揃っていない窓から、がんがん蚊が侵入してくるし、巨大なスポンジ状のマットレスも体がベッドの中央に転がって寝心地悪し。

【本日のお食事】
朝→食べなかった
昼→ピクルスとリンゴ
夜→フライドチキン(美味しくなくて食欲が失せた)

【ミニバス/船】パラマリボ(スリナム)→ジョージ・タウン(ガイアナ)
【宿】Eena's Guest Houseの詳細は→
ガイアナ協同共和国、首都ジョージ・タウンのリポートは→

2008年04月23日(水)[Tropicana Hotelへ移動]

朝一でインフォメーションへ出かけ、セントロを歩き回り安宿探し。
ブラジル人の女将さんがいるTropicana Hotelへ引越し。
ポルトガル語で話しかけたりしてみる。

昼に食べたケンタッキー・フライドチキンが、生っぽくて(生焼けちゃう?)最悪に不味い。
祐子は普通だというけれど...
彼女はボクより強い。
豪雨。

両替え。
ネット。

蚊屋の中で寝たのに、蚊に刺され不愉快。
ハンニバルのような蚊だ。

【本日のお食事】
朝→食べない
昼→最悪のケンタッキー・フライドチキン
夜→宿のレストランでブラジル料理

【宿】Tropicana Hotelの詳細は→
ガイアナ協同共和国、首都ジョージ・タウンのリポートは→

2008年04月24日(木)[Tropicana Hotel 二泊目]

夕べ、またも蚊帳に蚊が進入、刺される。
どっから入って来るのかわからない。

お小遣い帳をつけたり、日記を書いたり、地図を描いたり、昼寝をしたり…
夜道、蛍を発見。
この汚い側溝に、蛍。
意外に蛍は逞しいのかも?

【本日のお食事】
朝→パンにピーナッツバター、リンゴ、ピクルス
昼→宿のレストランで。レモンジュースが5ドル!!!
夜→カレー

【宿】Tropicana Hotelの詳細は→
ガイアナ協同共和国、首都ジョージ・タウンのリポートは→

2008年04月25日(金)[Tropicana Hotel 三泊目]

祐子に髪を切ってもらい、少しトッちゃん坊や風になりました。
再読『ローマ人の物語』。
昼寝、ネット、夕食、日記。

隣の部屋の親父は、金工堀だった。
明日、川を遡って金を探すらしい。

【本日のお食事】
朝→パン。ピクルス
昼→食べない
夜→チャーハンと焼きそば

【宿】Tropicana Hotelの詳細は→
ガイアナ協同共和国、首都ジョージ・タウンのリポートは→

2008年04月26日(土)[Tropicana Hotel 四泊目]

両替、ネット、動物園。
宿で一番涼しいバルコニーで過ごす。
宿の女将さんが、ネットにつなげられるよ言ってくれたけど、馬鹿息子がパスワードを教えてくれず。
このっ、馬鹿息子!
明朝、帰国へ。

【本日のお食事】
朝→パンとピーナッツバター
昼→ドーナツ、パン、パイナップル
夜→宿のレストランでブラジル料理

【宿】Tropicana Hotelの詳細は→
ガイアナ協同共和国、首都ジョージ・タウンのリポートは→

2008年04月27日(日)[ジョージ・タウン→マイアミ]

日本へ。

●ジョージタウン(ガイアナ)→
ポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)
Georgetown, (GEO) to Port of Spain, (POS)
Flight: Caribbean Airlines Flight 424 (on Boeing 737-800)
Depart: 10:30 AM, Georgetown, Guyana (GEO)
Arrive: 11:40 AM, Port Of Spain, Trinidad And Tobago (POS)

●ポート・オブ・スペイン→マイアミ(USA)
Port of Spain, (POS) to Miami International Airport, (MIA)
Flight: American Airlines Flight 1668 (on Boeing 767-300)
Depart: 02:50 PM, Port Of Spain, Trinidad And Tobago (POS)
Arrive: 06:50 PM, Miami, FL (MIA)

空港のベンチ泊(寒い)。
空港内では、LANケーブル接続ができない。

【本日のお食事】
朝→
昼→
夜→空港内でバーガーキング

2008年04月28日(月)[マイアミ→空港泊]

●マイアミ→ヒューストン(USA)
コンチネンタル航空 1891 便
出発:2008/04/28 06:15 マイアミ (MIA)
到着:2008/04/28 07:58 ヒューストン (IAH)

●ヒューストン→成田
コンチネンタル航空 0007 便
出発:2008/04/28 10:50 ヒューストン (IAH)
到着:2008/04/29 14:20 東京/成田空港 (NRT)

2008年04月29日(火)[→成田]

無事到着:2008/04/29 14:20 東京/成田空港 (NRT)

京成バスで、たまプラーザ。
乗り換えて祐子の実家、青葉台へ。

缶ビールとすきやき。

【本日のお食事】
朝→機内食
昼→機内食
夜→すきやき

2008年04月30日(水)[青葉台二泊目]

日本で着る服を探して、祐子の部屋に積み上げられた段ボールをまさぐる。
三年で、白い下着が茶色に変色してた。
穴の開いてない靴下が嬉しい。

夕方、クロスメディア・パブリッシングの会議室にて、取締役会議、兼株主会議。
決算報告と今年度の展望、野望、願望。
青年実業家、敏腕編集者、伝説のコバ氏。

会議後、代々木上原で飲み、食べ、仕事を請け、書籍をたくさん頂戴する。
文庫本は旅のお伴に。
鈴木おさむ『ブスの瞳に恋してる』
田村裕『中学生ホームレス』
田中森一・宮崎学『必要悪』
奥田英朗『イン・ザ・プール』→読んだことあり
奥田英朗『空中ブランコ』
奥田英朗『野球の国』
町田康『パンク侍、斬られて候』
藤原伊織『シリウスの道(上)』
藤原伊織『シリウスの道(下)』
藤原伊織『テロリストのパラソル』→昔読んだけど忘れた
藤原伊織『雪が降る』
内田康夫『中央構造帯』→上巻のみなんですけど…
江村洋『ハプスブルク家』
池澤夏樹『母なる自然のおっぱい』
出井信之『迷いと決断』
出井信之『日本進化論』
藤原正彦『国家の品格』→昔読んだ
みのもんた『義理と人情』
内山融『小泉政権』
山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』

【本日のお食事】
朝→スキヤキご飯とみそ汁
昼→焼きそば
夜→代々木上原でコバ氏にご馳走になる

2008年05月01日(木)[日本三泊目]

やす君のHPを参考にして、旅道具を求めて祐子と新宿巡り。

●旅道具その一
FANが故障したWINDOWS機を買い替え検討。
第一候補→今と同じ富士通のLOOXシリーズ。
250GのHDは魅力だけど、現物を見ると心なしか大きくなった匡体(薄くなったけど)と、野暮ったいデザインに愛が芽生えない
●旅道具その二
充電池“eneloop”。
今持っている充電池も充電できますか?
と訊けば、大丈夫です、とか、駄目です、とか、お店によって違うお答え
●旅道具その三
PLANEXのアクセスポイント探知機能付き無線USBアダプタ“電波男(GW-US%$GD)”は、メーカー在庫切れ
●旅道具その四
パラグアイで失くしたヘッドライト(二個)
●旅道具その五
壊れた軽量傘
●旅道具その六
壊れた(と思われる)i-pod用スピーカー
●旅道具その七
ポケットサイズのシステム手帳(5穴)
●旅道具その八
短いボールペン
●旅道具その九
1GのUSBメモリー
●旅道具その十
塩、胡椒入れ(今使っているのは、漏れやすいので)
●旅道具その十一
蓋付きのタッパ(4段重ね)
●旅道具その十二
外づけFAN

19時、民人君と乃木坂の“介(ゆき)”で会談。
鮨をご馳走になる。
やっぱ鮨は偉そうに“お任せ”がいいね。

鈴木おさむ『ブスの瞳に恋してる』
重い。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→新宿高島屋“かつくら”でとんかつ
夜→寿司じゃないよ、鮨

2008年05月02日(木)[日本四泊目]

ソフト“ワン・ノート(12,390円)”とバージョン・アップ用オフィス(9,980円)を購入。
これで、本当にワードとエクセルが使えるのだろうか?
なんとなく騙された気がする。

TOKYUHANDSでデビルスティク用の材料を購入。

青木さんの運転する車に乗り、

%E9%9D%92%E6%9C%A8%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E8%BB%8A.jpg

光岡とはなかなかお素敵じゃん。
お昼をご馳走になる。

田村裕『ホームjレス中学生』読み終える。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→青木さんにご馳走になる
夜→肉炒め、諸々

2008年05月03日(金)[日本五泊目]

デビルスティクを組み立てる。

新宿三丁目のメガネドラッグで老眼鏡の相談。
老眼1.25(近視1.5)。
見積もり21,000円(1.60非球面16,800円+色2,100円+加工2,100円 ※フレームは古いものを流用)
遠近両用は、13,650円?60,000円前後

新しいパソコンの候補に、SONYのvaioTが浮上。
サブ機として、SONYの“mylo”が浮上。

足首のTATOO、評判ヨシ。
ときわさん美人。
椿山荘で結婚式の二次会、目白駅の居酒屋“わたみんや”で三次会、歌舞伎町のBARで四次会、ひとりで“富士蕎麦”に寄り肉蕎麦を食い、歌舞伎町のネットカフェ“アプレシオ”で朝まで仮眠。
楽しみにしてた漫画『闇金ウシジマくん』、ほとんど読めず。
コバ氏、電柱に激突したとかで突然の帰宅。
怪しい…。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→うどん
夜→椿山荘ではあまり食べれず
目白駅の居酒屋“わたみんや”でカレー鍋
BARで乾きもの
“富士蕎麦”に寄り肉蕎麦

2008年05月04日(土)[日本六泊目]

ボクは、嬉し恥ずかし朝帰り。
新しいパソコンは、vaioTがかなり濃厚。

デビルスティックの師匠、ぽきんちゃんと新宿で待ち合わせ。
●大切な議題
この冬、スクーターSIlverWingをどこで受け取るか。
ぽきんちゃんのお宝が詰まったHDを借り、
デビルスティック収納袋を贈呈する約束をし、
コロンビアの宿、オステル・メデジンのクラウディアへのお土産用着物を探すことを請け負い、
7月中旬、11月にメキシコの宿、アミーゴで再会か。

田園都市線を座って帰ろうとして一電車遅らせたら、青葉台で終バスに乗れず、30分も歩いて帰宅。
微妙な作戦ミス。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→うどん
夜→ぽきんちゃんと新宿で飲む。新宿三丁目のタイ料理屋が美味しそうだったけど、おばちゃんの接客悪し。

2008年05月05日(日)[日本七泊目]

ボクは仕事。
FANが壊れたWindows機を富士通へ預ける。
祐子の部屋のダンボールの整理。
昼寝。

【本日のお食事】
朝→納豆、鮭
昼→うどん
夜→肉炒め、ナス炒め

2008年05月06日(火)[日本八泊目]

「新しいパソコンは何を買おう」夫婦会議を開催し、
SONY vaio typeTのオーナーメード版に決定するも、
勇んで新宿西口ヨドバシカメラで注文しても、
この商品はヨドバシカメラのポイントが付かないと言われ、
店の外のガードレールに座りこみ、再び作戦会議。

三つの候補を整理してみると、
【候補一】富士通のLOOX
→かっちょ悪くて愛せないけど、HD120Gが魅力
【候補二】SONY vaio typeTのオーナーメード版
→我が家の一番人気(美しくて高機能。高性能)。しかしヨドバシカメラのポイントが付かないので高額
【候補三】SONY vaio typeTの店頭売り
→HDがたったの80Gしかないのが難点。しかし安い。かっこいい

討議の末、SONY vaio typeT店頭売り(216,800円。13%のポイント)を購入。

リマで会いアレキパで高山病に苦しみ、ウユニ塩湖、宝石の道を一緒に南下したnagashimachine君を囲んで旅仲間と飲む。
新宿で懐かしい面々。

祐子の部屋に積み上げられた、ものすごく邪魔な事務所の決算書類のダンボールを東川へ送りつける。
せいせいした。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→青葉台駅近くの“花月園”でつけ麺。祐子は冷やし中華
夜→新宿駅ビルの上“トンボ”で宴会

2008年05月07日(水)[日本九泊目]

祐子は、銀座で昼食、引き続き夜は新宿でお鮨を食べたらしい。

ボクは、新宿散策。
二年半履き続けた靴(26センチの足なのに、なぜか27.5センチを履いている)の底が、磨り減り過ぎて歩きにくい。
早く靴を買わねば。

夕方、御苑の事務所へ。
アルゼンチンで会ったタカ君(アマゾン河でピラニアを釣り、指を噛まれた時の人)が、御苑の事務所でイラストレーター目指して修行中。
そして、うつ病中。
今年イラストレーターとしてデビューした須山君と二冊目の本を出したばかりの坂木君と四人で焼肉。
坂木君は酔っ払うと、人の頭を撫でて欽ちゃん走りをするとは知らなんだ。
タカ君の病気は食欲が旺盛になり回復傾向。
一安心する。

本日、民人君から頂戴した書籍
山下貴史『あやしい商品が売れる、ごくまっとうな理由。』
中正昌樹『知識だけあるバカになるな!』
本田直之『レバレッジ英語勉強法』
大高未貴『アフリカに緑の革命を!』

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→“武蔵”でつけ麺。まだ一時過ぎだというのに、店内は空いてた。“武蔵”の時代は終わった
夜→焼肉をご馳走になりました

2008年05月08日(木)[日本十泊目]

銀座四丁目。
Gucciの店内を闊歩する関取。
ぶら下がったピンク色の大きな豚肉。
高級ワイン二本。
お美しい編集長と過ごす銀座の夜。
タクシー。
神保町のBAR。

2008_05_08.jpg

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→焼きそば
夜→ワインと串焼きをご馳走になりました。あと神保町のBAR

2008年05月09日(金)[日本11泊目]

僕は風邪なのか、二日酔いなのか、夕方まで爆睡。
祐子は旅の写真の整理とか、荷物の整理とか、部屋の片付けとか。
夕方、新宿伊勢丹会館へ。
某出版社OB会。
噂話で飲む。
もうすぐ定年の元上司とか、亡くなった後輩とか、ずいぶん音沙汰のない人とか、昇進とか、独立とか、退職とか、結婚とか、行方の知れない人や、引っ越した人や、マンションを買った人や、転職した人、ゲラ待ちの熊さん。
自衛隊に関するデマをボクが流したりして…

Aサイさんから、待望の『北方水滸伝』全19巻をゲット!
どこの国で読もう。
むちゃくちゃ楽しみだ。

本日ゲットした本
一、P.D.ジェームス『女には向かない職業』
一、P.D.ジェームス『灯台』
一、清水辰夫『いまひとたびの』
一、村上龍『すべての男は消耗品である。』
一、北方謙三『水滸伝』全19巻→これがものすごい楽しみ

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→うどん。風邪で食欲なし。残してしまう。慙愧に耐えない
夜→新宿で飲む

2008年05月10日(土)[日本12泊目]

ボクは仕事、NHK
旅の写真等をHDへコピー。

もしかしたら北海道新聞社から取材が舞い込んだかもしれない。

夜、六本木ヒルズにてレストラン“RIGOLETTO”のオープニング・パーティ。
一体全体何千人来てるんだってくらいの群集と渋く太った黒人ボーカリストとにんにくの香りが堪らないスパゲティと飲み放題の酒と祐子の親戚と社長新川氏のご挨拶。
いつの日か、研究に三ヶ月かけたというハンバーガーを食べねば。
それにしても狂ったように人がいた。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→うどん
夜→六本木ヒルズのレストラン“RIGOLETTO”

2008年05月11日(日)[日本13泊目]

仕事。
ぽきんちゃんから頂戴したもの。
祐子は荷物整理、夕方から東家訪問。

生まれて初めてワンセグでテレビを観て、感動。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→焼きそば。祐子は
夜→つけ麺、餃子。祐子は東家にてご馳走になる

2008年05月12日(月)[日本14泊目]

一藝社、ケアハウスと訪問。
悲しい昼食、カレーつけ麺。
久しぶりにダイヤモンド社へ。
Tっちー編集長と歌舞伎町案内人の李小牧さん経営の湖南料理のレストラン。
思わず腕を組みたくなるほどの美人編集者ほーりーと、カラオケで人が変わるデビル。

この晩、生ギターと生サックスで歌った曲を一部ご紹介。
水谷豊、Runner、1000のバイオリン
マイケル・ジャクソン
スティービー・ワンダー
ホイットニー・ヒューストン
イーグルス

それにしても皆さん、お歌がお上手で。

終電を逃し、っていうか、始めっから無理だと思ってたけど、漫画喫茶にて就寝。

頂いた本
佐藤あずさ『123英会話』
→1日10分、1ヵ月で英語を話せるようになる!
尾崎哲夫『WhatとHowでこんなに英語が話せる!』
→これを読むと、外国人に英語で話しかけたくてたまらなくなります。
伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
滝沢隆一郎『内部告発者』
長尾和夫、アンディ・バーガー『英語で自分をアピールできますか?』
根津甚八『一万回のキャスティング』
林家正蔵『落語 いってみよう、やってみよう』
リチャード・E・ニスベット『木を見る西洋人 森を見る東洋人』
デービッド・ボーンステイン『世界を変える人たち』
ロバート・ハリス『ワイルド・アット・ハート』
安土敏『後継者』
週間ダイヤモンド 特大号 超「不機嫌な現場」

Nさんよりごっそりと本をいただく。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→カレーつけ麺
夜→歌舞伎町案内人の李小牧さんの湖南料理のお店

2008年05月13日(火)[日本15泊目]

漫画喫茶で仮眠して、朝帰り。

元ドロンズのお店、代官山のちりとり鍋“大島”で、相馬君にご馳走になる。
相馬君、以前より肩幅が広くなった気がするぞ。
相馬君もそろそろ結婚を考える季節だ。
誰かいないのか。

tiritori.jpg

相馬君、ちりとり鍋、美味しかった。
ありがとう。

【本日のお食事】
朝→食べない
昼→納豆
夜→元ドロンズのお店、代官山のちりとり鍋“大島”。安っぽいけど美味い

2008年05月14日(水)[日本16泊目]

つけ麺のキング・オブ・キングと誉れ高い高田馬場の“べんてん(パラグアイでタクシ君が推薦)”で、雨の中、行列に並びつけ麺。
間違って大盛りを頼むと麺だけで1キロもあるから命がけだ。

その他、高田馬場のつけ麺候補店は、
ひとつ、俺の空
→ぜひ行きたい!
ふたつめ、東池袋系列の大勝軒
→別に高田馬場に来なくても、他で食えるし
みっつめ、中野系列の大勝軒
→中野で食ったことがあるので、興味なし
よっつめ、わたなべ
→味を忘れたので、もう一度挑戦したい

新宿へ出てJTBで飛行機の料金を探る。
●メキシコ・シティ(アメリカン)156,000円
●ロサンゼルス(ユナイテッド)84,500円
●アンカレッジ(ユナイテッド)114,500円
●バンクーバー(ユナイテッド)84,500円

【今日、にわかに浮上した旅案】
6月30日、バンクーバーへ出発。
再びユーコン河をカヤックで下る。
そうするってーと、またバイクを買わなきゃならないかなぁ…。

L-BREATHで27センチと大き目の靴を購入(足のサイズは26センチなのに)。
二年半履いた靴は27.5センチだった。
ついでに5パーセントの割引目当てで、ヘッドライトと塩コショウ入れを買い、渋谷でサングラスを買う(近視矯正手術を受けたので、以前の度付サングラスが使えなくなってしまった)。

【PDA候補】
一、EMOBILE(EM・ONEα(S01SH II)
)→本体19,800円+月々の基本料金(二年分48,000円)=合計67,800円
 HDなし。4.1型ワイドVGA(800×480ドット)。最新OS“Microsoft® Windows Mobile® 6”を搭載。MicrosoftOffice®のExcel®、Wordファイルの閲覧/編集、PowerPoint®ファイルの閲覧
→使わない通信料金を払うのが嫌だ

二、mio digiwalker p560(販売価格: \54,800)
320X240ピクセル3.5インチLCD/約4.5時間(内部バッテリーのみでMioMap起動時)
約12時間(内部バッテリーのみでWMA〔オーディオ〕再生時)
約8時間(内部バッテリーのみでWMV〔ビデオ〕再生時)
SD/MMCメモリーカード対応拡張スロット
最新OS「Windows Mobile 6 Classic」搭載!!
→どうかなぁコレ!知らないメーカーだしなぁ…。美しくないし。琴線が響かない

三、zaurus sl-c3200(販売価格: \74,800)
無線LANカード
約6GB (ユーザーエリア 約5.9GB、出荷時空き容量 約4.5GB)
640×480ドット、3.7型 65,536色 透過型システム液晶(バックライト付)
連続表示約7時間(使用温度25度、カレンダーを連続的に表示させた場合、最低輝度)
→ごつくて高い。いまさらザウルスでもないだろって感じ

四、mylo com-2(販売価格: \34,800)
大画面3.5型 高精細 タッチパネルワイド液晶搭載
内蔵フラッシュメモリー 1GB (一部をデータ管理領域として使用しています。ユーザー領域は約850MB)
Web閲覧:最大約6時間
Skype/Googleトーク 待ち受け:最大約22時間、 Skype通話:最大約6時間
音楽再生:最大約20時間、 動画再生:最大約7時間
→小さくて軽くていいかもしれない。気になる存在。メモリが少ないのが難点

五、ipodtouch32G(¥59,800)
3.5インチディスプレイ。
→最高にかっこいい。欲しい。でも二台もipodを持ち歩くのは馬鹿っぽくてなぁ…。
ボクに
JailBreakができるのだろうか。

本田直之『レバレッジ英語勉強法』を読む。

【本日のお食事】
朝→鮭
昼→高田馬場“べんてん”にて、つけ麺
夜→シチュー、刺身などなど

2008年05月15日(木)[日本17泊目]

部屋のダンボールの整理。
部屋の掃除。
郵便局、銀行、青葉区役所(年金手帳の確認)、警察署(運転免許証の住所変更。住民票がなくて住所変更ができなかった! 何しに行ったんだか…)、新宿西口ヨドバシカメラへ。
PDAは、ipodtouchか。
やはりipodtouchなのか!
Mac製品には、5パーセントのポイントがつくことを確認する。

【vaioでテレビを録画することについての覚書】
●録画したビデオファイルの容量は、1時間あたり約185 MB
●録画中にコンピュータをスリープまたは休止状態にしたら駄目だ!
●録画予約を設定していても、電源が切れていると予約録画は実行されない。
●予約録画の開始時刻前には本機の電源は切らずに、VAIO モバイル TVを終了してスリープに。

銀座の画廊“vanilla-gallery”で“ホラー漫画家展”。
その後、“ライオン”で飲む。
藤原紀香“エスティック ミスパリ”で効果ありのH↓

horiuchi.jpg

熟女(業界では35歳まで)を越えてしまったと嘆くS。お道具が立派↓

sakai.jpg

家でスーツを着たまま食事をするT。変でしょ、それって↓

toida.jpg

いつの間にか熟女になってしまったS↓

soma.jpg

ほか、女性はブラジャーを外したら匂いを嗅ぐのかという、ボクには関係のない話題。

奥田英朗『野球の国』が、なかなかうざい。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→つけ麺
夜→銀座ライオンで飲む

2008年05月16日(金)[日本18泊目]

新しいvaioのHDの空きが、33.6Gしかない。
余計なものが詰め込まれてるんだろう。
捨てなきゃ。

仕事。
御苑の事務所。

【本日のお食事】
朝→ナメタケとバター
昼→銀座“ラ・ベットラ”落合務シェフの自信作“予約でいっぱいの店のボロネーゼ”
夜→家

2008年05月17日(土)[日本19泊目]

テリー・マナーズ『世界を凍らせた女たち 女性連続殺人犯9人の愛と嘘』を読む。

200mを40秒!の高速エレベーターに乗って、カレッタ汐留の電通ビルを上り、
なだ万系“ZIPANGU”で地上200メートルのランチ。
眺めヨシ。
蒲焼ヨシ。

夕方、西新宿でipodtouchを触り、考える。
こんなもん、買っていいのか。
贅沢じゃないのか?
無駄じゃないのか?
よく考えろ!

【本日のお食事】
朝→なめたけとバター
昼→カレッタ汐留 電通ビルのなだ万系“ZIPANGU”
夜→祐子が好きな“ハイチ”新宿本店でドライ・カレー。カリブ海を味わう

2008年05月18日(日)[日本20泊目]

18時、阿佐ヶ谷。
松さんの家のホームパーティ。
すーかり気持ちよく酔っ払い、松さんに抱きつくこと二回。
許してくだされ。
旦那のテンメツ氏は、もうなんて言っていのかわからないけど、すごいもんで、ロシア・ドイツへの舞踏ツア?へ出かけたりしてて、詳しくはこの辺をクリック→

Sさんから頂いた本
川上弘美『東京日記 卵一個ぶんのお祝い。』 
浅草キッド、水道橋博士『本業 タレント本50冊、怒涛の誉め殺し!』
唐沢俊一、村崎百郎『社会派くんがゆく! 維新編』
近藤史恵『サクリファイス』
有栖川有栖『乱鴉の島』
桜庭一樹『私の男』
[監修]栗原亨『廃墟の歩き方 探索篇』
貫井徳郎『空白の叫び 上』
貫井徳郎『空白の叫び 下』
鈴木宗男、佐藤優『反省 私たちはなぜ失敗したのか?』
森見登美彦『【新釈】走れメロス 他四篇』
ディヴィット・ピース『TOKYO YEAR ZERO』
ジョン・アレン・パウロス『天才数学者、株にハマる』
麻野一哉、飯田和敏、米光一成『日本文学 ふいんき語り』
三崎亜記『失われた町』
東野圭吾『赤い指』
海野碧『水上のパッサカリア』
道尾秀介『ラットマン』
李小牧『歌舞伎町の中国女』
今野敏『果断 隠蔽捜査2』
榊原英資、吉越哲雄『インド 巨大市場を読み解く』
重松清『その日のまえに』

どうです、すごいでしょ。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→うどん
夜→松さんのホームパーティ

2008年05月19日(月)[日本21泊目]

義母と祐子と三人で、温泉行。
NIPPONレンタカーで車を借り、この時返却時にガソリンを給油しなくてもいいというシステムを勧められ、後、揉める事となる。
真鶴の温泉旅館“鯛納屋”へ。
露天風呂で汗を流し、
食いきれない量の磯料理。
刺身!
刺身!
刺身!
なんせこの宿の本業が、魚屋なんだから、たまりまへん。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→カップラーメン“ガテン系”は最悪の味だった
夜→温泉旅館“鯛納屋”の真鶴港から直送!
当日の朝獲れたて魚屋直営のボリューム満点の磯料理

李小牧のヤリ自慢本『歌舞伎町の中国女』読む。

2008年05月20日(火)[日本22泊目]

露天の朝風呂、ひもので朝食、真鶴港でひものを買い、帰路。

NIPPONレンタカーへ。
で、車を返して揉めたのは、給油しないで返却するシステムについて。
走行距離が一キロでも百キロでも同じガソリン代を取られるということだったらしくて、
そりゃあんた説明が悪いよ!
わかないよ、そんな仕組み!
と開き直って、走行距離以上のお金は返却してもらった。
まったくもう。…である。

新宿へ。

高室氏とひもので一献。
どうしてひものを食った朝だってーのに、夜もひものを食べてしまうのでしょう、ボク。

林家正蔵『落語 いってみよう やってみよう』

【本日のお食事】
朝→旅館の干物三昧朝食
昼→つけ麺
夜→高室氏とひもので一献

2008年05月21日(水)[日本23泊目]

御苑の事務所へ。
会計事務所の新しい担当者と食事。
新橋のBAR、10坪で家賃30万円かぁー。
坂木君、須山君、青木さんとそれぞれ打ち合わせ。

翌朝が健康診断なので、おとなしく帰宅。

ハイブロー武蔵『新・いますぐ本を書こう!』

【本日のお食事】
朝→ひもの
昼→“ジョナサン”にて韓国冷麺
夜→肉やら

2008年05月22日(木)[日本24泊目]

起きて検便。
長津田厚生総合病院にて、政府管掌健康診断。
体重68キロ。
6,843円なり。

病院近くのラーメン屋にて、つけ麺を食べ後悔する。

16時、新宿住友生命ビルにて、住友生命の健康診断。
朝より体重が増えて、69キロ。

歌舞伎町のクロサワ楽器で、Martinのバックパッカーを愛でる。
ボクには10年早い!

新宿三丁目の“大阪餃子”でP社のY駅長と飲む。
帰り際、“ふらて”でダメ押しの一杯。

朝方までDVD『ソウ?』。

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』読了。
こういうビートルズにひっかけるって、どうもつまらない。
というかしらける。
内容は面白いんだけどね。

【本日のお食事】
朝→
昼→長津田駅そばの“ラーメン たつ屋”で味噌つけ麺
夜→新宿三丁目の大阪餃子

2008年05月23日(金)[日本25泊目]

運転免許証の住所変更のため、市ヶ尾の警察署へ。

渋谷で札幌の同級生達と飲む。
“4番サード魚真”の刺身と蟹。
二次会に懐かしい道元坂のJazz Bar Curio。
マスターが昔のまま。そのまま。まんま。

締めに原宿の光麺。
料理長ご自慢のつけ麺は、美味かった。
タクシーで夫婦同伴の朝帰り。

【本日のお食事】
朝→アジのひもの
昼→銀座“ラ・ベットラ”落合務シェフの自信作“予約でいっぱいの店のボロネーゼ”
夜→渋谷の“4番サード魚真”そして“光麺”のつけ麺

2008年05月24日(土)[日本26泊目]

誰かに対して何らかの行動を取るときには
「相手の人にそれを受け止める度量があるかどうか」を
考えるようにしている。
とは、ナニニ書いてあったのか…

駒沢大学駅の“ジョナサン”で、おばさん三人と座談会。
二の腕が逞しい恵ちゃんとスナック勤務の飯田とカラオケに行こうとするチカちゃん。
福田総理の家の前を通って、チカちゃん家に寄り、またおしゃべりして解散。
渋谷に出たけれど、雨なのですぐに帰宅。

【本日のお食事】
朝→食べない
昼→“ジョナサン”で韓国冷麺
夜→カツオのたたき

2008年05月25日(日)[日本27泊目]

アルゼンチンから送りつけたダンボールの整理。
スペイン語の単語カード、コバさんが置き忘れたデジカメの充電池、読まなかった英語の本、ヘルメット、バイク用品などなど。

PDAの新しい候補、ヒューレッド・パカードのiPAQ 212 Enterprise Handheldはどうか?

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→焼き飯
夜→鮭フライ

2008年05月26日(月)[日本28泊目]

羽田からAIR DOに乗り旭川へ飛ぶ。
帰省。
父が迎えに来ないと思ったら、いつの間にか胃潰瘍で入院してた。
さぞかし入院生活は退屈だろうと、東野圭吾の『赤い指』を置いてこうとするが、
本文中に呆けた両親を邪険に扱う行があったのを思い出し、止めておく。
無意味に刺激してはならない。
田舎暮らしをして胃潰瘍は洒落にならない。
そして人は何故か入院を隠す。

墓参りに向かうが、豪雨。
そして雷。
諦める。

【本日のお食事】
朝→蕎麦
昼→巨大なお皿のカレーライス
夜→マガレイの煮付け

2008年05月27日(火)[日本29泊目]

田舎の朝。
早い。
6時半、朝食。
7時半から物置のダンボールの整理、統廃合。
祐子のヌーブラが出てくる。

2008-05-26u111.JPG

捨てる。
カビたTシャツが出てくる。
捨てる。
太って穿けなくなったズボンが出てくる。
捨てる。

従姉妹の明子ちゃんを囲んで深夜までトーク。
誰も知らない三千坪の土地。
去年の厳しい冬。
家主の苦労。
水道管破裂。
伯父の死。
葬式。
宅建。
ホテル。
スナック。
肝臓癌。
伯母。
従姉妹。
最後の笑顔。

伯父が死んだとき、僕らはエクアドルのグアヤキルにいた。

【本日のお食事】
朝→鮭
昼→ホットプレートで焼く豪快焼きそば
夜→手巻き寿司

2008年05月28日(水)[日本30泊目]

天より金の時計を授かる。
GUCCI。
ボクにイタリアものが似合うのだろうか。

物置のダンボールの整理、統廃合。

2008-05-26u110.JPG

“義裕の楽しい思い出”と書かれたダンボールを開けたら、カビが満開だった。
若い頃の写真が、湿気でガビガビになってた。
楽しい思い出が哀しくなってた。

仕事。

今野敏『果断 隠蔽捜査2』微妙な面白さあり。
入院中の父に貸そうかと思ったけど、本文中に
胃潰瘍で入院してみれば癌だったという箇所があるので、
止めとこう。
油を注いではならない。

古いメガネがたくさん出てきたけど、これは捨てるしかないのか?
捨てるには忍びない。

【本日のお食事】
朝→鮭
昼→母のスペシャルしめじスパゲティ
夜→鱈

2008年05月29日(木)[日本31泊目]

7時半より、物置の整理。
仕事。

【本日のお食事】
朝→なめたけ
昼→母のスペシャルなすびトマトアンチョビしらすスパ
夜→北海道といえば、ジンギスカン

2008年05月30日(金)[日本32泊目]

東京へ宅配便を送る。
墓参りのはしご。
なぜか墓場にある牛肉の部位表↓

2008-05-29u116.JPG

入院している父の見舞い。
北海道新聞社にて、旅の取材を受ける。
いつ記事になるかわからないけど…。

JRで旭川へ。
地下鉄とバスを乗り継いで(JRを一度乗り換えるだけでよかったのに、わざわざ…)従姉妹の家へ寄り荷物を置いて、間髪いれずにすすきのへ繰り出す。

さて、すすきの定番BAR、beis。
18キロ太った人、いまだに高校生当時の体重58キロのO道、就職して賞与を貰った玉e、新築マンションに引っ越したMりちゃんとか、妙に笑顔なKumagai君に偶然出会ったりした。
どんどん定年する先生たち、子どもが大学生になったり、行方が知れなくなったり、融通の利かない人がいたり、新しいマンションに引っ越したり、明日は子どもの運動会だったり、出世してたり、離婚してたり。

ありさんから文庫本を頂戴する。
村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』
マララッド『マララッド短編集』
ダイアン・アッカーマン『月に歌うクジラ』
内田樹『ためらいの倫理学』
飲みすぎてタクシー帰り。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→山頭火が監修した旭川のラーメン店“あさめし前田本舗”にて醤油ラーメン
夜→沖縄料理。そして“beis”で飲む

2008年05月31日(土)[日本33泊目]

仕事、漫画喫茶、ほか。
祐子は、従姉妹との交流。

ありさんのJAZZバンド“エレガント・ピープル”のライブ。
ソフトモヒカンの会社員、中西君のベースと、演奏後即行で帰ったキヌカワ君の素晴らしいベースと背の高いボーカルの女性とお医者さんのキーボード。
ライブの流れで二晩続けて、青山君のBAR“beis”で飲む。
キーボードの医者は後輩でシモネタが鮮やかだ。
またタクシー帰りになってしまった。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→“北一”で醤油ラーメン。濃厚だ
夜→ラーメン共和国の“けやき”で醤油ラーメン。昼よりさらに濃い。祐子はチャーシュー味噌

2008年06月01日(日)[日本34泊目]

旅用のカーゴパンツ探し。
旅にはゆったりした6ポケッツのカーゴパンツが一番だ。

漫画喫茶『新宿スワン』、ほか。
祐子は、親戚とのお付き合い、お見舞い。

夜、たまえちゃんとまゆみちゃんと四人で、新川一(この地域で一番という意味)の鮨屋へ乗り込む。
親父、適当に握ってくんな。

【本日のお食事】
朝→ご飯
昼→“山岡屋”で醤油ラーメン。この味ヨシ。麺が太いけど、それもまたヨシ
夜→新川で大評判の“鮨一”

2008年06月02日(月)[日本35泊目]

祐子は伯母の絵の個展へ。
ボクは仕事。
札幌駅上の、元祖黒豚しゃぶの店、“いちにいさん”で、祐子の親戚と昼食会。
つけ麺を頼んだら、単なる蕎麦だった。
祐子の伯父は、そうとうな切手収集家だ。
ボク等に課せられたテーマは、果物。
このとき、頂いた本。
幸田文『駅 栗いくつ』
兼高かおる『私の好きな世界の街』
池波正太郎『闇の狩人 (上・下)』『夢の階段』
村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』
マラマッド『マラマッド短編集』
ダイアン・アッカーマン『月に歌うクジラ』
内田樹『ためらいの倫理学』
藤原正彦『遥かなるケンブリッジ』
出口保夫『英国紅茶への招待』
田辺聖子『おせい&カモカの昭和愛情』

AIR DOにて上京。

深夜、DVD『SOW4』鑑賞。
祐子は直視できず。
ボクは理解できず。

野田知佑『北極海へ』
野田氏を真似てマッケンジー河を下りたいもんだ。
やっぱ無理だろうか。
とりあえず再びユーコン河へ。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→札幌駅で“いちにいさん”で豚しゃぶ蕎麦とつけ麺という名の蕎麦
夜→青葉台駅上で“洋麺屋五右衛門”

2008年06月03日(火)[日本36泊目]

朝から昨夜観たDVD『SOW4』を再び。
だいたい理解したけど、『SOW3』を見直す必要があるかもしれない。

銀座日航ホテル前で、○田嬢と待ち合わせ。
闊歩する細身のホステスたち、待ち合わせの親爺たち。

○田嬢と太いアスパラ、アボガドと長芋、枝豆と野菜三昧にハムかつ。
隣の席では、親爺がホステスに質問攻めの同伴カップル。
仕上げは、“宮越屋珈琲”でコロンビアコーヒー。
大人のデート。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→スパゲティ
夜→銀座で野菜を中心に攻める

2008年06月04日(水)[日本37泊目]

たぶん、テレビを観て、本を読み、データの整理をして、部屋の片付けをしていたに違いない。
いずれにしても終日家に居たということで、たいへん珍しい1日だ。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→蕎麦
夜→魚

2008年06月05日(木)[日本38泊目]

新宿西口のソフマップ買取センターへ。
旅の盟友、富士通のLOOX(FMV-BIBLO LOOX T70K)を下取りに出す。
親友を売る。
事前に電話確認した値段は、70,000円。
今月はパワーアップ・キャンペーン中なので5,000ポイントをいただき、
しかし液晶画面がホワイト落ち(?)してると指摘され、21,000円マイナス、
電話コードを紛失していたので、さらに300円マイナス、
僕らは全額をポイントに換算するので、10パーセントをプラスされ、
5のつく日なので(5のつく日は、5パーセントのポイントアップなのだ)、5パーセントのボーナスをプラスされ、
集計すると61,755円のポイントをゲット。
このポイントで、ついに新しいMac(Macbook Black)を買ってしまった。
メモリは4GBに増設。

新しいMacは、家へ持ち帰らず、事務所に放置。

お年頃の常○さんと隠れ家でしっぽりと飲み語る。
考えすぎないことが大切ではないか。
悩んでも同じではないか。

余命を宣告されたランディ・パウシュ先生の「最後の授業」を観なくては(1-9に分割)。

http://jp.youtube.com/watch?v=nrFMRuB2lbA

考えさせられますな。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→新宿西口“武蔵”でつけ麺を食い、疲れる
夜→渋谷の路地裏にある築50年の一軒家“巌”

2008年06月06日(金)[日本39泊目]

11時、御苑の事務所にて、授乳中の青木お母さん、イラストレーター軍団と打ち合わせ。
坂木君から頂戴した本。
村上龍『半島を出よ (上・下)』

Adobe CS3 DesignStandardを購入。
高いねぇ、これ(198,000円)。
よっぽど学生用を買おうかと悩む、76,000円だからねぇ。
PDAとして、ソニーのパーソナルコミュニケーター“mylo”を購入(画面保護シートと込みで36,280円)。
事務所で新しいMacのインストール作業。

高橋君から漫画『シガテラ』を借りて読み始める。

なかなか結婚しないしぶといY本嬢と嫁入りしたばかりのトコロガ嬢を引き連れて、新宿でシャブ三昧。
二次会は得意の三丁目の“ふらて”。
金曜日の男M田氏とばったり出会い、酔っ払い同士の脂ぎった握手。
終電に間に合わないと新宿通りを走る!
Y本嬢から頂戴した本。
出井信之『迷いと決断』
島田紳助『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』
パオロ・マッツァリーノ『つっこみ力』

先日の健康診断の結果が届く。
【政府管掌健康診断成績報告書】
尿酸と肝機能が“精密検査が必要です”!
中性脂肪が少し高値!
腹囲86.8センチ(基準値は85未満なので、ややデブ)
γ-GTPが160(基準値は75未満なので、ダブルスコア!!!!!!!)
アルコールの過剰摂取なので、要節酒!

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→イケ面が評判の広島つけ麺。ちょい辛
夜→“エラワン”でタイしゃぶ。ここのシャブはいいなぁ

2008年06月07日(土)[日本40泊目]

御苑の事務所へ。
Macのインストール作業。

祐子は和ちゃんとどこかで待ち合わせ。

WTN-Jのお話会。
そして二次会の居酒屋へ流れ込む。
課長ミミンガー、いつも新しい彼女のこぐちょ氏、また世界を走るうらんちゃん、電気バイクの藤原夫婦、北朝鮮研究家のマンシュー氏、『旅と冒険』発行する今井君、アマゾン河を下ろうと計画中の宮川君とか、フランス人とか、松尾氏とか。

飲んだ後の締めに、本日二回目のつけ麺を食らふ。
駄目だ、こんな食生活では、死ぬ。
と、少し思った。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→御苑の大勝軒でつけ麺。このお店は点滅氏が好きだと言ってた
夜→WTN-Jの二次会で居酒屋。酔った勢いでつけ麺

2008年06月08日(日)[日本41泊目]

仕事。
祐子は荷物整理。

札幌のかつしろさんより、大量の本が届いて喜ぶ。
佐伯泰英『知略』『秘剣雪割り』『八州狩り』『五家狩り』『難破』『秘剣傍瀑流返し』『鵺女狩り』『代官狩り』『下しのぶ狩り』『雄飛』『極意』『帰還』『秘剣乱舞』『鉄砲狩り』『残夢』『悲恋』『遺恨』
南原幹雄『御三家の反逆(上・下)』『吉原御法度』『吉原大黒天』『付き馬屋おえん 暗闇始末』
宮城賢秀『伊豆惨殺剣』『闇の元締』『隠密目付疾る』『阿蘭陀麻薬商人』『隠密影始末』『惨殺指令』『謀叛人の首』『千両の獲物』『皆(←漢字が違う!)殺し』『賞金首』『公儀隠密行』『将軍の密偵』『将軍暗殺』『乱波の首』『裏目付犯科帳』
隆慶一郎『吉原御免状』
黒崎裕一郎『江戸城御金蔵破り』
沢田黒蔵『黄金の忍者』
八剣浩太郎『孤剣東海道』
池端洋介『闇旗本・人斬り始末』『風魔狩り』
中澤文彦『正宗の天下』
笹沢左保『将軍吉宗の陰謀』
赤松光夫『大奥梟秘帖』『江戸の大山師』『秘伝 陰の御庭番』
平岩弓枝『女の旅』
森村誠一『致死海流』
松本清張『黄色い風土』『霧の旗』
津本陽『大わらんじの男』
村上春樹『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』『スプートニクの恋人』『国境の南、太陽の西』
山田智彦『頭取の首』
小杉健治『白頭巾』
デイヴィッド・ハンドラー『女優志願』
ジョゼフ・ファインダー『モスコウ・クラブ』
ジェイムズ・ジラード『遅番記者』
ジェフリー・アーチャー『十一番目の戒律』
ウォード・ジャスト『大統領をめざした少年』
佐藤雅美『揚羽の蝶』
城山三郎『城山三郎』
南條範夫『武魂絵巻』『隠密くずれ』
信原潤一郎『紀州連判状』
花家圭太郎『暴れ影法師』『荒舞』
幸田真音『マネー・ハッキング』『偽造証券』
麻倉一矢『鬼の吉宗』
清水一行『真昼の闇』
司馬遼太郎『軍師二人』
上田秀人『震撼の太刀』

横浜でY田女史と飲む。
じゃがぽっくるを贈呈し、靴下を頂く。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→蕎麦
夜→横浜で飲む。山芋や豚やししゃもや焼酎

2008年06月09日(月)[日本42泊目]

御苑の事務所にて、
デザインツールの整理。
延々...。

K談社のK田氏と神楽坂の"三菊"にて、大人の懇親会。
辛子で食べる鯨と白菜が重要な鳥鍋をご馳走になる。
フライイングして、白菜を食ってしまったが。
このお店、緊張感があってプロっぽい。
坊主頭の青年、暖簾分けまで頑張ってくれ。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→家で落合シェフのスパゲティ
夜→神楽坂の"三菊"で鯨と鳥鍋

2008年06月10日(火)[日本43泊目]

午後から御苑の事務所にお邪魔して、デザインツールの整理。

高木善之『ありがとう』読了。

事務所の若手連中と飲む。
インドの駐車場で排尿したり、男に振られたり、いろいろ。
アンティーク調のお店は、新宿通りを走るトラックの振動で妙な具合で揺れる。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→渋谷の名もない蕎麦屋で、肉蕎麦。祐子は冷やしたぬきうどん
夜→御苑の若手連中と飲む

2008年06月11日(水)[日本44泊目]

終日、古いMac(新しいMacBook Blackは未だ御苑の事務所に放置)で仕事。

デイヴィット・ピース『トーキョー・イヤー・ゼロ』読了。
疲れた疲れた疲れた。
巻末の解説を読めば、気づかなかったこと多過ぎ。
「結末まで至ったら、再び読み返す円環構造」だそうで、どうりで途中読み返したいと思ったわけだ。
ボクには10年早すぎた本。
以降の第二弾第三弾は、読む気なし。

祐子、銀行の研究。
『海外で現地通貨を下ろすとき、どの銀行がお得か?』
下記の現状を踏まえ、“イー・バンク”がお得だ。

■新生銀行
※VISAインターナショナルレートに4%加算 (手数料ナシ)

■CITI BANK
※現地通貨利用額を米ドルに換算→米ドル額を日本円に換算して3%加算(手数料ナシ)

■スルガVISAデビットカード
※VISAインターナショナルレートに1.63%加算+手数料210円
※キャッシュバック特典あり

■イーバンク
※VISAインターナショナルレートに1.63%加算(手数料ナシ)

青葉台から入手した本。
コリン・デクスター『死者たちの礼拝』
ジョン・ダニング『名もなき墓標』
スタンリイ・エリン『九時から五時までの男』
レイモンド・マルロー『春の自殺者』
G.マークスタイン『裏切り者と朝食を』
竹内政明『読売新聞「編集手帳」第三集』
M.K.プレイストン『陽炎の匂い』
サンドラ・ブラウン『追わずにいてくれたら』
アンドリュー・ヴァクス『ゼロの誘い』

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→家でスパゲティ
夜→家で鰻

2008年06月12日(木)[日本45泊目]

朝から仕事。
“ナカミンダB-S/BNMDS”か“フォークB”か。
シンカにフォントを依頼して、合計2415円なり。
日記のアップ。

第10回大藪春彦賞受賞、第5回本屋大賞2位、キノべス2007 第1位、「このミステリーがすごい!2008年版」第7位の近藤史恵『サクリファイス』を読み始める。
新潮社らしからぬ装丁。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→家でお餅入りラーメン
夜→“せんざん”で鰻

2008年06月13日(金)[日本46泊目]

10時、御苑の事務所へ。
仕事。
矢野君へイラストの依頼をする。

夜、事務所の連中と大宴会。
そして二次会は、いつもの“ふらて”。
久しぶりに“じゃがいもコンビーフ(スライスしたじゃがいもをコンビーフと一緒に炒める。カリカリになるまで焼くのが石澤流だ)”を食うが美味い。
ストーカーが家に来たので引越する女の子や京都でタンクトップの腋毛男の話、求職中の木村君と大屋氏、のづるんば女史がゲスト出演。

哀しいニュースが発生!
坂木君の取引先出版社の“九天社”が倒産。
印税90万円を取りっぱぐれる。
浦郷君は12万円。
グループ全体で100万円超!!
売掛金を回収できると希望を持つ坂木君へ、絶対回収できないと断言して、奈落の底へ突き落とし、しかしこの倒産劇を楽しもうと励ます。
人生とはそんなものなのよ、と諭す。

倒産の顛末は→ココ
 ↑
坂木君のイラストブログは、面白いよ!

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→蕎麦と親子どんぶり
夜→事務所の連中と大宴会。そして“ふらて”で二次会

2008年06月14日(土)[日本47泊目]

道尾 秀介『ラットマン』を読む。
姉妹の愛憎とはたいへんなもんだ。

事務所へ行くが、誰も出勤してなくて、新宿でわびしく暇つぶし。
3時から新宿区役所で、世界一周二回目に旅立つ「うらん」 ちゃんこと浦野由紀子さんの講演会。
前回の世界一周は、3年半かけて、SUZUKIジェベル250XCにまたがり、全走行距離は約13万kmで、北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→ヨーロッパ→ロシア・モンゴル→韓国→日本と走ったそうです。
たいしたもんだね。
うらんちゃんは、東川の露天風呂に入ったことがある。

6時から青葉台で狩野家の親族会。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→御苑でつけ麺
夜→寿司屋で鰻

2008年06月15日(日)[日本48泊目]

祐子と新宿へ。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→吉野家の牛丼
夜→新宿の“マハラジャ”でカレー

2008年06月16日(月)[日本49泊目]

再検査γ-gtpが246と高得点。
尿酸が7.4とこれまた高得点。
赤血球がやや少なくて4.19(4.27?5.70)。
不健康なり。

再検査後、お墓参りへ行き、そして新御茶ノ水で呑む。
S嬢にご馳走になる。
面目ない。
このご恩は必ずや!

重松清『その日のまえに』を読み、電車のなかで涙ぐみ恥ずかしい。

S嬢より頂いた本。
花輪和一『水精』
スーザン・ヴリーランド『ヒヤシンス・ブルーの少女』
絲山秋子『袋小路の男』
星野道夫・星野直子『星野道夫と見た風景』
ベンジャミン・フルフォード『泥棒国家の完成』
松岡正剛『空海の夢』
魚住昭『野中広務 差別と権力』
道尾秀介『向日葵の咲かない夏』『片眼の猿』
楡周平『クレイジーボーイズ』
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
宇月原晴明『安徳天皇漂海記』
茂木健一郎『脳と仮想』
吉田豪『元アイドル!』
高野和明『6時間後に君は死ぬ』
東野圭吾『夜明けの街で』『ダイイング・アイ』
今野敏『隠蔽捜査』

【本日のお食事】
朝→
昼→蕎麦
夜→新御茶ノ水の“新撰組”で飲む

2008年06月17日(火)[日本50泊目]

あすかちゃん家へ。
ご子息カンちゃんとご対面。
ボクは何度も咳き込んでいたけど、風邪じゃないから、気管支炎だからね、許して。

青山のデザイナー、T乃さんの事務所を訪問。
T乃さんは同じ歳で、落ち着いた美人で、鎌倉在住で、なかなか不思議な雰囲気で、品があるのだ。

表参道の“茶茶”で、元スチュワーデスのベストセラー作家のM際氏、元スチュワーデスの教育家K山氏とパイロットを親戚に持つO家氏と呑む。
ちなみにボクの親戚に航空会社関係はいない。
あなたの身近にいるアスペルガー症候群(知的障害がみられない発達障害のこと)について語り、
つまりどんな人かというと、
暗黙のルールを読み取れず、
あいまいな指示や皮肉などを理解できず、
世の中の常識がわからず、
「言って良い事と悪い事」の違いがわからず、
計画・スケジュールが立てらず、
異常なほど特定の趣味や物事に熱中し、
説明が回りくどく、
どうでもいい過去の細部をよく記憶している人のことです。
自閉症のための対人関係調整プログラム『RDIプログラム』の『道具的かかわり』と『共感的かかわり』について語る。
というか教えていただく。

僕らは道具的かかわりで会話をしていないか?

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→溝ノ口駅のジョナサン。ボクはカレーうどん。祐子はカレー
夜→青山の“茶茶”で牛肉のたたき、コロッケ、

2008年06月18日(水)[日本51泊目]

新宿アイランド・タワーの歯医者へ。
歯垢掃除と虫歯チェック。
左下奥に微妙な虫歯を発見され、治療二回コース。

御苑の事務所で仕事、画像データのコピー。
新しいMacBookに“のろし”のシールを貼り、デスクトップ画像の“のろし”のイラストに替える。
“のろし”は相馬君のオリジナル・キャラクターで、巷で流行っているらしい。
これがうわさののろし君↓

-%E3%81%AE%E3%82%8D%E3%81%97%E5%A3%81%E7%B4%99.jpg-.jpg

三味線弾きの娘さんと待ち合わせ。

2008-06-18p025%20300x240.jpg

かわいい日本手ぬぐいを頂き、あまつさえジュースとホットドッグをご馳走になる。
鬱か引きこもりか怠け者か。
脱出か放置かホームレスか。
嘘かホントか言い訳か。

吉川英治文学新人賞の今野敏『隠蔽捜査』を読み終える。
確かに警察小説の新境地かもしれない。
なにげに面白い。
キャリアにならなくてよかったと思える一冊。
馬鹿が一番。

家でMacBookを無線接続。
けど簡単じゃなくて、無線LANの接続CDはWindowsだけに対応してるもんだから、接続に苦労する。
ついでにSONYのPDA“mylo”も接続。
この手の作業は、祐子の仕事。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→御苑のラーメン店“おくど”のつけ麺を食べ後悔

2008-06-18p038%20300x240.jpg

夜→青葉台の“らあめん花月嵐”の裏メニューの無双つけ麺は最悪だった。誰か食べて感想を教えてほしい。第一、裏メニューなんて貧乏臭いぞ、そのセンス

2008年06月19日(木)[日本52泊目]

仕事。
BlueToothを使って、MacBookとWindowsを接続して感動。
ファイルを転送して感動。
世の中はどんどん便利になる。
想像以上だ。

ノートブックパソコンの冷却ファンを選定。
充電池エネループの情報収集、検討。

池袋西口で開催の“児童文芸創作童話サロン2008”へ。
絵本作家中村文人氏と居酒屋で呑む。
文人氏はお酒を飲まないのだけれども。
それなのにご馳走になってしまた。
童話『ことばのつけものやさん』と絵本をいただく。
雑誌『児童文芸』を発売する“銀の鈴社”は、ボクの勤めた会社の元常務であったのだと判明。

いつも、塩で味つけられた、やさしい言葉を使いなさい。
そうすれば、ひとりひとりに対してどう答えるべきか、わかるであろう。
(新約聖書 コロサイ人への手紙4-6)

呑みすぎて、うっかり朝帰り。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→やきそば
夜→池袋西口の居酒屋。そして新宿歌舞伎町へ

2008年06月20日(金)[日本53泊目]

ついうっかり朝帰り。
朝一、歌舞伎町のラーメン店“どうとんぼり神座(かむくら)”へ。
つけ麺(メニュー番号41)が券売機になく、問い合わせるのも面倒で諦め、不本意ながらラーメン。
三回食べると病み付きになると言われる(店内に書かれてるだけだけど)ラーメンだが、何度食べても不味い。
午後まで爆睡。

夜、高校の同級生と飲み会。
薬臭い火鍋を食い、BARで二次会をし、三次会に“ふらて”、“光麺”のつけ麺で〆る。

川端康成文学賞受賞作、絲山秋子『袋小路の男』。

【本日のお食事】
朝→食べない
昼→そうめん
夜→渋谷で火鍋。そして二次会。そして三次会は新宿の“ふらて”。そしてそして“光麺食堂”でつけ麺。“光麺”のつけ麺は進化してます

2008年06月21日(土)[日本54泊目]

二晩続けて朝帰り。
午後まで爆睡。

祐子は、5年9ヶ月で28万km110カ国を訪問した松尾清晴氏の講演会へ。
エベレストのベースキャンプ標高5,200メートル(チベット)を走り、
イスラエルの死海を走り、標高マイナス410メートルを走り、
キャンピングカーに激突して、肋骨を10本折った御仁。
1,500ccのワルキューレとは、彼はもはや変態かもしれない。

歌舞伎町経由で、19時に銀座マリオン前の“一六火鍋堂”。
二日続けて火鍋。

蕎麦屋さんの女将↓

2008-06-21p018%20300x240.jpg

社長婦人↓

2008-06-21p011%20300x240.jpg

テニス婦人↓

2008-06-21p002%20300x240.jpg

黒一点、独身↓

2008-06-21p041%20300x240.jpg

味付けをしないで火鍋を食べ、薄味だと首をひねり、顔を隠して脇をさらした元熟女を撮影し、まっちゃんをハグし、清水の嫁を心配し、鼻毛の思い出を語り、自慢の醤油TATOOを披露し、忍ちゃんのちりちり頭がのびていて、タケノコおっぱいについて語る。
亀ちゃんは連絡がとれず、よっちゃんは熱。六郷土手の亭主は仕事。村上君は何をしているのか。
コラーゲンに何を期待するのか。
ボクは意外に美肌だが、胸が大きいと笑われる。

【本日のお食事】
朝→食べなかった
昼→食べなかった
夜→昨夜の酔いが残ったまま、銀座“一六火鍋”。そして二次会へ

2008年06月22日(日)[日本55泊目]

雨。
梅雨だからしかたない。
MacBookでの初仕事(HDの残、183.3GB)。
Adobe Illustrator CS3での初仕事。
Ver.8.0のデザインが開かず。
どうして?

ソフマップのポイントで買った、SANYOの急速充電器セットeneloop(単三4個入り)が着荷。
この充電器はやすやす君の『旅行用品のススメ』に載ってた。
残容量チェック機能付で(これがないと充電が終わってるんだかまだなんだかさっぱりわかならなくて気持ち悪いのだ)、
単三形1〜4個、単四形2個が充電可能。
eneloop単三形1〜4個、急速充電約220分。
eneloop単三形1〜2個、倍速充電約100分。
AC100〜240V。
リフレッシュ充電ができるので、電池が長持ちする。

ソフマップのポイントで買った、USB冷え冷えクーラーが着荷。
質量約201gと軽い。
これもまたやすやす君のサイトで紹介されていたりして。

道尾秀介『片眼の猿』を読む。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→焼うどん
夜→刺身

2008年06月23日(月)[日本56泊目]

祐子は目黒の親戚の家へ。

Illustrator CS3を使い仕事。
グレースケールに変換すると、字間が広がるんですが、どうしてでしょう?
皆さんそんなことないですか?

漫画喫茶“aprecio”で、坂辺周一『インモラル』
こういう不気味なの、案外好きだったりする。

久しぶりに富さんと呑む。
世の中の知られざるエピソードや、植草氏の事件がでっちあげだったり、橋龍の秘密、日本が誰に支配されているのか、国際金融機関の怒り、日本破滅の予兆、日本の進路を歪めた真因、語ってはならぬこと、絶対タブーの米国債売却、コイズミカイカクの「正体」、どれだけの人が気づいていたでしょうか?
が、富さんの好きな話題。
突然、声を潜めて、
この辺は学会の連中がいるから気をつけろ!
……
って、あんた、学会の話題なんてしてないがな、一度も。

働かざるもの語るべからず。

またまた終電を逃し、漫画喫茶“aprecio”へ本日二回目の訪問。
漫喫で爆睡。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→歌舞伎町のど真ん中のうどん屋“つるとんたん”で明太子うどん(1,200円)を食べるも満足できず、漫画喫茶“aprecio”で蟹トマトクリームソーススパゲティ(480円と安い)
夜→新宿のしょんべん横町(思い出横町)の“安兵衛”

2008年06月24日(火)[日本57泊目]

朝帰り。

仕事。
MacBookの構築。
というほどのことでもないけど、Firefoxにしたりとかいろいろ。
MacBookはG4より少し小さくなった↓

2008-06-13p012%20300x240.jpg

夜は渋谷で生。
そして百軒棚横丁で最後のJAZZ BAR“きゅりお”
マスター、三年後には70歳。
K中氏がマスターの頭に触ろうとするんだけら、駄目だってばさ。

【本日のお食事】
朝→朝帰りなので、食べない。というか具合悪くて食えたもんじゃない
昼→落合シェフのスパゲティ
夜→K中氏、敏腕編集者Kと渋谷東急本店屋上のビアガーデン。
引き続き、“きゅりお”

2008年06月25日(水)[日本58泊目]

仕事。
歯医者(治療終了)。
漫画喫茶三時間コース1,200円、割り引いて1,100円。

恵比寿で先輩デザイナーのO沢氏、絶倫デザイナーのO部君、元ラガー万のT氏と呑む。
O部君の15坪の自社ビルがとてつもなくうらやましい。
O部君の普通じゃない厚すぎる財布はうらやましくない↓

2008-06-25p053%20300x240.jpg

O沢氏の3000枚の怪しいDVDコレクション。
元ラガー万の華麗なる転職。
声を大きくしては語れないシャブ運びの消えた営業マン。
野菜が美味いお店で二次会。
O部君のおごり。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→新宿“はやし家”のつけ麺
夜→恵比寿で呑む。ぶっかけうどんで締める。二次会はO部君にご馳走になりました

2008年06月26日(木)[日本59泊目]

仕事。
18時、御苑の事務所でイラストレーター軍団と打ち合わせ。
まっ、いろいろあるけど、うまくいかないこともあるけど、残念なこともあるけど、元気出していこう。
出版社“九天社”の倒産で、坂木君の描いた本断裁になる運命である。

cho1.jpg

しかし引き取り先として、数社が名乗りを上げた。
不幸のなかにも幸先ヨシ。
坂木君のイラストブログは→ココ

歌舞伎町の“光麺”で冷やし中華を食べて、おとなしく帰宅する。
珍しく酒なし。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→落合シェフのスパゲティ
夜→歌舞伎町の“光麺”で冷やし中華。隣りの席でタバコを吸うおばちゃんに、少々むかついてしまった

2008年06月27日(金)[日本60泊目]

仕事。
レンタルDVD『レジェンド』鑑賞。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→青葉台のラーメン店"七志"のつけ麺

2008-06-27p055%20300x240.jpg

夜→すきやき

2008年06月28日(土)[日本61泊目]

朝から、旅立ちの準備。
荷造り。
膨大な荷物。
気が遠くなる。

午後、渋谷、新宿とまわり、祐子のゴアテックスジャケット、ダウンジャケット、ヘッドライト、カラビナ型ロックを購入。

回転寿司の"北澤倶楽部"は外国人(主に中国人)で満席。
店外に列。
彼らは、トロやら蟹やらウニやらといやに豪勢。
僕らは地味。
しかーし7,000円オーバーでびっくりこく。
か、かるい夕食のつもりだったのに...。
中国人の経済力に負けてしまった。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→落合シェフのスパゲティ、アラビアータ
夜→新宿西口"北澤倶楽部"の回転寿司。思わぬ出費7,000円。軽い食事のはずが...

2008年06月29日(日)[日本62泊目]

雨。

渋谷区のグリコ邸へ。
『トマトと牡蠣のオイル漬けのパスタ』と『ラタトゥイユ』をいただき、白玉ぜんざい、手焼きのカステラと続く。
こうして帰国するたびに、ただ食いしにグリコ邸を訪問をするのだけれど、グリコさんの作る料理はハイレベルであるのである。
ホント。
独身なのは実に惜しい。
国益を損なっている気がする。
けど、誰かのお嫁さんには、悔しい。
ボクが民家園を買った際には、古民家を一軒プレゼントするから、囲われてくださりぇ。
和の似合うグリコ亭。
グリコさんの手作り味噌を頂戴して帰る。
この味噌はカナダへ持って行こう。

二年前から貸している家を見に行く。
とうとう建った首都高速の空気塔↓

2008-06-29p063%20240x300.jpg

新宿ビックカメラで、MacBook用鞄を買う。
祐子を説得して、Windows用も買いたい。

東野圭吾『夜明けの街で』
こういう浮気ものは嫌いだ。
浮気が嫌いというより、落ちていく、嵌まっていくプロセスを読むのがツライのだよ。

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→グリコ邸にて、『トマトと牡蠣のオイル漬けのパスタ』と『ラタトゥイユ』
夜→松屋の牛めしと豚汁

2008年06月30日(月)[日本63泊目]

ほぼ一日中、旅の写真のデータ整理。
三年分の写真データを整理するのは、ものすごく時間がかかるのだ。
気が狂いそうだ。

郵便局へ行って漫画喫茶へ行って松屋へ行って歩いて帰宅。

祐子は久美ちゃんを招いて、テニス。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→二晩連続の松屋の牛めし

2008年07月01日(火)[日本64泊目]

12時、JR新宿駅中央東口の真上、徒歩121歩の"大陸スタミナおでん 新宿トンボ"にて、K村女史とY瀬女史とお食事会。
Y瀬女史の将来設計を聞き、思わず興奮する。
勝手に興奮する。
独りで興奮する。
あれもしてこれもしてブログを作り、歩きまわり、学校を買い、ネットで仕事して、ロックフェスを開催し、HPを作り、と忙しいぞ。
と、独りで盛り上がる。
この帰国中、一番いい話だった。
詳細は後ほど。
それにしてもここのつけ麺は最高に哀しい味だ
その哀しさはメニューを見たときぴんときたんだけど、頼みたくなかったんだけど、つけ麺を研究するものとして、メニューに載っていれば頼まざるを得ない。
つけ麺家の性だ。

恵比寿の喫茶店で先輩デザイナーO澤氏から3Dソフトをみせてもらう。
待ち合わせ場所がわからなくて、恵比寿の駅を何度もぐるぐると回ってしまった。
いまどき、携帯を持ってないのはボクくらいで、携帯がないと待ち合わせもできないほど、人間は弱くなってしまった。
って、ボクのことだけど。

19時、再びJR新宿駅中央東口の真上、徒歩121歩の"大陸スタミナおでん 新宿トンボ"にて(一日に二回も行くようなお店ではない!)、メキシコのペンション・アミーゴでの友、ジュンコさんと再会。
2年7ヶ月ぶり。

2008-07-01p071%20240x300.jpg

旅先で会ったあの人は今?系の話題で、南極の友、コーイチロー隊員を交えて生、生、生。

2008-07-01p069%20300x240.jpg

後半は烏龍ハイ。
別れ難くその辺で二次会。
ジュンコさんは美人だ↓

2008-07-01p068%20300x240.jpg

どうしてこんな顔をするんかね。

川上弘美『東京日記 卵一個ぶんのお祝い。』を読み始める。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→"大陸スタミナおでん 新宿トンボ"の赤玉つけ麺を食い、哀しくなる
夜→"大陸スタミナおでん 新宿トンボ"で飲む

2008年07月02日(水)[日本65泊目]

15年も住んでいるネコ↓
最近はダンボール・ハウスで寝てて、腹が減ると窓をたたき、満腹になると小さく鳴き、愛想がなく、人に近寄らず、近所の狸ネコにいじめられる。
一時間ごとに飯を食う姿は、呆け老人そのものだ。
食事をしたことを忘れてるんじゃないだろうか。

2008-06-10p001%20300x240.jpg

7時半、二日酔いのようなそうでないような重い頭と瞼で、遠い遠い二俣川の自動車免許センターへ向かう。
青葉台の駅のホームでパスポートを忘れたことに気づき、祐子は家へ戻る。
ボクはホームのベンチで一休み。
国際免許証を受け取る。

ユニクロでパンツ(下着)を4枚買い、郵便局と銀行で株の配当金、合計44000円を受け取る。

日記のアップ。

【本日のお食事】
朝→昨夜呑み過ぎたため、食欲なし
昼→祐子へのサービス、モスバーガー
夜→豚肉白菜

2008年07月03日(木)[日本66泊目]

昼食は、松さん、堀さん、荒くんと、決して美味しくないカレー麺のお店へ行き、皆、豪快に残す。
カレーも麺も悪くないけど、このコラボレーションはだるい。
絶妙な取り組みの悪さ、ある意味お見事。

御苑の事務所で楽譜のスキャニング。
ビートルズとか、サイモンとガーファンクルとか、長渕とか。
いつでも旅先でギターの練習をしたい。

小さな喜びがあって、坂木君と四本君にご馳走になる。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→御苑でカレーつけ麺に再挑戦し、後悔する
夜→ルミネESTで呑む。坂木君と四本君にご馳走になる

2008年07月04日(金)[日本67泊目]

昨日に引き続き、御苑の事務所で楽譜のスキャニング。
仕事用にDICのカラーチップをノートに貼る。
ことぶき社を訪問し、喫茶店で雑談。
得意の“ふらて”で相馬君、堀内君と呑む。
相馬君が、
「どうしたら男ができるんですかねぇ〜」
真剣に考えよう。
とりあえず、その関取みたいに両肘を外に開いて、手を太ももにのせるのはどうじゃろうか。
「子供だけでもいいんですけどねぇ」
それくらいはなんとかならんものか。
今晩のゲストは、偶然現れたB社のI谷氏。
いつも金曜日に呑んでいるM田氏と握手。

堀さんからいただいた沖縄の飴↓

MYLO0013.JPG

相馬君からいただいた沖縄のインスタントラーメン↓

MYLO0012.JPG

祐子は和ちゃんと御徒町で会い、アクセサリーの材料を探し、西新宿で青木さんと“もうやんカレー”、夜は新宿で久美ちゃんと三昧豚。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→御苑の来来軒で半チャーハンと半ラーメン
夜→“ふらて”で呑む

2008年07月05日(土)[日本68泊目]

高島屋でファンデーションを買って、ヨドバシカメラでvaio用の鞄を買って、喫茶店で◯◯女史と打ち合わせ。
◯◯女史はワケアリ。
状況把握と作戦立案と応援。

親戚飲み会。
富士のアイヌ語語源説を主張するも、信じてもらえず。
っていうか激しく疑われる。
祐子を含めて親戚中の不信の眼。
耐える。
ペットは犬が一番だが、ここの一族は猫派が多数なり。
由起子ちゃんと二人っきりの攻防。
サザエさんが嘘くさくて嫌だというたかし君を一族郎党で説得する。

久しぶりの新宿西口“バカボンド”。
あのマスターは亡くなっていたのか。
酔っぱらった恵ちゃんが服を脱いだ、当時のままの店内。

MYLO0003.JPG

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→冷やしたぬき蕎麦
夜→新宿で呑む。二次会は懐かしい“バカボンド”

2008年07月06日(日)[日本69泊目]

仕事少々。
高尾でじゅんこさん、コーイチロー隊員と待ち合わせ、メキシコで出会った高木君の勤めるカフェへ。
ポイの達人、高木君の作ったいまいち信用できないカレーを食って呑む。
これが意外に美味しいんだけど。
のんちゃんと高木君の結婚(メキシコの愛)を聞き、喜び、家へ押し掛け、じろじろ室内を見回し、のんきに過ごしていたら、終電を逃し、町田からタクシー帰り。

帰宅すれば訃報あり。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→高尾の高木君の職場で呑む。カレーとか

2008年07月07日(月)[日本70泊目]

朝一、青青葉区役所で転出届。
海外出張中は、住民税を払いたくないので。
次に、中野の三井のリハウスへ。
入居者が家賃滞納三ヶ月し、
粗大ゴミを放置し、
雑誌を非常階段へ捨て、
以前は、深夜に騒いで近隣からクレームが出た。
早く出て行ってくれ!
「来年の5月で契約が切れます」という予告書類に署名捺印。

怒濤の挨拶回り。
かんき出版へご挨拶。
返す刀で、スパゲティをご馳走になってしまった。
文藝春秋へご挨拶。
下山氏も田中氏も留守だったけど。
古巣の出版社の元上司にご挨拶。
定年後の予定を伺う。
ダイヤモンド社で江崎氏にコーヒーをご馳走になり、T編集長と記念撮影。
道に迷いながら、日本能率協会へご挨拶。
汐サイトの高層ビルは、何気にTシャツでは恥ずかしい。
明日香出版社へご挨拶。
CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せる英会話』が10万部突破。
めでたい。

ラーメン食って疲れ、“ふらて”の看板を眺めて、おとなしく帰宅。

MYLO0010.JPG

ビデオをいろいろと借りる。

明日は荷造りだ。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→山下編集長にご馳走になったスパゲティ
夜→味の時計台ラーメンで醤油ラーメン

2008年07月08日(火)[日本71泊目]

荷造り。
膨大な荷物が…。
膨大な写真の整理。

庭木の片付け。

青葉台最後の一日。

猫の眼がいつもより、あたたかい。
…気がする。
明日のお別れに気づいているのだろうか。

【本日のお食事】
朝→ごはん
昼→スパゲティ
夜→カツオのたたき

2008年07月09日(水)[4年目の旅立ち]

R0011280.jpg

ちかちゃんから貰ったTシャツを着るボクら。
素敵だす。

9時半、前日に予約したタクシーでたまプラーザへ。
タクシーが贅沢だとご批判もございましょうが、荷物が6個(バイク用の鞄なのでひとつひとつが小さいのです)もあって持ちきれないのです。
東急のリムジンバスで成田空港へ直行。
蕎麦を食べてから(第二ターミナルなら、“和光”のとんかつが食えたと祐子が嘆く)、United航空でサンフランシスコへ飛び、乗り換えてバンクーバー。
一文字も本を読まず、一秒も映画を観ず、超爆睡の9時間と2時間半。

サンフランシスコ空港にて、金属探知ゲートをくぐって、
ブーッ!
ポケットの中に金属がないことを確認して、
ブーッ!
ガムまで出しても、
ブーッ!
ゆっくり歩いても、
ブーッ!
猫背になっても
ブーッ!
どうして鳴るの?って顔をしながらでも、
ブーッ!
を数回繰り返してたら太った黒人の係官に怒鳴られた!
「ラストチャンス!」
慎重に首をすくめてくぐったら、
ブー!
どうなるんだろう?

カナダに移住した親戚、れいこさんとタツヘイさんにバンクーバーの空港まで迎えにきてもらい、手作りワイン(甘めの赤。美味い)と夕食をご馳走になり、泊めていただく。
一宿一飯一杯の恩義。

夜中、祐子に肩を叩かれ起こされる。
とんとん。
「何?」
「イビキがうるさいです」
「すみません」
とんとん。
「何?」
「イビキがうるさいです」
「すみません」
とんとん…
これが朝方まで延々と…。
幾度も幾度も。

【日本でのお食事】
朝→ごはん
昼→成田空港で蕎麦
夜→機内食
【機内及びカナダでのお食事】
朝→機内食
昼→機内食
夜→白身魚

大雑把な予定は、
バンクーバーでスクーターを買い、
ユーコン川を下り、
東の端まで5,000キロくらい爆走し、
スクーターをどうするかは考えず、
キューバ、ジャマイカあたりを泳ぎ、踊り、レゲって、
10月、メキシコイン。
11月、デビルススティックの師匠、ポキン氏に会い、
初代スクーターを返してもらい、
12月、ヨーロッパへ。
スペインかポルトガルあたりで年越し。
春には、ヨーロッパの最北端ノールカップ岬へ。
こんな感じです。

2008年07月10日(木)[バンクーバー二泊目]

祐子の父の姉の娘の旦那様、タツヘイ氏の車でバイク店巡り。
移転していたり、閉店していたり。

R0011305.jpg
R0011306.jpg
R0011307.jpg

ここバンクーバーはオリンピック前で、景気がいいのだ。
SilverWingは6,999カナダ$と高く、諦め模様。
YAMAHAのMajesty2006(税込み5,800カナダ$)が有力候補として急浮上。
それとも50ccを二台で走るとか…(しかしハイウェイが走られない。違法)
さてどうする?

【本日のお食事】
朝→パン
昼→スパゲティ
夜→ハンバーグ

2008年07月11日(金)[バンクーバー三泊目]

ネットで見つけた個人売買のカナダ人、ピーターのマンションへ。

R0011301.jpg

黒いSilverWing。
トップケースなし。
カバー付き。
持ち主は癌。
で、家財を処分中とのこと。
えーと、厳粛に受け止めたい。
バンクーバーはラーメン屋が多い↓

R0011314.jpg

若い日本人の女の子がうようよ歩いているロブソン通りを進み、日本食材と200円のメロンを買って、

R0011320.jpg

SUZUKIへ。
中古のバーグマンが5,000カナダ$。
小さなトップケース付き。
程度悪し。

画家タツヘイ氏のブログ作り。
表紙に画像が並ぶ珍しいデザインなので、改良にのち苦労することになる。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→ピザ
夜→ステーキ

2008年07月12日(土)[バンクーバー四泊目]

祐子の午前中は、画家タツヘイ氏のブログ作り。
午後、バスに乗ってバイクショップへ。
台湾のメーカー、KIMcoのみだったので参考にならず。
夕方から、タツヘイ氏のブログ作り。
画像の並びが見本通りにならず、深夜まで苦悩する祐子。

ボクはNHKの執筆。

タツヘイ文庫より、漫画『美味しんぼ 83?85巻』

【本日のお食事】
朝→パン
昼→きつねうどん
夜→鮭

2008年07月13日(日)[バンクーバー五泊目]

祐子はタツヘイ画伯のブログ作りと、久しぶりにアクセサリー制作で有意義な一日を過ごされる。
ボクはほぼ一日寝て過ごし、無意味な一日を過ごす。

『美味しんぼ 86〜88巻』

【本日のお食事】
朝→パン
昼→まぜりゃんせのスパゲティ
夜→白身魚とタツ・オリジナルの白ワイン、やや辛口

2008年07月14日(月)[バンクーバー六泊目]

3番のバスに乗ってMain通りを北へ走り、broadway通りで9番に乗り換えて西へ、バイク屋“Carter Honda MotorSports”へ。
YAMAHA Majesty2006(税込み5,800カナダ$)をねっとりと目で愛撫し、優しく手で撫で、擦り、いぢり、臭いを嗅ぐ。
「これに決めました。明日、買いに来きます!」
店員のポールと固い握手をして別れた。
夕方には、後悔することになるんだけど。
だって個人売りのピーターが、800カナダ$も値下げしてくれて…

BCAAで各州ごとの地図を貰う(JAFのカードがあれば、無料です)↓

R0011350.jpg

有名なラーメン屋“金太郎”を探してて(なくなったんだろうか?)、“えぞ菊”を発見し、図らずも食う↓

R0011344.jpg

たいへんいまいち味噌。

外国で高額な支払いが必要なときに便利な、Certified Check(サーティファイド・チェック)とBank Draftを調べるため銀行を巡り、
「お宅に銀行に口座がないんですけど、Certified CheckかBank Draftを発行してもらえませんかぁ?」
質問してみる。

癌に犯されているピーターに電話して
「お宅のSilverWingは、諦めました。もっと安いバイクを探します」
って言ったら、
「じゃぁ、5,800カナダ$を5,000に値下げしましょう」
ラッキーじゃん!
でもでもそこで新たな問題です。
SilverWingにトップケースを付けるか否か。
トップケースは意外に邪魔だし高い。
しかしトップケースを付けないと、荷物が括れない。

ピーターが値引きしてくれたと、ゆうじ君に報告したら、もっと安くなるんじゃない?ってけしかけられて、祐子がピーターに電話。
図々しく、っていうか厚かましく、
「5,000カナダ$を4,600カナダ&にしてくれませんか?」
ピーター曰く
「あ、明日の朝まで待ってくれ」
どうなるんだろう?


【本日のお食事】
朝→パン
昼→“えぞ菊”のいまいち味噌ラーメン、祐子は駄目駄目焼きそば
夜→ゆうじ君と新妻デナを迎え、餃子パーティ。ワインとアイスクリームとケーキ

2008年07月15日(火)[バンクーバー七泊目]

スクーターの支払いが4,900カナダ$と高額だし、キャッシングは面倒だから、CIBC銀行でのBank Draft(小切手)を発行(VISAカードを使用。手数料6.5カナダドル)。

バスとスカイトレインを乗り継いでRobson通りの“えぞ菊(二日連続)”で昼食を食べ、軽く後悔し、ピーターのマンションへ。
19階の展望抜群(バンクーバーのダウンタウンと背後の山々を一望。小さなバルコニー。1ベッドルームで3,700万円くらいだそうだ)の部屋で売買書類にサインをして、

u%202008-07-16%207-27-57.JPG

ピーターの車でICBC(ここで税金を払い、ナンバープレートを受け取り、自動車保険に加入。B.C.州には、この一社しかないそうだ)の代理店“AUTOPLAN”へ。
SilverWingの代金の7%を税金(新車だと12%)として払い、バイクの登録を変更し、ナンバープレート(20枚前後のプレートから好きな番号を選べる)をもらい、対人のみの安い保険に入る。
再びピーターのマンションに戻り、バッテリー・チャージャー(タツヘイ氏へ贈呈)、

u%202008-07-17%203-16-31.JPG

エア・チェッカー(これは嬉しい)、

u%202008-07-17%203-14-58.JPG

ごっついロック(妙に重い。これもタツヘイ氏へ贈呈)、

u%202008-07-17%203-15-17.JPG

ゴムをおまけしてもらい、記念写真を撮ってSilverWingを引き取る。
一度、帰宅して、バンクーバーで一番のバイク屋“Carter Honda MotorSports”へ走り、GIVIのフィッティング(これがないと荷物がくくれない)とチェーンロックを発注して、金曜日まで待つことになる。
旅立ちは日曜日になりそうだ。
(→実は世の中そんなに甘くなかったのだ…)

大リーグのオールスターをテレビ観戦。
イチローの打席を見逃す。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→Robson通りの“えぞ菊”で醤油ラーメン。祐子は汁なし担々麺
夜→かた焼きそば

2008年07月16日(水)[バンクーバー八泊目]

部屋に掃除機をかける。
パンツはシャワー時に洗う。

“Home Depot”を見学。
店内広すぎ、天井高過ぎ。
安いスポンジを買い、スクーターを傷つけないように鞄の裏側に貼付ける。
ほか、SilverWingを美しく保つ対策を練る。
秋には高値で売りたい。

【本日のお食事】
朝→和食
昼→馬君と堀君に頂いたインスタントラーメンを食べる。評判よし。
夜→レンコンの煮物

2008年07月17日(木)[バンクーバー九泊目]

u%202008-07-18%203-29-12.JPG

SilverWingの股ぐらバッグの取り付け↑

暇があればネット三昧。
近所のどこからか、wi-fiの電波が飛んでくるので、ネットは快適。
食料の買い出し。
タツヘイ氏のお誕生会。
エビチリを作るが、少々変わった味になってしまったかもしれない。
唐揚げを作るが、少々揚げすぎだったかもしれない。
一ドル少々の“やわらぎ”が、意外に評判良し。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→チキンパイ
夜→たつへい氏73歳のお誕生会。エビチリと鳥の唐揚げ、サラダ、やわらぎ

2008年07月18日(金)[バンクーバー十泊目]

バイク屋“Carter Honda MotorSports”へ走るが、注文してたGIVIのフィッティングは届いておらず。
どうして届いてないのさ、おばさん。
チェーンロックは、すでに壊れてたので返品する。
この壊れたチェーンロックを黙ってボクらに売ろうとしてたでしょ、おばちゃん。
外人には、文句も言えず。
来週まで待たなくちゃならなくなって、出発が伸びてしまった。

祐子はアクセサリー作り

日本では絶対観ない大相撲名古屋場所をテレビで観戦。
幕内最軽量の安馬の優勝を祈る日々。

WindowsMediaPlayerの動画をQuickTimeで見れるようにする“Flip4Mac”をダウンロード。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→お好み焼き
夜→カレーライス

2008年07月19日(土)[バンクーバー11泊目]

祐子はアクセサリー作り

大相撲名古屋場所。
安馬は身長185cm、体重124kg。
一敗を守ってくれ!
と、祈る。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→焼きそば
夜→白身魚のスープ

2008年07月20日(日)[バンクーバー12泊目]

u%202008-07-20%209-49-11.JPG

バンクーバーのビールはこれだ↑
空缶12本を酒屋へ持って行くと、1.5ドルなり。

完成したアクセサリーの撮影

u%202008-07-21%204-03-33.JPG

NHKのど自慢。

まきちゃんの新居、豪邸で親族パーティ。
柱のない100平米近いベースメントに恐れ入りまし候。
雨の日の遊び場だって言うけど、声が出ない広さです。
子供部屋は二歳でも8畳以上の広さで、兄弟四人分あり。
離れの家も立派ぁ…と思ったら、駐車場だし。
一稼ぎして豪邸を建てたくなってしまった。

深夜までネット。
祐子は“写記写記ポリンキー”のアップ。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→キムチラーメン
夜→まきちゃんの豪邸でパーティ

2008年07月21日(月)[バンクーバー13泊目]

大相撲名古屋場所八日目。
安馬、負けてしまって二敗。
琴光喜も負けて二敗。安堵。
千代大海も二敗。
白鵬よ、負けてけれ。

バイク店へ。
部品は届かず。
ずるずると出発が伸びるなり。

祐子は、エクセルで新しいバージョンの家計簿作り。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→うどんに豆板醤、最後にトムヤムクンの素
夜→鮭

2008年07月22日(火)[バンクーバー14泊目]

涼しい。
っていうか、やや寒い。
もう秋が来てしまったんかなぁ…。
これから北へ向かうっていうのに。

バイク屋“Carter Honda MotorSports”へ。
GIVIのフィッティングは今日も届いてない。
おいおいおいおい。
もう諦めて、なんとか工夫して荷物を持とうか。
冬になってしまう。

1時15分から、大相撲名古屋場所。
安馬が負け、落胆。
明日の白鳳戦に期待しよう。

Photoshopのバッチに悩み、解決。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→チキンパイ
夜→マー坊豆腐に挑戦。チンゲンサイの炒め物

2008年07月23日(水)[バンクーバー15泊目]

GIVIのフィッティングは諦めることにした。
冬が来てまう。
“Home Depot”で、キッチン用の網棚を買い(22カナダドルちょい)、SilverWingの後ろに縛り付けてみる。
ひいき目に観ると、まぁまぁかな。
ちょい左右方向にぐらぐらするけど。

登山用品の“MOUNTAIN EQUIPMENT CO-OP”で、祐子がお金が隠せるマネーベルトを買ったりなんかして…。
ベルトの中に60ドルほど隠しました。

祐子はエクセルで新しい家計簿を作り、悩む。
ボクはネットで、HEAVENを覗いてばかりいる。
奇形児(巨大な瘤やら太い足やら背中に生えた手とか三つ足とか指が多すぎるとか頭が多すぎるとか)とか中国の狂った人とか、爆乳とかペニスを切るとか、教え子とできちゃうとか強姦して生き埋めにするとかストリップとか、監禁したり猫を踏みつぶしたり、そんなんばっかりやけど、ついつい。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→トマトとベーコンのスパゲティ
夜→ワンタン。美味しかったぁ

2008年07月24日(木)[バンクーバー16泊目]

SilverWingの後ろに、キッチン用品の網棚を縛り付ける。
スポーツバッグを載せて、まぁまぁ安定良し。

バイク屋“Carter Honda MotorSports”へ行き、注文してたけどちっとも届かないGIVIのフィッティングをキャンセルしたら、
「今日、着くのに!」
ってさ。
遅いっつーの。

バンクーバーで一番人気のラーメン店“金太郎”で昼食。
噂通りの行列店。
お客さんの半分以上は韓国人だったんじゃないだろうか。
あと、西洋人がちらほら。

祐子はエクセルで新しい家計簿作りに一生懸命。
ボクはネット三昧。
この数日でようやく“HEAVEN”の三年分を見終える。
あー疲れた。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→バンクーバーで一番の人気ラーメン店“金太郎”で味噌ラーメン。祐子は醤油。まぁまぁ
夜→鯖の煮物と野菜スープ

2008年07月25日(金)[バンクーバー17泊目]

明日の出発に向けて荷造り。

祐子はエクセルで新しい家計簿作り。

大相撲名古屋場所13日目。
残念ながら、白鳳の優勝。
安馬、届かず。

タツヘイさん、レイコさん、図らずも17泊もしてしまい、ご迷惑をおかけしました。
たいへんお世話になりました。
漫画『美味しんぼ』は98巻まで。

【本日のお食事】
朝→パン
昼→トマトとベーコンのスパゲティ
夜→豚肉のピーマン炒めと凍み豆腐と椎茸の煮物

2008年07月26日(土)[バンクーバー→Lytton]

いよいよ発進!
ていうか、やっと前進!
ニューファンドランド島のスピアー岬を目指してGO!
まずはエスキモーに会おう!
  ★  ★  ★
午前中肌寒く、午後暑い。
YAMAHAのショップを見かけたので、サスペンションを固くしてくれとお願いしたら、
HONDAへ行けと言われ、
HONDAを探せば、
忙しいと断れる。
冷たいカナダ人だ。

走行中、祐子が寝てしまい、幾度も頭突きをしてくる。
なんとかしてください。

Lyttonのインフォメーションで、街中なら24時間ネットができると言われ5ドルを支払うが、
キャンプ場は町の外れにあり、電波が届かない。
そこから学んだこと。
よく確かめて、金を払おう!

初日だからかすっかり疲れてしまい、9時半には寝る。

本日の走行距離292.4km

【本日のお食事】
朝→パン
昼→おにぎりとおしんこと焼いたベーコンとゆで卵
夜→サイコロステーキ400gともやし

2008年07月27日(日)[Lytton→100 mile house]

寝坊して、10時出発。
町に戻って、公園のベンチに座って、sonyの携帯端末"mylo"でメールチェック。
ちょっと遅いが、myloはいいかも。

寒いわ雨降るわで、早々にモーテルに逃げる。
【家訓】雨が降ったら走らない。
暇なので、松さんが録画してくれたアレ。

本日の走行距離205.6km(合計498km)

本日のお食事
朝→パン&りんご
昼→チキン&チップス
夜→ピザ

2008年07月28日(月)[100 mile house→Prince George]

最近、毎日日記を更新してます。

9時出発。
寒いです。かなり。
走り出してすぐに路肩に止まって、冬用のグローブに替えて、レインパンツを穿いたんだけど、それでも寒いのでダウンジャケットを着る。
ほぼ冬装備。
Williams Lakeでコーヒーブレイク。
寒過ぎて、コーヒーカップを持つ祐子の両手の震えが止まらない。
気の毒だけど、笑える。
午後から気温が上がり、やっとボクらも高揚し快適ドライブ。

15時にはキャンプ場に入り、ビールを飲んで、焚き火(薪が無料だ!)を起こし、チキンを焼いて煮て、ご機嫌。
食後、雨。
テントの中でもWi-Fiがびんびん。

ここPrince Georgeは三年ぶりで、インフォメーションセンターのPGボーイ(ピノキオに似ている)が懐かしい。
けっこう大きな街なのだ。

本日の走行距離351.3km(合計849.3km)

朝→食べない
昼→マクドナルド
夜→タイ風チキンスープが美味かったです

2008年07月29日(火)[Prince George→Burns Lake]

9時40分に出発し、
Prince Georgeの街中のインフォメーションセンターに戻り、イエロー・ヘッド・ハイウェイ(16号線)の未舗装距離を確認する。
2005年に来たときは未舗装箇所が長過ぎて、こりゃ走れんと西側の道を辿ったので、今回は道路状況次第では挑戦したいのです。
景色が美しいと、タツヘイ氏のご推薦もいただいたし。
努力すれば氷河も見れるらしいし...(努力するだろうか?)。
三年の月日で、未舗装箇所は20キロが二カ所にまで減ってたので、ではではイエロー・ヘッド・ハイウェイ(16号線)を走ることにしましょう。
念のため、タイツと長袖シャツを着て、完全冬装備。
今日も寒いです。
っていうか、昨日よりさらに寒いです。
時折、雨。
時折、激しい雨。
冷たい雨が哀しく、早々にキャンプ場にイン。
ビールを買えば、普通に店内に置いてあるビールが、充分に冷たい。
酒屋は、けっこう寒い外より、さらに寒いのだ。
しかも、外で飲んでいればますます冷えるビール。
寒い...。
夕食を作っていれば、時折激しい雨。
食事後、雨が上がる。
日没までに時間があるので、もったいないとばかりに外で読書とネット。
寒いです。

サイトの電源から延長コードを引っ張って、テントの中で『さんまのスーパーからくりTV(一時帰国したとき録画した)』二時間分。
ときどき録画状態が悪いけど、まぁ退屈しのぎにはこれでもいいさ。
Wi-Fiは、テントの中でもバリバリOK!
メールチェックもできるし、日記も更新できる。

本日の走行距離263.3km(合計1,112.6km)

朝→菓子パンとバナナ
昼→お弁当(おかずは梅干しのみ)
夜→グリコさん特性味噌で作った豚汁。なぜかこってり醤油ラーメンの味

2008年07月30日(水)[Burns Lake→Hazelton]

9時40分出発。
今日は昨日より寒いです。
一日一日寒くなります。
先輩ライダーのヒロコさんによれば、イヌビックへの道はデンプスター・ハイウェイが8月で雪が降るそうだし、道がどろどろのぬたぬただと言うから、すっかりテンションが下がってしまった。
このまま北上していいものか。
考え直したほうがいいんじゃないのか?祐子。
進路を東へとれば、“楽”だぞ。

午後は陽も射して快適。
でも次の街は遠いので、Hazeltonの川のほとりでキャンプ。
Hazeltonの山は素晴らしく美しい。
18時から20時まで、レセプションのBarでNHKの執筆、送信。
テントサイトまで、Wi-Fiが届かず。
川のほとりに鮭の惨殺体多数。
誰の仕業だ?
熊が来るじゃん!

本日の走行距離235.6km(合計1348.2km)

朝→菓子パンとバナナ
昼→弁当を用意してたんだけど、雨だったんで急遽マクドナルド
夜→昼間に食べなかった弁当とインスタントラーメン(ベーコンとタマネギ入り)

2008年07月31日(木)[Hazelton→Stewart]

今日はなかなかいい日でしたよ。
なんせいい陽気だし、山道は眺めがいいし、すてきな出会いがあるし。

実は昨夜急に、祐子が氷河が見たい!
なんて言うもんだから、結婚十周年なんで十個のダイヤモンドの代わりと言ってなんなんですが、わざわざ寄り道して37号線を東へ折れて(東京から青森に行くのに新潟に寄るような遠回り)、人里離れた森の中を突き進んだら、いました。
熊。
道路脇の草むらをうろうろしている黒熊の子供。
そうですね、ちょうど、事務所の相馬君が四つん這いになった感じです。
まぁかわいい…
スクーターの音に怖じけたみたいで、すぐに森の中に逃げてしまったけれど…。
でもすぐにまたまた出ました。
熊のぷー。

u%202007-07-31%2013-11-27.JPG

さっきと同じような可愛らしい相馬君。
今度のは度胸があって、なかなか逃げ出さず、ボクらもスクーターで行ったり来たりしながら、写真を撮れました。
さすがカナダ。
ごちそうさまです。
で、熊に満足して走っていると、出ました。
氷河。

u%202007-07-31%2013-22-35.JPG

ほとんど道路のすぐそばまで迫る氷河。
青白く光る氷河(まっ、埃のようなもので薄汚れてますが。どこの氷河も汚れているんだけど…)。
絶景かなカナダ。
で、熊やら氷河やらに感動してますと、驚いたのが…
ガス欠寸前!
こんな熊と氷河のど真ん中で!
燃費悪いんじゃないかなぁ…、このSilverWing。

で着いた村、Stewartのキャンプ場。
熊がでるんでしょうね、やっぱ。
雪山に囲まれた静かな村だす。
嬉しいのは、ネットは食料品店の前で無料だったこと。
コーヒーもほとんどフリー状態だし。

本日の走行距離281.2km(合計1629.4km)

朝→メロンにパン(ピーナッツ・バター)
昼→お弁当(海苔と鰹節と梅干し)
夜→ベーコンのクリームシチュー

2008年08月01日(金)[Stewart二泊目]

氷河を見に、Stewartから北のアメリカ側に入り37キロのダートを走って、いつの間にかカナダに入り、横たわるサーモン氷河へ。
何かの競技場のような巨大な氷河を上から見下ろす絶景ポイントが続く、素晴らしいダートです。
この氷河は、アルゼンチンのカラファテ以上かも知れないですぞ。

PICT0013.jpg

よもやこんなところに日本人はいないだろうと思ってたけど、いるもんだね。
リョウコさん。
彼女はいいカメラを持ってました。
ファインダーを覗かせてもらったら、ボクらのカメラが学研の付録に感じられました。
フィッシュ・クリークに立ち寄れば、ちょうどグリズリーがのそのそ歩いて来て、鮭に挑むシーンが見れてラッキーだった。

PICT0063.jpg

その後しばらく待って、やや遠くにもう一頭のグリズリーと遭遇。
今日も熊と氷河で大満足。

カナダでは熊を呼び寄せないように匂いに気をつけてますが、キャンプ場には食料品をしまう熊ボックスとかあるしね、でも晩飯の用意をしてたら、オイルサーディンをズボンの上にぶちまけてしまい、ボクは悲しいほど臭くなった。
まずいじゃん。
ズボンの替えはないし、ここにはランドリーもないしで、しばらく魚臭いです。
そんなテントで寝るのか今晩…。

夜22時過ぎまで、スーパーの外のベンチで二台のパソコンを広げてネットする。
村はひっそりと眠ってた。

本日の走行距離100km(合計1729.4km)

朝→バナナとパン(ピーナッツ・バター)
昼→お弁当(海苔と鰹節と梅干し)
夜→ベーコン入りインスタントーメンと餅とオイルサーデン

2008年08月02日(土)[Stewart→Iskut]

PICT0004.jpg

お天気晴朗。
相変わらずの森の中の一本道を走るなり。
今日も幸せなことに熊に遭遇。
通り過ぎてUターンしてみたら、逃げられた。
激写できず残念。
かわいい黒熊だった。

今晩のキャンプ場は、Wi-Fiが無料だけど、テントサイトには電波が届かないので、駐車場横の倉庫の隅で、雑草の上に座ってネットをすることになる。
ここはやたらと蠅が多い。
気が狂いそうだ。
翌朝、テントの中は無数の蠅の死骸が転がってた。

本日の走行距離305.2km(合計2034.6km)

朝→バナナとパン(ピーナッツ・バター)
昼→チキンとスープをシェア
夜→ベーコン入りうどん

2008年08月03日(日)[Iskut→Watson Lake]

アラスカ・ハイウェイで、黒毛の自転車のカップルを発見!
「日本人ですかぁ?」
Watson Lakeのキャンプ場で待ち合わせし、ボクらは先を急ぐ。
道中、落ちてるパンツ(手袋ではない!)を発見!
祐子がちゃちゃちゃと撮影し、Watson Lakeへ。
インフォメーションセンターでは、髭もじゃのチャリダー、カズ君と対面。
さすがユーコン準州、自転車野郎ばかりだ。
ビールを買い込んで、カップルのヒロコちゃん(日本ではルアーを作ってたんだと)、ノブ君(二月にはカナダに入ってた気の早い青年)、そしてカズ君と五人で遅くまで喋る。
思えば三年前もこうして自転車野郎たち(めもりぃグーナイ君ゆきこちゃんカップル)と語ったのを思い出しますなぁ。
皆、ウシュアイアを目指してペダルをこいでいるのだ。
頑張れ。
先は気が遠くなるほど遠い。

PICT0003.jpg

カズ君(↑)のノートの表紙には、“反省と改善”と書かれていて、TOYOTAのような奴だ。
しかもチャリダーでありながら、ヒッチハイクにも挑戦する器用な人で、民家の庭にテントを張るのを得意技としており、ときどき、
FUCK!!!!!!!!
と怒鳴られるそうだ。

本日の走行距離346.7km(合計2381.3km)

朝→パン(ピーナッツバター)と梨
昼→チキンとポテト
夜→コンビーフとアスパラガスの炒め物に、◯馬君と◯内君から頂戴したインスタントラーメンを半分だけ。ビール

2008年08月04日(月)[Watson Lake→Teslin]

夕べ遅くまでおしゃべりした自転車のヒロコちゃんとノブ君のテントを訪ね、愛の巣を撮影し出発。

PICT0009.jpg

やや涼しいが快晴。
制限速度100キロを110キロで飛ばす。
ときどき油断して120キロ。
休憩場所に蚊が多く閉口する。
昼食を取ったカフェの裏のキャンプ場で、テントを張る。
カフェで日記その他、ネット仕事に精を出す。

朝→パン(ピーナツバター)と梨
昼→最高に美味しかったハンバーガー
夜→インスタント焼きそばとコンビーフのアスパラガス炒め

本日の走行距離254.4km(合計2635.7km)

2008年08月05日(火)[Teslin→ホワイトホース]

晴れ。
ジョンソン・クロッシングの町外れには、美味しいパン屋さんがあります。
三年前に寄ったので知ってるんですけど、今回とても楽しみにしてまして、あー、ありました。ありました。昔のままです。
祐子もこのお店の事を思い出してたらしく、お昼には早いので、おやつということでひとつ。
チキンやウィングスやシナモンバンズ。美味い!

ホワイトホースのインフォメーションでイヌビックへの道、デンプスター・ハイウェイの道路状況を訊いたら、しばらく雨が続くとの事。
がびーっん…です。
マクドナルドで家族会議を開催し、イヌビックへの訪問は断念しました。
さよならエスキモー。
無念ですが、そうとうひどいぬたぬた道だそうで、ボクらへなちょこライダーには無理です。
雨上がりを待ち、さらに道路が固く乾くのを待てば9月になりそうだし、きっと雪降るし…。

ユーコン川下りの計画も来週いっぱい仕事のため、行けそうもありません。
今晩は遅くまで仕事します。

Wi-Fiの流れるモーテルを探して、古くて渋い山小屋を借りました。

R0011806.jpg

一泊69カナダドルですが、このシーズン中にしては格安です。
たいてい100カナダドル以上します。
ちなみにホステルのHide on Jeckellの庭の動かなくなった車でも、50カナダドルします。
車の中には机がないので、断りました。
今晩は、なんといしても仕事をしなければならないので。
で、ボクらが泊まる山小屋ですが、BOBOさんという炭坑夫が建てたキャビンです。
2m80cm×2m80のワンルームにベッドと古いミシンが置いてあります。
ミシンはテレビ台です。
カリブーの角が、ドアノブになっています。
窓にはカーテンの代わりに誰かの股引とトレーナーがぶら下がってます。

R0011807.jpg

なかなかお洒落です。
窓の外は、森。

本日の走行距離275.9キロ(合計2911.6キロ)

朝→パン(ピーナツバター)
11時のおやつ→ボクはチキンとホットウィングス。祐子はシナモンバンズ
昼→マクドナルド
夜→ベトナムレストランで生春巻きとフォー

2008年08月06日(水)[ホワイトホース二泊目]

ボクは仕事がふたつ。

祐子がキャビンの鍵を紛失し、午後ずーと捜索。
祐子は帽子の繕い物。

胸を張って負け犬になれない者は、勝者にもなれない
ハル・ベリーのお母さんより

キャビンの鍵は、とうとう見つからず。

朝→パンとピクルス
昼→パン
夜→インスタントラーメンとオイルサーディン

2008年08月07日(木)[ホワイトホース三泊目]

鍵を失くしたままで部屋を移動。
終日ネット。
少々、仕事。
夕食はバーベキュー。
雨。
キャンプ場への移動がめんどくさい。
モーテルだとお金がMOTTAINAI…

カナダにおける旅行者向けの税金還付は、祐子が調べてたら、2007年4月より廃止されてた。

朝→食べなかった
昼→マクドナルド
夜→チキンのバーベキュー(モーテルのバーベキュー台を借りた)

2008年08月08日(金)[ホワイトホース四泊目]

起きるのが遅いわ、仕事はあるわ、ちょいと寒いわ、めんどくさいわ、で、今日もキャンプ場に移動せず。
とりあえず仕事。

祐子は家計簿の整理

Adobe Illustrator CS3の問題。
て言うか、9からのいきなしのバージョンアップなので、ボク側に無理多し。
一、グレースケールを指示すると文字詰めが崩れるのはなぜだ?
一、図形を選ぼうとすると、文字が選ばれてしまうのは、どこで解除するんだっけな?
一、スクリーンショット→解決!
一、常に線の太さを0.1ミリにしたい(変更するのが面倒だ)
一、以前使ってたFontが使えない。どうして?

朝→食べない
昼→焼きそば
夜→パンとメロン

2008年08月09日(土)[ホワイトホース五泊目]

やっとキャンプ場へ重い腰を移動。
ライダーのまさき兄氏とご対面。
待ってたのよ、兄ぃ。

R0011831.jpg

ダウンタウンのカフェでネットしながら昼食。

夕方、まさき兄と、メキシコレストランでコロナを飲んで乾杯。
タコスを食らいながら、片平なぎさとの話とか、ぬたぬた道のデンプスターハイウェイとか、イヌビックとか、熊に激突しそうだったとか、鮭を釣ったとか、おひょうを釣ったとか、金太郎の別荘とか、茅ヶ崎とか、教員採用とか、彼女とか、転倒とか…
お互い、カナダ最東端のセント・ジョージへ。
明日、本の交換をする約束をしたけれども、えーと、お気に召すものはないと思います。
すみません。

朝→メロン
昼→サンドイッチとクロワッサンのハム&スイス
夜→タコス、そしてマクドナルド

2008年08月10日(日)[ホワイトホース→Rancheria]

まさき兄ぃの泊まるホステルへ立ち寄って、本の交換。
ボクらの提出した本が趣味にあわないようで、肩を落としてた。

R0011832.jpg

すみません。
ボクらの頂いた本三冊
・ジョン・クラカワー『荒野へ』(すごい面白いそうです)
・船戸与一『緑の底の底』(超推薦だそうです)
・林真理子『コスメティック』(面白くないそうです)

南へ下る。
天気上々。
夕食後、キャンプ場のカフェでネット。
湖に浸かるムース↓

PICT0007.jpg

本日の走行距離331.3キロ(合計3242.9キロ)

朝→食べない
昼→ジョンソンクロッシングでチキンとホットウィングスとシナモンバンズ
夜→ご飯とコンソメスープ(塩辛いベーコン味)

2008年08月11日(月)[Rancheria→Toad River]

快晴です。
全然逃げない剛毅な黒熊に会い、写真とビデオ撮影をたっぷりと。

PICT00400.jpg

次は臆病な黒熊君で、すぐに走って逃げられた。
バイソンの死体を発見。
少し離れたところにもう一体。
たぶん車に轢かれたのでしょうね。
舌を出して目はうつろ、頭蓋骨から脳みそがはみ出、足が硬直して股を開き、陰嚢は丸く膨らんでた。
外人が遺体の皮をナイフで剥いでました。

PICT00500.jpg

ある意味、さすがです西洋人。
その皮は記念ですか。
その後、道路を塞ぐバイソンの群れに遭遇。
こりゃ車に轢かれても不思議ではない。

州立公園内のキャンプ場は35ドル。
ネットは10分5ドル。
もちろんこんな高いところには泊まらない。

PICT0005.jpg

本日の走行距離454.4km(合計3697.3km)

朝→パン
昼→弁当
夜→ハンバーガーとチキンとポテト

2008年08月12日(火)[Toad River→Fort Nelson]

ロッキー山脈の北の果てをかすって走ってます。
雲の中をとばしてます。
雲の中は白く寒いです。
視界は十数メートルでしょうか?

ここFrot Nelsonの町の人は、暖かみがないです。
そんな気がしてなりません。
大学の図書館にパソコンを持ち込んでネット。

自転車のサイトー君とお喋りして過ごす。
彼はアルゼンチンのパンパで雷に追いかけられ、自転車を捨てて軍隊に助けられたそうで、デジカメに遺書まで録音したそうだ。
だからめちゃくちゃ雷が怖いと言ってたけど、ここにも雷が出てきましたね。
それとか、グリズリーを写真に撮ろうとして、逃げられたそうだ。
中国で再会を待つ!

本日の走行距離199.4キロ(合計3896.7キロ)

朝→パン
昼→SUBWAY
夜→グリコさんのお味噌で豚汁

2008年08月13日(水)[Fort Nelson→Fort St.John]

PICT0002.jpg

元郵便局員の自転車中年(もう青年ではなかった)、サイトー君と握手して別れ、風の強い森の中を走る。
牧場を左手に見て、走る。
雲空。

本日の走行距離410.4km(合計4307.1km)

朝→パン
昼→ベーコン海苔弁当とバナナ
夜→鮭を焼いた。グリコさんのお味噌でお味噌汁

2008年08月14日(木)[Fort St.John→ドーソン・クリーク]

朝8時半にHONDAへ。
オイル交換ほか。

アラスカ・ハイウェイの起点、零マイルのモニュメントを撮影し、昼飯食ったら疲れてしまいここでキャンプ。
今日はほとんど走らず。
テントを張って、芝生の上で寝転がっての読書が最高に幸せです。
HARLEY-DAVIDSONの親父としばらくおしゃべり。
早口であまりよくわからなかったけれど…。
それにしても暑い。
最高気温30°。
いつの間にか季節は夏。
昨日まで冬だったのに…。

夕食のカニかまは、イマイチ。
わさびにカレー粉の香りが移ってたのが敗因かもしれない。

本日の走行距離118.6km(合計4425.7km)

朝→パンとバナナ
昼→マクドナルド
夜→カニかまとわさび醤油で

2008年08月15日(金)[ドーソン・クリーク→PeaceRiver]

今日も暑い。
日中の最高気温36°です。
HONDAでリアタイヤの取り寄せを相談するもメカニックがいないというので、他のタイヤ屋へ行けばYAMAHAを紹介され、YAMAHAでは見積もりが高かった。
明日、FairViewのHONDA店“CYCLEWEST”へ電話をしよう。
キャンプ場で祐子が、
「ネットできる?」と訊けば親父に
「貧乏だから、ない」と言われ、
「ビールを売ってる?」と訊けば
「君は若すぎる」と返された。
昨日からアーミッシュが多い、気がする。
P.D.ジェイムズが85歳で書いた『灯台』を読み終える。
これは首つり死体の謎なんだけど、いきなり解決するので驚いた。
パオロ・マッツァリーノ の『つっこみ力』の”統計漫談”が好きだ。
『反社会学の不埒な研究報告』を読みたい。

本日の走行距離270.6km(合計4696.3km)

朝→レーズンパン
昼→ケンタッキーフライドチキン
夜→ステーキと梨とトマト

2008年08月16日(土)[PeaceRiver→HighLevel]

時差一時間に気づかず。
PeaceRiverの町を見下ろす丘に登る。
ビジター・センターでネットをしようと寄るけど、休み。
FairViewのHONDA店"CYCLEWEST"へ電話して、リアタイヤの注文をする。

走ればやや涼しい。
緊張感に欠ける退屈な風景。
続いてP・D・ジェイムズの『女には向かない職業』。
これもまた首つり死体だけど、面白そうだ。

本日の走行距離326.3km(合計5022.6km)

朝→レーズンパン
昼→中華レストランで焼きそばとクラムチャウダー
夜→ステーキと素スパゲティ(味付けなし)とトマト一人二個

2008年08月17日(日)[HighLevel→Fort Providence]

ノース・ウエスト・テリトリーズに入る。
ということは北緯60度超えたのだね。
インディアン・キャビンの狭い変なところで昼食をとったら、工事関係者用の食堂だった。
どうりでボクらしか旅行者がいないわけだ。
値段も曖昧だったし、お菓子をくれたし。
道路に高低差がなくカーブもなく、至極退屈なり。
だんだん寒くなる。
路肩から森までに数メートル以上の緑地帯があり、これがどうも緊張感を削ぐ。
i-podを聴く。
バイソンの群れ。
マッケンジー河をフェリーで渡る。
思うにここからカヌーに乗れば、イヌビックまで行けるんだね。
挑戦したいもんだ。
1861年ローマカトリック教徒が建設した町、Fort Providenceの安食堂で一時間六ドルのネット。
太ったネイティブの女の子二人。
ボクらの顔に似た人たちが増えて来た。
というより白人顔の方が、不自然です。
マッケンジー河の流れは緩くて雄大で、じっと眺めていたいんだが、蚊がうるさくてかなわず。
400キロも走ったからか、腰が痛くなってきた。

本日の走行距離431.3km(5453.9km)

朝→パンとバナナ
昼→かりかりに揚げすぎた唐揚げとクリームシチュー
夜→ハンバーガー、サンドウィッチ

2008年08月18日(月)[Fort Providence→イエロー・ナイフ]

午前中、冷たくて悲しい雨の中を走る。
いやだいやだ。
マッケンジー・バイソン・サンクチュアリは、文字通りバイソンがたくさんいます。
道路で死んでるのもいるし...
昼食後、雨は上がるけど、景色は美しくない。
地図ではGood Viewなのに...

イエローナイフの街は、しらけるほどでかいです。
宿が高い。
ほとんど100ドル以上で頭が痛い。
ボクは腰が痛い。

夜、空を見上げるとオーロラ。
さぁ明日はトレッキングでもしよう。

本日の走行距離374.3km(合計5828.2km)
朝→レーズンパン
昼→ハンバーガーとサンドウィッチ
夜→ケンタッキー・フライドチキン

2008年08月19日(火)[イエロー・ナイフ二泊目]

ボクは腰痛で寝てばかり。
風強く寒く、午後には安いキャビンに移動するため、外出は夕食時だけ。
カナダ人のおばさんとオリンピック観戦。
ネット三昧。
祐子はMovable Type(ブログの難しいのの事です。ボクにはわかりません)の研究したり、読書。

朝→B&Bの朝食。量が多くて食べきれない
昼→パン
夜→ベトナム料理

2008年08月20日(水)[イエロー・ナイフ三泊目]

トレッキングに出かけました。
まず町外れのトレッキングの入り口を目指しましたが、遠すぎたので諦め、キャンプ場の脇から森の中へ入りました。
ここまでで約6キロ歩きました。
で、けっこう疲れました。
が、ここからが本番です。

トレッキングルートは人気がなく、誰も歩かないらしくて、やがて道はぬかるみ、草がぼうぼうと生えまくり、どう目をこらしても道らしき筋は見当たらず、迷い、悩み、行きつ戻りつ、なんだかんだで結局、7時間も歩き続けました。
道中、同じ宿のおばちゃんとすれ違いましたが、地図を広げお互い違う現在地を指差し、
「五時になっても宿に戻らなければ、捜索しましょう」
と別れました。
おばちゃんの帰宿は5時を過ぎましたが、ボクらは探す気なし。
そんなもんです。

夜、B&Bの皆は山小屋のオーロラツアーに出かけましたが、ボクらはネットで遊んでいました。
そんな誰もいないB&Bの上に輝く漂うオーロラ。

朝→B&B
昼→菓子パンと水
夜→ベトナムレストラン。ここはホワイトホースより美味しい

2008年08月21日(木)[イエローナイフ→Hay River]

わざわざ寄り道してまで来たHay River。
思いっきり期待はずれです。
Hay Riverの宿泊施設は5軒のみ。
紹介しますと、
一軒は閉店
一軒は誰も出てこない
一軒は満室
一軒は一泊140ドル
一軒はキャンプ場(ネットをしたいので、今日はパス)
この街は最悪だす。
泊まるところがない。
なしてこったらところに来たんだろう?
えーところだって聞いたんだけど、勘違いだろうか?

しかたなく一泊140ドルのホテルに泊まり、祐子はMovable Typeの研究に没頭。
※バージョンアップしたら、不具合が出てしまい苦労しているようです。
あとで知ったんだけど、御苑の事務所のHPのデータを移動してしまったりして、迷惑かけてます。

ボクは、同性愛者でHIV感染者のブログ"ぼくの命はあとどれくらい"に没頭。

?Internet→ホテル(無料)

本日の走行距離、珍しく500キロ超えの525km(合計6353.2km)

朝→B&Bにて
昼→ハンバーガーほか
夜→中華レストランで焼きそばとコンビネーション

2008年08月22日(金)[Hay River二泊目]

こんな一泊140ドルもかかるホテルは早く出てしまわなくては、と思いつつ、身体が動かず、っつうか、動くのが面倒で、連泊。

祐子はMovable Typeの研究、じゃなくて後始末に追われる。

ボクは、ブログ"くたばれバカ旦那!?私が離婚を決めるまで"に夢中。
ボクがモラハラだったりして...。
炎上するコメントが悲しい。

次は、【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」ですかね。

?Internet→ホテル(無料)

朝→なし
昼→ピザ
夜→中華弁当

2008年08月23日(土)[Hay River→Highlevel]

PICT0014.jpg

ボクは滝にびびって↑

PICT0021.jpg

祐子は近寄り過ぎ↑
本当は、両足をぶらぶらさせようとしてたらしい。
やめてください。
カメラを構えるボクの心臓が止まります。
祐子はこのようにネジが一本足りない。
Mackenzie HighwayのAlexandra Falls。

?Internet→レストラン(無料)

本日の走行距離313km(合計6666.2km)

朝→パン
昼→ビーフジャーキー
夜→ハンバーガー

2008年08月24日(日)[Highlevel→Fairview]

ステーキ肉の選択に失敗し、お米の選択に失敗し、あまり美味しくない夕食となりました。
トマトは酸っぱいし...。
Wi-Fiのキャンプ場に泊まったのに、ネットがなかったし、一泊14ドルと雑誌に載っていたのに28ドルもして、差額は返してもらったけどさ。

船戸与一『緑の底の底』を読み終える。
南米のティグレって、俗にいうタイガーではなくて、大山猫(ボブキャット)のことだった。
パラグアイの奥地でティグレが出ると現地人に脅されて、

嘘こけ親父! こったらところに虎なんかいるもんけ!

って馬鹿にしたけど、あながち嘘じゃなかったんだな。
ヤノマミ族と友達の関野吉晴の解説も興味深く、
アマゾネス準州の金、ダイヤ、ウラニウムの開発は50年間差し止めて、インディオの機械力を使わない砂金掘りだけだそうだけど、石油持ちは余裕だ。
ぜひ『伝説なき地』も読みたい。
っていうことは、『山猫の夏』、『神話の果て』と「南米三部作」を順番に読まなくちゃだ。

内田融『小泉政権』を読み始める。

?Internet→図書館(無料)

本日の走行距離336.2km(合計km)

2008年08月25日(月)[Fairview→Grande Prairie]

午前中はタイヤ交換。
その間、図書館でネット。
カナダの図書館は日本語が読めるので助かります。
もちろん無料だし。

ちょいと田舎道の二号線は、パタゴニアの如く強風が吹き付けるなり。
腰痛だんだんと激しく...。

マサキ先生から頂戴したジョン クラカワーの『荒野へ』を読み始めるんだけど、これがなかなか面白くて巻を置くに能わずです。
アラスカの荒野で餓死するってどんな感じだ?
寝袋も持たず氷河を突っ切るってどんな感じだ?
誰にも発見されないってどんな感じだ?

Grande Prairieは、驚くほど大きな街です。
スーパーではお寿司用のネタが売ってます。
インスタントラーメンも豊富です。
味噌もあります。
けど、キャンプ場の周りは未舗装で、見渡す限り一面の畑。
キャンプ場は、風強く、涼しく。

?Internet→宿のWi-Fi(1時間は無料)

本日の走行距離143km(合計6809.2km)

朝→パン
昼→弁当
夜→トムヤムクン風のチキンスープ

2008年08月26日(火)[Grande Prairie→Hinton]

一日中、強風に煽られ走る。
腰が痛くて、風に抵抗し難く候。
山中の路肩で椅子を出して、弁当を広げる幸せ。
雲の切れ間は暖かく、日陰は寒く、祐子は優しく、梅干しは酸っぱく。

カナダ人ご夫婦のRV車にお呼ばれし、お茶をご馳走になる。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

本日の走行距離354.5km(合計7163.7km)メーター14004km

朝→パン
昼→弁当
夜→インスタントラーメンと豚肉

2008年08月27日(水)[Hinton→ジャスパー]

山々は険しく美しく。
川の水は青白く流れは早く。
きっと冷たく。
ジャスパー国立公園の入園に際し、5泊で約98ドルも支払わされ(一泊一ファミリー19ドル。2005年に比べると、かなり値上げしたんじゃないだろうか?)、宿は軒並み160ドルオーバー。
民家のドアにぶら下がった"vacancy"の表示を見つけるまで、暗い気持ちで宿探ししてました。
所謂B&Bなんだけど、朝食は付かないから、B!
それでも75ドルもします。
Wi-Fi、トイレシャワー付きだから、機能的にはほぼ満足です。
でもキッチンが欲しかった。
※『歩き方』を読んだら、ジャスパーのB&Bは朝食なしだそうです(協定。だけど探してみたら、朝飯を出すところもありました)。
※インフォメーションセンターにB&Bの空室情報一覧がありました。後で知ったんだけどね。

ダウンタウンから望む山の神々しさ。
ケンタッキーの変わらぬ美味しさ。
それにしてもバンクーバーを出発してひと月、7,000キロも走って、ガイドを見れば、
『ジャスパーはバンクーバーからバスで11時間...』
虚脱...。

夜、祐子はブログMovable Typeの遅々として進まぬ研究。
ボクは、モラハラとハラレルの対決ブログ"離婚日記"にはまってしまった。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

本日の走行距離はたったの77.5km(合計7,241.2km)

朝→昨日、ドリスから貰ったマフィン
昼→ケンタッキーフライドチキン
夜→カップラーメンとパン

2008年08月28日(木)[ジャスパー二泊目]

ダウンタウンから森のトレイルを歩き続けて、パトリシア湖を過ぎ、ピラミッド湖の小島に渡り、一休みして戻る。
これで往復5時間の運動。
腰が楽になった。
腰痛には歩くのが一番!(...なんだろうか?)

あれっ、あの妙に黒々した髭は?
と見れば、自転車のヒッチハイカー、ゴッツ君じゃないですか?
さすがヒッチハイカー、早い!
再会を祝して、韓国レストランで一緒に晩飯。
ゴッツ君の今夜の宿は、インフォメーションセンターの小太り親父の自宅なんだけど、彼が言うには、
小太り親父は、すぐに両手を握るし離さないらしい。
肩を抱きしめ、ずーっとスキンシップを求めるそうだ。
あり得ないくらいの顔を近づけて(吐息を吸い込んじゃうくらいだな)話すし、
家の中では、なぜかあっという間にパンツ一丁に変身
しかも内股で座るんだと。
ゴッツ青年は、今夜、掘られるかもしれないと怯えていた。
新しい世界の扉だ。
ゴッツ君はやけくそで、
ヤラレルくらいなら、やってやる!
と息巻いてたけど、
そりゃ、先方さんの思うツボだよ。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

朝→食べない
昼→ケンタッキー
夜→ゴッツ君と韓国料理を食らう

2008年08月29日(金)[ジャスパー三泊目]

お尻が危ないゴッツ君からのメール。
『なぜか胸を触られまくりましたが、無事です』
おっぱいを揉まれるくらいはいいか...、と思ったら、
今日もそのおっちゃん家に泊めてもらうことになりました』
どうしてそうなるかな?
今晩こそ、ヤラレルね!
おっちゃんの張り切った顔が目に浮かぶよ。
ゴッツ、力を抜いてぇ〜

そんなことはどうでもいいとして、ここジャスパーは雨。
夕方ごろ、雷。
山は暗い雲の中。

宿にほとんど引きこもり。
郵便局で、果物の切手を探すがなかった。
カナダドルが102円台になったので、けっこう多めにお金を下ろしとく。
1円の差は、10万円で1,000円のお得です。

祐子のMovableTypeの勉強に進展あり。
ボクは、モラハラブログ"離婚日記"に夢中。
長い、けど面白い。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

朝→パン
昼→A&Wのハンバーガー(パパバーガーとママバーガー。変な名前。注文するのが恥ずかしい)
夜→中華

2008年08月30日(土)[ジャスパー→Wabasso]

ゴッツ君、どうだった?
痛かった?
あー心配だ、心配だ。

天気予報は雨。
それでも荷物を宿に預けて、潔く勇敢にもマウントロブソンへ走る。
厚く重く暗い雲が空一面。
ぼくの心にも暗い雲。
寒さがグローブに凍みてます。

マウントロブソンは、雲に覆われて完全には見えないけれど、チラ見え。
それもまたセクシーで良し。
バーグ・レイクトレイルを黙々とトレッキングし、往復二時間。
蒼白く激しいロブソン川。
静かなKinney湖。
ジャスパーのすべてのホテル、B&B(Private Home Accommodation)満室なり。
ぽちぽち雨。

?Internet→こんなとこ、あるわきゃない

本日の走行距離215.4km(7,456.6km)

朝→なし
昼→ハンバーガー
夜→インスタントラーメン

2008年08月31日(日)[Wabasso→Lake Louise]

11時半出発。
すっかり遅くなっちまった。

まずは、狭いところを強引に流れ落ちる新しいタイプのAthabasca滝。
迫力満点です。
これは見て損はありません。
グっときます!
飛び込みたくなります。
で、そしてまたまた狭い渓谷をこれでもかと流れ落ちるSunwapta滝。
ただでかいだけの滝に警鐘を鳴らす、コンパクトながら見るものの気を離さない強流。
洗濯機のようでもあります。
すごく汚れが落ちそうです。ホント。

スイスを固めたように素晴らしいとかいうIcefields Parkwayは、凍えるほど寒く、雪が降るなり。
コロンビア大氷原のアサバスカ氷河は雪のため、誰もいない。
寒い。
時々雨も降る。
熊がいたぞ。

寒い寒いキャンプ場だけど、ストーブ小屋あって助かった。
けんど、正面も背後もドアが閉まらず(ドア自体がない)、右も左もガラスのない窓がたくさんある。
喜びと微妙な悲しみ。
ストーブの熱気、背面の冷気。
まぁ、炊事ができるだけでも幸せだと感謝しよう。
食後は、小屋で読書。

こらこらおっさん、ストーブの横に靴下を干したら、臭いでしょ。

?Internet→なし

本日の走行距離227.2km(合計7,683.8km)

朝→なし
昼→高い高いハンバーガー
夜→トマトを二個潰してスパゲティ

2008年09月01日(月)[Lake Louise→Cochrane]

こりゃカナダに来たら絶対見なきゃいかんわって感じの完璧な湖、ルイーズ・レイク。
湖畔を散策。
モレイン湖では、左手の瓦礫岩の山を登り、湖と背後に聳える山々を望み、
熊を期待してボウ・バレー・パークウェイをゆっくりと走り、
城のような形をしていると言わればそんな気がしないでもないキャッスル山を左手に眺めて、
狭いところをぎゅっと流れ落ちる清く透明な水が寒々しい滝を眺めに、ジョンストン渓谷を歩く。

バンフは軽くスルーして、白黒の斜めストライプが険しいロッキー山脈を背にし、GoodBye Rocky Mts.!
君は美しい!
ほとんど誰も通らない寂しい道ルート1Aを東へ飛ばす。
牛と雨と湖と山とウップダウンと整備の悪い舗装。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料)

本日の走行距離201.6km(合計8,221.6km ※8/24の336.2km含む)

朝→パン
昼→サンドウィッチ
夜→インスタントラーメン

2008年09月02日(火)[Cochrane→Drumheller]

右も左も広大な農場が続きます。
丘は緩やかに重なり合い、のどかな一本道は上がったり、下ったり。
概ね110キロ走行。
対向車も少なく、快適。

今晩のキャンプは、Drumheller。
恐竜の街です。
その昔、恐竜が闊歩した"ダイナソートレイル"をぐるりと廻り、くっきりとした地層を一望できるホースシーフ谷、世界一航路が短いんじゃないかと思われるプレリオット・フェリーに乗る。
フェリーの航路は、たぶん10メートル?
カール・ルイスなら跳べるんじゃないだろうか?

?Internet→キャンプ場のWi‐Fi(24時間3ドル。請求されなかったんで、払わずに済んだ。小さな幸せ)。ダウンタウンのキャンプ場はWi‐Fiなし

本日の走行距離223.4km(合計8,445km)

朝→パン
昼→ハンバーガーとサンドウィッチ
夜→トマトとベーコンの煮込みスパゲティ。美味い!

2008年09月03日(水)[Drumheller→Hanna]

PICT0010.jpg

恐竜王国の"ロイヤル・ティレル古生物博物館"へ。
※ここアルバータ州は恐竜の化石が多いので有名です。
で、祐子は恐竜好きである。
胸板の厚い男も好きだそうです。
博物館っていうものは、ほぼ一日歩くトレッキングより疲れるものです。

"フードゥトレイル"を走り、氷河に浸食された奇岩、"フードゥ"を眺め、まぁこんなもんですかね。
奇岩の全体数が少ないので、感動も少ないのです。

PICT0021.jpg

レッド・ディア川にかかる細長い吊り橋を渡る。
なんちゅうことのない吊り橋です。
でもこれがここの黄金観光コースです。

Hannaのビジター・インフォメーションは、来年5月まで休み。
もうオフシーズンになっちゃいました。
見渡せば老人ばかり。

HannaのセントロのRVパークは、トイレがなかったので、テントは禁止って事なのでしょう。
しかたがないので、水鳥がのんびりこいてるFox Lake湖畔でキャンピング。
炊事中、突然の強風。雨。
屋根のあるオープン小屋に避難すれば、わさわさとカナダ人のおばちゃんとか子供とかお父さんとかが集まって来て、バーベキューパーティが始まってしまった。
隅っこで、こそこそと焼きそばを作ってぼそぼそと食べる東洋人のボクら...。
多勢に無勢で、なぜか恥ずかしい...。

?Internet→見つけられず

本日の走行距離135.9km(合計8,580.9km)

朝→パン
昼→マクドナルド
夜→ベーコン250g入り焼きそば

2008年09月04日(木)[Hanna→Saskatoon]

寒いです、かなり。
脚絆を穿いて、セーターを重ね着して、今年一番の着太り。
寒さ堪えて、走ってます?

今晩の宿となるSaskatoonって街は、どうしてこんなに大きいのでしょう。
とりあえずボクの希望で、"Western Development Museum(西部開拓館?)"を見学。
T型フォードとか、古いトラクターとか、西部の町並みとかを見るんだけど、時間切れ。
このチケットは翌日も有効なので、また明日。

PICT0036.jpg

i-pod、壊れたか?

隣りのテントのイビキがうるさい。
どうしてこんな広いキャンプ場で、すぐ横にテントを張るんだよ。
まったくよぉ...

本日の走行距離436.4km(合計9,017.3km)

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料)。テントサイトまでぎりぎり届くけど、ランドリーに立てこもる

朝→パン
昼→マクドナルド
夜→ステーキとインスタントラーメン

2008年09月05日(金)[Saskatoon→Russell]

朝一で、西部開拓博物館へ。
↓不気味な人形

PICT0015.jpg

100キロごとに休憩し、ひたすら西へ。
雨が追いかけてくる。
そんな気がする。

Form Lakeのビジター・インフォメーションのおばさん、愛想よし。
コーヒーをご馳走になったので、写真を撮らせてやる

Subwayの無料Wi-Fiに繋がらず、途方に暮れ、日が暮れる。

?Internet→モーテルとSubway共同Wi-Fi(無料だけど、SONYのmyloを使って、無茶苦茶苦労した。結局MacBookにてさらりと接続)。
無料キャンプ場にて、町の無料Wi-Fiが繋がって驚く

本日の走行距離452.5km(合計9,465.8km)

朝→パンとバナナ
昼→Subway
夜→連続してSubway(ボクがトッピングしたら、美味しくなかった。とほほ...)

2008年09月06日(土)[Russell→ウィニペグ]

雨の中の荷造り。
雨の中の出発。
空には暗く重い鉛色の雲が世界一面に広がって、ボクらの気分もずんどりと重いです。
ばり寒いし。

ウィニペグの街はボクらには大きすぎでした。
早々に退散するも暴風雨に直撃され、沿道沿いのモーテルに投宿。

NHKの執筆。

本日の走行距離400.3km(合計9,870.1km)

?Internet→モーテルの無料Wi-Fi

朝→昨夜の不味いSubWayの残り
昼→マクドナルド
夜→中華の出前(二人で同じ料理を注文してしまい失敗! 祐子はご飯、ボクは麺の違いだけ)

2008年09月07日(日)[ウィニペグ→Ignace]

せっかくのモーテル泊なので、チェックアウト時間ぎりぎりまでぐだぐだと過ごす。

辛気くさい曇り空の下、東へ走る。
雨、束の間の晴れ、豪雨。
寒く冷たく。

オンタリオ州から森。
動物の気配がしないけど、ハンティングが盛んらしい。
Deer Hunterの世界ですね。

今晩は、モーターホーム(一度泊まってみたかった)が借りられるRVパークまで走ります。
だもんで豪雨だけど、無理してIgnaceまで。
モーターホームは高い割には(75ドルもしやがる!)おんぼろぼろで、暖房を頼むとガスを買いに走るは、後だしでシャワーは使えないと言いよるわ、Wi-Fiは届かないわ、お湯は出ないわ、不満たらたら。
断るべきだったと後悔したもんだ。
しかーし、やっぱテントと違くて暖かくて、ベッドが大きくて、
ソファも広いし夜中にトイレまで寒いグランドを歩かなくてもいいし、
キッチンもあるわで、なんだかんだで快適。
祐子と二人だと、これぐらいの家で充分だ。
エンジンのないタイプは、中古だと安くて200万円代で買えます。

PICT0010.jpg

本日の走行距離458km(合計10,328.1km)

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料。しかしモーターホームまで届かず。ランドリーにて。24時間可)

朝→モーテルのドーナツ
昼→ケンタッキー
夜→昨夜の残りの中華とチャーハン

2008年09月08日(月)[Ignace→Thunder Bay]

PICT0001.jpg

↑キッチンからリビングを写す。車内は広い。レンズの後ろ側は階段が三段あり、キングサイズのベッド。これ以上、何が必要なのか?

早朝、ボクはむっくりと起きてタイツのまま、つまりズボンを穿かず、MacMookを抱えて、うっすらと明るくなりかけたグランドを横切り、ランドリー小屋へ歩き、仕事のメールをチェックする。
原稿をゲット!
ついでに他の仕事もゲット!

古いとはいえなかなか快適なモーターホームでぐだぐだと朝をくつろぎ、小雨のなか出発。
今晩は仕事をしなくちゃならないので、近いけど250キロ先のThunder Bayのモーテル(キッチン付きを探そう!)までだ。

極寒ではないけど、まぁ寒いわってな感じで、時には雨に遭いながら、やはり東へ。

Kakabeka滝を見学。
この滝は、大きくなく小さくなく、真ん中で割れているのがくどくないアクセントになっていて、普通に良い。
この滝のチャームポイントは、棚状になっている滝の下。
ボクの広角レンズでは、写真に撮れないのが悔しい。

PICT0021.jpg

滝見学のための駐車場が4ドル。高っ!
払わないと罰金30ドル!
は、たいした金額でもない気がする。

夜、ボクは仕事。
祐子も仕事(Adobe InDesign CS3の研究と学習)。

今晩のモーテル、電車が通るとものすごく揺れます。
楽しいくらい揺れます。

玉ねぎを焼いたら煙が出て、非常ベルが鳴ってしまった。
レセプションまで走り、
ごめんなさーい!

?Internet→モーテルのWi-Fi(無料。感度びんびん)

本日の走行距離256.3km(合計10,584.4km)

朝→パン
昼→マクドナルド
夜→キッチンがあるので、ステーキを焼きました(300gで700円くらいのステーキ肉です)

2008年09月09日(火)[Thunder Bay→Wawa]

お天気晴朗。気分良し。
i-pod復活。

まだ紅葉には早い森と巨大なスぺりオール湖。

昼過ぎに走り出したので、テントを張り出したのは、日没後。
暗闇の中、インスタントラーメンを寒いので立って食べました。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料。テントサイトまで届かないので、電話小屋にて)

本日の走行距離487.1km(合計11,071.5km)

朝→パン
昼→パンケーキとハンバーガー
夜→インスタントラーメン

2008年09月10日(水)[Wawa→Espanola]

本日も天気良し。
スペリオール湖を右手にのんびり走る。

エクトール(コロンビア人の友達)の待つ、ロンドンまであと一日の距離まで来たぞ。
...、と思ってフェリーの時間を調べたら、一日に三便しかなくて、どうやらエクトール邸訪問は、明後日になりそうです。

ボクも祐子も仕事。
pdfは、"自動(jpeg2000)"で圧縮(中)。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』を読んだりして...
すごいもんだプログラマって。
モラル・ハラスメントと協議離婚する『Y's Diary』、読了。
前半の旦那からのメールがすごい。
壮絶にわけわからんし、自己中がよくわかる。
モラハラの頭ん中が丸見え。必読かも!

?Internet→モーテルのWi-Fi(無料。Windowsでは、セキュリティの暗号化の種類を手動であわせなくちゃならなかった。なぜ?)

本日の走行距離489.4km(合計12,050.3km)

朝→パン
昼→マクドナルド
夜→粉末のたらこスパゲティと冷凍食品のエビ

2008年09月11日(木)[Espanola→Lion's Head]

晴天で何よりです。
6号線を南下して、South Baymouthから15時50分のフェリーに乗り、Lake Huron湖を渡り、Tobermoryへ。
所要時間1時間45分。

Wi-Fiキャンプ場を見つけられず、80ドルのモーテルを値切って税込み60ドルで泊まる。
祐子、いい仕事ぶりだが、また意味なく贅沢してしまった。
夜、ボクも祐子も仕事。

祐子が"写記写記ポリンキー"に新作をアップ。

ボクは"続・ココロ内離婚"。
調停以降が読みであり。

Fetch5.2.1J1(2007/10/05リリース)をダウンロードする。

?Internet→モーテルのWi-Fi(無料)

本日の走行距離159.7km(合計12,210km)

朝→ドーナツ

昼→
ピザとBLTサンドウィッチ
夜→キムチ味のカップ麺とドーナツ

2008年09月12日(金)[Lion's Head→London]

頭上一面灰色。
そして豪雨。
負けずに走る。
頑張れ、ボクら夫婦。
びちょ濡れ...

ケンタッキーでスペイン語の勉強をして、コロンビア人のアミーゴ、エクトールの家へ到着。
用意した想定問答集は、
一、サンドラ(奥さん)と離婚したの?
一、もしかして、バイク屋は潰れちゃった?

話をしてみれば、今年の4月エクトールは、メデジンのバイク修理店を売り払い、カナダに5年住む兄を頼って母と妹を連れ立って出て来たのだ。
奥さんのサンドラをコロンビアに残して(離婚していない)。
40歳の旅立ちである。
毎日学校へ行って、英語の勉強をして。
車のFull免許を取得していないので、一人で運転できず、バスで通学して。
でも、釣りのライセンスは持っていて。
弟のカルロスと妹のアナマリアが英語が話せて。
犬のパキータは癌で、顔だけが異様に腫れている。
目がとても悲しげです。
気の毒です。

?Internet→エクトールの家のWi-Fi(無料)

本日の走行距離288.2km(合計12,498.2km)

朝→食べるものがない
昼→サンドウィッチ
夕食→ケンタッキー
晩飯→サンドウィッチ

2008年09月14日(日)[London三泊目]

午前中、天気上々。
カルロスのJEEPで公園へドライブ。
散策。
鹿と遭遇。
亀と遭遇。

午後、雨。
祐子は仕事。
ボクは繕いもの。
鞄のファスナの修繕ほか。

マルガリータお母さんには百金で買った扇子、カルロスには同じく百金で買った"「順風満帆」と印刷された札"、エクトールには同じく百金で買った"「整理整頓」と書かれた札"を贈呈。

マルガリータお母さんは日本人形が欲しいそうです。
探します。
一生懸命探します。お世話になりましたから。
きっと日本のどこかにあるはずです。日本人形ぐらい。
誰かが言ってくれるはずです。
「これっ、持ってっていいよ」
って!
古いものでかまわないし、安物でかまわないし...
ということで、日本人形探してます。

ブログ"実録!負け組人生!?派遣会社の裏の裏!"
これ↑、面白いんだなぁ...
夜中、爆笑。

朝→トースト
昼→フリホーレスとカルネ・モリーダ
夜→寿司とトースト

2008年09月13日(土)[London二泊目]

朝からかなりムーチョな雨。
マルガリータお母さんと洗濯。
妹アナマリアが掃除。
弟カルロスは仕事。土曜日はスペイン語の先生です。
エクトールは何故かパンツ一丁。

午後、London市内をカルロスの車でドライブ。
カフェに寄り、スーパーで念願の水筒を買う。

皆に優しきされてますわ。

朝→パンケーキ
昼→ハンバーグ、サラダ、ライス
夜→サンドウィッチ

2008年09月15日(月)[London→ナイアガラ]

エクトール一家は、通学のため朝7時15分に家を出るので、それに合わせて起床、出発。
皆さん、お世話になりました。
何もかもムーチャス・グラシアス!
Hugして握手して、アディオス!
カルロスは出勤のため、6時に出かけてた。

小雨。
早起きしたから眠い。
やや寒。

今日は、ナイアガラの滝はお預け。
飯を食べてネットしたら夜。
即効で寝る。

本日の走行距離254.7km(合計12,752.9km)

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料。ランドリーよりテントサイトの方が感度良好。ランドリーはコンセントとテーブルと椅子が離れていて、使い心地悪し)

?この街のキャンプ場→ボクらの泊まったCamparkが街外れだけど一番安い。400メートルほど滝側のキャンプ場は、レセプションの横だけWi-Fiが届くらしい。さらに数軒滝寄りのKOAは、高い。すべて同じ道沿い。

朝→チーズのせワッフルにメイプルシロップをたっぷりと
昼→マクドナルド
夜→豚汁

2008年09月16日(火)[London二泊目]

CASINOにスクーターを預け、ナイアガラの滝を見学。
これで三大瀑布を制覇しました!

PICT0017.jpg

快晴で満足。

朝→パン
昼→弁当
夜→レトルトのカレー(ボンカレーのようなもの。二人で3ドル以内で済む)

2008年09月17日(水)[London→Kingston]

今日は、首都トロントを経由しなければならないのだけど、都会は道に迷うので寄りたくないのです。
で、ETR(Express Toll Rout)を走り、途中から401号線を走りましたが、わからないのは、ETR(Express Toll Rout)って有料道路だったんだろうか?
っていうか訳すと有料になるんだけど、どこでお金を払えばよかったんだろう?
謎です。
そんなゲートなんてなかったし...。
そんなこんなで、トロントの外側をぐるりと迂回。
フリーウェイは時速120キロ以上で走らされるので、なるべく脇道を通ります。
東名を避けて246号を走るようなもんです。
そんなに面白いわけじゃぁありません。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料。ランドリーは机と椅子があって快適)

本日の走行距離418.3km(合計13,171.2km/旅の合計68,039.2km)

朝→寝坊したので朝食抜き
昼→マクドナルド
夜→缶詰のクラムチャウダーにスパゲティを突っ込む(この缶詰だと2ドルと安い)

小太りのハゲた親父

ガソリンを入れてると、よく話しかけられます。
ナイアガラの滝から首都トロントへ向かう401号線の501号出口付近で給油してたら、小太りのハゲた親父が、


「Are you moving?(引っ越しかい?)」


彼の冗談に気づくのにたっぷり1分ほどかかったけど、誰か座布団一枚お願いします。
一応説明すると、ボクらの荷物が多いので"引っ越し"にひっかけたんだすね。
えー、それだけの話です。

PICT0001.jpg

話は変わって、上の写真のマイク君は、サンプラザ中野に巨人の槇原を足した顔をしてますが、トロント郊外のBranptonのガソリンスタンドで声をかけてくれました。
緑色のゴミ収集車を運転してます。

「この街のことならなんでも訊いてくれ!」

ではご好意に甘えて、マクドナルドを教えてもらいました。

ナイアガラの滝に飛び込む貧乏なおばさん

PICT0092.jpg

ナイアガラの滝に飛び込む人が、ずいぶんいるそうです。


1901年と百年以上昔のことです。
アニー・テイラーという貧乏な女性教師が、樽に入ってナイアガラの滝に飛び込みました。
黒い子猫を一匹道連れにして。
有名になって一儲けしたかったそうです。
63歳にもなって、このおばさん、くだらない事を考えたもんです。
で、成功したのですが、結局20年後にはニューヨークで極貧のまま死んだそうです。
もう一回飛び込めばよかったのにね。


で、樽に入らないで落ちたらどうなるのかっていうと、1960年にはボートが転覆して7歳の少年が、2005年には自殺をしようとした男性が滝に落ちて、それぞれ助かりました
意外に死ねないナイアガラの滝です。


ちなみにカヌーでの成功は、1981年です。


ちなみのちなみですが、今は滝下りをすると1万ドルの罰金です。


世界三大瀑布を比べたら...

世界三大瀑布を制覇したので(イグアスの滝は2008年。ビクトリアの滝は、ずいぶん昔に行きました)、ここはひとつ一人で比較討論会をしますね。

えーと、ナイアガラの滝のいいところは、滝の裏側が見られる事です↓。

PICT0052.jpg

ただもうもうしているだけですが...
感動はしませんが...
ちょと濡れます。

次に、ビクトリアの滝のいいところは、滝の寸前で泳げる事です(寸止め水泳の写真、チビリます→デビルスプール)。

柵がないですね、アフリカって奴は。そんなところまで気が回りません。そこがいいんです。
ものすごーく危険だけど、誰でも滝の際まで逝けます。

最後にイグアスの滝のいいところですが、船で滝に突っ込めます。
滝に突っ込むと、水しぶきで呼吸もままになりませんっ!
水の固まりが、乱れ打ち状態になります。
それなのに雨合羽なしです。
油断するとカメラが壊れます。
ナイアガラの滝で船に乗るより、こちらがだんぜんお薦めですね。
で、ここでひとつ問題は、アルゼンチン側がいいか、それともブラジル側がいいかって事なんだけど、もう忘れてしまったのです。
すみません。

で、三大瀑布に戻って、いろいろと細かいところを比較すれば、水量だとビクトリアの滝が一番です。
で、水の落差を比べると、これまたビクトリアです。
じゃぁ長さはどうなんだ? 実はこれもビクトリアです。

つまり、ビクトリアの完全試合でした。
ただね、ジンバブエがね。
イギリス連邦を脱退したし、国民の三割がエイズだっていうし、平均寿命36歳と世界最速だし。

2008年09月18日(木)[Kingston→St. Philippe]

やや涼しく風強く。
401号線を東へ。

ケベック州に突入。
噂通りフランス語です。

ケベックに住むおばさん、オジィーに「明日、行きます」とメールする。
15分しかネットに繋げないので、20時に寝ました。

翌朝、ネットを15分だけおまけしてくれた、優しいキャンプ場でした。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(15分だけ無料。30分で2ドル)

本日の走行距離327.8km(合計13,499/68,367km)

朝→パン
昼→Tim Hortons
夜→缶詰のタイカレーに鶏肉とにんじんを入れて

2008年09月19日(金)[St. Philippe→Riviere du Loup]

朝一、ケベックに住むオジィーにメール。
「やっぱ今日行くのやめました。10日後ぐらいに行きます。」
わがまま言ってすみません。オジィー。
とりあえず、カナダの最東端を急ぎます。
スクーターの保険が来月の14日に切れてしまうからです。
あと2,100キロ!

それにしてもオジィー、ケベック州は臭いです。
ずーっと牧場の臭いがします。
けど、牛は見ないですね、全然。
ただ臭いだけ...

キャンプ場でサングラスを失くしてしまった。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料。24時間開いているプレイ小屋にて。テント内でも感度良好)

本日の走行距離467.9km(合計13,966.9km/旅の合計68,834.9km)

朝→パン。祐子は腐ったパイナップル
昼→マクドナルド
夜→缶詰のミートスパゲティ

おデブは難しい...

 
p 2008-08-18 18-09-21.JPG
 
でぶ専ってわけじゃないんですが、太ってる女性を見かけると、写真に撮りたくなります。
で、↑この娘さんは、イエローナイフのビジター・インフォメーションのカウンター嬢です。
 
 
 
 
「すっげー太ってるじゃん。写真に撮らせてよ!」
 
 
 
 
とは言えなかったので、
 
 
 
 
「素敵なTATOOだね。写真に撮っていい?」
にしました。
ボクも大人です。
 
それにしても胸が机に載っています。
服はたぶん、机にあたる部分が一番汚れるのでしょう。
大きなお世話ですが...
 
 
2008年8月18日/イエローナイフにて
 
 

2008年09月20日(土)[Riviere du Loup→Fredericton]

サングラスはテント脇にて発見。

185号線から2号線へ曲がって、南下。
このフリーウェイの西側は、すぐアメリカです。
ニュー・ブランズウィック州に入って、時間帯を越え、一時間分損をする。
これでバンクーバーから走って4時間の損。

風やや強く、森に囲まれのどか。
紅葉はまだ。

食後、テントの中に延長コードを引っ張り込み、ネット。
i-pod、駄目かも知れない。
再起動を繰り返す。

祐子はテントの中で、夜中まで仕事。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料。テントサイトに電源あり)

本日の走行距離435.8km(合計14,402.7km/旅の合計69,270.7km)

朝→パンとバナナ
昼→マクドナルド(ボクはビッグマック。祐子はフィレオ・フィッシュ。これは定番)
夜→缶詰のカレーとインスタントラーメンのスープの素でスープ

俺のって大きいだろ

世界で一番大きい国はロシアです。
二番目が、ボクらが毎日必死こいて走っているカナダです。
三番目が、


今は、


アメリカです。


ちょっと前までは違くて、
2002年になってアメリカが中国を抜きました。
突然アメリカが、五大湖(内水面の面積)を計上したからです。
ブッシュ大統領、グッジョブッですね!
でも内水面って、普通は勘定しないようです。

ボクらは、そんな五大湖のひとつ、スペリオール湖を右手に見て走りました。
下の写真が海に見えるのは、スペリオール湖が世界で二番目に大きいからです。

PICT0006-6.JPG

ちなみに冬の五大湖はほとんど凍結するそうです。

中国も頑張れば、

台湾、香港とマカオを計上して

再び世界第三位に返り咲きできるかもです。

2008年09月21日(日)[Fredericton→North Rustico]

明日は、結婚十周年だ!


ダイヤモンドを10個探しに行かなくちゃ...


  ★


やや寒。
どんより雲。
2号線を東へ。

昼を食べたMonctonで、下り坂なのにニュートラルギアの車が坂を登りだすという不思議なMagnetic Hillに寄り、ビデオ撮影。
こんなしょぼい坂に、入場料5ドル(車一台の値段。バイクは無料)、これは結構詐欺だわ。
けどついつい、ボクらは5回も下り坂を登った。

15号線、16号線、そしてCape Tormentineから、全長13キロのConfederation Bridgeを渡り、プリンス・エドワード島へ上陸。
プリンス・エドワード島は、愛媛県くらいの大きさで(実感はできませんが)、カナダ独立会議が開催された歴史的で、かつとてもBeautifulで、尚且つロブスターが自慢な島です。
どれどれ...

ちょうど100年前に発表された『赤毛のアン』の著者、L・M・モンゴメリの生家を見学。
まぁ、なんちゅうことないわけですが...、人んち見ても。
モンゴメリ、自殺したという噂です。
牧師の旦那は、死ぬまで鬱だったそうです。

寒いから、今日はテントは生活を止め!
キッチン付きの安いモーテルをなかなか見つけられず。

カレーを作ってたら、火災報知機が鳴ってしまった。
今月二度目なのでもうアワテません。余裕です。
窓を開けて、鳴り終わるのをじっと待つ。

海岸近くにキツネ。

祐子は仕事。

?Internet→モーテルのWi-Fi(無料)

本日の走行距離389.8km(合計14,792.5km/旅の合計69,660.5km)

朝→パン
昼→マクドナルド(ボクはビッグマック。祐子はフィレオ・フィッシュ。これは定番)
夜→カレーライス。ここは北海道と同じ緯度だからかジャガイモの産地なんだけど、ジャガイモを買えず

すね毛が粉を噴く

毎晩、毎朝、テントの中は寒いです。
 
p 2008-09-22 12-37-31.JPG
 
今朝、何気なくタイツをめくったら、すね毛に白い粉がびっしりと付いてました??????


何これっ?


フケみたいのが、すね毛にうじゃうじゃ...
ちょっと触ったら、ぱららららら?っと、白銀の世界。
赤紫色のマットがうっすらと白い粉で覆われてしまった...
タイツの裏を覗けば、掃除機の埃取りの網みたいになってた(そんなもの見たことないけど...)。


すね毛にもフケがあるんですかね?


もしかして病気?


まさか、不潔?


でもタイツは5日しか穿いてないし、寒いから寝てても脱がないけれど...


とりあえず祐子はトイレに行ってるので、内緒にしとこ。


そのままタイツを穿いて、
さぁ、今日も頑張ろう!


2008年09月22日(月)[North Rustico二泊目]

今日は、祐子の誕生日です。

そして結婚十周年危険記念日。
よく頑張ったボクら。

"記念日"を言い訳にして、移動せずモーテルに連泊。
これが、いま一番の贅沢です。

しかも今日は、名物のロブスター、いきます!
 
p 2008-09-22 12-24-36.JPG

アンの家Green Gables(上の写真。緑色の切妻屋根って意味ですね)を見学し、"恋人の小径""お化けの森"を散歩。
小川の水が透明です。
"バター・チャーン・カフェ"でスコーンを、土産屋で絵葉書を買い、郵便局でスタンプを押してもらいました。

夜、州都シャーロットタウンまで走り、祐子はロブスター(Market Price 時価! 1パウンドで30ドルでした)、ボクはホタテを食らい、祐子の誕生日と結婚十周年を祝す。

こ、これからもよろしく!
ダイヤモンドはひとつも買えませんでしたが...


祐子「ケーキは?」


「..................................................................................................................ありません........................」

レストランからの帰路、夜道街灯のない田舎道を30分。
甚だしく寒い。
3度だもん。
寒いはずだわ。

祐子は仕事。

本日の走行距離97.8km(合計14,500.5km/旅の合計69,368.5km)

朝→寝坊したので食べない
昼→プリンス・エドワード島の名物、ロブスター・ロール(ロブスターのサンドウィッチ)
夜→祐子はロブスター(時価!)、ボクはホタテを食らう。

クマを食べるなら子供

u 2008-09-07 15-44-38.JPG

わかりますか? これ↑

02.jpg

大きな脚立のようなものです。

 01.jpg

↑天辺に上って、銃を構えて獲物を待つための脚立です。

オンタリオ州のコンビニエンスストアに、普通に売ってました。
159カナダドルです(約16000円)。
なんとなく安い気がしたけど、どうでしょう。

スクーターで走ってると、オンタリオ州って森が深いなぁって気がします。
獲物、いそうです。
実際、熊、バイソン、エルク、ムースがいます。
アメリカ、カナダからハンティング・ツアーがたくさん出てて、9月からシーズンです。
90パーセント以上の成功率(射殺率っていうのだろうか。ちょと違うか。捕殺率かな?)だそうです。
高い金払って全然殺せなかったじゃん!ってクレームは少ないかもです。

イエローナイフへ向かう途中のインディアン・キャビンで会ったカナダ人は、鹿の子供が美味いと言ってたです。
クマも子供が美味いそうです。

2008年09月23日(火)[North Rustico→夜行フェリー]

朝食に餅を焼いてて、またモーテルの火災報知器を鳴らしてしまった。
祐子、今月三回目。

6号線、7号線、2号線、1号線、23号線を疾走し、フェリー乗り場のWood Islandに出航時間の1時ちょうどに到着。
滑り込みセーフ。
 
p 2008-09-23 10-08-27.JPG
 
↑これって、灯台?
それともトイレ? 小屋?
妙に小さいんだけど...
 
一時間後、Caribou着。
106号線を南へ、104号線を東へ。
ここら辺のご当地バーガー、"マック・ロブスター"を探して、マクドナルドへ。
残念ながらメニューになく、でもその後に見たマクドナルドの看板には、"マック・ロブスター"の文字が!
お店選びの失敗か!
 
日没なるも、本日二度目のフェリー乗り場まで辿り着けず、闇夜を走る。
晩飯に寄ったレストランのウェートレスが
「今日、雨が雪に変わったわよ」
山下達郎みたいな人です。
確かに雪が降るくらいに寒い。
23時30分、North Sydneyからフェリーに乗船。
寸足らずのソファに雑魚寝。
7時間後は、カナダ最東端の島、ニューファンドランド島だ。
 
?Internet→フェリー乗り場は有料(1時間7.5ドル。高いのでネットせず)
 
本日の走行距離409.2km(合計14,909.7km/旅の合計69,777.7km)
 
朝→餅
昼→マクドナルド
夜→人気店(満員だった)のホタテバーガー、祐子はシーフード・チャウダー

今頃、気づいた

 

p 2008-09-20 10-43-04.JPG
午前中に200キロ走れると、午後は楽です。

  ★

で、9月は21日までに、10回。

何の数字かと言えば、昼飯をマクドナルドで食べた回数です。
約5割。
なんだかんだで、マクドナルドが一番安いです。
ボクは、いつもビッグマックのセットです。
祐子は、フィレオフィッシュのセットです。
ポテトフライを食べる時、ぶるぶると手が震えます。
本当です。

寒いからなんですが...


で、そんなに利用しておきながら、今日(2008年9月21日)になって気づいたことがあります。

カナダのマクドナルドは、お店によって値段が違う!


  • ビッグマックが2.01カナダドルだったり、2.41カナダドルだったり...

  • フィレオフィッシュが1.61だったり、2.11だったり...

  • ポテトフライが1.89だったり、2.19だったり...

だからいつも同じものを頼んでいるのに、値段が微妙に違ってたのか!
気づくのが、ちょと遅い...
と反省。


ところで東側では、セットメニューを、"MEAL"と言って注文すると、、


はぁ??


って困った顔をされます。
大西洋に近づくと、"COMBO"でないと通じません。
同じ国なんだから、統一してくださいな。

【追記】ニューファンドランド島では再びMEALで、ボクらはご当地メニューの"マック・ロブスター"を探してます。

2008年09月24日(水)[夜行フェリー→Deer Lake]

早朝、7時下船。
寝れたと言えば寝れたし、まんじりともせんかったと言えば満尻ともせんかったし、疲れたと言えば疲れた。
満尻...
 
そんなフェリーでの一夜を過ごし、カナダ最東端の島、ニューファンドランド島の暗い雲、痛い風、濡れたアスファルトの1号線を北東へ走り出すも、ガソリンが不安で25キロ戻る。
ガソリン注入後、反対方向のフリーウェイに入ったりして、幸先悪し。
前方暗雲。前途多難。
山越えは、厳しい雨、、、、、
 
朝飯を食ってたら、祐子が
「雪、あったね」
えっ? 知らんよ。どこにあった?
「道路にうっすらと積もってたよ。その雪の上をわざわざ走ってたけど...。どうして?」
薄ぼんやりと記憶を辿れば、何気に思い当たる節、、、、、、あるかも...
寒さと肩こりで朦朧として、どうやら雪の上をわざわざ走ってたらしい...
 
レストランでいろんな人が、声をかけてくれて、
「雪があるから、注意して!」
「気をつけて!」
「安全運転を!」
変な親父が、
「Snow is Slow. ガハハハハッ!」
 
 
洒落ですか!
 
マクドナルドで隣りに座ってる女の子のミニスカートが短すぎて、白いパンツが見えます。
 
Deer Lakeのビジター・インフォメーションで力尽き、B&Bへ。
ボクは夕食まで爆睡。
祐子は仕事。
 
?Internet→B&BのWi-Fi(無料)
 
本日の走行距離304.7km(合計15,214.4km/旅の合計70,082.4km)
 
朝→パンケーキ。祐子はフレンチ・トースト
昼→マクドナルド
夜→中華レストラン(ホタテ、ワンタンスープ)

これ、えーなぁ

 
p 2008-09-19 12-24-46.JPG
こんなバイク、あるんですね。
知りませなんだ。
写真の右側の二輪が前です。
わかりますか?

最初2008年9月1日にLake Louiseで見かけて、次に19日にケベック近くで二度目の遭遇をしたとき、てっきり同じ人だと思って、
「この前、ジャスパーのあたりであんたたちを見たよ!」
と話しかけましたが、
.........
 
フランス語で返されました。
さっぱりわかりません...
声かけて、すみません...
 
で、後で写真を見比べたら、違う人だったです。
同じ日の夕方、キャンプしたRiviere du Loupでも三台目を見ました。
 
調べたら、"Can-Am Spyder Roadster"って言うんですね。
航空機・鉄道車両を製造しているカナダのBombardier社製で、180万円くらい。
祐子にも運転できそうだけど、荷物があまり載せられない。
考えちゃうなぁ...。
買わないけど。
 
このBombardier社って、電動自動「一」輪車"EMBRIO"ってもんを2025年までに製品化する予定だそうです。
これも荷物を積めなそうです。
 
 

What's new !

 
写記写記ポリンキーをUP!
 
哀しみのはみ出しチーズ、ほか...
 
 

2008年09月25日(木)[Deer Lake→Glovertown]

祐子の勧めで、祐子のストッキングを穿いてみました。
寒さ対策なんですが、潰れたすね毛って、歪んだ欲望って感じ。
みたいな...

快晴。
けど寒い。
森の中の1号線を走る。
湖。
動物の気配をほとんど感じない...。

比較的大きな街Ganderで宿を探すが、高すぎて諦める(税金込みだと100ドルを超す。 B&Bは空き部屋なし)。
宿を求めて、街を出てさ迷う。
宿を決めたころは、すっかり日没。
1919年建築の古いB&Bで、風情ある浴槽につかる。
ここの親父はよく喋る。

祐子は仕事。

さぁ、明日はゴールの北米最東端だ。

?Internet→B&BのWi-Fi(無料)

本日の走行距離430km(合計15,644.4km/旅の合計70,512.4km)

朝→B&Bの朝食(ベーコンエッグにトースト二枚)
昼→Tim Horton
夜→スーパーのチキンとコールスローサラダ

顔ぐらい拭こうよ

 
p 2008-09-19 15-57-10.JPG
↑よくマクドナルドとかにある、手を乾かす奴です。
下の写真のように、左側の温風吹き出し口を上へ向けて、
 
p 2008-09-19 15-57-29.JPG
 
顔を乾かすそうです。
説明書に書いてあります。
 
まだ一度も顔を乾かしてる人、見たことないです。
 
で、試してみました。
顔、乾きます。
あたりまえか。
 
 

2008年09月19日/カナダ/St. PhilippeからRiviere du Loupへのどこか

 

<黒い相棒>綺麗だしょ/Silver Wing 600 ABS Black

 
u 2008-07-16 8-13-56.JPG
買ったばかりで、光り輝いています。
黒光り。
 
前オーナーは、癌になったので身辺整理しているというピーターです。
5,800ドルを4,900ドルに値切って購入。
ピーターの自宅は、バンクーバー市内を一望する高層マンション。
壁に"夢"の字が飾ってあった。

2008年7月16日/カナダ/バンクーバーにて

2008年09月26日(金)[Glovertown→Petty Harbour]

快晴で暖かい。
やや風強し。
ご機嫌クルージング。

Goobiesのビジター・インフォメーションでGeepに乗ったカナダ人のおっさんと話してたら、ボクらの食べたマクドナルドの袋を見て、
「もっとヘルシーなものを食え!」
と祐子を激しくどついた
ちょとびっくり!
笑顔なんだけどね。

セント・ジョンズは、予想以上の大都会で興ざめ。
寒村だと嬉しかったんだけどね。

夕方、北米最東端のCape Spear(スピアー岬)到着。
バンクーバーから15,981キロ。
ぴったし二ヶ月。
お疲れさまでした、ボクら。

PICT0013.jpg

岬近辺にはキャンプ場もB&Bもなく、宿を探して流れ流れた小さな漁村の宿、奇麗だし広いしキッチンもあるし、予想外にWi-Fiも飛んでるし、早くも連泊の予感。

明日は早起きして、日の出を見よう。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

本日の走行距離337.3km(合計15,981.7km/旅の合計70,849.7km)

朝→B&Bの朝食
昼→マクドナルド
夜→豚肉のカレーライス

痺れ技

 
u 2008-09-01 10-30-31.JPG
2008年9月1日に泊まったアルバータ州のCochraneのキャンプ場は、エレクトリック・フェンスで囲まれていました。
熊対策です。

昔ザンビアで泊まった宿もエレクトリック・フェンスで囲まれてて、これは象対策です。

思えば南アフリカのヨハネスブルクでも、エレクトリック・フェンスに囲まれていました。
でもこれは、人間用。
つまり強盗対策でした。

ヨハネスブルクの黒人は、熊や象より怖かです。
理屈が通じなそうで。
 
 

2008年9月1日/カナダ/Cochrane

<黒い相棒>自慢の一品/Silver Wing 600 ABS Black

 
u 2008-07-26 9-16-08 2007-07-26 9-16-08.JPG
キッチン用品の棚をスクーターの後ろに取り付けました。
22カナダドルと安くすみました。
車体に傷がつかないよう、スポンジを噛ませました。
これにスポーツバッグやリュックを載せてます。
 
自慢の一品でした。
 
 

2008年7月26日/カナダ/バンクーバーにて

2008年09月27日(土)[Petty Harbour二泊目]

5時起床、5時半出発。
弁当を食べながら、スピアー岬で日の出を待つ。

PICT0063.JPG

日の出を撮影後、宿に戻り爆睡。
写真、左手前の黒い塊が祐子です。

午後から、祐子は本格的に仕事。
ボクはお食事の用意をしたり、ネットで遊んだり、祐子の肩をもんだり。

窓の外はカモメ。
小さな漁港。

朝→おにぎりと卵焼きとベーコン
昼→トマトがメインのベーコンのスパゲティ
夜→ベーコンがメインのトマトのスパゲティ

肉眼では遅いのだよ

 

2008年9月27日、早朝5時起きして、北米最東端のスピアー岬から日の出を撮影しました。
 
この太陽の下、ボクらから600キロ離れた深海に船が沈んでいます。
100年以上前の1912年4月のお話をひとつ...
 
  
ある客船が双眼鏡のロッカーの鍵を忘れて、イギリスのサウサンプトンからアメリカのニューヨークへ出航しました。
鍵を一個忘れただけで、1,500人以上が死んだ悲惨な実話です。
 
双眼鏡が使えないので肉眼で見張りをするんですが、それだと氷山がよく見えません。
発見が遅れます。
実際見張りが氷山を見つけるのですが、すでに回避が間に合わず、衝突。
船はあっけなく沈没してしまいました。
あのタイタニック号です。
 
運が悪い事に、船首なら4区画の破損までは沈まないのに...
 
 
5区画の破損...
 
運が悪い事に、すぐそばにいた貨物船の通信士は...
 
 
寝てました...
 
細野晴臣の祖父が乗っていたそうです。
タイタニック号の実質上のオーナーは、昨日、破綻したワシントン・ミューチュアル(WaMu)を買収したJPモルガン・チェースの"J・P・モーガン"です。
ご活躍です。
 
 
タイタニック号の沈没は、J・P・モーガンの陰謀説や(彼は直前にキャンセルしたから)、船長の急ぎすぎ(航海の最短時間記録を狙っていた)がありますが、ボクは"双眼鏡の鍵を忘れてしまった"説が好きです。
物事はすべからく単純なもんですよ、富さん。
 
 

2008年9月27日/カナダ/北米最東端のスピアー岬

<黒い相棒>やらせ/Silver Wing 600 ABS Black

 
p 2008-07-31 14-08-39.JPG
まるで森の中から出てきた風の写真ですが、嘘です。
"演出"です。
この道は走っていません。
走りたいなぁ...って思ってSilver Wingをそれらしく停めてみたりしただけです。
 
 
森を前にすると、奥で暮らしてみたいもんだと...
湖か河を見降ろせたらいいな、と...
ときどき熊が通るといいな、と...
でもネットができないと困るぞ、と...
埒もないことを。
 
山は雲より高く。
森は裾に広がる。
 

2008年07月31日/カナダ/HazeltonからStewartへ

<黒い相棒>氷河を走る/Silver Wing 600 ABS Black

 
p 2008-08-01 18-23-24.JPG
まるで氷河を走って来たかのような一枚。
そうでもないか...
 
   ★
 
いまこのブログをアップしているのは、カナダ最東端のニューファンドランド島です。
そろそろ"相棒"を売らなくちゃなりません。
とりあえずネットでは、
 
kijiji
  ↓
一番近い都市Halifax、項目をMotorcycleにして探します。 
  ↓
なぜか車もあったりしますが、眺めてると勉強になります。

前オーナーの文章をちょと修正
2005 HONDA Silver Wing 600cc ABS scooter
2005 silver wing 600 cc scooter, black with silver trim, model fsc600 ABS (antilock brake system model), advanced fuel injection system, good condition, 24,000 kms on odometer, great mileage, there are some scratchs, comes with Tire Repair & CO2Inflation Kit.
4,000ドル
 
ところで、どうやってサイトにアップしたらいいのだろう?
 
 

2008年08月01日/カナダ/サーモン氷河

<旅道具>金網

 
u 2008-07-26 18-56-14 2007-07-26 18-56-14.JPG
やっぱりステーキは網で焼きたいのです。
フライパンだと汁が溜まってイマイチなんでね、で、写真のようなことしてみました。
これっきりしてしてませんが...

実はこの金網、ほとんど使わなくなりました。
新しい二段重ねを買ったので...
 
タイトルの"旅道具"って言葉は、やすくんのHPから拝借しました。
やすくん貸してください。
 
 

2008年07月26日/Lytton(B.C.州)にて

2008年09月28日(日)[Petty Harbour三泊目]

快晴の小さな漁港。

祐子は終日仕事。
ボクは、読書とネットと昼寝。

Halifaxの個人売買のネットに、スクーターを4,000ドルで掲載する。
売れるかな。
カナダはこれから雪なんだけど...

カモメと釣り人。
静かな一日だ。

朝→フレンチトースト
昼→うどん
夜→親子丼と味噌汁

影を慕いて

 
p 2008-07-27 14-08-43.JPG
アメリカとかカナダとかって、影絵がお好きなようです。
ここはカナダのLyttonという地味な町の消防署です。
っというより、村の消防団ですかね。
町のあちこちに影絵が描かれてます。
ほのぼのと楽しいところです。
予算は少なくても、観光化に向けて頑張ってますよね。
 
アメリカの農場地帯を走ると、鉄板を切り抜いた、立体影絵をよく見かけます。
さすがアメリカ!
ちょっとレベルが高いです。
 
東川で作ってみようかな...
 
 

2008年07月27日/Lytton(B.C.州)にて

電脳キャンピング

 
u 2008-07-29 19-24-19.JPG
普通は電源のない安いテントサイトを借りてます。
でも時々無料のコンセントが傍にあります。
ささやかな幸せです。
そうすると写真のように、延長コードをテントの中に引っ張り込んでます。
デジカメの充電をしたり、パソコンを使います。
Wi-Fiが飛んでれば、ネットができます。
高速インターネットだと、YOUTUBEが普通に観れちゃったりします。
 
 
あとテントの中にパソコン机があれば最高です。
 
 
アメリカの国立公園の中のキャンプ場は、あまり電源がありません。
トイレで充電する人もいますが、パソコンは盗まれそうで不安です。
で、昔ボクらは、管理人の事務所に充電を頼んでみました。
けっこう充電してくれます。
 
 

2008年07月29日/Burns Lake(B.C.州)にて

ニューファンドランド島へのフェリー

カナダ最北端の島、ニューファンドランド犬のふるさと、ニューファンドランド島(北海道の五割増しの面積)へのフェリーは二航路あります。
 
 
★行きはこちらに乗りました。
急いで乗船して、長いソファを奪いましょう。
バイクは先頭です。

North Sydney出航 → Port aux Basques着
出発日9/22,23,26の場合
11:30 → (5.5時間)
23:30 → (7時間)
出発日9/24,25,27の場合
09:00 → (5.5時間)
15:00 → (5.5時間)
23:30 → (7時間)
【料金】35.76カナダドル(一人片道/Tax込み)
51.40カナダドル(バイク片道/Tax込み)

★脱出はこちらに乗りました。
バイクの乗船は最後です。
床に寝ましょう。

Argentina出航 → North Sydney着
02:30 → 19:30 (17時間)
週一便月曜日
【料金】100.24カナダドル(一人片道/Tax込み)
104.08カナダドル(バイク片道/Tax込み)

<旅道具>金網二段重ねと剛球ストーブ

 
p 2008-08-05 13-28-30.JPG
ストーブは、MSRのインターナショナルっていう奴です。
本当はドラゴンフライを買うつもりだったんだけど、間違えて買っちゃいました。
しかもずいぶん長い間、違う商品と気付かないで使ってました。
どうりで弱火なならないわけや...
インターナショナルの火って剛球一直線のみなので、ご飯を炊くとき、弱火にならず苦労します。
 
写真は、そんな悩みを解決してくれる、二段組みに組み立てられる金網です。
ストーブの強すぎる火力を、これでセーブします。
 
そうすると、朝、トーストが焼けます。
 
しかも夜、ご飯を焚くとき、楽です。
 
けっこう重宝してます。
MSRのインターナショナルを持ち歩くなら、必需品...
みたいな。
 

2008年08月05日/ホワイトホースにて

死の臭いがします〈北米編〉

 
p 2008-08-11 18-13-19.JPG
カナダやアメリカをスクーターでちんたら走っていると、ときどき"死の臭い"を嗅ぎます。
それは影の薄い奴や運の悪い奴を指差して、長くないねアイツ...といった近未来予測ものとは違くて、"死体の臭い"です。
だから腐臭ですね。

珍鱈ーっとスクーターをとばしていると、なんて言ったらいいのかわかりませんが、なんだろ? 鉄分の臭い? 血の臭い? 肉が腐ってるんならもっと刺激的な気がするし、絶対に駄目!って強烈さはなくて、あれー、くさいわぁっ、何なのこれっっくんくんって感じ...の臭いです。
ちょっとだけ臭いとともあたりの温度が上昇してる気もします。
発酵元の動物の死体を超えたら、すーっと臭いがしなくなります。
そんなに嫌悪するほど強烈ではないけれど、その場で深呼吸できるほど馴れ馴れしくはなれません。
そんな臭いです。

ボクらはスクーターだからいいけれど、坪井さんにはキツかったそうです。
なんせ坪井さん、アメリカ大陸を自分の足で走ってたから...
死体に近づくずいぶん前から臭い始め、死体を通り過ぎてもずーっと後までくさかったそうです。
ご苦労様です。

死臭は、運次第では毎日嗅げます。
それほど、カナダ、アメリカは動物の死体がごろごろ転がってます。

小さい奴だと、リス。
何度も車に轢かれて、すっかりいい具合になめされた皮が、たくさん落ちてます。
Yellowstone国立公園から、Grand Teton、Codyへ向かう道は、手袋屋さんが開けますよ。
マジです。

ボクらが見た大物死体は、2005年9月30日にモニュメント・バレーで見た馬。
これは前の車が轢いたばかりのほやほやでした。
だから臭くなかったです。
もし一台前を走ってたら、ボクらが轢いていたと思います。
で、たぶん死んでたのはボクら...
そして2005年9月10日は、プロングホーンと思われる鹿。
道路の真ん中に、腸とかが生々しく、内蔵がどっさりとはみ出てました。
でろりとした腸なんかを轢いてしまってたら、滑って転倒し、ボクらは死んでたでしょう...
最近では、上の写真のバイソン。
脳漿が見えとりました。
 
 

2008年08月11日/カナダ/RancheriaからToad Riverへ

2008年09月29日(月)[Petty Harbour→夜行フェリー]

朝一にメールをチェックすると、スクーターの"売ります"の件、早速お返事が来ました。
英文に意味不明な箇所があり、バンクーバーのタツヘイ氏へ相談仕り候。

小さな漁港は霧。
そして雨。
スピア岬は濃霧。
北大西洋は、霧でほとんど見えず。
おにぎりを食べたいが、雨のため叶わず。
しかたなく得意のマクドナルドへ。

生気のない背の低い森へ伸びる濡れた道をほとんど誰にも追い越されず、すれ違わず。
夕方、Argentiaのフェリー乗り場へ到着。
待合室でおにぎりを食べて、ひたすら本を読んで時間を潰す。
午前2時半という非常識な出港時間は、遅れて4時出港。
疲れきって乗船し、床にマットを敷いて爆睡。
しようとしてたら船内放送が...
 
床に寝るなっ!
 
 
 
 
無理です。
床に寝ます。
静かなフェリーの揺れに、スクーターが倒れないだろうかと心配しつつ...

司馬遼太郎『軍師二人』読み終える。
やっぱ折衷案というのは、よくないのだ。
昔、読んだ本なのに、ほとんど覚えていなかったのは、これ幸い。

本日の走行距離180km(合計16,161.7km/旅の合計71,029.7km)

朝→パン、昨夜の残りの親子丼、卵焼き
昼→マクドナルド
夜→おにぎり

2008年09月30日(火)[夜行フェリー→North Sydney]

17時半着予定が、遅れに遅れて21時半。
ボクは本を読んで寝て、祐子は映画を四本。
North Sydneyの港は闇。
しかも雨。
キャンプを諦め、モーテルへ。

なぜ老人は、深夜のTim Hortonsに集まるのだ。

ジェフリー・アーチャー『十一番目の戒律』
面白いじゃないですか、ジェフリー!
読みたいぞ『百万ドルを取り返せ』。

祐子、仕事。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

本日の走行距離10.2km(合計16,171.9km/旅の合計71,039.9km)

朝→パン一枚とバナナ
昼→食べない
夜→Tim Hortonsでサンドウィッチとドーナツ。スープがチキンヌードルしかなかったので、悲しい

2008年10月01日(水)[North Sydney→Halifax]

125号線→4号線→104号線と疾走。
寒。
Port Hawkesburyのガソリンスタンドのおばさんが、ボクらのスクーターに興味津津です。
Silver Wingの写真を撮って、売り込みに協力してくれると言ってます。
まず同僚に訊いてくるわって、奥へ走って行った。
 
 
 
 
 
 
戻って来て笑顔で、
「彼女、お金がないって!」
まぁ、そうだわね。そんな簡単には売れないわね。
4,000ドルだからねぇ。
それにしても、なんてやさしい人なんだ。
いや、何を考えているんだ?
でもでもグロリア、期待してます。

今日は寒いし祐子は仕事だしで、キャンプになれじ。
キャビンにて御免仕り候。
ネットの"売ります・買います"に問い合わせてくれた人へ返信メールを出す。
「ハリファックスに着きました。スクーターを見にきてください」
早く見にきて買ってください。
冬になっちゃいます。

祐子は仕事。
久しぶりに洗濯。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料)

本日の走行距離469.4km(合計16,641.3km/旅の合計71,509.3km)

朝→食べない
昼→マクドナルドで、念願のご当地バーガーの"マック・ロブスター"を食す。微妙
夜→キャビンのバーベキューコンロを借りて自炊。トムヤムクン味のチキンスープ

2008年10月02日(木)[Halifax二泊目]

紅葉を前にして、なにか心弾まぬのだよ。
 
朝から泣きだしそうな空のせいだろうか。
午後には泣きだして、すいぶん泣かれたし。
でも洗車しなくてよかった。
 
昨夜に引き続き洗濯したいけど、洗剤が切れたのが不愉快なのか...
さすればっと洗剤を買いに疾走すれば、一番小さくても1.1キロもありよるし...
大きすぎるお。
心も重くなる。
 
結局スクーターが売れないと、心が晴れそうにない。
 
Silver Wingを買ってくれそうなTrevor氏とメールのやりとり。
Trevor氏)タイヤの状態は?
我が家)後輪はすり減ってます。すみません。で、前輪は交換したことなかとです。
Trevor氏)Silver Wingは、ノヴァ・スコシア州で売買できる登録になってますか?
我が家)げげっ...。なってませんがな...

我が家)あのぉ明日、会って愛車を見てくれませんか?(つべこべ言わず見てくれよ!)
Trevor氏)明日とは、そりゃまた急ですね。月曜日にしてくれませんか。
我が家)ボクらは焦ってるんですお。だもんで、迷惑でなかったら、土曜日にお宅に行きますけど。
 
130キロくらい離れてるんですよね、彼の家。なんでそんなに遠いの...

 
Trevor氏)やっぱり月曜日にしてください。
我が家)ちっ
 
 
もし最悪Silver Wingが売れ残ったら、最終手段としてバンクーバーまで持ち帰ろうかと、だども運転は疲れるから、鉄道輸送も考慮してWeb検索したりする。
でも、英語のWebで調べものっていうのは、逆に調べものが増えるだけです。
で、見つけた運送会社がこれ↓
 
TFX International

どこだよ見積もりは、、、、あっここか↓、デザインするからわかりにくいのだよ、君。
 
Free Quote(見積もり)は→
 
唸る祐子。
なんだかんだで見積もり依頼をWebでポチッっと。
 
祐子は仕事。
ボクは夜から仕事。
 
?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料)

本日の走行距離22.6km(合計16,663.9km/旅の合計71,531.9km)

朝→パンと桃
昼→インスタントラーメン"出前一丁"のXO醤海鮮麺って、初見だ
夜→ステーキ。ピーマンのとろーり焼き

屋根があるだけまし

 
R0012566.JPG
雨の日。
やたら寒い日。
キャンプは勘弁したい。
でもモーテルは高くて泊まれない。
 
どこかに粗末な小屋でもないだろうか。
贅沢言いません。
屋根があれば結構です。
壁も欲しいけど...
 
そんなとき、キャンプ場のKOAならば、キャビンです。奥様。
山小屋です、要するに。
 
2008年10月1日、恐る恐るキャビンに泊まってみました。
トイレ・シャワーなし。
外の入り口横にバーベキューコンロ、二人掛け用のブランコ付き。
小さな電気ストーブ。
ダブルベッドと二段ベッド、釘打ちされた小さな机、幅一メートルくらいの尻が痛くなる木製椅子。
布団類はないので、自分の寝袋で寝なくてはなりません。
 
これが主要設備です。
で、55ドル(税別。Wi-Fiは無料)。
高いよなぁ?
 
それにしても天井の40ワットの電球、暗いです。
 
 

2008年10月1日/ハリファックスのKOAにて

死の臭いがします〈南米編〉

 
2007-04-04p019.JPG
南米では、犬。
死んでます。
 
彼ら、バイクや車に突撃するのが趣味だから当然なんです。
自爆しまくってます。
"犬死に"してます。
兵ライダーは、返り討ちにして轢き殺すこともあります。
ボクは、犬の気迫に負けてます.。
 
2006年12月09日、ボリビアのHuariからウユニへ走ってたとき挑んできた犬、あなたのことは一生忘れられません。
あなた、スクーターの速さを考慮して、ずいぶん遠くから斜めに走り、みごとに前輪の前に躍り出ましたね。
完璧な攻撃です。
ボクが死ぬかと思いました。
 
ちなみに、祐子はメキシコで犬に噛まれてます...。
 
で、話を死臭に戻すと、犬以外では、パタゴニア地方のグアナコ。
2007年04月04日、アルゼンチンのPuerto San JulianからCaleta Oliviaへの道で、ごろごろ死んでました。
交通事故です。
でも不思議なもので、パタゴニアの死体は匂いませんでした。
 
上の写真は、動けなくなったグアナコ。
悲しげな瞬きだけ...
 
そういえばカナダでは、亀の死体が転がってました。二匹。
けっこう大きくて赤い血が出てたので、スイカが二つに割れてるように見えました。
野生の亀だったんだろうか?
人家のない山道のことです。
 
 

2007年04月04日/アルゼンチン/Puerto San JulianからCaleta Oliviaへ

2008年10月03日(金)[Halifax三泊目]

秋晴れ。
二人で朝から仕事。
NHKの執筆

延泊申込で、割引交渉。
食糧買出し。
部屋の電球を150ワットに替える。
暗い我が家が明るくなった。

夜、雨。
洗車しなくて幸い。

?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料)

本日の走行距離22.7km(合計16,686.8km/旅の合計71,554.6km)

朝→ドーナツと桃
昼→湖のほとりで朝飯の残りのドーナッツ
夜→チキンでタイカレー

焼きそばください

 
u 2008-08-04 18-51-31.JPG
海外旅行で役に立つ単語。
 
Chow-mein
 
焼きそばのことです。
ギアナ三国のフランス領ギアナで食べた焼きそばが忘れられません。
 
中華レストランに入るとラーメンが食べたいのですが、メニューにありません。
何度かお店で、
「汁のあるヌードルある? スープ・ヌードルとか言うでしょ? ラーメンだよラーメン」
とか言ってみたのですが、通じた試しがありません。
妥協してChow-meinを注文してます。 
汁物の麺を食べたいなら、ベトナムレストランのフォーになります。 
 
カナダのスーパーでは、インスタントラーメンはスープコーナーにあります。
ときどき写真のインスタントラーメンを見ます。
すぐ買っちゃいます。
 
 

知らない鳥


p 2008-08-10 15-53-28.JPG
鳥の名前はさっぱりわかりません。
どうやって調べたらいいのでしょう。

2008年08月10日/ホワイトホースの手前の美味しいベーカリーの庭

2008年10月04日(土)[Halifax四泊目]

二人とも、朝から仕事。
トイレに入ってたら、ドアを開けられた。
負けるな俺。
 
小春日和。
 
?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料) 
 
朝→ドーナツ、パン、梨
昼→インスタントラーメン(出前一丁のみそ味)
夜→豚肉のカレー

<黒い相棒>干せます/Silver Wing 600 ABS Black

 
p 2008-07-30 19-36-19.JPG
ジャケットやら靴下やら、いろいろと干したりしてます。
いー陽気だなぁ...
毎日こんなだったら、どんなに嬉しいことでしょう。
 
 

2008年07月30日/Hazeltonにて

ホッキョクグマを南極で飼う


u 2008-08-17 12-17-15.JPG
ホッキョクグマ。
南極にはいません。
けど昔、南極で生息させる実験をしたそうです。
けっこうイケるらしいです。
体長220?280センチで体重250?500キロ。
旭山動物園での1日分の食事は、馬肉が9キロとオオナゴが2.5キロ。
実は、アザラシ一頭で半年は持つそうです。
餌、与えすぎじゃないですかね。
 
ちなみに、ホッキョクグマの肝臓は食べたら死にます。
イヌイットも食べません。
 
お尻がでれんと大きい女性を、"シロクマ"と呼んだりもします。
 
 

2008年08月17日/カナダ/イエローナイフへ向かう途中

ハサミの迷い

 
PICT0002.JPG
ナイアガラの滝のアトラクションのひとつに、滝の裏側を見るというのがあります。
水しぶきで濡れるため、ぺらぺらのビニール合羽が貰えます。
あまりにも安っぽいので普通は出口のゴミ箱に捨てますが、ボクらは旅人性貧乏病なので後生大事に持ち歩いています。
今日、やっと活躍の場をみつけました。
祐子の床屋です。
彼女もすっかり上手になりまして、ハサミに迷いがありません。
バリカンの歯が追い付かないほどの大胆さで、ガーガー刈り上げます。
これを床上手と言ったりします。
 
おかげ様ですっきりしました。
壁には、誂えたかのようにチリトリと箒が立てかけてあります。
合羽をよく見ると、CANADA NIAGARA FALLSの文字が、そして滝のイラストが印刷されています。
 
 

2008年10月05日/カナダ/ハリファックスのKOAのキャビン内にて

2008年10月05日(日)[Halifax五泊目]

秋冷のみぎり。
 
10時から、二人とも仕事。
午後、洗車。
明日、Silver Wingのお披露目(ご商談会)だから綺麗にしてあげたい。

祐子の床屋で、久しぶりにすっきりした。
 
?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料) 
 
朝→ドーナツ、パン、桃
昼→BLTサンドウィッチのL抜き
夜→トマト(四つ切)とベーコンのスパゲティ。最近得意です

<2008年9月の決算>支出333,610円!

 
p 2008-10-01 12-27-16.JPG
2008年9月の家計簿をまとめました。

支出333,610円!
一日平均11,120円(二人でね)
 
目標の4,000円...
は、無理だとしても使いすぎです。
 
赤字です。
寒い寒いと言い訳してレストラン入ったりモーテルに泊まっていたから、ある意味当然です。
反省の余地、腐るほどあります。
 
内訳を金額の高い順に並べると、
 
一位【宿泊費】?128,064
→なんだかんだとモーテルに泊まったからなぁ...
 
二位【飲食】?77,101
→祐子の誕生日とかあったしなぁ...
 
三位【ガソリン】?62,452
→これはまぁ仕方ないかと、世界的な原油高だったし...
 
四位【交通費】?52,649
→フェリーに4回も乗ったからねぇ...、普通交通費はゼロだからねぇ...
 
平均的な9月の一日というのは、
2,082円走り(ガソリン代)、2,570円分の飯を食い、4,269円で泊まり、交通費に1,755円、ネット代で18円、あとは雑費427円。
 
それにしてもカナダ、物価が高いなぁ。
 
過去の金銭出納帳については→
 
 

2008年10月1日/ハリファックスの紅葉

カモかも

 
PICT0012.JPG
そろそろ鍋の季節です。
カナダでは、ときどき白菜が売ってます。
先日は、チキンスープに入れて食べました。
シイタケやシラタキ、あるいは豆腐でもあると、鍋が食べられそうです。
そういえば、豆腐もたまに売ってます。
あとは鴨だけだ。
 
ちなみに、マガモを家禽化するとアヒルでしたね。
 
 

2008年10月03日/カナダ/ハリファックスの小さな湖にて

2008年10月06日(月)[Halifax六泊目]

Silver Wingを売り込みに、72キロ離れたNew Minusへドライブ。
マクドナルドで昼を食べ、営業トークを練習をして、待ち合わせのTim HortonsでTrevor & Mary夫妻と対面。
満面の笑顔で、愛車Silver Wingの売り込みに全力投球。
返事は夕方のメールでと約束して、商談は終了。
さて...

キャビンに戻り、お礼とともに
There is no hurry about it.
とメールしたら、この日は返事が来なかった。
 
祐子、遅くまで仕事。
 
もしかして世界恐慌ですか?
 
?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料) 

本日の走行距離162.5km(合計16,849.3km/旅の総合計71,717.1km)
 
朝→パン、桃
昼→マクドナルド
夜→ステーキとピーマンのやわらか焼き

モーターホームを借りようとしてみた<その一>

 
R0012592.JPG
モーターホームを借りようとしてみた。
これから世界恐慌かもしれないのに...
部屋はこんな感じです。
子供はいません。
 
compact_rv_diagram.jpg
で、見積もってもらうと、
 

一日82ドル→一週間借りて、574ドル
1キロ走ると32セント→モントリオールまで1110キロだから、355ドル
モントリオールで乗り捨てすると375ドル(普通は750ドル。シーズンオフなので半額)

これを合計すると、
 
1,304ドル
一日187ドル

やっぱ、高いなぁ?。
 
モーターホームを借りようとしてみた<その二>へ続きます。
 
 

モーターホームを借りようとしてみた<その二>

よく考えると、前回のモーターホームはボクらには大きすぎます。
もっと小さいので十分です。
Webを探してみると、
こんなのがあって、
 
http://canada-motorhome-rental.com/?c=14714020&a=741520660

cheap motorhome rental をクリックしてみた。

ほうら、あった2berthタイプ。
1362_0.jpg 
車内は、
1362_1.jpg
悪くないジャン。
この車を見積もると、
一日35ドル。一週間で245ドル。
トロントに乗り捨てすると900ドルもかかるので、乗り捨ては中止。
一キロ走るごとに(Additional Kms)34セント→1110キロ走ったとして345ドル(500以上は32セント、1000キロ以上は31セント)
あといろいろ書いてあるけど、面倒くさいから読むのはやめて、

だいたい1週間で7万円くらい
1000キロを往復して、10万円かぁ...

 
なるほどねぇ...
行きたいのはアルゴンキンパークで1600キロあるから、13万円以上かかりそうだ。 
 
だけどまてよ。
トロント乗り捨てにすると、片道1670キロだから走行料金は518ドル。
車が1週間で245ドル。
乗り捨てが900ドル。
合計すると1663ドル。

35000円くらいの差額かぁ...
微妙だす。
キッチンと冷蔵庫があるから、1週間まるまる自炊して経費節減できるんだけど。
よーく考えよう。
明日、世界恐慌かもしれないのだから...
 
あっ、Minimum rental period is 14 daysって書いてあった。
ダメじゃん。
 
 

大小便はあきまへん

 
p 2008-08-12 0-03-12.JPG
カナダもアメリカもモーターホーム(トラベルトレーラー、キャンピングトレーラー)で旅行する人たちばかりで、最近の北米人ってだらしないなぁ...。
彼らをそうな風に見てました。
で、上は1934年の写真です。
昔からだったんですね。このスタイル。
失礼しました。
 
実際、北米では国立公園を除けば、テントを張ってる人ってあまりいません。
だからキャンプ場じゃなくてRVパークと呼ばれてます。
ちょっと緑の多いバスの駐車場です。
キャンプを断られることもあります。
アメリカで一度断られてます(モーターホームの料金を払えば、アスファルトの上にテントを張ってもいいと言われたけど。結構ですわ。他を探しますわ)。
2008年09月04日、カナダのSaskatoonという町では、トイレがありませんでした。
静かな拒絶です。

2008年09月07日の晩、Ignaceという町のキャンプ場で、モーターホームを借りましたことがあります。
車両が付いてないので、動きません。
一泊75ドルで、シャワーは故障中。
トイレは使えます。水洗です。
ボロッちかったけど、広くて快適でした。
お金さえあれば、すぐにモーターホームを買いに行きました。即効で。
彼らの気持ち、よくわかりました。
仲間になりたいです。
 
 

2008年10月07日(火)[Halifax七泊目]

朝一で、メールをチェックすると、Trevorからの返信が来てました。
Silver Wingが売れますように!
秋の空に祈願して、恐る恐るメールを開くと、
 
 
 
 
 
yoship

の一行だけ。
謎のメールです。
Resend me your e-meil.
と返信しとく。
たぶんパソコンの操作を間違ったんでしょうね。
その後二、三回のやりとりがあって、4000ドルを3000ドルに値切られて、3400ドルで再交渉して、3200ドルで合意しました。
やれやれ。
冬に間に合ったし、保険が切れる前でヨカッタ。

アメリカをレンタカーで走れるか(値段的にね)、検討。
 
?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料) 
 
朝→パン、桃
昼→スパゲティ
夜→レトルト食品の焼魚と野菜炒め

小便だったら

 
u 2008-08-04 13-20-30.JPG
2008年08月04日、Watson LakeからTeslinへの道すがらに寄ったレストランのトイレの張り紙です。
これって、どういう意味ですかね。
 

野郎ども 
小便なら、ほっときな!
う〇ちだったら、流しちまえ!

↑このボクの訳だと、小便は流さないでください。
ってことになっちゃって、変ですよね。
 
誰か教えてくれませんか。
 
ちなみにここのハンバーガーは、マクドナルドのビッグマックより美味しかったです。
これ、ハンバーガー界では最高の褒め言葉です。
 
 

長けりゃ


R0012603.jpg
上の番号は、モーテルのWi-Fiのパスワードです。
長過ぎ!
それよりおばちゃん、電波届かないんだけど...。
 
 

2008年10月08日/カナダ/Kentville