|  Top  |  Menu  | 

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年01月01日(火)[ペンション園田十五泊目]

正月早々、Windows機が重体。

RIMG0217.JPG

ファンの故障で、この暑さに耐えきれなかった。
HDを守るため、帰国するまでWindows機は封印。
LANケーブルをMacへ接続しても、ネット上で日本語入力できない事が多々あり、早期解決を望むよ祐子。

昨日のお餅でお雑煮。

勝ち抜き卓球大会。
ロンゲのナオト君が優勝したので、翌日ご褒美のカレーを作ることになってしまった。
ちなみにボクは準優勝。

【本日のお食事】
朝→お雑煮
昼→カレーライス
夜→お餅

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月02日(水)[ペンション園田十六泊目]

卓球。

宿の若旦那↓

PICT0006.JPG

【本日のお食事】
朝→
昼→お餅
夜→シェアカレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月03日(木)[ペンション園田十七泊目]

卓球。
檀一雄『火宅の人』を読み終え、彼の凄まじき旅に真似したくもあり、したくなくもあり。
愛人とは面倒なものと見つけたり。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→オムライス
夜→レストランSHIROSAWAで食べ放題→次回はラーメンに挑戦したい!

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月04日(金)[ペンション園田十八泊目]

パラグアイの自動車運転免許を取得するため(パラグアイの免許証はブラジルでも有効だと、はじめ君の力説にのせられた)、病院へ出かけるが、来院時間が遅いと言われ、しかしそれはロンゲのナオト君が受付は11時までだと言うから、それでも10時ちょい過ぎに着いたのにもう駄目なのかいって思いながらも口にせず、追い返される。

農協のスーパーが年始の仕事始めなので、食料買い出し。

卓球。

新野剛志『八月のマルクス』を読み終え、ハードボイルドな日本人って、ただひたすら不気味だ。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→レストランSHIRASAWAのラーメン→このラーメンはどうかと思う。
夜→カレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月05日(土)[ペンション園田十九泊目]

卓球。

今宵はお好み焼き大会なので、みずえちゃんがマヨネーズ作りに勤しむ。
ボクとタイスケ君で豚肉を薄く切り、誰の発案かお好み焼きに餅を入れる。
はじめ君推薦の納豆味がなかなか美味しい。

【本日のお食事】
朝→インスタントラーメン
昼→スパゲティ・ナポリタン
夜→ホットプレートを借りて、お好み焼き

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月06日(日)[ペンション園田二〇泊目]

松本清張『影の車』

夜は、再び焼き鳥に挑戦し、賑やかにアサード。

RIMG0246.JPG

近所のパラグアイ人の女の子、18歳と15歳をゲストに迎え、狂気のサンバを踊るのりさん。

RIMG0253.JPG

今月オープンする壱番さんのカラオケスナックについて、店内レイアウトを考える。

祐子、ペンション園田のコテージ案作り。

駐車場奥の敷地を上から見て、左が二棟案(キッチン共同)。右が一棟案↓

RIMG0235.JPG

二棟案。
玄関なし。ベランダが入り口↓

RIMG0239.JPG

二棟案の一階フロア。中央が共同キッチン。
蛍光ペン部に二階があり、他は吹き抜け。
図面下側のストライプ線は、ウッドデッキ↓

RIMG0236.JPG

二階フロア↓

RIMG0238.JPG

一棟案。
ベランダが入り口↓

RIMG0242.JPG

一棟案の一階フロア。
手前に茅葺き屋根の東屋あり↓

RIMG0240.JPG

一棟案の二階フロア↓

RIMG0241.JPG

【本日のお食事】
朝→納豆
昼→餅
夜→アサードと焼き鳥

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月07日(月)[ペンション園田二十一泊目]

パラグアイの自動車運転免許証取得のため、タイスケ君と再び病院へ行き採血される。
検査結果に“positive”とあり、いつの間にエイズに!っと、滝のような冷や汗を流し、不安で倒れかけながらよく読めば、血液型がrhプラスって事だった。
縮んだ…。
結局、血液検査は血液型を調べただけで、何の意味があるのか、パラグアイよ。
事故ったときに血液型がわかればそりゃ便利だけど、なんだか浅くないかい。
それより運転の練習の方が大切じゃないのか?

壱番さんの太鼓工房見学。

PICT0005.JPG

木を刳り貫く↓

PICT0026.JPG

かき氷を食う↓

RIMG0282.JPG

昨夜の残りの肉を一口大に切り分けて焼き、ニンニクを摺って焼き肉のタレを作り、錦糸卵を焼き、ひき肉を甘辛く炒め、ゆきちゃんは野菜を炒め、のりさんが炊飯器を抱え、居酒屋へ参上したのは夜。
12歳で移民した中島氏へあすかちゃんから預かった手紙を渡し、猟銃と一発二ドルの短銃とビールの夜は更けた。

【本日のお食事】
朝→
昼→スパゲティ
夜→居酒屋に持ち込んだつまみ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月08日(火)[イグアス移住区→エンカルナシオン]

朝一、自転車を飛ばして役所へ。
運転免許証を交付される。
バイクと車の免許証はそれぞれ別カードになり、倍の料金を払い、損した。

みっちゃんとキスした大胆なタイスケ君を見送る。

PICT0008.JPG

はじめ君が車で、キロメトロ30へ送ってくれ助かった。
バスに乗り換え、エンカルナシオンへ移動。

エンカルナシオンの準日本人宿“ヘルマノ”。
奥さんが熊本系の日系二世なのだ。

この街は暑過ぎる。
エアコンなしの安部屋では、朝までほとんど眠れず。

【本日のお食事】
朝→お餅(カビが生えてたのは捨てた)
昼→なし
夜→日本食レストラン“ヒロシマ”で、ラーメン(麺はインスタント。スープは胡椒多すぎ)。祐子は、寿司より高い“ヒロシマ定食”

2008年01月09日(水)[エンカルナシオン二泊目]

YAMAHAに似てる↓

PICT0003.JPG

日本で働け↓

PICT0030.JPG

ブラジルのビザを取りに、ブラジル領事館へ。
11時、ビザを取得。

夕陽が沈む。対岸はアルゼンチン↓

PICT0023.JPG

川でバイクを洗うカップルたち。
リリとマルタにマテ茶をご馳走になった↓

PICT0013.JPG

外で夕涼みしながら読書。

とにかく暑い。
朝方までほとんど眠れず。

★★★パラグアイのラーメン情報★★★

●イグアス移住区“シロサワ”【総合三位】
→麺、太くてブツブツ。駄目だめ。
スープは何系だかわからない。意味不明。

●エンカルナシオン“ヒロシマ”【総合二位】
→麺は潔くインスタント。でもこれが一番ましだった。
スープは胡椒が強過ぎ。

●エンカルナシオン“アジサイ”【総合一位】
→麺に力なし。“シロサワ”より細いだけマシ。その程度。
スープは一番ラーメンっぽい。コーンが多くてとても嬉しい。モヤシも爽やかに活躍。

★今となれば、アスンシオンのレストラン“スキヤキ”で、ラーメンを食べなかったのが悔やまれる。

【本日のお食事】
朝→パン、ドーナツ
昼→日本食レストラン“アジサイ”で、ラーメン(コーンが多くて嬉しい。麺は駄目だめ)。祐子はソーメン、お稲荷さん(薄味だけど悪くなし)
夜→日本食レストラン“ヒロシマ”で、すりゴマトンカツ(合格点!)

2008年01月10日(木)[エンカルナシオン三泊目]

パラグアイ唯一の遺跡、トリニダー遺跡へ観光する。

バスを待つ同胞↓

PICT0002.JPG

ラ・パスの市長ご一行と遭遇ししばし談笑するが、それだけ。
二年半旅行していると言ったら、驚いてた。
三つ編みが似合うと噂のナオト君が蜂に刺されるが、大事なし。

夜、ブラジルへ行く予定のみずえちゃんと、パタゴニア希望のかなやんのコンビが来宿。
さてこれから二人はどこへ向かうのか?
ここで別れるのか?
旅友が、旅カップルへと昇華するのか?
なんにしろ羨ましい…

熱帯夜。
部屋の温度は33度だ。
眠れるわけがない。

深夜、外で夕涼み。
藤沢周平『日暮れ竹河岸』

【本日のお食事】
朝→リンゴ
昼→ピザ
夜→日本食レストラン“ヒロシマ”で、カツカレー(家庭料理レベル)、祐子は天ぷらうどん(合格点)

2008年01月11日(金)[エンカルナシオン→プエルト・イグアス]

新婚家庭でパンを焼きたいみっちゃん、ご飯をよく噛むゆきちゃん、ロンゲのゲーマーナオト君、悩めるみずえちゃん29歳、SEかなやん22歳とお別れ。

雨が降り、涼しくなり嬉しい。
とろいローカルバスに6時間半揺られ、シウダ・デル・エステへ。

雨の渋滞↓

PICT0005-.JPG

バスを乗り継ぎ東京以上の渋滞に巻き込まれ、3時間かけてプエルト・イグアスへ。
パラグアイの国境で、渋滞で動かないバスに荷物を残し、祐子と二人雨の中を走り、出国スタンプをもらい、走り出したバスに飛び乗る。
間一髪のぎりぎりセーフ。

宿はどこも満員。

城山三郎『粗にして野だが卑ではない』を読み始める。
で、一句。

糞して野だが紙がない

【本日のお食事】
朝→一個のリンゴを二人で分ける
昼→なし
夜→パリージャ・レストランでステーキ、エンサラダ・デ・フルータ

2008年01月12日(土)[プエルト・イグアス二泊目]

朝十時、予約客優先のためホステルを追われ、真向かいの宿へ引っ越す。
宿にプールはなく、キッチンもなく、インターネットもできず、部屋にはコンセントすらないが、それでもホステルと同じ値段で納得いかないけど、しょーがない。

【イグアスの滝は、冷たく暗く息苦しい】
イグアスの滝は最初にブラジル側を観て、次にアルゼンチン側を攻めると効率のいい感動を味わえて落胆することがないらしい。
しかし日差しを考慮すれば、ブラジル側のシャッターチャンスは午前中になり、しかししかしここはひとつあえてアルゼンチンを先に攻略することにした。
もう午後なのである。
バスターミナルでツアー料金の100ペソを払い、国立公園入り口までバスに乗り、公園の入場料をUSドルで支払おうとして“アルゼンチン・ペソ以外は受け付けない”と拒否られ、隣の土産店で水を買ってUSドルを使いお釣りをアルゼンチン・ペソでゲットするが、窓口で足りないと一笑され、再びUSドルでジュースを買ってようやく入場が叶うが、既に疲れた。
観よ! あれがイグアスの滝だ!

PICT0015.JPG

四駆でジャングルをとろとろと走り抜け、救命具を着てボートに乗り、貴重品類は防水袋に詰め、満を持して滝へ突っ込む。
滝下の飛沫の水圧で目は開けられず、呼吸もままならず、つまり暗闇で呼吸困難に陥り、かつまた急激に体温を奪われ、早く助けてくれと全身に水を浴びながら、絶叫し考える。
何はともあれ、それでも滝下突撃ボートツアーに満足哉。

PICT0043.JPG

イグアスの滝の最大のポイント、悪魔ののど笛は、水量が多すぎて近づけなかったのが残念だ。

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→サンドイッチ、エンサラダ・デ・フルータ
夜→連夜の贅沢、パリージャ

2008年01月13日(日)[プエルト・イグアス三泊目]

朝8時、ブラジルの都市フォス・ド・イグアスへ向かうバスに乗り、アルゼンチン側の国境でパスポートに出国スタンプを頂戴し、辺鄙なところで下車し、反対車線へ移り、ホントにこれでイグアスの滝に行けるのかねって疑いながらも、バスを乗り換える。
車内で体格のいいブラジル青年、ジュニア(父親と同じ名前なので)に怪しい日本語を交えて声を掛けられ、彼の手引きで列に並ばぬして公園の入場券を購入できたのはラッキーで、しかも簡単なレクチャーをしてくれ、さらにMacuco Safariのボートツアーの入り口まで付き合ってくれて、彼へチップの支払いを覚悟したが、ジュニアは握手してあっさりと風にように立ち去り、驚くほどいい奴だった。
その彼に祐子が自己紹介したら、
「オゥ、オノヨーコと一緒ですね」
いやヨーコじゃなくて、ユーコ。
「では、柔道ね」
それは、有効…

さて午前中は、日差しの具合でいい写真が撮れるぞとカメラを構えたら、電池が入ってなかった。
虚脱…。

昨日アルゼンチンでボートツアーに参加しておきながら、今日はさらに80ドルも払って剛毅なブラジル側のボートツアーである。
無駄使いしている気がして胸が痛む。

あの滝に突っ込むのだ↓

RIMG0458.JPG

昨日同様、滝壺に突っ込んで、飛沫で目が開けられなくなり、呼吸も難しく、降り掛かる水に体温を奪われ、昨日に引き続き絶叫。
アルゼンチンと比べれば、滝の迫力度はブラジルの勝利。
川を遡るボートの一見乱暴な運転も、アトラクションとしてはアルゼンチンより楽しく、けど少々船酔いした。
いい歳して乗り物酔いは勘弁してくれ。

2時過ぎ、軽ーく食事をしようとして入ったレストランはビュッフェスタイルで、贅沢至極の昼食になってしまい、こんな美食を続けていれば破産も近いと恐れながら、ボクは新しいTシャツを買ってご機嫌である。

一皿目↓

RIMG0583.JPG

二皿目↓

RIMG0584.JPG

三皿目↓

RIMG0585.JPG

勘のいい人はわかる。
ボクはコーンが好きだ。

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→イグアスの滝のレストランで図らずも豪勢なバイキング
夜→ピザ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月14日(月)[プエルト・イグアス→ペンション園田]

のりさん39歳の誕生プレゼントを買い、10時半のバスに乗り、アルゼンチン国境で出国スタンプを押し、ブラジルは通過して、パラグアイの国境で下車。
入国スタンプをもらい、買い物街へ歩き、1ギガのMP3を20ドルで買い、中華レストラン“東方飯店”で昼食を食べ、バスに乗りバスターミナルへ。
乗り換えて、一週間ぶりのペンション園田へ到着。
思いかけずタカさん、キーボー、渋谷のラッパー、タクシ君に再会。

【本日のお食事】
朝→宿のパン
昼→シウダ・デル・エステで焼きそばと野菜炒め
夜→蕎麦

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月15日(火)[ペンション園田二十三泊目]

★今日の不幸★
今日火曜日は、週に一度のお餅の発売日です。
早起きして、朝7時45分、自転車を駆ってスーパー農協へ。
しかし待てど暮らせど、餅屋はやって来ないのでありました。
両肩を落とし、なで肩は宿へ帰りました。

★今日の幸せ★
東京のアヤコちゃんから待望の小包が届き、のりさんと荷を開けば、北海道産の小豆やら、ふんわり大豆の焼きいりこやら、日本茶やらカラファテの写真やら…
ありがたき幸せ。

RIMG0593.JPG

のりさんと手を取り合って感動したものです。
さっそく、白玉ぜんざい作りを計画しました。
微笑ましき哉。

この小包を待って出発を見送ってたわけで、後日いろいろあってどんどん旅立ちは遅れるのでありました。
世の中は計算通りにはいかないものなのです。

【本日のお食事】
朝→焦がしネギ入りインスタントラーメン
昼→
夜→鳥の唐揚げ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月16日(水)[ペンション園田二十四泊目]

卓球。

★イグアス移住区で働く!?★
移住して一年の太鼓工房の壱番氏は、スナック“集い”の開店準備のため、毎晩園田家本館にやってくる。
で、その彼に庭の隅へ呼ばれ、
「いつまでここにいるの?」
人目をはばかるように訊かれる。
もう二、三日で出るけど…
「日本人会でビデオを作らなきゃならないんだけど、手伝ってくれない?」
すぐ終わるんなら…
「撮影は三日間だけ。編集は好きなだけ。納品は三月だから…」
三月はまじ無理。
「お金は払えないけど、飯付き」
どうしようか、祐子。

ブラジルが遠のく…

【本日のお食事】
朝→鳥の唐揚げ、ご飯、みそ汁
昼→白玉ぜんざい
夜→白玉ぜんざい

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月17日(木)[ペンション園田二十五泊目]

夜、みそ肉野菜炒めの晩飯を食っていたら、園田パパ、ママに呼ばれて、お寿司をご馳走になる。
晩飯、間髪入れずの二連発食いです。
寿司は別腹でした。
それにしても園田ママの肉団子が美味い。
食い疲れで、倒れるように寝る。

さて前夜の壱番氏のお仕事、ビデオ作りの件、どないしよう?
さっさと撮影して、2?3日で編集してしまえば、なんとかなるかもしれん。
と半分腹をくくったところ、元フジサンケイの記者、複雑な結婚生活を送るコージ君が助っ人参加することになった。
これが非常に助かった。
でも彼は後日、後悔したに違いない。
仕事がどんどん増えて、たいへんだったから…。
世の中に簡単な仕事はないものなのです。

それにしても壱番氏、午前中は日本人会館で働き、午後は太鼓工房で汗を流し、夜はカラオケスナック“集い”の開店準備に追われているけど、さらにビデオ作りなんかできるのかね。
壱番氏は、パラグアイでもっとも忙しい男かもしれない。

【本日のお食事】
朝→白玉ぜんざい
昼→
夜→みそ肉野菜炒め+園田家豪華夕食のダブル晩飯

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月18日(金)[ペンション園田二十六泊目]

ビデオ作りの件で、壱番氏と日本人会館へのこのこ赴く。
お仕事名は、“Y.P.V.P(イグアス・プロモーション・ビデオ・プロジェクト)”。
訳して“イグアス移住地ご紹介ビデオ”。
お偉い人やそうでもない人たちと挨拶して、墓場、公園、採石場、植林公園等をドライブする。
お墓は和洋折衷でした。

壱番氏のカラオケスナック“集い”の開店準備。
ビールを飲みながら、だらだらとカラオケを歌っていたら、耳聡いのりさんが歌声を聞きつけて、乗り込んできた。
両手を振り上げ、モニターへ行進しながら歌うのりさんは、鬼気迫るものがありましたな。
日本では単身カラオケボックスへ押し掛け、4時間熱唱しても歌い足りない、そんなのりさんだから。

【本日のお食事】
朝→白玉ぜんざい
昼→園田ママ特製弁当
夜→ぜんざい

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月19日(土)[ペンション園田二十七泊目]

壱番氏の例の仕事、“イグアス移住地ご紹介ビデオ”を口実に、ボクらの部屋までLANケーブルを引いてもらう事にした。
役得だす。
そのLANケーブルと撮影用のSDカードを買いに、はじめ君の車でシウダー・デル・エステへ。

酷暑の夕方、奥の個室までLANケーブルを引くため、脚立に上がり、天井に向かい金槌を振るう。
大工仕事は疲れる。
しかし実は、将来大工になりたいのだ。

【本日のお食事】
朝→ラーメン
昼→シウダー・デル・エステでパン屋で焼きそば
夜→ぜんざい、冷や奴、メロン

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月20日(日)[ペンション園田二十八泊目]

高田馬場のシャーマン・ラッパー、タクシ君の旅立ちに伴い、はじめくんが留守なので、代打で撮影会。
宿から犬、逃げる。
追うコージ君。
追われる犬。

明日から“イグアス移住地ご紹介ビデオ”プロジェクトが動き始める。
果たしてそんなご大層なビデオを作れるのか、ボクら。
お金はもらえないけど、毎日、食事付きが嬉しい。
でもねレストランが一軒しかないのが、悩みの種だ。

真保裕一『震源』読み終える。

【本日のお食事】
朝→納豆、オクラ、オクラのみそ汁、冷や奴、梅干し、ご飯
昼→
夜→

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月21日(月)[ペンション園田二十九泊目]

“イグアス移住区ご紹介ビデオ”プロジェクトが始動。

大宮のサラリーマンのごとく、朝六時起床。
朝7時15分、壱番さんのお出迎えで、日本人会館へ。
早朝の重役出勤である。

赤土と緑と青空↓

121004.JPG

まずは日本人会事務局を撮影し、と言ってもコージ君がビデオをまわし、と言っても小さなデジカメのビデオだけど、ボクは写真で、祐子はアシスタント。

121003.JPG

次に夏休みで誰もいない、精霊幼稚園。

026%20%2812%29.JPG

勉強熱心なパラグアイ人も通うが夏休みで誰もいない、日本語学校。

027%20%282%29.JPG

街全体の水をまかなう、水道タンク。

RIMG0009.JPG

タンクは面白いものではない。
和洋折衷の共同墓地・慰霊碑。
墓だって、たいした面白いもんでもない。
免許証を発行してくれた、そうとう暇そうな市役所。
地元パラグアイ人が作った、ちょとだけ変な大鳥居↓

121005.JPG

レンタルバイクもある、ホテル宮沢(ホテル・イグアス)。

014-1%20%281%29.JPG

部屋が広くて朝食付きの、福岡旅館。

014-2%20%281%29.JPG

ボクらが泊まっている安宿、ペンション園田。

014-3%20%282%29.JPG

シロサワ財閥の兄が経営する、スーパー・シロサワ(スーパー41)。

011%20%283%29.JPG

唯一のレストランで、シロサワ財閥の弟が経営する、レストラン・シロサワ。
宿のアルバイト、和子ちゃんのお姉ちゃんが働く雑貨店、リボン。

013%20%283%29.JPG

壱番氏の働く、太鼓工房。
この太鼓工房こそが、イグアス移住地のメイン観光地である。

015%20%289%29.JPG

和子ちゃんの年下の彼がバットを振るう、野球場↓

121008.JPG

再び太鼓工房へ戻り、オレンジ色に輝く夕焼け。
そして太鼓の練習風景。
獅子舞↓

121006.JPG

謎の湖。けっこう釣れます↓

121001.JPG

途中、日本人会館の会長の突発的発案で、会長宅の原生林探訪↓

121007.JPG

クモの巣の覆われた原生林を奥へ奥へ進めば、驚愕の小さな滝に出るのである。
こんな土地を持ってるなんて、心から羨ましいぞ!会長。

夜、湘南の兄貴と呼んでも差し支えない風体のマスターがいるピザ屋、“タクアラ”で打ち上げ。
和子ちゃんのお母さんが酔っぱらって話しかけて来たけれど、翌日、すれ違っても無視された。
彼女が冷たいわけではない。
たぶん覚えてない。
それぐらい酔っ払っていても、タクシーがないので、酔っぱらい運転で帰宅が普通。

【本日のお食事】
朝→餅
昼→レストランシロサワ
夜→ピザ屋“タクアラ”で、壱番氏、コージ君と打ち上げ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月22日(火)[ペンション園田三十泊目]

“イグアス移住地ご紹介ビデオ”プロジェクト、二日目。
今日も撮影です。

今朝も朝7時15分、壱番さんのお出迎えで、撮影行脚。
みゆきちゃんのおじいちゃんのワニが出没する農場へ、ドライブ。
ここにワニがいたそうです↓

122002.JPG

朝食をご馳走になり、こんな海のない国で烏賊の塩辛をいただき、

122001.JPG

ビールを飲み、いい気分で撮影開始。
そして次は、ここらで一番広い伊藤牧場を探検、撮影し、奥に奥に車を走らせたら、不安になってきてすごすごと来た道を戻る。
それくらい広くてわけわからん。

牛の背中、肩よりの瘤が、クッピンといって人気の部位です↓
ちなみにこの牛を1頭売って、40,000円だそうです。
安くねっ

122003.JPG

昨日に引き続き、太鼓工房。

122005.JPG

園田パパの勤めるセタパルへ行き、資料館でパパの講義を聴きながら、撮影。
生活感のない家財道具はとてもシュールだ↓

122006.JPG

池のようなプールがある、ピクポ公園。

日本人を見たら、急に働き始めるパラグアイ人↓

122004.JPG

撮影終了。
疲れたぁ…。

壱番氏より緊急発議。
重大案件発生。

壱番氏曰く、
「あの?、農協が(ビデオを作っている)噂を聞きつけ、農協バージョンを作ってほしいって言ってるんですけどぉ?」
まじ無理だから、やんわりと角が立たないように断りましょう。

【本日のお食事】
朝→みゆきちゃん、かずこちゃんのおじいちゃん家で塩辛
昼→レストランシロサワ二日連続
夜→ペン園主催のバーベキュー大会。花ちゃんの焼き鳥付き。のりさんとボクらの宿泊ひと月突破記念祭

なぜ僕らはここにひと月もいるんだ?

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月23日(水)[ペンション園田三十一泊目]

“イグアス移住地ご紹介ビデオ”プロジェクト、三日目。
そして撮影の最終日…の予定。

朝7時半、壱番さんの車がお出迎え。
まずは懸念の新規の仕事の件で、農協の組合長に農協バージョンビデオをやんわりと断るつもりが、逆にやんわりと押し切られる。
ボクらは交渉ごとに弱い。
仕事が倍になってしまった。
旅行中とは思えない、忙しさ。
そんな僕らより辛そうな彼↓

123001.JPG

移住地の入り口にたてられた看板、

033%20%281%29.JPG

農協事務所、ここの二階で僕らは働いているのだ。
自慢じゃないけど、自動ドアです。

017%20%282%29.JPG

不耕起栽培の記念碑、農協スーパー、サイロ・製粉工場、

020%20%286%29.JPG

サナトリオ、イグアス診療所、鶴寿の森、太鼓橋、採石場、育苗センター、植林場、

031%20%285%29.JPG

メロン畑等をぐるぐると撮影。

日本人会の会長の突発的な発案で、幻の白い砂浜を持つ湖へ車を走らせる事になってしまった。
未舗装の赤い土をかっ飛ばしながら、運転手のパラグアイ人が言うには、
「ここは虎が出るから、危険だ」
ホントかいな、おっさん。
※昔は生息してたらしいです。
大豆畑を文字通り大豆をなぎ倒して突っ走り(ホントにこんなことしていいんかいな?)、原生林に突き当たり、車が進入できないので、乗り捨て、ひたすら草をかき分けて突進する(虎はどうした?)。
しかし湖には、白い砂は一粒もない。
幻なり。
すべては幻なり。
虚脱した記念写真。

RIMG0230.JPG

無言の帰途。

122007.JPG

メロン畑で働くパラグアイ人↓
帰りにメロンを4個も頂戴しました。
恐縮です。
毎朝、一個ずつ美味しく食べてます。

123003.JPG

夜、宿で写真データを整理する。
僕が一足お先にビデオ編集に突入するが、翌日、コージ君がシナリオを書いてくれたので、あっさりとやり直しする潔さ。
そして翌日の追加撮影決定。

なぜ仕事は増えるのか?

【本日のお食事】
朝→お餅
昼→レストランシロサワ三日連続
夜→レストランシロサワのハンバーガー、焼き飯をテイクアウト。本日二回目

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月24日(木)[ペンション園田三十二泊目]

7時30分、壱番氏のお出迎え。
農協へ。
祐子とコージ君は、二階のパソコン教室で、ビデオ編集に勤しむ。

義裕だけ農協の車で、パラグアイ人の村サント・ドミンゴの農家を訪ね、予定外の追加撮影。
養蜂講習会の撮影だったけど…。
しかし一時間半ほど待ってわかったのは、防御服が足りないので、蜂の巣に近寄れず、つまり決死の覚悟で撮影しなきゃならなくて、もちろんそんな度胸はないので、撮影中止。
速攻でイグアス移住地へ戻る。

そんなこんなで、仕事は一向に進まず。

午後、編集作業。

祐子によるナレーションの録音。
ペンション園田内で、静かな場所を探しうろうろする。
この宿の前は、意外に車の通行が多く、国道を走るトラックの音も響く。

なんにしろ、コージ君が原稿を書いてくれて非常に助かった。
頭をからっぽにして、編集作業に没頭できる。

レジの風景↓

123002.JPG

人気の豆腐↓

123003.JPG

仕事で深夜三時に寝た。

【本日のお食事】
朝→メロン
昼→レストランシロサワ
夜→蕎麦

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月25日(金)[ペンション園田三十三泊目]

7時15分、壱番さんのお出迎え。
日本人会館前で、新しい制服を着た職員の集合写真を撮る。

農協のパソコンルームに立てこもり、ビデオ編集。
仕事は、いよいよ佳境である。

パラグアイはシェスタがあって、その時間、農協内にいる事ができない。
これが辛い。
いま嫌いな言葉:シェスタ
逆に好きな言葉:不耕起栽培

午後から、宿でも仕事。
働き過ぎで眠い。

夕方、コージ君と憂さ晴らしの卓球。

毎週楽しみにしている、豆腐の移動販売は、悲しいことに売り切れだった。
油揚げとうどんを買って、きつねうどんを食べるが、うどんは美味くなし。
仕事は遅々として進まず。

壱番さんのカラオケスナック“集い”、本日オープン。
12時頃、冷やかしに飲みに行き、Jamelの“★★(忘れた)”を飲む。
店内では、のりのりのノリ・ジョンイルと関西弁の喜び組三人衆が歌ってた。

明日は、なんと新しいラーメン屋のオープンだ!
その名も“竹下”。
非常に楽しみだ。

またしても緊急謀議
壱番氏曰く、
「ビデオなんですが、ちょこっとだけ変えて、会長用にもう一本作ってくれませんかね」
で、一句。

急ぐほど増えていく仕事かな

旅で過労死できたら本望だ。
嘘だけど…

【本日のお食事】
朝→メロン
昼→レストランシロサワで、義裕は親子丼とは思えぬ親子丼。祐子は焼き飯
夜→きつねうどん

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月26日(土)[ペンション園田三十四泊目]

朝7時15分、壱番さんのお出迎え。
平成の移住組の石田さんと農協で会い、二階のパソコンルームを占拠してビデオの編集。
仕事もそろそろ終盤戦。
ひたすら眠いぞ。
旅行中に過労死は洒落になりません。

さてお昼は、本日オープンのラーメン屋、“竹下”。
群馬県榛名町の駅前ラーメンといっても差し支えない、日本の伝統的な味です。

127005.JPG

地味ですが、非常に満足。
パラグアイラーメン選手権、ダントツでチャンピオンでないでしょうか。
個人的にはもう少し味を濃くしてくれるといいんですが。
餃子もヨシ!
明日も行こう!

127002.JPG

農協から、パラグアイ人の月収より高いお金をいただいてしまった。
恐縮です。
山分けして、スナックで使います。

夜、コージ君はカラオケ。
ボクらお年寄りは、睡眠。

【本日のお食事】
朝→撮影に伺ったタツミさんからいただいたメロン。激うま
昼→ラーメン屋“竹下”オープン、第一号入店。大盛りラーメン(20,000グアラニー/約4ドル)と餃子
夜→カレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月27日(日)[ペンション園田三十五泊目]

午前中、惰眠を貪る。
お昼、壱番氏のお出迎え。
速攻で、ラーメン屋“竹下”へ。
で、一句。

昨日より今日が美味しチャーシューメン

一日にしてビール代が値下げされたメニュー(昨日の写真を参照)↓
ここ移住区のビール代は、謎の協定があるらしい。
ペンション園田は守っていないけど…。

127004.JPG

農協で仕事。
義裕担当の“農協編”、とりあえず終了。
あとはコージ君の日本人会館用二本だ。
しかし音声が消えたり、フリーズしたりと悩みは尽きない。

寝る前にスナック“集い”で一杯。
お客さんは、ペン園のパッカーのみ。
大丈夫なのか、“集い”。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→ラーメンと餃子、ライス
夜→親子丼

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月28日(月)[ペンション園田三十六泊目]

絵になるのりさん↓

PICT0020.JPG

今日も農協へ早朝出勤。
コージ君の日本人会館用ビデオの追い込み。
ボクは、午前中、日記アップ。

日中、卓球。

夕方から、農協用ビデオの修正。

農協、日本人会館のビデオを納品する。
20時、お仕事が無事に終了。

日本人会館の会長より、予約制割烹“香坂”でご馳走になる。

P1280040%5B1%5D.jpg

サンマ、オクラ納豆、烏賊の刺身、牛肉のたたき、鳥かつとう、シュークリーム…
コージ君、壱番さんお疲れ様でした。

宿では、アサード。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→レストランシロサワ
夜→割烹“香坂”の豪華絢爛な夕食

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月29日(火)[ペンション園田三十七泊目]

仕事が終わって、のんびり過ごす。
が、青年実業家コバさんの新会社のロゴをデザインしなくてはならない。
漫画、中原裕『タフ 1?3巻』
ブログ『旅々、沈々』
卓球。

園田家本館の見学。
二階の掘り炬燵がいい感じだ。
とにかく広い。

【本日のお食事】
朝→親子丼ぶり
昼→祐子のお手製ツユだくお稲荷さん
夜→鳥の唐揚げ

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月30日(水)[ペンション園田三十八泊目]

PICT00020.JPG

盟友コージ君が、旅立つ。
次は、ブルキナファソで会いたいもんだ。

三脚がない。ないないない...

園田ママから特製お弁当を頂いて、22時30分のバスに乗る。
たいへんお世話になりました。ペン園。

【本日のお食事】
朝→お餅
昼→インスタントラーメン
夜→カレーライス

イグアス移住区の詳しい情報は→
ペンション園田の詳しい情報は→

2008年01月31日(木)[→ペドロ・ファン・カバジェロ→ポンタ・プーラ]

6時半、ペドロ・ファン・カバジェロ着。
バス停内で、園田ママの絶品弁当と祐子おにぎりを食べる。
黒いボールを頬張る不気味な東洋人を演出。
タクシーに乗ってパラグアイのイミグレで出国スタンプ、そして離れた場所のブラジルのイミグレへ行くも、9時開店だってんで、がっかりさ。
窓口前で寝て待つ。
ローカルバスに乗り、バスターミナルへ行くも、南パンタナールのボニート行きのバスは明朝6時だったので、

PICT00030.JPG

またローカルバスに乗り、セントロへ戻り、ホテルにチェックイン。
ネットカフェへ行き、夕食兼昼食を食べ、明日に備えて早く寝たい。

この町は左側がブラジル、右側がパラグアイ↓

PICT00060.JPG

【本日のお食事】
朝→おにぎりと、園田ママの豪華特製お弁当
昼→ピザ
夜→なし