« 2008年03月28日(金)[ジェリコアコアラ五泊目] | メイン | 2008年03月30日(日)[Paulino Neves→アティンス] »

2008年03月29日(土)[ジェリコアコアラ→Paulino Neves]

朝7時から4WDに乗り、大西洋岸をひたすら北上。
4WDは大地を駆け、水を跳ね、車ごと渡し船に乗り川を渡ること三回。
一回目の船↓

29%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E3%82%8A001.JPG

二回目の船↓
船は人が押していたりする。

29%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E3%82%8A%E6%8A%BC%E3%81%99%E4%BA%BA002.JPG

最後の船は少しだけ立派だった↓

29%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E3%82%8A003.JPG

のどかな絶景。
カモシンという町でワンボックスカーに乗り換え、凡景を走り、バラナイーバという町でボンボロバスに乗り換え、変わらぬ凡景を眺め、Tutoiaという町で更にボンボロな4WDに乗り換え(本日四台目)、セカンドにギアが入らないこの車は、凸凹の砂の道を、深い水溜まりを息も絶え絶えに走り、ボクらを不安にしてくれた。

29%E3%83%9C%E3%83%AD%E8%BB%8A.JPG

この日からしばらく、ブラジル人のシナイデ女史と行動を共にすることになる。
シナイデさん、28歳独身。
お手伝いさんがいるから、自分で洗濯をしないそうだ。

夕方遅くついたPaulino Nevesの町は、宿の前の広場に町中の若者が集まっていたんじゃないか。
土曜日だから皆、彼女を求め、彼を求め、とにかくうろうろするのだ。
そんな若者が、実にうっとうしい。
やがてわらわらと人々が一カ所に集まり、広場で大ビンゴ大会が始まってしまった。
真剣な顔が、実に微笑ましい。

29%E5%A4%9C.JPG

ボクら三人はレストランの親父と、レストランの生け簀に毛虫を入れて、魚が食べるところを眺める。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→バスターミナルで祐子はチーズパン。ボクはステーキ
夜→宿の前のレストランで、祐子はチキン。ボクはステーキ

【バス等】ジェリコアコアラ→アティンスの詳細は→
Paulino Nevesの宿の詳細は→

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/680