|  Top  |  Menu  | 

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年08月01日(金)[Stewart二泊目]

氷河を見に、Stewartから北のアメリカ側に入り37キロのダートを走って、いつの間にかカナダに入り、横たわるサーモン氷河へ。
何かの競技場のような巨大な氷河を上から見下ろす絶景ポイントが続く、素晴らしいダートです。
この氷河は、アルゼンチンのカラファテ以上かも知れないですぞ。

PICT0013.jpg

よもやこんなところに日本人はいないだろうと思ってたけど、いるもんだね。
リョウコさん。
彼女はいいカメラを持ってました。
ファインダーを覗かせてもらったら、ボクらのカメラが学研の付録に感じられました。
フィッシュ・クリークに立ち寄れば、ちょうどグリズリーがのそのそ歩いて来て、鮭に挑むシーンが見れてラッキーだった。

PICT0063.jpg

その後しばらく待って、やや遠くにもう一頭のグリズリーと遭遇。
今日も熊と氷河で大満足。

カナダでは熊を呼び寄せないように匂いに気をつけてますが、キャンプ場には食料品をしまう熊ボックスとかあるしね、でも晩飯の用意をしてたら、オイルサーディンをズボンの上にぶちまけてしまい、ボクは悲しいほど臭くなった。
まずいじゃん。
ズボンの替えはないし、ここにはランドリーもないしで、しばらく魚臭いです。
そんなテントで寝るのか今晩…。

夜22時過ぎまで、スーパーの外のベンチで二台のパソコンを広げてネットする。
村はひっそりと眠ってた。

本日の走行距離100km(合計1729.4km)

朝→バナナとパン(ピーナッツ・バター)
昼→お弁当(海苔と鰹節と梅干し)
夜→ベーコン入りインスタントーメンと餅とオイルサーデン

2008年08月02日(土)[Stewart→Iskut]

PICT0004.jpg

お天気晴朗。
相変わらずの森の中の一本道を走るなり。
今日も幸せなことに熊に遭遇。
通り過ぎてUターンしてみたら、逃げられた。
激写できず残念。
かわいい黒熊だった。

今晩のキャンプ場は、Wi-Fiが無料だけど、テントサイトには電波が届かないので、駐車場横の倉庫の隅で、雑草の上に座ってネットをすることになる。
ここはやたらと蠅が多い。
気が狂いそうだ。
翌朝、テントの中は無数の蠅の死骸が転がってた。

本日の走行距離305.2km(合計2034.6km)

朝→バナナとパン(ピーナッツ・バター)
昼→チキンとスープをシェア
夜→ベーコン入りうどん

2008年08月03日(日)[Iskut→Watson Lake]

アラスカ・ハイウェイで、黒毛の自転車のカップルを発見!
「日本人ですかぁ?」
Watson Lakeのキャンプ場で待ち合わせし、ボクらは先を急ぐ。
道中、落ちてるパンツ(手袋ではない!)を発見!
祐子がちゃちゃちゃと撮影し、Watson Lakeへ。
インフォメーションセンターでは、髭もじゃのチャリダー、カズ君と対面。
さすがユーコン準州、自転車野郎ばかりだ。
ビールを買い込んで、カップルのヒロコちゃん(日本ではルアーを作ってたんだと)、ノブ君(二月にはカナダに入ってた気の早い青年)、そしてカズ君と五人で遅くまで喋る。
思えば三年前もこうして自転車野郎たち(めもりぃグーナイ君ゆきこちゃんカップル)と語ったのを思い出しますなぁ。
皆、ウシュアイアを目指してペダルをこいでいるのだ。
頑張れ。
先は気が遠くなるほど遠い。

PICT0003.jpg

カズ君(↑)のノートの表紙には、“反省と改善”と書かれていて、TOYOTAのような奴だ。
しかもチャリダーでありながら、ヒッチハイクにも挑戦する器用な人で、民家の庭にテントを張るのを得意技としており、ときどき、
FUCK!!!!!!!!
と怒鳴られるそうだ。

本日の走行距離346.7km(合計2381.3km)

朝→パン(ピーナッツバター)と梨
昼→チキンとポテト
夜→コンビーフとアスパラガスの炒め物に、◯馬君と◯内君から頂戴したインスタントラーメンを半分だけ。ビール

2008年08月04日(月)[Watson Lake→Teslin]

夕べ遅くまでおしゃべりした自転車のヒロコちゃんとノブ君のテントを訪ね、愛の巣を撮影し出発。

PICT0009.jpg

やや涼しいが快晴。
制限速度100キロを110キロで飛ばす。
ときどき油断して120キロ。
休憩場所に蚊が多く閉口する。
昼食を取ったカフェの裏のキャンプ場で、テントを張る。
カフェで日記その他、ネット仕事に精を出す。

朝→パン(ピーナツバター)と梨
昼→最高に美味しかったハンバーガー
夜→インスタント焼きそばとコンビーフのアスパラガス炒め

本日の走行距離254.4km(合計2635.7km)

2008年08月05日(火)[Teslin→ホワイトホース]

晴れ。
ジョンソン・クロッシングの町外れには、美味しいパン屋さんがあります。
三年前に寄ったので知ってるんですけど、今回とても楽しみにしてまして、あー、ありました。ありました。昔のままです。
祐子もこのお店の事を思い出してたらしく、お昼には早いので、おやつということでひとつ。
チキンやウィングスやシナモンバンズ。美味い!

ホワイトホースのインフォメーションでイヌビックへの道、デンプスター・ハイウェイの道路状況を訊いたら、しばらく雨が続くとの事。
がびーっん…です。
マクドナルドで家族会議を開催し、イヌビックへの訪問は断念しました。
さよならエスキモー。
無念ですが、そうとうひどいぬたぬた道だそうで、ボクらへなちょこライダーには無理です。
雨上がりを待ち、さらに道路が固く乾くのを待てば9月になりそうだし、きっと雪降るし…。

ユーコン川下りの計画も来週いっぱい仕事のため、行けそうもありません。
今晩は遅くまで仕事します。

Wi-Fiの流れるモーテルを探して、古くて渋い山小屋を借りました。

R0011806.jpg

一泊69カナダドルですが、このシーズン中にしては格安です。
たいてい100カナダドル以上します。
ちなみにホステルのHide on Jeckellの庭の動かなくなった車でも、50カナダドルします。
車の中には机がないので、断りました。
今晩は、なんといしても仕事をしなければならないので。
で、ボクらが泊まる山小屋ですが、BOBOさんという炭坑夫が建てたキャビンです。
2m80cm×2m80のワンルームにベッドと古いミシンが置いてあります。
ミシンはテレビ台です。
カリブーの角が、ドアノブになっています。
窓にはカーテンの代わりに誰かの股引とトレーナーがぶら下がってます。

R0011807.jpg

なかなかお洒落です。
窓の外は、森。

本日の走行距離275.9キロ(合計2911.6キロ)

朝→パン(ピーナツバター)
11時のおやつ→ボクはチキンとホットウィングス。祐子はシナモンバンズ
昼→マクドナルド
夜→ベトナムレストランで生春巻きとフォー

2008年08月06日(水)[ホワイトホース二泊目]

ボクは仕事がふたつ。

祐子がキャビンの鍵を紛失し、午後ずーと捜索。
祐子は帽子の繕い物。

胸を張って負け犬になれない者は、勝者にもなれない
ハル・ベリーのお母さんより

キャビンの鍵は、とうとう見つからず。

朝→パンとピクルス
昼→パン
夜→インスタントラーメンとオイルサーディン

2008年08月07日(木)[ホワイトホース三泊目]

鍵を失くしたままで部屋を移動。
終日ネット。
少々、仕事。
夕食はバーベキュー。
雨。
キャンプ場への移動がめんどくさい。
モーテルだとお金がMOTTAINAI…

カナダにおける旅行者向けの税金還付は、祐子が調べてたら、2007年4月より廃止されてた。

朝→食べなかった
昼→マクドナルド
夜→チキンのバーベキュー(モーテルのバーベキュー台を借りた)

2008年08月08日(金)[ホワイトホース四泊目]

起きるのが遅いわ、仕事はあるわ、ちょいと寒いわ、めんどくさいわ、で、今日もキャンプ場に移動せず。
とりあえず仕事。

祐子は家計簿の整理

Adobe Illustrator CS3の問題。
て言うか、9からのいきなしのバージョンアップなので、ボク側に無理多し。
一、グレースケールを指示すると文字詰めが崩れるのはなぜだ?
一、図形を選ぼうとすると、文字が選ばれてしまうのは、どこで解除するんだっけな?
一、スクリーンショット→解決!
一、常に線の太さを0.1ミリにしたい(変更するのが面倒だ)
一、以前使ってたFontが使えない。どうして?

朝→食べない
昼→焼きそば
夜→パンとメロン

2008年08月09日(土)[ホワイトホース五泊目]

やっとキャンプ場へ重い腰を移動。
ライダーのまさき兄氏とご対面。
待ってたのよ、兄ぃ。

R0011831.jpg

ダウンタウンのカフェでネットしながら昼食。

夕方、まさき兄と、メキシコレストランでコロナを飲んで乾杯。
タコスを食らいながら、片平なぎさとの話とか、ぬたぬた道のデンプスターハイウェイとか、イヌビックとか、熊に激突しそうだったとか、鮭を釣ったとか、おひょうを釣ったとか、金太郎の別荘とか、茅ヶ崎とか、教員採用とか、彼女とか、転倒とか…
お互い、カナダ最東端のセント・ジョージへ。
明日、本の交換をする約束をしたけれども、えーと、お気に召すものはないと思います。
すみません。

朝→メロン
昼→サンドイッチとクロワッサンのハム&スイス
夜→タコス、そしてマクドナルド

2008年08月10日(日)[ホワイトホース→Rancheria]

まさき兄ぃの泊まるホステルへ立ち寄って、本の交換。
ボクらの提出した本が趣味にあわないようで、肩を落としてた。

R0011832.jpg

すみません。
ボクらの頂いた本三冊
・ジョン・クラカワー『荒野へ』(すごい面白いそうです)
・船戸与一『緑の底の底』(超推薦だそうです)
・林真理子『コスメティック』(面白くないそうです)

南へ下る。
天気上々。
夕食後、キャンプ場のカフェでネット。
湖に浸かるムース↓

PICT0007.jpg

本日の走行距離331.3キロ(合計3242.9キロ)

朝→食べない
昼→ジョンソンクロッシングでチキンとホットウィングスとシナモンバンズ
夜→ご飯とコンソメスープ(塩辛いベーコン味)

2008年08月11日(月)[Rancheria→Toad River]

快晴です。
全然逃げない剛毅な黒熊に会い、写真とビデオ撮影をたっぷりと。

PICT00400.jpg

次は臆病な黒熊君で、すぐに走って逃げられた。
バイソンの死体を発見。
少し離れたところにもう一体。
たぶん車に轢かれたのでしょうね。
舌を出して目はうつろ、頭蓋骨から脳みそがはみ出、足が硬直して股を開き、陰嚢は丸く膨らんでた。
外人が遺体の皮をナイフで剥いでました。

PICT00500.jpg

ある意味、さすがです西洋人。
その皮は記念ですか。
その後、道路を塞ぐバイソンの群れに遭遇。
こりゃ車に轢かれても不思議ではない。

州立公園内のキャンプ場は35ドル。
ネットは10分5ドル。
もちろんこんな高いところには泊まらない。

PICT0005.jpg

本日の走行距離454.4km(合計3697.3km)

朝→パン
昼→弁当
夜→ハンバーガーとチキンとポテト

2008年08月12日(火)[Toad River→Fort Nelson]

ロッキー山脈の北の果てをかすって走ってます。
雲の中をとばしてます。
雲の中は白く寒いです。
視界は十数メートルでしょうか?

ここFrot Nelsonの町の人は、暖かみがないです。
そんな気がしてなりません。
大学の図書館にパソコンを持ち込んでネット。

自転車のサイトー君とお喋りして過ごす。
彼はアルゼンチンのパンパで雷に追いかけられ、自転車を捨てて軍隊に助けられたそうで、デジカメに遺書まで録音したそうだ。
だからめちゃくちゃ雷が怖いと言ってたけど、ここにも雷が出てきましたね。
それとか、グリズリーを写真に撮ろうとして、逃げられたそうだ。
中国で再会を待つ!

本日の走行距離199.4キロ(合計3896.7キロ)

朝→パン
昼→SUBWAY
夜→グリコさんのお味噌で豚汁

2008年08月13日(水)[Fort Nelson→Fort St.John]

PICT0002.jpg

元郵便局員の自転車中年(もう青年ではなかった)、サイトー君と握手して別れ、風の強い森の中を走る。
牧場を左手に見て、走る。
雲空。

本日の走行距離410.4km(合計4307.1km)

朝→パン
昼→ベーコン海苔弁当とバナナ
夜→鮭を焼いた。グリコさんのお味噌でお味噌汁

2008年08月14日(木)[Fort St.John→ドーソン・クリーク]

朝8時半にHONDAへ。
オイル交換ほか。

アラスカ・ハイウェイの起点、零マイルのモニュメントを撮影し、昼飯食ったら疲れてしまいここでキャンプ。
今日はほとんど走らず。
テントを張って、芝生の上で寝転がっての読書が最高に幸せです。
HARLEY-DAVIDSONの親父としばらくおしゃべり。
早口であまりよくわからなかったけれど…。
それにしても暑い。
最高気温30°。
いつの間にか季節は夏。
昨日まで冬だったのに…。

夕食のカニかまは、イマイチ。
わさびにカレー粉の香りが移ってたのが敗因かもしれない。

本日の走行距離118.6km(合計4425.7km)

朝→パンとバナナ
昼→マクドナルド
夜→カニかまとわさび醤油で

2008年08月15日(金)[ドーソン・クリーク→PeaceRiver]

今日も暑い。
日中の最高気温36°です。
HONDAでリアタイヤの取り寄せを相談するもメカニックがいないというので、他のタイヤ屋へ行けばYAMAHAを紹介され、YAMAHAでは見積もりが高かった。
明日、FairViewのHONDA店“CYCLEWEST”へ電話をしよう。
キャンプ場で祐子が、
「ネットできる?」と訊けば親父に
「貧乏だから、ない」と言われ、
「ビールを売ってる?」と訊けば
「君は若すぎる」と返された。
昨日からアーミッシュが多い、気がする。
P.D.ジェイムズが85歳で書いた『灯台』を読み終える。
これは首つり死体の謎なんだけど、いきなり解決するので驚いた。
パオロ・マッツァリーノ の『つっこみ力』の”統計漫談”が好きだ。
『反社会学の不埒な研究報告』を読みたい。

本日の走行距離270.6km(合計4696.3km)

朝→レーズンパン
昼→ケンタッキーフライドチキン
夜→ステーキと梨とトマト

2008年08月16日(土)[PeaceRiver→HighLevel]

時差一時間に気づかず。
PeaceRiverの町を見下ろす丘に登る。
ビジター・センターでネットをしようと寄るけど、休み。
FairViewのHONDA店"CYCLEWEST"へ電話して、リアタイヤの注文をする。

走ればやや涼しい。
緊張感に欠ける退屈な風景。
続いてP・D・ジェイムズの『女には向かない職業』。
これもまた首つり死体だけど、面白そうだ。

本日の走行距離326.3km(合計5022.6km)

朝→レーズンパン
昼→中華レストランで焼きそばとクラムチャウダー
夜→ステーキと素スパゲティ(味付けなし)とトマト一人二個

2008年08月17日(日)[HighLevel→Fort Providence]

ノース・ウエスト・テリトリーズに入る。
ということは北緯60度超えたのだね。
インディアン・キャビンの狭い変なところで昼食をとったら、工事関係者用の食堂だった。
どうりでボクらしか旅行者がいないわけだ。
値段も曖昧だったし、お菓子をくれたし。
道路に高低差がなくカーブもなく、至極退屈なり。
だんだん寒くなる。
路肩から森までに数メートル以上の緑地帯があり、これがどうも緊張感を削ぐ。
i-podを聴く。
バイソンの群れ。
マッケンジー河をフェリーで渡る。
思うにここからカヌーに乗れば、イヌビックまで行けるんだね。
挑戦したいもんだ。
1861年ローマカトリック教徒が建設した町、Fort Providenceの安食堂で一時間六ドルのネット。
太ったネイティブの女の子二人。
ボクらの顔に似た人たちが増えて来た。
というより白人顔の方が、不自然です。
マッケンジー河の流れは緩くて雄大で、じっと眺めていたいんだが、蚊がうるさくてかなわず。
400キロも走ったからか、腰が痛くなってきた。

本日の走行距離431.3km(5453.9km)

朝→パンとバナナ
昼→かりかりに揚げすぎた唐揚げとクリームシチュー
夜→ハンバーガー、サンドウィッチ

2008年08月18日(月)[Fort Providence→イエロー・ナイフ]

午前中、冷たくて悲しい雨の中を走る。
いやだいやだ。
マッケンジー・バイソン・サンクチュアリは、文字通りバイソンがたくさんいます。
道路で死んでるのもいるし...
昼食後、雨は上がるけど、景色は美しくない。
地図ではGood Viewなのに...

イエローナイフの街は、しらけるほどでかいです。
宿が高い。
ほとんど100ドル以上で頭が痛い。
ボクは腰が痛い。

夜、空を見上げるとオーロラ。
さぁ明日はトレッキングでもしよう。

本日の走行距離374.3km(合計5828.2km)
朝→レーズンパン
昼→ハンバーガーとサンドウィッチ
夜→ケンタッキー・フライドチキン

2008年08月19日(火)[イエロー・ナイフ二泊目]

ボクは腰痛で寝てばかり。
風強く寒く、午後には安いキャビンに移動するため、外出は夕食時だけ。
カナダ人のおばさんとオリンピック観戦。
ネット三昧。
祐子はMovable Type(ブログの難しいのの事です。ボクにはわかりません)の研究したり、読書。

朝→B&Bの朝食。量が多くて食べきれない
昼→パン
夜→ベトナム料理

2008年08月20日(水)[イエロー・ナイフ三泊目]

トレッキングに出かけました。
まず町外れのトレッキングの入り口を目指しましたが、遠すぎたので諦め、キャンプ場の脇から森の中へ入りました。
ここまでで約6キロ歩きました。
で、けっこう疲れました。
が、ここからが本番です。

トレッキングルートは人気がなく、誰も歩かないらしくて、やがて道はぬかるみ、草がぼうぼうと生えまくり、どう目をこらしても道らしき筋は見当たらず、迷い、悩み、行きつ戻りつ、なんだかんだで結局、7時間も歩き続けました。
道中、同じ宿のおばちゃんとすれ違いましたが、地図を広げお互い違う現在地を指差し、
「五時になっても宿に戻らなければ、捜索しましょう」
と別れました。
おばちゃんの帰宿は5時を過ぎましたが、ボクらは探す気なし。
そんなもんです。

夜、B&Bの皆は山小屋のオーロラツアーに出かけましたが、ボクらはネットで遊んでいました。
そんな誰もいないB&Bの上に輝く漂うオーロラ。

朝→B&B
昼→菓子パンと水
夜→ベトナムレストラン。ここはホワイトホースより美味しい

2008年08月21日(木)[イエローナイフ→Hay River]

わざわざ寄り道してまで来たHay River。
思いっきり期待はずれです。
Hay Riverの宿泊施設は5軒のみ。
紹介しますと、
一軒は閉店
一軒は誰も出てこない
一軒は満室
一軒は一泊140ドル
一軒はキャンプ場(ネットをしたいので、今日はパス)
この街は最悪だす。
泊まるところがない。
なしてこったらところに来たんだろう?
えーところだって聞いたんだけど、勘違いだろうか?

しかたなく一泊140ドルのホテルに泊まり、祐子はMovable Typeの研究に没頭。
※バージョンアップしたら、不具合が出てしまい苦労しているようです。
あとで知ったんだけど、御苑の事務所のHPのデータを移動してしまったりして、迷惑かけてます。

ボクは、同性愛者でHIV感染者のブログ"ぼくの命はあとどれくらい"に没頭。

?Internet→ホテル(無料)

本日の走行距離、珍しく500キロ超えの525km(合計6353.2km)

朝→B&Bにて
昼→ハンバーガーほか
夜→中華レストランで焼きそばとコンビネーション

2008年08月22日(金)[Hay River二泊目]

こんな一泊140ドルもかかるホテルは早く出てしまわなくては、と思いつつ、身体が動かず、っつうか、動くのが面倒で、連泊。

祐子はMovable Typeの研究、じゃなくて後始末に追われる。

ボクは、ブログ"くたばれバカ旦那!?私が離婚を決めるまで"に夢中。
ボクがモラハラだったりして...。
炎上するコメントが悲しい。

次は、【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」ですかね。

?Internet→ホテル(無料)

朝→なし
昼→ピザ
夜→中華弁当

2008年08月23日(土)[Hay River→Highlevel]

PICT0014.jpg

ボクは滝にびびって↑

PICT0021.jpg

祐子は近寄り過ぎ↑
本当は、両足をぶらぶらさせようとしてたらしい。
やめてください。
カメラを構えるボクの心臓が止まります。
祐子はこのようにネジが一本足りない。
Mackenzie HighwayのAlexandra Falls。

?Internet→レストラン(無料)

本日の走行距離313km(合計6666.2km)

朝→パン
昼→ビーフジャーキー
夜→ハンバーガー

2008年08月24日(日)[Highlevel→Fairview]

ステーキ肉の選択に失敗し、お米の選択に失敗し、あまり美味しくない夕食となりました。
トマトは酸っぱいし...。
Wi-Fiのキャンプ場に泊まったのに、ネットがなかったし、一泊14ドルと雑誌に載っていたのに28ドルもして、差額は返してもらったけどさ。

船戸与一『緑の底の底』を読み終える。
南米のティグレって、俗にいうタイガーではなくて、大山猫(ボブキャット)のことだった。
パラグアイの奥地でティグレが出ると現地人に脅されて、

嘘こけ親父! こったらところに虎なんかいるもんけ!

って馬鹿にしたけど、あながち嘘じゃなかったんだな。
ヤノマミ族と友達の関野吉晴の解説も興味深く、
アマゾネス準州の金、ダイヤ、ウラニウムの開発は50年間差し止めて、インディオの機械力を使わない砂金掘りだけだそうだけど、石油持ちは余裕だ。
ぜひ『伝説なき地』も読みたい。
っていうことは、『山猫の夏』、『神話の果て』と「南米三部作」を順番に読まなくちゃだ。

内田融『小泉政権』を読み始める。

?Internet→図書館(無料)

本日の走行距離336.2km(合計km)

2008年08月25日(月)[Fairview→Grande Prairie]

午前中はタイヤ交換。
その間、図書館でネット。
カナダの図書館は日本語が読めるので助かります。
もちろん無料だし。

ちょいと田舎道の二号線は、パタゴニアの如く強風が吹き付けるなり。
腰痛だんだんと激しく...。

マサキ先生から頂戴したジョン クラカワーの『荒野へ』を読み始めるんだけど、これがなかなか面白くて巻を置くに能わずです。
アラスカの荒野で餓死するってどんな感じだ?
寝袋も持たず氷河を突っ切るってどんな感じだ?
誰にも発見されないってどんな感じだ?

Grande Prairieは、驚くほど大きな街です。
スーパーではお寿司用のネタが売ってます。
インスタントラーメンも豊富です。
味噌もあります。
けど、キャンプ場の周りは未舗装で、見渡す限り一面の畑。
キャンプ場は、風強く、涼しく。

?Internet→宿のWi-Fi(1時間は無料)

本日の走行距離143km(合計6809.2km)

朝→パン
昼→弁当
夜→トムヤムクン風のチキンスープ

2008年08月26日(火)[Grande Prairie→Hinton]

一日中、強風に煽られ走る。
腰が痛くて、風に抵抗し難く候。
山中の路肩で椅子を出して、弁当を広げる幸せ。
雲の切れ間は暖かく、日陰は寒く、祐子は優しく、梅干しは酸っぱく。

カナダ人ご夫婦のRV車にお呼ばれし、お茶をご馳走になる。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

本日の走行距離354.5km(合計7163.7km)メーター14004km

朝→パン
昼→弁当
夜→インスタントラーメンと豚肉

2008年08月27日(水)[Hinton→ジャスパー]

山々は険しく美しく。
川の水は青白く流れは早く。
きっと冷たく。
ジャスパー国立公園の入園に際し、5泊で約98ドルも支払わされ(一泊一ファミリー19ドル。2005年に比べると、かなり値上げしたんじゃないだろうか?)、宿は軒並み160ドルオーバー。
民家のドアにぶら下がった"vacancy"の表示を見つけるまで、暗い気持ちで宿探ししてました。
所謂B&Bなんだけど、朝食は付かないから、B!
それでも75ドルもします。
Wi-Fi、トイレシャワー付きだから、機能的にはほぼ満足です。
でもキッチンが欲しかった。
※『歩き方』を読んだら、ジャスパーのB&Bは朝食なしだそうです(協定。だけど探してみたら、朝飯を出すところもありました)。
※インフォメーションセンターにB&Bの空室情報一覧がありました。後で知ったんだけどね。

ダウンタウンから望む山の神々しさ。
ケンタッキーの変わらぬ美味しさ。
それにしてもバンクーバーを出発してひと月、7,000キロも走って、ガイドを見れば、
『ジャスパーはバンクーバーからバスで11時間...』
虚脱...。

夜、祐子はブログMovable Typeの遅々として進まぬ研究。
ボクは、モラハラとハラレルの対決ブログ"離婚日記"にはまってしまった。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

本日の走行距離はたったの77.5km(合計7,241.2km)

朝→昨日、ドリスから貰ったマフィン
昼→ケンタッキーフライドチキン
夜→カップラーメンとパン

2008年08月28日(木)[ジャスパー二泊目]

ダウンタウンから森のトレイルを歩き続けて、パトリシア湖を過ぎ、ピラミッド湖の小島に渡り、一休みして戻る。
これで往復5時間の運動。
腰が楽になった。
腰痛には歩くのが一番!(...なんだろうか?)

あれっ、あの妙に黒々した髭は?
と見れば、自転車のヒッチハイカー、ゴッツ君じゃないですか?
さすがヒッチハイカー、早い!
再会を祝して、韓国レストランで一緒に晩飯。
ゴッツ君の今夜の宿は、インフォメーションセンターの小太り親父の自宅なんだけど、彼が言うには、
小太り親父は、すぐに両手を握るし離さないらしい。
肩を抱きしめ、ずーっとスキンシップを求めるそうだ。
あり得ないくらいの顔を近づけて(吐息を吸い込んじゃうくらいだな)話すし、
家の中では、なぜかあっという間にパンツ一丁に変身
しかも内股で座るんだと。
ゴッツ青年は、今夜、掘られるかもしれないと怯えていた。
新しい世界の扉だ。
ゴッツ君はやけくそで、
ヤラレルくらいなら、やってやる!
と息巻いてたけど、
そりゃ、先方さんの思うツボだよ。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

朝→食べない
昼→ケンタッキー
夜→ゴッツ君と韓国料理を食らう

2008年08月29日(金)[ジャスパー三泊目]

お尻が危ないゴッツ君からのメール。
『なぜか胸を触られまくりましたが、無事です』
おっぱいを揉まれるくらいはいいか...、と思ったら、
今日もそのおっちゃん家に泊めてもらうことになりました』
どうしてそうなるかな?
今晩こそ、ヤラレルね!
おっちゃんの張り切った顔が目に浮かぶよ。
ゴッツ、力を抜いてぇ〜

そんなことはどうでもいいとして、ここジャスパーは雨。
夕方ごろ、雷。
山は暗い雲の中。

宿にほとんど引きこもり。
郵便局で、果物の切手を探すがなかった。
カナダドルが102円台になったので、けっこう多めにお金を下ろしとく。
1円の差は、10万円で1,000円のお得です。

祐子のMovableTypeの勉強に進展あり。
ボクは、モラハラブログ"離婚日記"に夢中。
長い、けど面白い。

?Internet→宿のWi-Fi(無料)

朝→パン
昼→A&Wのハンバーガー(パパバーガーとママバーガー。変な名前。注文するのが恥ずかしい)
夜→中華

2008年08月30日(土)[ジャスパー→Wabasso]

ゴッツ君、どうだった?
痛かった?
あー心配だ、心配だ。

天気予報は雨。
それでも荷物を宿に預けて、潔く勇敢にもマウントロブソンへ走る。
厚く重く暗い雲が空一面。
ぼくの心にも暗い雲。
寒さがグローブに凍みてます。

マウントロブソンは、雲に覆われて完全には見えないけれど、チラ見え。
それもまたセクシーで良し。
バーグ・レイクトレイルを黙々とトレッキングし、往復二時間。
蒼白く激しいロブソン川。
静かなKinney湖。
ジャスパーのすべてのホテル、B&B(Private Home Accommodation)満室なり。
ぽちぽち雨。

?Internet→こんなとこ、あるわきゃない

本日の走行距離215.4km(7,456.6km)

朝→なし
昼→ハンバーガー
夜→インスタントラーメン

2008年08月31日(日)[Wabasso→Lake Louise]

11時半出発。
すっかり遅くなっちまった。

まずは、狭いところを強引に流れ落ちる新しいタイプのAthabasca滝。
迫力満点です。
これは見て損はありません。
グっときます!
飛び込みたくなります。
で、そしてまたまた狭い渓谷をこれでもかと流れ落ちるSunwapta滝。
ただでかいだけの滝に警鐘を鳴らす、コンパクトながら見るものの気を離さない強流。
洗濯機のようでもあります。
すごく汚れが落ちそうです。ホント。

スイスを固めたように素晴らしいとかいうIcefields Parkwayは、凍えるほど寒く、雪が降るなり。
コロンビア大氷原のアサバスカ氷河は雪のため、誰もいない。
寒い。
時々雨も降る。
熊がいたぞ。

寒い寒いキャンプ場だけど、ストーブ小屋あって助かった。
けんど、正面も背後もドアが閉まらず(ドア自体がない)、右も左もガラスのない窓がたくさんある。
喜びと微妙な悲しみ。
ストーブの熱気、背面の冷気。
まぁ、炊事ができるだけでも幸せだと感謝しよう。
食後は、小屋で読書。

こらこらおっさん、ストーブの横に靴下を干したら、臭いでしょ。

?Internet→なし

本日の走行距離227.2km(合計7,683.8km)

朝→なし
昼→高い高いハンバーガー
夜→トマトを二個潰してスパゲティ