« 屋根があるだけまし | メイン | 2008年10月03日(金)[Halifax三泊目] »

死の臭いがします〈南米編〉

 
2007-04-04p019.JPG
南米では、犬。
死んでます。
 
彼ら、バイクや車に突撃するのが趣味だから当然なんです。
自爆しまくってます。
"犬死に"してます。
兵ライダーは、返り討ちにして轢き殺すこともあります。
ボクは、犬の気迫に負けてます.。
 
2006年12月09日、ボリビアのHuariからウユニへ走ってたとき挑んできた犬、あなたのことは一生忘れられません。
あなた、スクーターの速さを考慮して、ずいぶん遠くから斜めに走り、みごとに前輪の前に躍り出ましたね。
完璧な攻撃です。
ボクが死ぬかと思いました。
 
ちなみに、祐子はメキシコで犬に噛まれてます...。
 
で、話を死臭に戻すと、犬以外では、パタゴニア地方のグアナコ。
2007年04月04日、アルゼンチンのPuerto San JulianからCaleta Oliviaへの道で、ごろごろ死んでました。
交通事故です。
でも不思議なもので、パタゴニアの死体は匂いませんでした。
 
上の写真は、動けなくなったグアナコ。
悲しげな瞬きだけ...
 
そういえばカナダでは、亀の死体が転がってました。二匹。
けっこう大きくて赤い血が出てたので、スイカが二つに割れてるように見えました。
野生の亀だったんだろうか?
人家のない山道のことです。
 
 

2007年04月04日/アルゼンチン/Puerto San JulianからCaleta Oliviaへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/872