« 2008年10月12日(日)[ここはHalifaxではなくSackvilleです。九泊目] | メイン | 横向きハイフンが »

着物のセニョリータ

 
CA390067.JPG
世界のコカイン市場の8割を牛耳り、フォーブス誌に世界で7番目の大富豪として紹介され、サッカースタジアムを建設し、大統領候補者を3人暗殺し、アビアンカ航空機203便を爆破。
サッカー場とディスコを併設した個人用の刑務所を建ててそこに収監され、刑務官の前を歩いて脱獄。
 
パブロ・エスコバル。

元国会議員で世界最大の麻薬組織メデジン・カルテルのボスです。
1993年に射殺されました。
アツい人生です。
 
カルテルの本部があったコロンビア第三の都市が、メデジンです。
彼のお陰かコロンビアで唯一メトロが走っていて、昔はともかく今はとても安全です。
そこのボクらの定番宿、ホステル"HOSTAL MEDELLIN"の女将が、上の写真のクラウディアです。
着ている着物は、pokin氏が2008年9月に献上したものです。
pokin氏に着物を提供したのが、祐子です。
狩野家所蔵品でした。
 
"HOSTAL MEDELLIN"のホームページのトップを飾っている写真のスクーターを持ち込んだのが、pokin氏です。
ボクらの初代Silver Wing、通称銀ちゃんです。
 
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/917