« いいんだけどね | メイン | <借景>カナダ/RancheriaからToad Riverへ »

スプレーな人

 
2007-04-06p037.JPG
2007年は、ほとんどアルゼンチンです。
思い起こせば...。
1月6日にチリのビーニャデルマールからアルゼンチンのメンドーサに入って卓球して、南米最北端のウシュアイアへは一月末に到着。
カラファテやブエノスアイレスでのんびりこいて、パラグアイ入国が12月13日。
ほぼ一年。
まったく不本意です。
というか、行き当たりばったりぶりが嬉しいです。
カラファテでは思いつきで半年間も管理人をしたので、パタゴニア地方を行ったり来たりしてました。
南の方はチリとの国境が複雑なので、パスポートは両国の出入国のスタンプでいっぱいです。
 
パタゴニアのパンパを走っていると、写真の標識を見かけます。
何ですかね。
標識以外にも描かれていて、例えば小さな橋のコンクリートとか土管とか。
謎は深いです。
ボク的には、
スプレーをしている青年
左官工
「手前、生国と発します所...」と挨拶してる人

に見えたりしてます。
 
"ATENCION"と書かれてるけど、何に注意するべきだったんだろう。
 

2007年04月06日/アルゼンチン/GaimanからGeneral Conesaへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/926