« 2008年11月26日(水)[ペンション・アミーゴ42泊目] | メイン | 2008年11月27日(木)[ペンション・アミーゴ43泊目] »

全裸の必然性

 
2006-08-19p004.jpg
便秘の皆さんご存知でしょうか。
便秘だと腸の中にうんちがこびり付いているというのは、幻想だそうです。
なぜなら腸管の粘膜はどんどん新しくなるので、こびり付かないそうです。
内視鏡で覗いても、"こびり付いた"うんちは発見されません。
参考写真ですが、上の写真を見てください。
きれいですよね。
でも手前に黄色いものが...
そういうことがないように下剤を飲んでたんだけど...
恥ずかしながら、モデルはボクでございます。
 
だもんで"宿便"って、健康産業の"方便"ですね。
ちなみに断食中に出るうんちは、食べ過ぎで仕事が追いつかなかった"遅れてきたうんち"か、腸内細菌とかです。
 
グァテマラで『腸内洗浄』が密かなブームです。
美人熟女Mさんの体験レポートが興味深いです。
彼女によると、服を全部脱いで四つん這いになり、肛門にホースを突っ込まれ、温いお湯をちゅーっと入れられて、そのままホースを通して排泄します。
南米のグァテマラで、お尻の穴にホースを突き刺したまま、全裸で四つん這いの30分間。
どんな羞恥プレイなんでしょう。
プレイ代は、1,300ケツァール(約2,000円)だそうです。
 
ところでどうして全裸になる必要があるのか、さっぱりわかりません。
ボクが想像して喜ぶだけです。
 

2006年8月17日/旭川にて腸内検査

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/1043