|  Top  |  Menu  | 

« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月01日(月)[ペンション・アミーゴ47泊目]

夫婦ともに仕事。
海外で共稼ぎです。

パティオでDVD『ブルーハーツ』鑑賞。
ブルーハーツ好きです。
 
ところで、やっとこさスクーターSilverWngが売れました!
やれやれです。
ほっとしました。
嬉しくて頼まれもしないのに1万円も値引きしました。
新オーナーのリュータロー君は、SilverWingに股がって南へ下ります。
無事を祈る!
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→鶏の唐揚げ
 

その名もルート66


2005-04-30u105.jpg
ジョン・スタインベックの「怒りの葡萄」で、マザー・ロード(The Mother Road)と呼ばれたメイン・ストリート・オブ・アメリカ(The Main Street of America)、アメリカで初めて舗装された国道、ルート66。
1985年に廃線となり、現在はHistoric Route 66として、国指定景観街道(National Scenic Byway)に指定されています。
ルート66に軽く憧れてました、ボク。
アメリカではナンバー66は、いろんな会社で商品名として愛されてまして、写真もそのひとつです。
この切り抜いた鉄の看板、かっこよくて好きです。
アメリカの農村でよく見るタイプの看板です。
 
ルート66をロサンゼルスからグランドキャニオンの近くまで走ってみると、傷んだ舗装と強烈な日差しと廃屋、利用価値のなさそうな乾いた大地を突き抜けていました。
まぁ、のんびり走るには最高です。
いい意味でアメリカって感じがします。
でも道が途切れ途切れで、行き止まりもあったりして、ちょいと苦労しました。
 
マクドナルド兄弟によるマクドナルド一号店は、ルート66沿いです(確か...)。
チェーン店の一号店はイリノイ州です。
 

2005年04月30日/ビクトービルからバーストウへ/アメリカ

2008年12月02日(火)[ペンション・アミーゴ48泊目]

祐子は朝からサトミさん、竹氏達と巨大市場"Central de Abastos"へ魚類の買い出し。
大きなエビ。
刻まれたイカ。
タイ。
そして宿では、魚の開き作りが始まった。
 
ボクは、仕事に集中。
ソフトモヒカンのカズさん、最後の晩餐。
 
朝→宿のパン(祐子だけ)
昼→祐子は市場のエンパナーダ。ボクはサダ君の置き土産のスパイシーカレー
夜→刺身、エビの香草焼き、じゃがいもオムレツ、韓国スープ
 

〈窓から外〉アメリカ/ベーカーからストーブパイプウェルズへ

 
2005-05-01u073.jpg
シリーズ「窓の外」です。
窓から外を望むと、どうして寂しげなんでしょう。
その「寂しさ」に惹かれ、シャッターを押しました。
 
萎えた旗が侘しいです。
萎えたものって、憂いがあります。
ルート66の旗です。

ルート66は長さ3,755kmです。
イリノイ州のシカゴとカリフォルニア州のサンタモニカを繋いでましたが、今は残念ながら切れ切れです。
基本的に現役を引退した道なので、人気のない寂しげな道です。
そんな侘しいものに心が惹かれます。
そういえば以前ルート66関係の本を読んだら、アメリカの道路建設には百貨店のシアーズが貢献してたと書いてあったような気がします。
もともとシアーズは駅員が始めた通信販売会社で、カタログを運ぶために道路が必要なわけです。
で、当時どんな商品を売ってたかというと、ボクの記憶では"大人のおもちゃ"です。
 
なんだか侘しい...
 

2005年05月01日/ルート66博物館の窓/アメリカ

2008年12月03日(水)[ペンション・アミーゴ49泊目]

朝4時、マグラレナに旅立つ祐子、みゆきちゃんとみっちーを見送る。
ここからボクは一人旅である。
久しぶりの独身です。
興奮します。
 
男は仕事に邁進。
ソフトモヒカンの長老、カズさんの帰国を見送る。
カズさんは皆を激写して変態扱いされていたけど、それは三年前のボクでもある。
 
SilverWingの新オーナー、リュータロー君にスクーターの手ほどき。
講師はPokin師。
メキシコの国境を越えてしまえばなんとかなるとか、警官に止められたら笑顔が大切だとか、免許証はあまり必要ないとか、オイルの交換とか、空気入れの使い方とか、いろいろ。
 
ギターの巧いリュータロー君へアルペジオを伝授。
教えられることがあって、嬉しい。
 
サトミお母さんとの最後の晩餐。
  
朝→食べない。
昼→焼きそばと昨日の残りのご飯
夜→サトミお母さんの愛の鯛の煮付けとイカ飯
 

〈世界の洗濯もの〉Oatman/アメリカ

 
2005-05-04P05.jpg
シリーズ、「世界の洗濯もの」です。
アメリカやカナダのような先進国は、あまり洗濯ものを干してません。
乾燥機を使うからでしょうね。
文明国の弊害です。
洗濯もののない町は無味乾燥で、人間臭さがありません。
 
Oatmanの軒下で、珍しく男ものも白いブリーフを見つけ、勇んでシャッターを押しました。
たかが男のパンツで、喜ぶことはないんですが。
ボク的には白いブリーフは嫌いです。
白いがゆえに不潔です。
 
たまたま通りかかったこの町Oatmanは、西部劇風の観光地です。
町中でガンマン達が銃を撃ちながら観光客を襲う、強盗ショーが面白いです。
 

2005年05月04日/Oatman/アメリカ

2008年12月04日(木)[ペンション・アミーゴ50泊目]

朝4時、帰国するサトミお母さんを見送る。
これで宿の平均年齢がぐっと下がってしまった。
その後、二度寝して昼過ぎまで起きれず。
祐子は旅に出てまして、何処で何をしているのやら。
 
仕事に勤しむ。
リュータロー君に「BlackBird」のギターを教えてくれと言われて、あわてて猛練習。
ボクは褒められて伸びるタイプです。

韓国人のチナちゃんと話してみたりした。
とても可愛い。
リュータロー君と話してみたりした。
いい青年です。
 
朝→昼過ぎまで寝てしまい、食べない
昼→焼きそばとリュータロー君のひき肉炒め
夜→pokin師の焼き肉。pokin特製焼き肉のタレが最高。いい仕事してます
 

〈窓から外〉アメリカ/NeedlesからSeligmanへ

 
2005-05-04P14.jpg
昼飯を食べたレストランの窓です。
味気ないテーブルとソファです。
 
アメリカやカナダの昼食はイマイチでして、お金があれば別でしょうけど、基本的にハンバーガーかサンドウィッチしかありません。
たいていレストランのハンバーガーは、マクドナルドよりマズいです。
っていうか、マクドナルドが好きです。
カナダを爆走中マクドナルド訪問回数は、二ヶ月半で25回。
まずまずの記録です。
やっと祐子も慣れたようで、やれやれです。
 
ちなみに東京ではマクドナルドへ行かず、ラーメンです。
祐子はラーメンが好きではないけど、さらに言えばつけ麺は納得がいかないようだけど、ボクの弛まぬ努力が功を奏して、新宿近辺のラーメン事情、特につけ麺に詳しくなりました。
地道な教育の成果です。
 

2005年05月04日/NeedlesからSeligmanへ/アメリカ

2008年12月05日(金)[ペンション・アミーゴ51泊目]

可愛い韓国人のチナちゃんが旅立ち、とても寂しい。
アンニョン。
 
宿のリビングで仕事とギター。
祐子が、マグダレナから帰宿。
仕入れたメキシカンオパールの総額は、3,060(約21,000円)ペソ。
指輪「Jaboo」、作ります。
越谷レディーズの奈央ちゃん、日本からの注文も受け付けますよ。
 
漫画『ゴルゴ13』
 
朝→宿のパン
昼→一番細いスパゲティをそうめんとして食べる。ヒョンちゃん、リョーチンチームがご馳走してくれた。そばつゆ美味し。感謝
夜→宿の近所のレストランでスープ
 

2008年12月06日(土)[ペンション・アミーゴ52泊目]

そこから抜け出すには夢を見るしかない(Bob Dylan)
 
午前中は、スクーターSilverWingの書類作り。
貸し出し証明書とか、保険に入ってます証明書とか。
そして午後から仕事。

深夜の3時、NHKの生出演
久しぶりの、たぶん7回目の登場。

朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→pokin師と巻き寿司
 

<2008年11月の出費>60,275円!(何もしてませんから)

 
R0012690.JPG
2008年11月の家計簿をまとめました。

出費60,275円!
 
一日平均2,009円(一人一日約1,000円)。
やっと旅の耐久モードに入りました。
宿でごろごろしているだけなので、お金を使わなくて当然です。
 
 
11月.jpg
今月の出費の第一位が、
宿泊代24,316円(一日120ペソのペンションアミーゴへの支払い)
第二位が、
飲食代22,087円
→二人で一日730円。一人一日365円。一食183円です。
第三位が、
その他雑費12,961円(骨董品とか、祐子の指輪作りの経費)
 
楽しみは屋台のタコスでしたが、もう既に食べ飽きてます。
キューバかジャマイカにでも遊びに行こうかな。
 
上の写真の焼かれたユニフォームの右肩にトカゲがちょろちょろしてて、ふとトカゲとイモリとヤモリってどう違うのだろうと考えたりしてます。
暇ですから。
調べてみたら、トカゲは爬虫類。
ヤモリはトカゲの一種なので、同じく爬虫類。
イモリだけ両生類でした。
イモリは尾を自分で切って再生させること有名だけど、実は両手足を切っても完璧に再生できるそうです。
たいした特技です。
で、トカゲはって言うと、驚いたことに大きいと全長475cmにもなります。
化け物です。
人間も襲うそうですわ。
 

2008年10月21日/古着街にて撮影した焼かれたユニフォーム

追い出されるヨーロッパ

 
SchengenAgreement_map.png
 
ヨーロッパ協定というものがありまして、正確には"シェンゲン協定(Schengen agreement)"と呼びますが、EUのほとんどの国(イギリスとアイルランドを除く)プラス周辺24カ国が施行してて、出入国が一元管理されてます。
つまりどういう事かって言うと、まぁボクも最近知ったんですが、ヨーロッパ(施行国)をひっくるめて、最大90日しか旅行できませんねん。
ヨーロッパ全体(くどいけど施行国)で、たった90日でっせ。
そんなわけで、ボクらはメキシコでだらだらしてるんです。
怠けものとか、だらしないとかじゃありません。
じゃぁ一旦イギリスに出国しなさいよとおっしゃる御仁もいらっしゃるでしょうが、それがそうは問屋が卸さないのでございます。
"最初に入国した日から数えて180日の間で、最大90日間の滞在"しか許されてませんです。
とどのつまり、出たり入ったりしようが連続で居座ろうが、180日間で90日だけです。
だもんでボクらがもし1月にスペインに渡ると、4月にはヨーロッパを追い出され、7月まで入れてくれません。
聞くところによると国境はけっこう緩いそうで、担当者は面倒くさがって最初に入国したスタンプをよう探さないらしいです。
でもそういう係官もいるかもしれませんが、全員じゃないからね。
当てにはできません。
 
くどいようですが、だからボクらは今こうしてメキシコでだらだらしているわけなのです。
 

地図の青い色は施行国。wikipediaの地図を勝手に流用してます。駄目なのかな

2008年12月07日(日)[ペンション・アミーゴ53泊目]

最近、仕事してます。
 
pokin師のリクエストで、今晩はお好み焼きです。
けど、ボクらは道産子なのでお好み焼きは作れません。
でも、まっ、細かいところは関西人に任せて、問題は肉です。
薄切りの豚肉なんか売ってないです。
韓国食材店へ行けばあるんだけど、高いです。
で、しょうがないからWallmartで買った豚肉を冷凍庫で凍らせて、包丁で薄切りにします。
一枚一枚、丁寧にうすーく、はがすように切ります。
この職人技、祐子はいい仕事をしてました。
お好み焼きにおける豚肉の立ち位置を再認識できました。
ススム君の特製ソースも絶品です。
 
朝→ホットケーキ。バターなし
昼→久しぶりのマクドナルド。フィレオフィッシュはメニューにない
夜→お好み焼き大会。エビと豚
 

〈B級写真〉骨董品屋/アメリカ


2005-05-01u036.jpg
荒れ果てた商店街に見えますが、一軒の骨董品屋さんです。
アメリカのベーカーからストーブパイプウェルズへ向かう途中に、このお店だけが突然現れます。
こんな面構えのお店が開けたらいいなぁと夢想してます。
BIg Moneyを握ったら、店ごと買っちゃいまそ。
 

2005年05月01日/ベーカーからストーブパイプウェルズへ/アメリカ

〈B級写真〉古い車らしきもの

 
2005-05-01P05.jpg
とかく評判の悪いアメリカですが、ボクは割と好きだったりします。
嫌なところも多々ありますが、おデブさんの巨乳だと思えば割り切れます。
 
アメリカの郊外をドライブすると目を引くのが、オブジェ化した古い車です。
赤茶色に錆びた乗用車や農機具を庭先に効果的に放置してて、土地が広いからこそできる、贅沢な置物ですね。
さすが世界で三番目に広いと言い張るアメリカならではです。
真似たいもんです。
 
で、写真の錆びた物体。
車だと思ってましたが、よく見ると全然違いますね。
右側の刻印、Ingersoll Randを調べてみると、"インガソール・ランド株式会社"がヒットしました。
コンプレッサー、エアツールの世界トップメーカーだと威張ってます。
っとすると、これはコンプレッサー?
 

2005年05月01日/ベーカーからストーブパイプウェルズへ/アメリカ

2008年12月08日(月)[ペンション・アミーゴ54泊目]

ちょいとだけ仕事して、ちょいと麻雀したらまだまだ神は遠くにおられるように感じた。
運もツキもありゃしないのだ。
じっと耐えて春を待つ。
 
特別に個室を与えられていたVIP待遇のpokin師、帰国。
主のいなくなった布団部屋を見渡し、感謝を述べてみた。
いろいろとありがとう。
食材、ありがたく頂戴いたしまする。
唇がむちゃくちゃセクシーな白衣の天使、リョーチン帰国。
次は花のお江戸でお会いしたい。
こうしてベテラン勢が次々と去って行く。
 
朝→食べなかった
昼→インスタントラーメン
夜→竹氏特製、魚の開きを焼く
深夜→インスタントラーメン
 

左手に団扇を


u 2008-12-03 19-52-45.jpg
祐子の作る指輪がなかなか評判がいいです。
身びいきじゃないです。
続々と受注してます。
いい傾向です。
早く祐子の稼ぐお金で暮らしたいです。
ボクの小さな小さな夢です。
 
今月の祐子はメキシカンオパールを仕入れにマグダレナまで出かけ、3,060ペソ(約21,000円)も使ってます。
いよいよ遊ばせとくわけにゃいけまへん。
で、久しぶりにJaboo(→こちらをクリック!)の新作発表です。
 

変な顔がほしい

 
u 2008-12-01 12-07-47.jpg
旅が長いと、土産物ものが買えなくて少しずつストレスが溜まってます。
ボクが太ってるのは、ストレスのせいなのです。
上の写真の変な人形は、先日帰国したサトミお母さんのお土産コレクションのひとつです。
サトミお母さん、メキシコ中を走り回って狂ったようにお土産を買ってました。
30センチくらいのルチャリブレ(プロレス)の壷を抱えて、宿の中を歩いてましたし。
高田馬場のサダ君は、彼女以上の強者です。
お土産鞄だけで、30キロ以上ありましたから。
心から羨ましいです。
ボクも変な顔のお面が欲しいのです。
ソウのお面を御苑のだがはす君に買ってあげたいのです。
叶わぬ夢です。
 
そういえばソフトモヒカンのカズさんも、テピートで古着を馬鹿買いしてました。
カズさんって、ひとりでバスケットボールして、肉離れして歩けなくなったあのカズさんです。
彼が帰国して、ボクが宿の長老になってしまいました。
 
で関係ないけど、久しぶりに祐子の日記ならぬ"写記"、"写記写記ポリンキー(→こちらをクリック!)"のアップです。
ご覧くださいな。
 

2008年12月09日(火)[ペンション・アミーゴ55泊目]

屋上で青空麻雀。
健康的だが、不健全。
仕事、少々。
 
朝→ホットケーキ
昼→pokin師の残したベーコンでスパゲティ
夜→豚はくと豚の骨のスープ
 

〈B級写真〉いい色に焼けてます

 
2005-05-02P16.jpg
中古車。
じゃなくてクラシックカー。
じゃなくて廃車。
いい色に融けかけてます。
いつ頃のものだかさっぱりわかりませんが、GMのシボレーです。
シボレー(Chevrolet)は、人の名前です。
 

2005年5月2日/ストーブパイプウェルズからリッジクレストへ/アメリカ

〈写真〉誰かに金を貸してた気がする

 
2005-05-04P19.jpg
無駄に広い大地を背景に朽ち果てかけたクラシックカーが二台。
これってアメリカが得意とするポップアートですよね。
レディ・メイドなんて言ったりするかもしれません。
左隅の完全に錆び付いた廃車だって、アートしてます。
今風に言えば、"やばい"です。
ぺろりとした旗や、
消えかかった飛行機雲や、
乾いた風とまぶしい陽光だってなんだって、マーケティング済みっぽいです。
こういうところ、敵わんです。
ついついシャッターを押してます。
 
で、アメリカ。近頃GMもフォードもクライスラーも倒産寸前危機一髪だそうで、ボクの救済策はビッグスリーを合体して国営化です。
ちょいと最近のアメリカの救済金額を比較してみたら、ビッグスリーに150億ドル(約1兆3920億円)の融資。
アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)だと最大1525億ドル(約15兆2500億円)の融資。
AIGって、桁違いです。
AIGも国営化しちゃえばいいのに。
 

2005年5月4日/NeedlesからSeligmanへ/アメリカ

2008年12月10日(水)[ペンション・アミーゴ56泊目]

屋上の日陰で座布団を敷いて青空麻雀。
こうして半日もアウトドアライフを満喫すれば、
「最近メキシコの空気もきれいになったなぁ」
なんて、メキシコシティの排ガス規制の効果について話題が及ぶのだ。
仕事もしたりする。
適度な労働は澱んだ心を浄化してくれる。
気のせいだ。
夜も麻雀。
チョンボをして、見上げるパティオの満月。
隣に立つススム君は、月に何を見る。

毎日階段の手すりにパンツを干すTaeちゃんに"満国際大学"の学生証作り。
今晩は紫の絹パン?
穿いたところを見たいもんだ。
祐子は、リュータロー君とチェリーと遅くまで膝を交えて深夜会談。
漫画『闇金ウシジマ』を読み始める。
ウシジマ、読み進めると息苦しいんだこれが。
 
朝→宿のパン
昼→昨夜の豚はくとインスタントラーメン
夜→pokin師の残したカレーペーストでカレー
 

〈B級写真〉コカイン混入

 
2005-05-04P32.jpg
コカコーラの看板って、錆びてれば錆びてるほどにかっこいい。
ボンカレーの看板だと、そうでもないです。
 
昔々モルヒネ中毒のアメリカ人が、コカインにワインとコーラのエキスを混ぜて薬用酒として売り出したのが、コカ・コーラの原型だそうです。
その後禁酒運動の煽りでワインを、コカインの販売が禁止になってコカインを抜いたのが今の味です。
第二次世界大戦中は、すべてのアメリカ兵が戦地でコカ・コーラを飲めるよう、政府の出資で世界中にボトリング工場を建設。
どんだけ優遇してんでしょう。
ニューギニアで日本軍が全滅し、ガダルカナル島から日本軍が撤退し、アッツ島が玉砕された1943年、ドワイト・D・アイゼンハワーが謀総長へ送った電報が、

300万本の瓶詰めコカ・コーラ、月にその倍は生産できるボトリング装置一式、洗浄機および栓を至急送られたし

ナメテマス。
 
2005年5月4日/NeedlesからSeligmanへ/アメリカ

2008年12月11日(木)[ペンション・アミーゴ57泊目]

漫画『闇金ウシジマクン』12巻まで読破。
読後、心が晴れない重い漫画だ。
祐子、終日仕事。
麻雀一局。
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン
夜→ヨシエちゃん推薦の屋台のタコス
 

<旅のお買いもの>トリオ・ザ・ギター

 
PICT0002.JPG
カナダのユーコン川で捜索願を出されたことがある猛者リュータロー君は、ギター歴が10か月ながらとても巧いです。
昼間は皿洗い、夜はルチャリブレ(プロレス)の修行とボクの10倍充実した人生を送っているチェリー君は、学生の頃ギターに挫折したそうです。
で、ボクは普通にギターが下手です。
この三人でメキシコシティを散策し、ギターを買っちゃいました。
右側の紫色のギターは、プロレスラーのチェリー君のです。
たくさんある中で、わざわざこの紫色を選んだチェリー君の真似できないセンスに脱帽です。
700ペソ(約4,900円)です。
真ん中のへんてこりんな形をしたのは、ユーコン川からの生還があと一日遅れたら、捜索ヘリが出動して、莫大な借金を背負う寸前だったリュータロー君のです。
有名なMartinの旅人用ギター、その名もバックパッカーです。
Yahooオークションでも30,000円くらいします。
左端の瓢箪っぽいのがボクが買った奴で、Johnsonというメーカーで中国製です。
1,350ペソ(約9,450円)は、いま円高なので割安です。
新宿の歌舞伎町でほぼ似たようなのが、7,000円くらいで売ってますけど。
三本の中では、やっぱりリュータロー君のMartinが一番弾きやすくて、いい音が出ます。
けどこのMartin、ゴミ捨て場で拾ったものなので、微妙に納得できません。
ゴミに負けてます。

2008年12月12日(金)[ペンション・アミーゴ58泊目]

祐子はほぼ終日仕事。
やってもやっても終わらない仕事に忙殺される祐子。
気の毒だけど働け!
銭のためや。
 
午前中リュータロー君とチェリー君の三人で、楽器街を散策。
とうとう我慢できずにギターを買ってしまってまった。
内職に明け暮れる祐子の横で、ギターの練習。
チェリーの買った品のない色のギターより、リュータロー君のゴミ捨て場で拾ったMartinのバックパッカーより、ボクのギターはだんぜん音が悪い。
早くも軽い後悔。
弦をライトゲージに張り替えようかな、指先が痛いし。
祐子のリクエストで映画「ショコラ」の挿入曲「Minor Swing」に挑戦するも、ボクには難しすぎです。
 
チェリーのドミ部屋で、遅くまでビール、テキーラ。
今晩のゲストは某電気メーカーの駐在員。
母乳、童貞の都市伝説、メキシコシティの空港に暮らす日本人、偵察、声優、桂3P、shemale...
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→鮭を焼いてタルタルソース、pokin師の置き土産のホウレンソウ
 

ヒッチハイクの落とし穴

 
2005-05-04P58.JPG
陽気な青年R君の旅のトラブルは、ちょいと気の毒です。
R君はメキシコでヒッチハイクをして、そのドライバーたちと一緒にアメリカへ入国。
けど彼らが密かに隠し持っていた大麻が見つかってしまい、その場で全員後ろ手錠。
R君は大麻とは無関係だけど、二度とアメリカに入国できなくなってしまいました。
連帯責任というのか、一蓮托生というのか。
まぁ共犯扱いですね。
よく知らない人と一緒に国境を超えるのは、そういう意味で危険です。
いい教訓になりました。
めげるなR君。
 

<写真>2005年5月4日/NeedlesからSeligmanへ/アメリカ

2008年12月13日(土)[ペンション・アミーゴ59泊目]

祐子は終わらない仕事に振り回され、アクセサリー作りは深夜にまで及ぶ。
祐子、日々力戦奮闘中。
ボクはリュータロー君お勧めのギターの弦、Elixirに張り替えて、チューニング中に弦を切ってしまい虚脱。
麻雀。意気消沈。牌の音が虚ろに響く。
「他人に勝つより、自分に勝て」
NHKの執筆
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→トマトとベーコンのスパゲティを午後から仕込んで、みっちー、みゆきちゃん、よしえちゃんに振る舞う
 

〈B級写真〉身から出た錆の色気

 
2005-05-04P38.jpg
アメリカって、というよりはルート66号線沿いには、錆びたクラシックカーがさり気なく放置してあって、無茶苦茶かっこいいです。
ガソリンスタンドの給油機の横に停めてあったり、路駐してたり、駐車場だったりして、"今でも現役"風の演出が憎いです。
マネキン人形とセットになったもの(クリック→)には痺れました。
お持ち帰りできないので、写真に撮って我慢です。
わけわからんアイドルを追いかけるカメラ小僧の気持ちが、少しだけ理解できます。
 

<写真>2005年5月4日/NeedlesからSeligmanへ/アメリカ

2008年12月14日(日)[ペンション・アミーゴ60泊目]

祐子はうっちー、他数名で泊まりがけの旅行へ出かけました。
アメリカの五大湖から渡って来る蝶が目的です。
ボクは仕事があるので、留守番。
そして独身。
昼寝したらあっという間に夜。
こうして貴重な独身生活は何もせずに終わっていくのです。
踊り子のみゆきちゃんとワインを飲みかわし、旅立ちを見送る。
 
深夜、リュータロー君とチェリーのジョギングに付き合って、メキシコの夜を徘徊。
ビール、テキーラ、深夜の焼きそばがのど元まで上がってきて、へろへろ。
トレーニングにならず、皆の足を引っ張り申し訳ない。
若いとき体力がなかったので、今体力があるわけもなく、はっきり言って全然ありません。
ジョギングコースの折り返し地点は、多珍簿街です。
だから身の程知らずにも走ったんですが、車道に向かって立ち並ぶ彼女たちの素晴らしいこと。
どうして皆、あんなにお尻がもっこりしているのだろう?
実に見事です。芸術的です。
触りたくなるのもわかります。
最後にお釜を冷やかして解散。
ちなみにお釜に値段を訊いてみたら、200ペソでした。
詳細はわかりません。
朝方まで仕事。
 
朝→ホットケーキとベーコン
昼→焼きそば
夜→みっちーの特製スープとフランスパンとワイン
深夜→焼きそば
 

〈B級写真〉口にすべし楽しむべし『可口可楽』

 
2005-05-04P40.jpg
コカコーラはモルヒネ患者が作ったコカイン入り、ペプシコーラは薬剤師が作ったペプシン(消化酵素)入りで、それは昔の話です。
ペプシコーラは、ニクソン元副大統領、フルシチョフ書記長を経由してソ連と契約した、一番最初のアメリカ製品です。
一方コカコーラは、中華人民共和国へ最初に進出したアメリカ企業で、「コカコーラ○○学校」として学校への寄付が多すぎたため、田舎の人々は「コカコーラ」を英語で"学校"の意味だと勘違いしてるそうです。
インドへの進出は、政府から製法の公開を求められ断念。
また製法を隠すため、特許もとっていません。
それほど製法は極秘です。

 
それにしてもコカコーラの錆びた看板が、かっこいいです。
 

<写真>2005年5月4日/NeedlesからSeligmanへ/アメリカ

2008年12月15日(月)[ペンション・アミーゴ61泊目]

昼前に起きて、竹珍にギターのAmを教え、WalMartで買い出しをし、昼飯を作って食べ、夕食を仕込み、仕事してシエスタ。
チェリーのリクエストに応え、「ひぐらしのなく頃に」の挿入曲「you」の練習。
指が動きませんねん。
 
モナルカ蝶の聖地、オカンポ近郊のエル・ロサリオへ泊まりがけで出かけてた祐子が、夜に帰宿。
夫婦再会。
 
朝→寝坊して食べられず
昼→インスタントラーメンに卵とベーコン、そしてパクチー(シラントロ)
夜→チキンのトマトスープにシラントロ
 

巨漢カップルを盗み撮り


2005-05-21P05.jpg
甘えん坊のおデブさん、二人組です。
巨漢です。
寝ているところをわざわざ起こして写真に撮りたいとは言い難く、そりゃ知らない東洋人にいきなり起こされれば、彼らがどんなにいい奴でも怒るだろうし、ましてやこの二人は人相が悪いですから、隠し撮りしました。
彼女のお尻と太ももの境界線がどこなのか、わかりません。
つまりどこを触ると痴漢扱いされて、どの辺から許されるのか、について悩んでます。
 

2005年5月21日/シアトルのアムトラックの駅/アメリカ

2008年12月16日(火)[ペンション・アミーゴ62泊目]

祐子は指輪作り。
その後、みっちーとソカロへ買い物。
朝飯を食い、パティオで一服して、ネット。
学生証二人分を作る。
麻雀、なす術無し。
 
ギター「Bookends Theme」の練習。
これくらい単純でないと、気が狂いそうだ。
 
漫画を読み始める。
 
朝→宿のパンにハムをはさんで食べた
昼→インスタントラーメンにハム
夜→昨夜の残りのチキンスープ
 

化け物蝶


 
飛び交っているのは、モナルカ蝶です。
このモナルカ蝶ってすごい奴らで、蝶のくせにカナダからわざわざ3,100キロも飛んで来る渡り蝶です。
しかもです。
雄は全員ここで死んで、雌だけがメキシコからカナダへ向かいますが、5代かけて渡ります。
つまりどういう事かというと、渡り始めた本人はカナダへ着く前に死んじゃいます。
その子供もカナダへ到着できません。
孫でもありません。
ひ孫でもなく、ひひ孫でもなく、ひひひ孫になってようやくカナダに着きます。
すごすぎないですか。
しかも、しかもです。
先祖と同じ木にとまるそうです。
ホントかいな。誰が確かめたんでしょう。
しかも、しかもしかも不思議なことに、逆のコースを辿る場合、カナダからメキシコは一代で着くそうです。
なんなんでしょ。この差。
 
ミチョアカン州の小さな町アンガンゲオが有名ですが、ここはオカンポ近郊のエル・ロサリオです。
 

〈動画〉2008年12月15日/エル・ロサリオ/メキシコ

2008年12月17日(水)[ペンション・アミーゴ63泊目]

朝飯食って、
品のない学生証を数人分作りまくって、
美容師ケンちゃんに漫画のデータを大量に渡して、
漫画を読んでたら、昼になって、
韓国製のインスタントラーメン"オットギ"にトマトをぶち込んで食い、
のんびりする間もなく宿の図書室の整理にかかり、のこぎりで板を切り釘を打ち本棚を作り替え、掃除をして、気がついたら夕方になり、Walmartでチキンとワインを買って来て、鶏肉を炒め祐子がカレーを作り、もう夜だ。
いつもお腹をさすっているヨシエちゃんと最後の夜なので、ワインを飲む。
よしえちゃんのビキニ姿が見られなくて、心底残念です。無念です。
学生証を作ったお礼でビールをもらい、宿の掃除のお手伝いをして、パスちゃんからもビールを貰頂く。
労働のあとの夕暮れは心地よく気持ちいい。
人は、たまにはこういう爽やかな汗をかくといいのだ。
 
祐子はアクセサリーを作り、午後から青山の美容師ケンちゃんにばっさりと髪を切ってもらう。
ケンちゃんはただの美容師じゃないよ、知る人ぞ知る超有名店で働いていたカリスマ美容師なのだ。
 
タカギーとのんちゃんが帰宿。
タカギーの仕事について、無責任にあれこれ言いまくる。
 
朝→宿のパン
昼→トマト入りのインスタントラーメン"オットギ"
夜→カレー

旅の片道切符


2005-05-26P07.jpg
出国用の航空券を持っていないと、入国させてくれないケツの穴の小さい国がありまして、アメリカとかエクアドルとかブラジルとかがそうなんですが、じゃどうするかって話です。

ネットでキャンセル料金の発生しない出国用のチケットを予約して、予約確認をプリントする...だけです。

だからインチキじゃない、といえばインチキじゃないですね。
このチケットを使わないなら、お金を払わずにキャンセルしてしまいます。
ただこの方法がすべての国で通用するという保証はありません。ありませんよ。
単なる苦肉の策ですから。

もし出国用のチケットなしで飛んでしまったらどうなるかと言うと、この話はP師がエクアドルのキトへ行ったときですが、空港内で出国用のチケットを買わされます。
入国後、買わされたチケットをキャンセルすればいいのですが、なかなか苦労したそうです。
 
アルゼンチンのブエノスアイレスの某旅行代理店では、偽の航空券を発行してくれると有名です。
◯っくんだけは空港の窓口で偽物がばれましたが、翌日、偽航空券を再発行して、無事飛びました。
 

〈写真〉2005年05月26日/リマ/ペルーにて

2008年12月18日(木)[ペンション・アミーゴ64泊目]

午前中、リュータロー君、チェリー、ケンちゃんと屋上でギターの練習。
さながらBeatlesのGet Backのようです。
祐子は仕事、指輪作り。
メキシコ人のエミちゃんと話し込む祐子。
チャリダー二人組がレンタカーで到着。
竹笛を吹き、炎のPoiを舞う。
 
ブラジャーを盗まれる事件が起きて、もちろんボクのじゃないけど、現場の屋上でうろうろしていたのはボクで、限りなく怪しい。と疑われてるかもわからん。
 
ベジタリアンのサトコちゃんに食べてほしくて、ピーマンをじっくりとの丸焼きしてみたけれど、何故かピーマン汁がほとんど出なくて、失敗。
 
朝→祐子は宿のパン。拙者は寝坊して食べられなかった
昼→昨夜の残りのカレー
夜→すすむ君主催の焼き肉。pokin師直伝の焼き肉のタレが絶品
 

2008年12月19日(金)[ペンション・アミーゴ65泊目]

花粉症?
目が痒いです。
喉が痛い。
くしゃみが出ます。
 
屋上でギターの早朝練習。
ちっとも巧くならんで、ぢっと手を見る。
 
カリスマ美容師ケンちゃんに髪を切ってもらいました。
どんぐらいカリスマかっちゅーと、就職(青山のお店)倍率が400倍を突破してますから。
 
タカギーの炎のPoiとリュータロー君のギターのセッションを撮影。
余興で、ボクがデビルススティックで炎の舞いを踊る。
驚くほどのへたくそで、お粗末なり。
 
みっちーと最後の夜をパティオの月明かりの下、テキーラを飲んで明かす。
みっちーやさとこちゃんのような美人が語る下ネタは、胸に沁みます。
リュータロー君の脱線した人生に脱帽します。
 
朝→祐子は宿のパン。ボクはみっちーのスープ
昼→焼きそば
夜→ビセンテの屋台のタコス
夜食→みっちーのスープ。さとこちゃんのサラダ。リュータロー君のワインとテキーラ
 

ですよね


2005-05-04P37.jpg
だらだらと脈絡なくメモってたことをだらだらと記します。
 
変わるのに「遅すぎる」時はない
あなたが習慣を作り、その習慣があなたを作り出す(つまり、毎日の習慣が長い目で見たあなたの人生を作り出す)

あるCEOの経験に基づく「人生の12の法則」より

→43歳だって遅すぎないのです。ですよね。習慣。重要です。毎日コツコツシコシコ。これが一番難しいっす。けどこれからの人生、小さな習慣を身につけて、地道に日々を過ごします。とりあえず明日から...。いやキリよく来週から。
 
★危ぶむ無かれ、踏み出せば、その一歩が道となる
→ですよね。でも何も考えてないと、その一歩が死を招く...気もするんですよ
 
★「したいこと」よりも「すべきこと」と「できること」から始めましょう。人の評価の80%は、その人の業績のトップ20%で決まるという「20/80ルール」
ブライアン トレーシーの「カエルを食べてしまえ! 」より
→ボクは何ができるんだ? すべきこととは何だ? それが問題だす

★世の中は? それが無かった時代 ?に戻れない
→ですよね。どうにも戻れない
 
★向上心がない人の三つの特徴は、
一、物欲がない。

→意外にあります!
二、食が細い。
→若いときよりはそりゃぁねぇ...
三、テレビの話題が好き。
→好きじゃないです。テレビを見ないから話題に入れません
 
★人生をつまらなくしてるのはお前自身だ

→そうなんですよ。わかっちゃいるんです。わかっちゃいるけど...
 
★事実はない。あるのは解釈だけだ
(ニーチェ)
→すっげーわかります、わかりますよニーチェさん。わかりますとも
 
★もっとも早い成功の方法は
今の仕事で精一杯がんばった結果、
それに比例して流れてくるチャンスを
確実にそして時間と労力をかけて
1つずつ挑戦してことだよ。
そして、決してあきらめないこと。

→「今の仕事で精一杯がんば」るって一番重要ですよね。このネタで、若い人に説教したいです。今すぐしたいです。「比例して流れてくるチャンス」って、ほんまそうですやん。頑張らないでチャンスがやってくるかってーの! あー誰かに伝えたいっていうか、講釈たれたい。宿に誰かおらんかな

★やってみて、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ
(山本五十六)
→ですよね。でもやってみせるって面倒です。とりあえず祐子を誉めます。えーと毎日少しずつ
 

〈写真〉2005年5月4日/NeedlesからSeligmanへ/アメリカ

2008年12月20日(土)[ペンション・アミーゴ66泊目]

旅立つみっちーを見送るRタロー君の目に光るものを見た。
...かも知れない。...こともない。...のは嘘です。正直言うと...
去り行く笑顔大賞のちゃこちゃんを抱きしめる。
ちゃこちゃんにスペイン語を教えたのはボクです。
間違ってたらごめんなさい。
 
のんちゃんの誕生日なので、こっそりと『Happy Birthday』バンドを結成し、屋上でひっそりと練習。
夜19時、パティオのベンチ座る高木夫妻。
何も知らないのんちゃんの横の階段脇で、何気にジャンベを叩き出したユーキ君。
ぽこぽこ。
サプライズドPartyの始まりです。
おもむろに夫妻の前に座り、ムビラでたどたどしく『Happy Birthhday』を弾きだすやや不自然なすすむくん。
ぽこぽこぴんぽんぺん。
パチカ(アサラト)を振りながら、小躍りするまさえちゃん。
ぽこぽこぴんぽんぺんしゃんしゃん。
そしてリュータロー君のリードギターが唸り、ボクのサイドギターが控えめにしゃんしゃん。
トヨちゃんと祐子の共同制作のプリンにろうそくを灯し、リードボーカルのケンちゃんにあわせてHappy Birthday!の大合唱。
これで泣かない人はいまい。

朝→食べなかった
昼→屋台のタコス
夜→白身魚の煮付け。竹家からのお刺身。
 

3,000円の仕事で手数料取られて、振込は3,000円から


ピクチャ 1.png
こんなん見つけまして。

『仕事マーケットプレイス Lancers』

個人や法人同士が色んな仕事を安全に直接取引できるサイト!
だそうで、ボクのようなデザイナーだと、このサイトで仕事を探して、無料コンペに参加するってーことです。
で、採用されるとお金が貰える仕組みですね。
こんなん、誰かやる人おるんやろか。
でも世界旅行しながら稼げるってことです。
 
で、どんな仕事があるのかといえば、
SSHでサーバに接続して毎日自動でファイルを取得するシェルスクリプトを作成頂けませんでしょうか

これが3,000円。
なんだか知らないけど、さっぱりわからないけど、3,000円って安くない? って感じです。
でも4人ほど参加してます。次は、
2009年度のかわいいイラスト入り年賀状の作成をお願いします。

これは1,000円。
さ、寂しい...しかも
事務手数料(イーバンク・ジャパンネットバンクは100円。それ以外は500円)を差し引く

っていうし、さらに
出金は3,000円から

お金、貰えないじゃん...

2008年12月21日(日)[ペンション・アミーゴ67泊目]

ボクは鼻風邪かもしれない。
いっこうに指が思い通りにならないギターの練習。
 
祐子はアクセサリー作りに忙しい。
 
うっちー、帰宿。
たかーぎ君の商売の打ち合わせ。
ルチャ・リブレの真性包茎、いや新星、チェリー君のマスクのデザインを引き受ける。
これがなかなかたいへんそうだ。
 
朝→バナナやらパンやら
昼→トマトにオイルサーディンを突っ込んで煮たスパゲティ。塩気が足りず反省深く
夜→昨夜の残りの魚の煮込みとイカの炊き込みご飯
深夜→焼きそば
  

2008年12月22日(月)[ペンション・アミーゴ68泊目]

祐子は朝から指輪作りに勤しむ。
ボクは、朝からチェリー君のルチャ・リブレ(プロレス)用のマスクのデザインに精を出す。
誰に頼まれたわけでもないのに、高木君の誕生日プレゼントとして"炎の舞い認定書"、ケンちゃんに"カリスマ美容師認定書"を作成したりする。
ボクのスキルはこんなとこで役に立ってます。
夕食の韓国料理屋で、ウェートレスのメヒカーナに
「もっこり、ください」
自爆。
 
夜、アミーゴ恒例のケーキに顔を埋めるバースディパーティ開催。
ケンちゃん、Rタロー君とチャリーの三人組、半裸にいたずら書き満載で登場。
どんだけ仲良しなんだか、あんたたち。羨ましいよ。
パティオはケーキの投げ合い、なすり付け合いで、鼻の穴から白いクリーム垂らした変態たちで阿鼻狂乱、狂喜乱舞の酒池肉林。
 
ウッチーの弾くマンドリンの朴訥な音色が、涙を誘う月夜の晩。
 
朝→宿のパンをバナナで食う
昼→美人パティシエのサトコちゃんと、カズさん御用達のエンパナーダの屋台を探すが見つからず、半屋台でタコスを食う
夜→日本びいきのメヒカーナのエミちゃんとRタロー君と四人で、韓国料理を食いに出かける
 

マスクのデザインをしてみた


R0013285.jpg
ルチャ・リブレ(プロレス)の修業をしてるチェリー君のデビュー戦が決まりました。
来年2009年1月5日で、会場はまだ未定です。
で、リングで冠るマスクのデザインを頼まれて、上の写真を参考にちょちょちょとデザインしてます。
彼の希望は、青色系でマスクの左右に羽のようなぴらぴらが付いた顎だしタイプです。
彼の人一倍控えめな性格と少し困ったような顔をなんとか一万倍強く見えるようにしたいです。
で、モチーフに浮かんだのは、羽の生えた馬。
四苦八苦の試行錯誤を繰り返し、七転八倒の苦しみを経て、やっと辿り着いたラフスケッチがこれです↓
ピクチャ 2.png
今日はここまでで勘弁してください。
明日また頑張りますから。
 
で、今頃なんなんですが、ボクは絵がへたくそだからデザイナーになったのです。
期待しても無駄です、チェリー君。 
 

2008年12月23日(火)[ペンション・アミーゴ69泊目]

祐子は朝から仕事で忙しいです。
自慢じゃないけど、働き者の妻です。
ボクはやりたいことをやりたいときにやりたいだけしてます。
威張る訳じゃないけど、基本、怠け者です。
 
部屋でくつろいでいると、屋上からRタロー君の語尾がオクターブ裏返る声が、
「ギター弾いてますよぉぉぉぉぉ」
というわけで、午前中はリズムアンドブルースの練習。
そして漫画『東京プー』、そのまま昼寝。
 
夕食後、移動遊園地と出店で賑わう独立記念塔広場へ散歩。
フリーフォールに挑戦して、金玉が縮まる。
恐くてシャレになりません。
続けてサトコちゃんが推薦する簡易版ジェットコースターに乗れば、ものすごく短いコースを狂ったように何度もまわり続け、げろ吐く寸前まで具合悪くなる。
しばし寝て、皆川杯麻雀。
三着三着と散々。
 
朝→宿のパンをバナナで食らう
昼→韓国のインスタントラーメン"オットギ"
夜→トマトやらシナントロやらリンゴやらを突っ込んだカレー
 

ここで吐いたら効果絶倫


 
今宵、寸止め嘔吐でした。
独立記念塔広場の移動遊園地の簡易ジェットコースター。
短いコースを、いや短いからこそなのか、ぐるぐると何度も何度もまわりまわって、さらにまわってそれでもまわって、もう勘弁してください。
許してください。
吐きます。
一杯飲んでるし、さっきカレーを食ったばかしだし、ここで吐いたら効果絶倫です。
で、もひとつ言うと、身体を固定する安全バーが外れそうで、怖くてイキそうです。
 
Youtubeに映っている二人は、Rタロー君とオージーサトコちゃんです。
で、現場の独立記念塔広場は毎年年末年始は、出店と移動遊園地で賑わいます。
ペンションアミーゴから歩いて一分。
毎晩、お祭りです。

甲斐性なしの貯金

 
u 2008-10-29 14-44-03.JPG
旅をして三年半。
細々と仕事を続けていますが、なんせ稼ぎが悪いです。

支給金額 100,000円。
健康保険で 4,571円引かれて
年金でも 7,521円引かれて
手取りは 87,908円です。
祐子はもっと安くて
支給金額 50,000円。
健康保険で 2,705円引かれて
年金でも 7,521円引かれて
手取りは 39,774円です。
ふたり合わせて 127,682円也

手取り年収153万円
安っ!
 
でもまっ、中南米なら食ってけます。
頑張れば、貯金ができます。
甲斐性なしには天国です。
 
<写真>2008年10月29日/メキシコシティのケーキ屋の壁のイラスト/メキシコ

2008年12月24日(水)[ペンション・アミーゴ70泊目]

朝飯食って、韓国の諜報員PK、ほか一名。
屋上でギターの練習をして、昼飯食って昼寝して、屋上で麻雀をして、晩飯食って、図書室で麻雀して、パティオで大騒ぎして、酒飲んで寝る。
祐子は仕事して、Rタロー君とSilverWingを二ケツして、日本食材店へ出かけ、酒飲んで寝る。
 
朝→宿のパンとバナナ
昼→イカめしをバターで炒めたチャーハン
夜→昨夜のカレー
 

住民票を抜く不幸

 
PICT0011.JPG
麻生さんがせっかくくれるっていう「定額給付金」。
ボクらは貰えないようです。
住民票を抜いているから...。
就労目的で在留する外国人や留学生は、給付されるらしいのに。
なんとかならないですかね。
 
支給額が約1兆9570億円。
日本ってやっぱり金持ってるね。
1人当たり1万2000円で、65歳以上と18歳以下には8000円もプラスとは、どんなサービスかいな。
せめて半額だけでもなんとかなりませんかね。
 

<写真>2008年10月6日だと思うんだけど/New Minus/カナダ

2008年12月25日(木)[ペンション・アミーゴ71泊目]

今宵がペンションアミーゴの全体クリスマスパーティで、一人一品料理か酒を提供です。
で、ボクは鶏の唐揚げ。
祐子はキッシュ。
時々屋上でちっとも上手にならないギターの練習。
さらには屋上で、高木君とのんちゃんの"手"の撮影。
この"手"の写真は、彼らがこれから立ち上げる会社のロゴマークのデザイン用です。
そうです、たかーぎ夫妻は会社を作るのです。
この新会社にボクらの老後を託したい。
 
一品持ち寄りクリスマスパーティの開催寸前から爆発、現地解散まで。
午後六時、キッチンは揚げ物、焼き物、巻物、こね物、茹で物、巨大な鍋、怪しい鍋、煙を吐くフライパン、卵の殻、小麦粉、油、醤油、深皿、小皿、丼で溢れ、切ったりこねたり混ぜたり、ガス台に並ぶ人、探し物をする人、立ち尽くす人、リビングからキッチンへ移動する人、キッチンからリビングへ戻る人、野菜を洗い手を洗い、ビールを抜きワインを抜きコップを配り、いつまでも卵を焼いているチェリー君を呼び、部屋の片隅で気配を消して佇むチェリー君を中央ステージに立たせ、人いきれで収拾不能の現場はススム君のやる気のない「メリークリスマス」のかけ声で、人心が一本化されて乾杯!
シャンパンを抜き、黒煙を吐いたコロッケを食べ、テキーラとサングリータを一気飲みし、「よしさんの唐揚げが美味しい」と言われて照れ、ジャガイモサラダとアボガドサラダ、写真を撮り、ポーズをとり、焼き肉を食らい、サトコちゃんの芸術的なケーキにぷるぷると感動し、豚の角煮に感嘆の嬌声が上がり、勢いあまってパティオに流れ、車座になって月夜の下、心の底に大切にしまっていた性癖を発表して皆の裁断を受ける。
ユーキ君のジャンベで高木君が炎のPoiを舞い、Rタロー君の爆裂ギターで再び踊り、デジカメのメモリが一杯になって撮影不能になり、"Rタローうきうきバンド"がメキシコの夜を貫く。
果てしない宴会に呆れて部屋へ戻る人、体力の限界を感じて寝る人、限界を飛び越えて吐く人、介抱する人、お尻を叩かれるのが普通だと告る人、Eカップの人、それぞれにそれぞれのクリスマス。
 
サトコちゃんから手編みのクリスマスプレゼントを頂く。
嬉しい。
 
朝→フレンチトースト
昼→一昨日の残りのカレー
夜→一品持ち寄りクリスマスパーティ
 

〈アミーゴ〉変わり果てたのは

 
2005-07-14p43.jpg
アミーゴの正しい過ごし方に、パティオで徘徊っていうのがありまして、うっちーなんかはその大家で、しょっちゅう三本線のジャージのお尻に両手を突っ込んで、生尻をかきかきうろうろしてます。
ベンチに座って、タバコを吸ったり水を飲んだり遠くを見たり、あるいは焦点が定まらずに宙を眺めてる人もいます。
それもありです。
 
で先日の暇なとき、いつも基本的に暇なんですが、隣りに座ってる見知らぬ自転車青年に声をかけてみました。
どっから走って来たの?
チャリダーへの質問はいつだってこれです。
へー、ユタ州。ずいぶん中途半端なとっから来たんだね。あんたモルモン? それともホルモン?
ちゅーような、つまらない冗談は言いませんが、
三年前にはアラスカ、カナダを走ってたと言うんで、
ボクらもちょうど同じ頃、その辺をスクーターで走ってたんだわって意気投合したりして。
で、チャリダーの誰々に会っただの、熊を見ただのって言ってたら彼が突然、っていうか目を見開き一拍おいて、
もしかして石澤さん?
今度はボクが一拍おいて、
君、誰?
 
こんな風にタクヤ君と三年半ぶりの再会をしたわけです。
抱き合って涙を流したっていうのは嘘ですが、お互いにしばらく気づかなかったというのが、それなりに感動を盛り上げてくれたわけです。
彼が言うには、ボクが眼鏡をかけずにデブってるのがいけないらしいし、ボクにしてみれば、タクヤ君が変わり果てたせいです。
昔の彼は、ちょっとジャニーズ系でした(上の写真参照)。
今は↓、こんなんなっちゃいました。
R0013362.jpg
三年前の風になびくような爽やかな長髪が、三年も切らずにいてこれかいな!的なふにゃふにゃ無精髭になってしまいまして。
どっか生き方を間違ってるんじゃないですかね、タクヤ君。
で、タクヤ君とボクらの縁は他にもあって、彼の職場は新宿三丁目の居酒屋"どんじゃか"。
ボクはそのビルの地階の"ふらて"でよく飲みます。
つまり日本では、週に一、二度は半径20メートル内にいたわけです。
ときどき"ふらて"に水が滴るのは、彼の気合いが入った掃除が原因です。
 

〈上の写真〉2008年7月14日/ビーバークリーク/カナダ

2008年12月26日(金)[ペンション・アミーゴ72泊目]

ボクは部屋にこもって、高木君が立ち上げる会社のロゴマーク作り。
社名は、芸術をスペイン語にしたarteと手を意味するmanoを合わせた造語、artemano(アルテマノ)。
えーと拙者のアイディアです。
手作りする芸術って事ですね。
社名の書体は手書き風、手のイラストをアレンジして、手作り感を演出。
気に入ってくれるといいのですが...
それにしてもMacにネットからダウンロードしたfontを入れられないのはなぜ?
祐子は、日差しの強い屋上の日陰で指輪作り。
漫画が難し過ぎるので諦め、ほかを読み始める。
 
サトコちゃんが最後の夜だからって、カクテルを作ったりあっち行ったりこっち行ったりのRタロー君。
落ち着け!
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン"オットギ"
夜→Pokin式焼き肉のタレをススム君から教わって、つまり焼き肉
 

目隠しプレー


R0013339.jpg
メキシコのクリスマスの楽しみ方に、ピニャータ割りがあります。
新聞紙なんかを固めて、中にお菓子やらなにやらを詰め込んで、外側を飾り付けた巨大な星を高いところにぶら下げて、目隠しした人がぶっ叩くゲームです。
日本のスイカ割りの立体版です。
 
今年のペンションアミーゴのクリスマスイブは、タコス屋の御曹司ビセンテの提供で、ピニャータ割り盛り上がりました。
しかも二回。
写真の左上に写ってるのが、二回目用のピニャータです。
今まさにピニャータをぶっ叩こうとしてるのが、マンドリン部の部長です。
星を割って出て来たのは、サトウキビとかそういうので、サトウキビは食わず嫌いです。
あと変なジャガイモみたいな果物をTaeちゃんから貰いましたが、これまた食わず嫌いです。
 

〈写真〉2008年12月24日/メキシコシティ/メキシコ

2008年12月27日(土)[ペンション・アミーゴ73泊目]

NHKの執筆。
仕事。
祐子は指輪作り。
写真のプリント。

夜、麻雀。
偽名を使っても勝てない。
 
朝→宿のパンをぼそぼそと
昼→うどん
夜→鶏肉を焼く。山芋だと思ったんだけど、よくわかない不明の芋だった
 

〈旅道具の候補〉SDカード型無線LANカード

 
eye-fi_2.jpg


このSDカードを使うと、いちいちデジカメをパソコンに繋がなくても、データがパソコンへ移動するそうです。
いつかはそういう時代になるんじゃないかと思ってたけど。

Wi-Fiで。
楽だ。
欲しい。
 
Eye-Fi Share(2GB)で、9980円かぁ...
 

2008年12月28日(日)[ペンション・アミーゴ74泊目]

日曜日は朝食が出ないので、よく寝坊するわけです。
で、少ない午前中は、少々仕事。
今年最後の納品です。
この不景気にメキシコくんだりで仕事を頂ける我が身の幸運を噛み締めつつ、一打一打に魂を込めてクリッククリックしております。
 
近頃はRタロー君の熱い情熱にほだされて、ギターを弾いたりするわけで、そのRタロー君がブルースハープを吹いたり吸ったりするもんだから、ボクも欲しいじゃないですか。
それに彼はまだ初心者だから、心強いし。
そんなわけで午後、Rタロー君とブルースハープを買いに楽器街へ散歩。
日曜日だからかクリスマス休暇が続いているのか、ほとんどのお店が休みで、今日のところは断念。
ブルースは遠い。
 
夜、麻雀。
勝てないのを不運のせいにしてまして、かと言って展開を変えられず、現状打破を祈念してエントリーネームをホルヘに改名し、連勝。
祐子はギターの練習。
 
朝→食べなかった
昼→インスタントラーメン"オットギ"
夜→トマト入りチキンカレーをエミちゃん、Rタロー君と作って食う
 

生でイキます


PICT0007.jpg
1月1日、NHKの生出演決定! です。
番組名は「おめでとう地球ラジオ2009」で、午後5時17分ごろの出演で通算8回目です。
去年はパラグアイのペンション園田で、餅つきをして実にお正月らしい日本で過ごすより全然日本っぽい年越しでしたが、今年はメキシコシティの殺風景な元旦をお伝えするんじゃないでしょか。
酒飲んで蕎麦食って酒飲んで、麻雀の打ち納めと打ち始めです。
シティは花火も上がらないっていうし、地味です。
公共の電波を飛ばすほどのことはありません。
 
この電話生出演、ボクは同情を引くほど下手でして、よくテレビで見かける不器用な田舎のオヤジが、ボクです。
棒読み。作文。間、悪し。
芸能人を目指さなくてヨカッタと本気で思ってます。 
 

〈写真〉メキシコシティ/メキシコ/サトミさんのお土産コレクションより

2008年12月29日(月)[ペンション・アミーゴ75泊目]

祐子は洗濯屋へ行って、屋上で指輪を作り、美人韓国人のひょんちゃんから日本語を教わる。
指輪は注文が溜まってて、ギターを買ったタケノちゃん、高校生のゴンちゃん、札幌のタエちゃん、メキシコ人のEmiちゃん、越谷レディースの奈央ちゃんの指輪、料理の鉄人すすむくんのネックレス。
ボクは午後、Rタロー君と楽器街へ出かけ、ブルースハープを購入。
HohnerのBluesHarpのCがなかなか見つからず、全店を探索。
麻雀、いいとこなし。
深夜、ジャンベ奏者のユーキ君を見送る。
 
朝→宿のパン
昼→昨夜のカレー
夜→パスちゃんから貰ったロンガニサを焼き、昨夜のサラダとジャガイモバター
 

〈旅のお買い物〉HohnerのBLUES HARP


PICT0003.jpg
どうしても人の持っている物が欲しいっていう性格でもないのですが、Rタロー君のブルースハープを見て、我慢できなくなりました。

HohnerのBLUES HARPのC
420ペソ。日本円で2,940円くらいです。
そんなもん買って吹けるのかよあんた? って言う人もおるでしょうが、それは愚問です。
もちろん吹けません。
髪の毛がふさふさだった昔に練習したことがあるけど今は吹けない竹氏のアドバイスで、ドレミを単音で鳴らしてます。
BLUES HARPの基本だそうです。
で、基本練習はすぐに飽きて「ドレミのうた」に挑戦。
息切れがして辛いです。
「ドレミのうた」がこんなにHardRockしてたとは、知りもせなんだ。
 
夜、パティオでRタロー君のギターとセッションしてみたのですが、なかなかどーしてこーしていやはやなんともって感じで、癖になりそうです。
混ざった音というか、濁った音というか、とにかくセクシーな音色がおかず沢山で、思わずにやにやしてしまいます。
ボクのような全くの素人でも、なんか様になってるような錯覚や、あるいはきまってるような幻覚に襲われました。
恐るべしHonerのBLUES HARP!
もちろん耳の肥えた人には聴かせられない門外不出のセッションです。
 

2008年12月30日(火)[ペンション・アミーゴ76泊目]

朝から仕事。
仕事納めです。
2009年も仕事がありますように(祈)。
 
祐子は絵はがきを書いたり、家計簿を付けたりととにかくボクの100倍忙しいですわ。
それなのにソナロッサ地区の韓国食材店まで買い物にも行かせてしまい、申し訳ないです。
 
ここペンションアミーゴに二台目の冷蔵庫が設置され、新しい時代への幕開けです。
でも、これは別に今年一年この宿が儲かったからご褒美に購入したわけじゃなくて、パス家が冷蔵庫を買ったので、古いのがところてん式に出て来ただけです。
それだけです、言ってみれば。
 
Rタロー君のギターに合わせて、ブルースハープでセッション。
どうなんでしょ、ボクら。
妙に楽しいんだけど...
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメンと先日の残りのサラダ
夜→ステーキをpokin式焼き肉のタレで食らう
 

放置"株"を見ると目眩がする

 
ピクチャ 1.png
どもならんほど株価が下がってしまって、放置プレイ中の4銘柄です。
前回、10月14日に見たときは、合計1,864,000円の赤字(目減り)!
で、今回は

2,653,000円の赤字!

わずか一ヶ月ちょいで、

789,000円も増えてます!

目眩がします。
今年は33件も上場企業が倒産して過去最高だったから、倒産しなかっただけでもありがたいのかもしれません。
感謝すべきですかね。
誰にお礼を述べたらいいのでしょう。
やっぱり従業員の皆様にですよね。
愛を込めて... 
 
 
 
 
 

働け!
 

 

2008年度を総括してみる


PICT0006.jpg
2008年の新年は、パラグアイのイグアス移住地、最後の楽園と誉れ高かった日本人宿ペンション園田
元旦早々、Windows機が壊れました。
余興でパラグアイの運転免許証を取得。
一度も使わず、無駄遣いに終わる。
二月、ブラジルへ。
カンポ・グランジで沖縄蕎麦を食い、サンパウロの居酒屋"つがる"でカラオケを歌い視力矯正手術を受け「醤油」のTatooを入れ、ブラジリア、サルバドール、ジェリコアコアラ経由で秘境アティンスへベレンからアマゾン河を渡ってマカパ、4月14日ギアナ三国へ突入。
フランス領ギアナの県庁所在地カイエンヌから、スリナムの首都パラマリボへ、ガイアナ協同共和国の首都ジョージ・タウンで生焼けのケンタッキーフライドチキンを食う。
4月末一時帰国。
2,333,215円も散在し、破産する前に7月カナダのバンクーバーへ飛ぶ。
二台目のSilver Wingを買って、東へ北へ爆走16,000キロ。
9月、アメリカ大陸最東端のスピアー岬到着。
10月、1カナダドル105円で買った二台目Silver Wingを1カナダドル85円で売って、為替損の厳しさを肌で勉強し、世界経済に翻弄されながら暖かいメキシコへ。
以降、タコスを食いビールを飲み、ギターを買い、ブルースハープを買い、麻雀の支払いは565ペソにのぼり、だらだらと日本人宿のペンションアミーゴで堕落した日々を過ごしております。
いやヨーロッパが暖かくなるのを待ってます。
いわゆる季節待ちって奴です。
投資成績は、株が下がり続け2,653,000円の目減り、為替では105円が90円に。
見事な攻撃です。
老後は確実に暗くなってきました。
っていうか、もはや老後なんてないかも...
 

〈写真〉サトミお母さんの奇怪なお土産コレクションより/メキシコシティ

2008年12月31日(水)[ペンション・アミーゴ77泊目]

今宵は大晦日です。
不覚にもペンションアミーゴで迎えるとは...
 
朝から年賀メール。
屋上でギター、ブルースハープ(蛍の光)の練習。
Rタロー君の運転するSilver Wingの後ろに乗って、サンファン市場、そしてソナロッサの韓国食材店へ、鍋の食材を買いに出かける。
渋滞、警官多し。
 
宿全体で鍋、雑炊、蕎麦、日本酒。
Rタロー君のギターとブルースハープのセッション。
そして深夜にNHKの生出演。
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン
夜→鍋、雑炊、蕎麦
 

お金を返してください


PICT0024.jpg
2008年の3月1日にドル預金しちゃってます。
1ドル105.1円のときと、104.19円のとき。
思いっきり欲の皮を突っ張らかしてました。
バリバリに。
今90円...
105円なんて一生来ないような気がします。
後悔を公開してます。
 

〈写真〉2008年11月1日/メキシコシティ、ソカロにて/メキシコ