|  Top  |  Menu  | 

« 2008年 | メイン | 2010年 »

2009年01月01日(木)[ペンション・アミーゴ78泊目]

雑煮を食べて屋上でギターの練習をちょろりとして、ネット。
祐子はRタロー君とレフォルマ222へ買いものへ出かける。
ビルは開いていてもテナントは休み。
何も買えず。
写真データをHDへ移動し、DVDへコピー。
ボクは昼寝、祐子はギターの練習「禁じられた遊び」

麻雀。最悪。
 
朝→餅入り雑煮
昼→白菜とベーコンのスパゲティ
夜→ベーコンエッグと鮭の刺身
 

メキシコについて喋ってみる

 
PICT0002.jpg
メキシコシティはとりあえず停電はないし、舗装道路だし、立ちション便は見かけないし、物乞いも少ないし、野良犬はいないし、でも犬の糞は多いです。
気をつけないと、普通に踏みます。
それぐらいの都会です。
上下水道は管が細く老朽化し、いまだにトイレットペーパーは流せません。
即効で詰まります。
まぁ中南米はどこも同じですけど。
聞いた話では、水道水の6割は水道管から地中に漏れているそうです。
だから地域によっては、水があるのに水不足だったりします。
M氏はシティの郊外に一軒家を借りていますが、断水を理由にして、アミーゴに麻雀を打ちに来ます。麻雀がしたいとは、素直に言いません。
 
メキシコシティで働くと、例えば日本料理店の皿洗いは、一時間20ペソぐらいです。
日本円にすると140円くらいなんですが、チップがひと月1,000ペソ(7000円)ぐらい貰えます。
3年前、前出のM氏がメキシコシティの旅行代理店で働いていたときは、月給8,000ペソ(56,000円。1ペソ7円計算です)。
二年目からは交渉次第で、14,000ペソ(98.000円)に昇給したりします。
今年からサラリーマンを始めた麻雀青年も、月給8,000ペソ(56,000円)スタートです。
メキシコでは賞与があって、利益分を翌年に支払うシステムなので、退職したあとでも支給されることがあります。
この辺は日本と大きく違います。
あと1年目は有給休暇がないそうです。
家政婦のアルバイトは、一日3時間で週4日、1,100ペソ(7,700円)。
ボクら夫婦のひと月の生活費は、例えば11月だと60,275円なので、一人暮らしなら楽勝です。
質素倹約、慎ましくしていれば、貯金も出来ます。
日本で貧乏するよりいいかもしれません。
不法就労かと言えば、必ずしもそうではありません。
いろいろと手があります。
差し支えがあるとあれなので、ここでは触れませんが。
 

〈写真〉2009年01月02日/メキシコシティ、ペンションアミーゴにて/メキシコ

2009年01月02日(金)[ペンション・アミーゴ79泊目]

祐子は屋上で指輪作り。
屋上が一番暖かくて明るくていいです。
ボクは部屋や屋上でギターの練習。
部屋は人に練習を聴かれないけど、やや寂しい。
 
宿内で陽の当たる部屋へ引っ越す。

夜、ジュゴンとオットセイを肴に飲む。

朝→
昼→トマトとベーコンのスパゲティ
夜→ビセンテの屋台でタコス
 

メキシコについて勉強してみた


PICT0003.jpg
なんだかんだともう80日もメキシコにいるので、メキシコについて勉強してみた。
 
国名は、メキシコ合衆国。
意外に立派な名前です。
昔アステカ帝国が栄えてて、奴隷1人がカカオ豆500?700粒で買えたそうですが、スペインに滅ぼされて、奴隷にされてます。
長いスペインの統治からやっとこさ独立したら、アメリカとの戦争に負けてテキサスとカリフォルニアを盗られてます。
そんな盗人アメリカに、フランスに占領された(傀儡政権)ときに助けてもらい、複雑な気持ちです。
20世紀中頃には石油や銀が産出されて儲けてるのに、何故か逆に莫大な対外負債を抱えたんですから、アメリカか誰かに騙されてるんじゃないでしょうか。
現在GDPは世界14位ですが、ゴールドマン・サックス社の予想では2050年には日本を抜いて5位になるそうです。
頑張れ日本!
 

〈写真〉2009年01月03日/ペンションアミーゴの窓から/メキシコ

2009年01月03日(土)[ペンション・アミーゴ80泊目]

昨夜飲み過ぎで頭が痛い。
テキーラを5センチ呑むと、二日酔いになるのか。
昼過ぎまで寝て、昼食を食べてベッドで漫画『パッパカパー』
陶芸家M氏のブログを探すが見つからず。
祐子はRタロー君の運転するSilver Wingに乗って、レフォルマ222へショッピング。
そして指輪作りにギター『禁じられた遊び』
 
新居は明るくて広い。
麻雀。
 
朝→祐子は宿のパン。ボクは食べない
昼→蕎麦
夜→豚汁
 

2009年01月04日(日)[ペンション・アミーゴ81泊目]

ルチャ青年のマスクのデザインでほぼ1日。
なかなか難しい。
祐子は、屋上でネックレス作り。
麻雀。ひどいもんだ。
 
朝→昨夜の豚汁
昼→昨夜の豚汁
夜→韓国人の青年Taewooのプルコギ。マシソヨ
 

プロレスのマスクをデザインしてみた


マスク_06.jpg
明日2009年1月5日、青年チェリーのルチャ・リブレ(プロレス)のデビュー戦です。
宿の者ほとんど総出で応援に駆けつけます。
なのに会場が今になってもわかりません。
大丈夫かい、青年。
まさか遅刻して不戦敗になるんじゃないだろうね。
笑えないよ、それ。
ボクらが暴れるよ。
 
明日の彼のコスチュームは、特注の青いビニールの長ズボンに黒いタンクトップ。
左足に彼の名前がローマ字で縫われてますが、Kの字が逆です。
どゆこと?
で、残念ながらまだリングネームがありません。
しかもマスクなしです。
本名で素顔だから、風俗だったら親バレです。
毎晩筋トレをしてプロティンを飲んで筋肉倍増中の彼ですが、体重は減ってるそうです。
ボクは何もしてませんが、増量中です。
 
で、ボクがデザインしているマスクは、やがて彼がリングネームを持ったとき用です。
もう二戦目のオファーが入ったようなので、その日も近いかもしれません。
アニモ(スペイン語で頑張れの意)!
 

〈写真〉マスクのデザイン案のひとつ/メキシコ

2009年01月05日(月)[ペンション・アミーゴ82泊目]

うっちー32歳、メキシコにおけるサラリーマン生活の初日です。
ひょんちゃんと祐子がわざわざ早起きして、出勤するうっちーの後ろ姿を見送りました。
働け! リーマン。
 
祐子、すすむくんのネックレス作りの追い込み。
そして完成。
韓国人のTaewooから新規受注あり。
儲かりませんが、忙しいですな。
 
チェリー君のルチャ・リブレデビュー戦を応援しに、旅人12人でぞろぞろとメトロを乗り換えて14駅も離れた指定された駅へ行けば、チェリー君が言うには、
駅のすぐ横が会場なので、簡単に見つかります。
なんですが、さっぱりわかりません。
屋台のお兄さんやらその辺のおっさんやらに、
今日のルチャ・リブレの会場ってどこですかね。
って訊きまくっても、誰も知りません。
えっ、ルチャが来るのって喜ばれたりしてました。
結局延々と歩き回るもやがて諦めて飯食って宿へ帰る也。
疲労困憊。寝る。
で、帰りのメトロで手帳を掏られた...らしい。
何処探してもないし落としたとは思えない。
満員電車で危ないなとは思ったけど、財布を持ってなかったから、警戒せず。
まぁ、金目の物がなかったからいいんだけど。
気が緩んでたです。
 
珍国際大学と万国際大学の新入生あり。
非常に下品で、評判がよろしいです。
 
朝→ご飯を炊いて祐子はpokin師から頂戴したお茶漬け。ボクはベーコンエッグにうっちーから頂戴したとろろ
昼→肉だんご定食。Rタロー君とおかわり
夜→キャベツと豚肉の炒めもの。とろろ
 

憧れのバイヤーデビュー

 
ピクチャ 2.png
海外旅行してっと、土産物屋あたりで誰でも思うのが、

これって日本で売れるんじゃねぇ?

なわけです。
でもね、売れませんって。あんた。
およしなさいって。
もしかしたらまぐれでひとつふたつぐらい売れるかもしれないけれど、そんなんでどうすんの。
日本への送料は高いし、持ち歩くと重いし。
近所のフリマじゃ値切られるだろうし、第一かったるいし。
やっぱネット?
ヤフオク?
 
なんて事をぐるぐる考えるわけです。
で、こんなサイトがあるんですけど、
バイヤーになるーwaja

ヘッドコピーが、
「wajaであなたもバイヤーデビューしませんか」

下のあたりには、
「「おまかせ出品」システムで、誰でも簡単にバイヤーになれます。」

どんだけ"おまかせ"かと言うと、
「ネットから出品申請手続きをし、商品をwajaに送るだけ!」

だそうです。
確かに簡単、楽チンですな。
で、"おまかせ"できるのが、
「写真の作成」とか
「商品の管理や販売」とか
「配送の手続き」

です。
じゃ、金関係はどうなんでしょう。
「登録料は無料」
「申請費というのがかかって、1申請ごとに200円」
「写真撮影費は、カラーバリエーションごとに200円」
「在庫保管費は、商品の大きさに応じて200〜1600円」
「売れたら売上報酬として、販売開始価格の10%」

です。で、
「これらのwaja利用料(出品費+売上報酬)は、商品の売上代金より差し引きますので、はじめに支払う必要はありません」

だそうです。
なんとなく信用できなくて、Webを細かく読んでくと、
「売上報酬は販売開始価格の10%(端数四捨五入)です。ただし、トライアルリーグのみ20%とします

なんて一文を小さく見つけました。
「トライアルリーグ」って何なのさってとこですが、今はキャンペーン期間中なので、
「キャンペーン期間中にバイヤー登録をしていただくと、トライアルリーグをスキップし、ブロンズリーグからのスタートとなります」

おいおい「ブロンズリーグ」って何よ?
と、謎は深まる一方です。
誰か試してみてくれないかなぁ...
 

1日1時間で月収30万円ぞ

 

 
ネットで金を稼ぐって、どうなんだろう。
アフィリエイトって、本当に儲かるんだろうか。
年中暇なボクは、そんなことを考えたりするわけです。
暇なくせに楽して儲けようと目論んだりするわけです。
ボクなんかは金の亡者じゃないけれど、信者だったりするものだから。
まぁどーせボクらのHPなんて屁みたいなものだから、と等身大に卑屈な自己申告だから(自分でも意味不明)、広告なんて載せてないのだけれど、気にしたりしてます。
 
で、こんなのを見つけまして。

100個のブログを作った。

要約すると、暇な大学生が
100個のブログを作った。

そんで、
広告を載せまくって

それから、
全てのブログを相互リンク

したそうです。
で、どのくらい儲かったかというと、
月収30万から45万円!!!!!!

げろげろですよね。ゲロゲロ。
嘘だよ嘘。と決めつけるようだと、お金持ちになれません。ここはひとつボクの顔に免じて一緒に信じてみませんか。
濡粟話(濡れ手に粟の略)を簡単に信じる人は、お金持ちになれず逆に借金まみれになるタイプだと思うけど...。
 
ちょと詳細を覗いてみまひょ。
まず、
はてなブックマーク』から適当な話題を拾って、例えば料理の話題なら、料理ブログを作る。

ってな具合で100個のブログを開設。で、ブログの完成度は
ふつうは完成写真を載せたりするんだろうけれど、中身に価値をもたらす気が毛頭ないので、文章だけ

だそうで、ひたすら
「間違えて広告をクリックしてしまう」ことだけを考えて、文章を書いた

そうです。
面倒な更新は、
1つのブログ更新を10分でしたとして、1時間で6個。10時間あれば60個

慣れて来たら、そんなにちょこちょこと更新しないで、
1日1時間くらいの作業

たった1時間!
ここちょっと信じられません。
眉タンっぽいです。かなり粘りっけのある。→眉唾を強調すると、眉タン...
で、儲かる仕組みなんだけど、
2ヶ月くらい経つと、かなり検索でひっかかるようになった

そうで、
1個のブログにつき1日500人くらい

の訪問があって、
1個のブログで、1日100-150円くらい

売り上げが立って、
100個のブログだから、1日10000円から15000円くらい

儲かり、つまり
月収30万から45万円!!!!!!

げろげろですよね。ゲロゲロ。
 
で、驚いてたら、
投稿の自動化までやらないと...。
自身のブログの実感だと、1日500アクセスで月2000円くらいかな。
100ブログ集まれば月20万円か!
自動化すれば1万ブログ位余裕で作成できるから2000万!

なんてこと言いだす奴もいたりします。
ボクは全く意味がわからないのだけれども、
俺は503(Service Unavailable)のエラーページに広告を貼っている

と言う輩もいて、何もしないでほったらかしで、
エラーページが一日に10万回以上表示されていて、クリック率が0.1%、クリック単価が30円強、月に10万円以上稼ぐ

さっぱりわかりませんが、とにかく楽して儲けてるそうですわ。
 
えーと、daisuke君でいくら儲けてんの?
 
〈動画〉2009年01月06日/ペンションアミーゴのK号室の窓から外を眺める/メキシコ

2009年01月06日(火)[ペンション・アミーゴ83泊目]

洗濯屋へ行ったら、何の相談もなく値上げしてて驚く。
去年まで3キロ28ペソ(196円。洗うだけで乾燥なしです)、今年から29ペソなんで7円の値上げです。
これもサブプライムローンの余波か。関係ないか。
もしかしてバイオ燃料の所為か。関係ないね、きっと。

軽くネットして、メトロのピノスアレス駅周辺の巨大な文房具店街へ向かって歩くに歩く。
軽く道に迷って、いや深く道に迷って、迷いに迷って男一人メキシコのモズク...
俺って海藻?
ボールペン一本だけ買って、WAL-MARTでトマトやらなんやらを買って、多珍簿を覗いて宿へ帰り、そのままキッチンへ入り、トマトやらなんやらを刻んでスパゲティを作りだす。
Rタロー君とEmiちゃんにスパゲティを振る舞って、竹氏のパソコンでM師のパスワードを使ってネット麻雀。
Rタロー君とEmiちゃんと4人でSTARBUCKSへ行き、ネット三昧。
深夜過ぎまで食堂にて懐メロロック。
 
朝→宿のパンとバナナ
昼→蕎麦にベーコンにゆで卵にほうれん草
夜→トマトとベーコンのスパゲティにチーズをのせたら、カルボナーラっぽくなってしまった
 

暇だから働こうかと思うんだが

 
ピクチャ 1.png
ボクらの世界一周は"旅"よりも"長期滞在"が目的で、TravelingというよりLivingで、気の長いMovingです。
で、暇なときちょこちょこと仕事して、小遣い稼ぎができると心置きなくビールが飲めまして、現にこの三年半ちょこちょこと稼いでて、おかげさまで好きなときに好きなだけビールを飲んでます。
それでもヨーロッパなんかだと物価も高いし、ワインなんかも飲みたいので、もう少し稼げないものかとWebを散歩してたら、こんなサイトを見つけました。

 『ジョブチャンネル@SOHO』

簡単に説明すると、
『SOHO・在宅勤務、副業』で仕事を探している方向けのサイトです。

ボクはSOHOなのか、在宅勤務なのか微妙です。
ちょいとサイト内を覗いてみると、例えば「イラスト・デザイン」をクリックすると、
テキストおよびデータ入力、InDesign組版、Illustrator版下作成

とか、
パチンコDTPデザイナー募集

とか、
A4カラー 両面チラシの作成

とか、
ブックデザイナー募集!

これなんか、まさにボクの専門にニヤピンなんだけど(専門は装丁)、ほかに
携帯向け絵本の作家募集

なんかが、SOHO、在宅勤務向けです。
実際は打ち合わせが必要なのもあるし、メキシコにいるなんて言ったら仕事をくれるかどうか、微妙中の微妙です。
まっ、仕事を貰えたらラッキー! ぐらいの気持ちです。
 
専門外ですが興味あるところで、
「執筆・ライティング・編集」

を覗いてたら、
「ブログ開設、簡単な記事作成投稿」

というのがあって、「お仕事の内容」をみると
100個の無料ブログサービスにて、アカウントの取得及びブログ開設後、各ブログ毎に1記事投稿して頂くお仕事

というのを見つけました。
これって、昨日のコレ
やってる人、いるんだね。
 
気になる報酬ですが、
100個のブログを作って(開設+1記事作成投稿)、10,000円です。
仮に1個のブログに10分かかるとすると、1,000分。
すなわち16時間強。
時給にすると、625円。
この時給625円を、例えば松山千春の住む北海道の足寄町のマクドナルドなんかと比べてみようとしたら、マクドナルド自体が存在するかどうかが心配だったんですが、足寄町のアルバイト・バイトを検索したら、ゼロ件でした。
ちはるぅぅ〜。
それとも宗男ぉぉぉ〜?
時給どころの話じゃないじゃん。
 

2009年01月07日(水)[ペンション・アミーゴ84泊目]

祐子は相変わらず指輪作りに追われる。
WalMartで買い物して、鶏の唐揚げの仕込みをして、昼寝。
早めに晩飯を食べて、Rタロー君とEmiちゃんと閉店までStarBucksへ。
宿に戻ってDVD「Beatles」とか「BBキング」とかを鑑賞。
 
朝→宿のパンにチーズ。バナナ
昼→インスタントラーメン(辛ラーメン)
夜→鶏の唐揚げとRタロー君のほうれん草とベーコンのバター炒め
 

2009年01月08日(木)[ペンション・アミーゴ85泊目]

ボクは花粉症で苦しんでます。
 
ルチャ・リブレの新星、チェリー君のデビュー二戦目を見に、ドコドコとメトロを終点まで乗り、バスに乗り換えてさらにガタガタと一時間。
壊れていたi-podが自然治癒してたので、Beatlesを聴きながら。
チェリー君に教えられた住所には、リングの影も形もなく、先日同様誰に訊いても会場はわからない。
またかよ。
チェリー君の携帯に電話しようにも、公衆電話の3の数字が壊れていてお手上げ。
3を使わない電話番号へはかけられるんだけどね。
Emiちゃん、Rタロー君とボクら4人は、貧困と花粉の渦巻くこのメキシコで途方に暮れたのだった。
試合の詳細はココ→
 
青山のカリスマ美容師ケンちゃんが帰宿。
今月からメキシコでサラリーマンになるトモさんも帰宿。
 
朝→宿のパン
昼→屋台のエンパナーダ
夜→トマトとベーコンのスパゲティ
 

〈ルチャ・リブレ〉やっぱ生は気持ちいい/メキシコ


p 2009-01-08 17-32-40.jpg
メキシコのプロレス、ルチャ・リブレを馬鹿にしてたわけではありませんが、今日(2009年01月08日)チェリー君のデビュー二戦目を観戦して、こいつぁ面白いっ!と膝を打っております。
ポンッ!
会場はメキシコシティ郊外の路地。
地元商店街の特設会場みたいなもんで、ちゃちですが入場無料の砂かぶり席です。
試合が始まると、リングサイドで写真が撮れるわ(アリーナだとカメラ持ち込み禁止ですから嬉しいのです)、場外乱闘に巻き込まれるわ、レスラーの胸毛を触らせられるわ、レフェリーに日本人は目が細いと馬鹿にされるわ、子供達はリングのまわりを走り、犬も走り、迷子は泣き崩れ、おばちゃんはレスラーにペットボトルを投げつけ、ヤジに腰が入ってるわ、痰が絡んでるわで、観客もレスラーも逝くのは一緒、婚前一体、いや渾然一体。
やっぱ、生は最高です。
 
で、件のチェリー君なんですが、まだまだ照れくさそうです。
俺って強いんだぜぇっ!的な気合いというか迫力に欠けてまして、どちらかというと、へへへ...(苦笑)って感じです。
でも小気味いい技をさらりと決めるあたりは、ただ者じゃぁありません。
ダテに修行二ヶ月でサパティスタ民族解放軍が蔓延るこのメキシコで初舞台を踏んでるわけじゃないんです。
所詮、路上プロレスとあなどってたんですが、それがあんた、油断大敵でした。
ボクは完全に打ちのめされました。
レベル高っ!
です。
皆、演技派です。
エンターテインメントとしての演技ね。
ルチャ・リブレのお約束であるTecnico(テクニコ)って呼ばれる「正義の味方」と、Rudo(ルード)と呼ばれる「悪の帝国」との対決軸って、思えば日本の遊園地にやって来る仮面ライダーショーのようなもんで、勝ち負けにたいした意味はないんだな。
そんな境地に43歳にしてやっと辿り着きました。
遠かった...。
 
夜、宿でビデオを観て、いろいろと反省してたチェリー君。
次回、一皮剥けることでしょう。
早くも三戦目が決定してまして、今週の日曜日。
例によって会場は不明です。
 
ちなみに今回は入場無料だったので、ファイト料も無料だったそうです。
 

〈写真〉2009年01月08日/メキシコシティ郊外/メキシコ

2009年01月09日(金)[ペンション・アミーゴ86泊目]

午前中、ギター「Across the Universe」。
 
谷氏の経営するCafeTinへ、総勢7人で散歩一時間。
Cafeをやるっていうのもいいもんだなぁ。
 
◯ケノちゃん、美容院に一発就職。
手に職あるって、いいもんだなぁ。
これで宿のサラリーマンは4人。
 
麻雀。
ブルースハープが行方不明。
 
朝→宿のパン
昼→cafetinでランチ
夜→ステーキ
 

月100万円以上稼ぐ


PICT0001.jpg
お金の話が続くんだけど、アフィリエイトって、3人に1人が月に「5万円以上」稼いでいるそうです。
しかも月に100万円以上稼ぐ連中が14%!
月100万円ですよ。ひゃくまん。
まぁ稼いでる人しかアンケートに答えてないっていう指摘があって、なるほど、世の中の仕組みってこういうことですか。
 
一方、Amazonの資料によると、1ヶ月1万円以上の報酬を受け取るのは5%くらいだったはずと言う人もいるし、アフィリエイトで5万円越えは難しいでしょうねぇ。Google AdSenseなら簡単ですけど・・・。って言う人もいる。
5万円なら簡単なのか...。
これだって恣意的な情報かもしれないよね。
 
MMD研究所というところの調査だと、1カ月に稼げる額は「1000円〜4999円」が約77%で、10万円以上は4%でした。
まぁ、ちょと安心。
5,000円なら、ボクでもなんとかならんだろか。
  

〈写真〉2009年01月07日/ペンションアミーゴ/メキシコ

2009年01月10日(土)[ペンション・アミーゴ87泊目]

リビングでギターの練習。
NHKの執筆。
放送ぎりぎり。
間に合ったんだろうか?

 
祐子は、料理苦手なメヒカーナのEmiちゃんの料理を手伝ったり、チーズケーキを作ったり。
 
★メキシコ料理"チレレジェノ"のレシピ★
1.長さ15センチくらいの大きなチレをフライパンで柔らかくなるまで焼く
2.焼けたチレから、コゲと薄皮をとる
3.チレの中の種を取る
4.中にチーズを入れる
5.卵の白身を泡立てて、黄身を投入して、更に泡立てる
6.上記4に上記5をからめて、多めの油で揚げ焼き
7.〈ソースの作り方〉トマトとニンニクをミキサーにかける
8.タマネギを二枚をフライパンで焼き、上記7のソースをザルでこして入れる
9.上記8に上記6を入れて、煮る
美味しいです。
 
麻雀。為す術なす。
朝方まで飲む。
 
朝→宿のパン
昼→お蕎麦
夜→メヒカーナのEmiちゃんが作ったメキシコ料理チレレジェノ
再び夜→韓国人のTaewooの作ったサムゲタン
 

2009年01月11日(日)[ペンション・アミーゴ88泊目]

祐子はブログ"写記写記ポリンキー"のアップ。
祐子の日々をぜひ一度覗いてくださいな→
ボクはというと、昨夜は朝方まで飲んでたので午前中寝て過ごす。
午後、ネットしたり昼寝したり。
Rタロー君の運転するSilverWingに二ケツで、韓国食材店とWal Martへドライブ。
SilverWingのヒューズがすぐに切れるのは何故?
麻雀。今年やっとこさ初勝利。
やれやれですわ。
祐子はパティオでEmiちゃん、Rタロー君と満月を楽しみ、就寝は4時。
 
朝→祐子はヒョンちゃんからご飯を貰った。ボクは寝てた
昼→インスタントラーメン(オットギのオレンジ色)
夜→鶏肉と大根の煮物
 

パン二個で500億ドルになります

 
p 2008-12-01 12-04-54.JPG
今、アフリカのジンバブエでパンを二個買うと、お値段

50,000,000,000ドル

500億ジンバブエドル
腰が抜けそうです。
500億ドルって、どんだけ札束があるんですかね。
パンを二個買ってレジで札束を数えたら、日が暮れます。
でもまぁ、今月12日からは500億ドル札が発行されるので、要らぬ心配なんですが。
ちなみに去年は1000億ドル札が流通してて、通貨を「10けた」切り下げたにもかかわらず、このていたらくです。
年間インフレ率は、約2億3000万%。
ムガベ大統領の政策ってギネス級です。
 
ジンバブエですが、祐子がバンジージャンプをして、足の骨を折った思い出の国です。
 
〈写真〉2008年12月01日/サトミお母さんの変態人形軍/メキシコシティ

<2008年12月の出費>96,662円!(先月の6割増だす)


R0013539.jpg
2008年12月の出費です。
96,662円!
先月が60,275円なので、
36,387円も増えてます。
62パーセント増。

12gatsu.jpg

これは祐子がJaboo石の仕入れにマグダレーナへ、蝶を見にエルロサリオへ旅行したのが原因です。
妻を遊ばせてなんぼやって感じです。
で、ボクはと言えば、ギターを買いました。
弦を新調したら、巻いてるときに切れてしまい再購入。
ブルースハープも買ったけど、もう失くしてしまいました。
地味なもんです。
 
今月の"食住"は、宿代が25,552円、飲食が13,160円。
なのでボクらのメキシコでの生活費は、38,712円あれば足ります。
一人暮らしならこの半分の19,000円です。
三十年住んでも、684万円。
日本でお先のない貴殿、ペンションアミーゴで余生を過ごされてはいかがでしょう。
 
〈写真〉やや暗いところでシャッターを押すと同時にカメラを後ろに引くと、こんな風に写ります。ちょと面白いでしょ。Photoshopで加工したんじゃないですよ。
 

2009年01月12日(月)[ペンション・アミーゴ89泊目]

9時起床。
冷たい水でちゃちゃちゃと顔を洗って、リビングでちょいと薄めのコーヒーを飲みながら朝食。
軽く歓談。
ソープの従業員だった人や盗まれたブラジャーが空から降ってきた人や道州制やうどん派か蕎麦派か、お好み焼きは広島か大阪か、そんな埒もない話題ですわ。
パティオで歯を磨いて一服。
部屋に戻ってパソコン。
で、もう昼だ。
またちろっとパソコンして、Rタロー君の運転するSilverWingに二ケツして、楽器街をまわってブルースハープを探し、どこにもHohnerのBLUES HARPのC音がなくて諦め、とある所を見学してからWalMartに立寄り、宿へ戻る。
青年画家ケンタ君が遊びに来てた。
午睡少々。
祐子はネット。
 
祐子はパス家でたこ焼きを焼いて、午前様の3時半に帰ってくる。
いったいいくつ焼いてんねん。
朝4時、旅立つちゃこちゃんを見送る。
ちゃこちゃんの笑顔はなかなか素晴らしい威力があって、こりゃ騙される奴もおるんではないかという感じです。体重★キロには見えません。
 
朝→宿のパンにチーズにバナナ
昼→蕎麦
夜→祐子の特製カレーとメキシコのサラダ「エンサラダデマンサーナ」
 

2009年01月13日(火)[ペンション・アミーゴ90泊目]

お昼に起きて、昼飯食って、パソコンいぢくって、昼寝した。
祐子はお昼前に起きて、ネットして、昼飯作って、リビングでパソコン。
 
元サッカー部の画家のケンタ君が来宿。
卓球大会。
元卓球部に勝ち、テニス部の竹珍に負ける。
 
4時過ぎまで飲む。

朝→食べない
昼→インスタント焼きそばにタマネギとシナントロを刻んでかけて食べるのが美味いのさ
夜→昨夜のカレー
深夜→Rタロー君の作った焼きそば
 

多珍簿が回る

 

 
多珍簿なんか世界中どこにでもいるんだろうし、新宿の新大久保にも爆乳コロンビア人がたくさんいたから珍しくないんだけど、ここメキシコシティの通称「回転寿し」には、驚いたというか感心したというか呆れたというか、たいしたもんです。あんたたち。
 
多珍簿の「回転寿し」。
普通、多珍簿って路上に立ってるんだけど、ここでは狭い路地の真ん中を一列になってぐるぐる回ってます。
気に入った女性が目の前を通るとき、手を取ればいいんですかね。
ホント回転寿しの如くです。
日本だと地元警察の道路使用許可書が必要ですね。
訴求力は満点だけど、ただでさえ狭い路地が女性を物色する男達であふれかえってて、この群れの中で誰かを選ぶなんてできませんがな。恥ずかしくて。皆から、
ほー、あいつはあんなんが好きなんか。
って馬鹿にされそうです。
まぁ、どうせボクらは冷やかしだからいいんだけどね。
祐子が私も見たいと悔しがってたけど、女性は追い出されるそうです。
残念でした。
写真を撮るとカメラを没収されます。
だから、上の動画は回転寿しの風景じゃないですよ。
期待させてすみません。
 
以上、メキシコシティの街角レポートでした。
 

〈動画〉2009年01月13日/メキシコシティをRタロー君の運転するSilver Wingに二ケツして走ってみた

2009年01月14日(水)[ペンション・アミーゴ91泊目]

ときどき祐子は美人韓国人のヒョンちゃんから日本語を習ってて、
今朝は命令形を学習しました。
丁寧な命令形は「〜しなさい」
強いのは「〜ろ」「〜れ」
とか、いろいろ。
そして昼寝。
ギターのピック入れを作り始める。
 
iPodの曲を去年買い替えたMacにコピーしたくて「シンクロちゅ〜ん v5」をダウンロード。
使用期限切れだった...。
気を取り直して、ソフトを使わずに手作業でコピーする方法にチャレンジし、自爆。
iPodご臨終...
 
今日のギターの課題曲は、奥田民生の「息子」
 
朝→宿のパン
昼→焼豚のチャーハン
夜→メヒカーナのEmiちゃんが作ったタコ・ドラド
 

2009年01月15日(木)[ペンション・アミーゴ92泊目]

朝飯食って、自転車青年の出陣を見送って、パソコン。
今日はマリコちゃんも旅立った。
どんどん円高ペソ安になるので、銀行で大金を下ろしとく。
Wal Martにて買い物。

晩飯後、スターバックスでネット。
カリスマ美容師ケンちゃんの指使いでiPodが蘇生。
酔っぱらいに絡まれつつ、インテリアデザイナーのシンヤ君の全面指揮でiPodの救出作戦開始。
OSの最適化、キャッシュの削除などメンテナンスを行うためのソフト「OnyX 2.0.2 for Mac OS X 10.5 (Leopard)」を使って、不可視ファイルを見えるようにして、Macへデータをコピー。
酔っぱらいよ、Macの上で酒を注ぐな。
酔っぱらいよ、ボクのコップに酒を注ぐな。
酔っぱらいよ、声がでかいぞ。音楽がウルサいど。
酔っぱらいよ、冷蔵庫のコンセントを抜くな。 
 
酔っぱらいが潰れ、ススム君のムビラとRタロー君のギターと拙者のギターが奏でるメキシコの夜。
韓国人のTaewooは川端康成と太宰治が好きで、村上春樹が嫌いだ。
Taewooは元ちとせと日本映画が好きで、大江健三郎も好きだ。
日本人、日本を語れず。
 
朝→宿のパン
昼→イダルゴ駅近くの屋台でエンパナーダ
夜→とんかつ
 

iPodがご臨終...


TS1373_4.png

カナダで寝たきりになったiPodがメキシコで自然治癒してたので、こいつはラッキーとiPodの曲をMacへコピーしようとしたわけです。
去年、Macを買い替えてます。
で、ググったらiPodの中の曲データを取り出してコピーする【YamiPod for Mac OSX】というフリーウェアを見つけたんだけど、英語なので断念無念。
次にiPodの曲をiTunesにシンクロさせるソフトウエア【シンクロちゅ〜ん】をダウンロードするも、期限切れで使えず。
で、今度は【隠しフォルダをFinder上で見られるように設定を変える方法】にチャレンジしてみたわけです。
「アプリケーション」を開いて「ユーティリティ」を開いて「ターミナル」を起動。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

killall Finder

をペーストして実行。
iPod→iPod_Control→Musicsと開き、F**フォルダの中のファイルをiTunesにドラッグ
★F**フォルダの中はカラだったので、フォルダごと(これが間違いだったのか?)Docの(それともこれが間違いだったか?)iTunesへドラッグ
   ↓
待てど暮らせど、変化なし。
で、退却を決意。
されどMacはボクの指示に従わず。
自爆を覚悟で再起動を命令するも再起動せず。
やむなく強制終了。
iPodがMac上にて認識されず。
なのになのにiPodでは「接続を解除しないでください」の表示が消えず。
断腸の思いでケーブルを抜く。
iPodを起動すると音(頼りない回転音)がするようになった。
iPodの表示がSad iPod(「泣き顔」の iPod)アイコンにて候。
  ↓
iPodをリセットしても変化なし。
  ↓
iPodをリセットしても変化なし。
  ↓
iPodをリセットしても変化なし。
  ↓
iPodをリセットしても変化なし。
  ↓
iPodをリセットしても変化なし。
 
終了。
何がそんなに悲しいのか...
iPod
 
Difficult to Cure
 

アラスカで餓死した

 
51JGGYJ7R1L._SL160_.jpg
 
地図にない辺境を求めたから、青年は地図を捨てたわけです。
1992年4月、クリストファー・ジョンソン・マッカンドレスは防水処理のない革のハイキングブーツを履いて、5kgの米と二十二口径ライフルだけを持って、アラスカのジョージ・パークス・ハイウェイからスタンピート・ハイウェイ、ヒーリーの西25マイルの森の中へ。
アラスカ山脈の北麓、誰も住まない荒野へ。
大地の恵みだけで生きようとして。
置き捨てられたバスの中で。
助けてくれと書いたメモをドアに貼付けて。
餓死。
24歳。
幸福とは、だれかとその幸福を分かち合うことができること。
彼の残した言葉です。
 
飛行機は来ない。
1981年3月、アマチュア・カメラマンのカール・マッカンは、ブルックス山地の南端のフォート・ユーコンの北東75マイル、コリーン川近くへチャーターした飛行機で降り立つ。
孤立した荒野にひとり。
フィルム五百本、二十二口径のライフル、三十口径三十薬粒のショットガン、650キロの食料を装備して。
帰りの飛行機を予約し忘れて。
たった一度上空を通った飛行機に、片手で手を振るが飛び去られ、往路のチケットの裏には、
救援を求めるときは両手を振ること
と印刷されているのを後で見つける。
希望と絶望。
自殺。
 
1970年代はじめ、反体制文化の理想主義者がタナナの村を通過し、トフティ近くの無人小屋に荷物を残し、不明。
 
チョーキットシックの東にあるブラック川の川べりに小屋を建てたベトナム人獣医が、餓死。
 
1981年、プリンス・ウィリアム・サウンドの海岸。天然の素材から自らの手で作ったもっとも素朴な道具以外のものを生活から一掃。
ノコギリも斧も使わないで小屋を建て、49歳のとき、世界中を歩くと宣言し、心臓にナイフを突き立て自殺。
 
1981年冬、無線機と寝袋を持たず、小麦粉、砂糖、クリスコの大きな缶だけで、クック入り江の海岸から、つまり海岸の高さから160マイルの遠回りで、マッキンリーを目指す。
ルース氷河のノースウエスト・フォークで最後に目撃され、行方不明。
山小屋に残されたノートには、
私の最後のキス。
 
映画「Into the Wild」の原作です。
 

2009年01月16日(金)[ペンション・アミーゴ93泊目]

この時期、メキシコシティでは珍しい雨。
一日、寒い。
 
iPodのデータをMacへコピー。
午後までかかる。
祐子はパソコンで何をしている事やら...
『ジョブチャンネル@SOHO』で仕事を探したりしてた。
見つかった仕事は、Webサイトの記事(600〜800文字)を10本書いて、1,500円。
世の中はしょぼいね。
今回はパス。
あと写真コンテストに応募して、賞金を稼ごうと企んでたりしてます。
あー見えて祐子、読売新聞でなんか賞をとったことありますから。
意気込んでます。
一日中、オダってました。

麻雀。
「やってみてマイナスになる事は一つもない。失敗もプラスになる。」
by東幹久(タレント)

iPodのデータをMacへコピーしたら、iPodの中からすべての曲がなくなってしまった。
一曲も聴けない。なぜ? 
ひどいわ。
  
あまり飲まないで寝る。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→ビニールに入った高級ステーキ(600gで71ペソ。約490円)。美味い
 

DVDをMacへコピーしとく「HandBrake」

 
ピクチャ 4.png
 
メキシコシティのお土産は、時々強盗が出没するテピート地区のDVDやCDがお買い得です。
DVDで一枚70円以下、まとめ買いならさらにお買い求めやすくなってます。
ゲームもあります。
ボクはゲームをしないのでよくわかりませんが、売るほどあります。
わざわざ日本モノのAVを買う人もいます。
倒錯してます。
で買ったDVDは、かさばるし鞄の中で割れたりするので、Mac本体にコピーします。
使ってるソフトは「HandBrake」。

〈HandBrakeの使い方〉
1.DVDをMacに突っ込む
2.HandBrakeを立ち上げる
3.DVDを指定して、「開く」をクリック
4.「2-pass-encording」のチェックを外して(美しい映像がお望みならチェックしたまま。時間がかかるけど)、「start」をクリック
5.日本語字幕がある場合は、「Audio & Subtitles」をクリックして、下のSubtitlesをJapaneseに。

この「HandBrake」だと、4G以上のDVDが1Gぐらいにまで小さくなるので助かります。
 

iPodの曲をMacへコピーした「Onyx」


iPodを買ったのは2005年の3月ぐらいで、当時iTunesとiPodとの関係がよくわからなかったので、パソコンにバックアップデータがありません。
全部消しました。
っていうか、HDの空きが少なかったので、CDを突っ込んでは消去してを繰り返さないとあかんかったのです。
なんせ50ギガもあるもんで...。
で、その豊満iPodですが、去年から危篤に陥ってます。
リセットを繰り返してやっと目が覚める状態で、往々にして昏睡してます。
内蔵バッテリーもなさそうだから、餓死寸前かもしれません。
昇天する前にすべてのデータを救わなくては!
と、iPodの蘇生が上手いケンちゃんと、Mac使いのシンヤ君の協力のもと、プロジェクトチームが組まれました。

【iPodからMacへのコピーの仕方】
今回は、「Onyx(オニキス)」を使いました。
「各種設定」→「Finder」の「不可視ファイル/フォルダを表示」にチェックを入れて、不可視ファイルを見えるようにします。
iPodの「iPod_Control」→「Musics」と開き、「F**」フォルダの中のファイル(文字化けしてます。暗号化されてるのかな?)をiTunesの任意(ボクはiPodというプレイリスト?を作った)へドラッグ&ドロップ。

以上でございます。
 
で、幸せな結末を迎えたかというとですね、コピーは終了したんだけど...
次号へ続く。
 

iPodが全滅した


R0013557.jpg
iPodのデータをMacにコピーしたら、iPodの中身が全滅してた。
曲数ゼロ。
使用容量は55.8Gだけど。
がっくし...。
 
まぁ、今度は逆に移せばいいんだけど。
仕事が減りません。 
 

2009年01月17日(土)[ペンション・アミーゴ94泊目]

午前中、洗濯屋へ行ったり、祐子がダウンを洗ったり、洗濯ものを干したり、ボクは日記を書いたり、そんなとこです。
昼寝して屋上でギターを弾きまくり、祐子は屋上でアクセサリーを作り、晩飯を作って食べて、図書室でDVD「バイオハザード4」「ファイアウォール」を観ると、もう夜中の二時だ。
祐子は朝方まで、図書室でメヒカーナのEmiちゃんと柔軟体操でもして遊んでた。
そんなことは昼にしなさいな。
夕方、雨。
 
なにをするともなく一日は過ぎていくのだ。
これでいいのだ。
今は日本からの荷物を待っていて、届いたらサクッとキューバでも行ってこよう。
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン
夜→そぼろと卵焼きの二色丼
 

2009年01月18日(日)[ペンション・アミーゴ95泊目]

三年半ぶりの再会をした自転車青年のタクヤ君の旅立ちをビデオに撮る。
昼寝したら夕方だった。
パティオでタバコを吸って見渡すと、ひょんちゃんの部屋以外は全部電気が消えてた。
皆、どこへ行ったのだろう。
 
晩飯食って飲んで寝る。
駄目駄目な日々。
今週はNHKの原稿を書かなかった。
暇なのに、暇だからか。
全然本も読まないし、ギターの練習もほとんどしないし、ブルースハープは失くしちゃうし、麻雀は勝てないし、仕事はしてないし、スペイン語も上達しないし、かと言って英語が話せるようになったわけじゃないし。
えーと、なんか頑張ろう。
とりあえず前向きに。
 
朝→宿のパンとベーコン
昼→焼きそば
夜→すすむ君主催の焼き肉
 


〈アミーゴ〉あぁ自転車青年よ、何処へ

 

 
ボクら2008年の夏から秋にかけて、カナダのバンクーバーから最東端のスピアー岬までスクーターSilver Wingで走ったんだけど、これは自転車青年タクヤ君の影響が大です。
タクヤ君と出会ったのは2005年7月で、カナダのビーバークリークのキャンプ場でビールを飲みながら、ハリファックスのことを聞いたわけです。
変なところへ行くんだなぁ...、この人
と思ったもんです。そのときは。
で、三年後に真似したわけです、ボクら。
真似た後、メキシコなんぞで偶然再会しタクヤ君にハリファックス制覇を報告できて嬉しいです。
 
タクヤ君の今回のスタートは、アメリカのユタ州。
ゴールは、アルゼンチンのウスアイア。
2010年春前着だそうです。
頑張れ!
ウスアイア、遠いよ。
 
相棒の自転車は、吉祥寺の東京サイクリングセンターのオーダーメイドで20万円くらいするそうです。高っ!
 

〈動画〉2009年01月18日/ペンションアミーゴ前/メキシコシティ

〈アミーゴ〉メキシコで画家を目指すなんて

 
item.jpg
ペンションアミーゴのパティオには巨大な壁画があって、ディエゴ・リベラ(Diego Rivera)の「アラメダ公園の日曜の午後の夢」の模写なんだけど、巧いし迫力があります。
この壁画が描かれたのが2005年の暮れからで、祐子もちょっとだけ参加してます。
で、描いたのがケンタ君
当時22歳くらい。
あれから三年、ケンタ君はメキシコで画家を目指してます。
というか、もう画家として食べ始めてるようです。
時々、ペンションアミーゴに遊びに来て卓球したり、一緒に市場へ行ったり、ビールを飲んだりします。
卓球は上手ですが、もともとはプロのサッカー選手になりたくて、ブラジルに渡ったそうです。
チャレンジャーです。
先日はエイヒレを干してました。
やっぱチャレンジャーです。

それにしてもメキシコで画家を目指すなんて、どんな思考回路なんざんしょ。
図々しいというか厚かましいというか、たいした度胸です。
彼には世界が小さく見えるんですかね。
ボクもケンタ君を見習って何かを目指したいもんです。
何かないですかね?
43歳の手習い。
白髪のちょいデブですけど...
 

citibankのeセービングがお得かも


u 2008-11-15 16-45-43.jpg
預金の話なんですが、citibankのeセービングというネットバンク専用口座がお得のようでして。
明細がメールで届くから海外旅行中は便利だし、金利は変動だけど今の0.04%からが0.1%に上がります。
っていうことは、100万円預けていると、ひと月でたった26円だった利子がなんと66円に!
しょぼい話だ...
涙がこぼれそうです。
でもまっ、ボクは稼ぎが少ないので、ありがたく頂戴します。
塵が積もって山になるとは思えんけど。
塵を食わねば生きられないし。
 
祐子がネットで申し込んだら、バンキングカードと暗証番号が本人限定受取郵便で郵送されることがわかりました。
っていうことは、日本にいないと受け取れないじゃん。
Skypeしたら、配達記録郵便に変更してくれました。
意外に優しいcitibankです。
これで口座が作れそうです。
 
でも日本に住民登録していないと口座が作れないという一文は、読んでないフリをしています。
やっぱ、駄目かも。
 
ちなみに去年からはeバンクのカードでお金をおろしてて、citibankはほとんど使ってません。
 

〈写真〉2008年11月15日/どうやら営業停止をくらったブティック。なぜブティックが?/メキシコシティ

2009年01月19日(月)[ペンション・アミーゴ96泊目]

一見無駄な体験を放っておくか。
それとも回収するか。
凡人と天才ダ・ヴィンチとの違いだそうです。
急いで回収すべし我が人生。
 
祐子は屋上でアクセサリー作り。
調子の悪いSilverWingを預けたHONDAへ、EMIちゃん、Rタロー君と出かける。
バッテリーを取り替えるべきか。
注文パーツは20日間ぐらいかかると言われ、困惑。
SilverWingのせいでなかなか出発できず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
楽器街へ立寄り、HohnerのBLUES HARPのCとギターのベルトを購入。
オレンジジュースを飲んで帰る。
 
夜、麻雀をボイコットして、リビングでギターの練習。
祐子とRタロー君は、Rタロー君のギターに巻く、おしゃれリングの商談会。
 
日本から一週間で荷物が届いた。
これでいつでもキューバへ行けます。
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン
夜→ひき肉カレー
 

〈旅のお買い物〉再びHohnerのBLUES HARP「Marine Band」


R0013573.jpg
買ってひと月で失くしてしまったHohnerのBLUES HARP。
ないと無性に吹きたくなるのが人の性でして、ボクは性に逆らえません。
もし今ここにBLUES HARPがあれば、すらすら吹けちゃうような気がしてならず、わかっているけど妄想です。
妄想にも勝てません。
で、買っちゃいました。

HohnerのBLUES HARP

BLUES HARPなんだけど、「BLUES HARP」シリーズのCがどこのお店にもないので、諦めて「Marine Band」です。
ちょっと安くて389ペソ(2,723円)。
まずはやっぱ、Billy Joelの「Piano Man」あたりを攻めてみましょう。
でもまっ、とりあえずギターでも弾くかな。
買ってしまえば急ぐこともないしって思うのも人の性です。
どうせ上手に吹けないんだし...
BLUES HARPを手にすると謙虚です。
 
楽譜は「911tabs」から拾ってます。
いろんな楽譜サイトの統合版なので、腐るほど譜面が出てきて、不便なくらい便利です。
 
2009年01月19日/メキシコシティの楽器街にて購入/メキシコ

〈旅のお買い物〉ギターのベルト


R0013584.jpg
ギターのベルト。
157ペソ(1,099円)
これは正直申しまして無駄遣いです。
胸はって断言できます。
ギターを買ったときに、一緒にベルトを買ってますから...。
でも、このベルトだと上手く弾けそうな気がするのです。
稾に縋りたいのです。 
それほどの腕前ですから。
 

2009年01月19日/メキシコシティの楽器街にて購入/メキシコ

〈旅のお買い物〉ピックケース

 
R0013581.jpg
ピックケース。
50ペソ(350円)。
Rタロー君はこれと同じものをカナダで買ってます。
1,500円で。
ギターの腕前は彼に譲りますが、ピックケース部門はボクの圧勝です。
一勝一敗。
 
ピックケースに巻かれている紐は、祐子が編んでくれたもので、ギターのネックに取り付けます。
素朴で素敵です。
これにヒントを得て、Rタロー君は石付きの紐をネックに巻くそうです。
昨夜、祐子とデザインの相談をしてました。
ギターのブレスレットです。
楽しみです。
かっこよかったら、すぐに真似する所存です。
 

2009年01月?日/メキシコシティの楽器街にて購入/メキシコ

2009年01月20日(火)[ペンション・アミーゴ97泊目]

午前中、寒い部屋で寝袋に包まりながらパソコンしてたら、誰かに部屋を開けられた。
誰?
祐子とよしえちゃんは竹氏の部屋でパソコン談義。
 
カリスマ美容師ケンちゃんの監修で、祐子がバリカンを握り、ボクの髪を切る。
日差しの強い屋上の日陰で、切られた毛が次々と風に舞ってた。
よしえちゃんの洗濯ものに毛が絡みつきませぬように。
 
部屋でBLUES HARPの練習。
 
夜、ギター、麻雀、Rタロー君の理論的ギターの勉強。
っていうか楽譜の読み方...
を皆で考えてみた。
祐子はRタロー君が注文した、ギター用ブレスレット作りが深夜に及ぶ。
 
朝→宿のパン
昼→昨夜のカレー
夜→豚の生姜焼き
 

〈B級写真〉パンツの顔

 
R0013572.jpg
岡本太郎、曰く。
「グラスの底に、顔があってもいいじゃないかっ!」
 
介護用パンツ、曰く。
「パンツに、顔があってもいいじゃないかっ!」
 

〈写真〉2009年01月19日/Wal Martにて/メキシコシティ

ネイティブ保護。それとも肺がん促進〈メキシコの激安タバコ〉

 
R0013585.jpg
カナダのロンドンという街に友達のヘクトールを訪ねたとき、ネイティブ居住区へドライブしました。
居住区のタバコが激安なので、タバコを買うためだけにです。
安いけど居住区以外では吸えない法律になってまして、もちろんスルーして家で吸ってましたけど。
カナダでタバコを普通に買うと7〜8ドルします。
日本円だと600円前後です。
隣国アメリカもだいたい同じような値段ですが、1ドルが100円なら700円!
高っ!
 
で、ここメキシコシティ。
強盗が出る、強盗が出ると誉れ高いテピートでは、1カートンで65ペソ。
日本円で455円。
一箱45円。
安いでしょ。旦那さん。
ボクは普段タバコを吸いませんが、ここではぷかぷかやってます。
 
ちなみにタバコはアメリカからヨーロッパに渡ったんですが、tabacoという言葉はスペイン語です。
 

2009年01月21日(水)[ペンション・アミーゴ97泊目]

午前中、祐子は謎の韓国美人ひょんちゃんから、日本語を習う。
助詞(は、が、を、に、など)。
比較。
〜ながら、〜なのに
なんぞを勉強。
午後、水曜市のティアンギスへ生鮮食品の買い出し。
そしてパソコン。
 
ボクは昼前から、パッチもんの総合市場テピートへ、ケンちゃん、よしえちゃんと出かける。
タバコを買って、DVDを数枚買って、帰る。
よしえちゃんは具合が悪かったようで、寝込んでしまった。
きっと歩き回ったせいだろう。ごめんなさい。
 
宿の前の歩道に椅子を出して本を読むのもまたヨシ。

Rタロー君セレクションのDVD「AUGUST RUSH(奇跡のシンフォニー)」で感銘を受け、Emiちゃんセレクションの「El Decenso 2」が駄作で虚脱。

朝→宿のパン
昼→屋台のエンパナーダとカンペチャ(トマトとタコの食べ物なんだけど、説明できず)
夜→チキンのにんにく塩胡麻油焼き
 

2009年01月22日(木)[ペンション・アミーゴ98泊目]

宿の女将さん、パスちゃんの誕生日にプレゼントする寄書きのデザインに夕方までかかる。
変なコラージュにしたもので、切り抜きがたいへんです。
 
祐子はケンちゃんとサンクリストバル・ラ・カサス行きのバスのチケット買いに出かける。
その後、ひとりで額縁を探して道に迷ったらしい。
 
DVD「CUBA」。
メヒカーナのEmiちゃんが早口でよくわからんと言うくらいのスペイン語だから、皆目不明。
ただひたすら映像に集中。
DVD「Eagles メルボルンライブ」
 
朝→宿のパンとバナナ
昼→焼きそばに冷凍ハンバーグ
夜→ハンバーグ
 

ニュージーランドドルで預金してみた


p 2008-11-01 15-16-40.jpg
citibankの米ドル定期預金が満期になったので、屁のような金額ですがニュージーランドドル定期預金に挑戦しました。
金利は米ドルだと0.16%(税引後)で、ニュージーランドドルだと1.92%(税引後)。
三ヶ月満期です。
仮に、仮にだよ100万円預金したとすると、三ヶ月後の利子が米ドルだと400円ですが、ニュージーランドドルだと4,800円!
三ヶ月かけて、ペンションアミーゴの個室がたった6泊分です。
ないよりましか。
それより計算があっているのか心配です。
 
注)1米ドルが1.79NZD(ニュージーランドドル。取引額)で、為替損は頭から追い出してます。
 
【追伸】eバンクの金利の方が良くて、後の祭りなんだけど3.2%だった。
 
ピクチャ 2.png
 

似て非なるパッチもん

 
R0013544.jpg
メキシコは、セグウェイが走ってます。
セグウェイって、あのブッシュが乗って転んだ新しい乗り物のことです。
見かけたのは、空港とか、インスルヘンテス駅周辺の警察官(祐子の写記写記ポリンキーに写真掲載)とかです。
ボクらは宇宙船に遭遇したレベルの驚きなのに、乗ってる連中はすましてます。
憎たらしい...
で、楽器街で見かけたセグウェイ...
じっくり見ると偽物です。
似てるけど違います。
4800ペソだから、33,600円。
どうなんでしょ、このスクーター。
ちなみに本家のセグウェイは売れ行き不振だそうで、しかも日本では公道を走れません。
これで旅がしたい。
 

〈写真〉2009年1月21日/メキシコシティの楽器街/メキシコ

建築家ルイス・バラガンを見た〈バラガン邸/ヒラルディ邸〉


R0013606.jpg
祐子はアー見えて、実はアレです。専門は建築です。
特級建築家。
なのでボクらの旅は有名建築物を巡るかと思いきや、そうでもありません。
好奇心と探究心より、出不精とデブ症の合計点が高いもんで...
 
メキシコシティの有名建築物は、ルイス・バラガン・モルフィン(Luis Barragan Morfin)のバラガン邸です。
ルイス・バラガン邸は、メトロ7号線のConstituyentes駅から徒歩、Ramirez通り。
住所は、General Francisco Ramirez 14, Colonia Tacubaya,Mexico D.F

行って来ました。珍しく。
ボクらアレですから...
安藤忠雄氏の「光の教会」は、このバラガン邸からアレ(インスピレーションを得る or パクる のどちらか)してます。
生意気にも事前に予約が必要ですが、ネットで問い合わせても返事がないので電話しました。
ネットの返信は今日の午後に来まして、メキシコ人よ慣れないパソコンなんて使わないでくださいな。
そんなことはどうでもいいや。
 
入場料は一人120ペソ(840円)。
ルイス・バラガンの特徴は、メキシコの民家によく見るピンク・黄色・紫・赤などのカラフルな色彩の壁なんですが、ボクは品がないと思います正直なところ。
まぁいいです、ボクが住むわけじゃないから。
風があまり考慮されてないのもイマイチですな。
それよりルイス・バラガンは図面をひかずイメージスケッチだけだったそうで、そこから図面をおこした弟子はさぞかし苦労しただろうなぁと、そこんところの方が気になります。
出来上がってから「違う!」とか言われても、遅いですよ先生。
やり直しなんてできませんよ。いまさら...
これ以上、工務店に無理言えませんってば。
そんなに言うんだったら、先生自分で図面を描いてくださいな。
 
やだやだ...
 
そういえば安藤忠雄氏は、出来上がったコンクリートが気に入らないから工務店の実費で作り直させるって言うし、フランク・ロイド・ライトは隣りの土地まで買えっていうし、祐子は土地がないと家の設計は出来ないって言うし...
どんだけわがままなんですか、あんたたち。
 
1975年のルイス・バラガンの最後の作品、ヒラルディ邸(Casa Gilardi)もついでに行って来ました。
普通に人が住んでて、四角いプールのある家です。
このプールに差し込む自然光が、この家の"売り"です。
洞窟のように神秘的に奇麗だと感心したんですが、水を取り替えるのがたいへんそうで、そこがとにかく気になります。
掃除してくれと祐子に頼まれても、無理です。
よう住めんです、こんな家。
住むなら水を抜きます。
でもリビングにあった、ルイス・バラガンから直接貰ったという木造の豚の置物が最高でした。
もしボクが小室哲哉ぐらい金持ちになったら、まずこの豚を買うな。
予約は不要で、見学料は100ペソ(700円)。
 
家を建てたい。
それがボクの希望なんですよ、祐子さん。
土地なんか気にしないで、図面を描いてくださいな。
 
このブログのタイトルを「建築家ルイス・バラガンを見た」としてるけど、もちろん彼に会ってません。もう死んでますから...
 

〈写真〉2009年01月23日/バラガン邸/メキシコシティ

2009年01月23日(金)[ペンション・アミーゴ99泊目]

メキシコ人の有名建築家、ルイス・バラガン・モルフィン(Luis Barragan Morfin)のバラガン邸へ
彼の特徴であるカラフルな色調はださいと思ったです。
近所のヒラルディ邸もついでに見学。
officedepotへ立寄り、中華街で飯を食って、コメディアンにインタビューされて帰宿。
テレビに出演?
パスちゃんの寄書きのデザイン。
 
ギター。
思うんだけど、リズム感がなさ過ぎちゃいますか?
っていうか、右手に命令が届くのが遅いです。
いや左手もか。
っていうか、コード進行が覚えられないのは、歳?
久しぶりに4時過ぎまで飲んでた。

朝→宿のパン
昼→中華レストランで焼き飯とワンタン
夜→白菜と鶏肉の鍋をビナーグレ(酢)と醤油で食べた
 

イギリスは今が旬〈ポンドが下落〉


p 2008-11-01 14-52-32.jpg
1ポンドが125円台。
ポンドは対ドルでも急落し、一時7年7カ月ぶりの安値。

 
ということは、イギリスで40万円使うとすると、去年の1月ごろは226円だったから、
400000円÷226円=1170ポンド
400000円÷125円=3200ポンド
2030ポンドもお得です。
こりゃぁ、次はイギリスですかね。
OASISの「Wonderwall」がマイブームで、ギターの練習をしていることだし。
 

〈写真〉2008年11月01日/ソカロ/メキシコシティ

落ち着いて口で吸え!〈Blues Harp/10holesハーモニカ〉

 
2005-05-01u048.jpg
Harp Vortragというサイトを見て「10holesハーモニカ(という呼び名があるとは知らなんだ)」の練習をしてみた。
ベンドとか、フェイクとかはすぐできたと思う。
生意気なことを言わせてもらえれば...
ドレミも出来ないくせに...
 
練習曲は「チューリップの歌」とか、「赤とんぼ」とか、「聖者の行進」とか、「もろびとこぞりて」とかです。
「もろびとこぞりて」がちっとばかり難しいんだけど、こんな子供騙しの曲では満足できません。
もうすぐ44歳になりますから。
早くサニー・ボーイ・ウィリアムソンになりたいです↓。
 

 
なもんで、いきなしアドリブばっかり吹いてます。
上手くなるでしょうか?
 

〈写真〉2005年05月01日/ベーカーからストーブパイプウェルズへ/アメリカ

2009年01月24日(土)[ペンション・アミーゴ100泊目]

ボクは昨夜飲み過ぎて、午前中は寝てた。

祐子はパスちゃんの実家のサカムルパへ。
今日はパスちゃんのお誕生会です。
ずいぶんと華やかなパーティだったそうです。
 
ボクは、あの有名な亀田三兄弟の末弟、亀田和毅のボクシングを観に行く。
初めて観戦する生のボクシングは面白いけど、亀田和毅はなんだか困ったもんだ。
プロならば、強いほど人気があるほど品位がほしい。
宿に戻って飲む。

朝→祐子は宿のパン。ボクは昨夜飲み過ぎて、寝てた
昼→焼きそば。冷凍食品のハンバーグ
夜→祐子は誕生パーティ。ボクはタコスとRタロー君のスパゲティ
 

ドイツより中華〈中国のGDPは世界第三位〉


p 2008-11-01 14-55-18.jpg
2007年、中国のGDPがドイツを抜き世界第三位です。
ドイツ破れたり。
で、三年後、今度は日本が抜かれるという予測もある...です。
三年後って、2010年?
来年?
振り向けば中国。
いつの間にか中国。
餃子中毒事件とか、段ボール肉まんとか、一列に並ぶトイレとか、タンを吐くとか、鼻チンとか、公開処刑とか、チベットとか、いろいろある中国。
北京オリンピックが終わって失速してないんだろうか。
とりあえず誰かボクの分も働いて頑張れ、日本!
 


〈写真〉2008年11月01日/ソカロ/メキシコシティ

1クリック保存は楽だ〈ニコニコ動画に登録〉


ピクチャ 2.png
まぁわざわざブログで報告することでもないですが、ニコニコ動画にいやいや登録しました。
観たい動画がちょろちょろあるし、ルチャリブレのチェリー君はニコ派だし。
そういえば関係ないけど、チェリー君はルチャリブレを引退して、ボクシングに転向してます。
意外に変わり身が早いです。
ついでに動画を保存するために、「Mitter ツールバー for Firefox」をインストール。
この拡張機能だと、1クリックで動画を保存してくれるからものすごく楽です。
で、保存したのがこれ→だったりします。
 

メキシコで一番熱い奴〈サッポロ一番の焼きそば〉


R0013590.jpg
メキシコのWal Martの一番人気は、サッポロ一番の焼きそばです。
異国の地で食べると、軽く震えるほど美味しいです。
しょっちゅう品切れなので、たまに棚で見つけると買い占める人がいるくらいです。
ボクですけど...
昨今の「メキシコ焼きそば争奪戦」、サンフェルナンド館vsペンションアミーゴは、我アミーゴのアドヴァンテージです。
まぁ、サンフェルナンド館の人たちはお金持ちだから、焼きそばなんか食わないかもしれないけど。
 
お薦めの調理法は、細かく刻んだ生のタマネギとシラントロ(cilantro/コリアンダーのこと)を、焼きそばにパラパラとかけます。
シラントロの香りとタマネギの辛さがソースに絡んで、食欲がぶりぶりです。
 
あわよくばこの拙いブログで、焼きそばが一年分ほど届くとかいうことはないだろうか。
「サッポロ一番 味噌カルビ味焼きそば レギュラー」 でもいいですから。
 

2009年01月25日(日)[ペンション・アミーゴ101泊目]

祐子はサンクリでみっちーと指輪作りの合宿をするため、カリスマ美容師ケンちゃんと旅立つ。
しばらく独身です。
うしし...
 
急遽、沖縄青年shota君の発案でサッカーを観に、銀河鉄道999の鉄郎に似てると評判のよしえちゃんと(ボクが思うに車掌の方に似てる)、タコス屋の御曹司ビセンテと4人で、11万人を収容するアステカ・スタジアムへ。
遠かったです。
名門クラブ・アメリカ対トルーカ(Toluca)
すごい人だった。
 
晩飯後、スターバックスでネット。
朝4時まで飲む。
 
朝→ボクはフリカケ。祐子はフレンチトースト
昼→サッポロ一番の焼きそば
夜→冷凍しておいたハンバーグ
深夜→インスタントラーメン「オットギ」
 

応援したいができない〈亀田和毅vsファン・カルロス・オルベラ〉

 
R0013646.jpg
これ↓を観戦しました。

プロボクシング「亀田3兄弟」の三男・和毅(17)=亀田=が24日(同25日)、バンタム級4回戦に出場。ファン・カルロス・オルベラ(20)=メキシコ=に3回36秒、TKO勝ちし、プロ戦績を3戦全勝(3KO)とした。

何かと話題の亀田三兄弟。
マスコミに躍らされやすいボクは踊りに踊って彼らが嫌いなんですが、三男和毅の試合を聞きつけ、物騒だといわれるPantitlan駅から闇夜を30分も歩いて応援に出かけました。
亀田亀田と騒いでたら、なんだか他人じゃないような気がしてくるし、しかもここメキシコはアウェイ。
ボクらは同胞なことだし、心が通じ合える気がして、お互い頑張りましょうと(ボクは何もしてませんが)、声が嗄れるまで声援をおくりますから、できれば肩のひとつでもポンと叩ければ嬉しいのだけれどと、珍しくミーハーナショナリズムなボクです。
間近で彼の顔を拝めば、品のないパフォーマンスの奥に隠された彼の真実が見えるかもと期待していたのですが、入場した瞬間、目が覚めました。
スポーツ選手って、特に有名人なんだから、若い人に、彼も若いんだけど、絶大な影響力があるわけで、そこんとこ自覚できないのだろうかと、微塵も影響力のないボクは考えるわけです。
 
Rタロー君が言うには、学級委員長みたいな対戦相手ファン・カルロス・オルベラ君、ボクが思うに羊の皮を被ったヤギ君、ほとんど相手になりませんでした。
パンチ力とか、スピードとか、動きとか、顔つきとか、目つきとか、迫力とか。
実力か噛ませ犬か、ボクにはわかりません。ただニュースで
セコンドについた兄・興毅(22)も「打たれ強い相手を倒しきったところがすごい」と満足げだった。

とあったけど、相手は倒れてないぞ...
 
もし亀田三兄弟全員が世界チャンピオンになったら、日本の若者は皆、あーなっちゃうんだろうなぁ...。
次回は早くも2月6日。
ボクの誕生日のイブである。
 

生は難しい〈メキシコでサッカー観戦/クラブ・アメリカ〉

 
PICT0020.jpg
サッカーの開幕戦を観ました。
11万人を収容するアステカ・スタジアムで、アメリカ(América)対トルーカ(Toluca)。
2対3でどちらかが勝ったんだなって思って宿に帰ったら、テレビを観てた竹珍から、2対2の同点だったと教えられました。
そういえば昔、神宮球場で野球を観てたときも、どっちが勝っているやら、いつもわかりませんでした。
生って、難しいです。
60ペソ(420円)の自由席は、見やすくて悪くないです。
 
アルゼンチンのボカ・ジュニアーズの試合と比べると、メキシコ人の方が行儀いいです。
ホームとアウェイが入り乱れて観戦してても終始和やかでした。
ボカ・ジュニアーズだと、たぶん殺されます。
応援が殺気だってて、ボクら、知らない応援歌を試合の始めから終わりまでずーっと休みなく歌わされました。
グランドに背を向けて観客席を見張ってる人がいて、サボれないです。
 
ちなみに世界の巨大なサッカースタジアムの一覧は、
 
ピクチャ 1.png
一位は、チェコで22万人。
どうやら立ち見らしいけど、甲子園四個分。
北朝鮮が不気味に二個もあります。
畑でも作ればいいのに。
 

2009年01月25日/メキシコシティ/アステカ・スタジアム

2009年01月26日(月)[ペンション・アミーゴ102泊目]

独身、初日。
サンクリストバルラスカサスへ旅立った祐子、お元気ですか?
ボクは、昨夜飲み過ぎたので、昼まで寝てました。
昼飯を食べてから、よしえちゃんとStarbucksへ行き、よしえちゃんの仕事を見学しました。
たいしたもんです、彼女。
晩飯はRタロー君、Emiちゃんと食べました。
韓国人のTaewooからキムチを少し頂きました。
彼は今日、学校をさぼりました。
 
明後日、Rタロー君がインスタントラーメン「オットギ」20食に挑戦します。
完食したら、寿司を奢る約束をしました。
修理に出したバイク屋さんから連絡がありません。
明日、電話します。
Silver Wing友の会「関東銀翼」に出した質問に、回答がつきません。
今晩も寝るのは5時過ぎです。
 
朝→寝過ごして食べてません
昼→インスタントラーメンと冷凍ハンバーグ。連日食べてます
夜→豚肉の生姜焼き。砂糖を多めに入れたけど、全然甘くなくて美味しかったです
深夜→インスタントラーメン「オットギ」
 

2009年01月27日(火)[ペンション・アミーゴ103泊目]

単身赴任二日目。
昼、起床。
午後から、ピノスアレス駅周辺で文房具屋めぐり。
シールをたくさん買った。
iPodとかブルースハープとかにシールを貼りまくった。
ヒロさんのMP3にほにゃららら...
 
今日使ったお金。
交通費4ペソ
シール21ペソ
 
朝→食べない
昼→すすむ君チームのスープを頂いた
夜→高級ステーキ「アラチェラ」
 

〈アミーガ〉いつかお腹を見せ合いたい


ピクチャ 1.png
ボクは、よく祐子に食べるのが早すぎると言われます。
けど、ボクより早く食べる女の子が宿にいます。
女の子と言ったってもう28歳ですけど、熟女と呼ぶにはまだまだで、食後の度にやばいやばいと呟きながら、満腹のお腹をさすって、ビールを飲んでる娘です。
運動しなくちゃ、が口癖で、どこの筋肉も伸びてない怪しい動きをして柔軟体操だと言い張ります。
アキレス腱が少し丈夫になるかもしれませんが、お腹の肉は決して減らないでしょう。
質、量ともに、あの体操は無意味です。
そんな彼女はExcelの達人で、旅をしながらネットで稼ぐ「ワーキング・パッカー」です。
収入が月6万円を超すこともあるそうですから、なかなかたいした人です。
先日はジャマイカで飛行機に乗れなかったり、水着を買うときパンツとブラジャーを自分のサイズに合わせて組み替えて見つかったり、一人旅だから自分の写真は足か影ばっかりだったり、一心不乱でパンを貪る姿は炊き出しを食べるホームレスのようです。
ボクがルチャリブレ(プロレス)のシールを買ったので、パソコンに貼ってあげようとしたら、拒否られました。
北陸の人は、身持ちが固いですわ。
最近、ブレスレットを編み始めました。
 
そんな可愛いsetyさんのブログです。
 

2009年01月28日(水)[ペンション・アミーゴ104泊目]

祐子と離れて三日目。
 
11時に起きて、よしえちゃんにWal Martでインスタントラーメンのおっとぎを20個を買って来てもらって、Rタロー君を起こして、まずはかけつけ二杯。
もう既に辛そうなRタロー君です。
さてそんなんで、24時間以内に「おっとぎ」を20個も食べられるんだろうか。
完食したら、寿司を奢る約束です。
リビングで漫画を読む。
午後、テレビCM撮影の給料を受取にメトロブスに乗って出かける。
パスポートのコピーが必要になり、祐子の分は貰えず。
ボクの給料は900ペソ(6,300円)です。
日本食材店のミカサで納豆とか味噌とかを購入。
DVD「攻殻機動隊」を二話まで観たら、眠くて死にそうです。
 
朝→寝過ごして食べてない
昼→焼きそばと冷凍ハンバーグ
夜→トマトとベーコンのスパゲティ
 

メールを送るだけで2,000万円稼げる!


p 2008-11-01 15-16-22.jpg
メールを送りつけるだけの仕事で、一年半で2,000万円稼いだ人がいます。
送りつけたメールは、
「今すぐ女性と会いたいというお客様のご要望にお答えいたしました!」
出会い系サイトの広告です。
いわゆる迷惑メールです。
約80万件分の名簿を10万円で買って、五台のパソコンを使って送信しまくり、送信相手がサイトに登録すれば、1件ごとに1500?2000円の報酬が貰える仕組みです。
22億通も送信したそうです。
特定電子メール送信適正化法違反容疑で、捕まりましたけど。
 
で、「儲け」を分析しして、
登録1件1500円として2000万円稼いだから、
2000万円 ÷ 1500円 = 約1万3千件の申し込みがあったって事です。
どんだけみんな騙されてるんですかね。
で、このダイレクトメールの成功率は、
約1万3千件 ÷ 約22億通 = 0.0006 %
効率の悪そうな成功率ですが、最盛期で7台のパソコンを使い一日2〜3時間労働だったので、最高にいい商売です。
 

〈アミーガ〉そのパンツは罠ですか

 
ピクチャ 2.png
宿で呑んでると、やっぱ下ネタ系に走ったりするんですが、中年オヤジの下ネタは、空気を重くしそうなので自重してます。
なかなか持ち前の華麗なネタを披露できず歯がゆいです。
もっぱら聞き役に徹して、喉から出かかってる濃厚な一発を飲み込み、爽やかな笑顔をキープしてます。
それにボクの持ちネタは祐子に関係があれば殴られるし、無関係でも差し障りがありそうです。
だからぢぃっと我慢の汁男優です。

で、爽やかな笑顔がどんだけ効果があるかというと、にやけた笑顔が可愛い妙ちゃんのブログには、

下品な旦那さんと上品な奥様です
下品の中に優しさがあってハイセンスな可愛いおじさん

と、紹介されてたりしてます。
彼女の目には、時として真実も映るようです。
 
で、その妙ちゃん
毎日階段の手すりにパンツを干す娘さんです。
紫色のパンツのときは、ついつい手に取ってしまいそうで、気を抜けませんでした。
罠です。罠。
気をつけたいものです、甘い言葉と手すりのパンツ
 
で、変な踊りをするお母さん(ビデオを拝見しました)。あのね、
妙ちゃんって、シャワーは×◎☆□▽...だし、
あのときだって×◎☆□▽...
 

2009年01月29日(木)[ペンション・アミーゴ105泊目]

祐子が失踪して四日目。
捜索せず。
 
9時半、リビングのホワイトボードにRタロー君の絶望に満ちた殴り書きあり。
お腹が痛い...
朝6時までかかって、「おっとぎ」13食。
目標達成まであと7食。
Rタロー君を起こしに部屋を訪ねるが、返事だけ。
10時に再訪、起きず。
11時、起きず。
11時45分、具合が悪そうな足取りでRタロー君がリビングに入室。
即効でギブアップを宣言し、ゲーム終了。
13食で断念。
「おっとぎ」色の下痢だそうです。
この「オットギ動画」はココ→
 
漫画を読み終える。
NHKの執筆。
二週間ほど原稿を書かなかったので、これから頑張りますとメールしたら、あんまりがんばらなくていいですと、返事が来た。
どゆこと?
いつまでたっても上手くならないギターを弾いて、めちゃくちゃにブルースハープを吹いて、休憩。
食後、StarBucksでネット。
最近は、ネットをするだけで飲み物を頼んでなかったりします。
 
円卓の騎士、無事帰還。
ということは、朝からビールを呑まなくてはならない。
 
朝→宿のパン
昼→ゆうべのスパゲティ
夜→ほうれん草のおひたし。スパムとほうれん草の炒め物。名のしれぬ白身魚をバター焼き。大根のお味噌汁
 

〈旅のお買い物〉骸骨とルチャリブレのシール

 
PICT0001.jpg
メキシコのピノスアレス駅近くの巨大文房具街で、シールを買いました。
1シート5ペソ(35円)。
日本で100円で売るとして、100枚売っても儲けは6,500円。
疲れるだけですね。 
 
PICT0002.jpg
骸骨のシールはけっこう可愛いくて気に入ってます。
iPodやブルースハープ、USBなんかに貼りまくりました。
ルチャリブレのシールは、人にパソコンに貼るよう勧めて、嫌がられてます。
ぜひRタロー君の大切なギターに貼りたいものです。
 

今頃スペイン語を入力してみた〈Mac OS X 10.5.6〉


ピクチャ 1.png
自慢するわけじゃないですけど、スペイン語圏に入って三年半、今頃になってやっとスペイン語の入力ができるようになりました(Mac OS X 10.5.6)。

〈スペイン語の入力ができるようにする〉
「システム環境設定」→「言語環境」→「入力メニュー」が上のショットです。
「Spanish」にチェックして終了。
「Spanish-ISO」を選択したほうが賢いかどうかは知らんです。


ピクチャ 2.png
「+」→「Ñ」
「@」を押しながら「e」→「é」
「shift」を押しながら「!」→¡

急に世界が広がりました。
 

2009年01月30日(金)[ペンション・アミーゴ106泊目]

祐子が出奔して五日目。
チャットがしたいってメールが来たけど、したことないです。
 
朝飯食って、のち部屋に籠ってずーっとパソコン。
Rタロー君の「おっとぎ20食」の記録ビデオの編集です。
ソフトはiMovie
操作方法がわからないので手探りだったんだけど、その割にはいい出来じゃないですかね。
このビデオ作りを商売にしようかなと、妄想。
 
DVD「新世紀エヴァンゲリオン」を途中まで。
誘われて麻雀をちょっと。
 
朝→宿のパン
昼→おとといのスパゲティと生ガキ
夕方→Rタロー君のホットケーキ
夜→はにゃんのインスタントラーメン
 

〈アミーゴ〉24時間以内にインスタントラーメンを20個食べる

 

 
挑戦ーー
それは人類に残された最後の開拓地である

そんなことはどうでもいいとして、Rタロー君の挑戦は、
24時間以内にインスタントラーメンを20個も食べられるか、です。
インスタントラーメンは、「オットギ」の黄色だけです。
汁も残さず飲んでください。
↑これがキツイ
昔、徴兵逃れに醤油を飲んだ話を思い出したりします。
ドキュメンタリー映画『スーパーサイズ・ミー』(Super Size me)のオマージュです。
嘘です。
 
久しぶりに動画を編集しました。
ソフトは操作方法のわからないiMovieを使ったんだけど、なんとかなるもんですね。
この動画編集で小遣い稼ぎをしようかーー
って、考えたりしてます。
「旅の思い出、編集します!」
2分もので100ペソ(700円)。
どうでしょう。
YOUTUBEへのアップはサービスで!
 
素材は、ビデオより写真の方がだんぜん奇麗です。
 

〈動画〉2009年1月28,29日/メキシコシティ

2009年01月31日(土)[ペンション・アミーゴ107泊目]

卓球。
パソコン。
昼寝。
HDに空きがない。
夜は、ごんちゃん、とよちゃん、Emiちゃん、よしえちゃん、Rタロー君と超贅沢なしゃぶしゃぶもどきの鍋。
宿への帰り道、多珍簿通りを覗くけど、一人だけしか立っていないのはなぜ。
ちびちびと飲む。
 
しゃぶ代242ペソ。
 
朝→宿のパン
昼→日本食材店のMIKASAで買った蟹風味のうどん。最低に不味し。二度と食うまい。あと一袋あるけど...
夜→しゃぶしゃぶ。っていうより鍋? 食い放題。贅沢しました
 

奥さんの肉汁〈高級ステーキ/アラチェラ/Arrachera〉

 
R0013586.jpg
今、宿で密かなブームなのが、写真の高級ステーキ「アラチェラ/Arrachera」。
ブームって言っても、食べたのは数人だけです。
高級ですから。
濃い味と薄味があって、どちらも600gで71ペソ(500円)。
大雑把に焼いてからサイコロ状に切り、焼き汁を上手に煮詰めるのがコツです。
奥さん、肉汁が美味いっす。
 
R0013587.jpg
 

2009年02月01日(日)[ペンション・アミーゴ108泊目]

午前中は寝てて、昼飯食ってパソコン。
そしてギター。
はにゃんは明日の晩飯のカレーを仕込んで、よしえちゃんはDVDのコピーソフトと格闘して、何人かはテレビでスーパーボール観戦。
ブルースハープの練習。
吸って、吸って、こねくりまわして、吸って、吹いて、吸って、吸って
二番の音が出ない気がする。
一番重要な音なのに...
 
夜中に納豆とはにゃんのカレーを食ったら、ぐったりして、寝た。
 
朝→寝てた
昼→焼きそばと冷凍ハンバーグ
夜→納豆とはにゃんのカレー
 

旅先でお金を稼ぐ〈ワーキング・パッカーと名乗ってみた〉


p 2008-11-01 15-22-41.JPG
旅先で金を稼ぎながら旅を続ける自分を「ワーキング・パッカー」と名乗ってみました。
ネットでググってみたら、「ワーキング・パッカー」がひとつもヒットしなかったので、ボクの丸Cです。っていうか商標登録か。
ま、いいけどそんなこと。
 
定義は、
一、旅先(現地)でお金を稼ぐこと
一、ワーキングホリデーは除く
 
仕事を大きく分けると、
一、ネットを使う←日本の仕事を受注。別に日本じゃなくてもいいけど
一、旅先で汗を流す
 
旅先の仕事とは、
一、路上で車の窓ふき←これはRタロー君しかしないだろうけど
一、大道芸人←ジャグリングとか。ミキオ君は宿代ぐらいは稼いでたです
一、路上で「貴方の名前を漢字で書きます」←これでがっぽり稼いでた人がいました
一、アクセサリー作り←祐子がやってます
一、農業←これは多いです。フルーツのピッキングとか
一、お店、会社等←就職したらパッカーじゃなくなるけど
一、宿の管理人←ボクらは無給だったけど
一、為替とか株←ずるい
一、日本の新聞雑誌に連載←ときどきいます。ボクはNHKだし
あと何だろ、思いつかない...
 
ネットを使って仕事をしてる人は、setyちゃんと、sayacoちゃんとdaisuke君ぐらいしか会ってません。
まだ少ないです。
これからネット派が増えると期待してます。
setyちゃんは、HPを作ってて暇なときに稼ぎたいだけ稼げる(自分のペースで仕事ができる)、理想系です
sayacoちゃんは、フリーのデザイナーです。だから受注型。受注型は、スケジュール調整できないのが玉に瑕。
ボクは今や社員がひとりもいない会社を持っていて、給料制です。海外赴任と申しますか、直行直帰の流れ営業マンに近いです。なんにしろサラリーマンです。リーマン・パッカー。ボクも受注型なので、毎日のメールチェックが必須です。
daisuke君は、HPの広告収入。たいしたもんです。これまた理想型です。
検索すると他にもHPの広告収入を得てる人が見つかるけど、知り合いじゃないっす。
どんだけ稼いでるのか、気になります。
 
単発では、治験。←ドイツとかアメリカとかが有名
変わり種では、shatyo君がネット系のコンサルをして稼いでました(日本に電話をしてアドヴァイス)。
 
この「ワーキング・パッカー」を軸にして、一発本でも書いてみるか!
と、企んでいます。
そんな奴ら、昔からいたじゃんと言われそうだけど、ま、ボクの狙いは、ネットを使うってところにあったります。お尻の底には。
「ワーキング・パッカー」に会いたいです。
 

〈写真〉2008年11月01日/ソカロ/メキシコシティ

2009年02月02日(月)[ペンション・アミーゴ109泊目]

ブルースハープの練習。
真剣に取り組むと、ブルースハープって、持つのすら難しい。
左手が痛いです。
それにしても、壊れて出ない音がある。どーしよ。
 
4時頃から、はにゃんと別れの酒を飲む。
飲んで飲む。
飲まれて飲む。
酔っぱらったはにゃんは、5時に出発すると言っておきながら、もう既に7時半。
飛行機に乗り遅れればいいのにと祈りながら、今生の握手。
旅立つ男の背中。
さよならは別れの言葉じゃなくて、再び会うまでの遠い約束。
 
麻雀少々。
 
朝→寝てて、食べなかった
昼→はにゃんのカレーライス
夜→高級ステーキと中級肉。酔っぱらってて、残してしまった
 

〈アミーゴ〉自転車に乗った正岡子規でございます


名称未設定 1.jpg
先日、よしえちゃんに好きな本を訊かれて、司馬遼太郎の「坂の上の雲」と答えたんだけど、正岡子規は別に好きじゃないです。
「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」
「野球」を「のぼーる」と読んだり、「打者」「走者」「四球」「直球」と訳した人です。
 
写真右は、チャリダーのヒロさん。
金が尽きるまで、南へ南へ自転車をこぐそうです。
 

2009年02月03日(火)[ペンション・アミーゴ110泊目]

祐子と別居して9日目です。
いつ戻るのでしょう。
 
よしえちゃんのパソコンが調子悪いので、DVDのコピーを手伝ってたら、裏が出て来た。
ブルースハープの練習。
2番は鳴るような鳴らないような。微妙。
気づけば昼寝。
麻雀。
たまには勝つこともある。
 
雑誌「MOTORCYCLE INFORMATION」の取材の申し込みあり。
 
朝→宿のパン
昼→昨夜の残りのステーキ
途中→ビセンテのタコス
夜→昨夜の残りの肉
 

2009年02月04日(水)[ペンション・アミーゴ111泊目]

祐子が去って10日。
洗濯物が限界です。
ズボンが破れました。
 
寒いです、今日は特に。
パソコンしてると背中やら足やらが冷たくなってきたです。
フリークライミングに挑戦しました。
年寄りのかき氷です。いえ、冷や水。
おかげさまで両手が筋肉痛です。
夜、StarBucksでネット。
竹珍と拡張子のaraについて格闘。
外付けHDの空きがなくて、あのデータをあっちへとかこっちへとかで忙しい。
漫画を読み始めた。
明日、祐子が帰ってくる。
どんな顔で会えばいいのだ。
ま、普通でいいんだけど。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそばと冷凍ハンバーグ
夜→カレーライス
 

〈アミーゴ〉馬の話をすると長いです

 

 
馬好きのクライマーで、ボクらと同じ道産子、小樽人です。
子供のご機嫌取りに風船を大量に持参してて、犬とか作ったりします。
南米の子供達を風船で懐柔しようという魂胆です。
アルゼンチンのカラファテでは、ボクらが管理人をしたFuji旅館の新規事業部の寿司屋で皿洗いをしたり、オーナー島藤さんの車を洗ったりしてます。
メキシコでは谷さんの新しいカフェのため、ヒロさんとボクの三人でガテン系のバイトをしてます。
パラグアイの日本人宿ペンション園田の記念すべき500人目の宿泊客で、特別にアサードを振る舞ってもらったラーキーな男でもあります。
彼、ヨシオ君とボクらは奇しくも同じ日にアミーゴに入ったんですが、その後ヨシオ君は南米をサクッと一周してまして、その間ボクらは何もしていません。
目標を達成した人との再会は、目標すら曖昧なボクには恥ずかしかったです。
ま、祐子はマグラレナへ行ったり、モナルカ蝶を見に行ったり、サンクリへ行ったりしてますけど、ボクはカッチリ留守番してましたから。
そんなことはまぁどうでもいいとして、ヨシオ君の沖縄でのフリークライミングのYOUTUBE「Chock Stone Attack(7a+)」がなかなかカッコよくて、ボクら円卓の騎士の間では師匠と仰いでます。
決めました。
ボクもフリークライミングに挑戦します。
なんだかボクにも出来そうな気がします。
根拠のない自信で心が満ちてきました。
 

印刷屋さんの苦悩〈8ヶ月間で22桁のデノミ/ジンバブエ〉

 
PICT0036.jpg
パンを二個買うと、500億ジンバブエドルです。
 
500億もの札束をどうやって数えるのか、面倒で適当に数えてるのか、それが気になっていたのですが、そんな混乱のないように10兆ドル札を刷ってんだからボクの心配は余計なお世話で、2008年7月の10桁のデノミに続いて、今月12桁のデノミと豪快に強引です。
1兆ドルが1ドル。
印刷工場は納期に間に合うんだろうかとか、デザイナーは何点カンプを出すのかなと心配してます。
てか、たいへんなのはイラストレーターですね。
ジンバブエに紙幣クラスのイラストが描けるテクニシャンがいるんだろうか。
ムカベ大統領が、外国人に依頼するのだろうか。
てか、そもそも紙幣が刷れる印刷機があるんですかね、あの国に。
製紙工場だって、あるようには思えないし。
第一、外注しても支払ってくれようには思えない。
印刷会社や紙屋の営業マンが可哀想です。
と、無駄な気苦労をしてます。
 

〈写真〉2008年2月/ペンションアミーゴのリビング/メキシコシティ

2009年02月05日(木)[ペンション・アミーゴ112泊目]

8時起床。
朝食後、ヨシオ君、ヒロさん、みゆきちゃん、よしえちゃんと連れ立って、谷さんのカフェへ出勤。
みゆきちゃんとよしえちゃんをお店に残し、ボクら男組はオープン予定の店舗へ派遣される。
今日は仕事です。ガテン系です。3Kです。
150平米の広いテナントにカフェをオープンするので、とりあえず全部破壊です。
居抜きじゃないですから、繰り返すけど全部破壊です。
 
祐子は朝、サンクリから帰って来た。
久しぶりのご対面。

夜、不明者あり。
男たちの捜索隊。
無事の帰還に安堵。
 
朝→宿のパン
昼→山さん(仮名)のカフェでご馳走になる
夜→

〈ワーキング・パッカー〉メキシコでガテンをしてみた

 
R0013736.jpg
古い家を買って改築しながら住む。
古民家改造。
そんな生活に憧れてまして、昨日今日と疑似体験しました。
新しくオープンする谷さんのカフェの内装工事のお手伝いで、ボクら旅人の担当は取り壊し。
ガテン系のアルバイトです。
石工ボードの壁を金槌でぶち壊し、天井をたたき落とし、金具をひっぺがし、石工ボードの粉で全身が白くなり、たぶん肺の中も白くなり、手に発疹ができて痒くなり、呼吸が苦しくなり、目が霞み、釘に服をひっかけ、廃材の山から滑り落ち、穴に足がハマり、指先が痺れ、腕がだるくなりながらも、全身の疲労はすなわち労働の喜びです。
ま、たった二日で労働の喜びも糞もないんだけど、自己実現の最大の手段は労働ですから。
で、職前、職中、職後とコーヒーやら昼食やらジュースをご馳走になり、アルバイト料として200ペソ(一日700円。日給が日本の時給以下だけど、嬉しいもんです。なんせほらっ、労働の喜びっすから)も頂きました。
かたじけないっす。
お金より、内装デザインに口を挟みたい。
お店をボク好みに染めたい。
出しゃばりたいです。
とりあえず自分の欲望を他人のお金で実現したいです。
 
ワーキング・パッカーしてます。
 

2009年02月06日(金)[ペンション・アミーゴ113泊目]

昨日に引き続き、カフェの破壊工作。つまり仕事。ガテン系。
瓦礫の山に不安定な足場を組んで、天井にハンマーを振り上げる。
飛び散るコンクリが目に入る。
爽やかな汗。
白く汚れた服。
尊い賃金。
帰宿してシャワー、午睡。
 
祐子は午前中、ネット。
午後、よしえちゃんとテンプロマヨールの遺跡と博物館の見学。
 
あーあ、とうとうよしえちゃんが旅立ってしまった。
寂しいです。お父さん。
さっさと部屋に籠り、漫画。
 
朝→宿のパン
昼→カフェでご馳走になる
夜→肉じゃが、ほうれん草のおひたし、みそ汁
 

〈旅のお買い物〉光るマッチ箱

 
R0013733.jpg
祐子のサンクリストバル・デ・ラス・カサスのお土産です。
箱の周囲の宝石がきらきら輝きます。
一箱40ペソを値切って30ペソ(180円)。
レトロチックでいいイラストです。
特に左側のが好きです。
 

腕に蟹が棲みはじめた


R0013742.jpg
祐子から貰ったブレスレット、44歳の誕生日プレゼントです。
主役の蟹はボクがテピート地区で買ったものですけど、そんなことはどうでもいいのです。
ベルトを編んでもらいました。
 

2009年02月07日、44歳になりました

2009年02月07日(土)[ペンション・アミーゴ114泊目]

本業のデザインの仕事。
NHKの執筆。これもまた「ワーキング・パッカー」。
祐子はアクセサリー作り、そして銀行。
 
そういえば二年前、アルゼンチンで会ったペンギン博士三浦君に再会。
下の動画でシャドーボクシングをしている青年です。
彼を真似て、ボクらはフォークランドへ出かけたです。


 
ススム君やTaewooやチェリーやRタロー君が女装して、誕生日を祝ってくれた。
キャバクラ「アミーゴ」は大盛況だったです。
チヂミやワカメスープやワインやブランデーやチョコレートやTシャツやライターや葉巻を頂き、深く感謝。
おかげさまで、44歳は好スタートを切れました。
いい一年にしたいです。
 
朝→祐子は宿のパン。ボクは納豆、ご飯、お味噌汁
昼→焼きそばと冷凍ハンバーグ
夜→チヂミとワカメスープと祐子の新作スパゲティ
 

〈アミーゴ〉歌手の友達がいる

 
ピクチャ 1.png
荒木さんという酒飲みのイラストレーターがいて、毎月一回第一木曜日に吉祥寺で飲んでたりしてます。
そこで知り合ったのが、今やメジャーデビューの歌手「みほりょうすけ」君です。
大学を卒業したら、どこに就職するの?
って訊いたら、歌手になるってほざいてました。
なかなか宣える台詞じゃないです。
早速ご馳走して恩を売ったんだけど、忘れないでくださいね。
新宿二丁目のお釜バーで彼が歌ったカラオケは、さだまさしです。
なぜかそのとき、青年実業家の小早川君は女装してました。
ボクらが旅立った2005年4月に歌を作ってくれて、iPodでシャッフルすると、Rod StewartやMichael Jacksonの後にかかったりして驚きます。
誰よりも音が大きいですから。
ボクのiPodでは既にメジャーデビューしてる、「みほりょうすけ」君でした。
 
二月から全国発売へ向けたレコーディングライブ!をするそうです。
公式ホームページは→http://mihocity.web.fc2.com/
遠い空の下から応援してます。
 
そういえば関係ないけどあのときのお釜バー、普通のおっさんがパンツ一丁で縛られて、若い女の子にムチで叩かれてたけど、あれ、なんだったんだろう?
ショーじゃなさそうだし、第一見てても面白くなかったし、どっちかってーと不快だったし...。
お釜のお兄さんがボクより髭が濃かったので、鯉が覚めました。
 

2009年02月08日(日)[ペンション・アミーゴ115泊目]

ひょんちゃん、たけにょちゃん、ススム君、Taewooと連れ立って南方面の水郷ソチミルコへ観光。
ソチミルコでは、水路で船遊びするのが定番です。
粗末だけど派手な色使いの小船に乗って、ビールを飲み、アステカ文明を忍びながら遊覧。
信じられないが、ここは世界遺産らしい。
 
朝→ボクは残り物のカレー。祐子はシリアル
昼→タコス
夜→白身魚のバター焼き
 

暴走族を見た〈メキシコシティ〉

 

 
暴走族を目撃しました。
メキシコシティのペンションアミーゴの前を、数えきれないほどのバイクが爆走。
日本みたいにパッパラッパラパーとか、そういうウルサいのありません。
日本みたいに制服を揃えてません。
日本みたいに旗をなびかせてないし、蛇行もしません。
ラテン人のくせにこういうところ地味です。
だから暴走してませんね。ちっとも。
単なる異常に台数の多いツーリングです。
 
そういえば祐子と付き合う前、ずいぶん昔の話なんですが、祐子を青葉台へ送って高田馬場へ帰る深夜、東名高速の入り口で、暴走族に囲まれたことがあります。
っていうか、気づいたら一緒に走ってました。
いつの間にかリーダーと思われる車の真後ろを走ってたです。
左右は箱乗り野郎で、死ぬかと思いました。
 

〈動画〉2009年02月08日/ペンションアミーゴの近くの交差点

2009年02月09日(月)[ペンション・アミーゴ116泊目]

ふと思いついた格言
「おっぱいは性交のもと」←「失敗は成功のもと」

祐子の午前中、韓国人のひょんちゃんから日本語を教わる。
一、他の動詞とくっつく事の多い動詞
ex.始める/始まる/覚える/終わる/終える/流す/直す...
 
午後、谷さんのcafeで打ち合わせ。
新店舗の測量。
そして店舗デザインの構想。
床にフローリング材を貼りたいとか、目につくキッチンの大きさと位置、奥の広がる客席、柱のショーケース、商品の陳列棚、アンティークドアを横にした大テーブル、オリジナルの壁紙とか...
CM撮影のときの祐子の給料を受取に行くと、月曜日は駄目よ、と断られた。
なかなか給料を貰えない祐子。
 
Rタロー君の誕生日をエロDVD(ホモとかデブとかアニメとかの詰め合わせ)とトイレットペーパーを贈る。
ボクらからは、じゃがいもとか、ブロッコリーとか、バターとか、コカコーラとか、高級ステーキのArracheraとかを詰め合わせた「Rタロー君の好きなものセット」を贈る。
 
ヨシオ君を送り出すサヨナラ麻雀。
 
朝→祐子は宿のパン。ボクは納豆とご飯
昼→祐子は蟹風味のうどん。ボクは一昨日のスパゲティ
夜→ハンバーグ
 

定期預金をしてみた〈イーバンク銀行〉

 
2005-12-06p017 (2).jpg
イーバンク銀行に定期預金してみたんだけど、情けない金額です。
仮に見栄はって100万円預けたと計算すると、

三ヶ月定期だと、0.365%の利子で720円の利息
一年定期だと、0.48%の利子で3,840円の利息

残念ながら一年間も預ける余力がありませんねん。
→利息の計算はイーバンク銀行の定期預金利息シミュレータが簡単で便利でした。
 
写真の説明だけど、メキシコの国立民族学博物館の遺跡や模型は面白いです。
昔は、立って産んでたんですね。
この産み方は、今でもどこかでやってるんだろうか。
 
〈写真〉2005年12月06日/メキシコ国立民族学博物館/メキシコ

〈旅のお買い物〉パッチモンのMP3はやっぱり安い

 
R0013855.jpg
祐子が買ったパッチモンはコレ↑
本物はコレ↓。Apple iPod shuffleです。クリソツ。
 
01309511769.jpg
 
2008年1月頃、パラグアイのシウダー・デル・エステで買ったパッチモンは1Gで23ドル。
約2,300円で、日本で本家のApple iPod shuffleを買うと5,250円です。
おおざっぱに言うと半額なんですが微妙に壊れつつあって、祐子がサンクリストバル・デ・ラス・カサスで忘れたので、今はみっちーが持ってます。
で、今度はメキシコシティのテピート地区で2Gを買ったんですが、なんと200ペソ。
たった約1,400円。
本物だと7,800円なので、五分の一以下。
安いです。
こういうパッチモンって、ボクら消費者は買っても罪に問われないですよね。
日本やアメリカに持ち込むと違法になるんだろうか?
偽物と知ってて販売すれば詐欺罪らしいけど。
単なる個人的なモラルの問題なんですかね。
よくわかりません。
 

2009年02月10日(火)[ペンション・アミーゴ117泊目]

祐子はEmiちゃんの故郷、地名はわからないけどアカプルコ方面で、麻薬の抗争事件が激しい州へ小旅行。
いつ帰ってくるのか不明です。
独身生活が復活。
 
ブルースハープを買いに楽器街へ。
またまた買ってしまったHohnerのBlues Harp。
今度はFの音です。
一番を吸うと音が出にくいのは何故?
 
夜、Jazzを聴きにタクシーすら寄り付かないと言われるNormal方面へ出かけ迷子になり、警官に道を尋ねたら親切にもパトカーに乗せてくれたんだけどNormalの駅で降ろされ、中途半端な優しさは再びボクらを迷子にし、断腸の思いでタクシーを拾いJazz Clubへ。
パトカーの後部座席は、鉄製で固くて座り心地が悪いです。
中からドアは開きません。
Jazzで飯を食っているShuji君のサックスを拝聴し感動。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそばと冷凍ハンバーグ
夜→昨夜のハンバーグ
 

世界遺産で宴会する〈ソチミルコ/メキシコ〉

 

 
久しぶりに観光しました。
ソチミルコ(Xochimilco)という世界遺産(文化遺産)で、メキシコシティがその昔、湖に浮かぶ都市だった面影を残していると、ま、言われています。
そんな面影は全然わからなかったですが、小舟をチャーターして、古代文明アステカ帝国を偲ばせると評判の水路を遊覧しました。
さして広くない水路は、同じようなチャーター船やマリアッチ軍団の船や土産売りの船で渋滞しまくりだからよく衝突し、アステカ帝国はちっとも偲べません。
ま、酒や弁当を持参し宴会して騒ぐのが、ソチミルコの正しい遊び方です。
一人100ペソぐらい請求されましたが、50ペソ(350円)まで値切って一時間半。
総勢六人。
 

〈動画〉2009年02月08日/ソチミルコ/メキシコ

2009年02月11日(水)[ペンション・アミーゴ118泊目]

祐子が去って二日目。
 
日本を自転車で走り抜けた韓国人の青年を宿の前で見送るが、10メートルほど先で道を訪ねて動かず。
アルゼンチンまで行けるのかね、この青年。
Motorcycle Information いま二輪車の周辺では』の取材への回答を送信する。
こんなに暇なのに、締め切りに間に合わなかったです。
ススム君とタケニョちゃんの愛の旅立ちを見送る。
彼らをふたりっきりにしていいのだろうか?
今ごろ獣のようにくんずほぐれず闘ってるかもしれない。
危険です、あまりにも危険な二人です。
夜、モトシ君とRタロー君の三人でソカロ方面で外食。
地元民とサッカー「メキシコ対アメリカ」を観戦しながら、ビールを飲む。
カウンターに座る腹話術と何度も逃げようとする食い逃げ。
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメンと冷凍ハンバーグ
夜→外食130ペソ
 

メキシコでフリークライミングをやってみた


SANY0052.jpg
上のかっこいい写真はチャリダーのヒロさんです。
彼も初めて、ボクも初めて、モトシ君を含めて三人がフリークライミングの初体験で、引率者はボルダリング(Bouldering)のベテランのヨシオ君です。
ボルダリングは岩をよじ登るスポーツで、岩だから命綱なしです。
この動画を見るとボルダリングが一発でわかります→
最初は壁を右から左へ移動して(けっこう大きな壁です。ボクら初心者は写真にあるラインより上へは登れません)、後半は段級グレード(使っていい凸凹が意地悪に指定されてて、難しいです)に挑戦しました。
なかなかキツイです。
あっという間に手がパンパンになりました。
なんせボクはこのとき43歳、体力も気力もないのに体重70キロ。
モトシ君は何でもできると勘違いしがちな24歳。身長175センチで体重56キロ。
思いっきし不利です。
ちょっと離れた凸凹に飛び移ると、この70キロがぶるんぶるんと揺れて、我が細腕は我が身を支えきれず、落下。
 
ペンションアミーゴからメトロに乗って終点まで、そしてバス。
ちょと遠いです。
レンタル靴を含めて、一人105ペソ(735円)。
何時間でも遊べますが、手に力が入らなくなるので2時間が限界です。
っていうか、1時間かも。
 

〈写真〉2009年02月04日/フリークライミングをするヒロさんの後ろ姿/メキシコ

2009年02月12日(木)[ペンション・アミーゴ119泊目]

みゆきちゃんの旅立ちを見送ろうと朝6時に起きたんだけど、みゆきちゃんは6時半に起きて来た。
その後昼まで寝て、昼食を食べて屋上でRタロー君のギター、モトシ君のクラリネット、ボクのハーモニカでデタラメなセッションをしてたら、パスちゃんにウルサいと叱られた。
すみませんです。
部屋に戻り、プロギャンブラーNobuki氏の製本された原稿「人生必勝法」を読み始める。
ときどきハーモニカ「Summer Time」。
 
覆面パッカーと一年ぶりに再会。

朝→食べない
昼→インスタントラーメン「辛ラーメン」と冷凍ハンバーグ
夜→またしても高級ステーキアラチェラ
 

メキシコの冷凍ハンバーグを食べたみた


R0013588.jpg
困ったときの冷凍ハンバーグ。
8個入りで、確か50ペソ(350円)。
味が付いてるので、焼くだけです。
インスタントラーメンの副食に最適。
 

メキシコで噂の辛(シン)ラーメンを食べてみた

 
R0013591.jpg
辛(シン)ラーメンは韓国製のインスタントラーメンで、中南米では有名です。
ぜひ食べてみてください。
とは言ったものの、ここメキシコシティとブエノスアイレスでしか見たことなくて、ブエノスアイレスの日本人宿「日本旅館」の常備品です。
無茶苦茶辛いので、麺を茹でてるお湯に生卵を投入してかき混ぜマイルドに仕上げてます。
それでも食べた翌日、ボクの繊細なお尻は熱く燃えます。
 
ちなみにボクが食べた一番最強の辛いレストランは、新宿2丁目のタイ屋台「バーンキラオ」です。
翌日、生理痛のように重い鈍痛がやってきます。
多い日って奴ですかね、よく知らんけど。
でも美味いです、ここ。
 

2009年02月13日(金)[ペンション・アミーゴ120泊目]

ここペンションアミーゴに来て、早四ヶ月。
ま、幸せにやってます。
朝飯食って、一年ぶりに再会した覆面パッカーとおしゃべりして、昼飯食って、宿の冷蔵庫とか食料棚を掃除したら、もう夕方です。
祐子がメヒカーナEmiちゃんの実家、Chilpansingoから無事帰還ス。
メキシコのサラリーマン達と麻雀。
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン「辛」と冷えたご飯
夜→冷凍ハンバーグ、ベーコンと野菜炒め、みそ汁
 

〈旅のお買い物〉三たびHohnerのBlues Harp。今度はF

 
R0013951.jpg
これでメキシコで買ったBlues Harpは三個目です。
最初のはすぐに失くしました
今回のハーモニカは、380ペソ(2,660円)で、高いお店だと450ペソ(3,150円)なので、ボクも少しは買い物上手になりました。
Webを覗くと初心者はCのコードのハーモニカを買えとあるけれど、ブルースをやるならセカンドポジションのFがよろしいともあって、ややこしいです。
前回買ったMarine BandのFは2度の音が出にくく、今回のBlues HarpのFは1度の音がよーでません。
お店で少々文句をたれて他の商品も吹いてみたのですが(直接口にくわえて)、やっぱ1度の音はよーでませんでした。
そんなにボクはヘタクソなんかいな。
なんか納得できません。
で、今日、韓国人のエロいTaewooもハーモニカを買ったので、一緒に屋上で練習したんだけど、Cの6番が吸っても音が鳴らなくなりました。
焼きそばの青のりでも詰まってるんだろうか。
 

2009年02月14日(土)[ペンション・アミーゴ121泊目]

朝飯食って洗濯屋に3キロ分の汚れた服を出し、その足でネット屋へ行って谷さんのCafeの図面の印刷を頼んだところでお金を持っていないことに気づき、データを渡したまま一度宿へ戻り、小銭を握ってネット屋へ帰り、印刷代の2ペソを払い、文房具屋へはしごして、トレペを3枚(1.5ペソ×3)購入する。
谷さんのCafeの図面描き。
150平米。
座席数70以上の大型店です。
 
祐子は終日仕事です。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそばと冷凍ハンバーグと卵焼き
夜→トマトスパゲティ
 

<アミーゴ>来日決定!ビセンテの苦悩


R0013953.JPG
ビセンテ34歳、生粋のメキシコ人です。
市内に立派な家があるのにわざわざペンションアミーゴに泊まってる変人で、レボルシオンの駅そばでタコスの屋台を経営してます。
社長です。
サルサを踊れるし教えられるし、バンドマンでもあります。
もちろんスペイン語はペラペラです。
下のポスターの真ん中で顎に手を添えてる昔のアイドルっぽいのが奴です。
 
R0013956.JPG
今年10月の来日を目論んでいて、日々日本語の勉強に余念がありません。
Webで調べると、メキシコ人はビザなしで180日間日本に滞在できて、ビセンテは延長を希望してます。
果たしてビザの延長は可能なのか?
あるいはここは一発、就労ビザを取得できないものか?
東京の宿は高いので、どこかに超格安な部屋がないものか?
いろいろ悩ましいところです。
ボクの親が住む家に招待したけど、北海道のドドド田舎でして、一番近いコンビニまで自転車で30分かかる秘境です。
冬の北海道で、自転車は危険です。
でもこの家、露天風呂とサウナ付きです。
どうですか、ビセンテ。
熊が出るけど...
 

2009年02月15日(日)[ペンション・アミーゴ122泊目]

祐子は、夕方までぶっ続けで仕事。
その後、谷さんのCafeの測量図の仕上げ。
働きずくめです。
ボクはCafeの図面描きとアイディア練り、井戸端会議、オーラスで数え役満を積もられたひどい麻雀、ハーモニカの掃除、そして練習、再び麻雀。
あそこでドラ切りはないわ。
Jpegデータが原寸でプリントされないのは何故?
宿のパティオで、可愛い女の娘が紅茶をいれてくれた。
ささやかな幸せです。
惚れちゃいかんぞ俺。
 
朝→カップラーメン。祐子はグラノーラ(シリアル)
昼→昨夜のスパゲティ
夜→豚肉の生姜焼き
 

〈アミーゴ〉フリーのJazzメンです〈ほぼ空想的職業従事者〉

 
DSCN3617.JPG
日本では正社員になれないだとか、派遣の首切りだとか、内定取り消しだとか、なんだか生きるだけでもたいへんそうだけど、メキシコくんだりで出会う人はのんきなもんでして、たまに現実離れした仕事に就いてたりして驚かされます。
たとえば、ケンタ君。
画家です。

画家なんてボクの狭い常識では、想像上の職業です。
しかもメキシコで。
あるいはメキシコだからこそ...、なのかも知れないけれど。
それにしても...
目指すだけでも驚異だす。
 
で、Shuji君。
Jazzメンです。
フリーでテナーサックスを吹いてるそうです。

そんなもん吹いて飯が食えるんですね。
知りませんでした。
先日Shuji君が、メトロのNormal駅からほど遠いJazz Club"PapaBeto"でSessionに飛び入り参加するって言うから、観に行きました。
いきなしステージに上がって、誰よりも最大な拍手を貰ってたShuji君(写真の左から二人目)。
不気味なくらいニヤニヤ笑ってたし、たいしたもんです。
 

〈写真〉2009年02月10日/Jazz Club PapaBeto/メキシコ

2009年02月16日(月)[ペンション・アミーゴ123泊目]

谷さんのCafeの測量図をネット屋で印刷するんだけど、何故か縮小されてて原寸にならない。
で、しかたなく文房具屋で拡大率を指定してコピーすると、今度は大きすぎます。
メキシコってぇー奴はこんな簡単なことも出来ないっす。
祐子は朝から、Cafeのエスキース。
夜、寝るまで終日びっしりと仕事。
ボクはハーモニカの練習をしたり、麻雀したりです。
勝つときもあり負けるときもあり、です。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば、ベーコン、卵焼き
夜→トンカツ
 

メキシコでセーターを着たバスを見た。しかも黒部ダム行き


R0013958.jpg
写真を見てのとおりです。
手編み(...かどうかはわからないけど)のセーターを着たバスです。
「扇沢ー黒部ダム」と案内されたままで、メキシコで第二の人生を送るバスです。
中はしょぼいレストランです。
 
メキシコでこんな風に道路上で商売をする場合、道路使用許可を得るためには役所に賄賂を払わなくていけません。
ヤクザじゃなくて役所に、税金じゃなくて賄賂、日本でいうところの見ヶ〆料ですね。
カフェやレストラン前の歩道にテーブルや椅子を出すのも、賄賂が必要です。
でも賄賂の払い方が下手だと、一年たっても許可が下りなかったりするそうです。
 
R0013960.jpg

〈写真〉2009年02月17日/メキシコシティのローマ地区近辺/メキシコ

2009年02月17日(火)[ペンション・アミーゴ124泊目]

午前中、Cafeの図面ひき、エスキース。
午後、測量図をプリントして、コピーを取り、メトロバスの乗って、Cafe Tinへ。
現場で打ち合わせ。
谷さんたち、もうテーブルやらなにやらを買い始めてた。焦る。
日暮れのシティを歩いて宿へ帰る。
途中、祐子がシャツを購入。
青年画家、ケンタ君がシャワーを浴びに宿に来た。
どうやら住んでるところは水がでないらしい。
夜、麻雀。2着。
クミちゃんの背後霊(指導教官)として、麻雀見学。
クミちゃん強し。
深夜、歯痛で寝れず。
朝方、薬を飲んでやっと寝れたです。
 
朝→宿のパン
昼→ローマ地区のカフェでスパゲティ
夜→Rタロー君のスパゲティ
 

メキシコで、何の薬だかわからないけど飲んでみた


R0013971.jpg
夜中、急に歯痛がして眠れなくなり、辛くて堪らず何だかよくわからない薬を飲んでみました。
その名はLisador。
この薬はブラジルのサンパウロで近視矯正手術を受けたときに貰った薬です。
その時の先生が、風邪引いたときに飲むといいと言ってたです。
風邪じゃないけど、ま、いいです。
他に頼れるものないから。稾をも掴むです。
で、意外に効きまして、感謝感激。

R0013972.jpg
翌日、宿の近所の歯医者で治療を受けたんですが、麻酔を打って穴を開けて膿みを出しただけのような気がします。
神経を抜くと説明してくれたと思うんだけど、治療中に寝ちゃったので記憶にありません。
ちなみに歯の治療中に寝ると、喉に水が流れ込んで、溺れそうになります。
なんども死にそうになって目が覚めたです。
で何故か治療後も、穴はぽっかりと開きっぱなしです。
塞いでくれません。
先生の指示は、食事をする前に綿を詰めて、食後にその綿を取り出すことです。
先生、とってもメンドクサイです。
穴、塞いでくれませんかね。
 

2009年02月18日(水)[ペンション・アミーゴ125泊目]

歯痛で寝られず。悶々...
早朝6時、覆面パッカーの旅立ちを見送る。
ヨーロッパでお会いしましょう!
 
メトロバスに乗っては降りて降りては乗って、道に迷って日本人の歯科医を探し訪ねると、
「今日は診療日ではない」
と断れ気落ちするも、隣りの部屋の看板が「斉藤歯科」!
Oh! ここにも日本人医師が! そろりとドアを開けて覗くと
日本語の話せない斉藤医師が、
「レントゲン施設がないから、今日は治療できません」
こちらから丁寧にお断りする。
っていうか明日電話する約束をしてけど、たぶんしない。
結局、宿の近所のパス家御用達の普通のメキシコ人の歯科へ行き、トヨちゃんに通訳してもらい治療を受ける
帰宿して、ひたすら寝る。
 
祐子は朝一で自転車に跨がりHISへ赴き、キューバ行きと日本行きの飛行機を探す。
メキシコ→キューバ→ジャマイカ→ベネズエラ→メキシコの周遊四ヶ国チケットで、1,420ドル。
高いんだか安いんだかさっぱりわかりません。
日本行きは、まだ料金発表前。
午後、メヒカーナ航空へ。
実りある話はないです。
深夜、Rタロー君の南米縦断ルートの構築。
Rタロー君のドミ部屋では、チェリー君とTaewooが爆睡してた。
 
修理したてのSilver Wingが、絶不調。
Hondaへ返却。
 
朝→食べない
昼→宿の向かいのレストランでハンバーガー
夜→魚を焼いたものとほうれん草を焼いたもの、Taewooのチゲ鍋を少々
 

ビセンテから香水を貰った

 
R0013976.jpg
メキシコの青年実業家ビセンテから、香水を頂きました。
突然。
なぜか香水。
ありがとう。
隠されたメッセージを弄ります。
 
そういえばビセンテのお店にタコスを食べに行くと、お代を受け取ってくれません。
気前のいい奴です。
ま、ボクらは絶対お金を払うんだけど、そうするとバナナをお土産にくれたります。
それは貰っちゃいます。
 

動画共有利用サービス「Mitter」を試してみた〈Sonny Boy Williamson〉

 
ピクチャ 2.png

自分が観たYouTubeやニコニコ動画の履歴が、自動的に残るっていうのはなかなか便利なもんだ。
と思って、「Mitterまだbeta版」を使い始めました。
もう自分の行動を自分で記憶できないお年頃なのです。

ピクチャ 3.png

上のボタンを押すと「最近観た動画」として記憶されます。
タグをいちいち入力するのが面倒くさいけど、これで観たい動画はいつでも一発です。
 
で、何を熱心に観てるかというと、古いハーモニカ・ブルースを探してます。
Sonny Boy Williamson(サニー・ボーイ・ウィリアムソン)がめちゃくちゃかっこいいです。
調べてみるとSonny Boy Williamsonって人が二人いて、しかも両方ともハーモニカを吹くみたいです。
ややこやしいブルース界です。
「Sonny Boy Williamson II - Bye Bye Bird」なんて、最後にはハーモニカを縦に口にくわえて吹いてます。すごいです↓
 


 
どちら様のSonny Boy Williamsonかわかりませんが、初めてレコーディングしたのは53歳らしいので、ボクも、ま、関係ないけど、ま、頑張ろうと、思ったりしました。
 

2009年02月19日(木)[ペンション・アミーゴ126泊目]

9時に起きて朝飯食って歯を磨いて一服して日記を書く。
うっちーをツアーコンダクターにして、韓国チームとテピート地区へお買い物。
買ったのは、
CD「MIX 136HIT MUSICA POP 106 fm」5ペソ(35円)
DVD「The Blues Brothers」5ペソ
DVD「崖の上のポニョ」10ペソ(70円)
 
祐子は航空券探しと、アクセサリー作り

晩飯食って、DVD「The Blues Brothers」鑑賞。
 
嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。
(樹木希林)

 
朝→お茶漬け。祐子はバナナ
昼→焼きそば。祐子はパス家から頂いたシチュー
夜→肉じゃが、ナス
 

建築家ルイス・バラガンを見たPart2〈カプチーナ修道院〉


R0014006.jpg
メキシコの有名建築家ルイス・バラガン(Luis Barragan Morfin)の設計したカプチーナ修道院へ行って来ました。
修道院の中の居住区は案内してくれなかったので、禁欲的な信仰生活を送る修道女のお部屋や洗濯物は見られません。
見学できたのは礼拝堂とそのまわりの小部屋だけ。
礼拝堂の10メートル近い天井と格子の壁、コンクリートの大きな十字架、四角いパティオ。
修道女のちょっとはみ出た鼻毛。
これで見学料50ペソ(350円)。
写真撮影は禁止。
予約制。
アクセスは、メトロ2号線の終点ひとつ手前のGeneral Anayaで下車してRuta1のペセロに乗って、Centro de Tlalpan。
 

2009年02月20日(金)[ペンション・アミーゴ127泊目]

早起きして、ルイス・バラガン設計のカプチーナ修道院へお出かけ
イダルゴ駅のなじみの屋台でエンパナーダを食べて、レボルシオン駅を通り過ぎて靴屋をまわる。
祐子の購買欲をソソルような靴はなかったです。
麻雀。勝ったり負けたり負けたり。
祐子は航空券探しに忙殺される。
4月からサーチャージが8割も下がるらしい...
8割だよ8割。
すごくない?
 
朝→宿のパン
昼→イダルゴ駅近くの屋台でエンパナーダ
夜→親子丼
 

メキシコで手編みのマフラーを貰った

 
R0014026.jpg
Emiちゃんはアカプルコ近郊の街、Chilpansingoの出身のメヒカーナです。
先日(2009年2月10日)、祐子がEmiちゃんの里帰りに付いてったら、姪のアリックスから手編みのマフラーをプレゼントされました。
初めて編んだそうです。処女作。
彼女19歳。
Chilpansingoは、日中は激暑ですが夜間は冷えます。
 

誕生日に寄書きTシャツを頂いた

 
R0013978.jpg
こんなもの頂いて、幸せです。
おかげさまで、44歳、好スタートがきれました。
涙は美人で評判のキョウコちゃんが描いてくれました。
何のメッセージが隠されているのでひょう?
 

〈アミーゴ〉東京でCafeを開くだす

 
R0013957.jpg
2010年のある日にCafeをOPENする予定のKurato&Sachiちゃんのお二人です。
中目黒か吉祥寺か鎌倉が候補地です。
Cafeの内装、デザインについては、いろいろアイディアを持ってます。
Cafeの名刺を持ち歩いて、名刺を配りながらの営業旅です。
用意周到なご夫婦です。
 
ピクチャ 1.png
旦那の世界一周は今回で三度目だそうで、奥さんのSachiちゃんも二度目。
ふたりで五周。
たいしたもんです。
ボクら、たった一回だけでもなかなか終わらないのに...
旦那は雀師です。
もしかしてTVの「料理の鉄人」の司会に似てるんじゃないだろか。
なんて言ったっけ?
 

2009年02月21日(土)[ペンション・アミーゴ128泊目]

バーベキュー台を探しにメルセへ。
祐子は、一日中アクセサリー作り(→Jaboo)。
NHKの執筆
夕方、パスちゃん、クライディ、竹氏と雨の中をタクシーの乗ってWall Martへ。
麻雀。親で積もられ貧乏が続く。
飲む。
韓国人のTaewooは来年か再来年に日本で勉強する意気込みを表明。
春にはリクルートで働く娘は独立思考で、クミちゃんは出版社志望。
娘さんの帰国日が決まり、宿内に安堵の空気が漂い、マリモちゃんに生卵を返却する。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→昨夜の残りの親子丼と一昨日の肉じゃが
 

〈アミーガ〉精巧なお人形さん、Emiちゃん

 
R0014024.jpg
メヒカーナ、Emiちゃん。
24歳。
アカプルコ近郊の街、クソ暑いChilpansingoの出身です。
お父さんは金物屋さんで、宗教は誕生日を祝わない例のアレです。
つい最近まで、ペンションアミーゴから学校へ通ってました。
先日、試験が終わってぶらぶらしてます。
試験前もぶらぶらしてたけど...。
日本語が上手に話せて、ものすごくゆっくりスペイン語を喋ります。
祐子が時々スペイン語を教わってて、とてもいい先生です。
隣りにセブンスターでも置けばわかりやすかったんだけど、けっこう小柄なので、精巧なお人形さんと呼ばれてます。
ほとんど毎晩Emiちゃんと晩ご飯を食べてますが、食べるのが遅くて、カレーライスが大好きで、みそ汁が苦手です。
アメリカ移住を目論んでますが、ビザが下りません。
 

2009年02月22日(日)[ペンション・アミーゴ129泊目]

ベネズエラ、エンジェルフォール、ロライマ山について調べて、昼寝。
ジャマイカについて調べて、昼寝。
祐子は、アクセサリー作りに追われ、寝る暇なし。

深夜、歯痛。
寝られず。
 
朝→リンゴとバナナとヨーグルト
昼→焼きそば、卵焼き、ベーコン
夜→ハンバーグ
 

2009年02月23日(月)[ペンション・アミーゴ130泊目]

祐子はアクセサリー作り。
 
歯痛でほとんど寝られず。
朝飯食って、速攻で歯医者へ。
奥歯を一本抜かれ候。
綿を噛んで三時間じっと我慢。
食事制限発令。
投薬。
ベッドの中で、マイケル・ムーア監督の「SiCKO」を観る。
風邪も併発。
体温計がないからわからないけど、熱があるんじゃなかろうか。
具合悪いぞな。
 
キョウコちゃんとマリモちゃんが旅立つ。
 
朝→ふりかけでご飯。バナナ。祐子は宿のパン
昼→食べない。祐子はうどん
夜→お茶漬け。祐子はノバちゃんのカレー
 

〈アミーゴ〉メキシコで謎の覆面パッカーに再会!

 
ピクチャ 1.png
変態チックな変わったバックパッカーに時々会ったりするんですが、例えば学ランに金属バットを携えた奴とか、護身用にヌンチャクを持ち歩いてる奴とか、首締め強盗対策にヘヴィメタ少年が好きな鋲の打った太い皮のネックレスをしてるとか、国境のイミグレで係官に納豆を投げつける奴とか、あっ、これはノリさんか、スーパーで万引き犯と疑われ買い物籠を蹴飛ばす奴とか、あっ、これもノリさんか、髪の毛をセメダインで固めてたくさんのリボンを頭に咲かせた奴とか、あれれ、これもノリさんか、とにかく変な人がいます。
 
さて今日ご紹介するのは、なんと覆面パッカーです。
性別はおろか人数すらも不明の謎の旅人です。
ボクらは2008年の正月あたりにパラグアイの日本人宿「ペンション園田」で第一種接近遭遇をしまして、今回「ペンションアミーゴ」で第三種接近遭遇です。
さてさて謎の覆面パッカーですが、関西弁を話すらしいとか、FXで儲けたらしいとか、今月には一時帰国してパソコンを買うのを楽しみにしてるとか、日本食を爆食いするとか噂されてますが、どれもこれも噂にすぎませんが、何やら謎のわりには庶民的です。
南米のグランドスラム、ガラパゴス、イースター島、南極、フォークランドを達成してます。
自慢じゃないけど、ボクらもグランドスラムです。
で、今年、ヨーロッパで三度目の再会をするつもりです。
そんで、FXの儲け方を教わるつもりです。
 
そういえば覆面パッカーの話で印象深いのは、確かコスタリカの三メートルを超す亀です。
もはや恐竜だそうです。
見たかったです。
 

2009年02月24日(火)[ペンション・アミーゴ131泊目]

昨日、抜歯したからか、それとも抜歯後の薬に負けてるのか、それとも風邪だからか、咳がひどくて身体がだるいです。
寝てます、一日中。
それでも一回だけ麻雀をしたりして。
いいとこなし。
祐子はアクセサリー(Jaboo)作りの合間に介護してくれてます。
祐子は夜中まで航空券探し。
 
朝→お茶漬け。祐子は宿のパン
昼→焼きそば
夜→白身魚のムニエル、ほうれん草、冷や奴

 

海外で妻を働かす方法〈オペア/海外でベビーシッター〉


ピクチャ 1.png
どうやって祐子を海外で働かせるか。
ってなことを考えたりしてます。
ボクの稼ぎは少ないし、一応「ワーキング・パッカー」だから、旅中とはいえ金を稼がにゃならんし。
 
で、先日カレーをご馳走してくれたノヴァちゃんの耳より情報が熱いです。

「オペア」

「オペア」とは海外でホームスティをしながらベビーシッターとして働き、月に$560?$700ほど稼げる"国際交流留学生" のことです。
ホームステイなので、滞在費がかからないし食費もゼロです。
学校へも通えます。
Webサイト「Aupair Japan」の説明では
オペアとは・・・『1年間(最長2年間)ホストファミリーの子どもの世話を通して、アメリカの文化を学ぶ米国国務省管轄の異文化交流プログラム。滞在費・食費がかからず、週約140ドルのお小遣いがもらえる。J-1ビザ(交流訪問者)を取得するので、学校にも通うこともできる。』

オペアを受け入れている国はアメリカ以外にもたくさんあって、
ドイツ、フランス、イタリア、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、ベルギー、オランダ、スペイン、デンマーク、アイスランド、フィンランド、ノルウェー、オーストリア、アイルランド、スイス、イギリス etc...

これだけ参加国があれば不足はありません。
ぜひ、祐子にオペアを!
と企んでるんですが、祐子がホームスティするとボクはどこで寝るのでしょう?
ボクのご飯はどうなるのでしょう。
 
ノヴァちゃんは「オペア」でイギリスへ渡りました。
メヒカーナのEmiちゃんも狙ってます。
 
〈参考〉Aupair Japan

YouTubeの音だけをダウンロードした〈TUBEFIRE〉


000.png

YouTubeのビデオ再生ページURLに「fire」を追加入力して(下参照)、クリック。
 
111.png
動画を保存したい場合は「MP4」、音声だけを保存したい場合は「MP3」を選択して「変換開始」をクリック。
「規約に同意してダウンロードする」をクリックして、
「DownLoad(無料)」をクリック。
それだけなんだけど、このWebページ、広告だらけで品がないです。
サーバーが混雑してると、「Service Unavailable」のメッセージが出るんですが、すぐ出ます。
YouTubeを閲覧した履歴が出るので、次々とダウンロードできて便利です。
 
ハーモニカの練習用に古いブルースをダウンロードしてます。
 

2009年02月25日(水)[ペンション・アミーゴ132泊目]

祐子はゴンちゃん、竹氏とメキシコの秋葉原へ外付けHDを買いにお出かけ。
500Gで1,950ペソ(13,650円以下)。
この値段だと日本で買っても同じだす。
でも悩む。
 
祐子、昼過ぎに宿に戻り、昼食後は自転車でH.I.S.へお出かけ。
いまJALの成田直行便を買うと片道921US$です。
4月になってから買えば値下げされるサーチャージ分がお得なんですが、値下げしたサーチャージ分を値上げする阿漕な商売をする奴(犯人はUNITEDだ)もいるので安心できないと言われました。
4月10日までがハイシーズンなので、それ以降の水曜日を狙います。
だから4月14日が帰国第一候補!
で、4月からJALの預け荷物が32キロから23キロまでに減らされます。
 
ボクはパソコンとハーモニカの練習。
MacFUSENTFS-3G For Mac OS Xをダウンロードして、インストール。
これで竹氏の外付けHDへデータを渡せるようになった。
 
三年ぶりにユキちゃんと再会。
けどあっちゅーまに去ってしまったです、彼女。
 
抜歯したため、タバコを吸わず、酒を飲まず、肉を食わずの生活を続けています。
健康的な生活は、かえって死にそうです。
 
朝→お茶漬け。祐子は宿のパン
昼→焼きそば。祐子はチャーハン
夜→とろろと鍋とほうれん草

 


一瞬帰国也。メキシコシティ発LA経由の成田着で、66,000円也〈格安航空券WebサイトeDream〉

 
R0014055.JPG
格安航空券WebサイトeDreamsで帰国便を探して発券したです。
531?(66,000円)也。
ま、ぼちぼち安いんじゃないですかね。
4月7日の07:50にメキシコシティを発ち(Mexicana 900)、
同日の10:00にロサンゼルス到着。
約三時間後の12:55にロサンゼルスを飛び立ち(JAL Japan Airlines 61)、
翌4月8日、16:45に成田着。
結婚式に出席するため、ボクだけ一瞬帰国です。
祐子はロンドンへ飛び、夫婦解散。
じゃ、そういうことで!
 

〈写真〉二階の窓がボクらの部屋です/ペンションアミーゴ/メキシコシティ

44歳なので、「ヨシ」と呼んでください

 
R0014053.jpg
拙者の誕生日ごときに、わざわざドレスを買って、マジックで化粧までしてくれた、愛すべき若人たちです。
ご好意のほどまことにかたじけなく存じます。
脂が浮いた皆の肌に負けたマジックですが、その後ホワイトボードに字が書けなくなってしまい、恐縮です。
 
R0014057.jpg
フリークライミングの師匠、ヨシオ師から頂いた高級ワインです。
あっちゅー間になくなりました。
 
R0014063.jpg
メヒカーナのEmiちゃんからはライターを頂戴し、ご丁寧に予備のガスボンベまで頂きました。
ガスボンベ、ライターに比べるとかなり巨大でして、じゃぁガスボンベに着火装置を付ければいいじゃん、などと不埒な商品提案をしてみたくなります。
万が一ボクのこの商品企画が実現すれば、ガスボンベライターと缶ピースを持ち歩く馬鹿が発生します。
かなりうざいです。
葉巻はいろいろと過去の多いみゆきちゃんからです。

他にもたくさん頂きました誕生日プレゼント。
御厚情を深謝いたしまするする。
 

キューバ→ジャマイカ→ベネズエラへお出かけして、飛行機代1,243US$也〈H.I.S.〉


R0014018.jpg
3月3日からやっと移動します。
H.I.S.で独自に組んだ、とあえて言うほどのことではないけれど、コパ航空とメヒカーナ航空で飛ぶ三か国周遊プランです。
1,243US$也(121,414円)。
フィックス・オープン・チケットです。
手数料100US$を払えば、フライトの変更が可能なフィックスなのです。
これを完全オープンにすると、4,000US$に跳ね上がります。
恐ろしく馬鹿馬鹿しいです。
コパ航空の我がままで、どこへ行くにしろ必ずパナマに寄るのが味噌です。
メンド臭い味噌です。
 
3月3日(CM 265)MexicoからPanamaへ(13:34発→18:14着)
同日(CM 294)PanamaからHabanaへ(18:56発→21:31着)
→まずはキューバ生活。葉巻でも吸いまそか
3月10日(CM 231) HabanaからPanamaへ(08:05発→10:40着)
同日(CM 418)PanamaからKingstonへ(12:30発→14:14着)
→そしてジャマイカ。ドレッドヘアにでもしもそ
3月17日(CM 417)KingstonからPanamaへ(17:44発→19:28着)
同日(CM 221)PanamaからCaracasへ(20:40発→23:26着)
→最後にベネズエラ。エンジェルフォール見て、ロライマ山に登ってこりゃこりゃ
3月31日(MX 374)CaracasからMexicoへ(08:30→12:15着)
 

〈写真〉2009年2月21日/メルセにて/メキシコシティ

2009年02月26日(木)[ペンション・アミーゴ133泊目]

たかーぎ君のワークショップのチラシのデザイン。
祐子はH.I.S.へSkypeして「三か国周遊チケット」の手配をし、竹氏と二日続けてメキシコシティの秋葉原へ外付けHDを求めてお出かけ。
500GのポータブルHDを購入。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば。
夜→ペペロンチーノと昨夜の煮物っぽいもの

 

〈アミーゴ〉ギャンブルで飯を食って12年になります


ピクチャ 1.png
こうやって日本を離れて旅をしていると、ボクの狭い世間っていうか、狭い視野では想像できない、あるいはボクの歪んだ定規では測りきれない、空想上の職業、ボクがゆーところの「ほぼ空想的職業従事者」に遭遇することがあって、ま、メキシコで画家を目指すケンタ君とか、サックスを吹いて飯を食うフリーJazzマンのShuji君がそうなんですが、今回のノブさんはもっとえげつないです。
プロのギャンブラー。
主にラスベガスを根城にアメリカ各地のカジノで稼いでるそうです。
昔はブラックジャック。
今はポーカー。
もちろん他の仕事はしてません。
副業なしです。生粋です。
12年間転職なしのギャンブラー。
カジノを求めてあちらこちらへと出張が多いそうです。
今回はメキシコを新規開拓してます。
ギャンブラーって、勝ち続けるとカジノから追い出される痛し痒しなところがあって、ブラックジャック時代にはラスベガスのほとんどのカジノから追い出されたそうです。
出版こそしてませんが本を何冊か書いてて、その一冊『人生必勝法』を借りました。
途中までしか読んでないのだけれど、ボクは人生ゲームから脱線してるので『人生必勝法』よりもノブさんの『名迷勝負百戦(仮)』の方が興味があります。
で、それをブログに書いてよとリクエストしましたが、愛想笑いでした。
 

2009年02月27日(金)[ペンション・アミーゴ134泊目]

相変わらず忙しい祐子の一日です。
H.I.S.への飛行機代の支払いへ。
昨夜吹っ飛んだ新しいHDのデータの復旧に苦心惨憺の末、半分ほどサルベージに成功す。
さすが祐子、グッジョブ!
vaioがDVDを認識せず、DVDドライブの調子悪し。
サルベージ祐子が悪戦苦闘し、復活さす。
これまたグッジョブ!
ボクはほとんど寝てないので、昼寝に余念がない。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→冷凍してたハンバーグ

 

〈旅のお買い物〉メキシコで500Gの外付けHDを買った

 
R0014060.jpg
メキシコの秋葉原で購入したポータブルHD、500Gで1,980ペソ。
竹氏も同じものを買うので、1,900ペソ(12,350円)に値引きしてもらい、一台80ペソ(560円)の勝利です。
ネットでユーザー登録しようとしたら、どうやら盗品らしくて、メーカーからすぐに返品するようにとメールが来ました。
ユーザー登録を拒否られて、一勝一敗。
侮れません。
 
メーカーはWestern Digital。
連邦倒産法の適用を申請した過去を持つ、そこそこ歴史があるアメリカのストレージ会社です。
信用できるのかできないのか、さっぱりわかりません。
FAT32でフォーマットされてたので、このままだと4Gのデータが扱えないから、NTSFにフォーマットし直してます。
そのフォーマットが気を失いそうに遅くて、一階へ下りたりキッチンへ行ったりお湯を沸かしたり煙草を吸ったり吐いたりしても、進捗状況は4%でした。
遅っ!
一生かかりそうです。
なのに竹氏のHDを見ると、百倍のスピード(体感速度)でフォーマットされてます。
そんじゃこんなに遅いのは何か手順に間違いがあったに違いないと、作業を中断して再度初めからスタートしたら、まったく変わりませんでした。
結局、竹氏に託して、さくっと終わらせました。
 

Macでも外付けHDに書き込みできるようにする〈MacFuse/NTFS-3G〉

 
R0014065.jpg
最近知ったんだけど、近頃のWindows派の大容量HDだと、Macで書き込みできません。
読み込みは可能なので、Windows様からのお宝は遠慮なく頂戴できます。
でもMacに入ってる門外不出の秘蔵動画を誰かに進呈しようとしても、HDが受け付けてくれないのです。
これはHDがNTSFでフォーマットだからで、「MacFuse」と「NTFS-3G for Mac OS X」をインストールすれば、Macでも書き込みできるようになります。
書き込みできるようになりましたが、正直申せば秘蔵動画なんてそんな不埒なもの一秒もありません。
 
新しく買ったHDがFAT32フォーマットだったので、わざわざNTSFにフォーマットし直しました。
FAT32はMacでもWindowsでも読み書きできるバイセクシャルですが、4G以上のデータを扱えない弱点持ちなのです。
 

2009年02月28日(土)[ペンション・アミーゴ135泊目]

祐子は午前中風邪で寝てた。
 
ビセンテの車に乗り、竹珍と三人でメルセへバーベキュー台を買いに出かける。 
ついでに焼き鳥用の串もゲット。
 
陶芸家皆川氏来宿。
歓迎麻雀『皆川祭』三局。
皆川氏速攻泥酔速攻就寝。
 
深夜三時半、NHK地球ラジオ『旅でござんす』生出演。
 
朝→お茶漬け。祐子はバナナとみかん
昼→ビセンテのタコス
夜→Rタロー君の特製角煮。大根がぷるぷると美味かったです
 

メキシコのブリキ製タバコケースが素敵だ〈Faros〉

 
R0013973.jpg
メキシコにFarosというタバコがあって、ブリキのケースに入って25ペソ(175円)です。
ブリキケースのデザインがなかなか素朴で素敵です。
ちょっとだけレトロが入ってるし。
タバコを吸ってしまっても、空のケースがお土産になります。なりますよね。
祐子がサンクリストバル・デ・ラス・カサスの宿で、ドイツ人のヘスースおじさんから三つも貰ってきました。
石入れに使って重宝してます。
コンビニエンスストアのoxxoで絶賛発売中。
 

2009年03月01日(日)[ペンション・アミーゴ136泊目]

カリスマ美容師ケンちゃんに断髪してもらいました。
お洒落坊主と呼ばれるヘアースタイルです。
鏡を見ると、出川哲朗がいました。
 
祐子は指輪を編みながら、イギリス行きの航空券を探すんだが、ふと黒い霧が頭の中を占めるわけです。
イギリスって、片道航空券で入国できるのだろうか?
これ、ネットで調べてみると全然無理なわけで、イギリスって恐ろしいくらい入国審査が厳しいです。
日本への帰国便のチケットを持っていないと、強制送還されるとまで書いてあるWebまであって、フランスへの脱出便じゃ駄目だろうか。
なんかキツそうで悩んでます。
さて、どうすっべ?
この命題でほぼ一日潰れました。
 
ボクはベネズエラ、キューバ、ジャマイカの情報収集。
こういう「旅の計画」って面倒くさくて苦手です。
今頃言うのもなんだけど、旅が嫌いになりそうです。
でも、ま、「歩き方」を持ってないんでしょうがない。
しこしこメモしなきゃ。

麻雀。
ひどいわ。
これで引退だす。
 
朝→ホットケーキ
昼→トマトとチーズとシーチキンのスパゲティ
夜→白身魚を焼いた。椎茸の煮物っぽいスープ

 

生で9回逝きました〈NHK地球ラジオ『旅でござんす』〉

2009年03月01日午前三時半、「NHK地球ラジオ『旅でござんす』」に電話出演しました。
生です。
今年だけで三回目。
三回ともメキシコシティのペンションアミーゴです。
旅してないから、もう話すことがありませんがな。
話題性も糞もありません。
すみません。
そんなでもなんだかんだで、たぶん通算9回目の生出演。
だんだん普通に話せるようになった気がしますが、「はいはい」とか「えー」が多いと祐子の指導が入ります。
今回、「アボガド」を「アボカド」と「カ」の発音を濁らないでくださいね、と言われていたにもかかわらず、豪快に「ガ」と濁りました。
すみません。
才能ないです、ボクは。ホント。
ビールの所為ではないです。
芸能人に向いてません。
 

2009年03月02日(月)[ペンション・アミーゴ137泊目]

今日は激しく忙しいです。
8時に起きてニンニク臭い部屋で惰眠を貪るRタロー君を起こし、Silver Wing 600に乗って、サンファンへ鶏肉の買い出し。
鶏肉を2.5キロほど購入して、Wal Martで炭やら野菜やらを買って、宿に戻って焼き鳥の仕込み。
そしてコピー屋へ。
タレを焦がしてしまったです。
1時半ごろから炭に火をつけて、パティオでバーベキュー大会を開催。
夕方まで食いまくり、飲みまくり、麻雀で振りまくり。
夕方遅く屋上で、Rタロー君とTaewooとボクの三人でギターとハーモニカのセッション。
 
祐子は荷造り、買い物と活躍。
 
Silver Wing 600の部品(クラッチ、ローラーキット)がアメリカから届き、早速RタローがHONDAへ走るが、エンジンから白煙が立ちのぼったとのこと。
エッ?
どーしたんだい、へ、へ、へ、ベェベ
 
朝→宿のパン
昼→バーベキュ―
夜→昨夜の残り物
 

〈アミーガ〉サトコちゃんの腰肉を見た

 
ピクチャ 5.png
故あってサトコちゃんの腰を後ろからじっくりと見せてもらったことがあります。
自慢ですが、生です。
鼻息のかかる接近戦です。
無駄肉も無駄毛もないそりゃぁ美しい腰肉でした。
ご馳走様でした。
彼女のブログを読んだら、最近グァテマラで腸内洗浄をしてました。
お尻の穴からお洒落をしているようです。
上のブログの写真の通り相当な美人で、特にきりりとした目に定評があります。
 
サトコちゃんはベジタリアンなので、得意のピーマンの姿焼きを振る舞ったことがありますが、ピーマン汁が少なくて、不本意な出来でした。
すみません。
サトコちゃんの移住先、オーストラリアでリベンジいたします。
 
下のタバコケースの中の編み物は、彼女から頂きました。
お手製です。
とても素敵です。
 
R0014108.jpg
 

2009年03月03日(火)[メキシコシティ→ハバナ/キューバ]

重い腰をあげて、出発します。
 
9時45分、自転車のヒロさんと並んで宿を出ました
お見送り感謝。
カナダで貰ったスーツケース27kgを転がし、Macを突っ込んだバックパック10.5kgを背負って、膨大な荷物はペンションアミーゴに放置して。
 
旅の移動ってわからないことが多くて、小さな胸は不安でいっぱいです。
小さな胸はボクのです。祐子じゃありません。
キューバのツーリストカードはどこで入手できるのだろう? とか。
→パナマの空港で、飛行機に乗る寸前のカウンターで買いました。
キューバに着いたけど、記入した入国カードがそのままパスポートに挟まれてるけどいいのだろうか? とか。
→いいのです。
両替って、外国人用通貨のセウセとキューバ人用の通貨と両方ともした方がいいのだろうか?
→すべきだ。
とか、いろいろ悩みが多くて嫌になります。
 
空港から宿に電話したら、
「満室です」
空港でタクシーを待ってたら、放送で
「イチザワ、ユウコ...」
祐子の名前が。
何故、祐子?
空港のデスクに問い合わせても埒明かず。
しかないのでほったらかしてタクシーでセントロへ、Midnight run!
キューバは街灯が少なく暗く、街は想像ほどには汚くなくはなく、石造りの建物はしっかり古いです。
木製のドアや木製の窓枠は、限界灘を過ぎて風化してます。
 
宿のベッドで祐子がぽつりと、
「120ドルを落とした」
 
朝→残り物の焼魚
昼→機内食(珍しく完食)
夜→機内食(珍しく完食)

 

2009年03月04日(水)[ハバナ二泊目/キューバ]

昨日落とした120ドルを探して、祐子が朝7時過ぎから独りで空港へ乗り込む。
現金が見つかるとは思えないんだけど、そこが不撓不屈の祐子です。
ボクは宿で爆睡。
 
祐子が夕方前に帰宿。
ボクはずーっと寝てました。
探索の結果、120ドルを捜索し70ドルを回収するも、経費(タクシーの往復)が30ドル也。
この顛末は後日レポートしたいです。
 
旧国会議事堂でネットして、イングラテラホテルで世界遺産のトリニダー行きのバスの時間と料金を尋ね、オビスポ通りのcadeca(両替所)で200カナダドルを両替し(1カナダドル=1.4403セウセ)、中華街のTienTanで卵肉チャーハン(1.8セウセ)を食らう。
チャーハンは調味料を忘れたんではないかと疑えるくらいあっさりしてて、海鮮麺(6.9セウセ)はその不味そうな見た目よりはむしろ美味しい。
キューバ名物のお酒、モヒートを飲む。
ブラジルで飲んだピンガに似てなくもなし。
 
朝→食べない
昼→食べない
夜→中華レストランで卵肉チャーハンと海鮮麺

 

2009年03月05日(木)[ハバナ三泊目/キューバ]

10時半から、ハバナ市内を散策。
散歩してるときが、一番幸せです。
東京で言うと竹下通りみたいに人通りの多いオビスポ通りを突き当たりまで迷わず歩き、アルマス広場からフエルサ要塞、プンタ要塞、怪しい動きをするカップルを左手に見ながら、向かい側のモロ要塞と要塞三昧を楽しむ。
入場料をケチって革命博物館には入らず、チェ・ゲバラがメキシコから密航してきた船グランマ号を遠くに眺めて、フリーマーケットでお買い物。
鍵のレプリカを12セウセで買ってしまったです。
カフェでモヒート(3セウセ)を飲んだり、アイスクリーム(1セウセ)を食べたり、水1.5リットル(1.5セウセ)で買ったり、ネットを30分だけしたり、です。
地元民のピザを地元値段で買い食いしたら、2cup(えーと日本円で8円くらいだろうか)。
トッピングが一切ない、これ以上ないあっさりタイプで、もはやピザとは言い難いです。
昼寝。
晩飯に飲んだビールは、クリスタルcristal(1.5セウセ)。
普通の味です。
 
朝→サンドウィッチ2セウセ
昼→食べない
夜→豚肉定食5セウセ。祐子焼き魚定食6.5セウセ

 

2009年03月06日(金)[ハバナ→トリニダー/キューバ]

早朝7時半のバスに乗り、夕方の17時間半ごろ世界遺産のトリニダー着。
早起きは辛いです。
車中爆睡し、キューバの郊外を見損ない、自分に失望。
ハバナの宿のおばちゃんの友達がバスターミナルでボクらを待っててくれたんだけど、宿代が25セウスもするくせに朝飯抜きなので丁寧に断り、みゆきちゃんの紹介してくれた宿へ行けば満室だったです。
その宿の親戚の宿も安くないので、これまた断りました。
いいんです、宿は腐るほどありますから。
で、その辺を歩いてたおばちゃんの宿が安かったです。
年頃の娘さんが鼻をほじくりながらテレビを観てたのに文句を言う筋合いはございません。
古い民家はボクらの好奇心を満たします。
暑い中散歩。
昼寝して再び散歩。
夕暮れの古都を彷徨う幸せ。
晩飯は米粒ひとつ残さず完食。
芋(Boniato)が甘くて美味い。
ビールはクリスタル(cristal)。
今晩は村祭り。
 
朝→食べない
昼→食べない
夜→宿の豚肉定食

 

2009年03月07日(土)[トリニダー二泊目/キューバ]

自転車を借りて(一台4セウセ。バスに乗ると往復4セウセ)海へ走る。
海岸まで片道13キロ。
ボクら初老には遠い道のりです。
しかも自転車って、尻肉が強烈に痛くて辛い。
固いサドルと曲がったペダルと効かないブレーキが社会主義の賜なのか。
 
強い日差しとやや冷たい海とシツコイ蠅と風と読書と昼寝。
海に浮かぶ(ここの海水は死海のように浮力があるんじゃないだろうか)太ったおばちゃんと、ちょっとおっぱいをぽろりとしてしまった娘さん。
ボクはチャンスを見逃さなかったです。ふふふ...
社会主義の乳。
 
昼飯を食べたたった一軒しかない海辺のレストランのビールのコップが、激しく汚れてたです。
この手垢が社会主義なのか。
 
それはそれとして、帰路、激しい腹痛に襲われ、止むなく、満を持して、いや満は持しないで、バス通りで、バス停の後ろで、隠れるように、いや隠れて、雑草の中、後ろは牧草、左手にトイレットパーパーを握り、ズボンを脱ぎ、パンツも一蓮托生にし、しゃがみ、辺りを見渡し、道路を見れば観光バスがやって来る、立ち上がり、立ちションをしてるフリをして、でもズボンもパンツも膝まで下りてて、観光バスをやり過ごし、またしゃがみ、一気通貫。通ればリーチ。勇気。男気。
何度もお尻を拭いて、仕事はいつもより丁寧に、ブツを踏まないように慎重に、でも丸めた紙はその辺に放置して、切ない思い出を抱え、少し大人の階段を登り、少し降り、太陽が黄色く、人々の視線を気にして、振り返って黙礼し、別れを惜しみ、いや決別を喜び、再び自転車を跨ぐ。宿へ。早く宿へ。
 
体調悪くて、晩飯を食わずに寝ました。
昼に食べた少々生臭かったエビが原因だと推定されます。
これが社会主義なのか。
祐子がスーパーでヨーグルトを買って来てくれたけど、ジュースのように緩かったです。
これが社会主義なのか。
 
朝→宿の朝食
昼→ボクは少々生臭いエビ。祐子は白身魚mの焼いたもの
夜→体調悪くて食べない

 

2009年03月08日(日)[トリニダー三泊目/キューバ]

朝も早よから、宿のおばちゃんのノック攻撃を受けて、
なんでやねん、朝飯には早いやろが!
と優しく丁重に文句を垂れたら、今日からサマータイムでした。
すみません。朝ご飯、頂きます。
 
朝の涼しいときに散歩して、暑い昼はシエスタ(昼寝)が賢い人のすることなんですが、ボクら、午前中に寝て、昼から散歩しました。
日差しが重くて押しつぶされそうです。
昼飯を食べたレストランは、たぶんこれがキューバで噂の、違法の隠れレストランです。
看板のない民家の一室。
娘さんの一挙手一投足がいちいちアンニュイで妙に艶っぽくて、東京に持ち帰りたかったです。
すきっ歯の19歳。
いろいろと難しいお年頃です。
こんな田舎で暮らしてて将来どうするつもりなのか、その辺の土産売りの兄ちゃんと結婚するのか、その沁み出る色気をここで枯らすのか。
と、ボクが悩んだりしてました。
なんにしろ甘い芋の揚げ物が美味いです。
写真を撮りながら、ぶらぶらと世界遺産地区を一周。
午睡、読書。
晩飯で食べたサラダが奇妙な味がして、あのなんでも食う最強の祐子ですら残しました。
深刻な問題を抱えたサラダです。
食器洗い用洗剤を薄めたドレッシングか、殺虫剤を薄めたんじゃないかと、推察してます、ボクは。
なのに、ほとんど食べてしまったのは慚愧に堪えません。
気持ち悪いです。
カストロの弁明を待ちたい。
 
朝→宿の朝食
昼→隠れレストランで豚肉
夜→普通のレストランで豚肉

 

2009年03月09日(月)[トリニダー→ハバナ/キューバ]

5時半に起きて、バックパッカーって辛いね5時半起床だなんて、暗闇の旧市街、ゴロゴロとスーツケースを引きずって、なんせ世界遺産だからバリバリの石畳で、スーツケースを転がすのはしんどいです。
ハバナ行きのバスに乗る。
キューバの田舎道。
痩せた牛。
顔色の悪い牛。
栄養のなさそうな雑草。
名の知れぬ穀物。
錆びた農機具。
ヒッチハイクする人々。
高速道路、というよりバイパスだろうか、舗装はつぎはぎだらけで手入れ悪し。
運転手はタバコを吸い、マナー悪し。
 
福岡出身のエミちゃんとハバナのホテルで出会い、その後散歩してたら、再会。
ハバナも歩けば狭いです。
ネットして散歩。
町内一周バス(5セウセ)に乗れば、黒人のおばちゃんや娘さんの写真が撮り放題かと目論んだのですが、そう簡単じゃなかったです。
バスが走っていると、揺れてシャッターが切れません。
 
朝→宿の朝食
昼→食べない
夜→中華レストランで麻婆豆腐とエビスープとチャーハン

 

2009年03月10日(火)[ハバナ→キングストン/ジャマイカ]

3時半に起きて、日々起床時間が早くなります、三時半って朝?夜? こそこそと顔を洗い、歯を磨き、逃げるように宿を出て、昨夜予約しておいたタクシーで空港へ走る。
これぞ物資不足の社会主義国ならではと、期待を裏切らない旧車。
嬉しいです。
空港に着く前に分解しても不思議ではない、揺れ、軋み、エンジンの叫び。
白煙のひとつでもあげてほしかったけど、ボンネットでも一発吹き飛ばしてほしかったけど、せめてドアぐらい外れてほしかったけど、無事に空港に辿り着き残念だ。
 
スーツケースが3kgオーバーだと難癖つけられて、チャックインカウンターで荷物の詰め替え。
キングストンで荷物を引き取れば、鍵が壊されてた。
 
日本人宿「民宿ラブリッシュ」で、満室にて断られる。
引き続き日本人宿「アイシャハウス」にも満室で断られる。
タクシーのおっさんに「どっか安い宿に連れてってくれ」って任せたら、70ドルもするホテルになってしまい、いろいろと反省すべき点が多いです。
でもどこかしらかWi-Fiが飛んで来てて、ビール(Red Stripe)を飲みながら夜中までネット。
宿のスタッフにビールを奢れと言われて、はっきりと断る。
No!
そんな義理はありやせん。
 
ボクは本日、便秘になり、初めての経験で、トイレに立てこもり、不通、停滞、頑健、読書、悩み、懊悩、苦しみ、困惑、戦い、戦闘、突破、連続着弾、とりあえず苦い勝利と冷や汗。
水洗、流れないし、ブツ、浮かんでるし...
 
朝→機内食
昼→機内食
夜→バーガーキング

 

2009年03月11日(水)[キングストン→ネグリル/ジャマイカ]

宿の気持ちいいベランダで強烈な日差しを避け、13時までネットのただ乗り。
キューバでは日本語を入力できなかったので、一週間ぶりに日記を更新。
14時のバスでモンテゴ・ベイへ移動。
オーチョ・リオスに住む中国系のジャマイカ人に
「ジャマイカで困ったことがあれば、私の携帯に電話しなさい」
と電話番号を貰ったです。
ついでにプール付きの豪邸の写真をさり気なく見せられました。
自慢してください、今度遊びに行きます。
 
モンテゴ・ベイの街は想像より大きくて宿探しが面倒そうなので、さっきからまとわりついてしつこい黒人(基本ジャマイカ人は黒人がデフォ)の白タクが70ドルを50ドルに値引きすると言うので、急遽ネグリルへ更に移動。
大きい月夜の20時着。
運転手に50ドルを支払ったら、
「もっと金をくれ」
No! 約束は約束です。払いませんったら払いません。
でも運転は上手だったね、と誉めときました。
ボクは誉めて伸ばすタイプですから。

朝→宿の朝食
昼→Jerkチキン定食
夜→Jerkチキン定食。祐子はチキンカレー


2009年03月12日(木)[ネグリル二泊目/ジャマイカ]

朝からネグリルのメインストリートを東から西へひたすら歩き、ネット(Wi-Fi)付きの宿探し。
高そうに見えるホテルが安かったり、安そうに見えて高かったりして、意外に難しい。
図らずもキッチン、プール付きに引っ越し。
一泊80ドル、いいのかこんな豪遊して。
まぁしかし、仕事をせにゃならんので、しょうがない。
自炊するため、川向こうのダウンタウンのスーパーで食料の買い出し。
野菜が少ない。
肉は冷凍。
maruちゃんのインスタントラーメンあり。
 
それにしてもこの町、タクシーが乗れ乗れビービーと相当ウルサいです。
五秒に一回声をかけられます。
意固地になって乗りませんよボクら。
ときどき暴走族風の車が、爆音を轟かせて走ってます。
暴走車の無理な追い抜きと意地悪く阻止する車とのバトルに巻き込まれそうになり、大惨事寸前危機一髪。
宿で読書、ネット。
 
朝→食べない
昼→二日続けてバーガーキング
夜→ベーコンとトマトのスパゲティ

 

2009年03月13日(金)[ネグリル三泊目/ジャマイカ]

昨夜パソコンのしすぎで、だから起きるのも遅くて、祐子が用意してくれた朝飯をだらだら食って、歩いて一分のビーチの木陰に寝そべって読書。
暑いです。
白い砂とボクの白いお腹、ちょっと膨らんだ少女のようなボクの胸、そしてまぶしく蒼いカリブ海。
目の前で扇情的に腰をくねらせて踊る黒人少女たち。
エロいけど、彼女たちの顔がね、おっさん系なのね。
基本おっさんじゃ、無理です。
で、太った白人女性の緩くてたっぷりした腰が嫌いじゃないので、そちらをじっくり観察してます。
たいしたもんです、あのお肉。
つまんでみたい。
とりあえずカリブ海に膝まで漬かってみたら、冷たくなく、ぬるくなく。
 
NHKの原稿執筆送信
 
朝→ベーコン、パン、卵焼き
昼→食べない
夜→インスタントラーメン、コンビーフ、ゆで卵

 

社会主義のインスタントラーメン〈キューバ〉

 
PICT0034.jpg
キューバのスーパーマーケットで、インスタントラーメンを発見しました。
どうしてかボクは、インスタントラーメンを見つけると嬉しいです。
よく見れば「Vifon」と印刷されてるけど、右下には「即食麺」とあるので、ラーメンだと判定しました。
文句は受け付けません。
不味そうなので食べませんでしたが、今頃になってインスタントラーメン博士としては、後悔してます。
不味そうでも食え! とりあえず。
好きな分野すら追求しないあたりが、ボクです。
ちなみにキッコーマンじゃないけど、醤油も売ってました。
これまた祐子を呼びつけるほど、嬉しいです。
 
調べてみると、インスタントラーメンの国民一人当たりの年間消費量は、韓国が約80食で世界一位、続いて中国が約39食で二位、頑張れ日本。
日清食品魂を見せてくれ!
 


〈写真〉2009年03月08日/トリニダー/キューバ

2009年03月14日(土)[ネグリル四泊目/ジャマイカ]

久しぶりに仕事。
ジャマイカだってレゲエだって働きます。
祐子は読書に昼寝。
午後、スーパーマーケットで冷えたビールを買ってビーチへ。
栓抜きがなくて飲めず。
地元民の集う基本黒人ビーチで、読書と昼寝。
ぽつぽつと雨。
 
夜、祐子は、羽田、旭川往復航空券探し。
スカイマークのスカイフレックスで、往復16,600円。
まずまずの安さじゃないでしょうか。
引き続き祐子は、帰国便のチケットがないと入国させてくれない意固地なイギリスのために嫌々買う帰国便のキャンセル料の研究。
キャンセル料は1,000円。
安!
  
朝→パンとコンビーフ
昼→食べない
夜→素スパゲティに豚肉の塩焼き

 

50ドルの気持ちいいマッサージ〈ネグリル/ジャマイカ〉


PICT0004.jpg
夜、ネグリルの町をひとりで散歩して、その辺の道路端にしゃがんで道行く闇夜のジャマイカ人を眺めていたら、見知らぬ女性が、もちろんジャマイカに知り合いなんてひとりもいないわけで、隣りにぴったりと寄り添うように座って、
「マッサージしない?」
「気持ちいいよ」
西武新宿駅前の中国人ですか、あなた、でもマッサージは悪くないかもなぁ、どうせ暇だし。
ちらりと彼女の太ももを見れば、超特級のむっちりちりで、スカートと呼んでいいのか悩むくらいの短いミニスカート。
駄目です。
と本能から指令が飛んで来ました。
このマッサージは怪しいです。
たぶん祐子に適切に過不足なく説明できません。
で、きっぱりと断ることにしました。
「いくらなの?」
「50ドルよ」
ほっほう、50ドルとは、メキシコの多珍簿より高いじゃないですか、買ったことはないけど、ま、高くても安くても関係ないっす、どうせ断るのだから、で、ビシっと最後通牒を突きつけました。
「50ドルはボクには高いです」
「いくらなら払えるの?」
えーと、今いくら持ってるんだっけ?
何気に先方のペースにハマってるので、現状打破を目指し敵情視察に努めました。
目についたのは憎たらしいくらいにこんもり盛り上がった乳がふたつ。
憎さ余って可愛さが百倍です。
悔しいことに半分以上はみ出てます。
ハミ乳。
ボクはほとんどノックアウト寸前まで追いつめられていましたが、彼女の顔を見て、逆転サヨナラ満塁ホームランをかっ飛ばしました。
 
顔、おっさんなんだもん。
 

〈写真〉2009年3月14日/ネグリル/ジャマイカ

2009年03月15日(日)[ネグリル五泊目/ジャマイカ]

Tシャツやらパンツやらを洗面所で洗濯してキッチン前に干し、ネグリルの最西端までてくてくと散歩。
道は狭く歩道がほとんどなく日差しが強くタクシーがウルサく、それでも海岸に沿った一本道は迷子にならないので嬉しい一時間半。
目当てのRicks Cafeの崖下に陣取って、時折泳いだり、高飛び込みの見学。
それにしても皆、よーあんな高いところから飛び込みますわ。
祐子はいくらでも高いところから飛べるんだけど、泳げません。
ボクは泳げるけど、高いのが駄目です。
一時豪雨。
カリブ海に沈む夕陽よ、何思うぞ。

PICT0044.jpg
朝→レーズンの少ないレーズンパン、卵焼き、ベーコン
昼→食べない。帰国までには痩せたいです
夜→スパゲティと芋

〈世界の洗濯もの〉社会主義だって洗濯する/キューバ

 
PICT0003.jpg
久しぶりにシリーズ「世界の洗濯もの」です。
ねっとりとした心がぱりっと渇きます。
この写真はハバナの旧国会議事堂のすぐ横で撮影したので、たぶん世界遺産です。
「世界遺産だ」と遠慮がちに断定されれば、干された衣服にもなにかしら謂われがあるような、歴史の風合を多感な人なら感じとれます。
だから左上の朽ちた窓は、世界遺産に指定されたために無許可で修理できない風ですね。
ボクにはただ貧しいだけに見えるけど。
 
写真左下にある、漫画「20世紀少年」に似た青いマークは、全然似てないけど、キューバにおける宿の印です。
この張り紙があれば、部屋を貸してくれる民家(Casa Particular/カサ・パルティクラール)なので安く泊まれます。
朝ご飯とか晩ご飯とか洗濯なんかのサービスもあったります。
キューバにおける一般家庭をかいま見れますが、リビングにベッドがあったりして、しかもそこで普通に寝てて、すごく普通じゃありません。
ボクらが泊まったCasaは満室だったのですが、家主さんの強引なご好意で、外泊してる娘さんの部屋を、娘さんには無断で借してくれました。
家主さんから一言、
「娘に叱られるから、部屋の中をあまりいぢくらないで」
いぢくるなと言われればいぢくりたくなるのが、人の性。
いぢくりたい嫁入り前の女性のベッド。
興奮してはいけません。
タンスを開けてはいけません。
ねっとりと室内を舐れば、棚の隅に赤いハイヒールを発見。
が、遠目に見てもボクの足より遥かに巨大です。
ほ、ほんとに、娘?
急にベッドが汚らしく見えてきました。
 

〈写真〉2009年03月04日/ハバナ/キューバ

2009年03月16日(月)[ネグリル→再びキングストン/ジャマイカ]

首都キングストンへ戻ります。
えー、図らずもタクシー三昧になり反省三昧です。
うら若き豊満setyが歩いた距離を踏破できず、スーツケースを転がすのがたいへんなんですよ、宿からシェアキャブの駐車場(警察署の奥)まで、シェアキャブ。
9時20分、長距離シェアキャブに乗り換え、サブラマーという聞いたことのない町に到着したのが9時50分。
またまたシェアキャブを乗り換え。
この町のタクシーの客引き連中かなり殺気だってて、客の腕を引っ張り合って喧嘩してます。
大岡裁きが必要ですな。
ジャマイカ人って目つきが悪いくせに、会話が基本怒鳴り合いだから、風景に愛がありません。
気が狂ったように追い抜きをする一人F1レーサーに命を預け、終始神様に祈りを捧げながらキングストンへ。
いつかあんた死ぬよ。
最後に普通のタクシーに乗り、宿に着いたのが14時前です。
昨夜skypeで予約しておいた日本人宿「民宿ラブリッシュ」
個室は広いし冷蔵庫があるしキッチンがあるしWi-Fiだし、いい感じです。
 
たかーぎ君の「マクラメワークショップ」の告知チラシのデザインを大至急。
捏ねたり捻ったりする暇がなかったです。
ごめんなさい。
 
朝→卵焼きとパン
昼→食べない
夜→ケンタッキー。なんだか申し訳ないっす

 

2009年03月17日(火)[キングストン→カラカス/ベネズエラ]

『いくら人を非難しても自分を正当化した事にはならない』
ならないのだよ。
お心当たりのある貴殿、改心しなされ。

2時半まで宿「民宿ラブリッシュ」の漫画「カバチタレ!」を読んで、だからボブ・マーリー博物館とか無視です、いいんです、どうせこの頭じゃドレッドにならないから。
宿待機の髭面邪魔烏賊ドライバーの車で空港へ。
この邪魔烏賊ドライバーが無茶苦茶暴走して、遺書を書かねばと手帳を握りしめたです。
ドアも満足に閉まらないボロ車のくせにアクセルをそない一生懸命踏んだらあきませんがな、130キロ以上出てるじゃないですか。
か、カーブの手前では充分な減速を、お、お願いします、ボクらドアから転げ落ちそうな強烈な横Gを喰らってまして、こんなタイヤの悲鳴、聞いたことないです。
車がひっくり返りますぞ。
タイヤが泣き叫んでます。
ボクも泣きたいです。
横断する人に一瞥もせず、轢く気ですね、すべての車を容赦なく追い越し、振り向いてガンを飛ばし、飛ばしてどうするの、何人たりとも前を走らせないあんたの姿勢、生き方、主義主張、スローガン、近いうち死ぬど。
 
パナマ経由でカラカスへ飛び、カラカスの空港内でUSドルを闇両替え(500ドル以上まとめて両替すると、1ドル5ボリーバル)。
ジュースを飲んで、空港内の閉店したレストランのベンチに寝る。
久しぶりの空港泊。
ベンチは堅いし寒い。
 
朝→宿の朝食はジンジャー焼き飯
昼→機内食
夜→機内食。不味かった。祐子は全部食べたけど

 

2009年03月18日(水)[カラカス→シウダー・ボリーバル/ベネズエラ]

ベネズエラ(シモン・ボリーバル)国際空港のレストランのベンチで朝を迎える。
身体が痛いです。
歩いて5分の隣りの国内線の空港へ移動。
成田と羽田が隣りにあるようなもんですから、近くて便利です。
 
妙に空いた飛行機でプエルト・オルダスへ、およそ一時間の飛行。
9時半、プエルト・オルダスからバスに乗って、11時、オリノコ川が横たわるシウダー・ボリーバル着。
久しぶりの南米です。
人ごみと出店と屋台と笑顔、何もかもが懐かしいです。
ネットができるホテルを見つけられず(仕事があります)ウッチーが泊まったホテル「Union Hotel」に荷物を置き、ポルキロの飯食ってツアー会社アドレナリン(Adrenaline Expeditions)を訪ねたら美容院になってた。
がちょーん。
よく探せばワンブロック先に引っ越してただけで、エンジェル・フォール(二泊三日一人1,300ボリーバル。約26,000円)の予約をし、ロライマ山(五泊六日一人1,300ボリーバル。約26,000円)は見積もりだけして、辞去。
紹介してもらったネットができるホテルへ炎天下片道25分ほど歩き、28日、29日の予約を入れて、撤退。
途中、屋台でNESTEAというレモンティーみたいの(ネスレの商品です)を買って飲む。
冷たくて激美味。
たまらなく暑いぞ、ベネズエラ。
宿に戻り特級で仕事をして、ネット屋へ。
 
コロンビアのカルタヘナ以来の水シャワーです。
 
さぁ、明日はいよいよ秘境、エンジェルフォールです。
 
朝→機内食
昼→量り売りのチキンとライスとサラダ
夜→食べない

 

2009年03月19日(木)[シウダー・ボリーバル→カナイマ/ベネズエラ]

オーストラリア人のジミー、リジーのカップルと「Adrenaline Expeditions」の車で空港へ。
ちなみにこの二人とは、その後一切会話がなかったので、全くのアカの他人です。
ギターを担いだ馬鹿がパスポートを忘れて、出発が遅れました。
エアポートTAXは、12ボリーバル(約300円)。
ふらふらと揺れるセスナ機は9時10分離陸、10時半カナイマ着。
ちなみにこのカナイマという集落へは、道がありません。
未だに人類未踏の地が残る、世界最後の秘境、カナイマ国立公園(ユネスコの世界遺産です)の入園料35バリーバルを支払って、喫水線がぎりぎりの木造ボートでCarrao川からChurun川へさかのぼる。
タンニンがとけたコーラ色の川です。
飲むと渋いのでしょうよ。
ジャングルに浮かぶテーブルマウンテン出現。
異常に不気味で驚異です。
テーブルから溢れる滝、滝、滝。
ボートが波頭に突っ込み水が流れ込み、波に揉まれ、ボクらは濡れて悲鳴をあげ、目指すは落差世界一の滝(978メートル)、エンジェルフォール(スペイン語名、サルト・アンヘル、Salto Ángel)。
アメリカ人のエンジェルさんが発見しました。
他の滝とはひと際違います。
太いです。
運が良く、この時期にしては水量があり、迫力満点。
圧巻。
極太。
一時間以上かけて山を登り、祐子がスリップダウンしてカメラを壊し、エンジェルフォールを正面に見据えて、滝は空中で霧になり、その霧を浴びて、拝む也。
ありがたや。
ナイアガラの滝より、エンジェルフォールです。
ちなみにボクのカメラも末期症状。
 
晩飯後、元高校教師のシンさんと政治談義。
ジャングル、川沿いの小屋、蚊帳付きのハンモック。
夜中、豪雨。
トイレ三回。
 
朝→Adrenaline Expeditionsのパン、ヨーグルト
昼→サンドイッチを船の上で
夜→チキンのバーベキュー。塩味が効いて美味かった

2009年03月20日(金)[エンジェルフォール/ベネズエラ]

朝飯食って、6時45分出発。
ジャングルの朝は早いですよ。
コーラ色の川と霧の中のテーブルマウンテン、エンジェルフォール。
ひたすらボートで川を下り、カナイマの集落へ戻る。
 
集落を散歩。
舗装道路がありません。
家にドアがありません。
客引き、土産売り、タクシーの類いがいません。
静かな湖畔の森の影です。
ボートでカナイマ湖を渡り、滝の裏側を歩き、滝にうたれ、ずぶずぶに濡れ、満足なり。
この「滝の裏側」、名瀑百選に推挙。
さっさと寝る。
 
朝→ジャングルの朝食。なんだか妙な卵焼き
昼→牛肉。ベネズエラの料理は意外に美味い
夜→チキンのパスタ

2009年03月21日(土)[エンジェルフォール→シウダー・ボリーバル/ベネズエラ]

昼まで、カナイマ瑚のほとりで昼寝。
1時のセスナ機が3時に遅れ、文句ぶーぶー垂れながらシウダー・ボリーバルへ飛ぶ。
窓から見下ろせば、大地に点在する煙。
なんで煙? 焼畑? 畑なんかないけど...
西に白い雨、東に黒い雨。
虹、虹、虹。
頼りない蛇行する小道。
誰が住むのか、あの家。
家畜がいない。
何して食ってんの?
複雑で巨大な川。
Adrenaline Expeditions」で無理言って、事務所のパソコンのケーブルを外してMacへ繋げてネット。
今夜、夜行バスに乗ってサンタ・エレーナ・デ・ウアイレンへ行く予定だったけど、ツアーの参加者がいないため、中止。
ロライマ山、断念す。
 
朝→ホテルの朝飯
昼→食べない。痩せただろうか
夜→ボクは炭火焼ステーキ。祐子はオリノコ川の魚

キューバとジャマイカからお届け〈世界のおちてぶ〉

久しぶりの更新です。
世界のおちてぶ
暑いキューバとジャマイカにも、てぶくろ...
軍手かな。
 

サイドカー付き社会主義〈キューバ〉


PICT0033.jpg
サイドカー付き二輪、サイドカー付きバイク、どっちでもいいけど、キューバではよく走ってます。
たいへんかっこいいです。
次回のキューバ探訪はいつになるのかわからないけど、サイドカーでキューバ一周に挑戦!
で、質問。
一、キューバで外国人がバイクを買えますか
一、サイドカーのお値段
一、キャンプできますか
ググってもよくわかりませんでした。
 
サイドカーですが、ブラジルのボニートという町でも、ずいぶん見ました。
この町のサイドカーは、完全に荷台になっていて、納品用車両です。
でも、これもまた悪くないです。
次回のブラジル探訪は、ぜひボニート製のサイドカーにしたいもんです。
 

〈写真〉2009年03月08日/ハバナ/キューバ

2009年03月22日(日)[シウダー・ボリーバル二泊目/ベネズエラ]

ボクは、午前中みっちりと仕事です。
午後、昼飯がてら散歩したら、日曜日なので一軒もお店が開いてません。
セントロは全滅でした。
誰も歩いてません。
ただ暑いのみ。
 
部屋でネット。
そしてテレビ。
野球、日本対アメリカ。
 
朝→食べない
昼→ピザ
夜→イカ焼きが美味かった。祐子はスープ

バーベキュー台を買った〈ペンションアミーゴ/メキシコ〉

 
R0014012.jpg
ペンションアミーゴでバーベキュー台を買ってもらいました。
1,000ペソ(約7,000円)。
別にボクのために買ったわけじゃないですけど、プレッシャーはかけてたので、努力が実りました。草の根運動はしとくもんです。
大きくて重いので、タコス屋ビセンテの車を出動。
写真のバーベキュー台屋のお姉ちゃんは、子持ちです。
 
R0014128.jpg
早速、焼き鳥です。
パラグアイ以来です。
仕込みはRタロー君とボクが担当し、ボクはタレを焦がしてしまい、反省してます。
しかも薄味でした。
焼いたのはカリスマ美容師、ケンちゃん(写真左)です。
ケンちゃんは意外にお宅で、カレーにピーマンを入れるのが、玉に裏筋です。
写真を見比べると、バーベキュー台屋のお姉ちゃんと顔が似てます。
写真右側は、噂のRタロー君です。
我らのSilver Wingに股がって南米を下る予定ですが、Silver Wingが故障続きで未だアミーゴに逗留してます。
今はクラッチケースを待ってます。
彼の座右の銘は「桂3P」です。
わかる人にはわかる含蓄溢れる言葉です。
 

2009年03月23日(月)[シウダー・ボリーバル→カラカス/ベネズエラ]

ツアー客が全然いなくてロライマ山登山が中止になり、というか料金が倍になるのでキャンセルし、このままシウダー・ボリーバルにいても暑いだけだし、カラカスへ行けば危険な香りが充満してるし、折から仕掛かりの仕事があれこれとややこやしくなってきたし、ほんじゃ一発メキシコへ帰ろうと、シウダー・ボリーバルからプエルト・オルダス行きのバスとか、プエルト・オルダスからカラカスへの飛行機とか、カラカスからメキシコシティへの飛行機の変更とかに、祐子は「24」のクロエみたいに忙しかったです。
なんせプエルト・オルダスからの航空券はネットで買えないし、旅行代理店は昼になるときちんと休むし、営業時間になっても全然戻って来ないし、メキシコとは時差があるし、航空会社へ電話をしても繋がらないし、祐子がひとりで飛行場へ直接歩いて交渉しに出向いたり、ボクはホテルで涼んでたり、たいへんです。
 
で、先週に引き続き、カラカスの国際空港のレストランのベンチにて、宿泊。
今晩は寒くないけど、何気にウルサい。
ベンチは相変わらずカタい。
野球は、日本対韓国。
 
朝→食べない
昼→プエルト・オルダスの空港でハンバーガー。祐子は想像を絶するクレープ
夜→SUBWAYの15センチサンドウィッチを二人で分けて食べる慎ましさ

 

〈アミーゴ〉ヒロさんが旅立った

 
R0014156.jpg
ヒロさんがとうとう旅立ちました。
蚊帳付きハンモックをアメリカに注文して、二ヶ月以上届かぬ郵便物を待ってました。
結局、諦めて出発。
この8時間後に荷物が届いたので、運命の悪戯なのか、メキシコの郵便事情なのか。
この写真だと、鋭く恐い人に見えますが、違います。
横浜銀蝿かラッツ&スター にいそうですが、違います。
緩いです。
麦わら帽子がお似合いです。
南米の最南端、ウシュアイアを目指してペダルをこいでます。
 

〈写真〉2009年3月3日/ペンションアミーゴ/メキシコ

〈旅のお買い物〉古い鍵。レプリカだけど/ハバナ/キューバ

 
PICT0006.jpg
古い鍵が好きでついつい買ってしまうんだけど、これはレプリカです。
セラミックです。
下の錠前と合わせて、15セウセを12セウセ(約1,200円)に値切りました。
これだけ大きいと、本物は100ドル以上します。
自分で買っておいて何なんだけど、どうするんでしょ、こんな偽物。
住む家もないのに...
 
PICT0005.jpg

〈窓から外〉ヘミングウェイの窓/ハバナ/キューバ

 
PICT0028.jpg
ヘミングウェイが定宿にしてた「ホテル・アンボス・ムンドス」の511号室の窓です。
ヘミングウェイはノーベル賞をとっていながら、猟銃自殺してます。
関係ないけど、川端康成もノーベル賞をとって、ガス自殺してます。

それにしてもこの写真、上手いとか下手とか以前ですね。
なんでもっとまっすぐに撮らなかったのかね。
旅を始めた頃は写真に神経質だったんだけど、今はもう全然気になりません。
人間が大きくなったのでしょうか。
 

〈写真〉2009年3月5日/ハバナ/キューバ

〈窓から外〉安宿から/ハバナ/キューバ

 
PICT0002.jpg
民家の宿(Casa Particular/カサ・パルティクラール)の窓からです。
外は暑いです。
で、たぶん、世界遺産区域内です、ここ。
違うかな...
 
ハバナの旧市街、旧国会議事堂の周りの路地は、あんまり車も走らないし、人通りも多いし、雰囲気悪くないし、散歩しやすいです。
祐子と二人だからか、ほとんど葉巻売りにも声を掛けられないし、断ってもあっさりと引き下がるし、意外に紳士です。
ま、女の子の一人歩きには相当ひつこいそうですけど。
 

〈写真〉2009年3月5日/ハバナ/キューバ

2009年03月24日(火)[カラカス→メキシコシティ]

空港のベンチで寝ると、身体が痛いです。
5時に起きて、愛想がなくてひつこい荷物検査を何度も受け、メキシコシティへ飛ぶ。
機内で読んだ本「陽炎の匂い」
14時ごろ、ペンションアミーゴに到着。
祐子のロンドン行きの荷物をシミュレートしたら、スーツケースは28kg、バックパックは15kgになりました。
キャンプ道具とか、ヘルメット二個とか、バイク用品とか、アルテサニアの材料とか、いろいろあるからね。
合計43kgをひとりで運べるのだろうか、苦労かけるね、祐子。
飛行機に乗るとき、エクストラチャージがかかるかもしれないですよ。
あちこちに隠してたUS$を集めたら、3,000US$もあって、あれま、持ち過ぎじゃん。
南米にいたころ全然US$が手に入らなくて苦労した仇が、今咲いてます。
 
朝→食べない
昼→イダルゴ駅近くの屋台でトスターダ・デ・カラマル。これが美味い。祐子はエビ・エンパナーダ
夜→高級ステーキ「アラチェラ」をケンちゃん、Rタロー君と分けて食う

 

〈世界の洗濯もの〉盗るものがない/ハバナ/キューバ

 
PICT0100.jpg
崩れた壁や壊れたドアや欠けたコンクリートや剥げたペンキや積年の崩壊が、ハバナの旧市街の風情です。
南米は床掃除が好きなので、ゴミはそんなに落ちてません。
基本、二階以上の窓は壊れてます。
施錠は一階だけです。
泥棒が少ないのか、盗られる物が少ないのか。
 

〈写真〉2009年3月5日/ハバナ/キューバ

〈宿〉Capitolio House/ハバナ/キューバ

 
PICT0001.jpg
〈安宿〉Capitolio House(民家に泊まるcasaです)
ハバナ/キューバ
奥さんとご主人の名前はGalia y Joaquina
〈住所〉San Jose 116 旧国会議事堂に面してます。
El Industria と Consulado の間です。
〈電話〉07-861-6372
〈メール〉joaquina_cruz@yahoo.es
メールチェックなんかするんだろうか、疑問です。
〈宿泊料〉ドミで一人10〜15セウセ
二階の洗濯ものを干している部屋です。
自炊できます。
 
ボクらが行ったときは満室だったので、娘さんの部屋に案内されました。
巨大なハイヒールが置いてある、鍵のない部屋だったです。
  

〈写真〉2009年3月4日/ハバナ/キューバ

〈宿〉West Port Cottages/ネグリル/ジャマイカ

 
PICT0009.jpg
〈宿〉West Port Cottages
ネグリル/ジャマイカ
〈住所不明〉メインストリートを西へ進み、Yogaセンターという宿の先。
〈宿泊料〉
手作り感が溢れるコテージ。
キッチンあり。

〈宿〉Pilar o Marcelino/ハバナ/キューバ

〈宿〉Pilar o Marcelino(奥さんと主人の名前です。民家に泊まるcasaです)
ハバナ/キューバ
〈住所〉Barcelona #107
〈電話〉573-863-7011
〈宿泊料〉二人で一部屋25セウセ/朝食なし
Capitolio Houseより、奇麗です。
リビングにベッドがあって、旦那は普通にそこで寝てます。
普通じゃないか...
 

〈宿〉Hostal Minelys/トリニダー/キューバ

〈宿〉Hostal Minelys
トリニダー/キューバ
〈住所〉Ernesto V. Munoz #75 e/Fco. J. Zerquera y Patricio Lumumba.
〈電話〉53-01-41-993721
〈宿泊料〉15セウセ/朝食付き/夕食は別途7〜8セウセ

〈宿〉民宿ラブリッシュ/キングストン/ジャマイカ

〈宿〉民宿ラブリッシュ
キングストン/ジャマイカ
〈住所〉10hillviewAve Kingston 10 Jamaica 10 HalfWay three
〈電話〉(876)929-6399
〈携帯〉(876)382-5150
〈宿泊料〉下記HPを参照
〈HP〉http://www.sisterchin.com
Wi-Fiが無料だった。
個室は広いし(個室に)キッチンも冷蔵庫もあって、嬉しい。
漫画も多い。
居酒屋を開く計画を立ててたです。
ここに長期滞在できたらいいかもしれない。
 

〈アミーゴ〉Sex Freeが歪む乳/キューバ

キューバの人々です。
 
PICT0092.jpg
↑おばちゃんの服、シミひとつありません。
南米ではすごく珍しいです。
葉巻を見ると、クリントンを思い出しませんか。
麻生太郎も葉巻愛好家です。
ゴルゴ13の愛用はトルコ産です。
 
PICT0008.jpg
↑この娘、19歳。
けだるい色気がありまして、あのすきっ歯で噛まれたい。
なんてね。
 
PICT0011_.jpg
↑公園でぼんやりしてたおっさんです。
住所を教えてくれました。
別に知りたくないんだけどね。
 
PICT0013.jpg
↑ごっつい顔してますが、男二人でジュースを売ってます。
こんな小さなスタンド、一人でいいじゃん、って言いたかったんですが、スペイン語が追いつかず。
 
PICT0020.jpg
↑家の玄関で佇むオヤジです。
裸の似合う町、トリニダーでした。
 
PICT0024_.jpg
↑これで15歳。
よく肥えてますね。
たまりません。
 
PICT0024.jpg
↑玄関先で涼む家族。
後ろに積まれたレンガが気になりますが、その上の横倒しになった椅子の理由が知りたいです。
 
PICT0042.jpg
↑Sex Freeだそうです。
Freeのくせに照れ屋さんで、カメラを向いてくれませんでした。
大きすぎる乳のせいで、字が平体になってしまいました。
 
PICT0027.jpg
↑編み物屋さんのおばさんです。
 
PICT0029.jpg
↑鶏は友達ですが、やがて食用です。
 
PICT0044.jpg
↑Cafeにいた爆乳さん。
その乳を撮らせてくれと、言えるようになりたいです。
ボクの顔を見て、笑ってました。
何が面白いのでしょう。
 
PICT0101.jpg
↑幸せそうな親子連れ。
キューバでは、けっこうセレブなんじゃないですかね。
左の女性の髪の毛、カリスマが入ってるし。
 
PICT0010.jpg
↑きっとキューバでは、普通のOLです。
いい腹してます。
その生腹を撮らせてくれ、と言えるようになりたいです。
 
PICT0097.jpg
↑みんなきれいな服を着てます。
よっぽどボクの方がみすぼらしいです。
 
PICT0026.jpg
↑ハバナの人ごみです。
おばちゃん、何を考えてますか。
 

〈撮影〉2009年3月3日〜10日/ハバナ/トリニダー/キューバ

2009年03月25日(水)[ペンション・アミーゴ139泊目]

視野の狭小は些事への固執を助長する。
ひいては精神の余裕をなくすことにつながる。
藤原正彦「遥かなるケンブリッジ」より
気をつけよう。

ペンションアミーゴもすっかり暖かくなりました。
洗濯ものは洗濯屋へ。
パス家は買ったばかりの車の清掃に総出。
祐子は荷物整理と家計簿記入、韓国人のMinaちゃんのブレスレットを編み、あすかちゃんのネックレスを編み、終日内職。
松さんコレクションのアレ。
 
宿が空いてて静かだ。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→トマトのスパゲティ

 

〈アミーゴ〉老人と少年/ベネズエラ

首都カラカスでは空港から一歩も出なかったので、ほとんどベネズエラ人を撮れませんでした。
 
PICT000_3.jpg
シウダー・ボリーバル生まれのツアー会社の運転手。
御歳不明。
陽気なおじぃちゃんです。
 
PICT0029_.jpg
陸の孤島カナイマ生まれの少年。
フランシスコ15歳。
最近、兄ピーターのガイドの手伝いをし始めました。
ツアー客のヤンキー娘ニコの身体をべたべた触ってたのを、ボクは見逃してません。
若いクセに、ずるい。
フランシスコの質問、「日本ではアメリカドルが使えるの?」
これ、実はベネズエラでよく訊かれる質問です。
使えたらどうだっていうのでしょう。
 

〈世界の洗濯もの〉南米のジャロジー/キューバ/ハバナ

 
PICT0016.jpg
横長のガラスを縦に並べた窓、ジャロジー。
ガラスを板にするとルーバーとか言ったりするそうで、南米ではよく見ます。
で、たいてい壊れてます。
防犯上あまり役に立たない気がして、余計なお世話なんですが、いつも心配してます。
 
洗濯ものに赤が多いのは、どうなんでしょう。
いや別にいいんだけど...
 

〈写真〉2009年3月5日/ハバナ/キューバ

〈宿〉Hotel Union/シウダー・ボリーバル/ベネズエラ

 
PICT0001.jpg
〈宿〉Hotel Union
シウダー・ボリーバル/ベネズエラ
〈住所〉Urica通りのPaseo OrinocoとVenezuelaの間
地球の歩き方の地図のunica通りの"c"の字の横あたり
〈電話〉0285-23374
〈宿泊料〉二人で50ボリ
水シャワーです。
 

2009年03月26日(木)[ペンション・アミーゴ140泊目]

祐子は家計簿入力。
夜中までアクセサリー作りに全力投球。
ボクは何をするということもなく、おもしろきこともなき世をおもしろくすることもなく、久しぶりにギターに触ってみたりしてます。
仕事も少々。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→ケンちゃんとRタロー君の豪華競演による喧嘩料理「コーラの角煮」

 

2009年03月27日(金)[ペンション・アミーゴ141泊目]

祐子は深夜までアクセサリー(Jaboo)作り
ボクも終日仕事。
 
最近ペンションアミーゴは空いてて、極めて静かです。
パティオに陽がさすようになりました。
パス家が車を買いました。
チャリーがバイトを辞めました。
Rタロー君がお釜と対決しました。
 
朝→宿の朝食は休み。くだものを切って食う
昼→焼きそば
夜→豚肉の生姜焼き

 

バックパックを貰って助かった

 
PICT0001__.jpg
みゆきちゃんのお下がりのバックパックです。
頂戴しました。
カナダではLui氏からスーツケースを貰ってるので、これでなんとか夫婦別行動がとれます。
なんせバイク用の小さな左右バック二個とスポーツバックしか持ってなかったので、ホント助かってます。
しかもケンちゃんからはボリバック(南米でよく見かける安もの。けど丈夫です)も授かり、万全です。
 

2009年03月28日(土)[ペンション・アミーゴ142泊目]

夕方まで仕事に打ち込む。
祐子はアクセサリー作り。
「Jaboo」のアクセサリー作品集を一挙更新
皆川氏がやって来て、久しぶりに麻雀。
オーラスにまくられ、オーラスにまくり。
寝る前に焼きそばを食ったりした。
 
朝→宿のパン
昼→エビスープ
夜→スープカレー
深夜→焼きそば

 

効果絶倫、妖しい勝利の指輪

 
PICT0014.jpg
祐子が作ってくれた指輪です。
石はスペイン語でオパロ・デ・メヒコ(Opalo de Mexico)、英語だとメキシカン・オパール(Mexican Opal)、日本語だとメキシコ産オパールです。
産地はメキシコ西部の村、マグダレーナです。
祐子が産地のおっさんから直買いしたもので、300ペソ(2,100円)でした。
写真ではわかりませんが、紫色に妖しく輝く美しい石です。
 
昨年末からメキシコシティでリーマンをしてるコージ君が言うには、左手の親指に指輪をすると、ギャンブル運がよくなるそうです。
霊験あらたかっす。
麻雀、連勝っす。
間チャンがスポスポ入ります。
昨夜は一半チャン中、10回上がったと町の噂です。
照れます。
 
早速、祐子に「大本営勝利に湧く!」を報告しました。
夜中の三時だったけど、気持ち良さ気に寝てたけど、普段から夫婦の会話が少ないと文句垂れてるので、365日朝から晩まで一緒にいるから普通の夫婦の倍は話してるはずなんだけど、夫婦円満のために、寝耳に口をくっ付けて、大きな声で報連相。
すごく迷惑そうでした。
 

2009年03月29日(日)[ペンション・アミーゴ143泊目]

今日も朝から仕事です。
で、メールにて、デザインを提出。
一件落着。
 
祐子も連日、アクセサリー作りです。
ボクには、親指用の指輪を作ってくれました。。
夕方前、パティオにテーブルを広げて麻雀。
深夜、リビングにテーブルを広げて麻雀。
皆川さんへの接待です。
 
朝→ホットケーキ
昼→ベーコンの和風スパゲティ
夜→なすの煮物、ほうれん草とベーコンの炒め物、アボガドの刺身、みそ汁

 

2009年03月30日(月)[ペンション・アミーゴ144泊目]

祐子、怒濤のアクセサリー作り。
午後、竹氏とタカギーの石を買いにソカロへお出かけ。
ボクは昼寝。
本を読むでもなく、ギターを弾くわけでもなく、ハーモニカを吹くわけでもなく、スペイン語の勉強をするわけでもなく、仕事もせず、それでも一日は終わった。
 
朝→ご飯にふりかけ。みそ汁。なすの煮物
昼→ピーマンと塩昆布の炒め物。卵焼き
夜→同上。オイルサーディン
 

祐子のアクセサリー、Jabooの作品を大量UP!


PICT001_1.jpg
旅のてすさび。 
編む指輪。
祐子の内職、「Jaboo」の作品集を久しぶりに更新しました。
複雑な輝きのメキシカン・オパール、碧に金が混ざったラピスラズリ、ウィスキー色のシトリン、アルゼンチンのインカローズと呼ばれるロードクロサイト、翠色のいかついクリソコラ、その昔ナイフに使われた黒曜石...
 
今月ボクは、奈央ちゃん、マキちゃん、あすかちゃん、ヒロ君、たえちゃん、たまえ、その他大勢の指輪とネックレスを持ち帰ります。
 
納品が遅いけど絶賛発売中です!
 

ビデって大きくないですか

 
PICT0002__.jpg
ビデ...。
ヨーロッパでは風呂やトイレより先に普及したらしく、トイレが共同の宿でも個室にはビデがあったそうで、とすると一日数回する排尿、排便より、アレの方が回数が多いのだろうか(排便後にも使うそうだけど)?
いくらなんでもそんなに好き者でもないだろうから、アレのあとのアソコの洗浄は、野糞よりプライオリティが上なんですね。
部屋にビデが鎮座してるのは不気味で嫌です。
 
中南米をどんどん南下してて、チリのビーニャ・デル・マールの日本人宿「汐見荘」のトイレで初めてビデに対面して(この旅でね)、チリは都会だわと感心しました。
アルゼンチンのブエノスアイレスの日本人宿「上野山荘ブエノス別館」のは、ペンキが飛び散ってます。
 
で、写真のシャワー。
これってビデですかね。
二十年前、初めての海外旅行のタイのバンコクの空港のトイレで、これと似たようなものがありました。
水洗のレバーが見当たらず、疑問に感じながらもブツに向かってシャワーの水をかけたんだけど、ブツがくるくる回るだけでした。
結局、外の気配を伺って、逃げるように、てかブツを残して逃げたです。
ボクの何が悪かったのでしょう。
 
日本に上陸したころ、意味が分からなくて、口をすすいでた人がいたそうです。
信じるとなんでもできます。
ところでビデってトイレとは逆向きに座るって、皆知ってるんでしょうか。
 

〈写真〉2009年3月22日/シウダー・ボリーバル/ベネズエラ

<2009年1月の出費>82,060円!〈今月の敗因は琥珀の仕入れ〉

 
PICT003_3.jpg
2009年1月の出費です。
82,060円!
先月が96,662円なので、
14,062円減ってます。
とはいえ、先月は使いすぎてるので、今月も使い過ぎには変わりありません。
ここでの生活費の目標は、40,000円ですから。

2009-1.jpg
原因は、祐子の琥珀の仕入れです。
早く、指輪を売って稼いでくださいな。
 

〈写真〉2009年3月5日/ハバナのヘミングウェイが定宿にしてた「ホテル・アンボス・ムンドス」の511号室の窓/キューバ

2009年03月31日(火)[ペンション・アミーゴ145泊目]

祐子は相変わらず、連日の、怒濤の、アクセサリー作り。
在庫一掃セール、じゃなくて、受注一掃生産。
問屋製家内工場です。
妻を働かせて、飯を食う。
ボクも少しエラくなりました。
で、非常に多忙な祐子なんですが、自分でロンドン行きのチケットをマイルで購入(Taxとサーチャージだけなので17,000円也。マイルを貯めててヨカッタです)。
ボクは役立たずなので、手伝えませんでした。
亭主不能で 妻 ◯◯...
 
部屋の中で、隣りに座って、祐子とふたりで、skypeのチャットに挑戦しました。
祐子「送ります」
ボク「来ました」
祐子「こんにちは」
ボク「こんにちは」...
こんな感じです。
来週から始まる別居生活対策です。
ボクらにチャットで話さなければならないような懸案事項があるのだろうか。
 
パス家のワイパーが動かない新しい車を竹氏が運転し、Wal-Martへお買い物。
 
今宵もペンションアミーゴ、宿泊客少なし。
静かです。
あまりにも静かです。
夜、麻雀。
ちょとビールを飲み過ぎたかもしれない。
 
朝→ふりかけごはん
昼→焼き飯
夜→トマトのチキンスープ。得意技です

 

<2009年2月の出費>436,032円!〈キューバ、ジャマイカ、ベネズエラに使ってしもた〉

PICT0005.jpg
上の写真のように南米の道路標識って、図案を煮詰めてないところが、逆にナイスだったりします。
もっと真面目に作ろうよ、と指導したくなる標識もあります。

それはそれとして、2009年2月の出費です。
436,032円!
ここでの生活費の目標は、40,000円。
十倍以上!
これはキューバ、ジャマイカ、ベネズエラをまわったりしたからです。
飛行機代が1,243US$(二人で253,000円)
ほか飛行機77,000円。
ボクの帰国便が510ユーロ(63,000円)。
その他は、バイクのパーツ代14,000円。
バイク修理、21,000円。
外付けHDが13,000円。
等々...。
基本、バスで移動しないと、こうなります。
早くヨーロッパをSilver Wingで走りたいです。
2009-2.jpg 
 

〈写真〉2009年3月/シウダー・ボリーバル/ベネズエラ

2009年04月1日(水)[ペンション・アミーゴ146泊目]

祐子は洗濯を担当したり、相変わらずアクセサリーを作ったり、パソコンをいぢくったりしてました。

ケンちゃんと二人で、油断してるとやられるかもしれないテピート地区へお買い物。
DVDを購入。
投げて音を出して遊ぶ磁石を購入。
 
2008年8月28日にカナダのジャスパーでばったり出会った自転車のゴッツ君が、来宿。
その頃のゴッツ君は、小太りのホモの館に泊まってて、その夜にでも人生の新しい扉を開けるんじゃないかと、期待してたもんです
とりあえず、再会を祝してビールでも飲みましょか。
で、麻雀。
ここんとこのボクは、リーチをかけたりダマだったり、鳴いたり笑ったりと、緩急織り交ぜた見事な打ち筋でして、つまり平たく言えばツイテるわけで、最近、負けてないです。
トップ率6割!
うふふふ...
とうとうボクの時代でしょうか。
氷河期は長かった。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→バーベキュー台を使って、ステーキ。ピーマンのそのまま焼き(汁が出て自然の旨味です)

 

74本のスギの木に迷惑をかけます〈カーボンオフセット〉


PICT0021.jpg
メキシコシティから成田までエコノミークラスで飛んだら、実際4月7日に飛ぶんですが、ボクひとりのCO2排出量は1,038kgです。
1,038kgってどんなかと言うと、
スギの木が1年間に吸収するCO2が約14kgなので、およそ74本分です。
74本も殺しちゃうようなもんですかね。
日本人一人が家庭で1年間に排出するCO2が約1.3tなので、メキシコシティと成田を6往復半すれば、もうひとり自分がいるようなもんです。
 
で、出してしまったCO2を出さなかったことにする手法を、カーボンオフセットといいます。
お金で解決できます。
便利です。
1,038kgで、5,450円。
高いです。
ちなみに1,000円分なら200kgで、1,050円です。
 
↓ここで計算できます。
http://www.ico2-zero.co.jp/JAL/
 

〈写真〉2009年3月18日/カナイマへ飛んだセスナ機/ベネズエラ

〈旅のお買いもの〉DVDをたくさん

メキシコのテピート地区で買ったDVDです。
 
MIX 106fm Musica Pop ※これはつまらん。普通のアメリカのPOPだった
De todo lo mejor del 2008
Emerson, Lake & Palmer/Welcome Back
John Lennon/Live in Madison Square Garden ※これはよく見る奴だった
Manu Chao/Concert du G8 ※画像悪すぎ
Manu Chao/Glastonbury 2003
James Brown/From the House of Blues ※かっこいい
Rod Stewart/Japan Tour 94 ※テレビを録画したものだった。画像悪し
Simon & Garfunkel/Old Friends Live on Stage
Eagles/Live from Melbourne ※2005年にも同じ物を買ってた
Pink Floyds/The Wall Live at Earls Court
The Blues Brothers ※探したよ。買えて嬉しい
oasis/...There and Then
oasis/Familiar to Millions
Kool & the Gang/Live From the House of Blues
Michael Jackson/Japan Tour 87 Bad
Led Zeppelin/London 2007
Led Zeppelin/Live 1988 ※画像悪し
U2/Live from Boston 2001
 

2,200万円以上使ってしまった

 
PICT001m3.jpg
2005年4月に日本を出て、3年10ヶ月。
ほぼ4年。
使ったお金の総額は、

22,490,385円

一年平均(面倒なんで4年で計算するけど)で、

5,622,596円

ひと月平均だと、

468,549円

一日平均では、

15,618円

ひとり分の金額にすると(夫婦で使ってるので)、

7,809円

これは旅以外、日本での滞在費だの、北海道への引っ越し代だの、歌舞伎町での飲み代だの、マンションの管理費だの、パソコンを二台買い替えたり、Silver Wing 600(スクーター)を二回買ったり、えろえろ込みの金額です。
旅の目標生活費は、一日一人2,000円。
二人で4,000円です。
約二倍です。
老後が心配になってきました。
4月からは清貧の旅を心がけます。
 
で、ボクは旅をしながら仕事をするワーキング・パッカーなので、給与収入があります。
あと家賃収入が少々。
得た収入は、

16,714,965円

差し引きすると、

5,776,019円の持ち出しです。

一年平均で、

1,444,004円の持ち出し。

今の円高が非常に不満です。
円高で下ろせなくなった僅かなドル預金を早く円に戻したいです。
できれば115円。
せめて110円。
円高の方が旅ではお得なんだけど、背に腹はかえられません。
ドルの復活を切に希望してます。
Mr.尾花...
いや汚鼻のほうがいいかな、よろしくです。
 

〈写真〉2009年3月15日/ネグリル/ジャマイカ

2009年04月2日(木)[ペンション・アミーゴ147泊目]

陽の当たるパティオで、祐子に髪を切ってもらった。
 
祐子は竹氏とインカローズとも呼ばれるアルゼンチンの石、ロードクロシータを探して、ソカロへお出かけ。
店員が交代したら定価が十分の一に下がったんで、そそくさと買い込んで逃げるように店を出たそうだ。

そして昼寝。
 
麻雀。
対子落としの一索、続けて対子落としの一索、苦し紛れの七萬、一発逆転の大三元を目論んで二筒と降り続けて、飛んでしまったです。
もう霊験様は、どちらかへ行かれてしまったようです。
帰って来てくれませんか。
 
朝→宿のパン
昼→一昨日のスープと焼きそば
夜→肉じゃが。なす
 

<2009年3月の出費>294,153円!〈エンジェルフォールとか〉


0903グラフ.jpg
2009年3月の出費です。
294,153円!
高かったのは、ベネズエラのエンジェルフォール。
ほかキューバ、ジャマイカ、ベネズエラでの移動、宿泊ですね。
タクシーが多かったし。
飛行機に乗ったし。
Wi-Fiが飛んでるホテルに泊まったし。
緊張感がないし。
なんにしても使い過ぎです。
歳とると、自分に甘くてね。

放置"株"。道は遥か遠く


ピクチャ 5.png
今年初めて見た放置株。
昨年暮れと比べると、
丸誠は、さらに21,000円も値が下がり(なにしてんねん)、
ダイサンは、嬉しいことに144,000円ほど値が戻り(お仕事ご苦労様です)、
フジオーゼは、58,000円も値が下がり(頼むから死なないでね)、
KSKは、頑張って51,000円ほど値が戻る(お疲れさまです)。
二勝二敗。
合計すると79,000円値が下がり、195,000円値上がりしてます。
差し引き、116,000円の復活。
全体では、2,573,000のマイナスです。
 
道は遥か遠く。
 

エンジェルフォールへの行き方〈カラカス→プエルト・オルダス→シウダー・ボリーバル→カナイマ/ベネズエラ〉

 
PICT0011_.jpg
2009年3月の情報です。
ボクらは飛行機で首都カラカス(シモン・ボリバー空港)に入ってます。
ダウンタウンの評判が糞悪いのでそのまま空港のベンチで寝て、翌日歩いて5分の隣りの国内線で、プエルト・オルダスへ飛びました。
航空券(Aserca Airlines)は、ネットで購入。
678ボリーバレスです(32,000円)。
帰路は闇両替したボリーバレスで支払ったので、ほぼ半額ですみました。
プエルト・オルダスからタクシーでバスターミナルへ移動し(タクシー代20ボリーバレス)、バスでオリノコ川が横たわるシウダー・ボリーバルへ(14ボリーバレス+バスターミナル使用料1ボリーバレス)。
シウダー・ブリーバルの安ホテル「Hotel Union」に宿泊。
エンジェルフォールへはツアーの方が安いので、人気の旅行代理店「Adrenalin Expeditions」で予約。
二泊三日一人1,300ボリーバル。約26,000円。
ちなみにロライマ山へは、五泊六日一人1,300ボリーバル。約26,000円と同額です。
翌朝7時、「Hotel Union」に向かいに来てもらい、「Adrenalin Expeditions」の事務所で朝食(この朝食から最終日の朝飯まで付いてます)。
セスナ機に乗って9時10分離陸、10時半カナイマ着。
 
PICT0021.jpg
ちなみにカナイマへ通じる道路はありません。
カナイマ国立公園(ユネスコの世界遺産です)の入園料35バリーバルを支払って、喫水線がぎりぎりの木造ボートでCarrao川からChurun川へさかのぼります。

PICT0043.jpg
川はタンニンが多量に含まれているので、コーラ色です。
時々、逆巻く水しぶきで濡れます。
寒いのでカッパを着ました。

PICT0024.jpg
テーブルマウンテンと頂上から流れ落ちる滝をいくつか見ながら、

PICT0041.jpg
エンジェルフォール近くで小舟を降り、川を歩いて渡り、

PICT0049.jpg
靴に履き替え、山を登ること1時間。
エンジェルフォールの正面に出て、写真撮影。

PICT0054.jpg
下山して、すぐ近くの小屋の蚊帳付きハンモックで夕食、そして就寝。

PICT0006.jpg

翌朝6時、朝食。
6時45分、小舟でカナイマへ戻ります。
天気と水の量次第では、川遊びがあります。
ボクらの時は運悪く水量が多すぎたので、水遊びは中止でした。
昼食後、カナイマ湖に注ぐ滝の裏側探訪に出かけます。

PICT0060.jpg

この滝の裏側散策は、けっこう楽しいです。
滝に打たれるので水着で行きましょう。
翌日、13時のセスナ機でシウダー・ボリーバルへ。
 

2009年4月3日(金)[ペンション・アミーゴ148泊目]

注文したつもりで到着を待っていた、スクーターSilver Wingの部品(クラッチアウター)をアメリカへ再発注。
Rタロー君の出発が遅れに遅れて本当に面目ない。
 
お土産物街「シウダーデラ市場」へお出かけ。
 
若い旅人が祐子に言いました。
「ずいぶん歳の離れた夫婦ですね」
......
 
高校の同級生だよ。
 
朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン
夜→とんかつ

 

闇両替してみた/カラカス/ベネズエラ

 
PICT0091.jpg
ベネズエラの両替は、公式レートと闇レートでは二倍も違うので、常識的に考えても闇で両替するしかないです。
闇、闇と言うと、なにやらブラックマーケットっぽくて胡散臭いし、目つきの鋭い黒人に路地裏の錆び付いた階段奥の薄暗い隅に連れ込まれ、人目をはばかって札束を数える風ですが、全然違います。
空港内でごくごく普通のおっさんに「Cambio!」と声をかけられ、その場で両替するので平気です。
ボクらの闇両替履歴を披露すると、一回目は60US$分を1US$=4.5ボリーバレスに替えました。
おっさんが金額がまとまってると条件を良くしようと言うので、二回目は1,000US$を1US$=4.9ボリバーレスにしてもらいました。
シウダー・ボリーバルのツアー会社「Adrenalin Expeditions」では、交渉ごともなく1US$=5ボリーバレスで両替してくれるので、面倒がなくてお得です。
 
航空券とかはネットで買うと、カード決済なので損こきます。
旅行代理店の窓口で、闇両替したボリーバレスで払うと半額ですみました
 

〈写真〉2009年3月20日/カナイマ湖の滝を背にしたフランシスコ青年/ベネズエラ

2009年4月4日(土)[ペンション・アミーゴ149泊目]

竹珍と二人で肉野菜その他を大量買いしに、バスと地下鉄を乗り継いで、メルセへ。
約28kgの荷物を抱えて、帰宿。
ケンちゃんとRタロー君を起こし、タマネギを輪切りにピーマンを八分の一に、ジャガイモをスライス、ニンニクをすって醤油と油を加えてタレに、牛肉を一口大に、豚肉と鶏肉に塩をかけて、パティオでバーベキュー大会。
ピーマンのそのまま焼き、ビール。
食べ疲れ、会場を抜け出して寝る。
麻雀、駄目だ。
 
朝→宿のパン
昼→バーベキュー
夜→食べない

 

Yukoの写記写記ポリンキーが久しぶりに大更新!


a0077592_1102314.jpg
「Yukoの写記写記ポリンキー」が久しぶりに更新しました!
ジャマイカの夕陽とか、渋いおっさんとか、おばちゃんとか、カリブ海とか、小浜大統領の大好物とかいうジャークチキンとか、キューバの床屋とか、Emiちゃんの弟の壁画とか、いろいろあります。
 
もしお暇なら、覗いてみてくださいな。
もし退屈してたら、覗いてみてくださいな。
文章が少ないですから、お得です。
 

〈写真〉2009年3月8日/トリニダー/キューバ

2009年4月5日(日)[ペンション・アミーゴ150泊目]

ペンション・アミーゴ150泊記念日です。
何もしないけど...。
何もしてなかったけど...。
なんとなく感無量。
 
ケンちゃんと祐子は、石(オパール)を探して、ラグニージャへお出かけしたけど、収穫なし。
いいオパールはなかなかないです。
ラグニージャ駅近くで"おちてぶ"を発見した祐子は、一度宿に帰りカメラ(二台とも壊れてるので、SONYのmylo)を持って、撮影しに戻る見上げた根性。
たいしたもんです。
けどmyloってピント合わせもへったくれもないし、日差しが強いと液晶画面がよく見えないし、撮影しにくいです。
で、ピンぼけでした。
それでもまぁいいや。
★世界の「おち」ている「てぶ」くろを撮った「おちてぶ」写真集はココ→
 
ボクは荷造り少々。
昼寝。
 
麻雀。
どんどん落ちて行く。
 
朝→お茶漬け、肉じゃが、茄子
昼→肉じゃが、茄子。祐子はパン
夜→ケンタッキー

 


イサム・ノグチやレフ・トロツキーの彼女〈フリーダ・カーロ〉


PICT0001.jpg
タコス屋の屋台を経営する青年実業家ビセンテから貰ったフリーダ・カーロ(Frida Kahlo)のポスターです。
 
フリーダ・カーロは、眉毛の濃いバイセクシャルです。
メキシコで一番有名な画家ディエゴ・リベラ(Diego Rivera)と結婚したり離婚したり、また結婚したり、イサム・ノグチやレフ・トロツキーとつきあったりしてます。
なかなかやるもんです。
彼女の生家「青の家(La Casa Azul)」は観光地だけど、行きませんでした。
メキシコで画家として飯を食い始めたケンタ君がペンションアミーゴに描いた壁画は、ディエゴ・リベラの「アラメダ公園、日曜の午後の夢」の模写です。
 
ディエゴ・リベラはいろんな画家に子供を産ませた絶倫野郎ですが、養育費は払わなかったケチな奴です。
 

2009年4月6日(月)[ペンション・アミーゴ151泊目]

洗濯屋に汚れ物を出して、30分後に回収して29ペソ(203円。3キロまでこの値段)を支払い、屋上に干して、二時に取り込む。
祐子は写真データを整理して、ボクは荷造りをしながら、二人で思い出を語り合い、別れまでの時間を惜しむなり。
と言いつつ、昼寝。
祐子は指輪作り。
最後の夜は静かに更ける。
 
麻雀。
初めてのプラスで締め。

翌早朝5時、タクシーで空港へ。
ボクだけ一時帰国。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそばと卵焼き
夜→Rタロー君のクリームスパゲティ

 


 

投げて音を鳴らす磁石/メキシコ



 


メトロのテピート駅出口で買った磁石です。
丸と楕円の二種類あります。
二個を同時に投げると細かくぶつかり合って、ビリリリと軽快な音がします。
鳴らして遊ぶ磁石です。
名前を聞きそびれました。
日本に上陸してるのでしょうか。
二個で10ペソ(70円)なので、500円で売るっていうのはどうでしょう。
100個売れば、43,000円の利益(送料は無視。けっこう重いです)。
あんま儲かんないね。
そんなことばっか考えてます。
 

2009年4月7日(火)[祐子はペンション・アミーゴ152泊目/ボクは日本へ]

早朝5時の明けやらぬ薄暗い交差点、ギター三人組(Rタロー、カリケン、チェリー)の生演奏に見送られて、何の曲だかわかりませんが、これこそメキシコ名物のマリアッチ、ありがとう、祐子と二人で国際空港へタクシーを飛ばす。
Rタロー君、世話になった。Silver Wingの最後の部品は今週着きます、たぶん。
カリスマ美容師ケンちゃん、略してカリケン。ロンドンでYUKOを頼む。来月歌舞伎町で飲もう。
ボクサーに転向したチャリー君。時代はモトクロスだぞ。
 
空港でチャックインして、チケットを一瞥したら、これはボククラスの人間でないと気づかないだろうけど、ボクほど鋭いとみつけちゃったりするんだけど、観察力は探偵並みでして、Webでチェックインしたときの座席と番号が違うわけです。
小さい字なんですけどね、誤植かな。
「祐子、見てごらん、Webと座席番号が違うよ」
祐子がチケットを手にして言ったね、
「それより、名前が違うよ、石田さんってだれなの?」
確かにチケットの印字は、Ishida Akemi(仮名)...。
危なかったっす。
 
8時にメキシコを離陸して、機中ずーっと爆睡して、隣りのメキシコ人のおばさんに「スゴい寝てたね。お疲れなんですね」と声をかけられるくらい睡眠力だったんだけど、時計を見たら12時5分...。
乗り継ぎ便は12時55分。
あー、もう間に合わないじゃん。
時差があるのかないのかあるのかないのかあるのかないのか...、わからんです。
ボクは時計を持ってません。
汗が吹き出ます。
 
何故かイミグレを通過できません。
別室に連行されました。
ボクの何がいけないと言うのでしょう。
係官は、映画「グリーンマイル」の死刑囚マイケル・クラーク・ダンカンです。
king4.jpg
笑顔ゼロ。
っていうか、怒ってます。
どうやら2005年にアメリカ大使館に観光ビザを申請して却下されたことを問題にしているようです。
I-94出入国カードに嘘を書いたと激怒してます。
顔的にも体力的にも英語的にも論破できそうにありません。
 
一番遠いターミナル7まで歩いたら、逆だと言われたです。
目眩がしました。
飛行機、間に合いそうにない感じです。
っていうか、今何時なんでしょう。
搭乗口を探してたら放送が、
ボクの名前を連呼してました。
 
荷物のショルダーベルトを盗まれました。
 
日本は遠い...
 

2009年4月8日(水)[Yukoペンション・アミーゴ153泊目/旦那一時帰国二泊目]

やっぱ、JALはいいな。
飯は美味いし、姉ちゃんは奇麗。
読売、毎日、朝日と丁寧に新聞を読んで、映画を「感染列島」「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」「007 慰めの報酬」と続けたら、成田着。
青葉台泊。
 
リムジンバス2,800円
パスネット5,000円
タクシー800円
青葉台への経費関係14,300円
 
夜→すき焼き

 

2009年4月9日(木)[Yukoペンション・アミーゴ154泊目/旦那一時帰国三泊目]

メキシコで抜かれた歯を治療するため、とは言っても歯は既にないわけだから、後始末に歯医者へ。
インプラントを入れる時間がなくて、部分入れ歯になってしまうです。
爺だ。気落ちしてます。
新宿西口でカメラ探し。
カメラが壊れたので新しいのが欲しいです。
OLYMPUSのSP-590UZとか、どうだろ。
時計の電池を交換しました。
 
乃木坂の鮨「介(ゆき)」。
奥ゆかしい玄関。
高級な佇まい。
刺身、美味い。ビール、美味い。刺身、ビール、鮨、ビール、鮨、ビール...
事務所の二代目社長より、鮨をご馳走になってまして、これはボクが無理矢理、帰国したときの恒例行事(鮨をご馳走になること)にしました。
遠慮なく食べてます。
たぶんメキシコの三月分の滞在費くらい食べてます。
 
Rタロー君がバイトしてた六本木ヒルズの「Bamboo Bar」へ表敬訪問。
谷口氏にご挨拶。
新宿のネット喫茶「アプレシオ」にてご宿泊。
 
吉野家330円
バス5,000円
時計の修理1,050円
タクシー3,230円。駄目だってタクシーなんか乗ってちゃ
ステーキ780円
ネット喫茶2,000円
 
朝→納豆
昼→吉野家の牛丼
夜→乃木坂の鮨。高級だよ
夜食→ハナマサのステーキを食ってしまった

 

2009年4月10日(金)[Yukoペンション・アミーゴ155泊目/旦那一時帰国四泊目]

新宿御苑の事務所へ
辞めた人や新人や結婚した人や妊娠した人やますます太った人がいました。
新人イラストレーターukky(イラストブログ「カキノキ」はココ→)と面談。
二時間半、イラストレーターになるための屁理屈を喋りまくり倒しました。
13時、二子玉川で青木お母さんに鰻をご馳走になる。
やっぱ、鰻です。
祐子が一番食べたがってた鰻をボクが食う。
祐子の夢をボクが叶える。
優しい旦那の務めです。
礼には及びません。
青葉台で着替えして、メキシコの祐子とskypeでチャットした。
鰻を食ったことを報告し忘れた。
悔しがっただろうなぁ...
18時、青年実業家、カリスマ編集者のコバ氏の新しい事務所、神宮前へ
昨年の決算報告と今後の見通しと業界話。
ビールと焼きそばと鶏の唐揚げと刺身をご馳走になり、焼きそばと鶏の唐揚げをおかわりする。
 
アプレシオ2,000円
水道料金・下水道料金423円
松屋520円
 
朝→食べない
昼→鰻をご馳走になった
夜→居酒屋でご馳走になった
夜食→松屋の牛丼。寝る前にこんなの食ってちゃ、あかん

 

2009年4月11日(土)[Yukoペンション・アミーゴ156泊目/旦那一時帰国5泊目]

東急バスで田園都市線青葉台駅、そして渋谷、JR湘南新宿ラインで赤羽へ、JR京浜東北線で西川口へ出て13時、西川口の西側タクシー乗り場へ約1時間45分。
MAZDAのMPVに乗り込んで、スーパーに寄ってから総料理長菊池の新居へ。
収と星野と恵ちゃん、乾杯。
トウモロコシの粉でトルティーヤを捏ねて焼いて、タコスを作りました。
具はトマトとタマネギとパクチーをみじん切りにして、塩胡椒にレモン。
豚肉と牛肉を塩胡椒で焼いて、チーズをはさんでみました。
さわやかな味です。
菊池の自家製麺の塩ラーメン、美味かったです。
さすがラーメン屋の大将!
で、ラーメンの麺を作る魔法の粉をもらいました。
これがあれば海外でもラーメンが作れます。
西川口駅前に出て、引き続き飲む。
 
京浜東北線で寝てしまい、終電に間に合わず、新宿の漫画喫茶にて寝る。
 
飲み代3,000円
ネット喫茶2,400円
 
朝→納豆
昼→タコスほか
夜→菊池の自家製麺の塩ラーメンほか

 

2009年4月13日(月)[Yukoペンション・アミーゴ158泊目/旦那一時帰国7泊目]

郵便局にて指輪を発送したら、厚みがあるので定形外だったです。
世界堂で手帳を探し、薬屋さんで祐子に頼まれてた頭の小さな歯ブラシ二人分と歯茎に優しい歯磨き粉を購入。
事務所で仕事。
大屋氏と昼食。
坂木君と雑談というか打ち合わせ。
ukkyへ「イラストレーターへの道」個人講義。
 
美人編集長S女史から、焼き鳥をご馳走になる。
パークハイアット東京の41階にあるラウンジ、「THE PEAK BAR」から懐かしい我が家(マンション)を見下ろして、生ビールをご馳走になる。
輝く水道道路、
激動の出版界。
激震の出版界。
皆さん、たいへんです。
疎遠になってた広告業界の女王、五十嵐さんにメールしたら、即効で返事が来て驚きました。
S女史から本を頂戴す。
ゲッツ板谷「やっぱし板谷バカ三代」早く読みたいです。
今野敏「疑心 隠蔽捜査3」シリーズ1,2に比べて面白くないそうです。
結城充考「プラ・バロック」"最強の新人"だそうです。
佐々木丸美「雪の断章」札幌が舞台です。それだけです。
 
今宵も終電を逃し、ネット喫茶泊。
のりつけ雅春「上京アフロ田中」
 
俳句よりも短歌の方が長いのは釈然とせんです。

速達390円
歯ブラシと歯磨き粉・ダイコクドラッグ794円
昼食・ラボエム950円
夜食・光麺1050円
 
朝→納豆
昼→ラボエムの明太子スパゲティ
夜→焼き鳥をご馳走になったです

 

2009年4月14日(火)[Yukoメキシコ→ロンドン/旦那一時帰国8泊目]

たぶん祐子は、メキシコからイギリスへ飛んでいます。
ロンドンでは、イースター島でお世話になったリョウ君、薫ちゃんご夫妻の家で厄介になります。
薫ちゃんって、アイドル級に可愛いです。
 
ネット喫茶でちょっと漫画を読んでから、御苑の事務所へてくてくと歩く。
歌舞伎町のホストとキャバ嬢たちをかき分け、新宿二丁目のお釜連中を一瞥したら、古巣の事務所です。
ちょっと仕事して、相馬君とふたりで四谷四丁目のつけ麺屋でお昼をご馳走になってしまった(ホントはお昼代として1000円を借りたんだけど、返してないです)。
このつけ麺屋に関しては、何年か前にボクが下した診断は、速攻で潰れるんだったですが、まだ元気です。
誤診です。
イラストレーター組の大将、坂木君と打ち合わせしてから、副大将の須山君と懇談し、弟子ukkyと「明日のイラストレーター」講義。
東急ハンズで手帳と皮を買って、新宿三丁目近辺で、イラストレーター三人組からご馳走になる。
坂木君、あのなあれはな、人様にお見世するもんじゃなかよ。
それとな、あの四文字はな、大きな声で宣うもんじゃなか。
 
ネット喫茶アプレシオ2,000円
手帳と頁/東急ハンズ1,395円
皮/東急ハンズ336円
雨が振ってきたのでタクシーに乗り候/神奈川都市交通980円
 
朝→食べない
昼→つけ麺(相馬君にお金を借りて返してないです)
夜→居酒屋でご馳走になりました

 

2009年4月12日(日)[Yukoペンション・アミーゴ157泊目/旦那一時帰国6泊目]

ネット喫茶「アプレシオ」のリクライニングシートの上で目覚め、青葉台のGEOでDVDを6枚借りて、i-podを聴きながら祐子の実家へのんびりと歩いて帰宅。
洗濯、仕事、雑務。
 
猫が何かを咥えて家に入って来ました。
二階を覗けば、廊下にネズミの惨殺死体...
ピンク色の内蔵がはみ出た猟奇事件です。
げぼげぼです。
気持ち悪いっす。
お猫様、残さず食ってくださいませよ。
食わないなら、ネズミを捕まえないでくださいませ。
遊びたいなら外でお願いします。
 
祐子とSkypeでチャットしたです。
チャットって、付き合い始めのカップルだと永久に続きそうだけど、ボクらに限ってそんなことはないです。
もう大人ですから業務連絡のようでも、ぴろぴろとか、ぶりぶりとか、ぷーとかを散りばめて、愛を深めてます。ともに44歳。

昼食サンクス565円
レンタルDVDゲオ1,080円(6枚)→今日は半額day
夜食サンクス511円

朝→食べない
昼→カップ麺「行列のできる店のラーメン 特濃 札幌 旨味みそトロスープ」とおにぎり「焼鮭ダブル」、「ピルクル」
夜→カップ麺「大阪豊崎 弥七 醤油らーめん 濃厚鶏白濁ベース」、おにぎり「鶏五目」手巻き寿司「納豆」

 

二代目Silver Wingへの清貧の工夫〈キッチン用品で荷台を作る〉

2008年の夏、カナダを西から東へ横断したときのことです。
GIVIのハードケースは高価なので諦めて、貧乏臭い工夫をしてみました。
 
O0015.jpg
↑カナダの"Home Depot"で、キッチン用の網棚を買い(22カナダドルちょい)、SilverWingの後ろに縛り付けてみました。
↓こんな感じになります。

2008-07-26 9-16-08 2007-07-26 9-16-08.JPG
緑色の物体は、Silver Wingに傷がつかないようにと願いを込めて噛ませたスポンジです。
それでも傷はつくんですけどね。
秋には売り払うので、傷物にならぬよう気をつけてます。
GIVIのハードケースを取り付けるより、だんぜん安いし、荷物の着脱がラクチンで使いやすいです。 

MYLO0018.jpg
↑サイドバックにもスポンジを貼付けて、傷防止に努めました。
これ、けっこう効果絶倫でした。

MYLO0022.jpg
↑Silver Wing自体にも傷ガードです。
こんなに物を大切に扱ったのは、祐子を除くと初めてです。

2008-07-18 3-29-12.JPG
↑前には、買い物バッグを取り付けました。
 
以上、清貧の工夫でした。
 

2009年4月15日(水)[Yukoロンドン/旦那一時帰国9泊目]

たぶん祐子はロンドンだと思います。
連絡ありません。
消息不明。
 
旅の写真データをHDへ保存したり、四方八方へメールしたり、留守中の郵便物を整理したり、◯◯をダウンロードしたりしました。
たいしたことしてないのに、時間が経つのが早いです。
段取り悪いです。
事務能力が全然ないです。
 
夕方、天狗で有名な高尾へ。
アルテサニアの第一人者(...になってほしい)、たかーぎ君、のんちゃん、じゅんこさんと高尾の異国風カフェダイニング TOUMAI(トゥーマイ)で飲む。
たかーぎ君の「マクラメ教室」が無事に発進したし、ボクのデザインしたリーフレットはまぁボチボチだし、のんちゃんの写真はプロ並みだし、じゅんこさんはカレーが食いたいとリフレインしながら、男を紹介すろ!と絶叫してました。
それにしてもじゅんこさんのビールの頼み方は、威勢がいいです。
 
終電に乗れたけど、終バスを逃しました。
似た方向のバスに飛び乗ったら、迷子になってしまいました。
深夜12時半、見知らぬ街角で途方にくれる44歳です。
人通りなく、車も通らず、交番は無人。
得意のネット喫茶もありゃしない。
ヒントなし。
クロスロード。
選択肢は四つ。
前進か後退か、右か左か。
困ったもんです。
 
昼飯のカップラーメンとお寿司/いなげや646円
JRチャージ5,000円
 
朝→納豆
昼→カップラーメンとお寿司
夜→高尾の異国風カフェダイニング TOUMAI(トゥーマイ)で、ご馳走になってしまった

 

2009年4月16日(木)[Yukoロンドン2泊目/旦那一時帰国10泊目]

無事にロンドンに潜入した祐子とチャットをしながら仕事をしてみるが、話が弾んだわけでもないけど、チャットが忙しくて、仕事にならず。
祐子はロンドンで何をしてんだろ?
 
歯医者で部分入れ歯を装着。
爺だ。悲しくなる。
 
御苑の事務所で仕事。
祐子の作った指輪を日本中へ発送。
祐子の壊れたカメラをヨドバシカメラへ預ける。
落として壊したのがばれると、修理代が2万円以上かかってしまいます。
ばれないと、スゴく安いです。

17時、幹書房の関氏と打ち合わせ。
重い重い赤字ゲラを笑顔で渋々受け取る。
ホントは祐子の仕事なのに...
ボクがしなきゃならんのか...
 
関氏、右田氏、浜野氏と飲む。
懐かしい教育出版センターの日々を語り、ゴールデン街「わらじ」へ繰り出す。
藤巻さんはどこだ?
 
帰宅できる時間に解散したけど、なにげにネット喫茶に泊まってしまった。
ネット喫茶って、悪くないかも。
 
昼食代新宿御苑の大勝軒750円
郵便局120+140円
歯医者210,000円
富士そば・肉そば420円
飲み代5,000円+3,000円
 
朝→納豆
昼→新宿御苑の大勝軒のつけ麺
夜→居酒屋

 

日本の国土を繋げる/プエルト・オルダス/ベネズエラ

 
PICT0007.jpg
プエルト・オルダスの空港に貼ってあったポスターです。
日本を見ると、北海道も本州も全部、地続きになってました。
人の国の海岸線なんて、そんなもんだす。
韓国やサハリンとは繋がってなかったのは、不幸中の幸いです。
 

〈写真〉2009年3月23日/プエルト・オルダス/ベネズエラ

2009年4月17日(金)[Yukoロンドン3泊目/旦那一時帰国11泊目]

漫画「Dr.コトー診療所」を読んでから、御苑へ出社。
仕事。
一藝社の菊池氏と「興味のある事には口出しするけど、興味がないと顔すらあげない」嫌な奴と、挨拶のできない人と、アプリケーションソフトを買いさえすれば仕事ができると勘違いしてる人と、自己防衛にだけ全力投球な人と、一切他人と協調しない人について語り合い、困ったもんだと世の中を憂い、昼食をご馳走になりました。サンドウィチが美味しかったです。
 
表参道の紀伊国屋の8階だか9階の移転したばかりの、キラキラに輝いた敷居の高いcitibankへ。
背が高くて美人で帰国子女の担当者との面談は、ボクが猿のようで居心地が悪いです。
すみません、ボクはいくらくらい預けてますか?
さっぱりわからないんですけど...
 
19時、編集プロダクション経営のO氏、某有名出版社の編集T女史、さる大手出版社の編集Y村氏と飲む。
北米人は足の裏を洗わないのではないのか?
と問題提起したら、O氏自身が足の裏を洗ったことがないと言いだし、あまつさえ「足の裏は汚れないので洗う必要がない」と主張したので場内騒然。
T女史によると、最低限洗いたいポイントは3Aと言うそうだ。
あたま、あそこ、あし。
確かに。
ところで、英語では足の裏をなんと言うのだろう?
Sole?

青葉台駅に降り立ち、松屋に寄ろうか寄るまいか、食うと太るし食わないと小腹が寂しいし、迷いに迷って邪念に打ち勝ち、家へ直帰す。
 
ネット喫茶/アプレシオ2,000円
飲み代/四季の旬さいAEN5,000円
 
朝→食べない
昼→一藝社の菊池さんにサンドウィッチをご馳走になりました
夜→四季の旬さいAEN

2009年4月18日(土)[Yukoロンドン4泊目/旦那一時帰国12泊目]

S女史から頂いた、ゲッツ板谷の待望の新刊「やっぱし 板谷バカ三代」読了。
遥かな地より、お母さんのご冥福をお祈りいたします。
脳内出血からのご生還、心よりお喜び申し上げます。
あ、S女史の旦那を探さなくちゃ。
 
パタゴニアをヒッチハイクした奈央ちゃんとマキちゃんのコンビと、パラグアイの怪人のりさん、シン君と飲む。
いわゆる旅友との同窓会です。
 

 
のりさんの住む新宿山吹町のゲストハウスは、ひと月36,000円と安いです。
あ、奈央ちゃんとマキちゃんの旦那を探さなくては...。
二次会は客引きの、「1,300円で飲み放題!」
に少々騙された気がしてます。
なんだかんだと3,000円以上したから、すごく狭かったし、混んでたし、火が出たら死にそうだし。
やっぱ、客引きは駄目だね。
ま、いいけど。
最後はふらてで軽く一杯。
 
またまたネット喫茶に泊まってしまった。
すっかり我が家です。
 
昼食/サンクス751円
瞬間接着剤/世界堂462円
マツモトキヨシ/液体ムヒアルファ1,180円
タクシー710円
居酒屋3,000円
居酒屋3,400円
ふらて2,500円
 
朝→納豆
昼→カップ麺とお稲荷さんとお寿司
夜→居酒屋で適当にいろいろ

 

2009年4月19日(日)[Yukoロンドン5泊目/旦那一時帰国13泊目]

今日は日曜日なのに、昼から酒です。
日曜日だから、かもしれませんが。
粕漬けのような生活です。
13時、新宿ライオンで熟女編集長S女史、豊満広報I女史、ヨットも持ってる熟年D氏とビール逝きました。
ゴビ砂漠に現在市販されている太陽電池を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られる計算になる」っていうのに驚いたです。
それ、やりましょうよ。
全家庭にソーラーパネルとか、公共施設にソーラーパネルとかは、古いテレビを買い取る政策より好きです。
S女史から頂いた本「ジウ?」「ジウ?」「ジウ?」。
早速読んでます。
湊かなえの「告白」が読みたいけど、「本屋大賞」ってーのがね、どうもね、好きじゃない。
微妙な近親憎悪っていうか、嫉妬だろうか。
何に?
 
ネット喫茶/アプレシオ3,000円
ライオン/3,000円
 
朝→食べない
昼→ライオン
夜→青葉台でお刺身とコロッケ

 

2009年4月20日(月)[Yukoロンドン6泊目/旦那一時帰国14泊目]

ロンドンの祐子は、リョウ君と薫ちゃん夫婦のお世話になってまして、おむすび握ってテムズ川へ遊びに行ったり、ハリーポッターの最終巻を読んだり(アメリカで買うより安いそうです。イギリスの本だからあたりまえかも)、茄子のスパゲティを食べたり、新しい靴を買ったりしてます。
祐子のゴアテックス製の防水靴は、ずいぶん前から穴が空いてて、不憫な嫁でした。
 
日本橋の東洋経済新報社で打ち合わせ。
午後から、御苑の事務所で仕事。
 
Deepな新大久保を奥深く進んだカムジャタンの名店、ほっほうこれですか的な「松屋」で韓国を食う。
NewYork帰りの可愛いデザイナーやお洒落コートを脱がないテグタンやクレーン車の横転を女の感で回避したアキバの熟デザイナーや離婚しても元旦那と正月を迎える女性や、そして真打ちの女性編集長S女史たちと、ぐいぐいともっこりを飲み交わしました。
自己紹介しても名前で呼び合わないので、誰が誰だかさっぱりわかりません。
豚足を喰らう。
タコに食いつく。
コラーゲンを補給。
写真を撮る。
ヨン様を探す。
ボクのTatoo「醤油」をお披露目しました。
みな声が大きいです。
 
松屋5,000円
二軒目の韓国料理2,000円
 
朝→納豆
昼→東洋経済新報社の下のうすけぼーで、豚の生姜焼き定食をご馳走になりました
夜→新大久保のカムジャタンの名店、「松屋」でいろいろ

 

2009年4月21日(火)[Yukoロンドン7泊目/旦那一時帰国15泊目]

ネット喫茶から嬉し恥ずかし朝帰りです。
新宿三丁目で、昨夜大久保で飲み交わした通勤途中のS女史にばったり出会いました。
っていうか、すれ違ってから走って追いかけたんだけど、
うっす、昨夜はどうも、へへへ...
世の中狭いですな。
悪いこと出来ませんな。へへへ...
 
青葉台のレンタルビデオ屋が半額日だったので、DVDを10枚も借りもした。
 
ロンドンから祐子が、
あっ、間違えちゃったとか言ってskypeしてきたけど、
ホントは寂しくてボクの声が聞きたかったに違いないです。
困った嫁です。
 
午前中から、◯◯◯を◯◯◯しながら、ずーっと仕事。
 
ネット喫茶/アプレシオ1,700円
カップラーメンとおにぎり/サンクス346円
DVD/ゲオ1,920円
夕食/青葉1,000円
 
えーと、それでは本日のお食事の発表です。
昨夜の飲み会の一番の美人から、輝くような笑顔で、実際にキラキラとテカってたんですが、食事欄を楽しみしてると言われたもんで、力を込めます。
こんなブログの食事欄を見て下さってる人がいるとは、ボクですら驚いてますが、美人の依頼ではサボれません。自然、俄然、断然、愛がこもります。
朝→ネット喫茶で起きたから、食べてません。すみません。のっけから...
昼→カップラーメンです。醤油味でもやしが入ってたのは覚えてるけど、メーカーとか商品名は忘れました。御丁寧にゴミも既に捨てました。すみません。お役に立てません
夜→近所の蕎麦屋で、カツ丼と蕎麦のセットで1,000円です。麺は二八で細かったです。細い麺は好みです。カツ丼はイマイチでした
えー、以上。
あ、明日に期待してくだされ。

 
 

2009年4月22日(水)[Yukoロンドン8泊目/旦那一時帰国16泊目]

午前中、青年実業家小早川氏のクロスメディア・パブリッシングで日経半5広告の打ち合わせというか、なんていうか、微妙な作戦会議を女の子としてみた。
↓これが売り出し中の書籍です。売れ行き好調です。

090401_M.jpg
 
そしてデザイン。
御苑の事務所で仕事。
一藝社で打ち合わせ。
新宿のJTBでハンガリー行きの航空券の見積もり依頼。
アムステルダムで乗り換えて、往復129,840円(燃料とか込みです)。
ついでに「ヨーロッパのシャンゲン協定って、違法滞在したら罰則と罰金とかありますか?」
「捕まった人の情報ありませんか?」
って訊いてみたけど、何にも情報がないそうです。
役に立たないぞ、JTB。

メキシコのペンションアミーゴで出会った円卓の騎士、はにゃんと馬場の栄通りの場末の名店で、焼き鳥を食い、そして呑み、語りました。
はにゃんは、言わずと知れた、というか知る人ぞ汁、マリオカートの世界チャンピオンです。
ボクの頭は高いです。恐縮です。
バスに乗り、やはりメキシコで一緒だったサダ君の勤める山吹町の地下BARで、再び飲む。

終電に間に合わず、得意のネット喫茶で寝てしまった。
すまん、チャンピオン。

飲み代3400円
夜食/ステーキのハナマサ960円

朝→納豆
昼→豚の唐揚げ定職をご馳走になりました。これって要するにトンカツからパン粉を抜いたってことだよね。ポン酢ソースが刺激が薄くて微妙
夜→焼き鳥
深夜→寝る前にステーキのハナマサでステーキ定食を食ってしまった

 

2009年4月23日(木)[Yukoロンドン9泊目/旦那一時帰国17泊目]

昼、歯医者。
治療箇所が増えてしまいました。
非常に憂鬱です。
 
青葉台に帰り、仕事。
 
恵比寿の「でですけ」で、宴会。
メンバーは大先輩デザイナーのO氏、厚さ5センチの財布を持つO部君、保険業界の新星、Tさんです。
ロックフェラーより巨大な敵と怪奇現象の全てが繋ることと、世紀末について話しました。
なんにしろ不景気だそうです。
それにしてもこのお店、二時間制はいいけど、あと一時間もあるのにラストオーダーはないんじゃないだろうか。
 
二晩連続でネット喫茶泊。
 
ネット喫茶/アプレシオ2,000円
JRパスネットのチャージ5,000円
「武蔵」のつけ麺750円
居酒屋5,400円+2,000円
蕎麦730円
 
朝→食べない
昼→昼時でも並ばずに食べられるようになった新宿西口、昔の名店「武蔵」のつけ麺。やっぱ美味いかも
夜→恵比寿の「でですけ」でうどんを食い、二軒目で焼きそば
夜食→歌舞伎町できつね蕎麦を食べてしまった
と、いうことで、今日はつけ麺、うどん、焼きそば、蕎麦と麺三冠でした

 

2009年4月24日(金)[Yukoロンドン10泊目/旦那一時帰国18泊目]

漫画、山本英夫「殺し屋1」を全巻制覇。
この漫画に出て来るマンションって、新宿西口から大久保へ向かう右手側の不動産屋が詰まったあのマンションだろうか。
 
新宿のH.I.S.で、ハンガリー行きの片道航空券について相談したら、先にハンガリー大使館で片道航空券のみで入国できるかどうかを確認すべきだと勧められたので、電話したら、片道航空券のみでの入国は、入管の判断次第なので難しいと言われました。
やっぱ往復チケットを買わなくちゃ駄目ですかね。
そんな折り、祐子からあの技を使えと指示が来ました。
あの技...
き、危険です。
 
事務所で仕事。
来月には新妻になってしまうホリさんとランチ。
ホリさんは藤原紀香の宣伝するあのダイエットで激しく美しくなって、その後すっかりもとに戻りました。
 
代々木老舗の名店「アンコールワット」で、Y女史編集者にカンボジア料理をご馳走になりました。
キュキュキュッと締まった生春巻き、だらりんと緩い春雨サラダ、えーと何を話したんだっけ。
ビールの飲み過ぎで、思い出せません。
で、てくてく歩いて、新宿二丁目の得意の「ふらて」でも、ご馳走になりました。
何を話したのか思い出せません。
失礼なこと言ってなければいいけど。
失礼なところ触ってなければいいけど。
 
そういえば新宿御苑のベトナムレストラン「ミュン」が閉店してたことを急に思い出しました。
ショックです。
 
ちゃんと青葉台へ帰りました。

ネット喫茶アプレシオ2,000円
昼食のカレーセット1,250円

朝→食べない
昼→野菜カレー
夜→カンボジア料理のアンコールワット

 

2009年4月25日(土)[Yukoロンドン11泊目/旦那一時帰国19泊目]

昼頃まで爆睡。
パーカーがハンガーで吊るされてまして、昨夜はパーカーをハンガーで吊るすほどに酔ってたようです。
 
ヨドバシカメラより電話。
祐子のカメラの修理代が12,600円との事。
メーカーに直接修理を依頼したら、2万円と言われてたので、かなり安いです。
お得です。しかも、
ヨドバシカメラの延長保証を使ったら、無料になりました。
めでたしめでたし。
 
歌舞伎町で美人と焼き肉を食べました。
メキシコで豚インフルエンザが流行してて、心配です。
 
青葉台駅から歩いて帰宅。
 
焼き肉7,600円
松屋牛丼370円
 
朝→食べない
昼→納豆、卵焼き、ほか
夜→焼き肉
夜食→松屋の牛丼

 

2009年4月26日(日)[Yukoロンドン12泊目/旦那一時帰国20泊目]

洗濯。
妙に風が強いけど、今日洗わないと明日から外出できません。
5枚のTシャツで一週間を賄ってるので、そもそもボクのお洋服計画は破綻してます。
重ねて告白すると、パンツも7枚あるわけじゃないです。
 
清澄白河でトミさん、サワちゃんと居酒屋。
オバマ政権の空席の要職は、国家薬物取締政策局長だけみたいだよ。トミさん。
トミさんにウシュアイアの上野邸の管理人を勧めたけど、興味がなさそうでした。
ご馳走になってしまったです。
 
メキシコは豚インフルエンザの流行ですが、ついこないだまで150日もだらだらしてたのに、渦中の人になれず、それはそれで少し寂しいです。
ボクら、豚の生姜焼きとかトンカツとか、ハンバーグは豚と牛の合わせ肉にしてたし、タコスは豚を選んでたし、とにかくその辺のメキシコ人より、豚を食べてましたよ。
 
昼食/いなば750円
居酒屋/2,000円
夜食/松屋380円
 
朝→納豆
昼→四谷四丁目交差点の「いなば」でつけ麺。ま、標準。流行の味です
夜→松屋の牛めし

 

2009年4月27日(月)[Yukoロンドン13泊目/旦那一時帰国21泊目]

午前中、青葉台で仕事、そして昼寝。
午後、仕事、そして昼寝。
 
テレビでメキシコの豚インフルエンザが熱いです。
ソカロ(ペンションアミーゴから近いとも言える)で青いマスクを配ってたし(この青いマスクは祐子も使ってたけど、微妙に使い方が難しいです。祐子はずっと間違ってたから)、地下鉄は乗車制限してるし、非常事態宣言が発令されるし(メキシコ人って、発令されてもわからなそうだ)、豚肉(豚肉は食べていいんですね)より人から人に感染とはやっかいだね。
 
メキシコでボクシングの修行中のチェリー特派員によると、レストランや屋台は1週間営業停止命令が発動されました。
よって暇になったタコス屋のビセンテは、宿の中で「豚インフルエンザキャンペーン」を開催中。
タコスが食べ放題で30ペソ(210円)です。
メキシコへ行くなら、今です。
 
誉田哲也「ジウ」の三部作を読み終える。

朝→納豆、焼き魚
昼→焼うどん
夜→お刺身

 

2009年4月28日(火)[Yukoロンドン14泊目/旦那一時帰国22泊目]

ロンドンで単身赴任の祐子は安宿へ移り、インフルエンザの症状もなく元気です。
メキシコを脱出して二週間、潜伏期間も過ぎてます。
 
一方日本で和食を満喫しているボクは、お腹が痛いです。
定期的に突っ張ったような強烈な痛みが、下っ腹全体に襲って来ます。
下痢でもあります。
咳、喉の痛みはありません。
だから「豚」じゃないです。
メキシコを脱出して三週間も過ぎてるし。
そんな病身に鞭打って、午前中事務所へ行って、二つ三つ打ち合わせをして、秋にはご出産を控えた梅さんと蕎麦を食べて、梅さんはカレーも食べて、青葉台でDVDを借りて(今日半額Dayなのです)帰宅したら、ふらふらだったです。
たぶん熱があったとです。
夜は姪御との食事会でしたが、姪御の体調が悪くなり中止になりました。
どちらにとっても幸いでした。
寝て過ごす。
結城充考「プラ・バロック」読了。
S女史の言う通り、面白くなかったです。
 
昼食と夕食の蕎麦、麺をすするだけで精一杯なり。
 
郵便局200円
ペットボトルのジュース/キオスク150円
夕食/青葉2,100円
 
朝→ご飯
昼→きつね蕎麦
夜→鶏南蛮蕎麦

 

2009年4月29日(水)[Yukoロンドン15泊目/旦那一時帰国23泊目]

昨夜から腹痛と闘い、寝てるんですが、だんだん良くなって来ました。
それでも歩くと汗が吹き出るので、夕方からの約束をキャンセルし、一日青葉台でのんびり過ごしてます。
 
メキシコでRタロー君に売ったSilverWingですが、また電気系統にトラブルです。
修理しても修理しても故障します。
すまないRタロー君。
君の人生を台無しにしてしまった。
君の墓碑銘には、「浅草のシーメール  メヒコで死す」とマジックで書いとくから許してください。
 
ペンションアミーゴにテレビ朝日が来ているようです。
竹氏、麻雀に誘ってるんだろうか?
ともさんは、間違いなく誘ってると想像してます。
 
東野圭吾「ダイイング・アイ」を読む。
残り頁が僅かになっても解決していない謎が多く、もしかして「つづく...」になるんじゃないかと焦りました。
腐っても東野圭吾でした。
 
家の中を知らない猫が歩いてた。
 
弁当、みそ汁、ジュース/サンクス634円
 
朝→食べない
昼→納豆
夜→コンビニ弁当

 

2009年4月30日(木)[Yukoロンドン16泊目/旦那一時帰国24泊目]

のりさんの宿泊してるゲストハウスに電話をしてベッドの空きを訊いたら全然なくて、メキシコの友達の名前を出したら、うんうん唸りながら空きベッドを見つけてくれました。
というわけで、早稲田のゲストハウスへ移りました。
残念ながら、社会人に復帰中ののりさんとは別の建物です。
一週間連泊すると、一泊1,500円になります。
 
妙に背が高いベッドの、たぶん下は収納スペースだと思われるベッドの床下がボクの寝床です。
お二階さんはフランス人です。
枕元に奥行き30センチほどの発泡スチロールが敷いてあり、ボク専用の小物置き場になります。
右側の空中に「鼻毛カッター」の外箱が、ぶら下がってます。
鍋敷きが落ちていたので拾うと、枕だと言われました。
どう見ても、鍋敷きです。
百歩譲っても、鍋掴みです。
千歩譲歩しても、テーブル布巾です。
どんな進化をすれば、枕になると言うのでしょう。
 
大屋氏と昼食。
 
歯医者で部分入歯装填。
鏡を見て、泣きたくなりました。
じいさんとばあさんのイラストが載っている説明書を読んで、足の力が抜けました。
もう恋なんかできそうにありませんです。
そして真逆側を抜歯。
今年に入って、メキシコで強姦されるように一本抜かれ、今日、優しく愛されるように一本抜かれました。
前半だけで二本も歯を抜かれてます。
このペースだと、長生きできそうにありません。
次の帰国では、速攻でインプラントを突っ込む決心をしました。
どなたか激安インプラント屋さんを知りませんか。
 
微妙に歯が痛いので、宿に帰りたくなく、ネット喫茶で三時間ほど過ごす。
古谷実「ヒミズ」
なかなか面白かったです。
「僕といっしょ」
途中までしか読んでません。
 
冷やし中華/蕎麦屋の二階750円
牛丼/吉野家380円
ジュース90円
ゲストハウス12,000円(8泊分)
アプレシオ1,200円
タリーズコーヒー340円
歯医者10,700円(うち4,410円が洗浄剤)
薬代1,380円
 
朝→納豆
昼→冷やし中華を食べるなんて、体質が変わったのだろうか
夜→吉野家の牛丼

 

2009年5月1日(金)[Yukoロンドン17泊目/旦那一時帰国25泊目]

暇だから本を読もうにも、宿にはリビングもダイニングもなく、机も椅子もなく、ボクのベッドは陽が射さず暗いです。
テレビに前に座椅子が一脚ありますが、そこに座るほど度胸がありません。
読書不能で、悩ましいです。
しかたがないので暗いベッドの上でネットして(無料Wi-Fi)、お昼過ぎからパソコン類を抱えて外出。
玄関の鍵はいつも開いているので、宿にパソコンを放置しにくいです。
 
新宿まで散歩して、ネットカフェで暇をつぶして、35.5キロ先の横浜駅へ湘南新宿ライン。
YさんとWさんとシェラトンのバイキング。
ローストビーフを久しぶりに食べました。
歳の離れた夫婦と、海外の家出先と、韓国の垢擦りでおっさんに珍瑚を洗われたことと、犬が罹る血液の病気で死んだ友達の話をしました。
そして一杯。
Yさんからお土産に靴下を頂いたけど、本来、お土産は旅人のボクが渡すものかもしれません。
ふらりと新宿二丁目の「ふらて」で一杯。
 
昼食/すた丼屋のしょうが焼き丼750円
バイキングとビール8,000円
カフェ900円
ネットカフェ160円+1,200円
ふらて1,600円
 
朝→食べない
昼→早稲田通り沿いのすた丼屋のしょうが焼き丼
夜→横浜高島屋隣のシェラトンのバイキング

 

2009年5月2日(土)[Yukoロンドン18泊目/旦那一時帰国26泊目]

天気はいいけど、お友達がいません。
天気はいいけど、洗濯は気が進みません。
天気はいいけど、ボクのベッドは薄暗いです。
キッチンはありますが、食卓がありません。
新宿から早稲田というのは、意外と散歩に悪くない距離なんだけど、「つけ麺屋」が多すぎます。
興ざめしてます。
「えぞ菊」の入り口に「つけ麺」の張り紙を目撃し、
「とうとう、お前もか...」
と、ボクはなで肩になりました。
 
馬場口交差点の三ツ矢製麺所の「つけ麺処 三ツ矢」の野菜つけ麺を食べ、そのあまりの駄目駄目ぶりに、つけ麺からの引退を決意しました。
もう、つけ麺、楽しくないです。
決別です。
 
宿で梁石日「闇の子供たち」を見つけ、僅かな明かりを頼りに読み始め、あっさりと昼寝。
 
明日、床屋へ行きたいです。
 
ネットカフェ2,900円
昼食/三ツ矢880円
洗剤104円
 
朝→食べない
昼→三ツ矢製麺所の「つけ麺処 三ツ矢」の野菜つけ麺
夜→食べないで寝た。体質が変わったのか、生まれ変わろうとしているのか。生まれ変わったのか。晩飯を食べないで寝るなんて、なんてこった

 

2009年5月3日(日)[Yukoロンドン19泊目/旦那一時帰国27泊目]

ロンドンの祐子は、ロイヤルフェスティバルホールで、ロンドンフィルのラフマニノフのシンフォニー3番とかを聴いたりしてるそうです。
よくわかりませんが、動きがマダムっぽいです。

一方、東京のボクは、宿の小汚い屋上で洗濯しました。
薄暗いベッドで読書しました。
夕方、新宿まで散歩しました。
学生のようです。
ビックカメラで新しいデジカメ選び。
パナソニック「DMC-GH1」が有力候補です。
 
たぶん元佐渡ヶ嶽部屋の力士の床屋で、散髪。
退屈なのでネット喫茶に逃げました。
 
洗濯機100円
昼食/えぞ菊750円
床屋900円
夕食/光麺食堂750円
ネットカフェ/アプレシオ300円
 
朝→食べない
昼→えぞ菊の味噌ラーメン
夜→光麺食堂のチンジャオロースー定食

 

2009年5月4日(月)[Yukoロンドン20泊目/旦那一時帰国28泊目]

ロンドンの祐子は、本日開店の新しい宿に引っ越して、コロンビアの巨匠ガルシア・マルケスのソーセージのようによく売れたと言われる「100年の孤独」を読み(誰かがすごい好きだと言ってた気がするけど誰だっけ? あすかちゃんかな)、ロイヤルバレエを観に行くそうです。
 
ネットカフェから朝帰り。
新宿から早稲田まで歩き、宿で昼寝。
楡周平の「クレイジーボーイズ」を読んでるけど、あまり面白くないです。
「100年の孤独」を読みたいです。
 
デジカメは、可動式液晶モニターで(自分撮りができるから)、比較的ボディが小さいのを狙ってます。
松下電器産業の「LUMIX DMC-L10」。
オリンパスの「E-620」。
ニコンの「D5000」。
 
「タ?ウンタウン カ?キの使い DVD Vol.3」
「【TV】めちゃイケ『真夏の衝撃映像スヘ?シャル?』(2008年08月02日)」を観る。
 
ネットカフェ/アプレシオ3.240円
夕食/ラーメン750円
 
朝→食べない
昼→食べない
夜→早稲田駅横の北海道味噌ラーメン

 

2009年5月5日(火)[Yukoロンドン21泊目/旦那一時帰国29泊目]

新宿から延々歩いて、雨がしとしと降ってまして、早稲田通りの団子屋さん「伊勢屋」の行列に並び、柏餅を買い、初台に着いた頃はジャン降り。
元女優で和服美人のGさん家で、お昼をコースでご馳走になりました。
艶っぽく屏風を立て、膳に横たわるイワシの一夜干し。
Konishirokuの二眼レフと串田和美と国本武春と火鉢。
ヨーロッパの古いコインとすもも酒と女優の青春。
ボクはお金持ちになると、Gさんに古民家を買う約束をしていますが、どうすればお金持ちになれるのかわからず、お待たせしてます。
 
可動液晶モニターで広角レンズを買い増しするのは現実的ではないとわかり、今日の注目デジカメは、Canonの「PowerShot SX10 IS」 です。
楽天で買うと、大容量SDカード2GBと、液晶保護フィルムがついてきます。
 
とうとうシャンプーを買いました。
じゃ、今までどうしてたかと言うと、ひたすらごしごし洗ってました。
頭って、ごしごしするだけでは、すっきりしないもんだと知りました。

ネット喫茶で、細野不二彦「ダブルフェイス」
早稲田まで歩いて帰る。
雨の深夜、静かでした。
 
傘(750円)、ジュース/FamilyMart979円
草もち等580円
ネットカフェ/アプレシオ1,180円
ラーメン780円
シャンプー/99円ショップ104円

朝→食べない
昼→GさんのGさんによるコース料理
夜→トマトラーメン。サービスご飯。悩んだときは、普段選ばない物を選ぶの精神で、トマトラーメンを食べましたが、不味くはないけれど、もう一度食べる気にもなれません
 
 

2009年5月6日(水)[Yukoロンドン22泊目/旦那一時帰国30泊目]

9時過ぎに目覚め、横たわったままベッドの上でパソコンを開きました。
同室の他の二人もパソコンをいぢってます。
薄暗く狭い部屋に引きこもる中年男子三人。
暗い図柄です。
 
けっこうな雨の中、新宿小田急HALCまで歩いたら、ぐちょぐちょになりました。
HALCの中のビックカメラでデジタルカメラ探しです。
昨日、人気急上昇のCanonの「PowerShot SX10 IS」は店員の「CCD(撮像素子)が小さい」の一言で、すっかり嫌になりました。
デジカメは画素数よりも、撮像素子(CCDやCMOS。銀塩カメラのフィルムに相当する部品)が重要だそうです。
そうするってーと、松下電器産業の「LUMIX DMC-L10」かな。
 
銀座の海鮮しゃぶしゃぶを相馬君にご馳走になりました。
相馬君32歳。
二十歳のときからの付き合いで、途中髪を染めたりした積み木崩し時代もありましたが、もうすっかり立派な熟女です。
具合が悪いと言って、さっさと帰ってしまいました。
そんな薄情な相馬君が手にしてたのは、買ったばかりのデジカメ、オリンパスの「E-620」。
人の物は良く見えます。
明日は「LUMIX DMC-L10」と「E-620」の対決です。
 
朝→食べない
昼→食べない
夜→銀座で海鮮しゃぶしゃぶをご馳走になりました

 

2009年5月7日(木)[Yukoロンドン23泊目/旦那一時帰国31泊目]

早稲田の宿をチェックアウトして、御苑の事務所へ。
仕事してから、新宿のビックカメラへ。
今日こそ、デジカメを買いまする。
店員のお薦めに素直に従い、懸案のデジカメはOlympus E-620に決定。
ボディとレンズを二本買いました。
小さくて軽いから。
可動式液晶モニターだから。
松下電器産業の「LUMIX DMC-L10」より、画像が綺麗だと言うから(←信じてます)。
Olympusはトップメーカーでない分、頑張ってると言うから(←これ、効いたです)。
交換レンズがニコンの「D5000」より安いから(←これが一番の理由かな。とにかく広角がほしいのです)。
店員のトークに嫌味がないし、わかりやすかったから(暇だったら、ビックカメラの社長にお礼状を書きたいくらいです。暇ですけど)。
聞けばこの店員、前日の木曜日には、相馬君に同機種を売りつけた人でした。
やるね、あんた。
カリスマ?
 
大屋氏と美人流行翻訳家M女史と神谷町で飲む。
何を話したんだか、今となっては全然思い出せないです。
ボクの頭の中の話ですが、RAMからHDに保存しないうちに一度寝たからです。
深夜、ゴールデン街でふらふら歩いてた土江氏と合流。
ゴールデン街のマイケルジャクソン氏と一年ぶりに遭遇。
知らない女性三人と、生サックス生ギターカラオケ「向日葵」で、熱唱。
土江氏、いきなしの中島美嘉の「雪の華」。
ボクが歌いたかったです。
歌えないけど。
交通事故で金玉が危ういゴールデン街のマイケルジャクソン氏も相変わらず飛ばしてました。
ぜひ芸能界にデビューしてほしいです。
一発屋でもいいじゃないですか。
ボクは背伸びしてジャニス・ジョプリンの「ミー・アンド・ボビー・マギー(Me and Bobbie McGee)」に挑戦しましたが、玉砕されました。
百年早かったです。
女性三人、最後まで誰だかわからなかったです。
明るくなりかけた早朝4時、御苑の大家氏の事務所で仮眠しました。
 
昼食650円
居酒屋5,000円
カメラ等一式/ビックカメラ164,994円
 
朝→食べない
昼→生姜焼き定食
夜→神谷町の居酒屋

 

2009年5月8日(金)[Yukoロンドン24泊目/旦那一時帰国32泊目]

歌舞伎町の「向日葵」で"生"カラオケして、深夜の3時半ごろ御苑の大屋氏の事務所に忍び込もうとしたら、ビルの一階のドアが施錠されていて、途方に暮れました。
 
早朝5時、新宿西口前まで重い鞄を担ぎながら歩き、リムジンバスで羽田空港へ。
7時25分発のSKYマーク603便(7,800円。安いですね)で、旭川へ飛びました。
第二の故郷(ここに住んだことがないから、第一ではありませんねん)、東川に到着。
母に、旅ズボンの金属金具を取り外させ(空港の金属チャックで必ず引っかかるから)、簡易ベルトを縫いつけさせ、クツ袋を縫わせ、その他いろいろと繕い仕事をさせました。
親孝行です。
ワインとビールと親と妹、甥の大ちゃん。
南米最南端のウシュアイアで管理人でもしてみたらと薦めましたが、老夫婦はそれなりに忙しいようです。
 
お土産ビッグバード1,260円
リムジンバス1,200円
 
朝→食べない
昼→ラーメンと豚ドン
夜→父による鯛のカルパッチョ(我が家にカルパッチョなるものが上陸しているとは!)。そして刺身

 

2009年5月9日(土)[Yukoロンドン25泊目/旦那一時帰国33泊目]

一家総出で糠平温泉へドライブ。
糠平湖は人造湖なれど、風化して角が丸くなった風情ある眼鏡橋「タウシュベツ川橋梁」があったりします。
国道には鹿が、橋には蛇が、道路標識には「熊出没注意!」と、日本のアラスカです。
昭和6年開業の由緒正しい「中村屋」に投宿。
糠平温泉の全ての宿が平成19年に源泉掛け流し宣言をしたそうで、どういう意味なのかよくわかりませんが、お湯が熱かったです。
露天風呂から、鹿が見えました。
サウナは壊れてました。
 
朝→鮭
昼→味噌ラーメン
夜→温泉宿「中村屋」のフランス料理風、山の幸

 

2009年5月10日(日)[Yukoロンドン26泊目/旦那一時帰国34泊目]

朝起きて温泉に入り、朝飯食って温泉に入ってます。
新しいカメラを持って来たけど、SDカードが使えませんでした。
オリンパスはxDカード(あるいはCF)なんですね。
微妙なメーカーって、こういうとこ微妙です。
日本一広いナイタイ高原牧場へ寄り、コーヒー牛乳とアイスクリームとたこ焼きを食べて十勝平野を眺め、富良野経由で東川へ戻りました。
ずいぶんと雪が残ってました。
 
朝→宿の朝食バイキング。これはけっこう美味い
昼→子羊のカレーライス
夜→すき焼き
 

<旅道具>新しいデジカメを買った/Olympus E-620

やっとこさ、デジカメを購入しました。
Olympusの一眼レフ、E-620です。
先月、賃貸に出しているマンションのエアコンを買い換えたので、ポイントが貯まってたビックカメラで買いました。
 
店員にお言葉に従って、まず普通に買ってポイントをガッチリ貯めます。

本体80,500円
→標準セットのレンズの広角は28ミリとしょぼいので、Bodyのみです
→今は15%のポイントが付くので、ちょっとお得です
広角レンズ(ZUIKO DIGITAL ED9-18mm/F4-5.6)59,600円
→旅は広角です
紐付きレンズキャップ520円
→これは必需品です。ときどき紐が写っちゃうのは愛嬌です
ワイヤレスリモコン2,480円
→欲しかった一品です
→自分撮り用です
レンズフィルター3,460円
予備バッテリー5,880円
→これまた旅の必需品です
小合計152,440円
 
次にポイントを使います。
望遠レンズ(ZUIKO DIGITAL ED70-300mm/F4-5.6)39,900円
→これは昔風に換算すると600ミリです
三脚(ゴリラポッド)1,980円
→祐子の要望です
images.jpg
 
小合計41,880円
29,326円分のポイントを差し引き、

支払いは12,559円
 
古いデジカメの下取りが10,000円
だから結局、合計は
156,499円になると思います。

ボクのデジカメの希望は、

一、可動式液晶モニター
e620_013.jpg
一、広角レンズ
→旅には広角!
一、小さくて軽い

です。
 
で、ビックカメラの店員のトークは、
一、松下電器産業(って言わないか、Panasonic)の「LUMIX DMC-L10」より、画像が綺麗
→心が揺れました。ジャブを食らった気分です
一、カメラのトップメーカーでないOlympusは、頑張ってるそうです
→これ、効いたです。
一、交換レンズがニコンの「D5000」より安い
→予算的には、これが一番安い。思い起こせば、小田急ハルクの店員のアドバイスは、間違ってたです

 
ついさっき知った軽くショックなこと。
一、xDカードなので、カードリーダーが使えません。
→コンパクトフラッシュを使うことになります

 
ネットで勉強した特長
一、7点測距で、左右端の2点がライン、残りの5点はクロスというのがスゴイらしいです。キヤノンEOS Kiss Fのほうが、測距点のカバーエリアがやや広いそうだけど、いいです。そんな細かいこと
一、ワンタッチで測距点が切り替えられる。まだ意味がわかりません
一、手ブレ補正機能内蔵。このお陰でレンズが安いそうです
 

2009年5月11日(月)[Yukoロンドン27泊目/旦那一時帰国35泊目]

ロンドンの祐子は、りょう君とかおるちゃんの家に戻り、厄介になってます。
NHKの原稿を書いたり、りょうくんお勧めDVD「パリ、テキサス」を観たり、焼肉と野菜炒めを叙々苑のタレを食べたり、何かのコンサートとか、ロンドン・アイ(巨大観覧車)とか、リッチモンド公園内のイザベラ・プランテーションとか、行ったり予約したりしてるそうです。
 
一方ボクは、北海道の東川で朝の6時半から朝食です。
田舎の朝は早いです。
仕事をしようとしたら過去のデータが開かなかったので作業できず、とりあえず昼飯にスパゲティを作って振る舞いました。
昼寝もしないのに、家の中をうろうろしているだけで、一日が終わりそうです。
ここは、一日16時間ぐらいしかないんじゃないだろうか。
キッチンの外は、雨のように桜が散ってます。
まさに、桜吹雪が風に舞う。←新宿のラーメン屋の名前です。
 
坂木君へMacの返却代金二万円を支払った(←今頃、思い出したです)
トマト、粉チーズ、ベーコン/ホクレンショップ1,181円
 
朝→鮭
昼→トマトとベーコンのスパゲティを作りました
夜→東川随一の居酒屋「りしり」で親兄弟を相手に飲む

 

2009年5月12日(火)[Yukoロンドン28泊目/旦那一時帰国36泊目]

今朝も6時半から朝食です。
田園の朝は早いですから。
北海道のどっかで開催している、佐伯祐三展が見たいです。
佐伯祐三の郵便局員は、かなりキテマスから。
朝っぱらから、一家で写真を撮りました。
最後の写真にならないことを祈りながら。
仕事をして、荷造りをしました。
以前のデジカメはズボンのポケットに入ったけど、今度のOlympus E-620はそうもいかないので、カメラバッグをネットで探しました。
希望は小さくて軽くて安いの、です。
候補は、
一、カタ エルゴテックシリーズ フォーマット format Q ウェストパック KT A53Q
一、エツミ カルディナワンショルダー ETM-E-3374
 
17時45分のSKYマーク便で東京へ(8,800円。安いです)。
早稲田の宿のチェックインに間に合わず、ネットカフェで寝ます。
っていうか、こっちのほうが、もはや快適です。
漫画「宇宙兄弟」
 
温泉宿泊、居酒屋、その他外食代として50,000円
その他20,000円
リムジンバス1,200円
夕食/ハナマサ960円
 
朝→鮭
昼→チャーハン
夜→ハナマサステーキ。肉が硬いです。とても

 

2009年5月13日(水)[Yukoロンドン29泊目/旦那一時帰国37泊目]

御苑の事務所へ。
仕事、一藝社で色校正。
坂木君、浦郷君と昼食。
仕事。
ヨドバシカメラ新宿西口本店でカメラバッグを探しました。
ショルダーはなで肩には辛いから、タスキ掛けですかね。
 
浦和の幹書房を訪問し、お寿司をご馳走になり、ここは本当に浦和なのか!?と驚かせてくれたステキなBARで一杯。
社長ご夫婦のリタイア後は、ぜひ南米へ引きずりこみたいです。
リタイア後の海外長期滞在を勧誘してます。
ひとつ、移住はリスキーなので、やめましょう
ふたつ、物価の安い国で長期滞在
みっつ、半年に一回帰国するくらいが、ストレスなく楽しめます
よっつ、現地でほんの少し日本の仕事をすると、いい塩加減です
 
ネットカフェに泊まりました。
もうこれがデフォです。
 
ネットカフェ/アプレシオ2,000円
昼食/850円
調味料入れ/tokyuhands/168円
下着袋/tokyuhands/954円(調味料入れと合計で1,113円)
松屋のカレーライス440円
 
朝→食べない
昼→日替わり麺と半チャーハン
夜→関社長よりお寿司をご馳走になり候
深夜→松屋のカレーライス
 
 

2009年5月14日(木)[Yukoロンドン30泊目/旦那一時帰国38泊目]

ネットカフェでシャワー。
脱衣所が広くて快適です。
シャワー代300円に、お風呂セット(シャンプー、ボディソープ、髭剃りソープ、髭剃り、クシ、タオル、スポンジ)が付いてくるからお得です。
体重計に身長172センチ、44歳、住所不定、ほぼ無職とデータをインプットして乗りました。
体脂肪18.6%でした。
この身体、逝けてるでしょうか。
御苑の事務所で仕事。
ヨドバシカメラ新宿西口本店で、カメラバッグを購入しました。
タスキ掛けショルダーのこれ↓
31tcYfavFqL._SL160_AA160_.jpg
軽くて小さいです。
  
修理に出していた祐子のカメラ(RICOH CAPLIO GX100)を引き取る。
修理代12,600円は、ヨドバシ延長保証のお陰で無料になりました。めでたし。
 
青山のクリエイティブディレクター(そう呼ばないと怒られるんです)、釣り好きの清水君と呑む。
清水君は75平米の新築マンションで一人暮らしをする独身平民です。
資源の無駄使いです。
締めに食べたカレーラーメンが美味しかった気がします。
御苑店で食べたカレーつけ麺は、逝けませんでした。
 
青葉台泊。
 
ネットカフェ/アプレシオ2,300円
昼食/味の時計台ラーメン750円。脂7割のチャーシューが食べられなかったです
カメラバッグ/ヨドバシカメラ4,875円
居酒屋5,000円←割り勘だけど、たぶん清水君の方がたくさん払ってます。
 
朝→食べない
昼→味の時計台ラーメンで醤油ラーメン
夜→清水君と青山一丁目のカレー関係の居酒屋もどきで、呑む

2009年5月15日(金)[Yukoロンドン31泊目/旦那一時帰国39泊目]

7時起床。
東急バスで青葉台駅へ、田園都市線に乗り換えて中央林間へ、小田急江ノ島快速急行に乗り換えて大和へ、相鉄線急行に乗り換えて二俣川へ、バスに乗り換えて運転免許センターへ。
ロールプレイングゲームのようでした。
運転免許証が来年早々に切れるので、早めの更新です(3,600円)。
ついでに国際免許証を再発行しました(2,650円)。
最近の免許証は、ICチップ入りなんですね。
異常に混んでて、けっこう疲れました。
 
青葉台で明日の結婚式の準備と荷造り少々。
 
江戸川橋のゲストハウスへ引っ越し(一泊1,400円)、社会復帰したキリルの怪人、のりさんと再会。
御苑の事務所で、修行中のukkyと懇談。
須山君を交えて軽く呑む。
須山君はどうやら顔の印象と性格が違うようです。
天使のような笑顔(誇張してます)に、ほにゃららら。
そんな彼女にご馳走になりました。
文句を言うわけではありませんが、奢ってくれるときは最初に申請してください。
割り勘だと思って遠慮してましたから。
 
ビッグカメラで古いデジカメを下取りしてもらい、1万円ゲット!
 
敷き布団に布団カバーを掛け布団にシーツを巻いてあるけど、面倒だからそのまま寝ます。
枕はたたまれた薄い座布団です。
 
免許証更新3,600円
国際免許証2,650円
pasmoカードチャージ3,000円
SDカードと祐子のカメラの予備電池/ビックカメラ3,234円
昼食/ラーメン750円
夜食の弁当と水/FamilyMart495円
宿代14,000円(10泊分)
 
朝→食べない
昼→ラーメン
夜→須山君にご馳走になる
夜食→コンビニのたらこスパゲティ。夜中にこんなに食ってちゃ駄目だ、駄目だ

 

2009年5月16日(土)[Yukoロンドン32泊目/旦那一時帰国40泊目]

ボクが昔いたデザイン事務所、TYPEFACEの堀さんと二ノ君の結婚式に出席しました。
事務所開設以来初めての社内結婚なので、嬉しいです。
新郎の二ノ君は、面接時に面接を担当した新婦に目を付けたので、仕事と嫁の一挙両得、二兎を追って飛車角を取ったようなものです。
青山ラピュタアネックス8Fチャペルで、賛美歌312番と430番を歌って、写真を撮りました。
披露宴会場の受付手前でご祝儀袋がないことに気づき、コンビニに走りました。
生意気にも乾杯の音頭をとり、その時、衆人の前でメキシコ帰りであることを告白しましたが、皆さん、ドン引きしてくれたでしょうか?
会場の青山ラピュタガーデンの9階からの眺めは最高ですが、プールに飛び込むと30万円の罰金だそうです。
トラップ込みの披露宴です。
麻布十番で二次会。
新婦はスナックのママ風、新郎はバーテンダーのようにステキでした。
お釜に扮装した青年たちの寸劇を堪能しました。
三次会にちょこっと顔だして、江戸川橋のゲストハウスに帰宿。
11時就寝なので、18ベッドが並ぶ部屋は真っ暗闇でした。
 
ご祝儀袋と筆ペン/FamilyMart631円
新郎新婦から交通費を頂き、もしボクのご祝儀の方が少なかったらどうしましょうと、恐縮してます
 
朝→食べない
昼→披露宴のコース料理
夜→二次会の料理

 

2009年5月17日(日)[Yukoロンドン33泊目/旦那一時帰国41泊目]

祐子が荷物整理したら、23キロが二つになったそうです。
合計46キロ。
ロンドンに着いたときは重い荷物に振り回され、まっすぐに歩けず、そんな自分が可笑しくて笑いながら歩いたそうです。
さぞかし不気味だったことと察します。
祐子はりょう君とかおるちゃんの家で、ブログのMT4の研究をし、ひよこ豆を茹で、「ガラスの仮面」を読んでます。
ロンドンはすごく寒いそうです。
 
一方、江戸川橋のゲストハウスに引っ越したボクは、天狗の住む高尾へ遊びに出かけました。
旅人との同窓会です。
小雨降るcafe Toumaiの庭に集まったのは、高木君とのんちゃん、カリスマケンちゃんことカリケン、とその相棒、じゅんこさんとコーイチロー隊員です。
折りたたみ傘を持って出かけましたが、cafeに着いたころには失くなってました。
傘すら満足に持てない無能さは、ボクのどこからやってくるのでしょうか。
 
夜、試しに新宿から江戸川橋まで歩いてみました。
時計を見てなかったので何時間かかったのかわかりませんが、ちょいと涼しいけど気持ちのいい散歩でした。
暇人ってのは、いいものです。
 
晩飯は散歩中に、御苑近くで「肉屋がはじめた定食屋 正直な食堂」で食べました。
店員の説明を聞くまで知らなかったけど、このお店、カウンターに並んだホットプレートを使って自分で焼いたり、煮たりしなければなりません。
人前で肉をひっくり返したり、かき混ぜたり、タレをかけたりするのは、微妙に恥ずかしいです。
普段人様に披露してない行為は、どこか手順が違っている気がして、知らない人に指摘されたらどうしようと、無駄に手に力が入ります。
たかが850円の定食で緊張するとは、ボクの負けです。
 
cafe Toumai/3,000円
夕食/正直食堂の生姜焼き定食850円
pasmoのチャージ3,000円
 
朝→食べない
昼→cafe Toumaiのカレー
夜→「正直な食堂」の生姜焼き定食

 

祐子の写真ブログ「写記写記ポリンキー」が久しぶりに更新!

 
a0077592_23335829.jpg
祐子のデジカメが壊れたので、ボクが日本で修理に出しました。
というわけで、祐子がいま使っているカメラは、SONYのインターネット端末mylo(マイロ)です。
ときどききちんと写り、ときどきボケ、ときどき微妙です。
そんなカメラで撮った、祐子の写真ブログ「写記写記ポリンキー」はこちら→
ロンドン生活編です。
 
写真は豚インフルエンザの巣窟、メキシコのペンションアミーゴの一コマです。
※ペンションアミーゴに豚インフルエンザがいるわけじゃないですよ、念のため。
右から女の子にモテモテのコージ君、次に旅立つカリケンから役萬をあがったトモさん、三番目がお釜にモテモテのRタロー君、一番左が誰だかわかりません。
誰さ?
このショットを見てると、皆、いい奴じゃん、って泣けてきますた。
祐子と遊んでくれてありがと。
感謝してます。
それにしても、巣窟にしか見えない。
 

2009年5月18日(月)[Yukoロンドン34泊目/旦那一時帰国42泊目]

午前中、宿のベッドの上でシコシコとネット。
ちょっと首を伸ばすと、キリルの怪人のりさんも何やら怪しげに、ネットしてました。
のりさんは何をしてても不審です。
昼から御苑の事務所で仕事。
そしてメールでラフ出し。
夕方、最後の歯医者通い。
 
そして中野の肉刺専門店「久遠の空」で一杯。
っていうか、開店から閉店まで居座りました。
一発目、レバ刺し、でかくてぬるぬる、ニンニク醤油でたまりませんです。
二発目、ナンコツ刺し、初めて食べたけど、コリコリとポン酢がGoodです。
「三丁目伝説のつくね」は、でかいわ、卵の黄身だわ、美味いわ、です。
モツ煮込みとか、ワインをデキャンタでぐいぐいとかいろいろです。
体脂肪20%、ウエスト××センチ、婚活中の銀座の美人にご馳走になりました。
いつもいつもすみません。
このご恩は、ウエストのサイズを伏せ字にしたことで、許して下さい。
 
昼食/御苑の大勝軒650円
歯医者690円
ネット320円
夜食/FamilyMartおにぎり、鶏節の冷やし醤油らぁ麺660円
 
朝→食べない
昼→御苑の大勝軒で、禁じ手にしてたつけ麺を食べてしまった。大勝軒は、御苑と言えども美味いです
夜→中野の肉刺専門店「久遠の空」で、婚活中の銀座の美人にご馳走になりました
夜食→FamilyMartおにぎり、鶏節の冷やし醤油らぁ麺660円。泣きたくなるほど、不味かったです。夜中にこんなの食べてちゃ駄目だよ、と心の声がしました

 

2009年5月19日(火)[Yukoロンドン35泊目/旦那一時帰国43泊目]

K出版のA氏に昼食をご馳走になり、ドトールとかじゃない古き良き時代の本当の喫茶店で、企画の打ち合わせとかしたりして。
今年は物価の高いヨーロッパなので、少し稼ごうかと企んでます。
M氏の仕事場で、一本軽く装幀。
夕方、cafe La BohemeでS君と打ち合わせ。
その後、四谷三丁目のベトナム・サイゴン料理「ティン・フック」で軽く飲み食い。
23時の就寝後、真っ暗闇の宿のベッドの上で、パソコンを覗いてました。
 
飲み食い/ティン・フック4,809円
コーヒー/ラ・ボエム920円
コーヒー/KIKUNOYA760円
 
朝→食べない
昼→焼き魚定食をご馳走になりました
夜→四谷三丁目のベトナム・サイゴン料理「ティン・フック」。珍しくご馳走しました

 

2009年5月20日(水)[Yukoロンドン36泊目/旦那一時帰国44泊目]

旅立ちまで、あと7日です。
ひとりで飛行機に乗れるだろうか、緊張してきました。
27日、ハンガリーへ飛びます。
 
コインランドリーで洗濯。
二十代の後半勤めてた、麹町の中経出版を訪ねました。
常務に生姜焼き定食をご馳走になりました。
 
御苑の事務所で仕事。
新宿で六人で呑んで、皆にご馳走になり、「醤油」のtatooを披露しました。
資格を取った人、禁煙した人、子供のお受験。
 
コインランドリー400円
夜食/FamilyMart440円
 
朝→食べない
昼→常務に生姜焼き定食をご馳走になりました
夜→新宿でご馳走になりました
夜食→コンビニのスパゲティと水。だから寝る前にこんなの食べてちゃ駄目だ、と思う

 

2009年5月21日(木)[Yukoロンドン37泊目/旦那一時帰国45泊目]

ハンガリーに飛びたつのは、6日後の27日です。
ちょと、わくわくしてきました。
 
朝から宿のベッドの上で、ネットをしました。
隣近所の皆さんも、ベッドの上でネットをしてます。
いったい朝から何をそんなにネットをせねばならんのか、不思議です。
 
昼、新宿二丁目の行列のお店「安芸」で、グリコさんと金目鯛の煮付け定食を食べ、河岸をかえてコーヒーを飲みました。
黄色いカウンタックにナンパされた輝かしい過去を持ち、占いによると人生はまだ「さなぎ」だそうですがボクの診断では老眼が疑われ、グリコさんの特製味噌を頂きました。
味噌は、ヨーロッパに持ち込みます。
 
御苑の事務所で仕事をしてふらりと新宿通りにでれば、懐かしい昔の職場の先輩、W氏、今やただの日本橋のおっさんですが、ばったり出会いました。
仕事中に散歩してたそうです。
コーヒーを飲んで、馬鹿笑いしました。
自身の結婚式で突然尾崎豊の「I LOVE YOU」を歌いだしたW氏は、ときどき新宿東口交番の前で寝たりするそうです。
交番の前なら親父狩りに遭わず、安心ですね。
 
新橋で出版界のお偉い方々にご馳走になりました。
隣の銀座では、お水の方々がたくさん闊歩しておりました。
どなた様も背が高くて足とスカートが長くて背筋が伸びてスラリとして、お金を持ってそうなおっさんを従えて、自信たっぷり、お尻ぷりぷり歩いてます。
スカートが極限まで短くて太ももの太い猫背の歌舞伎町とは世界が違います。
ボクはそんな歌舞伎町に一票。
 
祐子のカメラの予備電池/ビックカメラ3,036円
昼食代/安芸1,680円
PASMOのチャージ3,000円
 
朝→食べない
昼→新宿二丁目の行列のお店「安芸」で、グリコさんと金目鯛の煮付け定食840円也
夜→新橋でご馳走になりました。ついつい酔っ払ってしまいました
 

意外に続いたけど、止まってる「旅々友々」...


ピクチャ 5.png
ボクの旅は基本的に暇なので、くだらない事や役に立たない事を中心に無益で無駄な空想や妄想に耽ってまして、アルゼンチンのカラファテではアイデアマンのやす君とプログラマーのダイスケ君の頭脳が加わったこともあり、「旅々友々(たびたびゆうゆう)」なるものができました。
ボクは何もしていないけど...
2007年3月の頃です。
 
↓こちらです。
http://www.tabitabi-project.com/youyou/
 
旅人による、旅人の写真で繋ぐ「友達の輪」です。
旅先で出会った人と写真を撮って、別の旅人とまた写真を撮って繋げる、「友達(旅人)の輪」のホームページ版です。
一等最初の写真は、ボクと祐子です。
次に、ボクとテラさん。
そのテラさんがダイスケ君と。
ダイスケ君はやすやす君と、という風に繋がって行きます。
タビフーフとか有名人も出演してます。
で、あれから二年ちょい経ちまして、久しぶりに「旅々友々」を覗いたら、2009年2月7日、奇しくもボクの誕生日にイエメンで止まってました。
ま、ここまで続いただけでも奇跡かもしれないです。
でも、もうちょっと奇跡が続いてほしいです。
っていうか、この最後の青年、ノブさんって、あのノブさんじゃなかと?
ウシュアイアでボクの誕生日を祝ってくれた...
 
「旅々友々」のネーミングはたぶんやす君で、そういうのやす君は得意ですから、ボクはそれをパクって、ボクはパクるの得意ですから、「旅々、沈々。」とか「旅々、漫々。」とか「旅々、悶々。」とか作りました。
でも、どれもこれも飽きしまった放置プレイのブログです。
 

2009年5月22日(金)[Yukoロンドン38泊目/旦那一時帰国46泊目]

ハンガリーに飛びたつのは、5日後の27日です。
 
午前中、ネット喫茶でくつろぐ。
戦士の休息です。
男は誰でも無口な兵士なのです。

麹町のかんき出版に顔を出し、お昼をご馳走になりやした。
紀尾井町のスパゲティ屋さんは、すげぇ量です。
お腹いっぱいになり候。
 
御苑の事務所で仕事。
神田の稲垣氏、小中氏の事務所を表敬訪問。
ビールをご馳走になりました。
 
ネット喫茶/アプレシオ800円
 
朝→食べない
昼→スパゲティをご馳走になり、お腹ぱんぱん
夜→歌舞伎町のRie氏に蕎麦をご馳走になりました

 

2009年5月23日(土)[Yukoロンドン39泊目/旦那一時帰国47泊目]

出発まであと4日なのに、iPodが壊れてしまいました。
起動しません。
どうして今頃になって...。
 
午前中、横浜の青葉台へ出かけ荷造りをしました。
あきらかに荷物が多すぎです。
頼りにしてる安くてでかいボリバッグのファスナが完膚なきまでに壊れてしまい、飛行機には預けられない模様です。
真剣に困っています。
ちょと汗をかいてます。
暑いです。
 
江戸川橋の宿に戻って、引き続き荷造りです。
そして仕事。
夜中、DVD「28日後...」をビクビクしながら9割ほど観たところで、やっとぼんやりと「この映画って観た事あるんじゃないだろうか」って気づき始めたんだけど、これってデジャブ?
それとも頭悪すぎ?
あるいは老人性痴ほう?
 
朝飯/らんぷ亭の牛丼550円
お土産100yenPlaza1,155円
タクシー980円
電池/ampm370円
ラーメン750円
夕食/らんぷ亭のハンバーグカレー620円
 
朝→牛丼
昼→ラーメンと半チャーハン
夜→らんぷ亭のハンバーグカレーは美味しくない。こういうハンバーグは哀しい

 

ハンガリー、ブダペストへの飛行機代と追加の荷物代


P5230299.jpg
ハンガリー、ブダペストへの航空券(ブリティッシュ・エアウェイズ)は、
52,500円 + 税金/手数料/各種料金12,290円の
合計64,790円でした。
でも預けられる荷物は、一個だけ(23キロまで)です。
ボクは大きなボリバッグ(上の写真参照)と、もうひとつこれまた大きなスポーツバッグがあるので、潔くネットで追加の荷物の予約と追徴金を払いました。
ネットだと少し安くなります。でも、
10,640円。
高っ!
機内への持ち込みも、ギターを筆頭に、カメラバッグに、バックパックもあるから、しょうがありませんねん。
 
キリルの怪人のりさんも膨大な荷物を抱えてたので、南米のどこかで120ドルほど追加で払わされたそうです。
でも貧乏であることを涙ながらに訴えて、免除された経験もあるそうです。
のりさんの演技は臭そうなので、演技力の勝利ではないと思います。
 

〈写真〉江戸川橋のゲストハウスのボクのベッドの上

2009年5月24日(日)[Yukoロンドン40泊目/旦那一時帰国48泊目]

出発まで、あと三日。
iPodは、仮死状態です。
 
朝から宿のベッドの上で、仕事をしました。
ちょうど隣りの青年が出て行ったので、棚が机代わりに使えて、仕事がしやすくなりました。
二段ベッドの上、天井灯のすぐ下、本棚の天板にパソコンを置いて、背中を丸め、マウスを握りしめてます。
 
とんかつ定食940円。
ちょっと贅沢だったかもしれんと小さな胸を痛めてます。
生意気を言わせてもらえれば、豚肉の下味が足りなかったと思います。
 
JR目黒駅東口の超人気魚介系居酒屋で、札幌の同級生星野君、菊池君と、巨大な生ガキやらイカやらマグロの中落ちを食べました。
飲み過ぎてしまったと反省しておりまして、なぜなら二次会へ行ったと思うけど、何一つ思い出せません。
きっとご馳走になったんですが、記憶にございません。
すみません。
 
タクシー/ジーエルタクシー1,340円
タクシー/ふじ交通890円
テレフォンカード500円
 
朝→食べない
早めに昼→とんかつ定食
夜→菊池、星野と目黒の超人気魚介系居酒屋。ご馳走になったと思われます

 

御苑の事務所の組員です。

御苑の事務所の組員をご紹介いたします。
まず、先週結婚した新郎の二ノ君です↓
 
001.jpg
で、若頭補佐のコバヤシ↓
 
002.jpg
で、ヒットマンのヨシキ↓
 
004.jpg
最後にパシリのアオヤギ↓
 
003.jpg
 
以上、御苑の愉快な仲間達でした。
 

2009年5月25日(月)[Yukoロンドン41泊目/旦那一時帰国49泊目]

(愛と青春の)旅立ちまで、あと二日。
 
二日酔いで具合が悪いです。
でも仕事をしなくてはなりません。
辛いです。
お昼をD出版社のちょい悪編集者K氏に、ご馳走になりました。
舞踏家のお嫁サンバ、松さんから「松さんコレクションDVD」を頂戴しました。
この松さんセレクションのDVDの収録作品は、とてもいいです。
前回メキシコで観た「イカ天2007復活祭」が、宿で大評判だったでした。
 
御苑の事務所で仕事。
あおっぴーお母さんと打ち合わせ、そして曰く、
「もっと働け!」
 
西武新宿線新宿駅8階の百円ショップでガムテープと小物入れを購入。
 
原宿駅の竹下口で青年実業家、小早川氏と待ち合わせ、夜をご馳走になりました。
新刊のタイトルを一緒に一生懸命に考えたりしました。
そしてBarでもピザとビールを奢ってもらいました。
10万部のヒットがでれば、全社をあげて海外旅行です。
小早川さん、株やFXに手を出してはいけませぬよ。
潮流です。
 
水/FamilyMart100円。二日酔いなので冷たい水を飲まねば、死にそうです
ネット喫茶/アプレシオ2,000円
袋とガムテープ/キャン・ドゥ210円
 
朝→食べない
昼→D出版社のちょい悪編集者K氏に、ご馳走になりました
夜→小早川氏にご馳走になりました

 

2009年5月26日(火)[Yukoブダペスト1泊目/旦那一時帰国50泊目]

明日の朝、ハンガリーの首都ブダペストへ飛びます。
 
朝7時、仕事に出かけるのりさんの写真を撮って、握手して見送り、ネットして、シャワーを浴びて、残ったシャンプーをのりさんのベッドの上にそっと置いて、9時にコインランドリーで洗濯して、残った洗剤をのりさんのベッドにそっと置いて、宿の清算をして、膨大な荷物を抱えて地下鉄に乗り、新宿御苑へ。
大屋氏の事務所でiPodのコンセントを借りて仮死状態のiPodの治療を試みるも蘇生せず、謎の中年親父K氏と三人で、昼食を食べました。
150円のドリンクバーを頼みましたが、ジュースが美味しくないので、一杯だけ飲んで出ました。
結局タリーズ・コーヒーに寄って、大屋氏の事務所でくつろぎました。
 
御苑の事務所で仕事した後、皆に毎日お邪魔してすまなかったと、ご迷惑をお掛けしたと、許してくれと、もうしばらくは来ないから安心してくれと、挨拶しました。
 
明朝のリムジンバスが早いので、得意の歌舞伎町の大久保病院横のネットカフェで漫画を読んで寝ます。
漫画「新 ナニワ金誘道」
漫画「裁判長! ここは懲役4年でどうすか」
我に美しく生きる、それが「義」なのです。
 
コインランドリー400円
水/ampm100円
PASMOのチャージ1,000円
昼食/ラ・ボエム850円
ジュース/タリーズコーヒー340円
宿代1,900円
ほうじ茶/セブンイレブン268円
夕食/竹虎800円
 
朝→食べない
昼→ラ・ボエムのたらこのスパゲティを大盛りにして食べました。ラ・ボエムは、たらこで決まりです。ドリンクバーになってたのが、興ざめです
夜→歌舞伎町交番に向かって右手30メートルくらい行ったつけ麺屋「竹虎」。高級そうな入り口にびびり、濃厚なタレに一瞬びびり、メニューに堂々と「裏メニュー」が印刷されてるのが悲しいです。裏とはそういうものではないでしょう。裏、よく考えてごらん

 

2009年5月27日(水)[Yukoブダペスト2泊目/旦那成田→ブダペスト]

ネットカフェで漫画ばっか読んでたので、三時間しか寝ていません。
飛行機の中でぐっすり寝て、
えっ、もう着いたの?
っていう作戦です。
 
スキー用の派手で巨大なスポーツバッグを右肩に、パソコンを入れたバックパックを背中に、ギターを左手に抱えて(ヨーロッパでギターなんか弾くのだろうか?)、西武新宿線新宿駅近くのコインロッカーから、ふたの閉まらなくなったこれまた巨大で重いボリバッグを取り出して、新宿西口京王デパート前バス乗り場23番へ、息も絶え絶え歩きます。
こんなに荷物を抱えてる人を今まで見たことないです。
 
 
 
ブリティッシュ・エアウェズに乗って、ロンドン経由でブダペストへ飛んでます。
 
 
 
久しぶりの祐子です。
感動の夫婦の再会が、もうすぐ!
 
 
 
朝→食べない
昼→たぶんブリティッシュ・エアウェズの機内食でしょう
夜→同上

 

今、ロンドンのヒースロー空港です

10時55分に成田を飛び立った飛行機が、(ずーっと爆睡してたので何時間乗ってたんだかわからないけど)ほぼ定刻の15時半くらいにロンドンのヒースロー空港に着いて、ハンガリーのブダペスト行きに乗るため、4時間半くらいの待ち状態です。
暇だし、お腹が空いてます。
あと二時間。
司馬遼太郎の「ロシアについて」を時々メモりながらじっくりと読んでます。
どうせWi-Fiは有料だろうとネガティブ思考でパソコンを開いたら、意外に無料で接続できて、こいつぁツイテルじゃんと、ブログを更新したりメールしたりしてます。
何事も挑戦もせずに諦めちゃ駄目ですね。
残りの人生、ポジティプに生きようと思いました。
 
ブリティッシュ・エアウェイズは、ラッキーなことにビジネスクラスに座らせてくれて快適だったんだけど、映画がすべて英語で、微妙な拷問でした。
ボクは英語が苦手です。
機内食のビーフとマッシュポテトのコンビは、もうどうでもいいやって感じです。
日本風焼き魚とご飯は、決して美味しくないけど、一粒のご飯も残さずに食べました。
 
ついさっき、ブダペストの祐子からメールの返信が届きました。
今晩は、スパゲティだそうです。
イギリスとハンガリーと別れていながら、ネットで晩飯の相談ができるなんて、なんて国際的な夫婦なのでしょう、ボクら。
007かと思いました。
 

2009年5月28日(木)[ブダペスト/アンダンテホステル3泊目]

タイトルの宿泊数は、祐子が基準です。
ボクは、昨夜遅くに到着しました。
空港の隅っこでニヤニヤ笑ってるお猿さんが、祐子でした。
つられてボクもニヤニヤしちゃいました。
 
朝10時過ぎにうだうだと起き、漫画「柔道部物語」を読み、日本から持ち込んだ荷物を吟味して、昼飯を食べ、中古バイクの専門店「Red Baron」の今西氏の運転する新車RAV4(キーレス車は初めてです)に乗って、お店までドライブしました。
ブダペストは木々の緑色と茶色の屋根が多いです。
今回のヨーロッパ一周のお伴は、このお店で借りる(ハンガリーでは外国人が車両の登録ができないので、レンタルです)SUZUKIのバーグマン650cc、フルオプションになりました。
残念ながら得意のSilver Wing 600ccは、売り切れてしまったのです。
工具を借りて後部座席の背もたれを取り外し、今西氏の工作でスポーツバッグを積めるようにキッチン棚を取り付けました。
2008年夏、カナダを西から東へ走ったときのキッチン用品です(ブログ参照→)。
「Red Baron」の今西氏の協力で、というかご尽力で、ネジ止めにしてもらいました。
RAV4に乗り、スポーツ用品店に寄ってもらいバックパックのレインカバーを買って、宿まで送ってもらいました。
何から何までお世話になっています。
 
夜、ビールだと思って飲んでたのは、ノンアルコールでした。
甘くて不味かったです。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 
朝→食べない
昼→ベーコンとトマトのパスタ
夜→シェア飯(誰かが調理して割り勘で支払う食事です)。タイのアユタヤでホテルとレストランを経営するタイ人のプーさんが作ってくれた、本格派タイカレーとトムヤムクンもどき(エビの代わりに鶏肉です。レモンなし)

 

〈宿〉アンダンテホステル&アパートメント/ブダペスト/ハンガリー

 
P5280329.jpg
〈安宿〉アンダンテホステル&アパートメント
ブダペスト/ハンガリー

ブダペストに行くならココだべ、と言われる評判の宿です。
中庭のある古い集合住宅で、高い天井を切って、ロフトを個室にしてて面白いです。
メキシコのペンションアミーゴより面白い漫画が、たくさんあります。
建物の入り口を入ったゴミ置き場が住宅の品格を貶めているので、管理組合とかの解決を待たれます。
 
〈URL〉http://www.andantehostel.com/index.html
〈住所〉1073 Kertesz utca 35 Fes.5 Budapest Hungary (ケルテース通り 35番 1階)
インターフォン36番呼び出し
〈電話〉+36(国番号)-1(市内局番)-7856191
〈メール〉info@andantehostel.com
〈宿泊料〉ドミで一人14ユーロ(オフシーズンは13ユーロ)
他、細かい料金設定あり
 

2009年5月29日(金)[アンダンテホステル4泊目/ブダペスト]

午前中、仕事とかメールとか日記とかで、けっこう忙しいです。
 
午後から散歩。
ところどころ金色に輝く手入れの行き届いた感のある、聖イシュトヴァーン大聖堂をさらりと眺めました。
南米で見たどの教会、大聖堂よりも奇麗です。
ドナウ川で分断されてたブダ地区とペスト地区を初めて結び、第二次世界大戦にはドイツ軍に破壊され、ハンガリー動乱ではソビエト軍の戦車が渡って来た、ブダペスト最大の観光名所、「くさり橋」を歩きました。
橋のたもとには、三越のような立派でエラそうなライオンが4頭も鎮座してます。
ドナウ川はたっぷりと水量が多く、川幅は想像より狭く、流れは速く、茶色く冷たそうです。
ここブダペストは、"ドナウの真珠"とか"ドナウの薔薇"と称えられるそうですが、よくわかりませんが、きっとそうなんでしょう。
ボクも"歌舞伎町の真珠"と呼ばせたいものだと、クダラナイことを考えていたら、新しいTatooのアイデアが浮かびました。
 
「真珠入り」
って、いうのはどうでしょう?
もちろん仕込んでませんが。
 
晩飯後、宿で、ひよこの雄雌を識別する仕事、「初生ひな鑑別師」と、軽くビールしました。
この資格を持っていると、ヨーロッパの就職に有利だそうです。
ただ養成所の入所資格が25歳未満なので、今さら目指せません。
44歳にもなると、人生の選択肢はかなり少ないです。
 
Rタロー君ご推薦の漫画「BECK」を読み始めました。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 
朝→パンと、砂糖と塩を間違えた塩辛い卵焼きとベーコン
昼→茄子とベーコンの和風パスタ
夜→グリコさんの特製手作り味噌で豚汁

 

〈アミーゴ〉お釜に強い、メキシコの夜回り先生


ピクチャ 2.jpg
2009年度、カラファテの日本人宿「Fuji旅館」の冬の管理人に選ばれたRタロー君のブログが始まりました。
 
「狂気の中で」
 
ペンションアミーゴのオーナーのパスちゃんに、
「ギターがウルサいなっ!」
と叱られていたRタロー君の息吹が感じられる、爽やかなネーミングです。
ちょっとプログレしてます。
パタゴニアで越冬する三ヶ月間、彼がどのように大人の階段を登るのか、静かに見守りたいと思います。
 
ペンションアミーゴにいた頃のRタロー君は、深夜になると近隣周辺の警備に歩き回り、多珍簿のニューハーフとアイコンタクトを交わす、自称「夜回り先生」です。
地域密着型です。
お釜にも対応できるスイッチヒッターには、定評があります。
旅の実績は、世界一周の周遊券を持ちながら、一年間でカナダとメキシコの範囲でしか移動せず、しかも事情があってアメリカには入国できない身の上です。
彼の世界は狭いです。
周遊券の期限を過ぎていても飛行機の予約をした掟破りですが、欲張って便の変更をしたためにバレてしまった、使えない奴です。
ボクらの愛車、初代Silver Wingを譲ったのですが、相次ぐ故障に見舞われた不幸を、ギターで吹き飛ばす強い心の持ち主で、メキシコシティでプロレスとボクシングの修行に勤しむチェリー君をして、師匠と呼ばせてます。
彼がいたから、ボクは今ギターを抱えて旅にでています。
かさばって邪魔です。
 
彼がくれた本は、「ボブ・ディラン 自由に生きる言葉」。
何かボクに言いたいことがあるのでしょうか。
 

2009年5月30日(土)[アンダンテホステル5泊目/ブダペスト]

朝7時に起きて、朝飯にパンを食べて、宿の前の道を左手方向へ突き当たりまで歩き、バス通りのスタンドでおばさんからバスのチケットを買い、72番のバスに乗ってチケットを一枚使い、272番に乗り換えてチケットを二枚使い、ブダペスト郊外の「Red Baron」を目指すも、バス停から高速道路の反対側へ行く道がわからず、看板は見えるけど近寄れず、道なき道を、人なき道を彷徨いました。
ハンガリーの郊外は意外にも車社会で、歩く人には不親切です。
 
「Red Baron」のハンガリー法人の社長ペーター氏とスクーター(SUZUKIのバーグマン650cc)のレンタル契約と支払いについて打ち合わせしました。
高額なので支払いが難しいです。
例えば、社会主義の名残で小切手がありません。
簡単なのは日本のRed Baronへの振込みですが、グループ会社とは言え、組織的には簡単ではないそうです。
打ち合わせ後、スクーターに鞄がすれて傷が付かないように、後部の要所にボロ切れを巻いたりしました。
ペーター氏のレクサス(世界同時不況のおかげで、格安で手に入ったそうです。マッサージ機付き)に乗ってcitibankでスクーターの支払いのためのお金を下ろしましたが、20万円しか下ろせませんでした。
泥棒対策で、一日の引き出し限度額を下げているせいです。
citibankにSkypeして、一時的に限度額を50万円まで(これが限度です)引き上げました(引き上げ要請はネットでは受け付けてくれません。電話だけです)。
 
今年の一月、メキシコのペンションアミーゴで会った女の子と再会しました。
メキシコとハンガリー、世界は狭いです。
 
祐子は漫画「のだめ カンタービレ」に夢中です。
話し方も"のだめ"風になってきました。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 
朝→パン
昼→昨日と同じ、茄子とベーコンの和風パスタ
夜→鶏肉と白菜の水炊きを酢醤油で食べました

 

〈旅道具〉旅手帳と特製手帳カバー

 
Image1021.jpg
去年から旅手帳に、東急HANDSで買った6穴の安い、ちゃっちいリフィルというか、極小システム手帳を使っています。
ズボンのポケットに入れられる携帯性と、古い頁を取り外せる便利さが、旅手帳にはベストだと判断したのだけど、プラスチックの表紙がこれ以上ないくらい安っぽくて、恥ずかしくて人前に晒せないです。
で、東急HANDSで皮の切れ端を三百円くらいで買ってきて、イラストレーターの坂木君に、手帳カバーを縫ってもらいました。
なんでわざわざイラストレーターの坂木君に頼んだかというと、彼女が定額給付金でミシンを買ったからです。
おかげさまで、あの貧乏臭い手帳が、高級本革手帳に生まれ変わりました。
で、ついでに防水バッグの金具が壊れてたので、そちらの修理もお願いしましたが、生地が厚すぎて手縫いしたそうです。
すみません。
お手間をとらせました。

 

2009年5月31日(日)[アンダンテホステル6泊目/ブダペスト]

どんよりと薄暗い陰気な午前中、"ブダペストのシャンゼリゼ"と呼ばれる美しいはずのアンドラーシ通りをてくてく歩いてたら、すぐに雨が降り出しました。
雨かよ...
うつむいて、視線はほとんど足下の水たまりです。
英雄広場では何やら歴史的な民族衣装を着た騎馬隊みたいのが、馬に乗って駆けるアトラクションがありましたが、この雨の中、何が楽しいやらわかりません。
どんどん身体が濡れてきました。
蚤の市を探して、広場をぐるりと探し歩きましたが、見つかりません。
寒いです。
傘を持ってくるべきでした。
 
宿に帰り、ハンガリーの名産、カビたブドウのワイン、トカイ貴腐ワイン(トカイは地名です)をシェアして飲みました。
3番(甘さの番号です)だと、イマイチ甘くなかったです。
 
ところで毎晩500ミリリットルのビールを二本飲んでるのですが、ハンガリー産のビールがわかりません。
お店では、英語が通じません。
昨日はオランダ産、今日はドイツ産を飲みました。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 

朝→スーパーで買ったチーズパン
昼→知らない人から貰ったパン
夜→タイのアユタヤでホテルとレストランを経営しているプーさんの手料理。タイ風スープと野菜炒め。ハンガリーで食べるタイ料理、美味しかったです

 

2009年6月1日(月)[アンダンテホステル7泊目/ブダペスト]

二人ともベッドの上でしこしこと仕事です。
午後、ふらりと昼飯を目当てに英雄広場へ散歩。
民族舞踊を見たり、人ごみに揉まれたり、ピエロの酔っぱらいを隠し撮りしたり。
銀行でスクーターのお金を下ろす。
宿で仕事を再開。
 
宿でビールを飲みながら、フェンシングについて教わりました。
ここにはアジア三位で惜しくも北京オリンピックを逃した、パラリンピックの代表監督がいたりしたので。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 

朝→パン
昼→英雄広場の出店でハンガリー料理の「パプリカチキン」とか食べたら、日本円で2,500円もして驚いた
夜→鶏肉のソテーと茄子を焼いた

 

2009年6月2日(火)[アンダンテホステル8泊目/ブダペスト]

日本から祐子のバレリーナ仲間(東京おとぼけシスターズの一員)のナオちゃんが来てるので、彼女のHotelまで歩きました。
例によって軽く道に迷ってHotelに着いたら、「日本人は泊まってない」と言われました。
ま、そんなもんです、いつも。
どこにいるんでしょう、彼女。
 
ナオちゃんと三人で、ブダペストから北へ19キロ離れた14世紀頃から商業都市として栄えたセンテンドレという町へ、有料トイレの料金所のおっさんに「バスのチケットをください」ぐらいのボケをかましながら、地下鉄とバスを乗り継いで行って来ました。
ドナウ川のほとりの坂道と細い路地を散歩して、こんもりと盛り上がった高台に立つ家々の隙間から望むドナウ川は、森に囲まれててなかなかどうして雄大だったです。
空き地を見つけては「ここに家を建ててぇ...」なんて妄想で下半身を膨らませたりしました。
 
女性陶芸作家コヴァーチ・マルギット(ハンガリーの有名な芸術家です。もちろんここに来るまでしりませんでしたけど)の美術館を見学し、芸術について考えたりしました。
舟越桂氏の源流は、意外にコヴァーチ・マルギットだったりするんじゃないだろうか。
 
ヘレンドの妙に高額な陶器も見たりしました。
もちろんここに来るまでヘレンドなんて知りませんでした。
 
船で一時間かけてドナウ川を下り、中州に家を建ててぇ、なんて妄想に下半身を熱くしながら川の流れに身を任せ、ブダペストに戻って王宮を見学し、ドナウ川を撮影し、ブダペストの銀座と呼ばれる、っていうかボクらが勝手にそう言ってるだけですが、ヴァーツイ通りでハンガリー料理を食べました。
地下に広がるレストランはいい感じだったんですが、最後までボクら三人しかいませんでした。
 
宿に戻れば宴会でした。
平成生まれの女の子と飲むのは初めてで、彼女のお母さんはボクより三歳も年下です。
祐子は洗濯。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 

朝→パン
昼→ハンガリー料理の「パプリカチキン」、パプリカの粉末を牛肉と野菜で煮込んだシチュー「グヤーシュ」
夜→豚肉のステーキと昼にも食べたシチュー「グヤーシュ」

 

〈アミーゴ〉のりさんの消息


P5240301_.jpg
パソコンを買った電脳のりさん。
マットレスが思いっきりはみ出てますが、今日のベッドは片付けられています。
 
P5240309_.jpg
宿の玄関。
昼間は外出している人が多いので、靴が少ないです。
18ベッド、ワンルームです。
 
P5260316.JPG
サイケデリックな自転車に乗って、仕事にでかけました。
行ってらっしゃい。
 

〈写真〉2009年5月26日/江戸川橋のゲストハウスにて

2009年6月3日(水)[アンダンテホステル9泊目/ブダペスト]

仕事をしつつ、荷造りしました。
膨大な荷物の全部は、どうやらバイクに積めそうもありません。
急を要しないものは、カナダ人のLui氏から頂戴したスーツケースに詰めて、この辺(宿かバイク屋)に放置しときます。
どうせ、三ヶ月後に戻って来るので。

午後から仕事をしました。
夕食の買い出しをしたり、銀行でお金を下ろしたり。
 
祐子は荷造りに精を出し、ボクはビールとワインを飲みました。
 
いよいよ明日から移動です。
ヨーロッパ、爆走編です。
取り急ぎ、ゆっくりと北のスロヴァキアへ向かいます。
事故りませんように!
相棒は、SUZUKIのバーグマン650cc、大型のスクーターです。
ではでは。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 

朝→食べない
昼→茄子のスパゲティ
夜→グリコさんの特製手作り味噌で豚肉を焼く。ベリ美味

 

2009年6月4日(木)[ブダペスト/ハンガリー→バンスカ・スティアビニカ(と、発音するかどうかは知らない)/スロバキア]

7時に起きてシャワーを浴びて、荷造りをしてパンを食べ、バイク屋さんの「Red Baron」の今西さんの車で保険会社に立ち寄ってスクーターの書類を受取り、郊外にあるRed Baronへ。
目眩がするほど大量の荷物をSUZUKIのバーグマン650ccに積みました。
鞄のひとつが、ファスナが壊れて全開状態になってしまいました。
幸先悪し、ですが、いつもなにかしら、幸先はよくないです。
そんなもんです。
 
12時過ぎに出発しました。
いよいよヨーロッパ征服の第一歩です。
緊張して、手がカガチガチです。
スクーターの後部に荷物が集中しているので、前輪が軽くて心もとないです。
ギターがぐらぐら動きます。
10号線を北上して17号線に入り、富良野を拡大したような田園地帯をのんびりと走ります。
少し寒く、すれ違う車もほとんどなく、目障りな看板もなく、国境の町エステルゴムでドナウ川を渡ってスロバキアに入りました。
国境には使われなくなったゲートが錆び付いてました。
係官らしき人は一人もいません。
たった60キロ走っただけで、ヨーロッパ、二国目突入です。
感動、薄いです。
ときどき道に迷い、山越えをして、どんどん寒くなって、四方を山に囲まれた静かな町バンスカ・スティアビニカ(と、発音するかどうかは知らないです)で、キャンプ場を真剣に探さず宿をとりました。寒いからです。
ま、初日ですから力まず、自分に優しく、老身を労ってます。
スーパーでパンとかチーズとかを買って、今晩、明朝、そして昼食と三食を賄い、経費節減、清貧の旅とします。
宿には、鹿の角が星の数ほど飾ってました。
 
?本日の走行距離180キロ
?Internet→宿のレストランのWi-Fi(無料)
 

朝→パン
昼→ご飯にクラムチャウダーっぽい色したシチューをかけて食べたです(下の写真参照)。祐子はラザニアっぽい、パスタとチキンのグラタン
夜→パン、チーズ、サラミ、一見カニサラダっぽいもの


P6040546.jpg
 

〈三台目の相棒〉レンタバイクのSUZUKIのバーグマン650cc

 
P6040552.jpg
今回のヨーロッパ征服用に「Red Baron」のハンガリー営業所で借りたのが、SUZUKIのバーグマン650ccです。
ABS付き、2004年式、距離は22600キロ。
得意のシルバーウィングは、ぼやぼやしてたら売り切れちゃいました。
期間は半年間。
距離は25,000キロ以内ですが、三ヶ月しか走らないので充分です。
カナダでは三ヶ月間で17,000キロしか走れなかったです。
レンタル費は450,000フォリント (約212,500円。税金・登録・強制保険、ハンガリーの任意保険、重量税等を含む)。
デポジットとして1,300,000フォリント(約613,889円)前払いします。
返却時に大きな傷とかの修理費とその他とレンタル代を引かれて、デポジットが戻ってきます。
 
ハンガリーでは、SUZUKIのバーグマン650ccは珍しくないです。
シルバーウィングよりちょっと大きくて、シート下の収納が満足のゆとりサイズです。
それにしてもギターが落ちそうです。
 
では、ちょっくらヨーロッパのほぼ最北端、ノルウェーのノールカップまで行って来ます。
 

〈写真〉2009年6月4日/スロバキアの山にて

〈三台目の相棒〉スロバキアを走る

 
P6040547.jpg
高速道路を使うと国によって支払い方が違ってて面倒臭いので、一般道を走ってます。
だから、こんな↑風景をのんびり眺められます。
サークル式の交差点が多く、道路標識はこんなんばっかです↓
とりあえず嘘でも発音するのが難しいです。
 
P6040544.jpg
 

〈写真〉2009年6月4日/スロバキアにて

2009年6月5日(金)[バンスカ・スティアビニカ(と、発音するかどうかは知らない)/スロバキア→ラバ・ニスナ(と発音するかどうかはわからないです)ポーランド]

朝一、NHKの原稿を送りました
ボクは何気に働き者です。
 
さて、問題は外の雨。
行くべきか、留まるべきか、走るべきか、寝るべきか、レストランでコーヒーをずるずる飲みながらぐだぐだ悩みました。
まぁしかし小雨だし、長袖を着て、タイツを穿いて、首にマフラーをぐるぐる巻いて出発。
529号線のスーパー田舎道を北へ進み、1号線の予想外の高速道路は110キロ制限を守り、59号線の山坂を右に左に上へ下へ走りました。
だんだんと交通量が増えてきました。
薪割りをしてる翁、ユンボを運転するおっさん、電池が切れたような老婆。
昨日は初日にしてスロバキアへの国境を越えましたが、今日もポーランドへ突破です。
一日一国。ヨーロッパは想像以上に狭いです。
国境事務所は錆び付き、ゲートのバーは切断され、両替所は閉鎖され、人気のない怪談スポットでした。
ポーランドの国境を過ぎた町チョチョロウ(と発音するかどうかは知りませんが)は、ごついログハウスがかなりしつこく並んでたり、五重塔のような四階建ての大きな木造家屋が多く、切妻屋根が少々風変わりな景観です。

P6050579.jpg
でっぷりと肥えた牛たちは、パラグアイのあばら骨が数えやすいほど痩せた牛を思い出させました。
町中をロバが、人生に疲れたと言いたげにとぼとぼと歩いてました。
交通量の少ない住宅地を突き抜ける958号線から、28号線へ抜け、ラバ・ニスナ(と発音するかどうかはわからないです)の美しい丘の麓の宿に泊まりました。
英語は一切通じません。
ボクらはドイツ語を話せません。
暖房が入りません。
トイレのドアが閉まりません。
けど、新築です。
 
?本日の走行距離233キロ(合計413キロ)
?Internet→宿のWi-Fi(無料)

 

朝→昨夜の残りのパン
昼→ボクはポーク。祐子はチーズとベーコンのスープ。激美味!
夜→昨夜の残りのパン

 

〈三台目の相棒〉ポーランドに来た


P6060585.jpg
↑左手の家が、泊まった宿です。
一泊朝食付きで一人、10ユーロ(1,300円)は意外に安いです。
P6060587.jpg
バーグマンは運転席に三つのポケットがあり、そこそこ便利です。
股先の茶色の鞄には、重いテントや本を詰めて前後のバランスを取ってます。
寒くて、ちーっともキャンプをする気になれません。
っていうか、キャンプ場がないんですけど。
 

〈写真〉2009年6月5日/ポーランドにて

ハンガリーについて勉強したり、語ってみたり


P5300383.jpg
ヨーロッパ初体験がハンガリーだったので、ちょいと勉強してみました。
ままま、Wikiが多いけど勘弁してください。
 
ハンガリー人は、モンゴルから来た遊牧騎馬民族系なので、馬をお座りさせたりできます。
そういう観光地の写真を見ました。
 
過去の対戦成績ですが、モンゴル帝国に襲われたり、オスマン帝国とハプスブルク家に支配されたり、第一次世界大戦で負けたり、第二次世界大戦後、ソビエト連邦に全土を占領されたりしてます。
1949年、共産主義国家としてソ連の衛星国となり、冷戦時はきっちり共産圏だったです。
日本がバブルの最高潮だった1989年、体制転換してめでたく民主化。
EUに参加したども、通貨のフォリントが弱いので、ユーロ導入は未だならず、です。
今のジンバブエより惨いハイパーインフレを経験していて、最高紙幣は「1垓ペンゲー札」。
1OOO,OOO,OOO,OOO,OOO,OOO,OOOペンゲー。

長過ぎて読めません。
それでもパンすら買えないそうです。
 
ノーベル賞受賞者が多く(人口比)、ルービック・キューブを発明し、地下鉄はロンドンに次いで二番目、死にたくなるので有名な自殺歌「暗い日曜日」、電話交換機を発明してます。
海はないけど、海軍を持ってます。
その辺、ボリビアに似てます。
 
ボクらは名産の貴腐ワイン「トカイワイン」を飲み、パプリカをたっぷり使ったシチュー「グヤーシュ」を食べたけど、市場が休みだったのでフォアグラはまだ逝ってません。
ドナウ川を下り、王宮を散歩したけど、共産時代の恐怖政治を祭った「恐怖の館」へは行ってません。
名物の温泉にも入ってません。
まだやり残した事が多いです。
 
英語は通じないので、ハンガリー産ビールを探すのに苦労します。
ワインは100円くらいから飲めます。 
 

〈写真〉2009年5月30日/ブダペストの宿「アンダンテホステル」の近所にて

2009年6月6日(土)[ラバ・ニスナ(と発音するかどうかはわからないです)→オシフィエンチム(アウシュヴィッツ)/ポーランド]

ベーコン入りスクランブルエッグとコーヒーで朝食(昨夜、宿のおっさんに朝食込みと言われたけど、なんせ英語が通じないし、今朝はメニューを渡されるし、本当に無料なのか疑問の余地が大有りです)を済ませ逃げるように出発したのに、もう11時でした。
宿の娘さんの一人は恐ろしく無愛想なんですが、昨夜から今朝に至るまで空色のパンツがジーンズからはみ出てました。
 
28号線を一度南へ戻り、そのまま西進して44号線に入り、強制収容所のアウシュヴィッツで有名な町、オシフィエンチム(ドイツ語名がアウシュヴィッツ)へ。
町には着いたものの、強制収容所がどの辺にあるのかわかりません。
町の人に尋ねようにも、強制収容所って、英語で(あるいはドイツ語で)何て言うのかわかりません。
ガイドブックのない旅は、かように不便です。
下調べの足りないボクらは、かようにして途方に暮れます。
 
宿を探して昼飯も食わずに三時間ほど町中を走り回りました。
宿は満室か、高いか、ネットがありませんでした。
強制収容所に相応しい重い雲が立ちこめた、今にも雨が降りそうな冷たい風の吹く薄暗い天気でした。
 
スーパーで食料を買い、宿の共同キッチンで夕食を作り、ネットで明日の強制収容所の情報を集めます。
 
?本日の走行距離175キロ(合計588キロ)
?Internet→宿のWi-Fi(無料)だけど部屋では不可。リビングでケーブル可

 

朝→パン
昼→食べない
夜→グリコさんのお手製味噌で豚肉を焼いた