« 2009年01月08日(木)[ペンション・アミーゴ85泊目] | メイン | 2009年01月09日(金)[ペンション・アミーゴ86泊目] »

〈ルチャ・リブレ〉やっぱ生は気持ちいい/メキシコ


p 2009-01-08 17-32-40.jpg
メキシコのプロレス、ルチャ・リブレを馬鹿にしてたわけではありませんが、今日(2009年01月08日)チェリー君のデビュー二戦目を観戦して、こいつぁ面白いっ!と膝を打っております。
ポンッ!
会場はメキシコシティ郊外の路地。
地元商店街の特設会場みたいなもんで、ちゃちですが入場無料の砂かぶり席です。
試合が始まると、リングサイドで写真が撮れるわ(アリーナだとカメラ持ち込み禁止ですから嬉しいのです)、場外乱闘に巻き込まれるわ、レスラーの胸毛を触らせられるわ、レフェリーに日本人は目が細いと馬鹿にされるわ、子供達はリングのまわりを走り、犬も走り、迷子は泣き崩れ、おばちゃんはレスラーにペットボトルを投げつけ、ヤジに腰が入ってるわ、痰が絡んでるわで、観客もレスラーも逝くのは一緒、婚前一体、いや渾然一体。
やっぱ、生は最高です。
 
で、件のチェリー君なんですが、まだまだ照れくさそうです。
俺って強いんだぜぇっ!的な気合いというか迫力に欠けてまして、どちらかというと、へへへ...(苦笑)って感じです。
でも小気味いい技をさらりと決めるあたりは、ただ者じゃぁありません。
ダテに修行二ヶ月でサパティスタ民族解放軍が蔓延るこのメキシコで初舞台を踏んでるわけじゃないんです。
所詮、路上プロレスとあなどってたんですが、それがあんた、油断大敵でした。
ボクは完全に打ちのめされました。
レベル高っ!
です。
皆、演技派です。
エンターテインメントとしての演技ね。
ルチャ・リブレのお約束であるTecnico(テクニコ)って呼ばれる「正義の味方」と、Rudo(ルード)と呼ばれる「悪の帝国」との対決軸って、思えば日本の遊園地にやって来る仮面ライダーショーのようなもんで、勝ち負けにたいした意味はないんだな。
そんな境地に43歳にしてやっと辿り着きました。
遠かった...。
 
夜、宿でビデオを観て、いろいろと反省してたチェリー君。
次回、一皮剥けることでしょう。
早くも三戦目が決定してまして、今週の日曜日。
例によって会場は不明です。
 
ちなみに今回は入場無料だったので、ファイト料も無料だったそうです。
 

〈写真〉2009年01月08日/メキシコシティ郊外/メキシコ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/1134