|  Top  |  Menu  | 

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月1日(金)[Yukoロンドン17泊目/旦那一時帰国25泊目]

暇だから本を読もうにも、宿にはリビングもダイニングもなく、机も椅子もなく、ボクのベッドは陽が射さず暗いです。
テレビに前に座椅子が一脚ありますが、そこに座るほど度胸がありません。
読書不能で、悩ましいです。
しかたがないので暗いベッドの上でネットして(無料Wi-Fi)、お昼過ぎからパソコン類を抱えて外出。
玄関の鍵はいつも開いているので、宿にパソコンを放置しにくいです。
 
新宿まで散歩して、ネットカフェで暇をつぶして、35.5キロ先の横浜駅へ湘南新宿ライン。
YさんとWさんとシェラトンのバイキング。
ローストビーフを久しぶりに食べました。
歳の離れた夫婦と、海外の家出先と、韓国の垢擦りでおっさんに珍瑚を洗われたことと、犬が罹る血液の病気で死んだ友達の話をしました。
そして一杯。
Yさんからお土産に靴下を頂いたけど、本来、お土産は旅人のボクが渡すものかもしれません。
ふらりと新宿二丁目の「ふらて」で一杯。
 
昼食/すた丼屋のしょうが焼き丼750円
バイキングとビール8,000円
カフェ900円
ネットカフェ160円+1,200円
ふらて1,600円
 
朝→食べない
昼→早稲田通り沿いのすた丼屋のしょうが焼き丼
夜→横浜高島屋隣のシェラトンのバイキング

 

2009年5月2日(土)[Yukoロンドン18泊目/旦那一時帰国26泊目]

天気はいいけど、お友達がいません。
天気はいいけど、洗濯は気が進みません。
天気はいいけど、ボクのベッドは薄暗いです。
キッチンはありますが、食卓がありません。
新宿から早稲田というのは、意外と散歩に悪くない距離なんだけど、「つけ麺屋」が多すぎます。
興ざめしてます。
「えぞ菊」の入り口に「つけ麺」の張り紙を目撃し、
「とうとう、お前もか...」
と、ボクはなで肩になりました。
 
馬場口交差点の三ツ矢製麺所の「つけ麺処 三ツ矢」の野菜つけ麺を食べ、そのあまりの駄目駄目ぶりに、つけ麺からの引退を決意しました。
もう、つけ麺、楽しくないです。
決別です。
 
宿で梁石日「闇の子供たち」を見つけ、僅かな明かりを頼りに読み始め、あっさりと昼寝。
 
明日、床屋へ行きたいです。
 
ネットカフェ2,900円
昼食/三ツ矢880円
洗剤104円
 
朝→食べない
昼→三ツ矢製麺所の「つけ麺処 三ツ矢」の野菜つけ麺
夜→食べないで寝た。体質が変わったのか、生まれ変わろうとしているのか。生まれ変わったのか。晩飯を食べないで寝るなんて、なんてこった

 

2009年5月3日(日)[Yukoロンドン19泊目/旦那一時帰国27泊目]

ロンドンの祐子は、ロイヤルフェスティバルホールで、ロンドンフィルのラフマニノフのシンフォニー3番とかを聴いたりしてるそうです。
よくわかりませんが、動きがマダムっぽいです。

一方、東京のボクは、宿の小汚い屋上で洗濯しました。
薄暗いベッドで読書しました。
夕方、新宿まで散歩しました。
学生のようです。
ビックカメラで新しいデジカメ選び。
パナソニック「DMC-GH1」が有力候補です。
 
たぶん元佐渡ヶ嶽部屋の力士の床屋で、散髪。
退屈なのでネット喫茶に逃げました。
 
洗濯機100円
昼食/えぞ菊750円
床屋900円
夕食/光麺食堂750円
ネットカフェ/アプレシオ300円
 
朝→食べない
昼→えぞ菊の味噌ラーメン
夜→光麺食堂のチンジャオロースー定食

 

2009年5月4日(月)[Yukoロンドン20泊目/旦那一時帰国28泊目]

ロンドンの祐子は、本日開店の新しい宿に引っ越して、コロンビアの巨匠ガルシア・マルケスのソーセージのようによく売れたと言われる「100年の孤独」を読み(誰かがすごい好きだと言ってた気がするけど誰だっけ? あすかちゃんかな)、ロイヤルバレエを観に行くそうです。
 
ネットカフェから朝帰り。
新宿から早稲田まで歩き、宿で昼寝。
楡周平の「クレイジーボーイズ」を読んでるけど、あまり面白くないです。
「100年の孤独」を読みたいです。
 
デジカメは、可動式液晶モニターで(自分撮りができるから)、比較的ボディが小さいのを狙ってます。
松下電器産業の「LUMIX DMC-L10」。
オリンパスの「E-620」。
ニコンの「D5000」。
 
「タ?ウンタウン カ?キの使い DVD Vol.3」
「【TV】めちゃイケ『真夏の衝撃映像スヘ?シャル?』(2008年08月02日)」を観る。
 
ネットカフェ/アプレシオ3.240円
夕食/ラーメン750円
 
朝→食べない
昼→食べない
夜→早稲田駅横の北海道味噌ラーメン

 

2009年5月5日(火)[Yukoロンドン21泊目/旦那一時帰国29泊目]

新宿から延々歩いて、雨がしとしと降ってまして、早稲田通りの団子屋さん「伊勢屋」の行列に並び、柏餅を買い、初台に着いた頃はジャン降り。
元女優で和服美人のGさん家で、お昼をコースでご馳走になりました。
艶っぽく屏風を立て、膳に横たわるイワシの一夜干し。
Konishirokuの二眼レフと串田和美と国本武春と火鉢。
ヨーロッパの古いコインとすもも酒と女優の青春。
ボクはお金持ちになると、Gさんに古民家を買う約束をしていますが、どうすればお金持ちになれるのかわからず、お待たせしてます。
 
可動液晶モニターで広角レンズを買い増しするのは現実的ではないとわかり、今日の注目デジカメは、Canonの「PowerShot SX10 IS」 です。
楽天で買うと、大容量SDカード2GBと、液晶保護フィルムがついてきます。
 
とうとうシャンプーを買いました。
じゃ、今までどうしてたかと言うと、ひたすらごしごし洗ってました。
頭って、ごしごしするだけでは、すっきりしないもんだと知りました。

ネット喫茶で、細野不二彦「ダブルフェイス」
早稲田まで歩いて帰る。
雨の深夜、静かでした。
 
傘(750円)、ジュース/FamilyMart979円
草もち等580円
ネットカフェ/アプレシオ1,180円
ラーメン780円
シャンプー/99円ショップ104円

朝→食べない
昼→GさんのGさんによるコース料理
夜→トマトラーメン。サービスご飯。悩んだときは、普段選ばない物を選ぶの精神で、トマトラーメンを食べましたが、不味くはないけれど、もう一度食べる気にもなれません
 
 

2009年5月6日(水)[Yukoロンドン22泊目/旦那一時帰国30泊目]

9時過ぎに目覚め、横たわったままベッドの上でパソコンを開きました。
同室の他の二人もパソコンをいぢってます。
薄暗く狭い部屋に引きこもる中年男子三人。
暗い図柄です。
 
けっこうな雨の中、新宿小田急HALCまで歩いたら、ぐちょぐちょになりました。
HALCの中のビックカメラでデジタルカメラ探しです。
昨日、人気急上昇のCanonの「PowerShot SX10 IS」は店員の「CCD(撮像素子)が小さい」の一言で、すっかり嫌になりました。
デジカメは画素数よりも、撮像素子(CCDやCMOS。銀塩カメラのフィルムに相当する部品)が重要だそうです。
そうするってーと、松下電器産業の「LUMIX DMC-L10」かな。
 
銀座の海鮮しゃぶしゃぶを相馬君にご馳走になりました。
相馬君32歳。
二十歳のときからの付き合いで、途中髪を染めたりした積み木崩し時代もありましたが、もうすっかり立派な熟女です。
具合が悪いと言って、さっさと帰ってしまいました。
そんな薄情な相馬君が手にしてたのは、買ったばかりのデジカメ、オリンパスの「E-620」。
人の物は良く見えます。
明日は「LUMIX DMC-L10」と「E-620」の対決です。
 
朝→食べない
昼→食べない
夜→銀座で海鮮しゃぶしゃぶをご馳走になりました

 

2009年5月7日(木)[Yukoロンドン23泊目/旦那一時帰国31泊目]

早稲田の宿をチェックアウトして、御苑の事務所へ。
仕事してから、新宿のビックカメラへ。
今日こそ、デジカメを買いまする。
店員のお薦めに素直に従い、懸案のデジカメはOlympus E-620に決定。
ボディとレンズを二本買いました。
小さくて軽いから。
可動式液晶モニターだから。
松下電器産業の「LUMIX DMC-L10」より、画像が綺麗だと言うから(←信じてます)。
Olympusはトップメーカーでない分、頑張ってると言うから(←これ、効いたです)。
交換レンズがニコンの「D5000」より安いから(←これが一番の理由かな。とにかく広角がほしいのです)。
店員のトークに嫌味がないし、わかりやすかったから(暇だったら、ビックカメラの社長にお礼状を書きたいくらいです。暇ですけど)。
聞けばこの店員、前日の木曜日には、相馬君に同機種を売りつけた人でした。
やるね、あんた。
カリスマ?
 
大屋氏と美人流行翻訳家M女史と神谷町で飲む。
何を話したんだか、今となっては全然思い出せないです。
ボクの頭の中の話ですが、RAMからHDに保存しないうちに一度寝たからです。
深夜、ゴールデン街でふらふら歩いてた土江氏と合流。
ゴールデン街のマイケルジャクソン氏と一年ぶりに遭遇。
知らない女性三人と、生サックス生ギターカラオケ「向日葵」で、熱唱。
土江氏、いきなしの中島美嘉の「雪の華」。
ボクが歌いたかったです。
歌えないけど。
交通事故で金玉が危ういゴールデン街のマイケルジャクソン氏も相変わらず飛ばしてました。
ぜひ芸能界にデビューしてほしいです。
一発屋でもいいじゃないですか。
ボクは背伸びしてジャニス・ジョプリンの「ミー・アンド・ボビー・マギー(Me and Bobbie McGee)」に挑戦しましたが、玉砕されました。
百年早かったです。
女性三人、最後まで誰だかわからなかったです。
明るくなりかけた早朝4時、御苑の大家氏の事務所で仮眠しました。
 
昼食650円
居酒屋5,000円
カメラ等一式/ビックカメラ164,994円
 
朝→食べない
昼→生姜焼き定食
夜→神谷町の居酒屋

 

2009年5月8日(金)[Yukoロンドン24泊目/旦那一時帰国32泊目]

歌舞伎町の「向日葵」で"生"カラオケして、深夜の3時半ごろ御苑の大屋氏の事務所に忍び込もうとしたら、ビルの一階のドアが施錠されていて、途方に暮れました。
 
早朝5時、新宿西口前まで重い鞄を担ぎながら歩き、リムジンバスで羽田空港へ。
7時25分発のSKYマーク603便(7,800円。安いですね)で、旭川へ飛びました。
第二の故郷(ここに住んだことがないから、第一ではありませんねん)、東川に到着。
母に、旅ズボンの金属金具を取り外させ(空港の金属チャックで必ず引っかかるから)、簡易ベルトを縫いつけさせ、クツ袋を縫わせ、その他いろいろと繕い仕事をさせました。
親孝行です。
ワインとビールと親と妹、甥の大ちゃん。
南米最南端のウシュアイアで管理人でもしてみたらと薦めましたが、老夫婦はそれなりに忙しいようです。
 
お土産ビッグバード1,260円
リムジンバス1,200円
 
朝→食べない
昼→ラーメンと豚ドン
夜→父による鯛のカルパッチョ(我が家にカルパッチョなるものが上陸しているとは!)。そして刺身

 

2009年5月9日(土)[Yukoロンドン25泊目/旦那一時帰国33泊目]

一家総出で糠平温泉へドライブ。
糠平湖は人造湖なれど、風化して角が丸くなった風情ある眼鏡橋「タウシュベツ川橋梁」があったりします。
国道には鹿が、橋には蛇が、道路標識には「熊出没注意!」と、日本のアラスカです。
昭和6年開業の由緒正しい「中村屋」に投宿。
糠平温泉の全ての宿が平成19年に源泉掛け流し宣言をしたそうで、どういう意味なのかよくわかりませんが、お湯が熱かったです。
露天風呂から、鹿が見えました。
サウナは壊れてました。
 
朝→鮭
昼→味噌ラーメン
夜→温泉宿「中村屋」のフランス料理風、山の幸

 

2009年5月10日(日)[Yukoロンドン26泊目/旦那一時帰国34泊目]

朝起きて温泉に入り、朝飯食って温泉に入ってます。
新しいカメラを持って来たけど、SDカードが使えませんでした。
オリンパスはxDカード(あるいはCF)なんですね。
微妙なメーカーって、こういうとこ微妙です。
日本一広いナイタイ高原牧場へ寄り、コーヒー牛乳とアイスクリームとたこ焼きを食べて十勝平野を眺め、富良野経由で東川へ戻りました。
ずいぶんと雪が残ってました。
 
朝→宿の朝食バイキング。これはけっこう美味い
昼→子羊のカレーライス
夜→すき焼き
 

<旅道具>新しいデジカメを買った/Olympus E-620

やっとこさ、デジカメを購入しました。
Olympusの一眼レフ、E-620です。
先月、賃貸に出しているマンションのエアコンを買い換えたので、ポイントが貯まってたビックカメラで買いました。
 
店員にお言葉に従って、まず普通に買ってポイントをガッチリ貯めます。

本体80,500円
→標準セットのレンズの広角は28ミリとしょぼいので、Bodyのみです
→今は15%のポイントが付くので、ちょっとお得です
広角レンズ(ZUIKO DIGITAL ED9-18mm/F4-5.6)59,600円
→旅は広角です
紐付きレンズキャップ520円
→これは必需品です。ときどき紐が写っちゃうのは愛嬌です
ワイヤレスリモコン2,480円
→欲しかった一品です
→自分撮り用です
レンズフィルター3,460円
予備バッテリー5,880円
→これまた旅の必需品です
小合計152,440円
 
次にポイントを使います。
望遠レンズ(ZUIKO DIGITAL ED70-300mm/F4-5.6)39,900円
→これは昔風に換算すると600ミリです
三脚(ゴリラポッド)1,980円
→祐子の要望です
images.jpg
 
小合計41,880円
29,326円分のポイントを差し引き、

支払いは12,559円
 
古いデジカメの下取りが10,000円
だから結局、合計は
156,499円になると思います。

ボクのデジカメの希望は、

一、可動式液晶モニター
e620_013.jpg
一、広角レンズ
→旅には広角!
一、小さくて軽い

です。
 
で、ビックカメラの店員のトークは、
一、松下電器産業(って言わないか、Panasonic)の「LUMIX DMC-L10」より、画像が綺麗
→心が揺れました。ジャブを食らった気分です
一、カメラのトップメーカーでないOlympusは、頑張ってるそうです
→これ、効いたです。
一、交換レンズがニコンの「D5000」より安い
→予算的には、これが一番安い。思い起こせば、小田急ハルクの店員のアドバイスは、間違ってたです

 
ついさっき知った軽くショックなこと。
一、xDカードなので、カードリーダーが使えません。
→コンパクトフラッシュを使うことになります

 
ネットで勉強した特長
一、7点測距で、左右端の2点がライン、残りの5点はクロスというのがスゴイらしいです。キヤノンEOS Kiss Fのほうが、測距点のカバーエリアがやや広いそうだけど、いいです。そんな細かいこと
一、ワンタッチで測距点が切り替えられる。まだ意味がわかりません
一、手ブレ補正機能内蔵。このお陰でレンズが安いそうです
 

2009年5月11日(月)[Yukoロンドン27泊目/旦那一時帰国35泊目]

ロンドンの祐子は、りょう君とかおるちゃんの家に戻り、厄介になってます。
NHKの原稿を書いたり、りょうくんお勧めDVD「パリ、テキサス」を観たり、焼肉と野菜炒めを叙々苑のタレを食べたり、何かのコンサートとか、ロンドン・アイ(巨大観覧車)とか、リッチモンド公園内のイザベラ・プランテーションとか、行ったり予約したりしてるそうです。
 
一方ボクは、北海道の東川で朝の6時半から朝食です。
田舎の朝は早いです。
仕事をしようとしたら過去のデータが開かなかったので作業できず、とりあえず昼飯にスパゲティを作って振る舞いました。
昼寝もしないのに、家の中をうろうろしているだけで、一日が終わりそうです。
ここは、一日16時間ぐらいしかないんじゃないだろうか。
キッチンの外は、雨のように桜が散ってます。
まさに、桜吹雪が風に舞う。←新宿のラーメン屋の名前です。
 
坂木君へMacの返却代金二万円を支払った(←今頃、思い出したです)
トマト、粉チーズ、ベーコン/ホクレンショップ1,181円
 
朝→鮭
昼→トマトとベーコンのスパゲティを作りました
夜→東川随一の居酒屋「りしり」で親兄弟を相手に飲む

 

2009年5月12日(火)[Yukoロンドン28泊目/旦那一時帰国36泊目]

今朝も6時半から朝食です。
田園の朝は早いですから。
北海道のどっかで開催している、佐伯祐三展が見たいです。
佐伯祐三の郵便局員は、かなりキテマスから。
朝っぱらから、一家で写真を撮りました。
最後の写真にならないことを祈りながら。
仕事をして、荷造りをしました。
以前のデジカメはズボンのポケットに入ったけど、今度のOlympus E-620はそうもいかないので、カメラバッグをネットで探しました。
希望は小さくて軽くて安いの、です。
候補は、
一、カタ エルゴテックシリーズ フォーマット format Q ウェストパック KT A53Q
一、エツミ カルディナワンショルダー ETM-E-3374
 
17時45分のSKYマーク便で東京へ(8,800円。安いです)。
早稲田の宿のチェックインに間に合わず、ネットカフェで寝ます。
っていうか、こっちのほうが、もはや快適です。
漫画「宇宙兄弟」
 
温泉宿泊、居酒屋、その他外食代として50,000円
その他20,000円
リムジンバス1,200円
夕食/ハナマサ960円
 
朝→鮭
昼→チャーハン
夜→ハナマサステーキ。肉が硬いです。とても

 

2009年5月13日(水)[Yukoロンドン29泊目/旦那一時帰国37泊目]

御苑の事務所へ。
仕事、一藝社で色校正。
坂木君、浦郷君と昼食。
仕事。
ヨドバシカメラ新宿西口本店でカメラバッグを探しました。
ショルダーはなで肩には辛いから、タスキ掛けですかね。
 
浦和の幹書房を訪問し、お寿司をご馳走になり、ここは本当に浦和なのか!?と驚かせてくれたステキなBARで一杯。
社長ご夫婦のリタイア後は、ぜひ南米へ引きずりこみたいです。
リタイア後の海外長期滞在を勧誘してます。
ひとつ、移住はリスキーなので、やめましょう
ふたつ、物価の安い国で長期滞在
みっつ、半年に一回帰国するくらいが、ストレスなく楽しめます
よっつ、現地でほんの少し日本の仕事をすると、いい塩加減です
 
ネットカフェに泊まりました。
もうこれがデフォです。
 
ネットカフェ/アプレシオ2,000円
昼食/850円
調味料入れ/tokyuhands/168円
下着袋/tokyuhands/954円(調味料入れと合計で1,113円)
松屋のカレーライス440円
 
朝→食べない
昼→日替わり麺と半チャーハン
夜→関社長よりお寿司をご馳走になり候
深夜→松屋のカレーライス
 
 

2009年5月14日(木)[Yukoロンドン30泊目/旦那一時帰国38泊目]

ネットカフェでシャワー。
脱衣所が広くて快適です。
シャワー代300円に、お風呂セット(シャンプー、ボディソープ、髭剃りソープ、髭剃り、クシ、タオル、スポンジ)が付いてくるからお得です。
体重計に身長172センチ、44歳、住所不定、ほぼ無職とデータをインプットして乗りました。
体脂肪18.6%でした。
この身体、逝けてるでしょうか。
御苑の事務所で仕事。
ヨドバシカメラ新宿西口本店で、カメラバッグを購入しました。
タスキ掛けショルダーのこれ↓
31tcYfavFqL._SL160_AA160_.jpg
軽くて小さいです。
  
修理に出していた祐子のカメラ(RICOH CAPLIO GX100)を引き取る。
修理代12,600円は、ヨドバシ延長保証のお陰で無料になりました。めでたし。
 
青山のクリエイティブディレクター(そう呼ばないと怒られるんです)、釣り好きの清水君と呑む。
清水君は75平米の新築マンションで一人暮らしをする独身平民です。
資源の無駄使いです。
締めに食べたカレーラーメンが美味しかった気がします。
御苑店で食べたカレーつけ麺は、逝けませんでした。
 
青葉台泊。
 
ネットカフェ/アプレシオ2,300円
昼食/味の時計台ラーメン750円。脂7割のチャーシューが食べられなかったです
カメラバッグ/ヨドバシカメラ4,875円
居酒屋5,000円←割り勘だけど、たぶん清水君の方がたくさん払ってます。
 
朝→食べない
昼→味の時計台ラーメンで醤油ラーメン
夜→清水君と青山一丁目のカレー関係の居酒屋もどきで、呑む

2009年5月15日(金)[Yukoロンドン31泊目/旦那一時帰国39泊目]

7時起床。
東急バスで青葉台駅へ、田園都市線に乗り換えて中央林間へ、小田急江ノ島快速急行に乗り換えて大和へ、相鉄線急行に乗り換えて二俣川へ、バスに乗り換えて運転免許センターへ。
ロールプレイングゲームのようでした。
運転免許証が来年早々に切れるので、早めの更新です(3,600円)。
ついでに国際免許証を再発行しました(2,650円)。
最近の免許証は、ICチップ入りなんですね。
異常に混んでて、けっこう疲れました。
 
青葉台で明日の結婚式の準備と荷造り少々。
 
江戸川橋のゲストハウスへ引っ越し(一泊1,400円)、社会復帰したキリルの怪人、のりさんと再会。
御苑の事務所で、修行中のukkyと懇談。
須山君を交えて軽く呑む。
須山君はどうやら顔の印象と性格が違うようです。
天使のような笑顔(誇張してます)に、ほにゃららら。
そんな彼女にご馳走になりました。
文句を言うわけではありませんが、奢ってくれるときは最初に申請してください。
割り勘だと思って遠慮してましたから。
 
ビッグカメラで古いデジカメを下取りしてもらい、1万円ゲット!
 
敷き布団に布団カバーを掛け布団にシーツを巻いてあるけど、面倒だからそのまま寝ます。
枕はたたまれた薄い座布団です。
 
免許証更新3,600円
国際免許証2,650円
pasmoカードチャージ3,000円
SDカードと祐子のカメラの予備電池/ビックカメラ3,234円
昼食/ラーメン750円
夜食の弁当と水/FamilyMart495円
宿代14,000円(10泊分)
 
朝→食べない
昼→ラーメン
夜→須山君にご馳走になる
夜食→コンビニのたらこスパゲティ。夜中にこんなに食ってちゃ駄目だ、駄目だ

 

2009年5月16日(土)[Yukoロンドン32泊目/旦那一時帰国40泊目]

ボクが昔いたデザイン事務所、TYPEFACEの堀さんと二ノ君の結婚式に出席しました。
事務所開設以来初めての社内結婚なので、嬉しいです。
新郎の二ノ君は、面接時に面接を担当した新婦に目を付けたので、仕事と嫁の一挙両得、二兎を追って飛車角を取ったようなものです。
青山ラピュタアネックス8Fチャペルで、賛美歌312番と430番を歌って、写真を撮りました。
披露宴会場の受付手前でご祝儀袋がないことに気づき、コンビニに走りました。
生意気にも乾杯の音頭をとり、その時、衆人の前でメキシコ帰りであることを告白しましたが、皆さん、ドン引きしてくれたでしょうか?
会場の青山ラピュタガーデンの9階からの眺めは最高ですが、プールに飛び込むと30万円の罰金だそうです。
トラップ込みの披露宴です。
麻布十番で二次会。
新婦はスナックのママ風、新郎はバーテンダーのようにステキでした。
お釜に扮装した青年たちの寸劇を堪能しました。
三次会にちょこっと顔だして、江戸川橋のゲストハウスに帰宿。
11時就寝なので、18ベッドが並ぶ部屋は真っ暗闇でした。
 
ご祝儀袋と筆ペン/FamilyMart631円
新郎新婦から交通費を頂き、もしボクのご祝儀の方が少なかったらどうしましょうと、恐縮してます
 
朝→食べない
昼→披露宴のコース料理
夜→二次会の料理

 

2009年5月17日(日)[Yukoロンドン33泊目/旦那一時帰国41泊目]

祐子が荷物整理したら、23キロが二つになったそうです。
合計46キロ。
ロンドンに着いたときは重い荷物に振り回され、まっすぐに歩けず、そんな自分が可笑しくて笑いながら歩いたそうです。
さぞかし不気味だったことと察します。
祐子はりょう君とかおるちゃんの家で、ブログのMT4の研究をし、ひよこ豆を茹で、「ガラスの仮面」を読んでます。
ロンドンはすごく寒いそうです。
 
一方、江戸川橋のゲストハウスに引っ越したボクは、天狗の住む高尾へ遊びに出かけました。
旅人との同窓会です。
小雨降るcafe Toumaiの庭に集まったのは、高木君とのんちゃん、カリスマケンちゃんことカリケン、とその相棒、じゅんこさんとコーイチロー隊員です。
折りたたみ傘を持って出かけましたが、cafeに着いたころには失くなってました。
傘すら満足に持てない無能さは、ボクのどこからやってくるのでしょうか。
 
夜、試しに新宿から江戸川橋まで歩いてみました。
時計を見てなかったので何時間かかったのかわかりませんが、ちょいと涼しいけど気持ちのいい散歩でした。
暇人ってのは、いいものです。
 
晩飯は散歩中に、御苑近くで「肉屋がはじめた定食屋 正直な食堂」で食べました。
店員の説明を聞くまで知らなかったけど、このお店、カウンターに並んだホットプレートを使って自分で焼いたり、煮たりしなければなりません。
人前で肉をひっくり返したり、かき混ぜたり、タレをかけたりするのは、微妙に恥ずかしいです。
普段人様に披露してない行為は、どこか手順が違っている気がして、知らない人に指摘されたらどうしようと、無駄に手に力が入ります。
たかが850円の定食で緊張するとは、ボクの負けです。
 
cafe Toumai/3,000円
夕食/正直食堂の生姜焼き定食850円
pasmoのチャージ3,000円
 
朝→食べない
昼→cafe Toumaiのカレー
夜→「正直な食堂」の生姜焼き定食

 

祐子の写真ブログ「写記写記ポリンキー」が久しぶりに更新!

 
a0077592_23335829.jpg
祐子のデジカメが壊れたので、ボクが日本で修理に出しました。
というわけで、祐子がいま使っているカメラは、SONYのインターネット端末mylo(マイロ)です。
ときどききちんと写り、ときどきボケ、ときどき微妙です。
そんなカメラで撮った、祐子の写真ブログ「写記写記ポリンキー」はこちら→
ロンドン生活編です。
 
写真は豚インフルエンザの巣窟、メキシコのペンションアミーゴの一コマです。
※ペンションアミーゴに豚インフルエンザがいるわけじゃないですよ、念のため。
右から女の子にモテモテのコージ君、次に旅立つカリケンから役萬をあがったトモさん、三番目がお釜にモテモテのRタロー君、一番左が誰だかわかりません。
誰さ?
このショットを見てると、皆、いい奴じゃん、って泣けてきますた。
祐子と遊んでくれてありがと。
感謝してます。
それにしても、巣窟にしか見えない。
 

2009年5月18日(月)[Yukoロンドン34泊目/旦那一時帰国42泊目]

午前中、宿のベッドの上でシコシコとネット。
ちょっと首を伸ばすと、キリルの怪人のりさんも何やら怪しげに、ネットしてました。
のりさんは何をしてても不審です。
昼から御苑の事務所で仕事。
そしてメールでラフ出し。
夕方、最後の歯医者通い。
 
そして中野の肉刺専門店「久遠の空」で一杯。
っていうか、開店から閉店まで居座りました。
一発目、レバ刺し、でかくてぬるぬる、ニンニク醤油でたまりませんです。
二発目、ナンコツ刺し、初めて食べたけど、コリコリとポン酢がGoodです。
「三丁目伝説のつくね」は、でかいわ、卵の黄身だわ、美味いわ、です。
モツ煮込みとか、ワインをデキャンタでぐいぐいとかいろいろです。
体脂肪20%、ウエスト××センチ、婚活中の銀座の美人にご馳走になりました。
いつもいつもすみません。
このご恩は、ウエストのサイズを伏せ字にしたことで、許して下さい。
 
昼食/御苑の大勝軒650円
歯医者690円
ネット320円
夜食/FamilyMartおにぎり、鶏節の冷やし醤油らぁ麺660円
 
朝→食べない
昼→御苑の大勝軒で、禁じ手にしてたつけ麺を食べてしまった。大勝軒は、御苑と言えども美味いです
夜→中野の肉刺専門店「久遠の空」で、婚活中の銀座の美人にご馳走になりました
夜食→FamilyMartおにぎり、鶏節の冷やし醤油らぁ麺660円。泣きたくなるほど、不味かったです。夜中にこんなの食べてちゃ駄目だよ、と心の声がしました

 

2009年5月19日(火)[Yukoロンドン35泊目/旦那一時帰国43泊目]

K出版のA氏に昼食をご馳走になり、ドトールとかじゃない古き良き時代の本当の喫茶店で、企画の打ち合わせとかしたりして。
今年は物価の高いヨーロッパなので、少し稼ごうかと企んでます。
M氏の仕事場で、一本軽く装幀。
夕方、cafe La BohemeでS君と打ち合わせ。
その後、四谷三丁目のベトナム・サイゴン料理「ティン・フック」で軽く飲み食い。
23時の就寝後、真っ暗闇の宿のベッドの上で、パソコンを覗いてました。
 
飲み食い/ティン・フック4,809円
コーヒー/ラ・ボエム920円
コーヒー/KIKUNOYA760円
 
朝→食べない
昼→焼き魚定食をご馳走になりました
夜→四谷三丁目のベトナム・サイゴン料理「ティン・フック」。珍しくご馳走しました

 

2009年5月20日(水)[Yukoロンドン36泊目/旦那一時帰国44泊目]

旅立ちまで、あと7日です。
ひとりで飛行機に乗れるだろうか、緊張してきました。
27日、ハンガリーへ飛びます。
 
コインランドリーで洗濯。
二十代の後半勤めてた、麹町の中経出版を訪ねました。
常務に生姜焼き定食をご馳走になりました。
 
御苑の事務所で仕事。
新宿で六人で呑んで、皆にご馳走になり、「醤油」のtatooを披露しました。
資格を取った人、禁煙した人、子供のお受験。
 
コインランドリー400円
夜食/FamilyMart440円
 
朝→食べない
昼→常務に生姜焼き定食をご馳走になりました
夜→新宿でご馳走になりました
夜食→コンビニのスパゲティと水。だから寝る前にこんなの食べてちゃ駄目だ、と思う

 

2009年5月21日(木)[Yukoロンドン37泊目/旦那一時帰国45泊目]

ハンガリーに飛びたつのは、6日後の27日です。
ちょと、わくわくしてきました。
 
朝から宿のベッドの上で、ネットをしました。
隣近所の皆さんも、ベッドの上でネットをしてます。
いったい朝から何をそんなにネットをせねばならんのか、不思議です。
 
昼、新宿二丁目の行列のお店「安芸」で、グリコさんと金目鯛の煮付け定食を食べ、河岸をかえてコーヒーを飲みました。
黄色いカウンタックにナンパされた輝かしい過去を持ち、占いによると人生はまだ「さなぎ」だそうですがボクの診断では老眼が疑われ、グリコさんの特製味噌を頂きました。
味噌は、ヨーロッパに持ち込みます。
 
御苑の事務所で仕事をしてふらりと新宿通りにでれば、懐かしい昔の職場の先輩、W氏、今やただの日本橋のおっさんですが、ばったり出会いました。
仕事中に散歩してたそうです。
コーヒーを飲んで、馬鹿笑いしました。
自身の結婚式で突然尾崎豊の「I LOVE YOU」を歌いだしたW氏は、ときどき新宿東口交番の前で寝たりするそうです。
交番の前なら親父狩りに遭わず、安心ですね。
 
新橋で出版界のお偉い方々にご馳走になりました。
隣の銀座では、お水の方々がたくさん闊歩しておりました。
どなた様も背が高くて足とスカートが長くて背筋が伸びてスラリとして、お金を持ってそうなおっさんを従えて、自信たっぷり、お尻ぷりぷり歩いてます。
スカートが極限まで短くて太ももの太い猫背の歌舞伎町とは世界が違います。
ボクはそんな歌舞伎町に一票。
 
祐子のカメラの予備電池/ビックカメラ3,036円
昼食代/安芸1,680円
PASMOのチャージ3,000円
 
朝→食べない
昼→新宿二丁目の行列のお店「安芸」で、グリコさんと金目鯛の煮付け定食840円也
夜→新橋でご馳走になりました。ついつい酔っ払ってしまいました
 

意外に続いたけど、止まってる「旅々友々」...


ピクチャ 5.png
ボクの旅は基本的に暇なので、くだらない事や役に立たない事を中心に無益で無駄な空想や妄想に耽ってまして、アルゼンチンのカラファテではアイデアマンのやす君とプログラマーのダイスケ君の頭脳が加わったこともあり、「旅々友々(たびたびゆうゆう)」なるものができました。
ボクは何もしていないけど...
2007年3月の頃です。
 
↓こちらです。
http://www.tabitabi-project.com/youyou/
 
旅人による、旅人の写真で繋ぐ「友達の輪」です。
旅先で出会った人と写真を撮って、別の旅人とまた写真を撮って繋げる、「友達(旅人)の輪」のホームページ版です。
一等最初の写真は、ボクと祐子です。
次に、ボクとテラさん。
そのテラさんがダイスケ君と。
ダイスケ君はやすやす君と、という風に繋がって行きます。
タビフーフとか有名人も出演してます。
で、あれから二年ちょい経ちまして、久しぶりに「旅々友々」を覗いたら、2009年2月7日、奇しくもボクの誕生日にイエメンで止まってました。
ま、ここまで続いただけでも奇跡かもしれないです。
でも、もうちょっと奇跡が続いてほしいです。
っていうか、この最後の青年、ノブさんって、あのノブさんじゃなかと?
ウシュアイアでボクの誕生日を祝ってくれた...
 
「旅々友々」のネーミングはたぶんやす君で、そういうのやす君は得意ですから、ボクはそれをパクって、ボクはパクるの得意ですから、「旅々、沈々。」とか「旅々、漫々。」とか「旅々、悶々。」とか作りました。
でも、どれもこれも飽きしまった放置プレイのブログです。
 

2009年5月22日(金)[Yukoロンドン38泊目/旦那一時帰国46泊目]

ハンガリーに飛びたつのは、5日後の27日です。
 
午前中、ネット喫茶でくつろぐ。
戦士の休息です。
男は誰でも無口な兵士なのです。

麹町のかんき出版に顔を出し、お昼をご馳走になりやした。
紀尾井町のスパゲティ屋さんは、すげぇ量です。
お腹いっぱいになり候。
 
御苑の事務所で仕事。
神田の稲垣氏、小中氏の事務所を表敬訪問。
ビールをご馳走になりました。
 
ネット喫茶/アプレシオ800円
 
朝→食べない
昼→スパゲティをご馳走になり、お腹ぱんぱん
夜→歌舞伎町のRie氏に蕎麦をご馳走になりました

 

2009年5月23日(土)[Yukoロンドン39泊目/旦那一時帰国47泊目]

出発まであと4日なのに、iPodが壊れてしまいました。
起動しません。
どうして今頃になって...。
 
午前中、横浜の青葉台へ出かけ荷造りをしました。
あきらかに荷物が多すぎです。
頼りにしてる安くてでかいボリバッグのファスナが完膚なきまでに壊れてしまい、飛行機には預けられない模様です。
真剣に困っています。
ちょと汗をかいてます。
暑いです。
 
江戸川橋の宿に戻って、引き続き荷造りです。
そして仕事。
夜中、DVD「28日後...」をビクビクしながら9割ほど観たところで、やっとぼんやりと「この映画って観た事あるんじゃないだろうか」って気づき始めたんだけど、これってデジャブ?
それとも頭悪すぎ?
あるいは老人性痴ほう?
 
朝飯/らんぷ亭の牛丼550円
お土産100yenPlaza1,155円
タクシー980円
電池/ampm370円
ラーメン750円
夕食/らんぷ亭のハンバーグカレー620円
 
朝→牛丼
昼→ラーメンと半チャーハン
夜→らんぷ亭のハンバーグカレーは美味しくない。こういうハンバーグは哀しい

 

ハンガリー、ブダペストへの飛行機代と追加の荷物代


P5230299.jpg
ハンガリー、ブダペストへの航空券(ブリティッシュ・エアウェイズ)は、
52,500円 + 税金/手数料/各種料金12,290円の
合計64,790円でした。
でも預けられる荷物は、一個だけ(23キロまで)です。
ボクは大きなボリバッグ(上の写真参照)と、もうひとつこれまた大きなスポーツバッグがあるので、潔くネットで追加の荷物の予約と追徴金を払いました。
ネットだと少し安くなります。でも、
10,640円。
高っ!
機内への持ち込みも、ギターを筆頭に、カメラバッグに、バックパックもあるから、しょうがありませんねん。
 
キリルの怪人のりさんも膨大な荷物を抱えてたので、南米のどこかで120ドルほど追加で払わされたそうです。
でも貧乏であることを涙ながらに訴えて、免除された経験もあるそうです。
のりさんの演技は臭そうなので、演技力の勝利ではないと思います。
 

〈写真〉江戸川橋のゲストハウスのボクのベッドの上

2009年5月24日(日)[Yukoロンドン40泊目/旦那一時帰国48泊目]

出発まで、あと三日。
iPodは、仮死状態です。
 
朝から宿のベッドの上で、仕事をしました。
ちょうど隣りの青年が出て行ったので、棚が机代わりに使えて、仕事がしやすくなりました。
二段ベッドの上、天井灯のすぐ下、本棚の天板にパソコンを置いて、背中を丸め、マウスを握りしめてます。
 
とんかつ定食940円。
ちょっと贅沢だったかもしれんと小さな胸を痛めてます。
生意気を言わせてもらえれば、豚肉の下味が足りなかったと思います。
 
JR目黒駅東口の超人気魚介系居酒屋で、札幌の同級生星野君、菊池君と、巨大な生ガキやらイカやらマグロの中落ちを食べました。
飲み過ぎてしまったと反省しておりまして、なぜなら二次会へ行ったと思うけど、何一つ思い出せません。
きっとご馳走になったんですが、記憶にございません。
すみません。
 
タクシー/ジーエルタクシー1,340円
タクシー/ふじ交通890円
テレフォンカード500円
 
朝→食べない
早めに昼→とんかつ定食
夜→菊池、星野と目黒の超人気魚介系居酒屋。ご馳走になったと思われます

 

御苑の事務所の組員です。

御苑の事務所の組員をご紹介いたします。
まず、先週結婚した新郎の二ノ君です↓
 
001.jpg
で、若頭補佐のコバヤシ↓
 
002.jpg
で、ヒットマンのヨシキ↓
 
004.jpg
最後にパシリのアオヤギ↓
 
003.jpg
 
以上、御苑の愉快な仲間達でした。
 

2009年5月25日(月)[Yukoロンドン41泊目/旦那一時帰国49泊目]

(愛と青春の)旅立ちまで、あと二日。
 
二日酔いで具合が悪いです。
でも仕事をしなくてはなりません。
辛いです。
お昼をD出版社のちょい悪編集者K氏に、ご馳走になりました。
舞踏家のお嫁サンバ、松さんから「松さんコレクションDVD」を頂戴しました。
この松さんセレクションのDVDの収録作品は、とてもいいです。
前回メキシコで観た「イカ天2007復活祭」が、宿で大評判だったでした。
 
御苑の事務所で仕事。
あおっぴーお母さんと打ち合わせ、そして曰く、
「もっと働け!」
 
西武新宿線新宿駅8階の百円ショップでガムテープと小物入れを購入。
 
原宿駅の竹下口で青年実業家、小早川氏と待ち合わせ、夜をご馳走になりました。
新刊のタイトルを一緒に一生懸命に考えたりしました。
そしてBarでもピザとビールを奢ってもらいました。
10万部のヒットがでれば、全社をあげて海外旅行です。
小早川さん、株やFXに手を出してはいけませぬよ。
潮流です。
 
水/FamilyMart100円。二日酔いなので冷たい水を飲まねば、死にそうです
ネット喫茶/アプレシオ2,000円
袋とガムテープ/キャン・ドゥ210円
 
朝→食べない
昼→D出版社のちょい悪編集者K氏に、ご馳走になりました
夜→小早川氏にご馳走になりました

 

2009年5月26日(火)[Yukoブダペスト1泊目/旦那一時帰国50泊目]

明日の朝、ハンガリーの首都ブダペストへ飛びます。
 
朝7時、仕事に出かけるのりさんの写真を撮って、握手して見送り、ネットして、シャワーを浴びて、残ったシャンプーをのりさんのベッドの上にそっと置いて、9時にコインランドリーで洗濯して、残った洗剤をのりさんのベッドにそっと置いて、宿の清算をして、膨大な荷物を抱えて地下鉄に乗り、新宿御苑へ。
大屋氏の事務所でiPodのコンセントを借りて仮死状態のiPodの治療を試みるも蘇生せず、謎の中年親父K氏と三人で、昼食を食べました。
150円のドリンクバーを頼みましたが、ジュースが美味しくないので、一杯だけ飲んで出ました。
結局タリーズ・コーヒーに寄って、大屋氏の事務所でくつろぎました。
 
御苑の事務所で仕事した後、皆に毎日お邪魔してすまなかったと、ご迷惑をお掛けしたと、許してくれと、もうしばらくは来ないから安心してくれと、挨拶しました。
 
明朝のリムジンバスが早いので、得意の歌舞伎町の大久保病院横のネットカフェで漫画を読んで寝ます。
漫画「新 ナニワ金誘道」
漫画「裁判長! ここは懲役4年でどうすか」
我に美しく生きる、それが「義」なのです。
 
コインランドリー400円
水/ampm100円
PASMOのチャージ1,000円
昼食/ラ・ボエム850円
ジュース/タリーズコーヒー340円
宿代1,900円
ほうじ茶/セブンイレブン268円
夕食/竹虎800円
 
朝→食べない
昼→ラ・ボエムのたらこのスパゲティを大盛りにして食べました。ラ・ボエムは、たらこで決まりです。ドリンクバーになってたのが、興ざめです
夜→歌舞伎町交番に向かって右手30メートルくらい行ったつけ麺屋「竹虎」。高級そうな入り口にびびり、濃厚なタレに一瞬びびり、メニューに堂々と「裏メニュー」が印刷されてるのが悲しいです。裏とはそういうものではないでしょう。裏、よく考えてごらん

 

2009年5月27日(水)[Yukoブダペスト2泊目/旦那成田→ブダペスト]

ネットカフェで漫画ばっか読んでたので、三時間しか寝ていません。
飛行機の中でぐっすり寝て、
えっ、もう着いたの?
っていう作戦です。
 
スキー用の派手で巨大なスポーツバッグを右肩に、パソコンを入れたバックパックを背中に、ギターを左手に抱えて(ヨーロッパでギターなんか弾くのだろうか?)、西武新宿線新宿駅近くのコインロッカーから、ふたの閉まらなくなったこれまた巨大で重いボリバッグを取り出して、新宿西口京王デパート前バス乗り場23番へ、息も絶え絶え歩きます。
こんなに荷物を抱えてる人を今まで見たことないです。
 
 
 
ブリティッシュ・エアウェズに乗って、ロンドン経由でブダペストへ飛んでます。
 
 
 
久しぶりの祐子です。
感動の夫婦の再会が、もうすぐ!
 
 
 
朝→食べない
昼→たぶんブリティッシュ・エアウェズの機内食でしょう
夜→同上

 

今、ロンドンのヒースロー空港です

10時55分に成田を飛び立った飛行機が、(ずーっと爆睡してたので何時間乗ってたんだかわからないけど)ほぼ定刻の15時半くらいにロンドンのヒースロー空港に着いて、ハンガリーのブダペスト行きに乗るため、4時間半くらいの待ち状態です。
暇だし、お腹が空いてます。
あと二時間。
司馬遼太郎の「ロシアについて」を時々メモりながらじっくりと読んでます。
どうせWi-Fiは有料だろうとネガティブ思考でパソコンを開いたら、意外に無料で接続できて、こいつぁツイテルじゃんと、ブログを更新したりメールしたりしてます。
何事も挑戦もせずに諦めちゃ駄目ですね。
残りの人生、ポジティプに生きようと思いました。
 
ブリティッシュ・エアウェイズは、ラッキーなことにビジネスクラスに座らせてくれて快適だったんだけど、映画がすべて英語で、微妙な拷問でした。
ボクは英語が苦手です。
機内食のビーフとマッシュポテトのコンビは、もうどうでもいいやって感じです。
日本風焼き魚とご飯は、決して美味しくないけど、一粒のご飯も残さずに食べました。
 
ついさっき、ブダペストの祐子からメールの返信が届きました。
今晩は、スパゲティだそうです。
イギリスとハンガリーと別れていながら、ネットで晩飯の相談ができるなんて、なんて国際的な夫婦なのでしょう、ボクら。
007かと思いました。
 

2009年5月28日(木)[ブダペスト/アンダンテホステル3泊目]

タイトルの宿泊数は、祐子が基準です。
ボクは、昨夜遅くに到着しました。
空港の隅っこでニヤニヤ笑ってるお猿さんが、祐子でした。
つられてボクもニヤニヤしちゃいました。
 
朝10時過ぎにうだうだと起き、漫画「柔道部物語」を読み、日本から持ち込んだ荷物を吟味して、昼飯を食べ、中古バイクの専門店「Red Baron」の今西氏の運転する新車RAV4(キーレス車は初めてです)に乗って、お店までドライブしました。
ブダペストは木々の緑色と茶色の屋根が多いです。
今回のヨーロッパ一周のお伴は、このお店で借りる(ハンガリーでは外国人が車両の登録ができないので、レンタルです)SUZUKIのバーグマン650cc、フルオプションになりました。
残念ながら得意のSilver Wing 600ccは、売り切れてしまったのです。
工具を借りて後部座席の背もたれを取り外し、今西氏の工作でスポーツバッグを積めるようにキッチン棚を取り付けました。
2008年夏、カナダを西から東へ走ったときのキッチン用品です(ブログ参照→)。
「Red Baron」の今西氏の協力で、というかご尽力で、ネジ止めにしてもらいました。
RAV4に乗り、スポーツ用品店に寄ってもらいバックパックのレインカバーを買って、宿まで送ってもらいました。
何から何までお世話になっています。
 
夜、ビールだと思って飲んでたのは、ノンアルコールでした。
甘くて不味かったです。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 
朝→食べない
昼→ベーコンとトマトのパスタ
夜→シェア飯(誰かが調理して割り勘で支払う食事です)。タイのアユタヤでホテルとレストランを経営するタイ人のプーさんが作ってくれた、本格派タイカレーとトムヤムクンもどき(エビの代わりに鶏肉です。レモンなし)

 

〈宿〉アンダンテホステル&アパートメント/ブダペスト/ハンガリー

 
P5280329.jpg
〈安宿〉アンダンテホステル&アパートメント
ブダペスト/ハンガリー

ブダペストに行くならココだべ、と言われる評判の宿です。
中庭のある古い集合住宅で、高い天井を切って、ロフトを個室にしてて面白いです。
メキシコのペンションアミーゴより面白い漫画が、たくさんあります。
建物の入り口を入ったゴミ置き場が住宅の品格を貶めているので、管理組合とかの解決を待たれます。
 
〈URL〉http://www.andantehostel.com/index.html
〈住所〉1073 Kertesz utca 35 Fes.5 Budapest Hungary (ケルテース通り 35番 1階)
インターフォン36番呼び出し
〈電話〉+36(国番号)-1(市内局番)-7856191
〈メール〉info@andantehostel.com
〈宿泊料〉ドミで一人14ユーロ(オフシーズンは13ユーロ)
他、細かい料金設定あり
 

2009年5月29日(金)[アンダンテホステル4泊目/ブダペスト]

午前中、仕事とかメールとか日記とかで、けっこう忙しいです。
 
午後から散歩。
ところどころ金色に輝く手入れの行き届いた感のある、聖イシュトヴァーン大聖堂をさらりと眺めました。
南米で見たどの教会、大聖堂よりも奇麗です。
ドナウ川で分断されてたブダ地区とペスト地区を初めて結び、第二次世界大戦にはドイツ軍に破壊され、ハンガリー動乱ではソビエト軍の戦車が渡って来た、ブダペスト最大の観光名所、「くさり橋」を歩きました。
橋のたもとには、三越のような立派でエラそうなライオンが4頭も鎮座してます。
ドナウ川はたっぷりと水量が多く、川幅は想像より狭く、流れは速く、茶色く冷たそうです。
ここブダペストは、"ドナウの真珠"とか"ドナウの薔薇"と称えられるそうですが、よくわかりませんが、きっとそうなんでしょう。
ボクも"歌舞伎町の真珠"と呼ばせたいものだと、クダラナイことを考えていたら、新しいTatooのアイデアが浮かびました。
 
「真珠入り」
って、いうのはどうでしょう?
もちろん仕込んでませんが。
 
晩飯後、宿で、ひよこの雄雌を識別する仕事、「初生ひな鑑別師」と、軽くビールしました。
この資格を持っていると、ヨーロッパの就職に有利だそうです。
ただ養成所の入所資格が25歳未満なので、今さら目指せません。
44歳にもなると、人生の選択肢はかなり少ないです。
 
Rタロー君ご推薦の漫画「BECK」を読み始めました。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 
朝→パンと、砂糖と塩を間違えた塩辛い卵焼きとベーコン
昼→茄子とベーコンの和風パスタ
夜→グリコさんの特製手作り味噌で豚汁

 

〈アミーゴ〉お釜に強い、メキシコの夜回り先生


ピクチャ 2.jpg
2009年度、カラファテの日本人宿「Fuji旅館」の冬の管理人に選ばれたRタロー君のブログが始まりました。
 
「狂気の中で」
 
ペンションアミーゴのオーナーのパスちゃんに、
「ギターがウルサいなっ!」
と叱られていたRタロー君の息吹が感じられる、爽やかなネーミングです。
ちょっとプログレしてます。
パタゴニアで越冬する三ヶ月間、彼がどのように大人の階段を登るのか、静かに見守りたいと思います。
 
ペンションアミーゴにいた頃のRタロー君は、深夜になると近隣周辺の警備に歩き回り、多珍簿のニューハーフとアイコンタクトを交わす、自称「夜回り先生」です。
地域密着型です。
お釜にも対応できるスイッチヒッターには、定評があります。
旅の実績は、世界一周の周遊券を持ちながら、一年間でカナダとメキシコの範囲でしか移動せず、しかも事情があってアメリカには入国できない身の上です。
彼の世界は狭いです。
周遊券の期限を過ぎていても飛行機の予約をした掟破りですが、欲張って便の変更をしたためにバレてしまった、使えない奴です。
ボクらの愛車、初代Silver Wingを譲ったのですが、相次ぐ故障に見舞われた不幸を、ギターで吹き飛ばす強い心の持ち主で、メキシコシティでプロレスとボクシングの修行に勤しむチェリー君をして、師匠と呼ばせてます。
彼がいたから、ボクは今ギターを抱えて旅にでています。
かさばって邪魔です。
 
彼がくれた本は、「ボブ・ディラン 自由に生きる言葉」。
何かボクに言いたいことがあるのでしょうか。
 

2009年5月30日(土)[アンダンテホステル5泊目/ブダペスト]

朝7時に起きて、朝飯にパンを食べて、宿の前の道を左手方向へ突き当たりまで歩き、バス通りのスタンドでおばさんからバスのチケットを買い、72番のバスに乗ってチケットを一枚使い、272番に乗り換えてチケットを二枚使い、ブダペスト郊外の「Red Baron」を目指すも、バス停から高速道路の反対側へ行く道がわからず、看板は見えるけど近寄れず、道なき道を、人なき道を彷徨いました。
ハンガリーの郊外は意外にも車社会で、歩く人には不親切です。
 
「Red Baron」のハンガリー法人の社長ペーター氏とスクーター(SUZUKIのバーグマン650cc)のレンタル契約と支払いについて打ち合わせしました。
高額なので支払いが難しいです。
例えば、社会主義の名残で小切手がありません。
簡単なのは日本のRed Baronへの振込みですが、グループ会社とは言え、組織的には簡単ではないそうです。
打ち合わせ後、スクーターに鞄がすれて傷が付かないように、後部の要所にボロ切れを巻いたりしました。
ペーター氏のレクサス(世界同時不況のおかげで、格安で手に入ったそうです。マッサージ機付き)に乗ってcitibankでスクーターの支払いのためのお金を下ろしましたが、20万円しか下ろせませんでした。
泥棒対策で、一日の引き出し限度額を下げているせいです。
citibankにSkypeして、一時的に限度額を50万円まで(これが限度です)引き上げました(引き上げ要請はネットでは受け付けてくれません。電話だけです)。
 
今年の一月、メキシコのペンションアミーゴで会った女の子と再会しました。
メキシコとハンガリー、世界は狭いです。
 
祐子は漫画「のだめ カンタービレ」に夢中です。
話し方も"のだめ"風になってきました。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 
朝→パン
昼→昨日と同じ、茄子とベーコンの和風パスタ
夜→鶏肉と白菜の水炊きを酢醤油で食べました

 

〈旅道具〉旅手帳と特製手帳カバー

 
Image1021.jpg
去年から旅手帳に、東急HANDSで買った6穴の安い、ちゃっちいリフィルというか、極小システム手帳を使っています。
ズボンのポケットに入れられる携帯性と、古い頁を取り外せる便利さが、旅手帳にはベストだと判断したのだけど、プラスチックの表紙がこれ以上ないくらい安っぽくて、恥ずかしくて人前に晒せないです。
で、東急HANDSで皮の切れ端を三百円くらいで買ってきて、イラストレーターの坂木君に、手帳カバーを縫ってもらいました。
なんでわざわざイラストレーターの坂木君に頼んだかというと、彼女が定額給付金でミシンを買ったからです。
おかげさまで、あの貧乏臭い手帳が、高級本革手帳に生まれ変わりました。
で、ついでに防水バッグの金具が壊れてたので、そちらの修理もお願いしましたが、生地が厚すぎて手縫いしたそうです。
すみません。
お手間をとらせました。

 

2009年5月31日(日)[アンダンテホステル6泊目/ブダペスト]

どんよりと薄暗い陰気な午前中、"ブダペストのシャンゼリゼ"と呼ばれる美しいはずのアンドラーシ通りをてくてく歩いてたら、すぐに雨が降り出しました。
雨かよ...
うつむいて、視線はほとんど足下の水たまりです。
英雄広場では何やら歴史的な民族衣装を着た騎馬隊みたいのが、馬に乗って駆けるアトラクションがありましたが、この雨の中、何が楽しいやらわかりません。
どんどん身体が濡れてきました。
蚤の市を探して、広場をぐるりと探し歩きましたが、見つかりません。
寒いです。
傘を持ってくるべきでした。
 
宿に帰り、ハンガリーの名産、カビたブドウのワイン、トカイ貴腐ワイン(トカイは地名です)をシェアして飲みました。
3番(甘さの番号です)だと、イマイチ甘くなかったです。
 
ところで毎晩500ミリリットルのビールを二本飲んでるのですが、ハンガリー産のビールがわかりません。
お店では、英語が通じません。
昨日はオランダ産、今日はドイツ産を飲みました。
 
?Internet→宿のWi-Fi(無料)
 

朝→スーパーで買ったチーズパン
昼→知らない人から貰ったパン
夜→タイのアユタヤでホテルとレストランを経営しているプーさんの手料理。タイ風スープと野菜炒め。ハンガリーで食べるタイ料理、美味しかったです