« くどい看板の黒いブラジャー/リトアニア | メイン | 2009年6月21日(月)[タルシ二泊目/ラトビア] »

2009年6月20日(日)[サルダス→タルシ/ラトビア]

東欧と北欧のガイドブックを持っていないので、寄るべき観光地がわからず、レンタルバイク屋REDBARONのペーター氏に一笑されたあまり詳細でないヨーロッパ地図を頼りに、ヨーロッパのほぼ最北端ノールカップを目指して北進しています。
昨夜祐子がネットで見つけたラトビアの観光地、スリテレ保護区にヘラジカ博物館があり、ヘラジカは祐子の大好物だと告白され、エストニアに抜けるには遠回りですが、急ぐ旅でもないですから、寄り道します。
交通量の少なそうな道を北へ進めば、P109号線は4キロ、8キロ、4キロと未舗装道路で、アルゼンチンのルート40号以来のダートだなぁと懐かしみながらも、砂利の振動がシート下のパソコンに悪影響がでないか心配です。
A10号線を西へ向かい、雨に降られて昼食をとりました。
空を見上げると白く輝く逞しい雲と黒く陰気なヘビメタ雲が折り重なってものすごい勢いで流れています。
降ったり晴れたり降ったり晴れたりと忙しないです。
スーパー兼パン屋の軒先で雨宿りをしてたら、大柄な若い女性に声を掛けられ、「日本人だよ」と最高の笑顔で答えれば、日本食を作ってくれと頼まれました。
彼女の名はエバ。
何て爽やかに厚かましい奴なんだと思うには思うのですが、これも何かの縁かもしれんと了承し、明日「日本食の夕べ」を実演する運びとなりました。
お陰様を持ちまして、タルシというまったく聞いたこともない町に泊まるはめになり、しかも宿はアメリカ、カナダより高い8,000円(豪華な朝食、ジャグジー込み)です。
二泊しなくちゃなりません。
この日本食を広めるための必要経費は、どこに請求したらいいのでしょう。
 
宿の猫を傍らに寝かせて、祐子は仕事を始めました。
毛だらけです。
 
?本日の走行距離118キロ(合計2415キロ)
?Internet→宿の長いケーブルを廊下から(無料)

 

朝→パン
昼→ボクは豚肉定食。祐子はチキンカレー
夜→スーパーで買ったサンドウィッチ、サラダ

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/1458