|  Top  |  Menu  | 

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

コスタリカの安くて素敵な家。ガラス張りとかクジラとか。

コスタリカで家を探しました。
コスタリカは中南米では比較的安全で、国立公園も多く、つまり自然が多くて、国土が狭いのでどこに行くにも便利です。
お薦めします。誰か買いませんか。
世界中の不動産が掲載されたサイトviviunで検索。
2000万円くらいの予算を妄想してます。

41.jpg
[1]広いけど1200万円。

42.png
首都サン・ホセまで、車で目測一時間以内です。
 
43.jpg
一面ガラス張りって憧れます。
3ベッドルーム、3バスルーム。
dial-up internet connectionというのが、気になるところです。
ま、ネットは日々進歩してるでしょうから放置。
 
46.jpg
リビングから見下ろす山。
ボクの希望する猛々しい気品あるイメージとはほど遠いです。
けど、許容範囲。
 
44.jpg
立派な暖炉だす。
 
45.jpg
マスターベッドルームが広いです。
謎の階段があります。
 
47.jpg
サン・ガーデンとでも呼ぶのでしょうか。
洗濯物でも干しましょう。
 
では、次の物件。
[2]1800万円。クジラが望めるコンテンポラリィな山小屋。
 
32.jpg
安っぽく見えますが、almostチーク材です。
土地は1128平米。
2ベッドルーム。
もしかしたら自家発電かもしれないです。
 
31.jpg
300メートルで太平洋です。
運が良ければ、バルコニーからクジラが見えるそうです。
 
31_2.png
こんなビーチです。
一応、青い海、青い空、白い砂、緑な緑です。
 
35_.jpg
ダイニングと螺旋階段です。
 
33.jpg
泥棒が心配です。
 
34.jpg
寝室の二方向窓は、祐子の拘るところです。
森には猿とアライグマがいます。
熊は好きですが、アライグマはラスカルぐらいです。
 
最後の物件です。
[3]2251万円。シャレー(スイスの山地独特の家)風デザイン。 
 
20.jpg
コスタリカの東西のほぼど真ん中。
首都サン・ホセまで直線距離で60キロ。車で一時間以内。
ちなみにコスタリカは東西の一番広いところで226キロです。
 
20_1.png
ガラス張りのリビングルームに暖炉です。
 
21.jpg
天井高9メートル。
お風呂はジャグジー付き。3ベッドルームに2バスルーム。
200平米。
西新宿のボクらの家が65平米だから、三倍しても勝てません。
 
22.jpg
山は真っ正面にどかんと一個鎮座してるより、谷間が好きです。
乳と同じだすな。
足の裏からお股を覗くような奥行きが趣味かもしれません。
暑いかと思いきや、平均温度が26度の涼しい土地です。
 

2009年11月1日(日)[バイエ・フェリックス五泊目/ルーマニア]

一日中、ネット。
メキシコの不動産状況の研究。
祐子は、MovableTypeの勉強。
ボクらの他に宿泊客がいないせいか、暖房がつきません。
寒いです。
頭痛がしてきました。
 
ペンションのお母さんはまったく英語が理解できず、ボクらもルーマニア語がわかりません。
それでもお母さんには子供が二人、孫がひとりいることぐらいはなんとか...。
ま、何の役にもたたない情報ではありますが...。
ルーマニア語はスペイン語に似てるので、ごくごく僅かに理解できたりします。
ごくごくごくたまーに。
 
?Internet→ペンションのWi-Fi(無料)

朝&昼→スパゲティをうどんスープで食べる
夜→チリビーンズ

2009年11月2日(月)[バイエ・フェリックス六泊目/ルーマニア]

午前中、頭痛で寝てました。
祐子はMovableTypeの勉強。
午後から、頭痛も治まって近場の温泉へ。
温泉といっても基本は温水プールですね。
泳いだり、サウナへ入ったり、読書をしたり、昼寝をしたり。
卓球台があったのに、祐子に対戦を拒否られました。
冷たい人だ。
 
?Internet→ペンションのWi-Fi(無料)

朝、昼→ひき肉を炒めたものと卵焼きで二色丼
夜→昨夜の残りのチリビーンズ

メキシコでコロニアルな家を買う/グァナファト

今回の家探しは、メキシコです。
美しいコロニアル都市として有名なグァナファト、常春です。
メキシコシティからバスで5時間なので、ほどほどの距離です。
地球で家を探そう的なWebサイトpoint2homesで検索しました。
 
52.jpg
[1]1800万円で、驚きの208平米。
 
50.jpg
2ベッドルームに3バスルーム。
208平米の広さで、天井が高くて、自然光がいっぱいのデザイナーズハウスです。
祐子と二人で住めば、一人頭の陣地が100平米。
ゆとり世代になれます。
 
51.jpg
この写真が掲載されてたけど、本当に窓からこの景色が見えるのか、疑わしいです。
ただ街の写真を載せただけのような気がしてなりません。
メキシコ人はお国柄なのか国民性なのか、商品説明が足りないです。

55.png
グァナファトって、あの辺です。
続いて、
 
[2]1700万円で、街を見下ろす。

60.jpg
階段を昇ると、
 
61.jpg
リビングがあって、なんだか狭そうです。
 
62.jpg
キッチンがあって、
 
63.jpg
マスターベッドルームがあります。
 
64.jpg
この景色は悪くないです。
4ベッドルームもあって、2バスルーム。
158平米の角地。
角地っていうのが、味噌というかウリみたいです。
場所は、上の物件と同じ街です。
 
そして、
[3]2600万円。二階をまるごとリビングにした。
 
70.jpg
正面は、ま、ぼちぼちです。
 
71.jpg
螺旋階段をぐるりと上ると、
 
72.jpg
二階はワンフロア全体がリビング。
360度、眺望。
こんなのを求めてました。
ここを仕事部屋にして、疲れたら外を眺める。
いい仕事ができそうです。
暖炉のデザインが余計です。
 
73.jpg
なんとなく漠然としたキッチン周り。
コンクリートでがっちりと固められた、アイランドキッチン。
邪魔です。
3ベッドルーム、3バスルームで、堂々の418平米。
広すぎ。
上のふたつの物件の街の郊外です。
 
[番外編]
 
aaa.jpg
リビングの真ん中に暖炉です。
丸いのがいいですね。
やってみたいけど、邪魔かな。
 
gallery.jpg
煉瓦製のボールド天井。メキシコの得意技みたいです。

bbb.jpg
頑張っちゃった天井。
このかまぼこ型は紀元前からの手法らしいです。
ボールド天井って、本来この形を指すのだろうか。

ccc.jpg
ゆとりのシンク。
これ、すごく気に入ってます。
どうです、奥さん。
 
eee.jpg
トイレとビデ。
これだと見られても恥ずかしくないかもしれません。
立ち小便は禁止。
 
fff.jpg
古いドア。
朽ちかけた木造扉って、憧れます。

 
ddd.jpg
古いドア。
痺れます。
 
ggg.jpg
やりすぎちゃった壁。
節操がないです。
 

メキシコで家を買うなら、バハ・カリフォルニア

メキシコっていうと、バハ・カリフォルニアです。
暑過ぎるという弱点はありますが、ドライブするとサボテン林に目眩がします。
で、バハ・カリフォルニアで家を探してみました。
得意のWebサイトpoint2homesです。
そしたら、
 
80.jpg
こんな家、というかベランダというか、サンデッキが出て来ました。
ほとんどホテルです。
ま、$673,000 USDもするけど。
高過ぎるので安いのを探すと、$37,998 USDで、まだ高いけど別の物件が、
 
81.jpg
ベランダから速攻で海です。
他にも
 
82.jpg
$575,000 USDもします。
上を見上げりゃ、そりゃいいのです。
 
で、身の丈にあった物件を探しましょう。
[1]格安225万円。安っ!
 
83.jpg
要するにモーターホームですね。
室内は、
 
85.jpg
そんなに悪くない気がします。
カナダで一度モーターホームに泊まりましたが、ひたすら嬉しかったです。
夫婦二人暮らしなら、全然十分です。
お釣りが来ます。
 
84.jpg
ウッドデッキもあったりして、すぐ目の前が海です。
場所的には、
 
84.png
ロサンゼルスの近くです。

[2]285万円。微妙に立派。
 
86.jpg
この物件、モーターホームが付いて来なかったら、ショックです。

で、次。
[3]2250万円。これ、いい感じです。
ちょいと高台の家。
 
88.jpg
ベランダからの景色がGood!

87.jpg
眺めヨシ。
家の中は、
 
90.jpg
いい風が入って来そうです。
2ベッドルームに2バスルーム。
1100平米、文句なし。
で、シャワーが、
 
89.jpg
こんな写真は載せんでもよろしがな。

[4]1890万円。
 
91.jpg
すぐ海。
 
92.jpg
2ベッドルーム、2バスルーム。
詳細不明。

2009年11月3日(火)[バイエ・フェリックス→ブダペスト/ハンガリー]

極寒の朝。
雪こそ降っていませんが、一面の霜。
本日、ヨーロッパ爆走編のラストランです。
脇を締めて、一路東へ300キロ。
冷たい空気が顔に痛いです。
全身に余計な力を込めて、右肩が凝りに凝って突き刺すような激痛。
加えて両足のふくら脛がつりそうです。
時々、寒さで全身が痙攣します。
フィナーレを飾るに相応しい舞台です。
ハンガリー高原を真っ直線に突っ切る幹線道路には、ほとんど休憩場所がなくひたすら走るのみ。
こめかみがツンとして来た頃、ブダペスト郊外のRed Baronに到着しました。
スクーターを返却して、査定をしてもらいました。
前後のブレーキパッドと塗装代で、約27,000円の出費。
ま、想定内です。
北欧、南欧、東欧、全走行距離16327キロ。
お疲れさま、祐子。
Red Baronの今西氏に宿まで送ってもらいました。
 
日本人宿「アンダンテ」の管理人は、ペンションアミーゴでポイを振り回してたドレッド・ゴウ君でした。
久しぶりです。
ゴウ君の勤めてた会社は家の近所で、同業者です。
ブルガリアの首都ソフィアの宿でストリップを一緒に堪能した、亀ちゃんとも再開。
ビールを二本飲んで具合悪くなりました。
 
漫画「ブラックジャックによろしく」。
 
?本日の走行距離297キロ(合計16327キロ)
?Internet→HostelのWi-Fi(無料)

朝→パン、卵焼き、コーン、ハム。定番の食事
昼→レストランで豚焼き。疲れて食べきれず。祐子はグヤーシュスープ
夜→宿の近所のレストランでステーキ。祐子はチキン

2009年11月4日(水)[ブダペスト二泊目/ハンガリー]

仕事。
荷造り。
「焼き肉のタレ」作り。
ビール三本で、すっかり酔っぱらいました。
 
壊れたi-podが復活しましせん。

?Internet→HostelのWi-Fi(無料)

朝→パン、ベーコン、コーン、チーズ
昼→マクドナルド
夜→シェア飯「焼き肉」

2009年11月5日(木)[ブダペスト三泊目/ハンガリー]

漫画、映画。
祐子は、亀君、カズヤ君、ゴウ君と大学へ。
日本語を勉強しているハンガリー人学生との交流。
 
夜、JAZZを聴きにきーちゃん、亀君、カズヤ君と夜の街へ繰り出す。
 
iPodが再起動を延々とくり返してて、どうにもなりません。
メニューボタンとセンター(選択)ボタンを同時に 6 ? 10 秒間押したままにしても駄目。
iPod を電源アダプタに接続しても駄目。
ちょっと振ってみても駄目。
叩いても駄目。 
 
晩飯はボクが積極的に豚肉の生姜焼きを作りました。
ま、若人に手伝ってもらいましたが。
いつもと違って豚肉に小麦粉を軽くまぶして、生姜たれは最後に混ぜました。
喫茶店のような味で、自分的にはほぼ満足。
 
?Internet→HostelのWi-Fi(無料)

朝→パン、ベーコン、コーン、チーズ
昼→スパゲティをうどんスープで
夜→シェア飯「豚肉の生姜焼き」

2009年11月6日(金)[ブダペスト四泊目/ハンガリー]

祐子は『DEATH NOTE』を狂ったように読んでます。
祐子は髪を切りました。
郵便局から日本宛に壊れたiPodやら書類やらを発送。
1kg以内のEMSで、7000円くらいかかりました。
すぐに入れ忘れた荷物を思い出したりして、あー、急いでないのに急いで送るんじゃなかったと、祐子ともども反省しました。
 
スクーターをレンタルしたRed Baronの今西氏と台湾人オーナーの中華レストラン「桃太郎」へ。
美味しかったです。

?Internet→HostelのWi-Fi(無料)

朝→コーン、チーズ、ベーコン
昼→マクドナルド
夜→台湾人オーナーの中華レストラン「桃太郎」

2009年11月7日(土)[ブダペスト五泊目/ハンガリー]

デビルス・スティックを求めて、暗いブダペスト市内を散歩。
メキシコ人のアミーゴ、ビセンテへのお土産にマグカップを購入。
 
晩飯後、近所の公園でゴウ君のPoi、炎の舞をビデオ撮影。
 
甘いトカイワインを飲む。
漫画『PLUTO』

?Internet→HostelのWi-Fi(無料)

朝→食べない
昼→スパゲティをうどんスープで食べた
夜→シェア飯。きーちゃんのハンガリー風ビビンバ

2009年11月8日(日)[ブダペスト六泊目/ハンガリー]

今日、ワイナリーかなんかに行く予定だったのだけど、朝起きたら、誰もいませんでした。
新宿の焼き鳥バーテンダー、カズヤ君に置いてかれました。
 
明日の出発に向けて荷造り。
カナダ人から頂戴したスーツケースが、23kg
みゆきちゃんから頂戴したバックパックが、17kg
カリスマケンちゃんから頂戴したボリバックが、7kg
破れたスポーツバッグが、14kg
パソコンリュックが、11kg
オレンジ色のバックパックが、7kg
合計79キロになりました。
ボクの体重は71キロになってました。
順調に自己記録更新です。
 
若人にうどんを打たせ、ビールを飲みました。
小麦粉2キロ、茄子の煮浸し、チャーシューもどき、豚肉の生姜焼き、牛肉炒め、オニオンリング、茄子炒め、ピーマン炒め。
総勢12人のうどんの夕べ。
うどんの反省は、先に塩水を作るのを忘れてた事。
  
?Internet→HostelのWi-Fi(無料)

朝→パン、ベーコン、チーズ、卵焼き
昼→スパゲティをうどんスープで食べました
夜→旅人総出で手打ちうどん

2009年11月9日(月)[ブダペスト→ロンドン→メキシコへ移動中]

チェックアウトして、荷物を男子ドミに突っ込み、セントロでデビルス・スティックを探し、西駅付近のジャグリング屋でデビルス・スティックを買うか悩み、結局買わないで、セール中のマクドナルドで昼飯を食べ、なかなか居心地の良い日本人宿「アンダンテ・ホステル」へ戻り、美人バレリーナの手作りチーズケーキを食べ、皆に別れを告げました。
きーちゃん、いつの日か目黒のカレーを食べましょう。っていうか、老後を一緒に。
ゴー君、宿「GoGoウッチー」、やりましょう。
亀君、カズヤ君、ペンション・アミーゴで待つ。
 
メキシコのペンション・アミーゴ目指して移動開始。
ロンドン、ヒースロー空港のカフェで、ネットできないので文句を言ったら、
調子悪いんですよぉ。
で、晩飯を食べようとしたら、
厨房が閉まりました。
で、パンを食べようとしたら、
もう片付けてしまった後でした。
空腹を抱えてベンチで丸まって寝ました。
うろうろする清掃車がウルサかったです。
 
11月9日
BUDAPEST → LONDON / BRITISH AIRWAYS (BA 867)
18:15発→19:55着
【料金】129ポンド(二人)
 
空港泊して、
 
翌11月10日
LONDON HEATHROW → AMSTERDAM (KL1002)
08:40発→11:10着
 
乗り換えます。
 
AMSTERDAM → MEXICO CITY / KL0685
14:40発→19:30着
【料金】59,000円+106ユーロ(マイル)(二人分/LONDON → MEXICO)

2009年11月10日(火)[ロンドン→アムステルダム→メキシコシティ/メキシコ]

空港のロビーのベンチは、寒かったです。
5時起床。
アムステルダム空港でラーメンと寿司を食べて飛行機を乗り換え、メキシコへ。
前半の8時間ほど爆睡して、後半4時間は映画「アイスエイジ」を観たり、読書。
 
半年ぶりのペンション・アミーゴ。
格別、懐かしくなく。
パスちゃんにチョコレート、ごんちゃんにトナカイの角をお土産し、ビールの「TECATE」を飲み、竹氏からタバコを恵んでもらい、半年ぶりの喫煙。
紫の煙が目にしみます。それは、嘘。
お手伝いのクアウディアが舞い戻ってました。
◯金君がパティオで酒を飲んでたのは、驚きました。
なんでいるの?
彼にCUTTY SARKをご馳走になり、深夜まで飲み、翌朝頭痛。
◯金君、メキシコのティファナからカナダのバンクーバーまで三ヶ月かけて歩いたそうです。
なかなかやりますな。
他、キューバ通の女の子とサーファーのケンタ君が出戻ってました。
 

朝→空港のカフェで、モーニングセット
昼→アムステルダム空港でラーメン。祐子は寿司
夜→機内食
深夜→インスタントラーメン「オットギの黄色」

2009年11月11日(水)[ペンション・アミーゴ二泊目/メキシコ]

ペンション・アミーゴ初日にして二日酔いで起きられず。
頭がどんよりと重いです。
 
昼。
その昔、カズさんに教えてもらったマリスコスの屋台で顔なじみのオヤジに「久しぶり!」と声を掛け、エビ入りセビッチェ、エビ入りエンパナーダを食べて、「美味かったよオヤジ!」とお金を払い、その昔、Rタロー君やエミちゃんと通ったSTARBUCKSでネット。
STARBUKSの外は、長い長いデモ行進。
そして爆発音。
Power to the people!
噂では電力会社の倒産がデモの原因で、ネットによると労組の要求の一部は、電気代無料、犬にかみつかれた場合の数日間の休暇、作業服の洗濯と修理、馬を借りるためのレンタル料とそのまぐさのための代金、だそうです。
犬に噛まれたり、馬にまぐさを食わせたり、メキシコ人も生きてます。
 
今宵も◯金君から"生きた"社会科を学びました。
ホント勉強になります。
寝たのは午前3時半。
 

朝→二日酔いで起きれず。祐子はアミーゴの朝食
昼→イダルゴ駅を右折した屋台街のマリスコス屋で、エビのセビッチェ。祐子はエビのエンパナーダ
夜→

2009年11月12日(木)[ペンション・アミーゴ三泊目/メキシコ]

8時半に起きて食堂へ降りたら実は既に9時半で、朝飯のパンもコーヒーも残ってませんでした。
ペンション・アミーゴは満員御礼です。
で、昼飯兼用にトマトジュースでお米を炊いたら、コンソメを入れ忘れたけど、mas o menos也。
 
ところでボクらの部屋の真向かいは新婚さんで、シティに家を探していると聞いたので、嫌がられるとは思いましたが、物件探しに同行しました。
都心の3DK。
二階建ての二階。
玄関から天窓のある廊下が真っすぐ延びて、左右に部屋が並び、突き当たりが小さなパティオです。
パティオから階段を上がって屋上へ出ます。
トイレの位置が微妙なので宿にはむいてないのが残念です。
ま、彼らは宿をする気はないので、まったくもって余計なお世話です。

STARBUCKSでネット、仕事。
 
「ヨーロッパ・ピクニック」関係のビデオを観て、ハンガリー政府を見直し、ゴルバチョフを惚れ直し、コール首相に目頭を熱くし、頭の固いホーネッカーが哀れでした。
ビデオを観てからハンガリーへ行けば、ずいぶん違った目で街を見られたのに、と後悔したりしてます。
 

朝、昼→お米を炒めて、ベーコン、コーン、タマネギ、グリーンピースを突っ込んでトマトジュースで炊いたピラフ。コンソメを入れ忘れました
夜→豚肉の生姜焼き

2009年11月13日(金)[ペンション・アミーゴ四泊目/メキシコ]

鞄を盗まれました。
全然気づきませんでした。
敵ながらあっぱれです。
現場は通い慣れたSTARBUCKS。
壁際の椅子の背もたれにリュックをかけて、安全対策にその上に祐子がカーディガンとマフラーを重ねてネットに興じてたら、凶事が発生したわけで、「最近、気が緩んでるぞ!」と神様の教示なわけで、消え行く矜持です。
祐子が思い返すには、一度、挙動不審な太った男に気づいたのですが、泥棒とは見抜けず、見逃してます。
祐子の鋭い観察眼も脳内連絡の不備で、有効打にならず、無念です。
STARBUCKSの背の高い男性店員ルイスに防犯ビデオが観たいと頼んだら、警察へ行けと言われました。
ですよね。
メキシコシティの秋葉原と呼ばれる電気街で、とりあえずワイヤレス・マウスを買い、明日警察へ届けることにしました。
 
今宵も◯金君の人生談義を肴に酒を飲みました。
勉強になります。
 

朝→宿の朝食
昼→エビのトスターダ。祐子はエビのエンパナーダ
夜→焼豚でピラフというか、炊き込みご飯

2009年11月14日(土)[ペンション・アミーゴ五泊目/メキシコ]

昨日盗まれたリュックの盗難届けを出しに宿の隣りの警察署へ出頭しましたが、ここじゃないと拒否されました。
ボクの記憶では、今春にパスポートを掏られた酒豪の"は"は、ここの警察署で諸手続きをしてたと思ったのだけれども、記憶違いだろうか。
たらいまわされた隣り駅の警察署では50分ほど待たされた挙げ句、管轄が違うと追い返されました。
我慢我慢。
指示された住所へ向かう前に小便をしに宿に戻ったら、先日カメラを盗まれた娘さんがいたので、その娘さんが行ったセントロの電気街の先のツーリストポリスに向かいました。
黒い革ジャンを着た若い女性のオフィスで、保険用の盗難証明書を作成。
ついでにSTARBUKSの防犯ビデオを見せてくれないかと頼んだら、気軽に了解してくれました。
来週の土曜日、上映会です。
楽しみです。
 

朝→宿の朝食
昼→屋台のタコス
夜→チキンスープ

盗まれた!/STARBUCKS置き引き油断編/メキシコ

メキシコのSTARBUCKSでネットをしてたら、リュックを盗まれました。
壁際に座ってたので、すっかり油断してました。
パソコンが無事だったのが、不幸中の幸いです。
店内の防犯カメラにどんな犯人が映っているのか、どんな手口だったのか、「事件は会議室で起きてるんじゃない!」と織田裕二が叫んでましたが、来週の土曜日に警察署で上映会です。
不幸中の「楽しみ」です。
盗まれたリュックはこれ↓
 
P9132801.jpg
マケドニアで買った思い出の品です。
中身は、

412PRPZ6HTL._SL110_.jpg
SONYのVAIOを収納してたバッグ
ELECOM 低反発発泡ポリウレタンインナーバッグ(参考収容寸法275*40*215mm) ブラック ZSB-IB017BK

M000035891110002.jpg
MacBookを収納してたバッグ
サンワサプライ BAG-PMACA1BK [BAG-PMACA1BK [プロテクトケース MacBook/Air専用 ブラック]]
 
mouse_wi_mobile4000_10_img.jpg
写真のマウスは、盗まれたその日に買った新品です。
Microsoft Wireless Mobile Mouse 4000
日本で買うと、3,230円。
メキシコの秋葉原では、通常でも400ペソ(2,800円)と安いです。
一軒だけ300ペソ(2,100円)のお店があったので、そこで買いました。
たぶんお店の人、値段を間違って言ってるんだと思います。
お得でした。
 
その他、

ワイヤレス・マウス
コンセントの変換プラグ
マウス・パッド
延長コード(アメリカで買ったもの)
タコ足プラグ/電源タップ
LANケーブル
LANケーブル延長
仕事に使うDICの色チップ
MacのリカバリーCD
などなど、小さいものがこちゃこちゃとありました。

ちなみにスペイン語では、STARBUCKSをスタルブックスと発音します。

トップレスが立ってた/ボディペイント/メキシコ

 
RIMG0299.JPG
メキシコ・シティには、「メキシコの秋葉原」と呼ばれる電気街がありまして、ワイヤレス・マウスを探してうろうろしてたら、妙に身体のラインがはっきりした派手な衣装のお姉さんが売り込みをしてて、よく見たらボディペイントでした。
つまり、トップレスです。
とどのつまり、上半身裸です。
生、です。
乳首はいったいどうなってるんだろうと、近づいて凝視したら何かが貼ってあって、素材を確かめようと危うく触るところでした。
乳一髪!
それにしても、ナイスなスタイルしてます。
柔らかそうでいて重そうな、胸でした。
 
どう、東京に来ない?
 

2009年11月15日(日)[ペンション・アミーゴ六泊目/メキシコ]

宿のギターを弾いてたら、弦が切れました。
久しぶりにギターの練習をしています。
 
青年実業家ビセンテとスクーター捜索の打ち合わせ。
スクーターが見つかるとは思えないのだけれど、見つかれば見つかったでメキシコ・シティまで運ばなければならず、運ぶなら軽トラックが必要で、軽トラックは果物屋さんで借りますが高いです。
もしスクーターを発見できなければ、軽トラックを借りたお金がもったいないです。
ビセンテの友達のタクシーで往復すれば、安くすみます。
そんな打ち合わせです。
 
STARBUCKSでネット。
Yahooオークションで、盗まれたパソコン機器類を買いあさりました。
 
船戸与一『流沙の塔(上下)』を読み終える。

朝→焼きそば。祐子はチャーハン
昼→焼きそば
夜→昨夜の残りのチキンスープ

このアンテナはなんだ?/メキシコの秋葉原で見つけたもの


RIMG0300.JPG
メキシコの秋葉原で発見したアンテナです。
このアンテナをパソコンのUSBに接続すると、500メートル離れた無線LANルーターの電波が拾えるそうです。
本当だろうか?
外箱の説明書は、

RIMG0301.JPG
RIMG0302.JPG
よくわかりません。
550ペソ(3,850円)。
よくわからないけど、買いかなぁ...
 

2009年11月16日(月)[ペンション・アミーゴ七泊目/メキシコ]

祐子はパティオでアクセサリー作り。
宿のお手伝いをしてるクライディにアクセサリー作りを伝授してますが、途中でシャワーを浴びたり、食事をしたりして、不真面目だけど、上手です。
 
絵描きのケンタ君から聞いたメトロのCHABACANO駅の印刷所街へ出かけました。
Tシャツの印刷は、一枚25ペソ(175円)。安過ぎるので、聞き間違いだと思います。所要時間1時間半。
マグカップの印刷、加工は、ひとつ40ペソ(280円)。納期は二日後。
ワッペンの印刷(裏はシール)は、ひとつ2.6ペソ(18円)。安すぎます。これも聞き間違いだろうか。
どれもデータ納品です。
 
竹氏の誕生日に送るTシャツのデザイン。
 

朝→チャーハン。祐子はみかん
昼→バーガーキング
夜→チリビーンズ。我が家風

2009年11月17日(火)[ペンション・アミーゴ八泊目/メキシコ]

朝一、メトロのCHABACANO駅の印刷所街へ出勤。
オリジナルTシャツ屋に「竹氏生誕四十周年記念限定Tシャツ」の印刷を依頼。
印刷所のデザイナーがボクの渡したPDFデータを開いたら、ひらがなの"で"の字が奇妙に破壊されてました。
そんなこともあるだろうと、持参したMacをガバッと開き、速攻でデータをEPSに変換し直しましたが、このシークレット・エージェントばりの仕事の速さに誰も驚いてる様子はありませんでした。
格子窓からデザイナーの仕事を覗いてたら、ググった画像を勝手に使うわ、やたら縦横比率を変形させるわ、ボクが大将だったら、やり直しです。
でも写真の切り抜きは異常に速かったです。
そこんとこは、誉めときましょ。
Tシャツはパスちゃんとペアルックで印刷して、2枚で120ペソ(840円)でした。
Tシャツは少々安っぽいけど、なかなかいい感じの仕上がりです。
大貫夫妻、吉田夫妻の協力を仰ぎ、ひと芝居打ってプレゼントしました。
 
カンクンの日本人宿「ロサス・シエテ」のご主人と麻雀。
勝てませんなぁ。
「ロサス・シエテ」は250平米だそうで、そりゃ広いや。
 
マスコミは本質的に左派(リベラル)。
ボクは保守。
リーチがかかると、すぐ降りちゃいます。
 

朝→宿の朝食
昼→焼きそばに刻んだタマネギ
夜→昨夜のチリビーンズをカレーにしました

2009年11月18日(水)[ペンション・アミーゴ九泊目/メキシコ]

昼まで寝て、起きて昼食。
祐子はパティオでアクセサリー作り。
午後、STARBUCKSでネット。
当たり障り無く、何事も無く、恙無く。
  

朝→寝過ごして食べない。祐子は宿の朝食を食べた
昼→インスタントラーメンに昨夜のカレーをかけてみた
夜→ステーキ、ブロッコリー、マッシュポテト、マッシュルーム炒め

2009年11月19日(木)[ペンション・アミーゴ十泊目/メキシコ]

画家でアルテサナのみっちーが、来宿。
11ヶ月ぶりです。
みっちーはペンション・アミーゴに預けた荷物の保管料を気にしてましたが、ひと月を越えると一日3ペソ(20円)かかります。
 
忙しい青年実業家ビセンテとスクーター捜索の打ち合わせ。
ビセンテの手配で軽トラックは果物屋さんから借りることになりましたが、果物屋さんは何をやらかしたのか運転免許証を警察に没収されてました。
毎日無免許で仕事をしてるようですが、ここはメキシコですから平気なようです。
でもま、面倒は避けたいので代打ビセンテと思ったら、何故かビセンテも運転免許証を持っていないとすましてます。
だって春に、ビセンテの運転でドライブしたじゃん。
ビセンテの免許証事情はよくわかりませんが、彼もメキシコ人ですから問い詰めても詮無いです。
万が一警察の検問に遭ったら、ボクが運転手だけど体調が悪いので、運転を代わったと言い逃れすることにしました。
そんな作戦で通用するのか、メキシコ。
 
夕食後に軽く寝て、夜中の12時にビセンテの屋台に集合。
果物屋は面倒くさくなったのか、逃げてました。
メキシコ人って、こんなものですわ。
今夜の捜索は、中止です。
 
宿に帰って、料理上手なレイコちゃんのキムチをつまみまがら飲みました。
トクさんの野菜炒めもちょい辛で、美味かったです。
皆、料理の鉄人です。
 

朝→宿の朝食
昼→焼きそば
夜→屋台のタコス

オリジナルTシャツを印刷した/メキシコ

ペンション・アミーゴ総支配人代理、竹氏の生誕四十周年記念限定Tシャツをデザイン、印刷しました。
協賛、大貫夫婦、吉田夫婦です。
ありがとうございました。
 
RIMG0323_.jpg
印刷所のデザイナーにPDFデータをSDカードで渡したら、カードリーダーがないから開けられないと断られ、デジカメごと渡したらUSBケーブルがないと威張ってました。
使えない奴らです。
で、USBケーブルも渡したんですが、彼らの使ってるアプリケーションでPDFデータを開いたら、一部の文字が壊れてました。
重ねて使えない奴らです。
EPSデータを渡しました。
 
RIMG0314.jpg
クリーニング屋のアイロン台みたいのにTシャツをセットして、
 
RIMG0316_.jpg
トレーシング・ペーパーをかけて、
 
RIMG0317_.jpg
RIMG0318.jpg
大きなアイロンにかけて出来上がりです。
表面と裏面に印刷して、2枚。
黒一色印刷で、120ペソ(840円)です。
一枚420円だから、安いですよね。
片面だけだと、もしかしたら210円かも。
印刷サイズはA4までです。
 
これが商売にならんかと胸算用すると、一枚200円のTシャツを100枚印刷して日本に送って1000円で売れれば、80万円の利益。
ま、送料とか販売委託料とかサイズとか無視しての話ですが、なるへそね。
今度は、オリジナルのチェ・ゲバラTシャツを旅人に売りつけようかと企んでます。
南米では人気ですから、チェ・ゲバラ。
 
ちなみにTシャツのコピーは、
「持てる力の2割で生きる男
お陰様で満四十歳
働かざる事岩の如し」
背中のコピーは、
「人生Mas o menosで御座います」
 

2009年11月20日(金)[ペンション・アミーゴ11泊目/メキシコ]

昼寝、ギター、読書。
祐子はパティオでアクセサリー作り。
クライディに教えたり、クライディがいなくなったり。
STARBUCKSでネット。
みっちーとたいらくんとワインとテキーラと宴。
太地町のイルカとたいらくんの長い放屁。
 

朝→宿の朝食
昼→焼きそば三人前
夜→みっちーの野菜カレーとサラダ

2009年11月21日(土)[ペンション・アミーゴ12泊目/メキシコ]

宴は朝方まで続きました。

10時過ぎに起きて、朝飯食って、STARBUCKSへ来ましたが、ネットに繋がりません。
文句を言っても繋がりません。
ネットは諦め、Hidargo駅まで散歩して、屋台のビステク・タコスを食べて、Hilton HotelのSTARBUCKSで再度ネット。
仕事、NHK。
祐子はARTEMANO関係の仕事。
Hilton Hotelのトイレは立派で、緊張しました。
うんこ紙もトイレに流せます。
  
STARBUCKSで鞄を盗まれた時の防犯カメラの上映会に警察へ行ったら、
「ここじゃない」
「今日じゃない」
「時間が違う」
という事を前回の女性に言われ、追い返されました。
ま、メキシコだから、警察だってこんなもんです。
来週、他のビルへ行きます。
 

朝→宿のパンにニンニク・オイルをつけて焼きました
昼→Hidargo駅近くの屋台で、ビステクのタコス
夜→ステーキを焼きました

2009年11月22日(日)[ペンション・アミーゴ13泊目/メキシコ]

日本とメキシコの交流400周年を祝う「日墨400年祭」を冷やかしに、レフォルマ通りを散歩。
のんびりしてたら、神輿は見れず。
出店のお結び(一個140円)を食いたいような、イカ焼き(280円)を食べたいような、蕎麦(280円)を食いたいような、梅酒(1,050円)を飲みたいような、焼酎(3,500円)を飲みたいような、誘惑多し。
お米を2.26キロ(630円)だけ買いました。
歩行者天国をぷらぷらしてたら、以前アミーゴで一緒だったリョウコちゃんと偶然再会。
リョウコちゃんはメキシコ在住で、二、三年後にはカナダへ移住するそうで、計画性のある人生が羨ましいです。
ソナロサ地区までぷらぷら散歩したら、またまたリョウコちゃんと再会。
そういえばリョウコちゃん、家の近所で強盗に襲われたそうで、やっぱりメキシコは恐いですね。
ところで日本とメキシコのなれそめは、1609年にメキシコ人のビベロが台風で千葉県御宿町に漂着し、翌年、徳川幕府の寄贈した船でメキシコに帰還し、おつきあいが始まったそうです。
鎖国前でヨカッタですね。
 
宿に戻り早寝して体力を温存し、深夜12時、ビセンテの屋台へ出向。
スクーター(HONDA Silver Wing)の捜索のため、ビセンテの従兄弟セルヒオのCHRYSLERの乗り込み、マサテク族の聖地ウアウトラへミッドナイトラン。
ビセンテは急用で参加できず、てか、逃げられたか。
ウアウトラは、シャーマンとマジック・マッシュルームで有名で、ビートルズ(一説には「レット イット ビー」はここで作曲されたらしいです)やらボブ・ディランも来てるらしいけど、スクーターの捜索には関係ないです。
ビセンテの屋台の隣りの屋台の元トラックの運転手が、
「ウアウトラは強盗が出るから、夜は危険だよ!」
もう、夜中の一時ですがな。
スクーターを積み込むため後部座席を取り払ったので、カーブする度にボクは車内を転がりました。
治安の悪い夜のウアウトラを避けて、手前の町のガソリンスタンドで仮眠。
ガソリン・スタンドの灯が、ボクらの守り神です。
 

朝→食べなかった
昼→トマトとベーコンのスパゲティ
夜→ケンタッキーフライドチキン

2009年11月23日(月)[ペンション・アミーゴ14泊目/メキシコ]

寝過ごしてしまい、8時過ぎにガソリンスタンドを出発。
山道をひたすらくねくねと二時間ほど走って、本日の目的地ウアウトラに10時頃到着。
マジックマッシュルームとシャーマンとマサテク族の聖地として有名なウアウトラは、想像以上に大きな集落でした。
この集落から、カルロスという名のオヤジを探すわけですが、ファミリーネームはわからないし、住所も最後までわからないし、電話番号はわからないし、ヒントは「お店の角を曲がった右手二軒目の家」だけです。
ほぼ絶望的です。
捜索、開始。

朝→食べない 昼→ウアウトラ郊外のレストランで豚肉の酸っぱいスープ 夜→2010号線の食堂で、タコス

2009年11月24日(火)[ペンション・アミーゴ15泊目/メキシコ]

仮眠してたガソリンスタンドを6時過ぎに出発し、8時頃にはメキシコ・シティ。
渋滞がひどくてHONDAの修理店にはお昼ごろになって到着。
バラバラのHONDA Silver Wing 600を預け、修理見積もりを依頼し、宿に帰りました。
HONDAは忙しいそうで、見積もりは来週になります。
なにはともあれ、やっかいな姿になったスクーターを手放せてやれやれです。
この道中、寝てばっかりいたので眠くはないけど、疲れました。
 
歯を磨き、シャワーを浴びて、洗濯をだして、昼飯を食って、STARBUCKSでネット。
 

朝→食べない
昼→Hidargoの屋台でタコのトスターダ(105円)。祐子はエビのエンパナーダを二個(210円)
夜→親子丼。味が薄かったかも

2009年11月25日(水)[ペンション・アミーゴ16泊目/メキシコ]

今月の13日にSTARBUCKSで鞄を盗まれた際の防犯ビデオを見に、無料バスに乗ってBalderas駅の警察署へ出頭しました。
ツーリストポリスの「防犯ビデオを見せてやる」という言葉を無邪気に信じてます、ボクら。
今日こそビデオ上映会と思いきや、あにはからんや二時間もかけてたかが置き引きにそこまでしてくれなくてもいいからと謝りたくなるくらいに、詳しく供述を取られ、詳細な調書を作成し、ありがたいやら、迷惑やら、恐縮です。
それよか早くビデオを見せてください。
 
ボクらの「STARBUCKS置き引き事件」の担当刑事が決まりました。
背の低いネイティブ系の顔をした色黒の親爺、フェルナンドです。
コカコーラを片手にチュッパチャップスをしゃぶってる姿は、いかにも仕事が出来なそうな駄目駄目セニュールです。
案の定、調書の作成が退屈だったらしく、「終わったら携帯を鳴らしてくれ」と言い残してどこかへ消えてしまいました。
調書を作り終えて携帯に電話をしようとしたら、誰一人、彼の番号を知りませんでした。
フェルナンドには、お友達がいないようです。
よって、本日もビデオは見られず。
歯車が少しずつ噛み合っていないのか、ゼンマイの音はすれども進まず。
ただゼンマイが切れぬよう祈るのみ。
 
そういえばボクらの「STARBUCKS置き引き事件」の調書にDVDが一枚挟まっていたので、もしかしてと思い見せてもらったら、現場付近の監視カメラのものでした。
ビルの屋上からレフォルマ通りを俯瞰してるだけです。
事件とは全く関係ないビデオでした。
ちなみにメキシコシティには、そんな監視カメラが1000個あり、ズームアップすれば車のナンバーも窓の中も見られるそうです。
威張ってました。
それよか早くビデオを見せてください。
 

朝→宿のパンをガーリックトーストにしてみたけど、たいした美味しくなかったです
昼→インスタントラーメン「オットギ」の黄色。祐子は昨夜の親子丼
夜→ピーマンとタマネギの牛肉炒め

2009年11月26日(木)[ペンション・アミーゴ17泊目/メキシコ]

一日中宿に籠って、「STARBUCKS置き引き事件」の担当刑事フェルナンドを待ちましたが、予想通り彼は来ませんでした。
そういう意味では期待を裏切らない男です、フェルナンド刑事。
明日、Balderas駅の警察署を訪ねることにします。
いつになったら、STAUBUCKSの防犯ビデオが見られるのでしょう。
 
祐子はパティオでアクセサリー作り。
宿のお手伝いをしてるクライディが、熱心にアクセサリー作りを学びます。
ボクは、渡辺淳一「病める岸」を読んで昼寝。
 
なんとなく喉が痛いので、熱いお茶を飲んで、テキーラを飲んで、レイコちゃんの鶏のハムをつまんで、だらだらとおしゃべりをして夜更かし。
風邪かも知れないけど平和な夜です。
 

朝→宿の朝食
昼→焼きそばと一昨日の親子丼
夜→豚肉の生姜焼き。生姜が強すぎ反省してます

メキシコの山中で行方不明のスクーターを探す旅/ウアウトラ


RIMG0029.jpg
ボクらの初代スクーターHONDA Silver Wing 600が、メキシコの山中で行方不明です。
かいつまんで事情を説明すると、今年の春ごろRタロー君がオアハカ州の山中をドライブ中、スクーターの電気系統が燃えだして走行不能になり、付近の村人にスクーターを預けたわけですが、預けてた人からの連絡が途絶えました。
ネコババされたか?
タコス屋を多店舗展開する青年実業家ビセンテの従兄弟、セルヒオのCHRYSLERに乗り込み捜索に出かけました。
ビセンテは急用ができたので、祐子とセルヒオとボクの頼りない三人組です。
現場は、シャーマンとマジック・マッシュルームとマサテク族の聖地として有名な、ジャンキーの町ウアウトラです。
Rタロー君はジャンキーの町に何の用事があったのでしょう。
ウアウトラは3000メートルを超す山々にへばりついた、霞に隠れた集落で、メキシコ・シティから東へ400キロも離れています。
メキシコ人の元トラック運転手が語るに、
「夜はトラックをも襲う豪快な強盗が出没する、危険地帯」
だそうです。
っていうか、彼が襲われた被害者でした。
 
ウアウトラでスクーターを預かってくれたアミーゴの名は、カルロス。
カルロスは、何度もメールを送っているのに返事をよこさないので、「スクーターを売り払って逃げたに違いない!」容疑で、ボクら的には指名手配犯です。
容疑者カルロスの手がかりは、僅かです。
ファミリーネームが不明で、電話番号がわからない、住所も途中まで、ヒントは「お店の角を曲がって右手の二軒目」だけです。
お店の角を曲がった二軒目のカルロス...、つまり日本人的視点に置き換えれば、お店の角を曲がった太郎さんを探すような難易度です。
ウアウトラに到着して山の斜面に広がった家々を眺めて、その予想外の集落の大きさに即刻捜索を中止して帰ろうと思いました。
諦めが早いのが得意技です。
 
しかしメゲル事を知らないメキシコ人運転手のセルヒオが聞き込みしたら、驚いた事に30分とかからずカルロスの家を発見↓。
 
RIMG0014.jpg
カルロス本人は留守でしたが、お母さんにスクーターの写真を見せたら、あーあーっと暗い顔をして頷いてました。
ビンゴです。
のらりくらりと要領を得ないお母さんからカルロスの立寄先を聞き出し、娘さんが入院している町に一軒しかない病院へ急行。
町に一軒しかない病院なのに、道を訊ねても訊ねても辿り着けず、狭い道をぐるぐるまわり、罠かと思いました。
そういえばお母さんに家の番地を尋ねたら、家のドアの周囲をあれこれ見て、困り顔で眉間に皺を寄せるだけでした。
番地なんか、住んでる本人も知らないようです。
 
肩幅の広い笑福亭鶴瓶に似たカルロスに対面し、自己紹介をして軽く握手を交わし尋問をしたところ、スクーターは彼の故郷のTuxtepecに放置されている事がわかり、有無を言わさず、ていうか、彼は何が嬉しいのか円満の笑顔で同行してくれることになりました。
暇なのかねあんた。
なぜか工具箱を抱えて車に乗り込んで来ました。
Tuxtepecは目眩がするほどに遠く、霧に霞む蛇行した山道を片道三時間もかかります。
このまま仲間のアジトに連れ込まれてお釜を掘られる可能性も捨てきれませんが、笑福亭鶴瓶似のカルロスを見てたら、なんだかそれもいいのかなぁとすっかり寝てしまいました。
 
一時間ほど走ってたら車が怪音をたて始め、運転手のセルヒオとカルロスは、路肩でボンネットを開けたり覗いたり、相談したり笑ったり、クーラントを買ったり入れたり、ブレーキパッドが安かったと喜んだり、修理工場へ寄ってブレーキパッドを交換したり、携帯の番号を交換したり、高校生みたいに仲良しです。
ま、いいけど。

RIMG0025.jpg
写真右側がカルロスです。
 
Tuxtepecのカルロスの実家の門扉からリビング、キッチンと一直線に抜けた裏庭の右手奥に、Silver Wingが眠ってました。
 
RIMG0028.jpg
ほとんどのカウルが取り外されて、見るも無惨な姿でしたけど、無事といえば無事のような、いっその事、見つからない方が面倒がなかったのにと、複雑な思いを胸に秘め再会を喜びました。
カウルやらシートやらが外されていてもそのままでは車に乗らないため、カルロスが持参した工具を広げて嬉しそうにさらにバラバラにし始めました。
単なる解体マニアです、彼。
それでも車に積めなかったので、オイルを抜いて横倒しで、強引に車に突っ込みました。
近所の子供が集まり、用もないくせに「ハポネス!」と呼ばれ、乳のでかい娘さんたちも遠巻きに笑顔を贈ってくれました。
 
カルロスの家族があれやこれやと協力してくれたので、お礼に500ペソ(3,500円)を渡し、記念写真を撮り、Tuxtepecの街を後にしました。
 
RIMG0032.jpg
途中コメドール(食堂)でタコスをご馳走し、カルロスを家に送り届け、厚くお礼をしたら、
「あと250ペソ(1,750円)ください」
と厚かましいことをおっしゃってましたが、丁寧にお断りしました。
スクーターを預ける時にRタロー君がけっこう支払ってますから、もう十分です。
 
ところでスクーターからガソリンを抜かずに横倒しにしたため、道中ガソリンが漏れて、車中は一発触発、走る爆弾状態になりましたが、それでも運転手のセルヒオは、タバコを吸ってました。
メキシコ人の危機管理能力の限界です。
 
スクーターで南下中のシュンさんに教えてもらったメキシコ・シティのHONDAヘ、バラバラ死体状態のスクーターを預け、修理見積もりを依頼しました。
 
RIMG0043.jpg
ここのHONDAのスタッフは、床に溢れたオイルはすぐに拭き取るし、スクーターを持ち上げる時に「1,2,3」とかけ声をかけるし、バラバラの部品をひとつずつデジカメに撮るし、信頼できそうです。
 
RIMG0036.jpg
ペンション・アミーゴに到着し、運転手のセルヒオに約束より多い1,500ペソを渡そうとしたら、「2,000ペソ」を要求されました。
ま、車内にガソリンをこぼしたし、ドアのパッキンを破ったし、バンパーにも傷を付けたし、しょうがないね。
 

★捜索隊の費用★
運転手のセルヒオに2,000ペソ
カルロスに500ペソ
ガソリン代1,350ペソ
食事代360ペソ
合計4,210ペソ(29,470円)

 
修理見積もりがいくらになるか、心配です。
 

2009年11月27日(金)[ペンション・アミーゴ18泊目/メキシコ]

二日間も待ちぼうけを喰らわせた「STARBUCKS置き引き事件」の担当刑事フェルナンドを訊ねて、Balderas駅の警察署へ。
フェルナンド刑事は留守。
先日調書作成を手伝ってくれたLucia女史によると、来週の金曜日にフェルナンドが宿に来るそうです。
なんとも当てにならない話ですが、信じるよりほかありません。
メキシコでは、信じる者は救われません。
 
風邪かもしれないです、喉が痛い。
贅沢してレストラン「Vips」で昼飯を食べてそのまま店内でネットする作戦が、食欲は出ないし、喉が痛いし、エアコンが寒いわで、STARBUCKSへ避難。
NHKの原稿。
 
麻雀、負けた。

朝→宿のパン 昼→レストラン「Vips」。ボクはタコスを頼んで残し、祐子はスープ 夜→

2009年11月28日(土)[ペンション・アミーゴ19泊目/メキシコ]

R子ちゃんの住むアッパー地区「コンデッサ」へ出かけ、散歩。
盛況の居酒屋「写楽」、アジアンレストラン、カフェ、雑貨屋、市場、花屋のスタンド。
ペンション・アミーゴ界隈とは、ちょいと佇まいが違います。
R子ちゃんの借りてるペントハウスを訪問。
家主の嗜好で、男は出入り禁止(今日は何故入れたのだろう?)。
決して広くはないけど、祐子と二人で住めなくもないぎりぎりのスペースと気持ちのいい窓、悪くない物件です。
トイレ・シャワーは共同ながらも物干し場は広く、ひと月1,200ペソ(8,400円)とは格安です。
 
カナダへの移住はポイント(点数)制だけど審査は5年後なので、ノミネートだけは今すぐしたほうがいいかもしれないです。
それまでに英語の勉強をして、フランス語は捨てるべし。
親戚が点数になるそうです。
目指せ67点。
  
ところで東京で一人暮らしして、月8万円ほど貯金できるだろうか。
 

★牛丼についてのメモ書き★
出来るだけ薄い肉。
甘い白ワイン。
肉は煮込まない。
出汁用の肉を用意して煮込む。
タマネギはスープで煮込む。
スープは再利用。

 
朝→宿のパン
昼→牛丼
夜→R子ちゃんと海鮮物レストラン

2009年11月29日(日)[ペンション・アミーゴ20泊目/メキシコ]

ペンション・アミーゴの昔の管理人、青い稲妻ことI君が来宿。
つい最近、肺炎で倒れてたところを会社の同僚に発見され、死の淵から奇跡の復活をしたそうです。
頑張れプーマス。
彼のアパートは2LDKで4,000ペソ(28,000円)とは、安いです。
 
祐子は屋上でアクセサリー作り。
ボクはギター「Raindrops Keep Fallin' On My Head」と昼寝。
夕方、STARBUCKSへ。
 
麻雀。
「夢を持たないと運は向いてこない」
安藤忠雄(建築家)
 

朝→食べない
昼→トマトとベーコンのクリームチーズ・スパゲティ
夜→一昨日のカレーの残り

2009年11月30日(月)[ペンション・アミーゴ21泊目/メキシコ]

午前中、STARBUCKSでネット。
みっちー、帰宿。
麻雀。
ビール。
 

朝→宿のパン
昼→バーガーキング。マクドナルドの方が美味いね
夜→トマトとベーコンとクリームチーズのスパゲティ

10分後に声をかけてください〈Menubar Countdown〉

 
ピクチャ 1.png

ときどき祐子から、スパゲティを茹で始めたから10分後に教えてくれとか、頼まれるけど、ボクは基本的に暇とはいえ、人様に時間を教えられるほどナニじゃないので、
 
「Menubar Countdown」
 
をインストールしてみました。
 
ピクチャ 9.png

指示した時間後、「Announcement Text」に入力した言葉で、知らせてくれます。
「Yuko Yuko Yuko」と入力したので、ボクがわざわざトランスレートする必要もありません。
こいつぁ便利だと思ってインストールしたのですが、一回しか使ってません。
人生って、備えあれば必要なし、です。