« 2009年11月2日(月)[バイエ・フェリックス六泊目/ルーマニア] | メイン | メキシコで家を買うなら、バハ・カリフォルニア »

メキシコでコロニアルな家を買う/グァナファト

今回の家探しは、メキシコです。
美しいコロニアル都市として有名なグァナファト、常春です。
メキシコシティからバスで5時間なので、ほどほどの距離です。
地球で家を探そう的なWebサイトpoint2homesで検索しました。
 
52.jpg
[1]1800万円で、驚きの208平米。
 
50.jpg
2ベッドルームに3バスルーム。
208平米の広さで、天井が高くて、自然光がいっぱいのデザイナーズハウスです。
祐子と二人で住めば、一人頭の陣地が100平米。
ゆとり世代になれます。
 
51.jpg
この写真が掲載されてたけど、本当に窓からこの景色が見えるのか、疑わしいです。
ただ街の写真を載せただけのような気がしてなりません。
メキシコ人はお国柄なのか国民性なのか、商品説明が足りないです。

55.png
グァナファトって、あの辺です。
続いて、
 
[2]1700万円で、街を見下ろす。

60.jpg
階段を昇ると、
 
61.jpg
リビングがあって、なんだか狭そうです。
 
62.jpg
キッチンがあって、
 
63.jpg
マスターベッドルームがあります。
 
64.jpg
この景色は悪くないです。
4ベッドルームもあって、2バスルーム。
158平米の角地。
角地っていうのが、味噌というかウリみたいです。
場所は、上の物件と同じ街です。
 
そして、
[3]2600万円。二階をまるごとリビングにした。
 
70.jpg
正面は、ま、ぼちぼちです。
 
71.jpg
螺旋階段をぐるりと上ると、
 
72.jpg
二階はワンフロア全体がリビング。
360度、眺望。
こんなのを求めてました。
ここを仕事部屋にして、疲れたら外を眺める。
いい仕事ができそうです。
暖炉のデザインが余計です。
 
73.jpg
なんとなく漠然としたキッチン周り。
コンクリートでがっちりと固められた、アイランドキッチン。
邪魔です。
3ベッドルーム、3バスルームで、堂々の418平米。
広すぎ。
上のふたつの物件の街の郊外です。
 
[番外編]
 
aaa.jpg
リビングの真ん中に暖炉です。
丸いのがいいですね。
やってみたいけど、邪魔かな。
 
gallery.jpg
煉瓦製のボールド天井。メキシコの得意技みたいです。

bbb.jpg
頑張っちゃった天井。
このかまぼこ型は紀元前からの手法らしいです。
ボールド天井って、本来この形を指すのだろうか。

ccc.jpg
ゆとりのシンク。
これ、すごく気に入ってます。
どうです、奥さん。
 
eee.jpg
トイレとビデ。
これだと見られても恥ずかしくないかもしれません。
立ち小便は禁止。
 
fff.jpg
古いドア。
朽ちかけた木造扉って、憧れます。

 
ddd.jpg
古いドア。
痺れます。
 
ggg.jpg
やりすぎちゃった壁。
節操がないです。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/6674