|  Top  |  Menu  | 

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月1日(金)[ペンション・アミーゴ53泊目/メキシコ]

亀君とお雑煮を食べて、開店準備の終わっていない椅子の積み上がったSTARBUCKSにてネット。
革命記念塔の近辺、人影少なし。
 
麻雀。
好スタートをきるも、すぐに失速。
好機を逃し、反省多々。
今年の標語は、
「行くときは行け!」
「即リー!」
 
祐子の風邪、良くならず。
咳、苦しそう也。
 
今年の目標
「どうせやるなら気持ちよく」
by あすかちゃんのお父さん
 
深夜、メヒカーナのエミちゃんと、青年実業家のビセンテ、謎の住居人の三人が顔に絵を描いてふらふらしてました。
どうやらイダルゴ駅付近で、祭りがあったらしいです。
 

朝→餅入りお雑煮
昼→朝と同じ
夜→亀ちゃんとススム君によるカレーライス

〈アミーゴ〉元小学校教諭の冒険

 
ピクチャ 1.png
Longgo君は、元教諭。
小学校業界は学級崩壊、不登校、給食費の不払い、モンスターペアレンツと嵐の吹き荒れる職場のようです。
想像以上にたいへんそうです。
 
http://yaplog.jp/longgo/
 
基本笑顔系で、メモ魔の引きこもり経験者。
ヘタレのフリをした柔道家です。
亀君と二人で中米を突き抜ける計画を立ててて、護身用に筋トレを始めました。
よく、めっちゃ悔しいですわぁ〜と緩い関西弁で嘆いてますが、感情がこもってません。
 
P1033393.JPG
南木佳士の『ダイヤモンドダスト』を頂きました。
ボクがお薦めしたのは、司馬遼太郎の『峠』です。
 
鍋でご飯を炊くときは、時間を計るように!
豚肉は、薄く切るべし!
 

〈アミーガ〉メヒカーナのEmiちゃんに、髭が生える

 
P1023387.JPG
Emiちゃん、おっさんに見えるがな。
 

2010年1月2日(土)[ペンション・アミーゴ54泊目/メキシコ]

お昼ちょっと前に起きて、昨夜の残りのカレーライスを食べ、二日目のカレーがずいぶんと薄味になっていたので、れいこちゃんのサルサ・デ・ベルデ(緑色のタレ)を混ぜました。
インターネット屋。
卓球。
麻雀。
祐子の咳、ますますひどく、夜寝られず。
 
珍しく、雨。
 

朝→食べない
昼→昨夜の残りのカレーライス
夜→亀君とススム君の豚肉の生姜焼き。ボクの指導が悪くて薄味になりました

〈アミーゴ〉世界一周チケットで動きがとれない亀くん

 
ピクチャ 4.png
顔に似合わず綿密な為替計算をして、わざわざロンドンで世界一周チケット買った亀君です。
世界一周チケットのお陰様で気ままにルート変更ができず、不自由してるそうです。
後悔をしないために世界旅行に出たのに、ヨーロッパでは"後悔"を残しまくったとため息をつき笑わしてくれました。
『旅亀の世界一周冒険活劇』というブログを書いますが写真の加工ができないので、全部平たい写真になってます。
それを苦にしない、大きな人物です。
ブルガリア、ハンガリー、メキシコと三度目の巡り会いで、ハンガリーのストリップでは、女の子に膝乗りしてもらった強者でもあります。
ここにきて中米をバスで駆け抜ける計画を立て、やっと飛行機の変更をしました。
ボクと同じ歳にとても見えないバイオリニストのトクさんが、中米バス縦断をけしかけながらも絶対強盗に襲われると脅しています。
その度に素直に怯える亀君です。
 
RIMG0025.jpg

ギアナ三国を陸路で通過/オイアポケ(ブラジル)→カイエンヌ(フランス領ギアナ)→パラマリボ(スリナム)→ジョージタウン(ガイアナ)

ギアナ三国は物価が高くて住民が愛想なく、そんなこんなですからさほど楽しくなかったのですが、酔狂な人やスタンプラリー系の人の参考にでもなればと、日記の2008年04月14日以降を読んでいただければ、それなりに雰囲気を伝えられるかもしれないです。
暇つぶしにぜひ。
 
以下はルートと宿の情報です。

ピクチャ-3.jpg
オイアポケ(ブラジル)
   ↓
船/【料金】10ヘアイス
   ↓
St.(サン)ジョルジュ(フランス領ギアナ)
 
ピクチャ-5.jpg
St.(サン)ジョルジュ(フランス領ギアナ)
   ↓
乗り合いバス/【料金】40ユーロ
※イミグレに寄るように言うこと
※ホテルの前まで行ってくれるので、宿の住所を提示すること
ボクらは、白タクを利用(宿まで40ユーロ)

   ↓
カイエンヌ(フランス領ギアナ)
【安宿】La Bodega〈詳細→〉
【住所】42 Avenue du General de Gaulle
 
ピクチャ-1.jpg
カイエンヌ(フランス領ギアナ)
   ↓
乗り合いバス
【出発時間】8時/3時 ※定員いっぱいになったら、出発
【料金】35ユーロ
【停留所】Mole通りとAvenue de la Liberte通りの角(下の写真の場所)
地図を参照
【注意!】サン・ローラン・ドゥ・マロニーの客引きが相当うるさいので、運転手にイミグレまで行ってもらい、イミグレの横の川まで、友達の船を呼んでもらうと面倒がない。
ついでにアルビーナからパラマリボまでの乗り合いタクシーも、船頭さんの友達を手配してもらうと、煩わしい客引きから逃れられます

   ↓
サン・ローラン・ドゥ・マロニー(フランス領ギアナ)
   ↓
渡し船/【料金】5ユーロ
※荷物だけ積んで逃げる船がいるので、注意!
14時には、大型フェリーあり
【大型フェリーの料金】3.5ユーロ
10分くらいで対岸のアルビーナ(スリナム)です

   ↓
アルビーナ(スリナム)
   ↓
【乗り合いタクシー】アルビーナ(スリナム)→パラマリボ(スリナム)
【料金】4人で乗れば、一人10ユーロ/ひとりなら40ユーロ
※乗った人数でシェア
【注意】イミグレに寄ってもらいましょう

   ↓
パラマリボ(スリナム)
【安宿】TwenTy4〈詳細→〉
【住所】Jessurunstraat 24 Paramaribo centrum, Suriname
【電話】420751

ピクチャ-7.jpg
パラマリボ(スリナム)
   ↓
ミニバス/途中、船/【料金】120スリナムドル
※宿の前まで行ってくれます
   ↓
ジョージタウン(ガイアナ)
【安宿】Florentes Hotelは閉店してたので、斜め向かいのEena's Guest Houseに泊まる

真っ白い砂漠のエメラルド色の湖/レンソイス・マラニャンセス国立公園/ブラジル

ブラジルのお薦め観光地です。
とはいえ、ほとんど観光客に会わない、まだちょい穴場です。
 
シーツのように白い砂漠にエメラルド色に輝く湖がたくさん出現する秘境、雨期になるとカエルや魚が出現する謎の湖、レンソイス・マラニャンセス国立公園は、ブラジルのこの辺↓です。
 
111.png
まずは、ジェリコアコアラへ。
ここをクリックすると付近の詳細な地図が表示されます
ジェリコアコアラでは、【宿】Pousada do Veioに泊まりましたが、町には腐るほど宿があります。
レンソイス・マラニャンセス国立公園へ行くために、アティンスという小さな小さな村を目指します。
移動等の詳細は、日記の2008年03月29日以降をぜひ読んで下さいな。
費用については、家計簿をご覧ください。
ジェリコアコアラから冠水した大地をTOYOTAのランドクルーザーで駆け、海岸線をなぞり、Paulino Nevesで一泊。
宿はOasis Dos Lencois〈詳細→〉
翌日、船着き場の集落Cabureから小舟でアティンスへ。
ここをクリックするとアティンスの地図が表示されます。
アティンスでは、安宿Pousada Dos Lencois Atins 別名Pedro Brunoで宿泊。
レンソイス・マラニャンセス国立公園へは、歩いて行きます。
雨期なので、ほとんどの道は冠水してます。
そこが楽しいのです。
 
砂漠を湖を堪能したら、バヘェイリーニャスという町へ船で行きましょう。
これまた、のんびりとした船旅なり。
【宿】Pousada Deusa
 

2010年1月3日(日)[ペンション・アミーゴ55泊目/メキシコ]

昼に起きて、東京の坂木君の差し入れのラーメンを食べて、STARBUCKS。
本日、風強く、肌寒し。
 
サンフランシスコから来たアメリカ人相手に英語の勉強をするTOMO氏と、便乗する者二、三名。
今宵は麻雀をしないで飲んでました。
シェフが国士無双をあがり、参加せず幸いです。
君子危うきに近寄らず、です。
 
五味彬の写真集『Yellows』がすごく好きだと、33歳の女の子に訴えました。
 

朝→食べない
昼→坂木君の差し入れのラーメン
夜→高級ステーキ「アラチェラ」

2010年1月4日(月)[ペンション・アミーゴ56泊目/メキシコ]

二人とも風邪が治りません。
祐子とEmiちゃんは、日本食材店「みかさ」へお買い物。
ボクはネット屋。
 
梅酒を飲む33歳のAちゃんから、オリジナルTシャツの注文を受けました。
サンフランシスコに住む調理師クリス先生によるTOMOさんの英語の勉強。
夜中、飲みながらも納品の準備等で忙しく。
 

朝→宿のパン
昼→近所の定食屋で、薄い薄い牛肉定食。祐子は芋
夜→オムライス

〈旅道具〉冷静に考えるとほしくない「歩ける寝袋」


91227b74 のコピー.jpg
歩ける寝袋です。
41,000円。
微妙な商品なのに高いです。
これは欲しくない一品です。
 

2010年1月5日(火)[ペンション・アミーゴ57泊目/メキシコ]

仕事。
Aちゃん33歳の旅の思い出オリジナルTシャツのデザインに没頭。
Aちゃんの旅の写真の鑑賞、収集。
Tシャツのコピーは、「よこはま・たそがれ」をアレンジした演歌風にしました。
午後、STARBUCKS。
HONDAよりスクーターの修理に関してメールあり。
Rタロー君が修理依頼したHONDAディーラーを思い出せず。
ニュージーランドのRED BARONより、スクーターに関してのメールあり。
SUZUKI BURGMAN 650は、在庫なしとの事。
Emiちゃん、日本食材を買い込んで帰郷。
 
寒いけど、それでもビール。
南木佳士『ダイヤモンドダスト』を読み終える。
最近、見た目45歳くらいの"ヨシ"と呼ばれる旅行者の非常に悪い評判を耳にします。
この噂はいつの日かボクのナニと混ざり合う気がします。
そんな事を気にして、O貫家の鍋を洗ってみたりして。
 

朝→宿のパン
昼→和風スパゲティ
夜→ハンバーグ。ソースはシェフの特製

旅の新しい商売「オリジナル買物バッグを作ります」

 
RIMG0028.jpg
旅中の金稼ぎ、「オリジナルTシャツ作ります」に続いて第二弾、「オリジナル買物バッグを作ります」。
Tシャツが買物バッグになっただけです。
本来は企業秘密ですが、原価を公表します。
上の写真のタイプだと、バッグ自体が13,50ペソ(94.5円)、印刷が一色につき3ペソ(21円)。
仮に三色印刷すると、計算が微妙にあわないけど25ペソ(175円)。
シルク印刷です。
この原価にボクのデザイン代、営業管理費がごっそりのります。
すみません。
 
RIMG0030.jpg
このタイプは、1色印刷で18.50ペソ(129.5円)。
マチが広いので、食料買い出しと保存にいいと思います。
いかがでしょう。
旅の思い出に、オリジナル買物袋。
今、ペンション・アミーゴに泊まると格安にて、デザイン印刷いたします。
どうぞよろしく。

2010年1月6日(水)[ペンション・アミーゴ58泊目/メキシコ]

 
RIMG0027.jpg
朝一番、メトロ二号線に乗ってChabacano駅へ出勤。
アーチェリーに青春を捧げたAちゃんから受注した「旅の思い出オリジナルTシャツ」の印刷に来ました。
印刷会社のいつもの愛想のないデザイナーにデータを渡して、Tシャツの色とサイズを選び、印刷の指示。
巨大アイロンが暖まるまで、インスタントコーヒーを飲んで暇つぶし。
帰路は、散歩。
暑くも寒くもなく快適。
 
なんだか最近、あれを食べたいこれを食べたいという高級な欲求がありません。
 
STARBUCKSでDJのウーゴに話しかけられる。
この年末年始は、東京の渋谷、六本木で稼いでたそうだ。
もしかして有名人なのだろうか。
 
ザヨコのシェフ、惜しまれつつ帰国。
サヨナラ麻雀。
カレーライスを塩っからいと糾弾されたこともございましたが、ハンバーグソースは絶品でございました。
ありがとう。
 

朝→宿のパン
昼→インスタントラーメン"おっとぎ"
夜→我が家のチリビーンズ。のりさんたちはチリコーンと呼んでました

ブラジャーを見にニュージーランドへ飛ぶ/オタゴ/Cardrona


brafen2.jpg
ニュージーランドのオタゴのCardronaには、800以上のブラジャーがぶら下がったフェンスがあるそうで、来月、行って来ます。
楽しみです。
 
ちなみにここメキシコからニュージーランドまでの航空券を探すと、いまのところ安いのは、ロサンゼルスまで18,000円(預け荷物1個/25kgまで。ひとつ追加で40ドル含む/メヒカーナ航空)。
ロサンゼルスからシドニー経由でオークランドが、90,000円(預け荷物2個/32kgまで/Vaustraria航空)。
合計108,000円。
 
アラスカエアライン(メキシコ→ロサンゼルス)だと、預け荷物ひとつ22.68kgに追加荷物が25ドルで(同じ重さ)で19,000円。

2010年1月7日(木)[ペンション・アミーゴ59泊目/メキシコ]

JALのOBの年金って、月額60万円らしい。
 
早朝の4時半に雀豪決定戦で優勝したシェフを見送ったので、昼頃まで寝てました。
昼飯を済ませて、日課のSTARBUCKS。
ウェーターのお兄ちゃんに、YUKOと名指しされる仲になりました。
 
イラストWeb『ぽる庫』の仕事。
麻雀、一勝一敗。
ペンション・アミーゴの図書室の藤原 伊織『テロリストのパラソル 』を読んでます。
昔、読んだんだけど、他に読みたい本がどうしても見つからないので再読。
幸い、ほとんど覚えてません。

冷たい雨、珍しく降り続く。
 

朝→寝過ごして食べない
昼→ハンバーグスパゲティ。ソースはザヨコのシェフ特製です
夜→昨夜の残りのチリビーンズをカレーにしました。TOMOさんからお餅をいただく

2010年1月8日(金)[ペンション・アミーゴ60泊目/メキシコ]

昨夕、日航が会社更生法になったという噂が宿内に流れ、今朝になって上場廃止になったんじゃないかと、あわててSTARBUCKSで情報収集してます。
どうやら上場廃止が避けられそうで、ひと安心です。
 
昨日、今日と続けて仕事が入り、「オリジナルTシャツ」も一本残ってるし、名古屋方面のカフェのロゴも終わってないし、英語本の企画もあるし、なんだかとても忙しいです。
中南米の旅人の中では、けっこう忙しい方じゃないかと自画自賛してます。
 
メキシコの女性って、見た目に純情さや可憐さが見えません。
そこが彼女達の構造的欠陥だと思います。
 
TOEICテストで満点をとれるんじゃないかぁ...とおっしゃる頼もしい青年に、英語本の企画を手伝ってもらうことにしました。
青年は決して賢そうに見えませんが、それはそれでいいのです。
さぁ、今年は本を出すぞ!
目指せ、いろいろと実りある一年。
人生、もうそんなに長くはありませんから。
 
麻雀、一戦一勝。
 
雨、降り止まず。
 

朝→宿のパン
昼→近所の定食屋でアラチェラ定食(35ペソ。245円)。祐子はチキンの煮込み(30ペソ。210円)
夜→オムライス

2010年1月9日(土)[ペンション・アミーゴ61泊目/メキシコ]

雨。
インターネット屋でこの年末年始に東京で荒稼ぎしたDJのウーゴに会いました。
ウーゴのトレードマークは帽子、そしてステッカーをバリバリ貼った白いMacです。
 
再生支援機構が日航の上場廃止を検討中って、そりゃあんた、、、、。
記事中のイマイチ意味不明な箇所は、


祐子は土曜市(ティアンギス)へ食材の買い出し。
麻雀、一戦一敗。
 
まだ続く冷たい雨。
寒いので、みな昼間っからリビングにいます。
カンクン帰りのイトウ君のお土産の週刊現代で、細川ふみえとか小向美奈子のヌードを堪能。
なるほどなるほど、そうなってましたか。
 
朝→宿のパン
昼→焼きそば
夜→TOMOさんとトンカツ

第二弾! 旅の思い出に、オリジナルTシャツを作ります


P1093399.JPG
旅の思い出にオリジナルTシャツ、作ります。
略して、「タビT」です。
第二弾のお客様は、Aちゃん。
ワンワールド系(世界一周チケット)ですが南米をなかなか抜け出せず、世界一周は叶わぬ夢となってしまいました。
そんな彼女の心情を演歌調にしてみました。
 
asaka_t_03のコピー.jpg
お尻の大きな女性を見ると写真に撮りたくなるそうで、まったくもって同感です。
 

2010年1月10日(日)[ペンション・アミーゴ62泊目/メキシコ]

お昼ごろからSTARBUCKSにて合宿。
仕事に追われてまして、7時間ほど立て篭りました。
 
夕方遅く、星がひとつ増えました。
悲しみは乗りこえるものなのか、薄まるのを待つべきなのか、沈殿するのか。
 

朝→今日は日曜日なので、朝飯なし
昼→STARBUCKSのパン
夜→

2010年1月11日(月)[ペンション・アミーゴ63泊目/メキシコ]

STARBUCKSにて8時間。
夜まで仕事。
こんなに働く旅行者、見た事ないです。
 
麻雀。
一戦、チョンボ、一敗。
 
宿に沈む冷たい澱。
パス家の食卓で揺れるローソクの炎。
重い想い。
ぼやけた視線。
 

朝→クリームシチュー、ごはん、ごはんですよ
昼→STARBUCKSのパン
夜→ケンタッキーフライドチキン

2010年1月12日(火)[ペンション・アミーゴ64泊目/メキシコ]

朝からSTARBUCKSに立て篭り9時間。
夜まで仕事。
翌朝5時過ぎまで、あれこれとすったもんだしてました。
 
トータルで1000点以上も勝ちまくったO貫氏のサヨナラ麻雀、一戦。
世は全てこともなし。
 
パティオで動かぬ車椅子。
言葉を持たぬもどかしさ。
納棺。
 

朝→クリームシチュー、ごはん、ごはんですよ
昼→STARBUCKSのパン
夜→和風スパゲティ

限りなく黒に近い灰色

元NHK解説委員主幹の長谷川浩氏が、
世界貿易センターで犠牲となった被害者の国籍別人数を調べたところ、
本来は勤務していたはずの米国とイスラエルの2重国籍を持つ4000人のユダヤ人が
一人も死んでいなかった事実をつきとめて、
10月10日23時の特番でその件を報告したそうです。
長谷川氏は、5日後にNHK構内で不審な転落死を遂げています。

 
自作自演の公共事業。
 

2010年1月13日(水)[ペンション・アミーゴ65泊目/メキシコ]

朝、単身ネット屋へ。
納期に追われてます。
 
個室を巡って民族大移動。
我が家は念願の三階へお引っ越し。
ま、昨年にも使った部屋なんですが、天井が高く、窓ガラスは外の陽光を薄ぼんやりと見せてくれます。
それだけでも嬉しいです。
なぜかイトー君もドミを移ってました。
 
O貫夫婦、Y田夫婦と宿の重鎮、二大巨頭夫婦が旅立つ。
パティオに溢れる見送る人たち。
撮影会。
抱擁。
旭川出身のチャーリーは、シャワーの途中でタオルを腰に巻いての見送りです。

深夜12時、大瓶のビールとれいこちゃんのいない夜。
麻雀のない夜。
 

朝→クリームシチューとごはん
昼→鶏肉炒めとごはん。親子丼に卵を入れない感じ
夜→

2010年1月14日(木)[ペンション・アミーゴ66泊目/メキシコ]

祐子の手編みの指輪「Jaboo」の宣伝用ハガキのデザイン。
祐子は明日の行商用の見本作り。
 
喋るのが遅いリュータ君のサヨナラ麻雀。
我が輩は、一戦一勝。
「東」をポンしたのに、ふと右手脇を見れば、
「東東發」
そして少牌。
ボケ、てるのかもしれないです。
 
深夜、っていうか朝6時なので早朝ですね、時差ぼけで眠れないサトコちゃんと、九州男児のリュータ君を見送る。
タクシーに乗って闇夜に消えてく、リュータ君の泣き笑い顔。
タクシーの運転手に、
「空港」とだけしか伝えてなかったけど、間違いなく国際空港へ行くのだろうか。
もしかして国内線の空港へ行っちゃたりして。
一抹の不安を抱えながら、再び就寝。
思えばリュータ君、あと10ペソ(70円)くらいしか持ってなかったなぁ...

朝→
昼→ベーコンとタマネギと本だしで和風スパゲティ
夜→リュータ君とイトー君へステーキを焼いてご馳走しました

2010年1月15日(金)[ペンション・アミーゴ67泊目/メキシコ]

Walmartで祐子の編む指輪「Jaboo」の宣伝はがきの印刷(一枚5ペソ。35円)。
イダルゴ駅まで歩いて、馴染みの屋台で昼飯。
昨今の諸物価の高騰に便乗せざるを得なかったのか、アボガドが半分になってたし、祐子の食べたエンパナーダにはトマトが入ってたし、クッキーが付かないし、どうも具が少なくなった気がします。
値段据え置きの隠れた値上げです。
メキシコはインフレ傾向です。
祐子はリュックを背負って駐在員の奥様たちへの行商へ。
ボクは電気街でWi-fi用アンテナ探し。
アンテナが450ペソ(3,150円)、パッチもんのMP3(1,960円)、O貫氏が持ってたミニスピーカー200ペソ(1,400円)を購入。
 
麻雀。
一戦一勝。
無理をしない、欲張らない、けど諦めない。
これが難しいっす。
 
ドレッドの愉快な634君とサトコちゃんと三人で、ペセロ(バス)に乗って韓国食材店へ道案内。
普段人任せで行動してるので迷子になるのではないかと内心冷や汗を流し、いつでも謝る覚悟をしてました。
ま、一回だけ太ったメキシコ人女性に訊いただけで到着できたのは、ラッキーなり。
白菜、大根、しめじ(20ペソ。140円)、春菊、豆腐(30ペソ。210円)を仕入れる。
夜、祐子はアクセサリー作りで深夜まで夜なべ。
鍋食って夜なべ。

朝→食べない
昼→イダルゴ駅の屋台でマリスコス。ボクはトスターダ(15ペソ。105円)。祐子はエビ・エンパナーダ(15ペソ。105円)
夜→サトコちゃんが日本から持ち込んだキムチ鍋の元でキムチ鍋

祐子の手編み指輪「Jaboo」の宣伝用ハガキをデザインした

 
hagaki_01.jpg
ただ並べただけ、のデザインです。

hagaki_02.jpg
真ん中の縦一列だけ、大きくしたりしてます。

hagaki_03.jpg
普段の撮影が大切です。
祐子は面倒くさがらず、バックに気を使ってます。

hagaki_04.jpg
髪を切ってるのがカリスマけんちゃん、略してカリケン。
ギターはRタロー君。
 
祐子の手編み指輪「Jaboo」は→

2010年1月16日(土)[ペンション・アミーゴ68泊目/メキシコ]

仕事。
昨日買ったWi-Fiアンテナを設置し、付属のソフト「realtek wlan client utility」のインストール。
さてアンテナの効果のほどは?
秘密...。
 
祐子は朝からサトコちゃんの指輪を編んだり、マオちゃんのネックレスを編んだり、紐を買いに出かけたり、と忙しいです。
管理人代行の竹氏は、サングラスをかけてガレージを開け宿の冷気取り。
 
祐子は明日の荷造り、明日のお握り、卵焼き。
ボクはビール。
634君は愉快だわ。
 

朝→昨夜の夕飯のキムチ鍋に味噌を足して食べました
昼→ベーコンとタマネギと本だしで和風スパゲティ
夜→ハンガリーの宿でタイ人にもらった粉末タイカレー

2010年1月17日(日)[ペンション・アミーゴ→グアダラハラ/メキシコ]

朝8時、さとこちゃんと634君に見送られての旅立ち。
oxxo(オクソと読みます。こちらの大手コンビニです)の横からペセロに乗って、北バスターミナルへ。
9時発のグアダラハラ行きバス(435ペソ。3,045円)に揺られて、7時間爆睡。
ほぼ時刻表通りの16時着。
予定してたホステルは個室が空いていず、ソカロから数ブロック離れた宿を紹介してもらい、ひたすら歩きました。
みゆきちゃんが捨てたので譲り受けたバックパックは、あちこちが破れて担ぎ難く、重さが肩に食込みます。
紹介してもらった宿は一室230ペソ(1,610円)と勘違いしてしまい、本当は一人230ペソ(二人だと400ペソ)と気づいた時は既に遅く、っていうか今さら泊まらないですと断る勇気もなく、泣き笑いしながらお金を払いました。
あぁ、無駄遣い。
外で夕飯を食べ、続けて屋台のハンバーガーを食べ、宿でシャワーを浴び、仕事して、映画を観るものの途中で寝てしまいました。
ヤクザの事務所で指を詰めなきゃならない夢を見ました。
なぜそんな夢を見なきゃならないのでしょう、ボクは。
 

朝→お握り
昼→お握りの残り
夜→宿の近所のレストランと屋台のハンバーガー

2010年1月18日(月)[グアダラハラ二泊目/メキシコ]

ここグアダラハラは、「西部の真珠」と呼ばれているそうです。
「真珠」って、いちいちヤクザの珍子を思い出させてくれます。
スペインの植民地時代の面影を残す古都だそうですが、どうしてなかなか小奇麗です。
 
早朝より仕事。
バス167Bに乗って40分、IBMの先の製紙工場の前のHONDAへ。
SilverWing600の修理について相談し、HONDAのロゴマーク入り帽子を頂戴しました。
明日ハーネスを修理工場へ送り、全てはそこからです。
巨大な「リべルタ市場」を散歩。
ウイチョール族が作ってる竹氏のご愛用のサンダルを200ペソから180ペソに値切って買いましたが、きっと気の利いた旅人はもっと安く値切るのでしょう。
電池式のバリカンを探し、市場のマリスコスを食べて、火を着ける度にキラキラ光る無意味なライターを買い(10ペソ。70円)、街で祐子のセーターを買い宿へ帰る。
映画を観て仕事。

朝→宿の朝食
昼→ハンバーガー。メキシコのハンバーガーは美味いです
夜→市場でマリスコス

〈旅のお買い物〉ウイチョール族のサンダル

 
P1193431.JPG
このサンダルは、ペンション・アミーゴの管理人、竹氏に頼まれた買物です。
200ペソだったのを、一割だけ値引きしました。
もしかしたらもっと安く買えるのかもしれません。
昔は90ペソだったそうですから。
 
この変なデザインは、山間部に住むウイチョール族による伝統的なものです。
とはいえ、靴底は車のタイヤです。
穿き始めは硬くて辛いそうですが、そのうち足が慣れてくるというか、革がなじんでくるそうなので、小さめを買うのがコツです。

〈アミーガ〉靴屋のおばちゃん/グアダラハラ/メキシコ

 
P1193430.JPG
グアダラハラの巨大な「リべルタ市場」は、なかなか面白いです。
いろいろ売ってるし、飯も食えるし。
"ミチ・スープ"もあるし。
Tシャツなんかも、面白いです。
お薦め観光地。
 

〈写真〉2009年1月18日/グアダラハラ/メキシコ

 

2010年1月19日(火)[グアダラハラ三泊目/メキシコ]

銀行でオパールの仕入れ用の大金を下ろして、セントロを縦断してWalmartの先のバスターミナルから、テキーラ村の先のマグダレナへ(バス代65ペソ。455円)。
一時間半。
車中爆睡。
一面、テキーラの元となるアガベ畑。一瞥もせず。
陽射しが強く大型トラックの通行量の多い、それでいて静かな集落、マグダレナ。
今にも事切れてしまいそうな婆さんとシミ顔の爺さんしかいないレストランで昼食をとり、大好きなフリホーレス(甘くないあんこ)だけど、このお店のはよう食えず、爺さんの不満顔を尻目に金を払いました。
ホント不味いんだわさ。
祐子はオパールの選定と値引きに忙しく、ボクは一足先にグアダラハラへ帰りました。
祐子、大金を握ってるから気をつけてください。
帰路のバスでも爆睡し、グアダラハラに着いてからは明日のグアナファト行きのバスターミナルへ行くためのバスを探し、スパゲティを買って、宿で仕事。
ここメキシコのグアダラハラで、東京は原宿近辺のせせこましい納期に追われているボクは、国際的なビジネスマンと言えましょう。
アルパチーノのCIA映画。
 

朝→パン
昼→ビステク。祐子はケサティージャ
夜→サトコちゃんの差し入れのたらこスパゲティとひじき

日系人が道売りした魚のスープが人気です/グアダラハラ/メキシコ

 
P1213440.JPG
グアダラハラの名物は、ミチ・スープ(Caldo Michi)。
ググっても一切情報が出て来ない、謎のスープです。
透明なスープに大きな白身魚と刻んだタマネギとシナントロ(パクチー)が入り、さっぱり味でとても美味しいです。
一説には、っていうか竹氏が語るには、戦時中アメリカから送られて来た日系人が、仕事がないために道ばたで売り出したスープだそうです。
ボクらが食べたのは、リベルタ市場の食堂街にある「中島」です。
寿司を巻いてました。
近所のお店は皆、日系人の流れだそうで、どう見てもメキシコ人顔してたおっさんの名が、日本人名でした。
忘れたけど...。
 

〈写真〉2009年1月20日/グアダラハラ/メキシコ

2010年1月20日(水)[グアダラハラ四泊目/メキシコ]

朝寝坊。
仕事が終わらず、延泊。
セントロ、リベルタ市場を散歩。
陽射し強し。
夜、映画。
日本時間にあわせて、朝方に仕事。

朝→食べない
昼→マリスコスのトスターダ。祐子はミチスープ
夜→ビステク(薄い牛肉。300g)とマッシュルームを焼いて、ごはん

メキシコで家探し。グアダラハラは真っ平らでつまらない/メキシコ

 
P1213444.JPG
耳がでかい。
 
P1213443.JPG
態度がでかい。
 
P1213442.JPG
オスピシオ・カバーニャス伯爵の家の前の面白い椅子です。
伯爵の家は世界遺産です。
 
P1213452.JPG
しょんべん小僧の珍子...、より面白い「やめてーっ!」小僧がいたんだけど、どうにも逆光で撮れませんでした。
 
P1193437.JPG
グアダラハラはWalmartがあるしマクドナルドもあるし市場が大きくて面白いし、でも土地が真っ平らで、眺望がないからつまらないです。
起伏のある街を求めて、次はグアナファトへ向かいます。
家探しの旅です。

2010年1月21日(木)[グアダラハラ→グアナファト/メキシコ]

ボクのMacは新着メールが来たらビートルズの「Her Majesty」を歌うようになってまして、火急の仕事があるときは枕元でMacを立ち上げたまま寝ます。
で、昏睡状態で意識不明の早朝5時、「Her Majesty」が鳴り響き、むっくりと起きだし、メールをしかと読んで仕事を始めました。
納期に追われてます。
中南米では、信じられないくらいの働き者です。
祐子は幸せそうに爆睡。
 
9時チェックアウト。
セントラル・ヌエバ行きのバスでバスターミナルへ。
10時45分発のグアナファト行きは、ジュースとお菓子が付いてました。
爆睡。
14時45分到着。
バスターミナルのツーリストインフォメーションは、大雑把すぎる地図と親爺の曖昧な情報ばかりで役立たずです。
親爺の役に立たない情報を無視して、バスでセントロへ。
グアナファトの街は道路が入り組んでるし地下道があるわでホステルに辿り着けそうにありませんでしたが、知らない家族の車に乗り込んで、安宿の玄関前まで送ってもらいました。
宿は寿司屋も経営してますが、見た感じ味は限りなく怪しいです。
グアナファトはトンネルが多く中世っぽい印象を受けます。
大学で禅を教えてるという60代後半のアキラ先生と出会い、しばらく一緒に歩きました。
映画を二本観て就寝。
もしも願いが叶うなら、ジョージ・クルーニーのオーシャンズに入りたいです。

朝→パン
昼→レストランの牛定食。祐子は豚定食
夜→パン

2010年1月22日(金)[グアナファト二泊目/メキシコ]

住宅街を上へ上へと散歩。
崩れた狭い階段を上って、犬の糞に気をつけて、望む眼下の町並み。
安っぽいペンキと黒い窓と土埃。
むき出しの鉄筋と汚れた煉瓦。
「売り家」の看板。
手頃な物件に興味津々。
電話がなくて連絡できず。

朝→バナナ 昼→ピザ(一人15ペソ。105円) 間食→パパス・デ・カルネ(一人35ペソ。245円) 夜→パン(12.5ペソ。88円)

メキシコで家を探してみた/グアナファト

 
P1233481.jpg
メキシコで家でも買おうかと予算もないのに妄想で下っ腹を膨らませて、暑いのは嫌いだから常春だとかいうグアダラハラへ来たけれど、グアダラハラは真っ平らな土地なもんだから、散歩をしてもイマイチ面白みがなく、そんじゃっ起伏のある土地がいいわいってんで、バスに乗ってやって来たのが、似たような名前のグアナファト。
グアナファトは四方を低い山に囲まれた、下界にいなければ眺望満点の街でして、でも山間の街というのは例によって道路はぐちゃぐちゃに曲がりくねってるもので、しかもこの街には昔の水路を利用した地下道まであるから、誰に道を尋ねてもわけわかりません。

P1233477.jpg
メインストリートから、あるいは大学の横辺りから、ま、どこでもいいのですが、適当に山に向かって歩くと、すぐに急な坂道になり、車どころか自転車も通行不可能で、ひーこらひーこら上ればすぐに街を見下ろせる高さになります。

P1233485.jpg
いい眺めです。
下々を睥睨するのは、悪くありません。

P1233490.jpg
上へ向かえば向かうほど、道は狭くて曲がりくねた迷路で、どちらかというとトレッキングです。
こんなところで宿を開いて、旅人を困らせるのも一興です。

P1233494.jpg
ときどきロバがいたりして...。
  
一軒も中を覗いてないけど、外見的にはモルタルを塗っていない安普請が多いし、ペンキを塗っていても、彩色にセンスがありません。
ラテン人の構造的欠陥です。
町並みを見下ろす家は、簡単に見つけられそうです。
でもよくよく考えるに、このごちゃごちゃした家々の屋根を見てて、それでいいのか、俺様の野望ってこの小汚い風景なのか、と考えたりしました。
ボクはもっと雄大な、あるいは荘厳な、神々が宿ってるような、厳しさを伴った山々や自然を望みたいのではないかと、ね。
やっぱカナダかなぁ...
メキシコじゃなさそうだな、と思いながらも明日は、サン・ミゲル・デ・アジェンダへ出かけます。
サン・ミゲル・アジェンダは、芸術の街です。

2010年1月23日(土)[グアナファト→サン・ミゲル・デ・アジェンデ/メキシコ]

芸術大学があるから芸術の街、サン・ミゲル・デ・アジェンデへ移動しました。
バス代68ペソ(476円)、グアナファトからほぼ2時間。
サン・ミゲル・デ・アジェンデは小奇麗なコロニアル都市です。
建物の色が統一され、ドアや窓の枠の化粧がごつくて素敵です。
それにしてもどこもかしこも宿が高いです。
苦労して見つけた比較的安い宿のWi-Fiが繋がる部屋で全然ネットに接続できず、掃除のオバサン相手に文句を垂れても暖簾に腕押し、ぬかにクギ、メキシコ人に◯◯、目眩がするほど難儀しました。
◯◯に何を入れようか...。
 
Buena Vistaを求めて、石畳の坂道を上へ上へと散策。
高級住宅街の「売り家」の張り紙と外装を眺めて、瀟酒な外観に負け犬のため息。
不動産屋の窓に貼られた物件は億超が多く、非現実的なり。
リタイアしたアメリカ人向けの高級レストランと画商多し。
サン・ミゲル・デ・アジェンデは、高嶺の花のようです。
 

朝→パン、バナナ
昼→タコス。祐子はポソレ(スープのこと)
夜→パン

蠅よりマシだけど、食いたくないパン/グアダラハラ/メキシコ

 
u 2010-01-20 16-48-01.JPG
蜂は蠅よりは汚くないだろうけど、これだけ群がっていたら食いたくないです。
パン屋の太ったおばちゃんは、店内が蜂だらけでものすごいことになっていましたが、気にもとめていないようです。
さすが太っ腹です。
メキシコ第二の都市グアダラハラでこの体たらくですから、あとはおして知るべし、です。
 

2010年1月24日(日)[サン・ミゲル・デ・アジェンデ→ケレタロ/メキシコ]

バスに乗って1時間半。
起伏のある州都、ケレタロ着。
人気のホステルは高すぎたので諦め(500ペソ以上! 3,500円)、1,000ペソ(7,000円)以上の高級ホテルから紹介してもらった安ホテルは、
「Wi-Fi、もちろん絶好調!」と言ったくせに、
ネットに繋がらなかったので、そういうことは毎日のようにあるんだけど、今日に限ってクレジット払いをしてましたが現金を返してもらいチェックアウトしました。
反省。チェックイン前のWi-Fiチェックを怠らぬ事。
宿の従業員やオーナーの「Wi-Fi Esta bien」は「当然っすよ」って態度のときほど、逆に信用できないです。
目が泳いでるときは、もちろん100%駄目です。
要するに他人は信用するな、と、これはビジネスの鉄則です。
昨日は電波を求めてわざわざ薄暗い部屋へ移り、今日は宿を替え、新しい宿でも部屋を移り、働くおじさんは人知れず苦労してます。
ただ遊んでるだけじゃないのです。
 
散歩。
ウルティア公爵が5000人のインディオに作らせた水道橋は、電線が邪魔で写真が撮りにくいです。
祐子はサカテカス産のトルコ石とケレタロ産のカルセドニアを仕入れ、ボクはデビルス・スティックを買いました。
 
ファイルが添付されているメールだけが、hotmailへ転送されていない事が判明。
死活問題です。
サクラメールへ問い合わせメールを送信。
 
ニュージーランドでのスクーターは、SilverWing600(2001年モデル)に決定。
本日Redbaronへ正式に発注。

朝→祐子だけパン
昼→中華。焼き飯とチキンの炒め物
夜→パン

〈旅のお買い物〉デビルス・スティック/ケレタロ/メキシコ

 
u 2010-01-24 17-18-49.JPG
とうとう買ってしまった感のある、デビルス・スティック。
またの名は、ジャグリング・スティック。
あるいは、暴れん坊将軍!
 
ハンガリーはブダペストにあるジャグリング専門店だと7,000円以上もしたけど、滑り止めにシリコンが巻いてありました。
ここメキシコのケレタロのは安っぽいゴムが巻いてあるだけなので、85ペソ(595円)を80ペソ(560円)にまけてもらいました。
Pokin師匠のアレに比べると、太くて逞しいです。
でもま、師匠はテクニシャンだから...。
 

世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor」で、ペンション・アミーゴのランキングを探ってみた

 
ピクチャ 1.png
世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor」で、ペンション・アミーゴのランキングを探ってみました。
宿泊する旅人がネット世代だし、宣伝力はゼロだけど案外口コミには強いのではないかと分析してみると上位にランキングされても不思議ではない...、とか想像しながら「ペンション・アミーゴ」と検索すると、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ありませんでした。
ランク外。
失礼しました。
 

2010年1月25日(月)[ケレタロ→メキシコシティ/メキシコ]

午前中、祐子はアクセサリー作り。
午後、散歩。
ケレタロの旧市街には、美味しそうな売り家がたくさんありました。
夕方、バスに乗ってメキシコシティへ。
夜、ペンション・アミーゴ着。
晩飯を食べて、いつものビールを飲んで、ぐだぐだ喋って寝ました。
住民は入れ替わってましたが、変わらぬ夜です。

朝→祐子だけパンを食べました
昼→中華レストラン(一人40ペソ。280円)
夜→近所の定食屋でアラチェラ定食。祐子はチキン

Macが逝ったかと...


u 2010-01-23 14-39-51.JPG
ある日Macを起動したら、今まで見た事のない「Apple Hardware Test」という画面が立ち上がり、Macが逝かれちゃったかと心からびびりました。
何はともあれ画面に従いHardwareを診断したら、幸いにも異常はみつからず、神に感謝申し上げます。
いつもお世話になります。

2010年1月26日(火)[ペンション・アミーゴ69泊目/メキシコ]

愛想がないおばちゃんが経営する洗濯屋さんへ。
お釣りがないというので、2ペソお預け。
これで計4ペソの貸しです。
祐子は朝からアクセサリー作りに忙しいです。
三階のトイレは糞詰まり。
麻雀、ボロ負け。
ケンタ君の将来について、新しい商売を肴にビール。
深夜、トイレは糞詰まり。

朝→宿のパン
昼→豚のひき肉を味噌焼きして、スパゲティにかけて食べましたが、イマイチ
夜→三色丼

2010年1月27日(水)[ペンション・アミーゴ70泊目/メキシコ]

祐子は終日、アクセサリー作り。
ティアンギス(水曜市場)。
晩飯食って寝る。
どうやら風邪気味だったらしいです。
夜中の三時に起きたら、祐子はいませんでした。

朝→ソーセージ二本
昼→ベーコンとタマネギの和風スパゲティ。海苔をかけると美味しいです
夜→鳥の唐揚げ。卵に小麦粉を混ぜて作りました。残りは冷凍

2010年1月28日(木)[ペンション・アミーゴ71泊目/メキシコ]

珍国際大学に新入生あり。
学校名が下品だとのご批判もありましょうが、学部名はさらに品がございません。
いい歳こいて人前では口に出せないような猥褻な文字を人前で入力するのも辛いものです。
趣味とはいえ...
 
仕事、ときどきギターの練習。
自転車に乗ってソナロッサ地区の韓国食材店にて白菜、春菊、春雨、豆腐の買い出し。
春菊を煮すぎたらへたへたになってしまいましたが、これはこれで好きです。
 
麻雀、二戦二勝。
Good job!
新婚さん到着。
本日が初夜だそうで、それなのにアミーゴのドミトリーとは、申し訳ござらぬ。
 

朝→ソーセージ二本
昼→卵焼きとベーコン焼きとワカメのお味噌汁とご飯
夜→白菜と鶏肉と春菊と春雨の鍋

2010年1月29日(金)[ペンション・アミーゴ72泊目/メキシコ]

仕事。
祐子は今日も終日アクセサリー作り。
麻雀、一勝一敗。

朝→宿のパン
昼→昨夜の鍋に味噌とうどんを投入
夜→すき焼き

2010年1月31日(日)[ペンション・アミーゴ74泊目/メキシコ]

祐子は朝飯も食べないで、終日アクセサリー作り。
毎日、内職に励んでます。
 
ボクの内職「オリジナルTシャツ作ります!」に新しい注文が入りました。
創業来、初めての男性客です。
まずは宿の屋上で撮影。
言葉巧みに脱がせました。
この話術が女性にも通用すれば、ボクの人生も新しい展開を迎える事ができます。
そしてデザイン。
難しいのは、コピーです。
旅、人生、生き様、漢(おとこ)...、を彷彿させるような、短くて存在感のある言葉を探しています。
 
→「オリジナルTシャツ作ります! 第一弾
→「オリジナルTシャツ作ります! 第二弾
姉妹編「オリジナル買物バッグを作ります」


麻雀、一戦一敗。
何故四筒をポンするのか、何故九筒をポンしないのか、まるで集中力なし。
ビールの飲み過ぎかな。

朝→食べない
昼→トマトスパゲティ。和風だしで
夜→豚肉の生姜焼き

2010年1月30日(土)[ペンション・アミーゴ73泊目/メキシコ]

NHKの原稿執筆、送信。
祐子は今日も部屋にこもって、アクセサリー作り。
麻雀、三戦で一勝のみ。

朝→宿のパン
昼→昨夜のすき焼きもどきを牛丼にしました
夜→豚ハク(豚肉と白菜を鍋に交互に詰めて火にかけたもの。ポン酢で食べる)

三階の個室の作業場/ペンション・アミーゴを覗く

 
P1153422.jpg
久しぶりに三階の個室に住んでます。
窓際の箪笥の上が、祐子の作業場になりました。
 
P1153425.JPG
快適なようです。
祐子の最近のマイブームは、落語。
笑いながらアクセサリーを編んでまして、とても不気味です。
ごひいきは、立川志の輔です。
 
 

〈世界の洗濯もの〉より貧乏臭く見える塀/グアナファト/メキシコ

 
P1233483.jpg
久しぶりのシリーズ「世界の洗濯もの(シリーズ全体は→)」です。
グアナファトでは、ベッドのスプリングを立てて塀にしている家を見かけました。
リサイクルです。
上の写真でも左側に写っていますが、決して美しいものではありません。
他人の視線を防げないくせに、錆びたスプリングを通して見る家は、より貧乏臭く見えるという悲しい相乗効果がありました。
 
今日は、ズボン系を干す日です。
 

 ★干された洗濯ものから世界を見る、シリーズ「世界の洗濯もの」
〈写真〉2010年1月22日/グアナファト/メキシコ