« 2010年2月11日(木)[ペンション・アミーゴ85泊目/メキシコ] | メイン | 2010年2月12日(金)[ペンション・アミーゴ86泊目/メキシコ] »

老眼も治るとは、驚いた


RIMG0158.jpg
アジアとかアフリカとかではどうだか知りませんが、南米あたりを旅すると、よく近視矯正手術(レーシック)の話題が出ます。
ブラジルのサンパウロとか、コロンビアとか、エクアドルとかで安く手術ができるからで、今ではすっかり日本の方が安いそうだけど、旅の箔付けとか、思い出作りにボクも2008年の2月にわざわざサンパウロで手術してます
お陰様で30年の永きに渡って付き合った、近視に乱視をブレンドした眼鏡とオサラバしたのですが、悲しいことに老眼鏡が必要になりました。
老眼は40歳以上になると誰でもなるそうで、早漏か遅漏かの違いがあるだけです。
まだ細かい文字の読める人、あるいは自分は老眼にならないと勘違いしてる人、お疲れさまでした。
 
先日読んだエキサイトニュースによると、「リングを入れるだけの画期的な老眼治療法が出」ました。
老眼が治ります。
アメリカのアキュフォーカス社で開発された、「角膜の中にリングを埋め込むだけ」の手術で、片方の角膜だけに直径3.8ミリのリングを挿入して、お値段なんと30万円です。
70歳まで生きるとすると、あと25年。
ひと月、694円。
そんなに高くないような、気がしてます。
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/6835