« 映り込みも写してみた | メイン | ニュージーランドに学ぶ、高速道路を建設しないで済む方法 »

2010年4月8日(木)[マラハウ→タカカ/ニュージーランド]

ニュージーランドでは貴重な、Wi-Fiが無料のHostelをタカカの町にて発見。
カナダのホワイト・ホースから帰国したばかりだという、宿の親爺ポールによる随所にギャグを織り交ぜた施設の説明が、気を失いそうなほどに長かったです。
まとわりつく犬の名は、レイチェル。
庭の林檎、梨、みかん、レモン等の果物は、自由に食ってよし。
映画のDVDコレクションは変人レベルの量で、どうせ英語だから観ませんが、エクセレント! と誉めときました。
 
お腹が痛くてトイレに駆け込み、水分過多の用を済ませて座ったまま水洗のレバ―を押せば、逆流した滝のように水が噴出し、つまりは発狂したウォシュレットの如く、尻もフグリも清濁併せのまれになりました。
呆然と水洗タンクを眺めれば、レバ―の横に張り紙が、「右のレバーを押せ!」
確かにボクが押したレバーは、左側ですが...。
 
寒いキッチンで仕事。
ネットが時々切れるのは何故?
宿はボクらだけの貸し切り状態でした。
 
?本日の走行距離61キロ(合計1398.8キロ)
?Internet→無料Wi-Fi

朝→パン
昼→サンドウィッチ。祐子はスープ
夜→チリビーンズ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-99tb99.cgi/6955