メイン

2008年8月 2日

2008年08月17日(日)[HighLevel→Fort Providence]

ノース・ウエスト・テリトリーズに入る。
ということは北緯60度超えたのだね。
インディアン・キャビンの狭い変なところで昼食をとったら、工事関係者用の食堂だった。
どうりでボクらしか旅行者がいないわけだ。
値段も曖昧だったし、お菓子をくれたし。
道路に高低差がなくカーブもなく、至極退屈なり。
だんだん寒くなる。
路肩から森までに数メートル以上の緑地帯があり、これがどうも緊張感を削ぐ。
i-podを聴く。
バイソンの群れ。
マッケンジー河をフェリーで渡る。
思うにここからカヌーに乗れば、イヌビックまで行けるんだね。
挑戦したいもんだ。
1861年ローマカトリック教徒が建設した町、Fort Providenceの安食堂で一時間六ドルのネット。
太ったネイティブの女の子二人。
ボクらの顔に似た人たちが増えて来た。
というより白人顔の方が、不自然です。
マッケンジー河の流れは緩くて雄大で、じっと眺めていたいんだが、蚊がうるさくてかなわず。
400キロも走ったからか、腰が痛くなってきた。

本日の走行距離431.3km(5453.9km)

朝→パンとバナナ
昼→かりかりに揚げすぎた唐揚げとクリームシチュー
夜→ハンバーガー、サンドウィッチ

2008年08月18日(月)[Fort Providence→イエロー・ナイフ]

午前中、冷たくて悲しい雨の中を走る。
いやだいやだ。
マッケンジー・バイソン・サンクチュアリは、文字通りバイソンがたくさんいます。
道路で死んでるのもいるし...
昼食後、雨は上がるけど、景色は美しくない。
地図ではGood Viewなのに...

イエローナイフの街は、しらけるほどでかいです。
宿が高い。
ほとんど100ドル以上で頭が痛い。
ボクは腰が痛い。

夜、空を見上げるとオーロラ。
さぁ明日はトレッキングでもしよう。

本日の走行距離374.3km(合計5828.2km)
朝→レーズンパン
昼→ハンバーガーとサンドウィッチ
夜→ケンタッキー・フライドチキン

2008年08月19日(火)[イエロー・ナイフ二泊目]

ボクは腰痛で寝てばかり。
風強く寒く、午後には安いキャビンに移動するため、外出は夕食時だけ。
カナダ人のおばさんとオリンピック観戦。
ネット三昧。
祐子はMovable Type(ブログの難しいのの事です。ボクにはわかりません)の研究したり、読書。

朝→B&Bの朝食。量が多くて食べきれない
昼→パン
夜→ベトナム料理

2008年08月20日(水)[イエロー・ナイフ三泊目]

トレッキングに出かけました。
まず町外れのトレッキングの入り口を目指しましたが、遠すぎたので諦め、キャンプ場の脇から森の中へ入りました。
ここまでで約6キロ歩きました。
で、けっこう疲れました。
が、ここからが本番です。

トレッキングルートは人気がなく、誰も歩かないらしくて、やがて道はぬかるみ、草がぼうぼうと生えまくり、どう目をこらしても道らしき筋は見当たらず、迷い、悩み、行きつ戻りつ、なんだかんだで結局、7時間も歩き続けました。
道中、同じ宿のおばちゃんとすれ違いましたが、地図を広げお互い違う現在地を指差し、
「五時になっても宿に戻らなければ、捜索しましょう」
と別れました。
おばちゃんの帰宿は5時を過ぎましたが、ボクらは探す気なし。
そんなもんです。

夜、B&Bの皆は山小屋のオーロラツアーに出かけましたが、ボクらはネットで遊んでいました。
そんな誰もいないB&Bの上に輝く漂うオーロラ。

朝→B&B
昼→菓子パンと水
夜→ベトナムレストラン。ここはホワイトホースより美味しい

2008年08月21日(木)[イエローナイフ→Hay River]

わざわざ寄り道してまで来たHay River。
思いっきり期待はずれです。
Hay Riverの宿泊施設は5軒のみ。
紹介しますと、
一軒は閉店
一軒は誰も出てこない
一軒は満室
一軒は一泊140ドル
一軒はキャンプ場(ネットをしたいので、今日はパス)
この街は最悪だす。
泊まるところがない。
なしてこったらところに来たんだろう?
えーところだって聞いたんだけど、勘違いだろうか?

しかたなく一泊140ドルのホテルに泊まり、祐子はMovable Typeの研究に没頭。
※バージョンアップしたら、不具合が出てしまい苦労しているようです。
あとで知ったんだけど、御苑の事務所のHPのデータを移動してしまったりして、迷惑かけてます。

ボクは、同性愛者でHIV感染者のブログ"ぼくの命はあとどれくらい"に没頭。

?Internet→ホテル(無料)

本日の走行距離、珍しく500キロ超えの525km(合計6353.2km)

朝→B&Bにて
昼→ハンバーガーほか
夜→中華レストランで焼きそばとコンビネーション

2008年08月22日(金)[Hay River二泊目]

こんな一泊140ドルもかかるホテルは早く出てしまわなくては、と思いつつ、身体が動かず、っつうか、動くのが面倒で、連泊。

祐子はMovable Typeの研究、じゃなくて後始末に追われる。

ボクは、ブログ"くたばれバカ旦那!?私が離婚を決めるまで"に夢中。
ボクがモラハラだったりして...。
炎上するコメントが悲しい。

次は、【実録】ネコ裁判  「ネコが訴えられました。」ですかね。

?Internet→ホテル(無料)

朝→なし
昼→ピザ
夜→中華弁当

2008年08月23日(土)[Hay River→Highlevel]

PICT0014.jpg

ボクは滝にびびって↑

PICT0021.jpg

祐子は近寄り過ぎ↑
本当は、両足をぶらぶらさせようとしてたらしい。
やめてください。
カメラを構えるボクの心臓が止まります。
祐子はこのようにネジが一本足りない。
Mackenzie HighwayのAlexandra Falls。

?Internet→レストラン(無料)

本日の走行距離313km(合計6666.2km)

朝→パン
昼→ビーフジャーキー
夜→ハンバーガー

2008年9月11日

おデブは難しい...

 
p 2008-08-18 18-09-21.JPG
 
でぶ専ってわけじゃないんですが、太ってる女性を見かけると、写真に撮りたくなります。
で、↑この娘さんは、イエローナイフのビジター・インフォメーションのカウンター嬢です。
 
 
 
 
「すっげー太ってるじゃん。写真に撮らせてよ!」
 
 
 
 
とは言えなかったので、
 
 
 
 
「素敵なTATOOだね。写真に撮っていい?」
にしました。
ボクも大人です。
 
それにしても胸が机に載っています。
服はたぶん、机にあたる部分が一番汚れるのでしょう。
大きなお世話ですが...
 
 
2008年8月18日/イエローナイフにて