メイン

2009年3月11日

2009年03月06日(金)[ハバナ→トリニダー/キューバ]

早朝7時半のバスに乗り、夕方の17時間半ごろ世界遺産のトリニダー着。
早起きは辛いです。
車中爆睡し、キューバの郊外を見損ない、自分に失望。
ハバナの宿のおばちゃんの友達がバスターミナルでボクらを待っててくれたんだけど、宿代が25セウスもするくせに朝飯抜きなので丁寧に断り、みゆきちゃんの紹介してくれた宿へ行けば満室だったです。
その宿の親戚の宿も安くないので、これまた断りました。
いいんです、宿は腐るほどありますから。
で、その辺を歩いてたおばちゃんの宿が安かったです。
年頃の娘さんが鼻をほじくりながらテレビを観てたのに文句を言う筋合いはございません。
古い民家はボクらの好奇心を満たします。
暑い中散歩。
昼寝して再び散歩。
夕暮れの古都を彷徨う幸せ。
晩飯は米粒ひとつ残さず完食。
芋(Boniato)が甘くて美味い。
ビールはクリスタル(cristal)。
今晩は村祭り。
 
朝→食べない
昼→食べない
夜→宿の豚肉定食

 

2009年03月07日(土)[トリニダー二泊目/キューバ]

自転車を借りて(一台4セウセ。バスに乗ると往復4セウセ)海へ走る。
海岸まで片道13キロ。
ボクら初老には遠い道のりです。
しかも自転車って、尻肉が強烈に痛くて辛い。
固いサドルと曲がったペダルと効かないブレーキが社会主義の賜なのか。
 
強い日差しとやや冷たい海とシツコイ蠅と風と読書と昼寝。
海に浮かぶ(ここの海水は死海のように浮力があるんじゃないだろうか)太ったおばちゃんと、ちょっとおっぱいをぽろりとしてしまった娘さん。
ボクはチャンスを見逃さなかったです。ふふふ...
社会主義の乳。
 
昼飯を食べたたった一軒しかない海辺のレストランのビールのコップが、激しく汚れてたです。
この手垢が社会主義なのか。
 
それはそれとして、帰路、激しい腹痛に襲われ、止むなく、満を持して、いや満は持しないで、バス通りで、バス停の後ろで、隠れるように、いや隠れて、雑草の中、後ろは牧草、左手にトイレットパーパーを握り、ズボンを脱ぎ、パンツも一蓮托生にし、しゃがみ、辺りを見渡し、道路を見れば観光バスがやって来る、立ち上がり、立ちションをしてるフリをして、でもズボンもパンツも膝まで下りてて、観光バスをやり過ごし、またしゃがみ、一気通貫。通ればリーチ。勇気。男気。
何度もお尻を拭いて、仕事はいつもより丁寧に、ブツを踏まないように慎重に、でも丸めた紙はその辺に放置して、切ない思い出を抱え、少し大人の階段を登り、少し降り、太陽が黄色く、人々の視線を気にして、振り返って黙礼し、別れを惜しみ、いや決別を喜び、再び自転車を跨ぐ。宿へ。早く宿へ。
 
体調悪くて、晩飯を食わずに寝ました。
昼に食べた少々生臭かったエビが原因だと推定されます。
これが社会主義なのか。
祐子がスーパーでヨーグルトを買って来てくれたけど、ジュースのように緩かったです。
これが社会主義なのか。
 
朝→宿の朝食
昼→ボクは少々生臭いエビ。祐子は白身魚mの焼いたもの
夜→体調悪くて食べない

 

2009年03月08日(日)[トリニダー三泊目/キューバ]

朝も早よから、宿のおばちゃんのノック攻撃を受けて、
なんでやねん、朝飯には早いやろが!
と優しく丁重に文句を垂れたら、今日からサマータイムでした。
すみません。朝ご飯、頂きます。
 
朝の涼しいときに散歩して、暑い昼はシエスタ(昼寝)が賢い人のすることなんですが、ボクら、午前中に寝て、昼から散歩しました。
日差しが重くて押しつぶされそうです。
昼飯を食べたレストランは、たぶんこれがキューバで噂の、違法の隠れレストランです。
看板のない民家の一室。
娘さんの一挙手一投足がいちいちアンニュイで妙に艶っぽくて、東京に持ち帰りたかったです。
すきっ歯の19歳。
いろいろと難しいお年頃です。
こんな田舎で暮らしてて将来どうするつもりなのか、その辺の土産売りの兄ちゃんと結婚するのか、その沁み出る色気をここで枯らすのか。
と、ボクが悩んだりしてました。
なんにしろ甘い芋の揚げ物が美味いです。
写真を撮りながら、ぶらぶらと世界遺産地区を一周。
午睡、読書。
晩飯で食べたサラダが奇妙な味がして、あのなんでも食う最強の祐子ですら残しました。
深刻な問題を抱えたサラダです。
食器洗い用洗剤を薄めたドレッシングか、殺虫剤を薄めたんじゃないかと、推察してます、ボクは。
なのに、ほとんど食べてしまったのは慚愧に堪えません。
気持ち悪いです。
カストロの弁明を待ちたい。
 
朝→宿の朝食
昼→隠れレストランで豚肉
夜→普通のレストランで豚肉

 

2009年03月09日(月)[トリニダー→ハバナ/キューバ]

5時半に起きて、バックパッカーって辛いね5時半起床だなんて、暗闇の旧市街、ゴロゴロとスーツケースを引きずって、なんせ世界遺産だからバリバリの石畳で、スーツケースを転がすのはしんどいです。
ハバナ行きのバスに乗る。
キューバの田舎道。
痩せた牛。
顔色の悪い牛。
栄養のなさそうな雑草。
名の知れぬ穀物。
錆びた農機具。
ヒッチハイクする人々。
高速道路、というよりバイパスだろうか、舗装はつぎはぎだらけで手入れ悪し。
運転手はタバコを吸い、マナー悪し。
 
福岡出身のエミちゃんとハバナのホテルで出会い、その後散歩してたら、再会。
ハバナも歩けば狭いです。
ネットして散歩。
町内一周バス(5セウセ)に乗れば、黒人のおばちゃんや娘さんの写真が撮り放題かと目論んだのですが、そう簡単じゃなかったです。
バスが走っていると、揺れてシャッターが切れません。
 
朝→宿の朝食
昼→食べない
夜→中華レストランで麻婆豆腐とエビスープとチャーハン

 

2009年03月10日(火)[ハバナ→キングストン/ジャマイカ]

3時半に起きて、日々起床時間が早くなります、三時半って朝?夜? こそこそと顔を洗い、歯を磨き、逃げるように宿を出て、昨夜予約しておいたタクシーで空港へ走る。
これぞ物資不足の社会主義国ならではと、期待を裏切らない旧車。
嬉しいです。
空港に着く前に分解しても不思議ではない、揺れ、軋み、エンジンの叫び。
白煙のひとつでもあげてほしかったけど、ボンネットでも一発吹き飛ばしてほしかったけど、せめてドアぐらい外れてほしかったけど、無事に空港に辿り着き残念だ。
 
スーツケースが3kgオーバーだと難癖つけられて、チャックインカウンターで荷物の詰め替え。
キングストンで荷物を引き取れば、鍵が壊されてた。
 
日本人宿「民宿ラブリッシュ」で、満室にて断られる。
引き続き日本人宿「アイシャハウス」にも満室で断られる。
タクシーのおっさんに「どっか安い宿に連れてってくれ」って任せたら、70ドルもするホテルになってしまい、いろいろと反省すべき点が多いです。
でもどこかしらかWi-Fiが飛んで来てて、ビール(Red Stripe)を飲みながら夜中までネット。
宿のスタッフにビールを奢れと言われて、はっきりと断る。
No!
そんな義理はありやせん。
 
ボクは本日、便秘になり、初めての経験で、トイレに立てこもり、不通、停滞、頑健、読書、悩み、懊悩、苦しみ、困惑、戦い、戦闘、突破、連続着弾、とりあえず苦い勝利と冷や汗。
水洗、流れないし、ブツ、浮かんでるし...
 
朝→機内食
昼→機内食
夜→バーガーキング

 

2009年03月11日(水)[キングストン→ネグリル/ジャマイカ]

宿の気持ちいいベランダで強烈な日差しを避け、13時までネットのただ乗り。
キューバでは日本語を入力できなかったので、一週間ぶりに日記を更新。
14時のバスでモンテゴ・ベイへ移動。
オーチョ・リオスに住む中国系のジャマイカ人に
「ジャマイカで困ったことがあれば、私の携帯に電話しなさい」
と電話番号を貰ったです。
ついでにプール付きの豪邸の写真をさり気なく見せられました。
自慢してください、今度遊びに行きます。
 
モンテゴ・ベイの街は想像より大きくて宿探しが面倒そうなので、さっきからまとわりついてしつこい黒人(基本ジャマイカ人は黒人がデフォ)の白タクが70ドルを50ドルに値引きすると言うので、急遽ネグリルへ更に移動。
大きい月夜の20時着。
運転手に50ドルを支払ったら、
「もっと金をくれ」
No! 約束は約束です。払いませんったら払いません。
でも運転は上手だったね、と誉めときました。
ボクは誉めて伸ばすタイプですから。

朝→宿の朝食
昼→Jerkチキン定食
夜→Jerkチキン定食。祐子はチキンカレー


2009年03月12日(木)[ネグリル二泊目/ジャマイカ]

朝からネグリルのメインストリートを東から西へひたすら歩き、ネット(Wi-Fi)付きの宿探し。
高そうに見えるホテルが安かったり、安そうに見えて高かったりして、意外に難しい。
図らずもキッチン、プール付きに引っ越し。
一泊80ドル、いいのかこんな豪遊して。
まぁしかし、仕事をせにゃならんので、しょうがない。
自炊するため、川向こうのダウンタウンのスーパーで食料の買い出し。
野菜が少ない。
肉は冷凍。
maruちゃんのインスタントラーメンあり。
 
それにしてもこの町、タクシーが乗れ乗れビービーと相当ウルサいです。
五秒に一回声をかけられます。
意固地になって乗りませんよボクら。
ときどき暴走族風の車が、爆音を轟かせて走ってます。
暴走車の無理な追い抜きと意地悪く阻止する車とのバトルに巻き込まれそうになり、大惨事寸前危機一髪。
宿で読書、ネット。
 
朝→食べない
昼→二日続けてバーガーキング
夜→ベーコンとトマトのスパゲティ

 

2009年03月13日(金)[ネグリル三泊目/ジャマイカ]

昨夜パソコンのしすぎで、だから起きるのも遅くて、祐子が用意してくれた朝飯をだらだら食って、歩いて一分のビーチの木陰に寝そべって読書。
暑いです。
白い砂とボクの白いお腹、ちょっと膨らんだ少女のようなボクの胸、そしてまぶしく蒼いカリブ海。
目の前で扇情的に腰をくねらせて踊る黒人少女たち。
エロいけど、彼女たちの顔がね、おっさん系なのね。
基本おっさんじゃ、無理です。
で、太った白人女性の緩くてたっぷりした腰が嫌いじゃないので、そちらをじっくり観察してます。
たいしたもんです、あのお肉。
つまんでみたい。
とりあえずカリブ海に膝まで漬かってみたら、冷たくなく、ぬるくなく。
 
NHKの原稿執筆送信
 
朝→ベーコン、パン、卵焼き
昼→食べない
夜→インスタントラーメン、コンビーフ、ゆで卵

 

社会主義のインスタントラーメン〈キューバ〉

 
PICT0034.jpg
キューバのスーパーマーケットで、インスタントラーメンを発見しました。
どうしてかボクは、インスタントラーメンを見つけると嬉しいです。
よく見れば「Vifon」と印刷されてるけど、右下には「即食麺」とあるので、ラーメンだと判定しました。
文句は受け付けません。
不味そうなので食べませんでしたが、今頃になってインスタントラーメン博士としては、後悔してます。
不味そうでも食え! とりあえず。
好きな分野すら追求しないあたりが、ボクです。
ちなみにキッコーマンじゃないけど、醤油も売ってました。
これまた祐子を呼びつけるほど、嬉しいです。
 
調べてみると、インスタントラーメンの国民一人当たりの年間消費量は、韓国が約80食で世界一位、続いて中国が約39食で二位、頑張れ日本。
日清食品魂を見せてくれ!
 


〈写真〉2009年03月08日/トリニダー/キューバ

2009年03月14日(土)[ネグリル四泊目/ジャマイカ]

久しぶりに仕事。
ジャマイカだってレゲエだって働きます。
祐子は読書に昼寝。
午後、スーパーマーケットで冷えたビールを買ってビーチへ。
栓抜きがなくて飲めず。
地元民の集う基本黒人ビーチで、読書と昼寝。
ぽつぽつと雨。
 
夜、祐子は、羽田、旭川往復航空券探し。
スカイマークのスカイフレックスで、往復16,600円。
まずまずの安さじゃないでしょうか。
引き続き祐子は、帰国便のチケットがないと入国させてくれない意固地なイギリスのために嫌々買う帰国便のキャンセル料の研究。
キャンセル料は1,000円。
安!
  
朝→パンとコンビーフ
昼→食べない
夜→素スパゲティに豚肉の塩焼き

 

50ドルの気持ちいいマッサージ〈ネグリル/ジャマイカ〉


PICT0004.jpg
夜、ネグリルの町をひとりで散歩して、その辺の道路端にしゃがんで道行く闇夜のジャマイカ人を眺めていたら、見知らぬ女性が、もちろんジャマイカに知り合いなんてひとりもいないわけで、隣りにぴったりと寄り添うように座って、
「マッサージしない?」
「気持ちいいよ」
西武新宿駅前の中国人ですか、あなた、でもマッサージは悪くないかもなぁ、どうせ暇だし。
ちらりと彼女の太ももを見れば、超特級のむっちりちりで、スカートと呼んでいいのか悩むくらいの短いミニスカート。
駄目です。
と本能から指令が飛んで来ました。
このマッサージは怪しいです。
たぶん祐子に適切に過不足なく説明できません。
で、きっぱりと断ることにしました。
「いくらなの?」
「50ドルよ」
ほっほう、50ドルとは、メキシコの多珍簿より高いじゃないですか、買ったことはないけど、ま、高くても安くても関係ないっす、どうせ断るのだから、で、ビシっと最後通牒を突きつけました。
「50ドルはボクには高いです」
「いくらなら払えるの?」
えーと、今いくら持ってるんだっけ?
何気に先方のペースにハマってるので、現状打破を目指し敵情視察に努めました。
目についたのは憎たらしいくらいにこんもり盛り上がった乳がふたつ。
憎さ余って可愛さが百倍です。
悔しいことに半分以上はみ出てます。
ハミ乳。
ボクはほとんどノックアウト寸前まで追いつめられていましたが、彼女の顔を見て、逆転サヨナラ満塁ホームランをかっ飛ばしました。
 
顔、おっさんなんだもん。
 

〈写真〉2009年3月14日/ネグリル/ジャマイカ

2009年03月15日(日)[ネグリル五泊目/ジャマイカ]

Tシャツやらパンツやらを洗面所で洗濯してキッチン前に干し、ネグリルの最西端までてくてくと散歩。
道は狭く歩道がほとんどなく日差しが強くタクシーがウルサく、それでも海岸に沿った一本道は迷子にならないので嬉しい一時間半。
目当てのRicks Cafeの崖下に陣取って、時折泳いだり、高飛び込みの見学。
それにしても皆、よーあんな高いところから飛び込みますわ。
祐子はいくらでも高いところから飛べるんだけど、泳げません。
ボクは泳げるけど、高いのが駄目です。
一時豪雨。
カリブ海に沈む夕陽よ、何思うぞ。

PICT0044.jpg
朝→レーズンの少ないレーズンパン、卵焼き、ベーコン
昼→食べない。帰国までには痩せたいです
夜→スパゲティと芋

〈世界の洗濯もの〉社会主義だって洗濯する/キューバ

 
PICT0003.jpg
久しぶりにシリーズ「世界の洗濯もの」です。
ねっとりとした心がぱりっと渇きます。
この写真はハバナの旧国会議事堂のすぐ横で撮影したので、たぶん世界遺産です。
「世界遺産だ」と遠慮がちに断定されれば、干された衣服にもなにかしら謂われがあるような、歴史の風合を多感な人なら感じとれます。
だから左上の朽ちた窓は、世界遺産に指定されたために無許可で修理できない風ですね。
ボクにはただ貧しいだけに見えるけど。
 
写真左下にある、漫画「20世紀少年」に似た青いマークは、全然似てないけど、キューバにおける宿の印です。
この張り紙があれば、部屋を貸してくれる民家(Casa Particular/カサ・パルティクラール)なので安く泊まれます。
朝ご飯とか晩ご飯とか洗濯なんかのサービスもあったります。
キューバにおける一般家庭をかいま見れますが、リビングにベッドがあったりして、しかもそこで普通に寝てて、すごく普通じゃありません。
ボクらが泊まったCasaは満室だったのですが、家主さんの強引なご好意で、外泊してる娘さんの部屋を、娘さんには無断で借してくれました。
家主さんから一言、
「娘に叱られるから、部屋の中をあまりいぢくらないで」
いぢくるなと言われればいぢくりたくなるのが、人の性。
いぢくりたい嫁入り前の女性のベッド。
興奮してはいけません。
タンスを開けてはいけません。
ねっとりと室内を舐れば、棚の隅に赤いハイヒールを発見。
が、遠目に見てもボクの足より遥かに巨大です。
ほ、ほんとに、娘?
急にベッドが汚らしく見えてきました。
 

〈写真〉2009年03月04日/ハバナ/キューバ

2009年03月16日(月)[ネグリル→再びキングストン/ジャマイカ]

首都キングストンへ戻ります。
えー、図らずもタクシー三昧になり反省三昧です。
うら若き豊満setyが歩いた距離を踏破できず、スーツケースを転がすのがたいへんなんですよ、宿からシェアキャブの駐車場(警察署の奥)まで、シェアキャブ。
9時20分、長距離シェアキャブに乗り換え、サブラマーという聞いたことのない町に到着したのが9時50分。
またまたシェアキャブを乗り換え。
この町のタクシーの客引き連中かなり殺気だってて、客の腕を引っ張り合って喧嘩してます。
大岡裁きが必要ですな。
ジャマイカ人って目つきが悪いくせに、会話が基本怒鳴り合いだから、風景に愛がありません。
気が狂ったように追い抜きをする一人F1レーサーに命を預け、終始神様に祈りを捧げながらキングストンへ。
いつかあんた死ぬよ。
最後に普通のタクシーに乗り、宿に着いたのが14時前です。
昨夜skypeで予約しておいた日本人宿「民宿ラブリッシュ」
個室は広いし冷蔵庫があるしキッチンがあるしWi-Fiだし、いい感じです。
 
たかーぎ君の「マクラメワークショップ」の告知チラシのデザインを大至急。
捏ねたり捻ったりする暇がなかったです。
ごめんなさい。
 
朝→卵焼きとパン
昼→食べない
夜→ケンタッキー。なんだか申し訳ないっす

 

キューバとジャマイカからお届け〈世界のおちてぶ〉

久しぶりの更新です。
世界のおちてぶ
暑いキューバとジャマイカにも、てぶくろ...
軍手かな。
 

サイドカー付き社会主義〈キューバ〉


PICT0033.jpg
サイドカー付き二輪、サイドカー付きバイク、どっちでもいいけど、キューバではよく走ってます。
たいへんかっこいいです。
次回のキューバ探訪はいつになるのかわからないけど、サイドカーでキューバ一周に挑戦!
で、質問。
一、キューバで外国人がバイクを買えますか
一、サイドカーのお値段
一、キャンプできますか
ググってもよくわかりませんでした。
 
サイドカーですが、ブラジルのボニートという町でも、ずいぶん見ました。
この町のサイドカーは、完全に荷台になっていて、納品用車両です。
でも、これもまた悪くないです。
次回のブラジル探訪は、ぜひボニート製のサイドカーにしたいもんです。
 

〈写真〉2009年03月08日/ハバナ/キューバ

2009年3月12日

バーベキュー台を買った〈ペンションアミーゴ/メキシコ〉

 
R0014012.jpg
ペンションアミーゴでバーベキュー台を買ってもらいました。
1,000ペソ(約7,000円)。
別にボクのために買ったわけじゃないですけど、プレッシャーはかけてたので、努力が実りました。草の根運動はしとくもんです。
大きくて重いので、タコス屋ビセンテの車を出動。
写真のバーベキュー台屋のお姉ちゃんは、子持ちです。
 
R0014128.jpg
早速、焼き鳥です。
パラグアイ以来です。
仕込みはRタロー君とボクが担当し、ボクはタレを焦がしてしまい、反省してます。
しかも薄味でした。
焼いたのはカリスマ美容師、ケンちゃん(写真左)です。
ケンちゃんは意外にお宅で、カレーにピーマンを入れるのが、玉に裏筋です。
写真を見比べると、バーベキュー台屋のお姉ちゃんと顔が似てます。
写真右側は、噂のRタロー君です。
我らのSilver Wingに股がって南米を下る予定ですが、Silver Wingが故障続きで未だアミーゴに逗留してます。
今はクラッチケースを待ってます。
彼の座右の銘は「桂3P」です。
わかる人にはわかる含蓄溢れる言葉です。
 

〈旅のお買い物〉古い鍵。レプリカだけど/ハバナ/キューバ

 
PICT0006.jpg
古い鍵が好きでついつい買ってしまうんだけど、これはレプリカです。
セラミックです。
下の錠前と合わせて、15セウセを12セウセ(約1,200円)に値切りました。
これだけ大きいと、本物は100ドル以上します。
自分で買っておいて何なんだけど、どうするんでしょ、こんな偽物。
住む家もないのに...
 
PICT0005.jpg