メイン

2007年2月 6日

2007年02月11日(日) [88万円南極ツアー一泊目]

【代金】さて今日から一人44万円(ふたりで88万円)の南極ツアーだ!
船酔いが怖い。

【準備】旅行代理店“ウシュアイア ツーリスモ”で、南極上陸用の長靴、厚手のジャンバーとズボンを借りる。
ズボンを借りてよかった。やがてペンギンのうんこに塗れてく。
メールをチェックして、ワインを二本買いこんで桟橋へ歩く。
荷物が重くて辛い。

【出航】“Usyuaia号”に乗り組み船内をうろつき、Koichi君の酔い止め薬を飲んで転寝してたら、いつの間にか出発してた。

2007-02-11p008.JPG

【不満】僕らの部屋は最下層で、Koichi君の部屋より狭くて居住性悪し。窓も無い。

晩飯はラビオリ。
少なすぎ。
【空腹】結局、最後まで食事は少なかった。

船の中でWi-Fiの電波を拾うが、接続できず。
南極の映画を観て、さっさと寝る。
とにかく眠い。
眠すぎる。

【疑問】ところで夜の9時半ごろにはもう暗いんだが、極地に向かっているのになぜだろう?逆に日没が伸びるんじゃないのか。

【心配】荒れることで有名な恐怖のドレーク海峡に突入するため、深夜1時半ごろから船は揺れるらしい。怖い。

2007年02月12日(月) [88万円南極ツアー二泊目]

【安堵】ドレーク海峡が穏やかで嬉しい。
【用心】義裕は午後から寝て過ごす。
船酔いの良薬は寝ることに尽きると思う。

d04.gifボストンから来た変な顔したイザベラがワインをくれる。

それにしてもドレーク海峡に沈む夕焼けが美しい。

2007-02-12p030.JPG

【雑学】因みにドレークとは、スペインの船を奪って世界周航(イギリス人初)をした人で、無敵艦隊が攻めて来たときのイギリス側の副提督だ。

2007年02月13日(火) [88万円南極ツアー三泊目]

魔のドレーク海峡通過中!
波、幸いにも穏やかなり。
航路順調夫婦円満。

義裕は、i-podを聴きながら昼寝。
祐子は、南極で投函する絵葉書を書く。

b01.gif【感動】流氷発見。
あー、これが流氷か!

2007-02-13p001.JPG

2007年02月14日(水) [88万円南極ツアー四泊目]

2007-02-14p094.JPG
d04.gif

早朝5時から、艦橋に立てこもり流氷を眺めて過ごす。
沈黙の流氷ってーのは、威圧感があるのよ!
こりゃ激突すれば、船が負けるに決まってんじゃん。

b01.gifPaulet Island(南緯63度35分・西経55度47分)に初上陸する。
【印象】名づけて“うんこ島”。
臭い。
骨だらけで不気味だ。
南極海の水に触れてみると、やはり冷たい。

2007-02-14u053.JPG

【偉業】これで僕らは、北極海と南極海の水にタッチしたのである!
あー、遠かった。

そして、いよいよ南極大陸本島に上陸。
Antarctic Peninsula(南極半島)のEsperanza Bay(エスペランサ湾)で、アルゼンチン基地を見学。
【距離】ここはブエノスアイレスから3,290キロ、ウシュアイアから1,329キロ離れているのだ。
島は一面、砂利だらけ。
【疑問】どうして砂利はできるのだ?
墓あり、ミュージアムあり、DirecTVのパラボラアンテナあり。
葉書を投函。

【処方】酔い止めの薬を飲まないで過ごす。

【注意】靴とズボンをよく洗わないと、乾いてから強烈に臭い。だけど祐子は鼻が鈍感なので平気だ。

2007年02月15日(木) [88万円南極ツアー五泊目]

7時、朝食。
天気上々。
青空に薄く白い雲。
手袋を脱いで、素手でも平気。
海水、茶濁。
透明度ゼロ。

b02.gifSouth Shetland Islands(南シェトランド諸島)のLivingston Island(リビング島)のHannah point(ハンナポイント、南緯62度39分・西経60度37分)に上陸。
ジェンツーペンギンのルッカリー(巣)多し。

2007-02-15p078.JPG

ペンギンはそれぞれ個性があり、興味深い。
アザラシのハーレムを見ても、誰が王様かわからず。

2007-02-15p125.JPG

d02.gif【発見】化石豊富。
糞、骨、砂、泥、羽。
ペンギンの写真が撮り放題で嬉しいが、換羽の時期なのであまり美しくない。
【震撼】時折、遠くで氷河が崩落する轟音が響き、ハッとさせられる。

午後、Deception IslandのWhalers Bay(南緯62度59分・西経60度34分、ネプチューンズ・ベロウの幅550メートルの入り口を通過するのが大変らしい)に上陸し、捨て去られた廃墟を散策する。

2007-02-15p125 (2).JPG

b04.gif【水泳】極寒の南極海を泳ぐ。

2007-02-15u024 (2).JPG

海の水は冷たいが、痺れはしないな。眠くもならない。
【入浴】浜辺をスコップで掘っただけの温泉。浅いが極楽。
砂の堤防が崩れると海水が入ってくるが、そんなに気にならない。

2007-02-15u020 (2).JPG

【自信】これでどこの海でも泳げるぞ!

b02.gif【捕食】シャチの潮吹き。
シャチの大群。
水面を飛ぶペンギン。
追うシャチ。
逃げるペンギン。
ゆっくりと背中を見せる鯨。
鯨の尾。
哀れ食べられたペンギン。
僕らの喚声。

2007-02-15p143 (2).JPG

持ち込んだ安ワインで、コーイチロー隊員と乾杯。

2007年02月16日(金) [88万円南極ツアー六泊目]

2007-02-16p004 (2).JPG

b01.gifNeko Harbor(南緯64度50分・西経62度33分)に上陸。
抜群に快晴。
雲、ほとんどなし。
暑い。

2007-02-16p066.JPG

鼻髭親父はTシャツ姿。

2007-02-16u042.JPG

d01.gif雪山を登る。
ペンギン、走り回って可愛い。
子供ペンギンが、餌をねだって親を追いかける。
必死に逃げる親。
親より大きい子供。
基本的に追いついても体当たりするだけ。

2007-02-16p081.JPG

b02.gif【撮影】デビルススティックと三つ球をしてビデオ撮影。

【充電】カメラの電池切れ(一日最低二回の充電が必要だ)。

午後、南極半島の自然港Paradise Bay(南緯64度49分・西経62度51分)。
再び南極本島上陸。

ゾディアック(エンジン付きゴムボート)で、海上散策。
雪崩。
迫力。

d02.gifKoichi君と蒼い苔と柔らかい土に覆われた岩山を登って叱られる。
【疑問】苔がやがて土になるのだろうか?

雲が低い。
流氷で寝そべるあざらし。

艦橋から、夕焼けに染まる氷河を眺める。
このクルーズの最南、南緯66度に到達。
恐ろしく静かだ。
穴の開いた奇岩。
厳しく寒い。
【真実】南緯66度33分から南極圏。

2007-02-16p378.JPG

ハードディスクの空きがないので、“2005年5月”をハードディスクDへ移動(後日、“6月”も移動する)。

2007年02月17日(土) [88万円南極ツアー七泊目]

午前中、Lemaire Channelを通過。
2007-02-17p214.JPG

Port Lockroy(南緯64度49分・西経63度30分)のイギリス基地と隣のJougla Pointに上陸。
ここも臭い。
【道理】誰も掃除をしないから当然なんだけど。
鯨の骨。
欲しい。
土、泥。
【疑問】糞がやがて土になるのだろうか?
出産の遅れた雛。
【残酷】移動できないのでまもなく死ぬらしい。
【賞賛】水中から氷河に飛び乗るペンギンの演技が素晴らしい。

昼飯は、アサード(アルゼンチンが得意のバーベキュー)だが少ないのが不満だ。

【勧誘】イギリス人のIAN(元高校教師)が
「ぜひイギリスに来て、我が家に泊まれ!」
家に誘ってくれた。

2007-02-17p343.JPG

陽に焼けた。
だんだん薄着になる。
手袋をしない。
どこもかしこもジェンツーペンギン。
【希望】他の動物がみたい。例えばキリンとか…。
2007-02-17p272.JPG

ゾディアック(エンジン付きゴムボート)で、巨大流氷のまわりを散策。
崩れる氷河。
巻き起こる波。
氷河で寝そべるあざらし。
水上を飛ぶペンギン。
2007-02-17p286.JPG

Cuvervill Island(南緯64度41分・西経62度38分)に上陸するまえから臭い。
ペンギンだらけ。
【競争】親を追う子供ペンギン。
必死で逃げる親ペンギン。

2007-02-17p294.JPG

水面を飛ぶペンギンを撮影したいが、バッテリー切れで撮影できず。
非常に悔いが残る。

【人々】無口なスイス人が、ブランデーを飲んで妙に陽気だぞ。
Koichi君とワインで乾杯。

2007年02月18日(日) [88万円南極ツアー八泊目]

朝食後、ザトウ鯨(Humpback Whale)が船に来襲。

Harf Moon Island(南緯62度36分・西経59度55分)上陸。
やや船酔い?
【供養】あちこちに散らばるペンギンの死体。
2007-02-18p039.JPG

このツアー最後の上陸、Aicho IslandsのBarrientos Island。
空一面の白い雲。
わずかに風。
ちょいと雪。
寒い。

2007-02-18p077.JPG

【捕食】両脇を傷ついたペンギンと、それを生きたまま食らおうとちょっかいを出す鳥(Southern Giant Petrel、ミズナギドリ)。

2007-02-18p097.JPG

波打ち際のペンギン。
親を追う子供ペンギン。
逃げる親。
転ぶ子。
寝そべるあざらし。

最後の南極は、静かで厳かである。
2007-02-18p027.JPG

コーイチロー隊員、イアンとワインで乾杯。

2007年02月19日(月) [88万円南極ツアー九泊目]

魔のドレーク海峡を通過中。
揺れてきました。
【希望】海が穏やかでありますように!

b01.gif義裕は朝食後、大事をとって昼寝。
昼食後、昼寝。
晩飯食って就寝。

【人々】だんだん食事をする人数が減ってきた。
船酔いしてるに違いない。

d01.gifニュージーランドから来たニュージー君が、ベッドに女の子を連れ込んでしまい、同室のKoichi君が部屋に戻れず。
【捜索】連れ込まれた娘は誰だ?
【犯人】強烈にお尻の大きい娘だった。あれかっ!

祐子は、DVD『シュレック2』を観て、ドイツ人夫婦からワインを頂戴して歓談。

【将来】シンガポールに行ったら、SONYの盛田氏に会ったことがあるという謎の人物Mr.KOHの家へ行こう。
イギリスでは、元高校教師のイアンの家を訪ねるのだ。

2007年02月20日(火) [88万円南極ツアー十泊目]

d03.gif船の揺れ甚だしく、朝食抜き。
義裕は、読書少々と昼寝たっぷり。

祐子は、折り紙の折り方(鯨とオットセイ)を船長へ伝授。

昼食時、まだ揺れ止まず。
午後、義裕は昼寝。

ビーグル水道に入ってから船の揺れが収まり、バーで寛ぐ午後のひと時。
ドルフィンたちが船の際で泳ぎ、最後の撮影。
【祝儀】チップは、食事に不満があったのでふたりで100ドル。

夜、皆がドレスアップするが僕らは変わらずTシャツ。
ドイツ人からワインをご馳走になる最後の夜。

【次回】いつの日か、タスマニアから南極のロス海を目指そう。そしてニュージーランドへ渡るのだ。

2009年3月11日

2009年03月17日(火)[キングストン→カラカス/ベネズエラ]

『いくら人を非難しても自分を正当化した事にはならない』
ならないのだよ。
お心当たりのある貴殿、改心しなされ。

2時半まで宿「民宿ラブリッシュ」の漫画「カバチタレ!」を読んで、だからボブ・マーリー博物館とか無視です、いいんです、どうせこの頭じゃドレッドにならないから。
宿待機の髭面邪魔烏賊ドライバーの車で空港へ。
この邪魔烏賊ドライバーが無茶苦茶暴走して、遺書を書かねばと手帳を握りしめたです。
ドアも満足に閉まらないボロ車のくせにアクセルをそない一生懸命踏んだらあきませんがな、130キロ以上出てるじゃないですか。
か、カーブの手前では充分な減速を、お、お願いします、ボクらドアから転げ落ちそうな強烈な横Gを喰らってまして、こんなタイヤの悲鳴、聞いたことないです。
車がひっくり返りますぞ。
タイヤが泣き叫んでます。
ボクも泣きたいです。
横断する人に一瞥もせず、轢く気ですね、すべての車を容赦なく追い越し、振り向いてガンを飛ばし、飛ばしてどうするの、何人たりとも前を走らせないあんたの姿勢、生き方、主義主張、スローガン、近いうち死ぬど。
 
パナマ経由でカラカスへ飛び、カラカスの空港内でUSドルを闇両替え(500ドル以上まとめて両替すると、1ドル5ボリーバル)。
ジュースを飲んで、空港内の閉店したレストランのベンチに寝る。
久しぶりの空港泊。
ベンチは堅いし寒い。
 
朝→宿の朝食はジンジャー焼き飯
昼→機内食
夜→機内食。不味かった。祐子は全部食べたけど

 

2009年03月18日(水)[カラカス→シウダー・ボリーバル/ベネズエラ]

ベネズエラ(シモン・ボリーバル)国際空港のレストランのベンチで朝を迎える。
身体が痛いです。
歩いて5分の隣りの国内線の空港へ移動。
成田と羽田が隣りにあるようなもんですから、近くて便利です。
 
妙に空いた飛行機でプエルト・オルダスへ、およそ一時間の飛行。
9時半、プエルト・オルダスからバスに乗って、11時、オリノコ川が横たわるシウダー・ボリーバル着。
久しぶりの南米です。
人ごみと出店と屋台と笑顔、何もかもが懐かしいです。
ネットができるホテルを見つけられず(仕事があります)ウッチーが泊まったホテル「Union Hotel」に荷物を置き、ポルキロの飯食ってツアー会社アドレナリン(Adrenaline Expeditions)を訪ねたら美容院になってた。
がちょーん。
よく探せばワンブロック先に引っ越してただけで、エンジェル・フォール(二泊三日一人1,300ボリーバル。約26,000円)の予約をし、ロライマ山(五泊六日一人1,300ボリーバル。約26,000円)は見積もりだけして、辞去。
紹介してもらったネットができるホテルへ炎天下片道25分ほど歩き、28日、29日の予約を入れて、撤退。
途中、屋台でNESTEAというレモンティーみたいの(ネスレの商品です)を買って飲む。
冷たくて激美味。
たまらなく暑いぞ、ベネズエラ。
宿に戻り特級で仕事をして、ネット屋へ。
 
コロンビアのカルタヘナ以来の水シャワーです。
 
さぁ、明日はいよいよ秘境、エンジェルフォールです。
 
朝→機内食
昼→量り売りのチキンとライスとサラダ
夜→食べない

 

2009年03月19日(木)[シウダー・ボリーバル→カナイマ/ベネズエラ]

オーストラリア人のジミー、リジーのカップルと「Adrenaline Expeditions」の車で空港へ。
ちなみにこの二人とは、その後一切会話がなかったので、全くのアカの他人です。
ギターを担いだ馬鹿がパスポートを忘れて、出発が遅れました。
エアポートTAXは、12ボリーバル(約300円)。
ふらふらと揺れるセスナ機は9時10分離陸、10時半カナイマ着。
ちなみにこのカナイマという集落へは、道がありません。
未だに人類未踏の地が残る、世界最後の秘境、カナイマ国立公園(ユネスコの世界遺産です)の入園料35バリーバルを支払って、喫水線がぎりぎりの木造ボートでCarrao川からChurun川へさかのぼる。
タンニンがとけたコーラ色の川です。
飲むと渋いのでしょうよ。
ジャングルに浮かぶテーブルマウンテン出現。
異常に不気味で驚異です。
テーブルから溢れる滝、滝、滝。
ボートが波頭に突っ込み水が流れ込み、波に揉まれ、ボクらは濡れて悲鳴をあげ、目指すは落差世界一の滝(978メートル)、エンジェルフォール(スペイン語名、サルト・アンヘル、Salto Ángel)。
アメリカ人のエンジェルさんが発見しました。
他の滝とはひと際違います。
太いです。
運が良く、この時期にしては水量があり、迫力満点。
圧巻。
極太。
一時間以上かけて山を登り、祐子がスリップダウンしてカメラを壊し、エンジェルフォールを正面に見据えて、滝は空中で霧になり、その霧を浴びて、拝む也。
ありがたや。
ナイアガラの滝より、エンジェルフォールです。
ちなみにボクのカメラも末期症状。
 
晩飯後、元高校教師のシンさんと政治談義。
ジャングル、川沿いの小屋、蚊帳付きのハンモック。
夜中、豪雨。
トイレ三回。
 
朝→Adrenaline Expeditionsのパン、ヨーグルト
昼→サンドイッチを船の上で
夜→チキンのバーベキュー。塩味が効いて美味かった

2009年03月20日(金)[エンジェルフォール/ベネズエラ]

朝飯食って、6時45分出発。
ジャングルの朝は早いですよ。
コーラ色の川と霧の中のテーブルマウンテン、エンジェルフォール。
ひたすらボートで川を下り、カナイマの集落へ戻る。
 
集落を散歩。
舗装道路がありません。
家にドアがありません。
客引き、土産売り、タクシーの類いがいません。
静かな湖畔の森の影です。
ボートでカナイマ湖を渡り、滝の裏側を歩き、滝にうたれ、ずぶずぶに濡れ、満足なり。
この「滝の裏側」、名瀑百選に推挙。
さっさと寝る。
 
朝→ジャングルの朝食。なんだか妙な卵焼き
昼→牛肉。ベネズエラの料理は意外に美味い
夜→チキンのパスタ

2009年03月21日(土)[エンジェルフォール→シウダー・ボリーバル/ベネズエラ]

昼まで、カナイマ瑚のほとりで昼寝。
1時のセスナ機が3時に遅れ、文句ぶーぶー垂れながらシウダー・ボリーバルへ飛ぶ。
窓から見下ろせば、大地に点在する煙。
なんで煙? 焼畑? 畑なんかないけど...
西に白い雨、東に黒い雨。
虹、虹、虹。
頼りない蛇行する小道。
誰が住むのか、あの家。
家畜がいない。
何して食ってんの?
複雑で巨大な川。
Adrenaline Expeditions」で無理言って、事務所のパソコンのケーブルを外してMacへ繋げてネット。
今夜、夜行バスに乗ってサンタ・エレーナ・デ・ウアイレンへ行く予定だったけど、ツアーの参加者がいないため、中止。
ロライマ山、断念す。
 
朝→ホテルの朝飯
昼→食べない。痩せただろうか
夜→ボクは炭火焼ステーキ。祐子はオリノコ川の魚

2009年3月12日

2009年03月22日(日)[シウダー・ボリーバル二泊目/ベネズエラ]

ボクは、午前中みっちりと仕事です。
午後、昼飯がてら散歩したら、日曜日なので一軒もお店が開いてません。
セントロは全滅でした。
誰も歩いてません。
ただ暑いのみ。
 
部屋でネット。
そしてテレビ。
野球、日本対アメリカ。
 
朝→食べない
昼→ピザ
夜→イカ焼きが美味かった。祐子はスープ

2009年03月23日(月)[シウダー・ボリーバル→カラカス/ベネズエラ]

ツアー客が全然いなくてロライマ山登山が中止になり、というか料金が倍になるのでキャンセルし、このままシウダー・ボリーバルにいても暑いだけだし、カラカスへ行けば危険な香りが充満してるし、折から仕掛かりの仕事があれこれとややこやしくなってきたし、ほんじゃ一発メキシコへ帰ろうと、シウダー・ボリーバルからプエルト・オルダス行きのバスとか、プエルト・オルダスからカラカスへの飛行機とか、カラカスからメキシコシティへの飛行機の変更とかに、祐子は「24」のクロエみたいに忙しかったです。
なんせプエルト・オルダスからの航空券はネットで買えないし、旅行代理店は昼になるときちんと休むし、営業時間になっても全然戻って来ないし、メキシコとは時差があるし、航空会社へ電話をしても繋がらないし、祐子がひとりで飛行場へ直接歩いて交渉しに出向いたり、ボクはホテルで涼んでたり、たいへんです。
 
で、先週に引き続き、カラカスの国際空港のレストランのベンチにて、宿泊。
今晩は寒くないけど、何気にウルサい。
ベンチは相変わらずカタい。
野球は、日本対韓国。
 
朝→食べない
昼→プエルト・オルダスの空港でハンバーガー。祐子は想像を絶するクレープ
夜→SUBWAYの15センチサンドウィッチを二人で分けて食べる慎ましさ