メイン

2008年4月 2日

2008年04月14日(月)[→オイアポケ→サンジョルジュ→カイエンヌ]

7時、オイアポケ着。
タクシードライバーを名乗る小柄な色黒親父につきまとわれ、うざい。
おっさん、あっちに行けよ。
何したって金は払わないよ。
と再三申してるんですが、追っ払うことができない。
それどころか、警察署を案内されてしまい、
おっさん、勝手に案内するなよ。ぶー
立場の弱くなるボク等。
警察署でブラジルの出国スタンプをもらい、両替所を求めて市場へ歩く。
やっぱ、おっさんが付きまとうし、話し掛けてくるし…。
何したって金は払わないよ。ホントだよ
マカパよりいい金額でユーロへ両替えできた(Iヘイアス→2.55ユーロ)と喜んでたら、客引きたちに囲まれてしまい、
「カイエンヌへ行くなら、ボクの車に乗せてやるよ」
怪しい親父に声をかけられた。
こういう奴の車に乗っては碌な事がない。
人気のないところで強盗に変身するか、仲間のところへ連れてかれて、荷物を奪われるが相場だ。
なのに、どうしてか断りきれずに一緒にボートに乗ってしまい、仲良くフランス領ギアナに入国してしまい、フランス語まで教えてもらって、世話になりっぱなしである。
情けないボク等…。
何にしろ、ギアナ三国に突入。

彼(名はエリキ。実は学校の先生。たぶんこうやって白タクで小遣い稼ぎをしている)の車に乗って(これがTOYOTAの4WDで、なかなかいい車だった。快適)、警察署に連れて行ってもらい、入国スタンプを頂戴し、結局、彼の車で、県庁所在地のカイエンヌへ向かう。
スピードの出し過ぎと登り坂の追い越しに注意しないと、あんた早死にするよ。
と、別れ際に言いたかった。

宿に荷物を下ろして、とりあえず昼飯。
そしてネット。
ボクは、仕事をしなくちゃならないのだ。
ベトナム料理屋を探すが見つけられない。

この町は、中国人が多い。
確かにどこもかしこも東洋人だらけだ。
英語が通じない。

【本日のお食事】
朝→なし
昼→中華レストランで焼きそば
夜→ホントはベトナム料理が食べたいけど、見つからないので、中華。祐子は海老スープ。ボクは牛肉炒め定食

フランス領ギアナ、県庁所在地カイエンヌのリポートは→
【バス】マカパ→オイアポケ
【船/乗り合いバス】オイアポケ(ブラジル)→サンジョルジュ(フランス領ギアナ)→カイエンヌ(フランス領ギアナ)
【安宿】La Bodegaの詳細は→

2008年04月15日(火)[カイネンヌ二泊目]

15PICT0008%205.JPG

公衆電話は木造だ↑

朝一で荷造りし、スリナム行きの乗り合いバスを探し(言葉を知らないで探し物をするのは実にたいへんだ。バス乗場が情報と違っていたので、今日の移動は諦めた)、パンを食べて(腐ってもフランス。美味。好機を生かせないガリヤ人を見直す)、インターネットし(日本語が読めると感動する)、仕事して、洗濯して(雨降ったぁ)、サンドイッチを食べて(SUBWAYのようなトッピング方式。フランス語が話せないと、サンドイッチですら苦労する。少しは英語を使えっ)、昼寝して(部屋のエアコンが効かなくて激暑)、ネットして(今度はLAN接続できて幸せだ)、夕食(隣の席の親父はラーメンらしきものを食ってた。気になる)。

フランス領ギアナは、本国フランスより物価が高いと言われるだけあって、確かに高い。
朝、菓子パン食ってジュース飲んだら、1,152円!
夜、缶コーラを買ったら、320円!!!
さっさとフランス領ギアナから脱出せねば!

宿のトイレの件でひとこと言わせて下さい。
男性用の水洗装置がずいぶんと変わった形をしていて、水を流すレバーがわかりにくくてしかも堅いのが原因だと思うのでうが、誰も水を流しません。
いつもボクが流しています。
知らない人の残したブツの始末は辛いもんです。
毎日がこうして悲しい。

【本日のお食事】
朝→さすがフランス、パンが美味
昼→腐ってもフランス、サンドイッチが美味
夜→トッピング方式の中華。ほとんど焼そば

フランス領ギアナ、県庁所在地カイエンヌのリポートは→
【安宿】La Bodegaの詳細は→