メイン

2006年10月18日

2006年10月31日(火) [Ibarra→Quito]

タイヤの空気を入れたら、なかなかうまくいかなくて、すっかり遅くなり11時に発進。
辛気臭い曇り空なので、母芳江作成の黒いルーズソックスと伽半を履き、セーターまで着てカナダ以来の防寒体制をとる。
Quito市内に入ったら、激しい交通渋滞に巻き込まれる。
Quitoは標高が高いので、車のエンジンが不完全燃焼し、排気ガスが強烈。

この春ごろ、連込み宿をしてて手入れを食らい閉じていた(?)有名安宿スクレに投宿。
二人一泊3.5ドル(約400円)。
エクアドル、物価が安い!

カルタヘナの亀井旅館でサッカーのワールドカップを観てた学さんが、ここでもサッカーを観てた。
外の食堂でチャーハンを食って、ネット屋探し。
お菓子売りの先住民の女の子からお菓子を買って、
「写真を撮ってもいい?」
って訊いたら、
「5ドルくれ!」だって。
馬鹿もん!
コロンビア人に比べて、エクアドルの野郎はしわいわ。

部屋で『歩き方』を読んで気がついた!
赤道に寄るのを忘れた(ベタな旅人は、赤道をまたいで写真を撮るのだ)!

深夜2時まで、大学院生ルイ君の“アメリカと日本の医療ミスの比較”とキミ君の下半身話で酒を飲む。

2006年10月30日(月) [Pasto→Ibarra]

うす曇りのなか、南米最悪地帯と言われるエクアドルとの国境へ向かう。
この国境近辺は、コロンビアの反政府ゲリラが出没し、武装勢力による紛争が絶えず殺人、誘拐、爆破、暴動が頻発する超危険地帯。
外務省のホームページでは、“渡航の延期を強くおすすめします”とか“退避の可能性も検討してください”と脅しが入ってます。
しかし、評判の良いコロンビア大統領の強硬路線の成果か、そんなデンジャラスな雰囲気はまったくない。
92キロ南下した国境の街イピアレスで、顔中傷だらけの頭の悪そうなおっさんに付きまとわれるが、つつがなくエクアドルに入国し、腹が減ったので、定食屋で昼食を食べてたら、雨。
2006-10-30p012.JPG
二枚の写真は、本日の定食スープつき鶏肉ライス(お昼はこのメニューのみ)。
柔らかい骨付き牛肉とじゃがいもが入った絶品のスープ、鶏肉、ライス、サラダに果汁ジュースがついて、食べきれないけど165円なり。
エクアドル、物価が安いね!

2006-10-30p014.JPG
エクアドルの道路は、しっかりと路肩があって立派。
さすがアメリカドルの国(この国では、アメリカドルを使う。でもおつりの小銭はエクアドル硬貨。エルサルバドルやパナマもだけど、アメリカドルが通貨の国って、道路がいい気がする。戦争でも起こして、戦車でも走らせるんだな。きっと)。

それにしても、陰気くさい雨降るエクアドル。
やけに寒い寒いと思ってたら、気温13度。

人口八万人の街Ibarraで、小奇麗なホテルにチェックインする。
祐子の完全防水ジャンバーが、水に負けて中の服を濡らし、祐子が凍えてた。
かわいそうだ。
けど、防水ジャンバーは直せない。

【定食屋で注文するためのメモ】
Asadaは、焼いたもの。牛肉が多い。
Planchaも焼いたもの。
Pinchoは、串もの。
Chuletaは、辞書では骨付き。だけど、骨が付いてたのは一度しかない。豚肉が多い。
Secoは、乾燥もの。食べたことがない。
Fritoは、揚げ物。鶏肉が多い。

本日の走行距離142.3mile(227.7km)/総走行距離21,674mile

2006年11月 1日

2006年11月1日(水) [Quito二泊目]

朝飯のチョコレートパンを不味くて捨てる。
エクアドルはカカオの世界的産地だから、チョコレートが不味いとは納得いかない。

昨夜から泊まっているこの有名安宿は、つい先日まで売春宿(連込み宿?)も兼ねてたにしては由緒ある歴史的建造物で、その気で眺めれば美しい。
なんせこの街は世界遺産。
僕らの部屋は陽あたりの良い三階(四階はもっといい)の角部屋で、窓下に広がるサンフランシスコ広場を臨めて爽快。

昼前にインフォメーションセンターへ行き、市内の地図を入手し、書店や遠く離れたツアー会社“Metropolitan Touring”、さらに遠い赤道記念碑への行き方を訊く。
昼飯を食ってから、トロリーバスに乗って教えられた“Metropolitan Touring”へ行くが、探してもそんな会社はないじゃん。
その辺のおばさんに聞くと、インフォメのおっさんの指示が豪快に間違っていた。
疲れる。

トロリーバスを乗り直して、“Metropolitan Touring”へ。
ガラパゴス島行きの予約を入れる。
“Metropolitan Touring”の嬉しいサービスは、
?エクアドルで一番大きい都市、グアヤキル(なんと人口200万!)のホテル一泊分無料。
?ガラパゴス島にいる間、スクーターを預かってくれる。
?翌日、しゃぶしゃぶをご馳走してくれた。
英夫部長、岩崎さんありがとうございます。
本当に嬉しいです。
明日の昼食の約束をして、辞す。

若い小奇麗な男女が多い新市街をずんずん散歩して、夕飯(ピザ)を食べて宿へ帰ると、もう夜。
一日中歩いて疲れた。

夜、NHKの執筆。…と書くと作家のようだが嘘ではない。。

【尻を拭くのも苦労するのよ話】ここの安宿スクレは、トイレットペーパー持参方式(要するにトイレに紙がない)。
※尻拭き紙持参方式は、グアテマラ以来。
トイレットペーパーは、1ロールだけではなかなか売ってないので、祐子が定食屋のトイレから紙を盗り、急場をしのぐ。
ご苦労!祐子。

【ネット苦労したのよ話】ネットカフェで、なかなかネットに繋がらないなぁって悩んでいたら、この辺のネット屋は“IPアドレスを自動取得しない”方式だった。
早く教えてくれよ!
だから自分でIPアドレスを入力してネットに繋げるんだけど、それでも繋がらなくて四苦八苦してたら、ケーブルが切れてるじゃん。
疲れる。

2006年11月 2日

2006年11月2日(木) [Quito三泊目]

祐子、洗濯。
義裕、仕事。

11時半、トロリーバスで“Metropolitan Touring”へお出かけし、ガラパゴス島の支払いを済ませる。
英夫部長、岩崎さんと4人で、キト一番か二番の高級ホテル“swissotel”の日本食レストラン“楽しい”へ。
前菜に鳥の唐揚と餃子を食べ、エクアドルビールを飲み比べながら、牛肉を薄く切らしたら日本人は世界一やねってな話をして、やや肉厚なしゃぶしゃぶを堪能する。
肉厚だって美味いものは美味い!
うどんで締めて、デザートは抹茶アイス。
ホテルの横のキトで最高のパン屋で、翌朝のパンを買う。
お二人に感謝しきれない喜びを胸に帰宿。

宿の手伝い人ルーベンのCDシリーズ(山口百恵やTHE BLUE HEARTS、ミスチル、イルカ等々)を聴きながら、テレビの前で2時過ぎまで飲む。

2006年11月 3日

2006年11月3日(金) [Quito四泊目]

2006-11-03p086.JPG
朝7時、ガラパゴス島に向かう塁君を見送り、二度寝する。
塁君は、視力矯正手術を受けたのでサングラスをしているのだけれども、妙にかっこいい。

b01.gif盗られた!
二度寝のあと仕事をしていたら、学さんが部屋にやって来て曰く
「スクーターのカバーがないですよ」えっ、嘘!
ダッシュで一階に駆け下りたら、ありゃりゃりゃぁ?。
確かにない。バイクの盗難防止カバー。
よくよく見れば、ハンドルカバーも盗られてました。
やられこいた?!
スクーター自体が無事だったのは、不幸中の幸い。

これからは、宿の女主人ジャスミンの家のガレージに、スクーターを置いてもらうことにする。
それにしてもジャスミンの胸は、大きすぎる。
気になる。
過ぎたるは猶及ばざるが如し…、でもない。

くよくよせずに仕事に邁進する。
祐子は繕い物、午後、風邪で寝る。
夜、学さんが買ってきた『ハウルの動く城』を観るが、スペイン語だからよくわからん。

2006年11月 4日

2006年11月4日(土) [Quito五泊目]

祐子、一日中風邪で寝てる。
トマトを1.5キロほど買って、アレックス風スパゲティを作る。

夜、キミ君が南米中で集めたDVDを皆(祐子は寝てた)で息を潜めて観賞。
スペイン語だけど、関係なし。
そういうDVD。

祐子が寝てるので、つまらん一日。

泥棒をネタにNHKの原稿を書く。

2006年11月 5日

2006年11月5日(日) [Quito六泊目]

午前中、祐子は体調が悪くて寝てる。
義裕、床屋。
もみ上げを短く剃られて、ちょっと血が出て200円。
同じ剃刀で前の客の首筋も切ってたから、ここでエイズに罹ってしまった可能性も否定できないよな。

昼飯に牛肉定食を食って、ひとり公園のまわりをぷらぷらしていたら、前から見た顔の西洋人。
誰だっけ?
あー、あいつはパウルだ!祐子の友達のオランダ人だ!
僕は会ったことがないけど、写真であの顔を見た。
とりあえず、僕から爽やかに「Hi! Are you Paul?」
間髪入れずに「Oh! Yoshi」
よくわかるね、あんた。僕のこと。
祐子はどうしてる?って訊くから、風邪で寝てるって言ったんだけども、ぜひ会いたいってんで、ホテルまで連れて行く。
俺のことは内緒で部屋から呼んで来いってんで、困ったことが起きたからレセプションまで来てくれって嘘をついて、祐子を誘い出す。
「Oh! Yuko」「Oh!Paul」「Oh!」「Oh!」…。
涙の抱擁。
積もる話をして、明日、赤道までツーリングする約束をして別れる。
スクレ文庫から、綿矢りさの『蹴りたい背中』を読む。

2006-09-06u380.JPG
【旅の交遊録】
パウル(写真)。オランダ人。同じ歳の42歳。カメラマン兼ライター、もしくはジャーナリスト。
オランダに飽きたので、住むところを探して旅に出る。
今後、アルゼンチンに住む可能性大。
義裕が帰国中、コロンビアのホステルメデジンに宿泊し、祐子と遊ぶ。
実は今年2月ごろ、グアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナで、隣のホテルにいたことが判明。
僕らの写真に彼のバイクが写ってたので、一同驚く。
すっげー、偶然じゃん。
メデジンで、彼が目の下の脂肪を取る手術を受けて、祐子がその一部始終を撮影。
その衝撃の映像は、いつの日かネットで上映します。
卒倒しそうになるほど、グロいけど。
目下、このキトで人妻と交際中。
売春宿に泊まっている。
禁煙二日目。
貧乏なので、使えるお金は一日10ドルまで。

2006年11月 6日

2006年11月6日(月) [Quito七泊目]

2006-11-06p027.JPG
オランダ人のパウルと赤道記念碑へツーリング。
天気良し。
パウルはバイクを運転しながら、左手でビデオ撮影して危なかしい。

2006-11-06p097.JPG
政府公認で立派だが“間違っている赤道記念碑”で記念撮影して、ちょっと離れた“本物の赤道”へ。
メキシコで作ったインチキ学生証が役に立ち、割引で入場する(3ドルが2.5ドルに)。
相変わらず、英語の説明はさっぱりわからなかった。

夜、宿のキッチンで飲む。
【学さん情報 キューバ編】
キューバでは、女性用のセクシーな下着が売られてないので、たくさん持って行けば、キューバ女性が入れ食いとの事。
この情報を胸に、キミ君とオジロ君が年明けにキューバに向かう。

2006年11月 7日

2006年11月7日(火) [Quito八泊目]

明日は、ここキトを出発だ!

目指せ!ガラパゴス!

続きを読む "2006年11月7日(火) [Quito八泊目]" »

2006年11月 8日

2006年11月8日(水) [Quito→Quevedo]

ガラパゴス島を目指して出発。
朝から陰気な曇り空だが、標高2,850メートルのQuitoから海抜150メートルまで下る。
気温が一気に上昇する。
暑い。

昼食は、忽然と姿を現したケンタッキーフライドチキンで贅沢をする。
夕食は、貧乏臭く2.4ドルの定食を二人で分ける。

安宿を探していると、自転車に跨った子供たちに囲まれるが、鋭い視線と大人びた笑顔で油断ならない
ふてぶてしく金をせびるし、もちろん払わんけど、とにかくなんにしろ子供の可愛らしさが全然ない。
コロンビア人が懐かしい。

2006-11-09u001.JPG
ホテルは水シャワーだが、新築で気持ちいい。
従業員の娘さん(写真)が可愛いくてほのぼのと嬉しい。
夜、仕事。

本日の走行距離152.2mile(243.5km)

2006年11月 9日

2006年11月9日(木) [Quevedo→Guayaquil]

“Metropolitan Touring”の英夫部長がご招待してくれたホテルは、なんと5つ星じゃん。
ここに無料で泊まれるなんて最高である。
言う事茄子。
ホテルの前のセミナリオ公園には、イグアナがだらだらいて感動する。
スクーターを駐車場に案内してもらうため、ドアマンを後部シートに乗せたら、彼が興奮して暴れコケる。
馬鹿野郎!

2006-11-09u022.JPG
義裕、帽子を買う。

夕食は、おんぼろ定食屋でグアヤキル名物の蟹。
一見不潔な木槌で蟹を叩き潰して食うのだが、不衛生ではないかと恐れつつ、美味いと言えば美味い。
蟹の肉を剥くおばさんの爪が黒いぞ。

叔父、死す。
どうしてもメッセージが書けない。
ごめん。

本日の走行距離123.2mile(197km)/総走行距離22,080mile

2006年11月10日

2006年11月10日(金) [Guayaquil→Galapagos]

2006-11-10u026.JPG
朝、ホテルの向かいのセミナリオ公園でイグアナを撮影しようと出かけたら、彼らは朝のうちは木の上にて撮れませんねん。

いよいよガラパゴス島に向けて、飛行機に乗る。
一時間半でガラパゴス諸島。
着陸したバルトラ島の飛行場から、サンタクルス島へ船で移動すること5分。
ダーウィンに進化論を書かせた小鳥、フィンチが飛び交う森の中のレストランで、絶品のランチ。
早速ダーウィン研究所まで歩き、超有名亀ロンサムジョージ(一族の貴重な最後の生き残り)に会う。
生まれたてから年齢不詳まで、亀、亀、亀の亀だらけ。
誰かにBARでビールをご馳走になる。

僕らは身の程知らずにも、ヨットの中で一番豪華な“イザベラ?号”に乗船し、今日から4泊5日、ガラパゴス諸島をクルージングするのである。
貧乏臭い小さな船ではないのである。
かと言って、十把一絡げの大型船も裏を返せば貧乏臭いのだ。
ここでケチケチしてたら会える動物が減るので、銭のことは気にしてはいけない。
いいか祐子!金は使うぞ!

他の乗客は見るかならにお金持ちだけど、臆してはいけない。
Tシャツしか持ってないので、微妙にドレスコードにひっかかるが、気持ちで負けてはいけない。
許してください。

毎食、知らない西洋人と食卓テーブルを囲み、談笑しながら食事をするのがいいのだ。
今日の隣席は、ビバリーヒルズに住むダンとスーのご夫妻。
「近所には、シルベスタースタローンやマーロンブランドが住んでるのよ。オホホホホ…」
ちなみに、うちの隣はラッシャー板前だ!
語学堪能なアンドレアは、ローマの若き経済学者なり。
ワインをご馳走してくれた。
年下なのに…。

2006年11月11日

2006年11月11日(土) [Galapagos二泊目]

2006-11-11p114.JPG
7時半、朝食。
午前中、ジェノベサ島を探索。
ナスカブービー、レッドフットブービー、スワローテイルガル、マリンイグアナ、ガラパゴスシーライオン、蟹。
蟹以外は、近づいても誰も逃げないので、写真が撮り放題。
2006-11-11p149.JPG
シュノーケリング。
昼食、セビッチェ、豚の丸焼きほか豪勢なり。
麻酔医の★★★、奥さんのイボンは、イギリスの北300キロ離れた街の出身。
午後、ボートで島の周りをぐるりとして、イグアナや鳥を見て、枯れ木と鳥の荒涼としたジェノベサ島に上陸。
プリンスフィリップスステップスを1.6キロほど散策。

2006-11-11p182.JPG
夕食時、船が少し揺れて、義裕はダウンして早寝。
船に弱い俺。
悲しい。

2006年11月12日

2006年11月12日(日) [Galapagos三泊目]

2006-11-12p146.JPG
6時半に起きて、鯨ウォッチング。
飛び跳ねるイルカの大群を見て嬉し。

午前中は、イザベラ島のTagus Coveに上陸し、塩の湖“ダーウィン湖”の周りを散策。
この湖は、雨がほとんど降らないのに水が枯れず、逆に海よりも海面が4メートルも高いのである。
不思議だ。
2006-11-12p179.JPG
ボートで海岸線を流し、ガラパゴスペンギンを激写。

カヤックに乗って、しばし海を流れ、アシカのとろけた死体に近づく。
腐った身体は気持ち悪し。

午後、甲板上で洒落た昼食とビールに愉快な団欒。
2006-11-12p238.JPG
フェルナンディナ島に上陸して、溶岩の上を歩くと海イグアナが嫌になるほどいた。
うっかりすると、イグアナを踏んでしまうから気をつけろ!

夕食後、操舵室を見学し、赤道越えのカウントダウンをして盛り上がる。
バーカウンターで、太ったぺぺと話をしながらカンパリのテキーラ割りを飲む。
効くぅぅぅ!
ぺぺは、6週間連続勤務の2週間休暇が仕事のサイクルだと言ってた。
だけどガラパゴスで過ごす仕事の6週間が、実は休みなのさって笑ってた。

2006年11月13日

2006年11月13日(月) [Galapagos四泊目]

2006-11-13p037.JPG
サンティアゴ島に上陸し、黒い溶岩台地の島内散策。
のち、シュノーケリングをして、アシカや亀と泳ぐ。
祐子シュノーケリングが上手くなる。
海蛇を見逃したのが残念。
2006-11-13p108.JPG
夕方、バルトロメ島の山を登る。
絶景。
皆で写真の撮りあい。

2006年11月14日

2006年11月14日(火) [Galapagos五泊目]

2006-11-14p013.JPG
すべての清算をして、下船する。
チップだけで140ドルも払うなり。
高級クルージングなので、しょうがない。
しかし本当にいい経験だった。
歳とったらこいういう旅行をしなきゃ。

世界の金持ち連中と、それぞれの国に行ったら泊めてもらう約束をして、メールアドレスを交換する。
これで高い船賃の元が取れる算段!

ガラパゴスじゃ一番の高級ホテル“フィンチベイ”へ移動。
僕ら、お金を使いまくってますわ!
使うときは使うのだ!っと心に言い聞かせる。
でないと負けそうになる。
プールサイドでビールを飲んで、のんびり過ごす午後のひととき。

2006-11-14p066.JPG
アヨラ港で昼食後、町中散歩。
鮮魚屋の親父がカツオの頭とアラを切って、ペリカンに投げ与えるのが面白くてずーっと観てた。
ペリカン同士が喧嘩しながら、アラを奪い合い丸呑みするのが圧巻。迫力。血なまぐさくてグログロ。蠅ぶんぶん。
地元の子供たちと、和む午後のひと時もまた良し。

夕食後、M銀行ニューヨーク支店勤務の若夫婦(ブロードウェイの近くの高級アパートメントに住む)と団欒。
ニューヨークでよしこさんが通う英語学校が、ロシア人の先生で月三万円ちょっとだって言ってた。

2006年11月15日

2006年11月15日(水) [Galapagos六泊目]

2006-11-15p031.JPG
11時半まで、プールサイドでネット、ハンモックで読書、昼寝をして寛ぐ。
パラパラとにわか雨。
アヨラ港でスパゲティを食うが、激不味!
二度と来るか!こんな店!って感じ。
祐子は、得意の魚貝類のレモン付けセビッチェ。

昨夜、爽やか銀行マン夫婦が推薦してくれた、サンタクルス島のお薦め三箇所巡りをする。
その一、タクシーで、巨大な陸亀が腐るほどいるChuloへ。
亀って嫌になるほど人相が悪い!
顔を見ると好きになれない奴だ。
その二、流れる溶岩が作った不思議な自然トンネルを歩く。
これ、すごいです!マジッ!
その三、最も美しいと言われる白砂の海岸、Tortuga Bayへイグアナに会いに。
大場満郎『南極大陸単独横断行』を読む。

2006年11月16日(木) [Galapagos→Guayaquil]

飛行機でグアヤキルに戻る。
“Metropolitan Touring”で愛車Silver Wingを引き取る。
去り際に、社員の皆さんがやってきて記念写真。

セントロで安宿を探し、ネットして夕飯食って、部屋で荷物の整理と繕いものをする。
暑い。
冷たいコーラが美味い。
水シャワーなので浴びない。

2006年11月17日(金) [Guayaquil→Chaguarpamba]

コメオさんの待つリマへ向かって出発。
朝食なし。
11時半、Naranjalで昼食。
最近、フリホーレス(豆の料理)にご飯を混ぜて食べるのが好きだ。
で、おかずが豚肉だったら最高!
Santa Rosaで投宿するつもりだったけれど、欲張って次の町へ。
コメオさんがメールで、海岸近くの国境より内陸部を推薦してくれたので、ここで国道を大きく外れて左へ入る。
Balsasの町は小さくて、ホテルが一軒だけしかない。ネットカフェもない。
もう3時半だが、さらに欲張って次の町へ。
次第に薄暗くなる穴だらけの寂しい山道を走る。
Chaguarpambaは、山間の霧に沈む音の無い町。
結局ここにもネットカフェはなく、ホテルも一軒だけだった。
水シャワーなので浴びない。
爪を切って髭を剃る。

【正月をチリのサンチアゴで過ごすとすると…】
大雑把に計算すると、グアヤキルからビーニャデルマルまで23日かかる。
12月10日着を目指すと、5日しか余裕がない。
面倒くさいなぁ…。