メイン

2009年6月24日

2009年6月23日(火)[エングレ→パルヌ近郊/エストニア]

P131号線を東へ、ラトビアの首都リガを通り抜けて、A1号線を北上。
風が強くて、けっこう煽られます。
追い越しが多いので、100キロ以下の車は遠慮がちに路肩を跨いで走るのが、マナーみたいです。
どいつもこいつもセンターラインを跨いで、数台ぶっこ抜きで爆走してます。
対向車の方が衝突を避けて路肩へ逃げ、クラクションを鳴らすアホンダラはいません。
秩序がありました。
左折せんと左側のウインカーを点滅させた車の、左側を追い抜く馬鹿までいました。
おまえら、みんな死んでまうど。
ボクらのBurgmanは荷物の積み過ぎで後続車が見えません。
これがけっこう辛いです。
 
エストニアに入り、バルト三国を制覇しました。
この旅、33カ国目。
ぞろ目記念。
A1号線の脇道を左に入って、未舗装道路の先のキャンプ場が今晩の宿です。
広い芝生の端までWi-Fiが飛んで、テントの中でもネットは快適です。
ちなみにコンセントはありません。
ちなみにトイレも電気はありません。
ちなみにトイレは汲取です、
 
キャンプ場の娘さん、エストニアの女子大生が日本語を話せてびっくりしました。
学習院に留学してたそうです。
彼女から焼いたカレイを頂きました。
チョベリ、美味かったです。
サウナがあったので入りました。
蚊に刺されます。
 
?本日の走行距離297キロ(合計2908キロ)
?Internet→キャンプ場のWi-Fi(無料)。感度良好
 
朝→パン
昼→マクドナルド
夜→トマトとベーコンのスパゲティ。イチゴ。日本語を話せるアイケから頂戴した焼き魚のカレイ
 

2009年6月25日

2009年6月24日(水)[パルヌ近郊→タリン/エストニア]

フィンランドはヨーロッパ大陸と地続きですが、ロシアの領土が我ら西側陣営を分断しているため陸路では入国できません。
ロシアは今時ビザが必要なので、迷惑な国です。
陸路が無理なら海路です。
フィンランドの首都ヘルシンキへ、エストニアのタリンという街からフェリーが出てます。
タリンは世界遺産でもあり中世の面影が残る旧市街が有名ですが、ヘルシンキの影響が強くてビルが小洒落てたです。
宿を探しまくりましたが駐車できないか宿泊費が高く、ヨットハーバー脇のキャンプ場に泊まりました。
ネットはエストニア政府のWi-Fiが無料で使えるのですが、パスワードを取得するのに電話が必要で、ボクらは携帯電話ないです。
キャンプ場のお兄さんが率先して手続きをしてくれました。
エストニア人って優しいです。
テントの前にキャンピングカーを停めてたオランダ人のご夫婦と軽く世間話をしたら、辛口の白ワインを一本プレゼントされました。
オランダ人って優しいです。
祐子は下戸なので、一人で全部飲んだらすーっかり酔っぱらったです。
白夜だし、暖かいし、ワインは冷えてるし、ご機嫌です。
 
?本日の走行距離174キロ(合計3082キロ)
?Internet→エストニア政府のWi-Fi(無料)。感度良好


朝→パン
昼→マクドナルド
夜→鮭の味噌煮込み