メイン

2009年9月11日

2009年9月9日(水)[Kotor→Shkoder/アルバニア]

 
222.jpg
↑アドリア海の島。お見事な集落。
 
チェックアウトしたら、後だしで税金を請求するわ、お釣りは洗濯代で相殺すると言うわ、無料のネット代も払えと言うわ、思えばトイレは水漏れしてたし、Wi-FiのUSB機器を持ってちゃうわ、無信仰ですが「願わくばこの宿がさっさと潰れますように南無阿弥陀仏...」と祈ってしまいました。
 
昼飯に寄ったレストランの酢に、小さな虫がたくさん漬かってて、サラダに青虫が入っていても動じない祐子ですら、手をつけませんでした。
 
ねずみ講で有名なアルバニアですが、ゴミ多く、家が貧相で、人が多く、オートバイはノーヘル、センターラインなし、反対車線を走ったり、急に曲がってみたり停まってみたり、混沌としてて南米に似てます。
一泊10ユーロの社会主義の名残のようなボロホテルを断り、同じく一泊10ユーロの連れ込み旅館タイプに泊まりました。
西洋風の和式トイレですが、電灯がないため暗くて指先のマグナムが見えません。
便器に伸びるホースが、水洗のつもりですね。
汚らしくて触れませんでした。
トイレットペーパーがないのは、ヨーロッパで初めてです。
 
バイク屋でオイルを買って店先でオイル交換しようとしたら、バイク屋のオヤジが何もかもやってくれました。
えらい苦労してくれまして、ありがと。
この優しさも南米っぽいです。
 
インターネットカフェで、ネットが繋がりません。
「ネットにつながらないよ」
店員は英語が駄目でした。
とりあえず彼の困惑した表情を見てると、なんだかよくわかりませんが、ここではネットが出来ないようです。
看板のInternetって何なのさ?
居抜きのcafe?
 
?本日の走行距離157キロ(合計12824キロ)
?Internet→なし

朝→パン、コーン、ベーコン、卵焼き
昼→ソースのないハンバーグ。基本塩味。祐子はクロアチアの郷土料理チェバピ。これまた基本塩味。この二つは、結局丸めたか、平べったくしたかの違いしかないような気がします
夜→ボクは350円のスパゲティ・カルボナーラ。祐子は250円のペンネ・アラビアータ