メイン

2008年11月 1日

〈旅のお買い物〉ドクロのネックレス時計

 
R0012736.JPG
メキシコシティでのお買い物は、テピート地区です。
強盗が出るんでそこそこ物騒なんですが、日曜日ともなると、地元民でぐちゃぐちゃです。
強盗に遭う隙間なしって感じです。
それでも危険です。
コピーCDやDVD、違法ゲームソフト、偽ブランド品、時計、服、靴、10円くらいで買える古着、がらくた、大人のおもちゃ、なんでも揃ってまして、今回は時計を買ってみました。

ドクロのネックレス時計(50ペソ/約400円)

ある程度正確に動くなら日本で売ってみようかなと、目論んだんだけど、買ったその日の夕方には止まってました。
使い物になりまへん。
渋谷や原宿のコギャルへのプレゼントとして、どうでしょう。
ヘビメタ野郎にもいいかもしれません。
↓ドクロを開いて、時間を見ます。
 
R0012737.JPG

〈旅のお買い物〉ドクロの腕時計

 
R0012733.JPG
メキシコは、ドクロ好きです。
Día de los Muertos(死者の日)という祭りがあるし。
宿の仮の管理人竹珍は、骸骨の人形を二つも買ってるし。
で、テピート地区で買った、

ドクロの腕時計(100ペソ/約800円)

これも日本で売ってみようかなって、つまらんことを考えてます。
前回のドクロ時計よりは、正確です。
一週間で一時間ぐらいの誤差。
時計と呼んでも差し支えないですよね。
ヘビメタ少年にぜひ買っていただきたい一品です。
↓ドクロのあごの下のレバーを引くと、針が見られます。
 
R0012735.JPG

〈旅のお買い物〉古い鍵と錠前

 
R0012738.JPG
南京豆、南京虫、南京錠。
昔、"南京"は「小さい」「珍しい」という意味だったそうです。
メキシコシティのラグニージャでは、毎週日曜日に泥棒市が開かれます。
骨董市ですね。
盗品はなさそうです。
物騒なテピート地区の隣りです。
ボクの密かなテーマ、南京錠を探したのですが、けっこう高いです。
まぁ、だけど、物欲に負けて買っちゃいました。
400ペソを364ペソに値切った大型の錠前。
鍵が二個も付いてるのは、珍しいです。

〈旅のお買い物〉古い鍵

 
R0012741.JPG
鍵は紀元前2000年頃からあるんですが、日本は治安がよかったため、江戸時代になっても鍵はほとんど使われてなかったそうです。
やっぱ日本は平和です。
 
写真の鍵は、頭に穴が二つ開いているのが気に入りました。
宇宙人に似ています。
大きいのもポイントのひとつです。
 
メキシコシティのラグニージャの泥棒市で、60ペソ(約480円)でした。

2008年11月 6日

〈旅のお買い物〉哀愁のリボルバー

 
R0012743.JPG
これまたメキシコシティ、ラグニージャの泥棒市で買ったものです。
短銃の回転式弾倉のところだけ、ふたつ。
鉛筆立てにどうでしょう。
ふたつで150ペソ(約1,200円)。
ちょと高いかったかも。
無駄遣いかもしれんと反省してりしてます。
でも反省したくなるような買い物が、幸せだったりします。

2008年11月 7日

〈旅のお買い物〉ルチャのピンズ(PINS/ピンバッジ)

 
R0013064.jpg
ペンションアミーゴからイダルゴ駅に向かって歩いてて、新聞スタンドの隅にあったピンズ(PINS/ピンバッジ)。
ルチャ(プロレス)ものは、この一点だけでした。
5ペソ(50円)です。
宿でもちょいと注目の一品です。
羨ましがられてて、おほほ...ですわ。
 
日本でプレス、エッチング工法で作ると、ソフトエナメル着色4c、サイズ26mmで、約55,000円〜65,000円もかかります。
高いけど、いつかはオリジナルに挑戦したいです。
 
メキシコで一番人気のレスラーは、ミスティコ(Mistico)で身長169センチ。
ボクより小さいですな。
孤児院出身です。

2008年12月 3日

<旅のお買いもの>トリオ・ザ・ギター

 
PICT0002.JPG
カナダのユーコン川で捜索願を出されたことがある猛者リュータロー君は、ギター歴が10か月ながらとても巧いです。
昼間は皿洗い、夜はルチャリブレ(プロレス)の修行とボクの10倍充実した人生を送っているチェリー君は、学生の頃ギターに挫折したそうです。
で、ボクは普通にギターが下手です。
この三人でメキシコシティを散策し、ギターを買っちゃいました。
右側の紫色のギターは、プロレスラーのチェリー君のです。
たくさんある中で、わざわざこの紫色を選んだチェリー君の真似できないセンスに脱帽です。
700ペソ(約4,900円)です。
真ん中のへんてこりんな形をしたのは、ユーコン川からの生還があと一日遅れたら、捜索ヘリが出動して、莫大な借金を背負う寸前だったリュータロー君のです。
有名なMartinの旅人用ギター、その名もバックパッカーです。
Yahooオークションでも30,000円くらいします。
左端の瓢箪っぽいのがボクが買った奴で、Johnsonというメーカーで中国製です。
1,350ペソ(約9,450円)は、いま円高なので割安です。
新宿の歌舞伎町でほぼ似たようなのが、7,000円くらいで売ってますけど。
三本の中では、やっぱりリュータロー君のMartinが一番弾きやすくて、いい音が出ます。
けどこのMartin、ゴミ捨て場で拾ったものなので、微妙に納得できません。
ゴミに負けてます。

2008年12月 4日

〈旅のお買い物〉HohnerのBLUES HARP


PICT0003.jpg
どうしても人の持っている物が欲しいっていう性格でもないのですが、Rタロー君のブルースハープを見て、我慢できなくなりました。

HohnerのBLUES HARPのC
420ペソ。日本円で2,940円くらいです。
そんなもん買って吹けるのかよあんた? って言う人もおるでしょうが、それは愚問です。
もちろん吹けません。
髪の毛がふさふさだった昔に練習したことがあるけど今は吹けない竹氏のアドバイスで、ドレミを単音で鳴らしてます。
BLUES HARPの基本だそうです。
で、基本練習はすぐに飽きて「ドレミのうた」に挑戦。
息切れがして辛いです。
「ドレミのうた」がこんなにHardRockしてたとは、知りもせなんだ。
 
夜、パティオでRタロー君のギターとセッションしてみたのですが、なかなかどーしてこーしていやはやなんともって感じで、癖になりそうです。
混ざった音というか、濁った音というか、とにかくセクシーな音色がおかず沢山で、思わずにやにやしてしまいます。
ボクのような全くの素人でも、なんか様になってるような錯覚や、あるいはきまってるような幻覚に襲われました。
恐るべしHonerのBLUES HARP!
もちろん耳の肥えた人には聴かせられない門外不出のセッションです。
 

2009年1月17日

〈旅のお買い物〉再びHohnerのBLUES HARP「Marine Band」


R0013573.jpg
買ってひと月で失くしてしまったHohnerのBLUES HARP。
ないと無性に吹きたくなるのが人の性でして、ボクは性に逆らえません。
もし今ここにBLUES HARPがあれば、すらすら吹けちゃうような気がしてならず、わかっているけど妄想です。
妄想にも勝てません。
で、買っちゃいました。

HohnerのBLUES HARP

BLUES HARPなんだけど、「BLUES HARP」シリーズのCがどこのお店にもないので、諦めて「Marine Band」です。
ちょっと安くて389ペソ(2,723円)。
まずはやっぱ、Billy Joelの「Piano Man」あたりを攻めてみましょう。
でもまっ、とりあえずギターでも弾くかな。
買ってしまえば急ぐこともないしって思うのも人の性です。
どうせ上手に吹けないんだし...
BLUES HARPを手にすると謙虚です。
 
楽譜は「911tabs」から拾ってます。
いろんな楽譜サイトの統合版なので、腐るほど譜面が出てきて、不便なくらい便利です。
 
2009年01月19日/メキシコシティの楽器街にて購入/メキシコ

〈旅のお買い物〉ギターのベルト


R0013584.jpg
ギターのベルト。
157ペソ(1,099円)
これは正直申しまして無駄遣いです。
胸はって断言できます。
ギターを買ったときに、一緒にベルトを買ってますから...。
でも、このベルトだと上手く弾けそうな気がするのです。
稾に縋りたいのです。 
それほどの腕前ですから。
 

2009年01月19日/メキシコシティの楽器街にて購入/メキシコ

〈旅のお買い物〉ピックケース

 
R0013581.jpg
ピックケース。
50ペソ(350円)。
Rタロー君はこれと同じものをカナダで買ってます。
1,500円で。
ギターの腕前は彼に譲りますが、ピックケース部門はボクの圧勝です。
一勝一敗。
 
ピックケースに巻かれている紐は、祐子が編んでくれたもので、ギターのネックに取り付けます。
素朴で素敵です。
これにヒントを得て、Rタロー君は石付きの紐をネックに巻くそうです。
昨夜、祐子とデザインの相談をしてました。
ギターのブレスレットです。
楽しみです。
かっこよかったら、すぐに真似する所存です。
 

2009年01月?日/メキシコシティの楽器街にて購入/メキシコ

2009年1月19日

〈旅のお買い物〉骸骨とルチャリブレのシール

 
PICT0001.jpg
メキシコのピノスアレス駅近くの巨大文房具街で、シールを買いました。
1シート5ペソ(35円)。
日本で100円で売るとして、100枚売っても儲けは6,500円。
疲れるだけですね。 
 
PICT0002.jpg
骸骨のシールはけっこう可愛いくて気に入ってます。
iPodやブルースハープ、USBなんかに貼りまくりました。
ルチャリブレのシールは、人にパソコンに貼るよう勧めて、嫌がられてます。
ぜひRタロー君の大切なギターに貼りたいものです。
 

2009年2月 5日

〈旅のお買い物〉光るマッチ箱

 
R0013733.jpg
祐子のサンクリストバル・デ・ラス・カサスのお土産です。
箱の周囲の宝石がきらきら輝きます。
一箱40ペソを値切って30ペソ(180円)。
レトロチックでいいイラストです。
特に左側のが好きです。
 

2009年2月 6日

〈旅のお買い物〉三たびHohnerのBlues Harp。今度はF

 
R0013951.jpg
これでメキシコで買ったBlues Harpは三個目です。
最初のはすぐに失くしました
今回のハーモニカは、380ペソ(2,660円)で、高いお店だと450ペソ(3,150円)なので、ボクも少しは買い物上手になりました。
Webを覗くと初心者はCのコードのハーモニカを買えとあるけれど、ブルースをやるならセカンドポジションのFがよろしいともあって、ややこしいです。
前回買ったMarine BandのFは2度の音が出にくく、今回のBlues HarpのFは1度の音がよーでません。
お店で少々文句をたれて他の商品も吹いてみたのですが(直接口にくわえて)、やっぱ1度の音はよーでませんでした。
そんなにボクはヘタクソなんかいな。
なんか納得できません。
で、今日、韓国人のエロいTaewooもハーモニカを買ったので、一緒に屋上で練習したんだけど、Cの6番が吸っても音が鳴らなくなりました。
焼きそばの青のりでも詰まってるんだろうか。
 

〈旅のお買い物〉メキシコで500Gの外付けHDを買った

 
R0014060.jpg
メキシコの秋葉原で購入したポータブルHD、500Gで1,980ペソ。
竹氏も同じものを買うので、1,900ペソ(12,350円)に値引きしてもらい、一台80ペソ(560円)の勝利です。
ネットでユーザー登録しようとしたら、どうやら盗品らしくて、メーカーからすぐに返品するようにとメールが来ました。
ユーザー登録を拒否られて、一勝一敗。
侮れません。
 
メーカーはWestern Digital。
連邦倒産法の適用を申請した過去を持つ、そこそこ歴史があるアメリカのストレージ会社です。
信用できるのかできないのか、さっぱりわかりません。
FAT32でフォーマットされてたので、このままだと4Gのデータが扱えないから、NTSFにフォーマットし直してます。
そのフォーマットが気を失いそうに遅くて、一階へ下りたりキッチンへ行ったりお湯を沸かしたり煙草を吸ったり吐いたりしても、進捗状況は4%でした。
遅っ!
一生かかりそうです。
なのに竹氏のHDを見ると、百倍のスピード(体感速度)でフォーマットされてます。
そんじゃこんなに遅いのは何か手順に間違いがあったに違いないと、作業を中断して再度初めからスタートしたら、まったく変わりませんでした。
結局、竹氏に託して、さくっと終わらせました。
 

2009年3月12日

〈旅のお買い物〉古い鍵。レプリカだけど/ハバナ/キューバ

 
PICT0006.jpg
古い鍵が好きでついつい買ってしまうんだけど、これはレプリカです。
セラミックです。
下の錠前と合わせて、15セウセを12セウセ(約1,200円)に値切りました。
これだけ大きいと、本物は100ドル以上します。
自分で買っておいて何なんだけど、どうするんでしょ、こんな偽物。
住む家もないのに...
 
PICT0005.jpg

2009年9月14日

〈旅のお買い物〉地味で小さなバックパック/スコピエ/マケドニア

 
P9132801.jpg
MacとWindowsを収納するバックパックです。
街を探検するときも使います。
旧市街の鞄屋さんで450ディナール。
約970円。
思ったほど安くなかったと、宿で気づきました。
ま、いいか。
もう遅い。
 

〈写真〉2009年9月13日/スコピエ/マケドニア

2009年12月 6日

〈旅のお買い物〉財布/メキシコシティ

 
RIMG0056.jpg
メキシコシティのBalderas駅周辺の出店で買った財布です。
15ペソ(105円)。
派手でなく地味でもなく、ほどほどのステキなデザインです。
 

2010年1月20日

〈旅のお買い物〉ウイチョール族のサンダル

 
P1193431.JPG
このサンダルは、ペンション・アミーゴの管理人、竹氏に頼まれた買物です。
200ペソだったのを、一割だけ値引きしました。
もしかしたらもっと安く買えるのかもしれません。
昔は90ペソだったそうですから。
 
この変なデザインは、山間部に住むウイチョール族による伝統的なものです。
とはいえ、靴底は車のタイヤです。
穿き始めは硬くて辛いそうですが、そのうち足が慣れてくるというか、革がなじんでくるそうなので、小さめを買うのがコツです。

2010年1月25日

〈旅のお買い物〉デビルス・スティック/ケレタロ/メキシコ

 
u 2010-01-24 17-18-49.JPG
とうとう買ってしまった感のある、デビルス・スティック。
またの名は、ジャグリング・スティック。
あるいは、暴れん坊将軍!
 
ハンガリーはブダペストにあるジャグリング専門店だと7,000円以上もしたけど、滑り止めにシリコンが巻いてありました。
ここメキシコのケレタロのは安っぽいゴムが巻いてあるだけなので、85ペソ(595円)を80ペソ(560円)にまけてもらいました。
Pokin師匠のアレに比べると、太くて逞しいです。
でもま、師匠はテクニシャンだから...。
 

2010年2月27日

〈旅のお買い物〉飛び出すミニスピーカー

 
RIMG0455.jpg
メキシコシティの秋葉原で買った、ミニスピーカーです。
手のひらサイズの前面2W、後面1Wスピーカー。
充電用USBケーブル付きで、200ペソ(1,400円)。
長い間、ペンション・アミーゴの三階個室に君臨したゼネコン・クォーターバックO貫氏が持っていたのを見て、羨ましく思っておりました。
何の効果があるのかわかりませんが、前面のスピーカーは、びよよよよーんと飛び出る蛇腹式です。
O貫氏はこの仕掛けに気づいているのだろうか。
びよよよよーん。

RIMG0457.jpg

〈旅のお買い物〉デザインが似てるかもしれない、MP3プレーヤー


RIMG0453.jpg
メキシコシティの秋葉原で買った、MP3プレーヤーです。
2Gで250ペソ(1,750円)。
液晶画面が小さすぎてほとんど字が読めないという些細な欠点はボクの老眼によるものかもしれませんが、音が悪いのは祐子がボクの耳の掃除をしてくれないという事情とは関係ないと思います。
 
偶然とは恐ろしいもので、あの有名なメーカーの商品に↓、とてもよく似ています。
 
01309511769.jpg
祐子が2008年1月頃、パラグアイのシウダー・デル・エステで買ったMP3プレーヤーは、上の写真の商品と一卵性双生児のように似ていました。
1Gで23ドル。
USB充電器が、すぐに壊れました。


2010年3月20日

〈旅のお買い物〉鞄を大人買いしました

 
P3073712.jpg
強盗が出没するテピート地区で、鞄を三個買いました。
スクーターに搭載できるよう、綿密な計算をしてます。
つまりツーリング用なのです。
 
まずデカい奴から紹介しましょう。
左右580×奥行き300×天地(収納時)415ミリ。
下部のファスナを開くと、三段階に大きくなる(拡大時730ミリ)、収納上手です。
 
P3073718.jpg
タイヤ付き。
240ペソ(1680円)。
一流メーカーのWacoal。
本物なのでしょうか?
 
次に上のWacosl鞄の小さいものです。

P3073719.jpg
左右400×奥行き170×天地(収納時)300ミリ。
タイヤは、↓こんな感じです。
 
P3073720.jpg
これも三段階に大きくなります。
 
P3073722.jpg
★ペソ(★円)。
 
三個目が、奥行きが広くなる、所謂マチが広くなるタイプです。
 
P3073723.jpg
平常時は小さくて↓
 
P3073725.jpg
興奮すると大きくなります↓
 
P3073726.jpg
左右443×奥行き(収納時)195×天地320ミリ。
奥行きは、最大290ミリまで伸ばせます。
168ペソ(1176円)。
 
三個とも防水ではないので、荷物は全てビニール袋に入れます。
そのビニール袋は、Café「Chaseki」のI氏から頂きました。

P3073729.jpg
なんでも誰にでも相談してみるものですね。

ちなみに二個の小さな鞄は、スクーターHONDA Silver Wingのサイドに取り付けます。
ちょっと前までは、下の写真のサイドバッグ(ラフ&ロード/18,000円)を使ってました。
 
5632bk.jpg
これはファスナが壊れ、あちこち破れけてきたので、ハンガリーのブダペストで捨てました。

〈旅のお買い物〉マルチたこ足延長プラグ/オークランド/ニュージーランド

 
P3203773.jpg
どんな形状のコンセントも使えるマルチタイプ延長プラグです。
日本の形状のコンセントが使えるたこ足プラグを探して見つからず諦めた頃、オークランドの目抜き通りクィーンズ通りの古道具屋というかバッタモン屋というか、そんな小汚い店のレジカウンターの上で見つけました。
11$(693円)。
これで二台のパソコンを同時に使えるし、電池も充電できます。
 

2010年4月27日

〈旅のお買い物〉半分透けてる防水バック

 
RIMG0021.JPG
防水バッグ。
半分透明。
この中に防寒具なんかを入れて、突然の雨にもすぐに取り出せるようにしてます。
35$(2,205円)。
RIMG0023.JPG
脱落防止の金具付き。
 
ニュージーランドの冬は雨が多いので、重宝してます。